このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
らら3 さん
日淡アクアリストの世界
地域:長野県
性別:男性
ジャンル:ニュース 社会
ブログの説明:
日本淡水魚を飼育した記録です
カテゴリ
全て (1)
アクセス数
総アクセス数: 1270
今日のアクセス: 0
昨日のアクセス: 0
RSS
日本淡水魚を飼い始めた訳
 
2013年1月12日 13時54分の記事

日本淡水魚と言うと、意外になじみがないかもしれません。しかし、この様に言い換えたらどうでしょうか。メダカ、銀ブナ、ドジョウ、オイカワ、カワムツ、ヌマムツ、ゴリ、タナゴ…。子どもの頃に、川遊びで顔なじみの魚ばかりではないでしょうか。

現在、私は熱帯魚の飼育を止めて、日本淡水魚を飼育しています。略して日淡です。基本的にシルバーな体色の彼らですから、水槽の中を見ていると、白黒の山水画の様な趣が感じられます。彼らを飼育する理由としては、子どもの頃の郷愁も理由の一つですが。

経済的理由もあります。昨今の電気事情の悪化では、熱帯魚を飼育する為のヒーターを稼働させる電気代もバカになりません。ところが日本の気候に適した彼らの飼育では、ヒーターも不要なのです。また、子ども達も淡水魚の世界に親しむ事も出来ます。

雑魚のイメージが強いオイカワ等は、夏の終わりになると体色が変わります。婚姻色と言って、お腹が赤く色づき、熱帯魚にも負けない美しさがあります。


【PR】占いシステムの開発なら経験と実績があります。



このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
http://kuruten.jp/blog/tb/hgfrt5671/237664
最近の記事
01/12 13:54 日本淡水魚を飼い始めた訳
最近のコメント
コメントはありません。
最近の足跡
足跡はありません。

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved