ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局-ブロくる
板垣英憲 さん
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局
地域:埼玉県
性別:男性
ジャンル:ニュース 政治・経済
ブログの説明:
世界の政治・軍事・経済・金融を支配するパワーエリートの動きやその底流で行われている様々な仕掛けなどを中心に、重要情報(特ダネ)をキャッチして速報する。板垣英憲の過去著書も連載します。*定期購読月額1000円
板垣英憲マスコミ事務所
http://www.a-eiken.com
カテゴリ
全て (3602)
『本当は怖い漢字』から学ぶ「権力と民との怖ろしい関係」 (10)
『自・社連合が小沢一郎への逆襲をはじめた』1994年7月30日刊 (52)
『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著 (138)
『平成動乱 小沢一郎の野望『』1993年9月25日刊 (117)
『小沢一郎という男の野望』1992年8月15日刊 (51)
お知らせ (54)
定期購読の方法 (1)
アクセス数
総アクセス数: 1494457
今日のアクセス: 137
昨日のアクセス: 623
RSS
カレンダー
<<2019年04月>>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

2012年7月22日 22時0分
『自・社連合が小沢一郎への逆襲をはじめた』1994年7月30日刊 ― あとがき ―
 
おわりに

 政治の舞台は、権力闘争の場である。何のための権力闘争かといえば、国民の幸せと豊かな生活を実現するためである。
 だが、政治改革を標榜する昨今の日本の権力闘争を見ていると、政治家たちは、本当に国民の幸せと豊かな生活の実現を目標にして戦っているのか疑問に思うことがしばしばある。政治家自身の幸せと豊かな生活の実現のみを求めているのではないか。つまり、剥き出しの私利私欲のみがやたらと目立つのだ。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:『自・社連合が小沢一郎への逆襲をはじめた』1994年7月30日刊] [コメント (0)]



2012年7月22日 21時0分
『自・社連合が小沢一郎への逆襲をはじめた』1994年7月30日刊 9章 小選挙区選挙で自民対小沢一郎の勝者が決まる―至難のワザの選挙協力体制作り―?
 
9章 小選挙区選挙で自民対小沢一郎の勝者が決まる

―至難のワザの選挙協力体制作り―

 自民党が社会党との選挙協力で、小沢勢力ヘ対抗


政権復帰した自民党は平成六年七月五日、参院選の公認候補(第一次分)三十人を発表する一方、入閣した幹部の補充人事を行なった。
当面、衆院の解散・総選挙を先送りし、平成七年七月ごろの参院選への選挙体制づくりに向けて、派閥を軸に強化して行こうという政治・選挙戦略である。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:『自・社連合が小沢一郎への逆襲をはじめた』1994年7月30日刊] [コメント (0)]



2012年7月3日 22時36分
『自・社連合が小沢一郎への逆襲をはじめた』1994年7月30日刊 9章 小選挙区選挙で自民対小沢一郎の勝者が決まる―至難のワザの選挙協力体制作り―?
 

9章 小選挙区選挙で自民対小沢一郎の勝者が決まる

―至難のワザの選挙協力体制作り―

選挙に勝つためには、社会党とさきがけを切るという小沢一郎の説み


 自民党と社会党は、次期参議院議員選挙と小選挙区比例代表並立制による初の総選挙において、「協力」して戦うことで、基本的に合意している。
 これは、村山連合政権を樹立する際に交わした重要な「取引」の一つであった。正式な合意文書や調印を交わしたわけではない、いわば、「裏取引」である。だが、この合意は、自民党と社会党にとっては、連合政権を組む最大のメリットでもあった。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:『自・社連合が小沢一郎への逆襲をはじめた』1994年7月30日刊] [コメント (0)]



2012年6月27日 23時24分
『自・社連合が小沢一郎への逆襲をはじめた』1994年7月30日刊 8章 自・社連合の中身は高級官僚と労働貴族―規制緩和に及び腰の自・社体質―省庁の権益擁証のため、本気で取り組むとは思えない規制緩和
 
8章 自・社連合の中身は高級官僚と労働貴族

―規制緩和に及び腰の自・社体質―

省庁の権益擁証のため、本気で取り組むとは思えない規制緩和


 こうしてみると自民党と社会党は、中央省庁や官公労の権益や利益 という点で、利害を共通にしていることがわかってくる。
 これを各省庁が掌握し管轄している諸規制について、「緩和」という角度でとらえると、どういうことになるのか。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:『自・社連合が小沢一郎への逆襲をはじめた』1994年7月30日刊] [コメント (0)]



2012年6月26日 22時29分
『自・社連合が小沢一郎への逆襲をはじめた』1994年7月30日刊 8章 自・社連合の中身は高級官僚と労働貴族―規制緩和に及び腰の自・社体質―社会党国会議員の労働貴族化
 
8章 自・社連合の中身は高級官僚と労働貴族

―規制緩和に及び腰の自・社体質―

 社会党国会議員の労働貴族化


 それでも、自民党の場合は、比較的多様な世界から政界入りしている人もいるのでそれほどひどくはないのだが、社会党となると、どうしようもない<らいに人材養成のあり方が貧弱だった。
 社会党は、"労働貴族の"といわれても仕方がないほど、人材源が極端に偏っている。
同志社大学の講師出身である衆議院議長の土井たか子(現在は無所属)、九州大学教授出身の鳴崎譲などは、左翼学者や文化人、弁護士たちをとくに好むこの党の体質を考慮に入れると、むしろ少数派になっている。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:『自・社連合が小沢一郎への逆襲をはじめた』1994年7月30日刊] [コメント (0)]




  次の5件
最近の記事
04/26 06:24 金正恩党委員長は、プーチン大統領と初めて首脳会談、大阪市で開催予定のG20でトランプ大統領とプーチン大統領が会談するので、その下打ち合わせが、最大の目的だった
04/25 06:31 安倍晋三首相と茂木敏充経済再生相は、米トランプ大統領とライトハイザー通商代表部代表から、「消費税を廃止せよ」と迫られており、政権崩壊の危機に直面している
04/24 07:04 東京地検特捜部は、ルノーによる日産自動車経営統合のために、カルロス・ゴーン前会長排除に利用されており、早い話が、フランス政府の走狗と化している
04/23 07:53 「政権末期」の安倍晋三首相は、ノートルダム寺院炎上の放火犯人が判明しているなか、補欠選挙2連敗の責任に頬かむりして「卒業旅行」、フランスでは、跳んで火に入る夏の虫に
04/22 00:00 第12回『本当は怖い漢字』から学ぶ「権力と民との怖ろしい関係―「身分」刀で物を両分する意味から、さらに身分・名分などを意味する
04/21 07:14 天皇陛下のごく近くにいる吉備太秦は「平成から令和」へ改元を前に、「MSA資金」運用益のシェアについて「この任に預かってから、あらゆる秩序を壊してきた」という
04/20 07:11 「女性天皇については76%、女系天皇は74%が、それぞれ認めてもよい」「女性皇族が結婚後も皇室にとどまる「女性宮家」の創設については、50%が賛成、37%が反対」
04/19 07:21 第119代・光格天皇以来、約202年、天皇、皇后両陛下は4月18日、伊勢神宮の外宮と内宮で、30日の天皇陛下ご譲位を報告される「親謁の儀」に臨まれた
04/18 08:41 沖縄県宜野湾市で強引に進められている辺野古沿岸を埋め立てる問題が争点になっている陰で、日本に返還される予定の普天間飛普行場の地下にさらに大きな問題が埋まっている
04/17 07:29 衆議院の沖縄3区の補欠選挙は、屋良朝博候補が優勢、その下で米国伝記映画「バイス」が、「米国の没落」と「世界中の米軍を撤退させるしかない現状」を暗にアピールしている
最近のコメント
マスメディアの世論調査は「国民の74%は、景気回復を実感していない」、「安倍晋三首相が示す統計と、国民有権者の生活実感との大きなズレ」は、一体何を意味しているのか?(匿名)
「外交の素人」安倍晋三首相は、プーチン大統領、トランプ大統領が用意周到に考えた罠に嵌められ、日ロ首脳会談は、会うのに200億円取られて、完全に失敗に終わった(匿名)
マイケル・グリーン副所長は「もう安倍は必要ない。速やかに排除したい」「ポイントは、沖縄4区の補欠選挙が戦いのスタートだ。米国はそれに全力を尽くす」と明言している(つちや)
安倍晋三首相が決めたIWCからの脱退に、捕鯨基地で知られた地域の選挙区選出の政治家の多くが賛成し、鯨肉と一緒に「票」まで飲み込もうとしており、かなり卑しい話だ(つちや)
世界支配層は、新機軸の1つ「AIの産業化」に伴って、「通貨革命」を起こしつつあり、米FRBを含めて世界の中央銀行をなくし、通貨を「仮想通貨」に代えていく(つちや)
MSA資金が間違いなく動くということで、シリアに長期拘束されていたジャーナリストの安田純平氏が解放され、天皇陛下は、「ご安堵されている」という(国民)
安倍晋三首相は、「明治維新150年を祝う政府の記念式典」に天皇皇后両陛下にご臨席の声もかけず、貧弱で丸で「安倍晋三政権の葬送式」を予感させて、寂しいものであった(国民)
「MSA資金」の運用益=「人類資金」をベースとする「新しい金融システム」を構築し、地球人すべてが平和で豊かな生活を送れるようにするには、どうすればいいか?(日本国民)
「アーミテージ・ナイ・レポート」の新提言、ジャパン・ハンドラーズは、相変わらず、「中国の軍備拡大と北朝鮮の核・ミサイルの脅威」を煽って、日本でカネ儲けしようとしている(つちや)
安倍晋三首相が首相補佐官を伴って、貴乃花親方に参院議員選挙に「出馬」を要請、貴乃花親方は「快諾」、不明朗な闇に包まれた公益財団法人「日本相撲協会」改革に意欲(つちや)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved