ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局-ブロくる
板垣英憲 さん
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局
地域:埼玉県
性別:男性
ジャンル:ニュース 政治・経済
ブログの説明:
世界の政治・軍事・経済・金融を支配するパワーエリートの動きやその底流で行われている様々な仕掛けなどを中心に、重要情報(特ダネ)をキャッチして速報する。板垣英憲の過去著書も連載します。*定期購読月額1000円
板垣英憲マスコミ事務所
http://www.a-eiken.com
カテゴリ
全て (3722)
『本当は怖い漢字』から学ぶ「権力と民との怖ろしい関係」 (21)
『自・社連合が小沢一郎への逆襲をはじめた』1994年7月30日刊 (52)
『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著 (138)
『平成動乱 小沢一郎の野望『』1993年9月25日刊 (117)
『小沢一郎という男の野望』1992年8月15日刊 (51)
お知らせ (57)
定期購読の方法 (1)
アクセス数
総アクセス数: 1573872
今日のアクセス: 156
昨日のアクセス: 906
RSS
カレンダー
<<2019年08月>>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

2012年6月13日 23時17分
『自・社連合が小沢一郎への逆襲をはじめた』1994年7月30日刊 8章 自・社連合の中身は高級官僚と労働貴族―規制緩和に及び腰の自・社体質―長期安定政桁の中で進んでいった自民党の官僚化
 
もくじ

8章 自・社連合の中身は高級官僚と労働貴族

―規制緩和に及び腰の自・社体質―

 長期安定政権の中で進んでいった自民党の官僚化

 
 長期安定政権が続いている間に、自民党は、二世、三世議員や高級官僚出身の国会議員が増え、しかも、身分が固定化してきた。
 自由主義社会では、人材の流動性がもっとも大事な要素であるにもかかわらず、政治の世界で、地盤・看板・鞄を親から世襲する者が増えた。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:『自・社連合が小沢一郎への逆襲をはじめた』1994年7月30日刊] [コメント (0)]



2012年6月7日 22時56分
『自・社連合が小沢一郎への逆襲をはじめた』1994年7月30日刊 8章 自・社連合の中身は高級官僚と労働貴族―規制緩和に及び腰の自・社体質―高級官僚出身者と官公労幹部出身者が一体となった政権
 
もくじ

8章 自・社連合の中身は高級官僚と労働貴族

―規制緩和に及び腰の自・社体質―

 高級官僚出身者と官公労幹部出身者が一体となった政権


村山連合政権の特徴は、閣僚のなかで高級官僚出身者と官公労幹部出身者が目立っているという点である。この羽田連合政権との閣僚構成の違いが、さまざまな形で小沢一郎の進めようとしてきた政策に、逆襲をしかけてくる伏線となっている。この章では、なかでもとくに規制緩和の問題についてふれてみる。
 そのまえに村山内閣の閣僚構成について見てみよう。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:『自・社連合が小沢一郎への逆襲をはじめた』1994年7月30日刊] [コメント (0)]



2012年4月29日 22時21分
『自・社連合が小沢一郎への逆襲をはじめた』1994年7月30日刊 第7章 一・一ラインと創価学会つぶしののろしが上がった―自・社対公明戦争の勃発―亀井静香が主宰する「憲法二十条を考える会」の役割
 
もくじ

第7章 一・一ラインと創価学会つぶしののろしが上がった―自・社対公明戦争の勃発 ―亀井静香が主宰する「憲法二十条を考える会」の役割

 そうしたなかで、亀井静香は、主に創価学会・公明党を夕ーゲットとして問題点を調べ上げる機関を設置した。
 自民党の「憲法二十条を考える会」(通称二一十条委員会)が、それだった。亀井静香が、平成五年十二月十四日に、自民党の衆参両院議員の有志九十五人で設立し、自らが代表に就任した。メンバーは、平成六年四月現在、約百人に増えている。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:『自・社連合が小沢一郎への逆襲をはじめた』1994年7月30日刊] [コメント (0)]



2012年4月28日 22時27分
『自・社連合が小沢一郎への逆襲をはじめた』1994年7月30日刊 第7章 一・一ラインと創価学会つぶしののろしが上がった―自・社対公明戦争の勃発―創価学会・公明党の力を恐れる自民党
 
もくじ

第7章 一・一ラインと創価学会つぶしののろしが上がった―自・社対公明戦争の勃発 ―創価学会・公明党の力を恐れる自民党

 
 剛腕の小沢一郎と日本最大の宗教組織を支持母体とする公明党の市川雄一の二人の実力者である政治家が、日本の政界をぐいぐいと誘導しはじめたことに脅威を感じたのは、自民党である。シンボル・マークの象のような巨体である自民党が、この二人に翻弄されるようになったからだ。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:『自・社連合が小沢一郎への逆襲をはじめた』1994年7月30日刊] [コメント (0)]



2012年4月25日 23時8分
『自・社連合が小沢一郎への逆襲をはじめた』1994年7月30日刊 第7章 一・一ラインと創価学会つぶしののろしが上がった―自・社対公明戦争の勃発―池田大作がなしえた、日蓮以来の快挙
 
もくじ

第7章 一・一ラインと創価学会つぶしののろしが上がった―自・社対公明戦争の勃発 ―池田大作がなしえた、日蓮以来の快挙


 しかし、小沢一郎のこうした噂話に現実味を帯びさせたのが、公明党の細川連合政権への参画であった。
 長期安定政権を維持してきた自民党が、衆議院で過半数を獲得できずに下野し、これに代わって、社会、新生、公明、日本新、民社、新党さきがけ、社民連など八党派が、日本新党党首の細川護煕を首相に担いで、連合政権を樹立した。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:『自・社連合が小沢一郎への逆襲をはじめた』1994年7月30日刊] [コメント (0)]




 前の5件 次の5件
最近の記事
08/20 07:54 「真夏の夜の怪談話」小泉純一郎元首相は郵政民営化に絡み、2000兆円をリヒテンシュタインに隠していた件で、キューバのグアンタナモ基地に連れていかれて拷問を受けている
08/19 07:35 中国人民解放軍が香港に突入し、間違いなく、第2の天安門事件が起きるため、米CIAと英MI6は特殊部隊をフィリピンに待機、一旦緩急の場合、香港へ急派し鎮圧させる
08/18 00:00 第26回『本当は怖い漢字』から学ぶ「権力と民との怖ろしい関係―「投票」「投」は祓う行為や邪悪のものを遠く四裔に放つことを投といい、「票」は頭部など、屍(しかばね)焚いて、その火が飛ぶことをいう
08/17 02:22 朝鮮戦争終結宣言すれば、1年後には、朝鮮半島統一・新国家「コリア」建設が可能になるけれど、文在寅大統領は、具体的スケジュールと国家体制については、明示していない
08/16 07:06 第3次世界大戦は、シオニストとアラブ人との間にイルミナティ・エージェントの残党が引き起こすと言われているので、遠因となる「世界大恐慌」を回避させなくてはならない
08/15 07:47 習近平国家主席が、「武力によるデモ鎮圧」を命ずる時が、刻々と迫っており、失敗すれば、失脚するか、暗殺されるかの危機に晒され、その余波が、日本に回ってくる
08/14 07:07 大東亜戦争終戦から74年になる終戦記念日「8月15日」を前にして、政府が昔も今も「フェイクニュース」を無責任に垂れ流している事実に驚愕する
08/13 07:48 キッシンジャー博士に擁立されたトランプ大統領は、「新機軸派」の主要メンバーとして、インドとパキスタン、インドと中国の「2つの戦場」で第3次世界大戦の回避に努める義務がある
08/12 00:00 第25回『本当は怖い漢字』から学ぶ「権力と民との怖ろしい関係―「選挙」の「選」は神前の舞台で、元並んで揃い舞いをする形を表し、「挙」は共同の作業でみなが参与することから、みな、ことごとくの意味
08/11 05:52 安倍晋三首相は、9月中旬にも行う自民党役員人事と内閣改造で、二階俊博幹事長を下ろし、菅義偉官房長官を次の幹事長に、加藤勝信総務会長を官房長官に据えるのではないか?
最近のコメント
安倍晋三政権に対する忖度から、「社会の木鐸」の役目を放棄してきた感が強かったマスメディアが、参議院議員選挙後、「れいわ新選組」(山本太郎代表)の露出度を高めている(siesta)
「2匹のトラが安倍晋三首相に食いかかる」イランや韓国などの厳しい外交関係に悩まされて、舵取りを誤れば、次期総選挙で自民・公明連立政権は大敗、崩壊する可能性が大である(kotiyan)
トランプ大統領が、中東で有志連合に「自衛隊派遣」を打診してきているのを「断れない」安倍晋三首相は、ハンセン病熊本地裁判決の控訴見送りを決断、「変わり身の早さ」示す(Isohiro)
トランプ大統領が、中東で有志連合に「自衛隊派遣」を打診してきているのを「断れない」安倍晋三首相は、ハンセン病熊本地裁判決の控訴見送りを決断、「変わり身の早さ」示す(沙織)
「正義の味方」山本太郎代表はじめ「れいわ新選組」候補者10人が、「黒い貴族」(金融マフィア、麻薬マフィア、武器シンジケートなど)眷属である安倍晋三首相を追い詰めている(沙織)
日本会議に突き上げられて安倍晋三首相は、憲法改正に固執する態度を取ってきたため、キッシンジャー博士に「最も危険な男」と警戒され、「一度も会ってもらえない状態」が続く(沙織)
トランプ大統領と習近平国家主席は、裏で手打ち、「本当は蚊帳の外」の安倍晋三首相は、議長として首脳宣言を無難にまとめ、参院議員選挙に結び付けて、「印象操作」作戦(匿名)
マスメディアの世論調査は「国民の74%は、景気回復を実感していない」、「安倍晋三首相が示す統計と、国民有権者の生活実感との大きなズレ」は、一体何を意味しているのか?(匿名)
「外交の素人」安倍晋三首相は、プーチン大統領、トランプ大統領が用意周到に考えた罠に嵌められ、日ロ首脳会談は、会うのに200億円取られて、完全に失敗に終わった(匿名)
マイケル・グリーン副所長は「もう安倍は必要ない。速やかに排除したい」「ポイントは、沖縄4区の補欠選挙が戦いのスタートだ。米国はそれに全力を尽くす」と明言している(つちや)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved