ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局-ブロくる
板垣英憲 さん
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局
地域:埼玉県
性別:男性
ジャンル:ニュース 政治・経済
ブログの説明:
世界の政治・軍事・経済・金融を支配するパワーエリートの動きやその底流で行われている様々な仕掛けなどを中心に、重要情報(特ダネ)をキャッチして速報する。板垣英憲の過去著書も連載します。*定期購読月額1000円
板垣英憲マスコミ事務所
http://www.a-eiken.com
カテゴリ
全て (3160)
『自・社連合が小沢一郎への逆襲をはじめた』1994年7月30日刊 (52)
『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著 (138)
『平成動乱 小沢一郎の野望『』1993年9月25日刊 (117)
『小沢一郎という男の野望』1992年8月15日刊 (51)
お知らせ (48)
定期購読の方法 (1)
アクセス数
総アクセス数: 1172881
今日のアクセス: 31
昨日のアクセス: 649
RSS
カレンダー
<<2018年02月>>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

2010年12月10日 3時0分
「小沢一郎という男の野望」板垣英憲著(大陸書房刊 1992年8月15日初版)
板垣英憲が書いた最初の「小沢一郎本」です。

「小沢一郎という男の野望」板垣英憲著(大陸書房刊 1992年8月15日初版)

 今や、自民党だけでなく、日本の命運をにぎっていると言われる男、小沢一郎。一派閥の会長代行にしかすぎない彼が、なぜ首相を決定するほどの権力を持っているのか?その政治力の秘密を探る!
(袖表紙より)

[続きを読む]
[カテゴリ:『小沢一郎という男の野望』1992年8月15日刊] [コメント (0)]



2010年12月9日 0時53分
「小沢一郎という男の野望」板垣英憲著 NO.50(最終回)
目次

第六章 ポスト宮沢を目指して

限りなく壮大な野望

 ならば、日本は、世界に通用する政治家を育て上げる政治風土を、果たして自らの内に持っているだろうか。政治倫理を含めた政治的慣習や、選挙制度、政治資金制度の面で、カビの生えたような時代遅れの部分はないのか。
 小沢は、そう自問した。
 その結果得られた結論が、選挙制度の改革であった。
「衆議院に小選挙区比例代表制を導入して、カネのかからない選挙を実現しなくてはならない。とくに英国型の清潔な選挙を行っていかなければ、今後日本の政治家はよくならない」
 と説く小沢である。
 旗印に選挙制度の改革を掲げる小沢は、英国の総選挙の結果、保守党が大勝利した報道を聞き、
「百万の援軍を得た」
 と狂喜した。保守党が四〇%の得票率を得て、七〇%の議席を占めたことも、小沢を勇気づけた。
「小選挙区比例代表制の導入によって、日本も保守勢力による安定政権が継続できることは夢ではない」
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:『小沢一郎という男の野望』1992年8月15日刊] [コメント (0)]



2010年12月7日 1時45分
「小沢一郎という男の野望」板垣英憲著 NO.49
 
目次

第六章 ポスト宮沢を目指して

日本が背負う責務

 日本は今、国際政治の舞台で堂々と指導力を行使できる大型の政治家を登場させることを求められている。国内からの要請もさることながら、世界からの要望もある。
 英国のサッチャー前首相は、来日した際、国際的指導者が持つべき条件について、日本人記者に向かって、こう答えた。
「確固とした政治理念と哲学を持ち、しっかりした行動原理に基づいて、強力なリーダーシップを発揮しなくてはなりません」
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:『小沢一郎という男の野望』1992年8月15日刊] [コメント (0)]



2010年12月5日 1時29分
「小沢一郎という男の野望」板垣英憲著 NO.48
 
目次

第五章 小沢に求められるもの

国際社会で通用するか?

 小沢は、国際社会で広範な人脈を持ち、電話一本で話を通すことができるか――。
小沢は、アマコスト駐日米国大使と極めて緊密な関係を持っている。アマコスト大使は超一流の外交官で、米国国務省を背景に活発に活動している。小沢は、大使とは、電話一本で話が通ずる関係を築いているらしい。アマコストの外交ルートの人脈や情報を活用しているようだ。
 米国を相手にする場合、東部エスタブリッシュメント(支配階級)とのつながり、パイプの太さが大事になる。たとえば、宮沢首相は、池田勇人蔵相の秘書官として、大平正芳とともに仕え、サンフランシスコ講和条約をはじめ日米首脳会談に何回となく立ち合ってきた。その後、外相、蔵相などを歴任し、多くの国際会議に出席し、人脈を築いてきた。首相に就任して、それらの人脈が外交政策を展開して行くうえで、大いに役に立っているのだ。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:『小沢一郎という男の野望』1992年8月15日刊] [コメント (0)]



2010年12月3日 3時4分
「小沢一郎という男の野望」板垣英憲著 NO.47
 
目次

第五章 小沢に求められるもの

未熟なマスコミ対応

 マスコミに多くの味方や友人を持ち、必要なときに協力してくれる人がおり、場合によってはマスコミ陣を上手に操れるというのは、今後重要性の増すポイントだ。小沢の師匠・田中角栄は、新聞記者を大事にした。秘書に登用したり、選挙に出馬させたりして面倒を見てきた。そうした田中と比較すると、小沢は、田中ほどスンナリと新聞記者を受け入れるのが得意ではないけれど、小沢番の政治部記者たちの面倒はよく見ている方だと言われている。
 田中は、新聞記者をA,B,C,Dとランクづけして、利用し、ときにはカネをつかませたりもした。政敵ばかりでなく、自分の派閥の政治家の動静や発言を報告させるなど、情報収集役として使ったりしていた。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:『小沢一郎という男の野望』1992年8月15日刊] [コメント (0)]




  次の5件
最近の記事
02/21 06:57 「米軍・自衛隊の士気が極度に低下、たるんでいる」との疑問が広がっており、最高指揮官が、ボンクラでは、第2次朝鮮戦争は戦えない
02/20 08:19 安倍晋三首相は、「現憲法は、国民皆兵・徴兵制を認めていない」と言いつつも、「国民皆兵・徴兵制度復活」に意欲満々
02/19 06:54 安倍晋三首相は、ひょっとして岸信介元首相の孫として「李氏王朝」の王位を受け継ごうと野望を抱いているのか
02/18 07:26 習近平国家主席は、中国東北部に「ユダヤ国家=ネオ・マンチュリア」を樹立、住宅200万戸建設、ユダヤ人の移住を待つ
02/17 06:39 「佐川宣寿国税庁長官の罷免要求」デモ、「現代日本版・納税者の反乱」が全国で起きて「安倍晋三降し=倒閣運動」が始まった
02/16 07:34 安倍晋三首相は、プーチン大統領から「余計な口出しするな」とクギを刺されているため、「韓国と北朝鮮の統一」に口を挟めない
02/15 07:36 「東アジアの嫌われ者」安倍晋三首相は、悪名高き「田布施」の末裔、韓国、北朝鮮を「完全な独立国」扱いせず、「宗主国意識」が強い
02/14 04:38 米キッシンジャー博士は、「オスロ会合」合意が、条文づくりに入っているのでトランプ大統領と安倍晋三首相とを早く辞めさせたい
02/13 04:52 黒田東彦日銀総裁再任人事は、「経済オンチ」安倍晋三首相の訪韓中に行われた「菅義偉官房長官人事」だった
02/12 07:38 米CIAが「二階俊博幹事長、菅義偉官房長官、井上義久幹事長」に「安倍降ろし」を指示直後、井脇ノブ子元衆院議員が誕生会
最近のコメント
米CIAが「二階俊博幹事長、菅義偉官房長官、井上義久幹事長」に「安倍降ろし」を指示直後、井脇ノブ子元衆院議員が誕生会(Pistacio)
米CIAが「二階俊博幹事長、菅義偉官房長官、井上義久幹事長」に「安倍降ろし」を指示直後、井脇ノブ子元衆院議員が誕生会(Pistacio)
トランプ大統領は、朝鮮半島統一できれば、東西ドイツ再統一以来の歴史的大偉業となり、「ノーベル平和賞受賞」間違いない(やひこん)
「安倍内閣が坂道を転げ落ちている」状況の中、第84回小沢一郎政経フォーラムが開催され、政権交代へ動き始めている(Pistacio)
朝鮮戦争を知らない米国民の間で北朝鮮への危機意識が高まっており、ICBM級の弾道ミサイル発射の最大の効果だ(Pistacio)
安倍晋三首相、加計孝太郎理事長、加戸守行前知事は、「細菌兵器研究」で高名な米コーネル大に範を取り、何をする?(ネコネコクラブ)
安倍晋三首相は、獣医学部新設で「悪魔大王」米最大財閥ディビッド・ロックフェラーに未だに憑りつかれている(ネコネコクラブ)
毎日新聞「安倍内閣支持率26%、不支持率56%」なのに、「憲法改正」強行とは、「安倍晋三首相につける薬はない」(ネコネコクラブ)
安倍晋三首相は「死に体」、菅義偉官房長官をクビに、小泉進次郎と茂木敏充に「二股」を二階俊博幹事長がバラす(ろくごう)
トランプ大統領、プーチン大統領は、ハンブルクG20サミットで、口先だけの安倍晋三首相との「サシの首脳会談」を断った(akane77)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved