ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局-ブロくる
板垣英憲 さん
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局
地域:埼玉県
性別:男性
ジャンル:ニュース 政治・経済
ブログの説明:
世界の政治・軍事・経済・金融を支配するパワーエリートの動きやその底流で行われている様々な仕掛けなどを中心に、重要情報(特ダネ)をキャッチして速報する。板垣英憲の過去著書も連載します。*定期購読月額1000円
板垣英憲マスコミ事務所
http://www.a-eiken.com
カテゴリ
全て (3406)
『自・社連合が小沢一郎への逆襲をはじめた』1994年7月30日刊 (52)
『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著 (138)
『平成動乱 小沢一郎の野望『』1993年9月25日刊 (117)
『小沢一郎という男の野望』1992年8月15日刊 (51)
お知らせ (52)
定期購読の方法 (1)
アクセス数
総アクセス数: 1360034
今日のアクセス: 114
昨日のアクセス: 861
RSS
カレンダー
<<2018年10月>>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

2012年7月22日 22時0分
『自・社連合が小沢一郎への逆襲をはじめた』1994年7月30日刊 ― あとがき ―
 
おわりに

 政治の舞台は、権力闘争の場である。何のための権力闘争かといえば、国民の幸せと豊かな生活を実現するためである。
 だが、政治改革を標榜する昨今の日本の権力闘争を見ていると、政治家たちは、本当に国民の幸せと豊かな生活の実現を目標にして戦っているのか疑問に思うことがしばしばある。政治家自身の幸せと豊かな生活の実現のみを求めているのではないか。つまり、剥き出しの私利私欲のみがやたらと目立つのだ。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:『自・社連合が小沢一郎への逆襲をはじめた』1994年7月30日刊] [コメント (0)]



2012年7月22日 21時0分
『自・社連合が小沢一郎への逆襲をはじめた』1994年7月30日刊 9章 小選挙区選挙で自民対小沢一郎の勝者が決まる―至難のワザの選挙協力体制作り―?
 
9章 小選挙区選挙で自民対小沢一郎の勝者が決まる

―至難のワザの選挙協力体制作り―

 自民党が社会党との選挙協力で、小沢勢力ヘ対抗


政権復帰した自民党は平成六年七月五日、参院選の公認候補(第一次分)三十人を発表する一方、入閣した幹部の補充人事を行なった。
当面、衆院の解散・総選挙を先送りし、平成七年七月ごろの参院選への選挙体制づくりに向けて、派閥を軸に強化して行こうという政治・選挙戦略である。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:『自・社連合が小沢一郎への逆襲をはじめた』1994年7月30日刊] [コメント (0)]



2012年7月3日 22時36分
『自・社連合が小沢一郎への逆襲をはじめた』1994年7月30日刊 9章 小選挙区選挙で自民対小沢一郎の勝者が決まる―至難のワザの選挙協力体制作り―?
 

9章 小選挙区選挙で自民対小沢一郎の勝者が決まる

―至難のワザの選挙協力体制作り―

選挙に勝つためには、社会党とさきがけを切るという小沢一郎の説み


 自民党と社会党は、次期参議院議員選挙と小選挙区比例代表並立制による初の総選挙において、「協力」して戦うことで、基本的に合意している。
 これは、村山連合政権を樹立する際に交わした重要な「取引」の一つであった。正式な合意文書や調印を交わしたわけではない、いわば、「裏取引」である。だが、この合意は、自民党と社会党にとっては、連合政権を組む最大のメリットでもあった。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:『自・社連合が小沢一郎への逆襲をはじめた』1994年7月30日刊] [コメント (0)]



2012年6月27日 23時24分
『自・社連合が小沢一郎への逆襲をはじめた』1994年7月30日刊 8章 自・社連合の中身は高級官僚と労働貴族―規制緩和に及び腰の自・社体質―省庁の権益擁証のため、本気で取り組むとは思えない規制緩和
 
8章 自・社連合の中身は高級官僚と労働貴族

―規制緩和に及び腰の自・社体質―

省庁の権益擁証のため、本気で取り組むとは思えない規制緩和


 こうしてみると自民党と社会党は、中央省庁や官公労の権益や利益 という点で、利害を共通にしていることがわかってくる。
 これを各省庁が掌握し管轄している諸規制について、「緩和」という角度でとらえると、どういうことになるのか。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:『自・社連合が小沢一郎への逆襲をはじめた』1994年7月30日刊] [コメント (0)]



2012年6月26日 22時29分
『自・社連合が小沢一郎への逆襲をはじめた』1994年7月30日刊 8章 自・社連合の中身は高級官僚と労働貴族―規制緩和に及び腰の自・社体質―社会党国会議員の労働貴族化
 
8章 自・社連合の中身は高級官僚と労働貴族

―規制緩和に及び腰の自・社体質―

 社会党国会議員の労働貴族化


 それでも、自民党の場合は、比較的多様な世界から政界入りしている人もいるのでそれほどひどくはないのだが、社会党となると、どうしようもない<らいに人材養成のあり方が貧弱だった。
 社会党は、"労働貴族の"といわれても仕方がないほど、人材源が極端に偏っている。
同志社大学の講師出身である衆議院議長の土井たか子(現在は無所属)、九州大学教授出身の鳴崎譲などは、左翼学者や文化人、弁護士たちをとくに好むこの党の体質を考慮に入れると、むしろ少数派になっている。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:『自・社連合が小沢一郎への逆襲をはじめた』1994年7月30日刊] [コメント (0)]




  次の5件
最近の記事
10/17 07:25 安倍晋三首相と「日本会議」は、樋口季一郎中将が、北海道を死守したのを忘れたのか、プーチン大統領と「北方領土」永久棚上げを「密約」、日ロ平和条約を締結しようとしている
10/16 08:19 安倍晋三内閣は、「明治150年記念式典」を東京・永田町の憲政記念館で開くが、「明治100年記念式典」を行った大叔父・佐藤栄作首相に続き、名誉ある「花道」になり得る
10/15 07:27 安倍晋三首相が「自衛隊明記のための憲法改正発議」を次の臨時国会で強行、創価学会が反発し、「安倍離れ」が急速に進む
10/14 08:16 天皇陛下のごく近くにいる吉備太秦は「創価学会票がないと選挙に当選できない自民党議員はたくさんいる。内部崩壊が始まる。実際すでに、安倍降ろしが始まっている」と観測
10/13 07:25 小泉純一郎元首相の「原発ゼロ」、小沢一郎代表の「玉城デニー知事当選に貢献」は、「新機軸」潮流に合っているが、安倍晋三首相は、逆流して、臨時国会で衆院解散を断行する
10/12 00:01 トランプ大統領は、「黒い貴族」と呼ばれる米国最大の金融マフィア=麻薬ネットワーク「アイゼンベルグ」と日本の「反社会的勢力」の掃討作戦を行っている。
10/11 06:13 習近平国家主席は、公安省の孟宏偉次官をICPO総裁に据えて、共産党幹部の汚職による内外蓄財を解明、トップ女優・范冰冰さんへの140億円の追徴課税や罰金などにより、国家財政の立て直しを図る
10/10 07:02 韓国が、国際観艦式で海自護衛艦の「旭日旗」掲揚を拒否し、日本は不参加決定、一方、徴用工像の設置が韓国全土で進み、麻生太郎副総理兼財務相が、厳しく追及される
10/09 07:32 「MSA資金」の運用益が、1部抜き取られ、軍産複合体ばかりか、中国や「黒い貴族」の手に渡っているのではないかという情報が、伝わってきている
10/08 07:20 トランプ大統領は、カバノー氏の性犯罪疑惑をデッチ上げた首謀者であるオバマ前大統領、ブッシュ元大統領、ヒラリー・クリントン元国務長官ら一味の掃討作戦を開始している
最近のコメント
「アーミテージ・ナイ・レポート」の新提言、ジャパン・ハンドラーズは、相変わらず、「中国の軍備拡大と北朝鮮の核・ミサイルの脅威」を煽って、日本でカネ儲けしようとしている(つちや)
安倍晋三首相が首相補佐官を伴って、貴乃花親方に参院議員選挙に「出馬」を要請、貴乃花親方は「快諾」、不明朗な闇に包まれた公益財団法人「日本相撲協会」改革に意欲(つちや)
二階俊博幹事長の「裏切り」を加藤勝信総務会長、稲田朋美筆頭副幹事長らに監視させるのは、安倍晋三首相自身が、「短命内閣に終わる」とすでに終焉を自覚しているからだ(つちや)
金正恩党委員長が10月中旬、韓国に招待されて、ソウルで南北首脳会談を行うと聞いて、トランプ大統領が、「その機会にソウルで米朝首脳会談を行おう」と即決した。(つちや)
自民党総裁選で3選を果たした安倍晋三首相は、最長3年間の任期満了日に向かって、「カウントダウン」が始まり、レイムダックで「短命政権に終わる運命」にある(つちや)
自民党総裁選で3選を果たした安倍晋三首相は、最長3年間の任期満了日に向かって、「カウントダウン」が始まり、レイムダックで「短命政権に終わる運命」にある(つちや)
文在寅大統領と金正恩党委員長が、平壌で南北共同宣言を発表、この背後で、天皇陛下が小沢一郎代表とともに「MSA資金」分配(シェア)に並々ならぬ格別のご尽力をされた(つちや)
安倍晋三首相は自民党総裁選挙で「3選」が決まった途端、トランプ大統領、プーチン大統領、習近平国家主席らから、袋叩きの目に合わされ、「首相辞任」に追い込まれる(つちや)
安倍晋三首相は自民党総裁選挙で「3選」が決まった途端、トランプ大統領、プーチン大統領、習近平国家主席らから、袋叩きの目に合わされ、「首相辞任」に追い込まれる(匿名)
自民党は、「安倍1強」体質を強めた結果、「少数派とは、共に天を仰がず」という「排除の論理」が幅を利かせて、「少数派が離党」という「党分裂」の芽が大きくなりつつある。(つちや)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved