ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局-ブロくる
板垣英憲 さん
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局
地域:埼玉県
性別:男性
ジャンル:ニュース 政治・経済
ブログの説明:
世界の政治・軍事・経済・金融を支配するパワーエリートの動きやその底流で行われている様々な仕掛けなどを中心に、重要情報(特ダネ)をキャッチして速報する。板垣英憲の過去著書も連載します。*定期購読月額1000円
板垣英憲マスコミ事務所
http://www.a-eiken.com
カテゴリ
全て (4730)
米国在住の個人投資家satoko女史 (51)
『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊) (5)
『ロックフェラーに翻弄される日本』(2007年11月20日刊) (49)
『本当は怖い漢字』から学ぶ「権力と民との怖ろしい関係」 (61)
姓名判断 (1)
『自・社連合が小沢一郎への逆襲をはじめた』1994年7月30日刊 (51)
『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著 (151)
『平成動乱 小沢一郎の野望『』1993年9月25日刊 (114)
『小沢一郎という男の野望』1992年8月15日刊 (51)
お知らせ (63)
定期購読の方法 (1)
アクセス数
総アクセス数: 2592652
今日のアクセス: 281
昨日のアクセス: 800
RSS
カレンダー
<<2022年10月>>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

2022年10月4日 22時35分
日本維新の会と立憲民主党の電撃ともいえる「共闘」の背景には、「菅グループ」立ち消えがある。維新と自民の強いパイプ役だった菅前首相は、もはや政局の表舞台には立てない深刻な状況にある。
 
日本維新の会と立憲民主党の電撃ともいえる「共闘」の背景には、「菅グループ」立ち消えがある。維新と自民の強いパイプ役だった菅前首相は、もはや政局の表舞台には立てない深刻な状況にある。

◆〔特別情報1〕
 これは自民党二階派「志帥会」重鎮からの特別情報である。
 日本維新の会と立憲民主党の電撃ともいえる「共闘」の背景に、菅前首相が立ち上げるとみられていた「菅グループ」立ち上げの立ち消えにあったといえる。これまで与党でもなく野党でもない第三党「ゆ党」とまでいわれてきた松井一郎代表が率いる日本維新の会は、憲法改正に向けて自民党の「別動隊」とまでいわれるほど自民党と連携をしてきたはずだった。ところが、臨時国会前に突然、立憲との「共闘」を合意した。これまで維新と自民のパイプ役だったのは、他でもない菅元首相だった。安倍に続く菅政権までは、そのパイプは強固なものだったようだが、安倍元首相銃撃から状況は一変していた。菅前首相が岸田政権発足により、非主流派に転落したということだけのことではなかった。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2022年10月3日 21時37分
岸田政権にとって、苦境のなかでの臨時国会が始まった。岸田政権を真に追いつめているのは、旧統一教会問題、国葬、物価高ではなく、アフリカ支援を約束した約4兆円が一番の火種として大問題となっている
 
岸田政権にとって、苦境のなかでの臨時国会が始まった。岸田政権を真に追いつめているのは、旧統一教会問題、国葬、物価高ではなく、アフリカ支援を約束した約4兆円が一番の火種として大問題となっている

◆〔特別情報1〕
 岸田政権にとって、苦境のなかでの臨時国会が始まった。旧統一教会問題と国葬、さらに物価高騰が追い打ちをかけるなかでの、所信表明演説だが、消しても、消してもくすぶり続ける火種に、意気消沈の色は隠せなかった。しかし、岸田政権を真に追いつめているのは、実は、旧統一教会問題、国葬、物価高ではない。
 岸田首相は8月27日、北アフリカのチュニジアで開催された「第8回アフリカ開発会議」(TICAD8)の開会式においてオンラインで基調講演を行い、約4兆1100億円規模の資金をアフリカ支援に投じると表明した。いまこのことが、問題になっているという。
 以下、自民党内部に精通し国際情勢に詳しい情報通からの特別情報である。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2022年10月2日 13時0分
◆『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊) 第1章 経済・社会を建て直す 規制緩和政策を推進する
 
◆『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊)

 第1章 経済・社会を建て直す 

   規制緩和政策を推進する


「日本は規制社会で、経済もいわゆる管理型経済です。規制が、社会の隅々にまで行き渡っている。私はアメリカのようになれと言っているわけではない。もう少し自由なルール型の社会にする。規制社会からの脱却です」
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊)] [コメント (0)]



2022年10月1日 12時10分
◆『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊) 第1章 経済・社会を建て直す 小沢一郎の危機意識
 
◆『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊) 

 第1章 経済・社会を建て直す 

  小沢一郎の危機意識


 日本が、戦後進めてきた技術革新と産業革命を達成したいま、ここに安住していると経済が停滞し、日本の衰退が始まる危険がある。日本の衰退の兆候は、いろいろなところにすでに出始めているからである。
 しかも、バブル経済が崩壊して後、日本経済は、「平成大不況」というドン底に転落し、その傷の大きさと後遺症の重さから、なかなか立ち直れない状況にある。小沢一郎はこう言う。
「一部の大企業が、増収、少なくとも増益に転じてことは、私も報道で、また耳で聞いて知っております。しかし、その増益はどういう形でもたらされたのか。俗にいうリストラや経費の節減、あるいは仕入れなどの原材料その他のコストを抑える。あるいはメーカーを中心にしての海外への立地をする。その結果、一部の大企業が増益基調に回復したのは事実だと思います」
 しかし、その半面、中小あるいは零細企業は、大企業からコストの削減を求められる。個人の消費は伸びない。だれが聞いても「苦しい」と言っていることは事実である。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊)] [コメント (0)]



2022年9月30日 21時58分
安倍元首相「国葬」が終わり、自民党内は総裁選になるかもしれないと騒めき始めている。統一教会問題も収束の目途が立たず、岸田政権では統一地方選挙は戦えないとの地方の声が大きくなり始めている。
 
安倍元首相「国葬」が終わり、自民党内は総裁選になるかもしれないと騒めき始めている。統一教会問題も収束の目途が立たず、岸田政権では統一地方選挙は戦えないとの地方の声が大きくなり始めている。

◆〔特別情報1〕
 これは、自民党二階派「志帥会」重鎮からの特別情報である。
 安倍元首相の「国葬」が終わったところで、やはり俄かに自民党内は騒めき始めた。「岸田降ろし」の声により、総裁選になるかもしれないというものだ。涙を誘った弔辞により、復活の呼び声も出てきた菅元首相だが、本人は、再登板のつもりは全くなく、若手を育てたいとの意向だという。岸田首相は、国葬」について国民世論の反対が強まるに従って、最後はやりたくなかった。そのため特に「国葬」にかかる費用についての批判を受けたため、実際に行われた「国葬」では、かなり経費を抑えるものとなっていたようだ。ところがそれがかえって仇となった。会場内のスタッフにはプロと呼べるような人が配備されていなかったらしく、テレビ放映ではわからないところで、進行の支障があちこちで起きて、どこもかしこもドタバタ状態だったという。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]




  次の5件
最近の記事
10/04 22:35 日本維新の会と立憲民主党の電撃ともいえる「共闘」の背景には、「菅グループ」立ち消えがある。維新と自民の強いパイプ役だった菅前首相は、もはや政局の表舞台には立てない深刻な状況にある。
10/03 21:37 岸田政権にとって、苦境のなかでの臨時国会が始まった。岸田政権を真に追いつめているのは、旧統一教会問題、国葬、物価高ではなく、アフリカ支援を約束した約4兆円が一番の火種として大問題となっている
10/02 13:00 ◆『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊) 第1章 経済・社会を建て直す 規制緩和政策を推進する
10/01 12:10 ◆『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊) 第1章 経済・社会を建て直す 小沢一郎の危機意識
09/30 21:58 安倍元首相「国葬」が終わり、自民党内は総裁選になるかもしれないと騒めき始めている。統一教会問題も収束の目途が立たず、岸田政権では統一地方選挙は戦えないとの地方の声が大きくなり始めている。
09/29 20:21 金融メルトダウンの第1歩を踏み出した。これと歩調を合わせるように、ロシアのガス・パイプライン、ノルド・ストリームの1と2が爆発音2回の後にガス漏れ。今週末には中の天然ガスは空っぽになる
09/29 20:00 米国在住の個人投資家satoko女史からの過去レポート一覧
09/28 19:55 国民世論を二分するなか岸田首相の強行で行われた安倍元首相「国葬」、情感のこもった菅前首相の弔辞が、昭恵夫人ばかりかマスコミ関係者の涙まで誘い、一転「菅勉強会」立ち上げで政局突入か
09/27 23:21 トルコが、ロシア・中国が主導するユーラシア戦略の「上海協力機構」加盟を目指していることで世界は大きく揺れ動き始めている。トルコが西側諸国につくか、ロシア・中国につくかで世界は全く違ってくる。
09/26 21:36 安倍元首相の「国葬」にG7首脳の出席はゼロ。日本国内で国民の半数が反対していることが影響している。もはや旧統一教会問題は、「解散命令」を出すようなことに踏み切るしか、沈静化の道はない。
最近のコメント
旧統一教会が「教会改革推進本部」設置を発表した。しかし、構造的に改革しなければならない問題は、信者から集めた献金の大半が韓国の本部に流れていること。韓国本部も、この点を最も警戒している。(Lightworkers)
自民党は安倍銃撃で開いた空白を目掛けて、森喜朗が麻生太郎に忍び寄り、「森・麻生体制」の院政が敷かれつつある。まさに薄汚れた自民党。安倍の「国葬」の後は、自民党の「酷葬」が待ち受けている。(Lightworkers)
自民党は安倍銃撃で開いた空白を目掛けて、森喜朗が麻生太郎に忍び寄り、「森・麻生体制」の院政が敷かれつつある。まさに薄汚れた自民党。安倍の「国葬」の後は、自民党の「酷葬」が待ち受けている。(Lightworkers)
安倍晋三元首相は、統一教会の命令に従って、「自衛隊」明記の憲法改正草案をつくっていたという。正確には、統一教会・勝共連合がつくった改正案をそのまま自民党の改正草案にしていた。(Lightworkers)
岸田首相は、コロナ陽性になったと言っているが疑わしい。熊本の後援会長が統一教会関連団体の議長だったことが文春から出ることがわかっていたので、追及から逃げるためにコロナになった?(Lightworkers)
国葬の理由は、総理を長くやったからだけ。しかし安倍長期政権は「モリ・カケ・サクラ」疑惑にまみれた「悪政長期政権」という見方が多い。これを無視して国葬を強行すれば安倍に続く次の災いを招きかねない。(Lightworkers)
岸田政権は、いろいろと名目をつけてどんどん閣僚の数を増やしていく。当然、旧統一教会問題は、このままウヤムヤにしていくつもりだ。しかし、自民党政治が、統一教会の悪の根源といっていい。(Lightworkers)
旧統一教会と接点のある自民党議員は、教団と関係することで、党員ノルマ「1000人党員獲得」についても尽力してもらっているのではないか。自民党議員だけでなく党員の多くが教団信徒の可能性もある。(Lightworkers)
日本の統一教会では、安倍元首相との関係性について無かったものにしようと、火消しに躍起になっているというのに、韓国の統一教会のイベントでは、大々的に追悼をして、ズブズブ関係を世界に証明したも同然。(Lightworkers)
いまや米国にとって統一教会は不要な存在となり、早く潰さなければならない話になっている。統一教会と関係が深い自民も維新も崩壊し、次の政権では、仏国にあるような「反カルト法」ができるだろう。(Lightworkers)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved