このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
購読申込み方法
[購読申込み方法]
2014年4月2日 21時14分の記事

購読をご希望の方は、↓[続きを読む] からお申し込み下さい。
※その際、くる天会員登録が必要になります。

【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい



このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント(投稿順)
1. okumasan 2014年8月31日 11時15分 [返信する]
定期購読の20000ポイントは2万円ですか

 

2. HLブレイクアウトマスター 2014年8月31日 14時24分 [返信する]
ご質問のコメント頂きましてありがとうございます。定期購読のくる天ポイントは、20000ポイントですので、2万円となります。以上よろしくお願い致します。

 

3. shiro kimchi 2014年9月8日 8時15分 [返信する]
はじめまして。
公開されている3種類(日中、夜間、スイング)の月別トレード結果は毎日の記事の結果を集計したものでしょうか?それとも、毎日の投稿とは別計算のものでしょうか?

 

4. HLブレイクアウトマスター 2014年9月8日 8時59分 [返信する]
ご質問のコメント頂きましてありがとうございます。掲示の結果は、日々の集計を月別にまとめた内容となっています。以上よろしくお願い致します。

 

5. 徳井雅昭 2014年12月14日 16時58分 [返信する]
スイングシステムの」実績が示されていますが、売買の指示がメールで送られるのでしょうか。入会する方法がわかりかねます。くるくる天への登録はしました。入会手続きの方法を教えてください。

 ■このコメントへの返信■
1. HLブレイクアウトマスター 2014年12月14日 20時50分
ご質問ありがとうございます。こちらは有料課金記事上で日経平均株価のチャート上の変化点の値をご紹介する内容となりますので、売買の指示は行っておりません。変化点の値を参考としてご覧頂き、それをご自身で判断頂くところとなります。入会の手続きではありませんが、有料課金記事の購読のお申し込みを頂ければ課金記事の閲覧が出来るようになります。よろしくご検討の程、お願い申し上げます。


 

6. betty 2014年12月15日 15時5分 [返信する]
スイングのサインについてですが
チャート上の変化点の値を紹介する内容とございましたが
その値を抜けたかどうかの判断は確実なのは
終値で判断するとの記載がございましたが、
終値ベースで判断した時の実績表などはございますでしょうか?

 

7. HLブレイクアウトマスター 2014年12月15日 15時13分 [返信する]
ご質問ありがとうございます。変化点の値を往来するところは重要な判断の分岐点となりますが、こちらの判断はご覧頂く購読者様の裁量となります。また、終値を元にした表は作成しておりませんが、恐らくは、その場合も一定の値幅を得るところになるように思われます。有料購読記事においての内容ではございますが、値の変化が見られた場合は、急ぎ掲示を行うようにさせて頂いております。ご参考にご覧頂ければ幸いです。


 

8. SAS 2016年8月2日 10時38分 [返信する]
主に寄引で購読したいと思っていますが、参考のため実績を更新していただけませんでしょうか?

 

9. HLブレイクアウトマスター 2016年8月2日 13時30分 [返信する]
ご意見を頂戴致しましてありがとうございます。近日中に更新させて頂きます。こちらの内容は、変化点の値を重視したものとなりますので、寄り引けの内容よりもチャートの向かう方向(上向きか下降か)を考察するものでございます。云わばスイング重視の参考内容となりますが、応用のシステムも的確な方向を捉えるケースが多くなっております。購読のご検討をお願い出来れば幸いです。

 

10. えり 2016年8月17日 9時25分 [返信する]
スイングの成績素晴らしいですね。こちらの成績は誰がやっても同じ成績になるのでしょうか?
記載方法は、指し値、または逆指し値等の書き方になるのでしょうか?
もしくはご自身だけの結果になるのでしょうか?
宜しければ、記載されたのを見せて頂くことは
出来ませんか?


 

11. HLブレイクアウトマスター 2016年8月17日 9時55分 [返信する]
ご質問ありがとうございます。こちらで掲載する内容は、チャートの向かう方向を表す変化点の値を基準としたもので、この値を上へ抜けてくるか、或いは下へ抜けてくるかを焦点としたものでございます。指値や逆指値のような指示を掲載するような内容ではございません。法則は語るの内容は、変化点を確実に上抜けないし下抜けした値から、再度変化点を確実に上抜けないし下抜けした値を掲載させて頂いております。こちらの記事を参考として継続してご覧になっておられる熱心な購読者様もいらっしゃいますので、そのあたりも参考にして頂ければと思います。

 

12. えり 2016年8月26日 17時38分 [返信する]
お世話になります。先日から購読させて頂いてますが、スイングについて少し教えてください。
変化点を確実に・・・というのはすごく難しいのですが、例えば、50円とか100円抜けたら、または割れたら逆指しを設定しようと思うのですが、今回の場合でしたら50円は越えてましたよね。50円だとすぐ?だと思うので、100円くらい見ておけばいいでしょうかね?



 

13. HLブレイクアウトマスター 2016年8月26日 17時49分 [返信する]
お世話になります。ご購読ありがとうございます。

変化点を確実に抜けるかどうかの判定は、この判断は難しいところとなりますが、終値でもそうなれば完全に確定したものとの判定となります。変化点は非常に重要な転換の要でありますから、外国証券ディーラーを筆頭に多く利用されるものであります。よって売り手と買い手双方の思惑から、どうしても変化点上を一進一退する往来の場面で鬩ぎ合う事は多く、一時的にそうなっても抜け切れずに終わる事も多いのが現実です。

変化点でほぼ確実に実践する事を考えれば、例えば変化点接触では一旦利益確定をして、その後に変化点を回復しないとご自身で汲んで取れるところで再度行うような方法が良いかと思われます。また、最も重要視する変化点の値を算出しているのは、かなり長めの時間足となっており、夜間時間で確定判定となる場合も多くなりますから、このような場合は指値で対応されるのが良いかと思われます。現在のような官製相場では、人為的な作用の影響が大きい為、中々素直に抜けるケースは少ない状況でありますが、変化点の有用性は明らかでありますから、ご覧頂く中で慣れて頂くしかないのが現実であります。ただ、一つ云える事は過去のケースから見て、変化点を確実に抜けた場合は、その値からほとんどのケースで300円幅程度の動きが出ていますから、変化点の値ちょうどで入らず、後から入っても十分に間に合うと思われます。

最後に、ここではご存じのように、変化点の値の変化を常にお知らせさせて頂いておりますが、実際にそれをもった指示は行っておりません。実践される際に参考の値となりますので、最終的なご判断は、ご自身のお考えとさせて頂いています。

ご覧頂いてありがとうございます。今後ともよろしくお願い申し上げます。


 


◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:


くる天
プロフィール
HLブレイクアウトマスター さん
チャートの変化点を見つける方法を学ぶ塾
地域:東京都
性別:女性
ジャンル:仕事 株式・投資
ブログの説明:
チャートの向かう方向と次の変化点の見つけ方を独自の法則を基に紹介していきます。法則を基に算出する参考内容として日経225におけるスイングシステムを紹介します。
カレンダー
<<2014年04月>>
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
RSS


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved