このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
子どもの生命保険を考える
[保険]
2008年4月10日 23時26分の記事

子どもの生命保険を考える際、死亡保険は必要ありませんが、高度障害を抱えてしまった時の備えをしておきましょう。

【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい


保険金の受け取りにも時効があります。どれも保険料が安いといことではないようですので、選択する時は注意が必要です。生命保険加入時に、保険会社の外交員に進められたまま、内容を詳しく理解しないまま加入してしまった人も多いと思います。大型保障は一生涯続かないのです。

通常は現在加入している生命保険会社を中心にして設計し直します。このような考え方であれば、子供に対する貯蓄は保険以外の方法を考えたほうがいいかもしれません。さまざまな生命保険がありますが、どの保険に入るかは独身者か既婚者か、扶養家族は何人いるのか、貯金はどのくらいあるのか等、さまざまな条件によって変わってきます。将来、子供が独立して死亡保障が必要なくなれば、保険を解約して解約返戻金を老後資金に充てることもできます。生命保険で必要とする保障額はいくらでしょうか。

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:




◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
http://kuruten.jp/blog/tb/hokenshisan/35165
くる天
カテゴリ
全て (3)
保険 (3)
資産運用 (0)
RSS