ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局-ブロくる
板垣英憲 さん
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局
地域:埼玉県
性別:男性
ジャンル:ニュース 政治・経済
ブログの説明:
世界の政治・軍事・経済・金融を支配するパワーエリートの動きやその底流で行われている様々な仕掛けなどを中心に、重要情報(特ダネ)をキャッチして速報する。板垣英憲の過去著書も連載します。*定期購読月額1000円
板垣英憲マスコミ事務所
http://www.a-eiken.com
カテゴリ
全て (2942)
『自・社連合が小沢一郎への逆襲をはじめた』1994年7月30日刊 (52)
『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著 (138)
『平成動乱 小沢一郎の野望『』1993年9月25日刊 (117)
『小沢一郎という男の野望』1992年8月15日刊 (51)
お知らせ (45)
定期購読の方法 (1)
アクセス数
総アクセス数: 1027489
今日のアクセス: 171
昨日のアクセス: 699
RSS
カレンダー
<<2017年03月>>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

2017年3月8日 2時46分
「殿様記者」が名のある週刊誌や夕刊誌に流して「カネに換える」情報で、安倍晋三首相は、断崖絶壁に立たされる
 
◆〔特別情報1〕
 大阪市の「森友学園」(籠池泰典理事長)が豊中市に建設中の「瑞穂の國記念小學院」(安倍晋三記念小学校)用地(国有財産)取得をめぐる疑惑は、「第2の森友学園」疑惑に飛び火して、安倍晋三首相と妻の昭恵夫人を悩まし、安倍晋三政権の命運を危うくしている。「第2の森友学園」とは、岡山理科大学などを運営する学校法人加計学園(加計孝太郎理事長=岡山市)が2018年4月、国家戦略特区の今治市に開学する「獣医学部」建設用地(今治新都市第2地区の高等教育施設用地36億7500万円)を無償で取得したという疑惑だ。安倍晋三首相が、内閣記者会所属の記者団(いわゆる「殿様記者」)を東京・赤坂の中華料理店に集めて懇談し、このなかで厳重に「口止め」をするほど発覚するのを最も恐れていた疑惑である。しかし、国家権力は、「殿様記者」を抑えることができても、「殿様記者」は、新聞・放送媒体に出せない事実を名のある週刊誌やタブロイド版夕刊誌に流して「カネに換える」のが通例だ。週刊朝日(3月17日号)が、ついに「第2の森友学園」疑惑をトップ記事として大々的に取り上げた。これを嚆矢として各誌がどんどん後追いをすることになるので、安倍晋三首相は、いよいよ断崖絶壁に立たされる。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2017年3月7日 6時36分
安倍晋三首相は、内閣が高支持率を維持している間に3月末に衆院解散・4月中に総選挙を断行して逃げ切る作戦
 
◆〔特別情報1〕
 自民党大会(3月5日)後、各派閥の領袖たちは、「3月末に衆院解散・4月中に総選挙が行われるので、準備せよ」と所属の衆院議員に対して、一斉に指示した。2017年度政府予算案が2月27日衆院を通過、参院に送られてから30日を過ぎれば、衆院優越規定により、3月28日自然成立する。現在国会では、大阪市の「森友学園」(籠池泰典理事長)が豊中市に建設中の小学校用地取得疑惑をめぐり、安倍晋三首相と妻・昭恵夫人が「政治責任」を追及されて苦境に立たされていて、安倍晋三政権を根底から揺るがしかねない。加えて、安倍晋三首相と妻・昭恵夫人に決定的な致命傷を与えかねない重大疑惑も浮上してきている。このため、内閣が高支持率(NHK2月=58%)を維持している間に衆院解散・総選挙を断行して逃げ切ろうという作戦だ。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2017年3月6日 6時34分
「獅子身中の虫は、あの人なのね!!」安倍晋三政権を根底から揺るがす「自民党の御家騒動」が本格的に勃発
 
◆〔特別情報1〕
 「獅子身中の虫は、あの人なのね!!」―3月3日夜、東京・帝国ホテル(東京都千代田区内幸町1−1−1)の一室で、「ゴッドマザー」こと安倍洋子夫人、つまり安倍晋三首相の母(安倍晋太郎元外相の妻、岸信介元首相の長女)が烈火の如く怒る絶叫が鳴り響いた。安倍降しを企む主の声が録音機から流れ始めた途端、洋子夫人の顔色が見る見るうちに変わり、怒声が飛び散った。帰途、しばしば渋谷区富ヶ谷の安倍邸に立ち寄り、閑談し親しくしていた主が、「安倍降し工作の黒幕」だったと知り、大きなショックを受けたのだ。裏切りがはっきりして「よくも騙したな」と腹が煮え繰り返ったらしい。録音一緒に聞いていた安倍晋三首相と昭恵夫人は、母の怒声を浴びて、恐ろしさのあまり、緊張し、シュンとしていた。会食は2時間半を予定していたコース料理にロクに箸もつけず、洋子夫人は、わずか30分で「家に帰って、家族会議よ」と言いながら、席をすっくと立ち上がり、部屋から出て行き、安倍晋三首相と昭恵夫人は、その後を追ったという。その後には、録音機を操作していた2人の客が残された。安倍晋三政権を根底から揺るがす「自民党の御家騒動」が本格的に勃発した瞬間である。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2017年3月5日 0時0分
金正男氏暗殺の「実行部隊」を派遣したのは、「北朝鮮」ではなく、「韓国」でもないというが、一体、どこの国なのか?
 
◆〔特別情報1〕
 「北朝鮮の金正男氏が、マカオに行くため2月13日にマレーシア・クアラルンプール国際空港に行った際に北朝鮮工作員に殺害依頼されているベトナム国籍女性とインドネシア国籍女性に殺害された疑いがある」と複数の韓国メディアが2月14日、報道してから18日になる。だが、真犯人や動機、背後関係が不明のまま、マレーシアの中国語紙・中国報(電子版)は3月1日、事件に関与した疑いでマレーシア警察に逮捕された北朝鮮国籍のリ・ジョンチョル容疑者(46)が「証拠不十分で釈放される可能性が高い」と報じた。ところが、国際公安情報に詳しい専門家によると、金正男氏暗殺の「実行部隊」を派遣したのは、「北朝鮮」ではなく、「韓国」でもないという。ならば、一体、どこの国なのか?
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2017年3月4日 2時19分
「麻生VS安倍戦争勃発!」―安倍晋三首相は、「森友学園」と「第2森友学園」疑惑により、退陣に追い込まれる
 
◆〔特別情報1〕
 安倍晋三首相は、大阪市の「森友学園」(籠池泰典理事長)が豊中市に建設中の小学校用地取得をめぐる疑惑に悩まされている最中、もう1つ別件で追及されて頭を抱えているという。岡山理科大学などを運営する学校法人加計学園(加計孝太郎理事長=岡山市)が2018年4月、国家戦略特区の今治市に開学する「獣医学部」建設用地(今治新都市第2地区の高等教育施設用地36億7500万円)を無償で取得した疑惑が浮上してきたため、「第2の森友学園」に発展しかねないからだという。早速、日刊ゲンダイが3月4日付「5面」で「36億円の土地無償譲渡」「首相の親友学校法人」「昭恵夫人『名誉園長』」「第2の森友事件か」「52年ぶり獣医学部新設」「建設整備費243億円も市が負担」という見出しを躍らせて、食いついてきた。これらをネタに麻生太郎副総理兼財務相は、安倍晋三首相引き摺り下ろし策、つまり「倒閣策」をめぐらしているという。果たして安倍晋三政権の命運は、如何に?
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]




  次の5件
最近の記事
07/25 04:11 安倍晋三首相は、獣医学部新設で「悪魔大王」米最大財閥ディビッド・ロックフェラーに未だに憑りつかれている
07/24 03:16 毎日新聞「安倍内閣支持率26%、不支持率56%」なのに、「憲法改正」強行とは、「安倍晋三首相につける薬はない」
07/23 00:00 防衛相は「威風堂々たる風格」があるべきなのに、貧弱な稲田朋美防衛相を据えた安倍晋三首相の人事能力が疑わしい
07/22 02:22 小沢一郎代表を支持する国民有権者の多くが、一刻も早く「総理大臣に就任して欲しい」と全国各地で声を大にしている
07/21 02:33 安倍晋三首相は「死に体」、菅義偉官房長官をクビに、小泉進次郎と茂木敏充に「二股」を二階俊博幹事長がバラす
07/20 01:01 麻生太郎副総理が、政権簒奪を策動中、小沢一郎代表は、政党連合「オリーブの木」で政権奪取を図る政界「夏の陣」
07/19 02:37 小泉進次郎官房長官人事という起死回生策をめぐり、菅義偉官房長官が、カンカンになって激怒、内閣改造延期
07/18 04:08 米朝両国の「オスロ秘密会合」を受けて、文在寅大統領が、北朝鮮に南北軍事当局会談と南北赤十字会談を提案した
07/17 03:48 安倍晋三政権は、石破茂前地方創生相離党により大打撃を受け、これが元で、小沢一郎政権誕生を促す
07/16 00:00 「内閣の危険水域30%」を割り込み、よほどのサプライズでもなければ、「内閣支持率の回復」は、極めて困難だ
最近のコメント
毎日新聞「安倍内閣支持率26%、不支持率56%」なのに、「憲法改正」強行とは、「安倍晋三首相につける薬はない」(ネコネコクラブ)
安倍晋三首相は「死に体」、菅義偉官房長官をクビに、小泉進次郎と茂木敏充に「二股」を二階俊博幹事長がバラす(ろくごう)
トランプ大統領、プーチン大統領は、ハンブルクG20サミットで、口先だけの安倍晋三首相との「サシの首脳会談」を断った(akane77)
2022年からの好況サイクルへの助走期間が始まり、AI技術が築く新産業社会が、「次の好況10年」を生み出す(ruu)
小沢一郎代表は、一夜にして、韓国と北朝鮮、韓国と中国間、北朝鮮とマレーシア間の外交問題を一件落着させた(ネコネコクラブ)
「絶体絶命!」石原慎太郎元知事、浜渦武生副知事は、百条委員会で豊洲新市場の土地購入について尋問を受ける(DMoris)
世界各国の最高指導者は、安倍晋三首相を国際政治家とは呼ばず、「商人政治屋」と見下しているから悲しい(ろくごう)
東京地検特捜部は、東京都庁の疑惑を捜査、大疑獄事件に発展、安倍晋三首相は衆院解散・総選挙を決意(ろくごう)
小沢一郎代表は、安倍晋三首相による中国、ロシア、韓国、北朝鮮との外交関係が不調なのを憂慮している(匿名)
安保法案が衆院本会議で可決されたのに、安倍晋三首相の表情には、高揚感がまったくなく、何かおかしい(tom)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved