ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
higgins さん
慧眼観天下
地域:沖縄県
性別:女性
ジャンル:暮らし 恋愛・結婚
ブログの説明:
慧眼観天下
カテゴリ
全て (2)
アクセス数
総アクセス数: 125
今日のアクセス: 1
昨日のアクセス: 0
RSS
2017年4月16日 20時54分
慧眼の下の天下
 
「雨连江寒夜に、呉なく戸楚山孤、洛陽亲友の相闻は、一枚の立ち居ふるまいは玉壶」(王昌龄)。詩人の敍情と品格は雅の代弁者として、千百年には多くのファンと慕う者。拙者は、普通の人には俗の縁、付き合ったのは俗の客、処理の俗ことは、思想の収容さえ余り俗物は、無ひもといて谈笑して、往来の人がある。低級俗が代表となったが、まだのぞき込みの大台を破ってこそが多いので、约束のだった。いわゆる雅だけは、文字では、主に思想で、一人で先に思想があった後、蚕室が文字の流露、言为心声は決してつきあいの语ではなく、実感後の「大口」。私は玉壶」,「一片が、私たちに影响しない心。平常心、それもない勝とうの「向上心がない」、「家事国賓天下の関心事」(顾宪成)の忧国忧民心。がいつも心には多かれ少なかれ不足感谢、善良さ、正直、誠、もったいなさ、美しい、情熱の成分。もこの成分こそ、われわれはどこにいても安之若素できる。结局「天地の长」、この世の中は急いで旅人としての私は、社会に孤立されないために、家庭に孤立されない、身内を孤立されない、作業環境いただければの轮に孤立されないで、一定の保有がしっかりしなければならない「基礎」は、これらの「基礎」、いわゆるの技能を離れ、良い品質の不可欠の重要な要素だ。
「硬直しない臥孤村は哀、尚思を国谢霊眩。夜更けの臥风と雨を闻いて、鉄馬氷河のピリバラ」(cansh)。詩人の豪快敍情胸の激动は、ちょうども検証した「家居非吾志、快く渡国忧」(曹植)の凌雲意気込み、天下の青年に立てたせっかくのいい手本である。昔好男儿の基準は「正心、修身、八幡、治国、平天下」、この基準、現代社会のここに置いて、必ずしも実际的の理念が、こんなに辉かしょゆうにあたいすると掲げた。も多数の私たちはただ一人、「、治国、平天下」の基本、どころが欠かせない「正心、修身、八幡村」の福慧双修。を「われわれもこれらのさえすれば、たとえ、治国、平天下」した一部の力、家庭の親睦のため社会の安定した要因は、调和のとれた社会では正エネルギーの釈放を、「、治国、平天下」の土台は、この基盤を诘めた限り、「上層部の建物」の「、治国、平天下」が鱼、順調に進んでいる。これを见、過去の「平常心は道」は姑の妄言、姑をはばからないの一言で、ではなく、心に知恵の深い语。
一足は覚えがある君、慧眼観天下;(愚公)は他の二つ、一つは何子残棋政権縦横;(カンヌ然)一は美术村笔端に人生。(梦難丸い)君の慧眼を努めた観が天下の构えで、他に「何子残棋与縦横」、棋院坪のようにセット「无数の戦争」と、わざと一足慧眼の下の天下の大構図を避け、実は「のみ」と、急に、いわゆる天下の大、濃縮は碁盤の上のブランケットに一つとなった。この芸术の、下町の中の小さな安らぎ、まるで大気象の平常心。「群像を他の人生に笔端」と、君は二つの精神状態の対話。天下慧眼観から、人生の笔端に、注入は世俗のレッドダストで人文配慮の一種である。天下の君の心は、他の敍情笔端(はまた一种の天下)、慧眼から笔端には一つの精神と人格が絶えず段階。この他が醸すのどかにぴったりの言葉の大境地を大心。にもぴったりは「、治国、平天下」の一つの真髄。両他の伝わって、一大2種の構図が登場したが1つの構図も深刻な人生の哲学が秘められている。これ、「何子の胸ぐらを连想させる残棋政権」の構図を縦横に、表现のが「正心、修身、八幡」の「平常心」で、「人生」と川柳にこめた大趣味の表现は「治国平天下」のコンピュータネットワーク。
听雨は好運な件雅事が、例えば私者俗人听雨と饰り立てるしかない。がよく考えて、饰り立てる現実ではついの意味で、これも説明して通たら、それは悪い意味ではない、いい勉强にいい流れ进について、いいことはいい责め、一件ではない「功徳无量」とのこと。听雨ように、もしみんなが一枚のせっかくのいい気持ちで闻いて雨が、思想を深くして、釈放して感情を、このの饰り立てる定が、
  [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2017年4月16日 20時52分
慧眼の下の天下
 
「雨连江寒夜に、呉なく戸楚山孤、洛陽亲友の相闻は、一枚の立ち居ふるまいは玉壶」(王昌龄)。詩人の敍情と品格は雅の代弁者として、千百年には多くのファンと慕う者。拙者は、普通の人には俗の縁、付き合ったのは俗の客、処理の俗ことは、思想の収容さえ余り俗物は、無ひもといて谈笑して、往来の人がある。低級俗が代表となったが、まだのぞき込みの大台を破ってこそが多いので、约束のだった。いわゆる雅だけは、文字では、主に思想で、一人で先に思想があった後、蚕室が文字の流露、言为心声は決してつきあいの语ではなく、実感後の「大口」。私は玉壶」,「一片が、私たちに影响しない心。平常心、それもない勝とうの「向上心がない」、「家事国賓天下の関心事」(顾宪成)の忧国忧民心。がいつも心には多かれ少なかれ不足感谢、善良さ、正直、誠、もったいなさ、美しい、情熱の成分。もこの成分こそ、われわれはどこにいても安之若素できる。结局「天地の长」、この世の中は急いで旅人としての私は、社会に孤立されないために、家庭に孤立されない、身内を孤立されない、作業環境いただければの轮に孤立されないで、一定の保有がしっかりしなければならない「基礎」は、これらの「基礎」、いわゆるの技能を離れ、良い品質の不可欠の重要な要素だ。
「硬直しない臥孤村は哀、尚思を国谢霊眩。夜更けの臥风と雨を闻いて、鉄馬氷河のピリバラ」(cansh)。詩人の豪快敍情胸の激动は、ちょうども検証した「家居非吾志、快く渡国忧」(曹植)の凌雲意気込み、天下の青年に立てたせっかくのいい手本である。昔好男儿の基準は「正心、修身、八幡、治国、平天下」、この基準、現代社会のここに置いて、必ずしも実际的の理念が、こんなに辉かしょゆうにあたいすると掲げた。も多数の私たちはただ一人、「、治国、平天下」の基本、どころが欠かせない「正心、修身、八幡村」の福慧双修。を「われわれもこれらのさえすれば、たとえ、治国、平天下」した一部の力、家庭の親睦のため社会の安定した要因は、调和のとれた社会では正エネルギーの釈放を、「、治国、平天下」の土台は、この基盤を诘めた限り、「上層部の建物」の「、治国、平天下」が鱼、順調に進んでいる。これを见、過去の「平常心は道」は姑の妄言、姑をはばからないの一言で、ではなく、心に知恵の深い语。
一足は覚えがある君、慧眼観天下;(愚公)は他の二つ、一つは何子残棋政権縦横;(カンヌ然)一は美术村笔端に人生。(梦難丸い)君の慧眼を努めた観が天下の构えで、他に「何子残棋与縦横」、棋院坪のようにセット「无数の戦争」と、わざと一足慧眼の下の天下の大構図を避け、実は「のみ」と、急に、いわゆる天下の大、濃縮は碁盤の上のブランケットに一つとなった。この芸术の、下町の中の小さな安らぎ、まるで大気象の平常心。「群像を他の人生に笔端」と、君は二つの精神状態の対話。天下慧眼観から、人生の笔端に、注入は世俗のレッドダストで人文配慮の一種である。天下の君の心は、他の敍情笔端(はまた一种の天下)、慧眼から笔端には一つの精神と人格が絶えず段階。この他が醸すのどかにぴったりの言葉の大境地を大心。にもぴったりは「、治国、平天下」の一つの真髄。両他の伝わって、一大2種の構図が登場したが1つの構図も深刻な人生の哲学が秘められている。これ、「何子の胸ぐらを连想させる残棋政権」の構図を縦横に、表现のが「正心、修身、八幡」の「平常心」で、「人生」と川柳にこめた大趣味の表现は「治国平天下」のコンピュータネットワーク。
听雨は好運な件雅事が、例えば私者俗人听雨と饰り立てるしかない。がよく考えて、饰り立てる現実ではついの意味で、これも説明して通たら、それは悪い意味ではない、いい勉强にいい流れ进について、いいことはいい责め、一件ではない「功徳无量」とのこと。听雨ように、もしみんなが一枚のせっかくのいい気持ちで闻いて雨が、思想を深くして、釈放して感情を、このの饰り立てる定が、
  [コメント (0)] [トラックバック (0)]




最近の記事
04/16 20:54 慧眼の下の天下
04/16 20:52 慧眼の下の天下
最近のコメント
コメントはありません。
最近の足跡
足跡はありません。

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved