ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局-ブロくる
板垣英憲 さん
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局
地域:埼玉県
性別:男性
ジャンル:ニュース 政治・経済
ブログの説明:
世界の政治・軍事・経済・金融を支配するパワーエリートの動きやその底流で行われている様々な仕掛けなどを中心に、重要情報(特ダネ)をキャッチして速報する。板垣英憲の過去著書も連載します。*定期購読月額1000円
板垣英憲マスコミ事務所
http://www.a-eiken.com
カテゴリ
全て (4012)
『本当は怖い漢字』から学ぶ「権力と民との怖ろしい関係」 (47)
姓名判断 (1)
『自・社連合が小沢一郎への逆襲をはじめた』1994年7月30日刊 (52)
『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著 (138)
『平成動乱 小沢一郎の野望『』1993年9月25日刊 (117)
『小沢一郎という男の野望』1992年8月15日刊 (51)
お知らせ (63)
定期購読の方法 (1)
アクセス数
総アクセス数: 1857516
今日のアクセス: 697
昨日のアクセス: 1031
RSS
カレンダー
<<2017年12月>>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

2017年12月16日 3時10分
「小沢一郎先生を総理大臣にする会を立ち上げたい」という「草莽崛起」の動きが全国各地から起き始めている
 
◆〔特別情報1〕
 「小沢一郎衆議院議員を支援する会 一由倶楽部」(石川孝之輔顧問、板垣英憲幹事長)主催の「小沢一郎先生を激励する会」(12月13日午後5時〜8時30分、小石川後楽園「涵徳亭」別間)を開催したところ、わずか2日しか時間が経っていないのに、あちこちから「小沢一郎先生を総理大臣にする会を立ち上げたい」という連絡が入り始めた。これは「草莽崛起(そうもうくっき)」という言葉を自然に呼び起こす勢いを感じさせる。「草莽」とは戦国時代中国の儒学者の『孟子』に述べられている「草木の間に潜む隠者」、すなわち「一般大衆(国民)のこと」を差し、「崛起」とは「立ち上がれ」という意味。すなわち「志を持った在野の人々が一斉に立ち上がり、大きな物事を成し遂げようとすること」をいう。江戸時代末期に、明治維新の精神的指導者とされる長州藩士・吉田松陰が民衆主体の改革を望んで唱えた思想として知られている。明治維新から150年、皮肉なことに「軍国主義的な」山口県(長州藩)出身の安倍晋三首相を倒して、真に自由民主主義的な政権交代可能な日本を形成し、世界恒久の平和と繁栄を築くため「本当にグローバルな世界秩序」構築を目指して「小沢一郎総理大臣を実現しようという」全国運動が自然発生的に起きつつあるのだ。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2017年12月15日 6時41分
「国際秩序構築」事業成功の第一歩は、天皇陛下が最も信頼と期待を寄せる小沢一郎代表の決断と実行にかかっている
 
◆〔特別情報1〕
 「コンピューターに造詣が深い天皇陛下が、日本の大手電機メーカー『東芝』を間一髪のところ、電話1本でお救いになられた」(2017年12月12日 6時43分配信のブログ記事)で示したように、「天皇陛下のパワー」が見事に発揮された。朝日新聞12月13日付夕刊が「東芝 米WDと和解 半導体売却へ前進」と報じ、まさしく実証されたのである。これこそ、コンピューターに造詣の深い天皇陛下の「光被」(君徳)である。天皇陛下のご要望に即座に応えて、手を打たれた米ヘンリー・アルフレッド・キッシンジャー博士(戦略国際問題研究所=CSIS顧問、ニクソン政権国務長官、御年94歳)は、文字通り凄い。「WORLD ORDER 国際秩序」を構築のため「新機軸」を掲げて、精力的に活動しておられる。その一端を垣間見る思いがする。天皇陛下とキッシンジャー博士は、国際政治家である小沢一郎代表に「国際秩序構築」の大事業を託している。事業成功の第一歩は、天皇陛下が最も信頼と期待を寄せられている小沢一郎代表の決断と実行にかかっている。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2017年12月14日 7時23分
一由倶楽部(石川孝之輔顧問、板垣英憲幹事長)主催の「小沢一郎先生を激励する会」が小石川後楽園「涵徳亭」別間で行われた
◆〔特別情報1〕
 第85回「小沢一郎政経フォーラム」が12月13日午前11時からANAインターコンチネンタルホテル東京地下1階「プロミネンス」(東京都港区赤坂1−12―33)で開かれた。講師は、小沢一郎衆院議員が務めた。この後、「小沢一郎衆議院議員を支援する会 
 一由倶楽部」(石川孝之輔顧問、板垣英憲幹事長)主催の「小沢一郎先生を激励する会」が、12月13日午後5時〜8時30分、小石川後楽園「涵徳亭」別間で行われた。

[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2017年12月13日 3時29分
好景気サイクルが始まるまで、後5年かかり、安倍晋三首相は、不況にドップリと浸かった政権を担う運命にある
◆〔特別情報1〕 
 「北」―漢字1文字で今年の世相を表す「今年の漢字」に選ばれた。京都市東山区の清水寺で12日、森清範貫主が揮毫(きごう)した。第3次世界大戦の危機を孕む北朝鮮情勢などを反映した。安倍晋三首相が余りにも「戦争の危機」を煽り過ぎた結果でもある。その半面、「アベノミクス政策の失敗」が隠蔽された。現在は、「不況のサイクル10年」(2012年10月〜2022年8月)の半ばを過ぎたばかりだ。好景気サイクルは2022年10月から始まるので、後5年かかる。結局、安倍晋三首相は、不況にドップリと浸かった政権を担う運命にある。それでもさいたま市浦和区の「調神社(つきじんじゃ)」では、明治時代から続く大歳の市「十二日まち(じゅうにんちまち)」が開かれ、露店約1000店が出店し、約15万人の人出で賑わい、神社境内では、「かっこめ市(熊手)」開催され、熊手を買い求める客で混雑した。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2017年12月12日 6時43分
コンピューターに造詣が深い天皇陛下が、日本の大手電機メーカー「東芝」を間一髪のところ、電話1本でお救いになられた
 
◆〔特別情報1〕
 これは、コンピューターに造詣が深い天皇陛下が、事実上、倒産の危機に瀕していた「東芝」を間一髪のところ、電話1本でお救いになられた秘話である。
 日本の大手電機メーカーであり、東芝グループの中核企業である「株式会社東芝」(綱川智・取締役兼代表執行役社長、本社=東京都港区芝浦一丁目1番1号浜松町ビルディング)は、2017年8月1日付で東証2部に降格。米ウエスタンデジタル(WD)は9月26日、東芝による半導体メモリー事業の売却に対し、「合弁契約に反している」として国際仲裁裁判所(オランダのハーグに設置)に調停を申し立てた。国際商業会議所(ICC)の国際仲裁裁判所に暫定差し止めを求めると発表した。WDは仲裁裁にメモリー事業の売却差し止めを求めていたが、通常の仲裁では結論が出るまで1年以上はかかる見通しだった。東芝は2018年3月末までの売却完了を目指していた。このため、仲裁の結果によっては、東芝の再建が極めて難しくなる可能性があった。天皇陛下の側近が、以下のように秘話を打ち明ける。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]




  次の5件
最近の記事
05/29 10:18 コロナ騒ぎも佳境に入ったけれど、このなかで暗躍している悪者はだれか、普通の人にもわかってきた。ズバリ、ビル・ゲイツである
05/28 08:57 「正邪の区別がつかない味噌糞一緒」の安倍晋三首相は、訪米してトランプ大統領に、どう振る舞うか、見ものである
05/27 10:43 安倍晋三首相は、トランプ大統領に尻を叩かれて「緊急事態宣言解除」を早めて訪米するが、治療薬とワクチンの開発資金提供とビル・ゲイツとの競争に立たされた
05/26 07:54 緊急事態宣言解除、政局が流動化するなかで、自民党議員の多くが、政変に備えて選挙区に帰って行く姿が目立っている
05/25 06:57 第57回『本当は怖い漢字』から学ぶ「権力と民との怖ろしい関係」―人権―人は、人の即身形を表わし、権は、権威・権勢を意味している
05/24 12:44 「安倍晋三内閣支持率27%(前回40%)、自民党支持率25%(前回30%)」―毎日新聞世論調査の結果、自民党の二階俊博幹事長は、「二階の乱を起こす」と宣言、政権崩壊へ
05/23 10:02 法相から指揮権を発動される立場の「検事総長」に任命されそうになった黒川弘務検事長は、「三十六計逃げるが勝ち」とばかり、間一髪のところで、「安倍晋三首相の魔の手」から逃れることができた
05/22 10:09 安倍晋三首相は「悪事」もみ消し役の東京高検・黒川弘務検事長が失脚、過去最低の6パーセントまで低落して崩壊した森喜朗政権と比較されながら「支持率低落競争」の地獄道を墜落する
05/21 09:53 ソフトバンクグループは近いうちに破綻する可能性が高く、みずほが手を引いた瞬間に潰れる
05/20 10:15 「とろい、鈍い、遅い」安倍晋三首相が、「アベの毒マスク」に続き、国民一人に「10万円」支給に際し、「マイナンバーカード」が使い物にならない事態に、金融機関とのひも付け義務化でまたもや「火事場泥棒」か
最近のコメント
「正邪の区別がつかない味噌糞一緒」の安倍晋三首相は、訪米してトランプ大統領に、どう振る舞うか、見ものである(piyokoTV)
緊急事態宣言解除、政局が流動化するなかで、自民党議員の多くが、政変に備えて選挙区に帰って行く姿が目立っている(Sparrows)
緊急事態宣言解除、政局が流動化するなかで、自民党議員の多くが、政変に備えて選挙区に帰って行く姿が目立っている(piyokoTV)
「とろい、鈍い、遅い」安倍晋三首相が、「アベの毒マスク」に続き、国民一人に「10万円」支給に際し、「マイナンバーカード」が使い物にならない事態に、金融機関とのひも付け義務化でまたもや「火事場泥棒」か(shushuika)
法相から指揮権を発動される立場の「検事総長」に任命されそうになった黒川弘務検事長は、「三十六計逃げるが勝ち」とばかり、間一髪のところで、「安倍晋三首相の魔の手」から逃れることができた(kotiyan)
法相から指揮権を発動される立場の「検事総長」に任命されそうになった黒川弘務検事長は、「三十六計逃げるが勝ち」とばかり、間一髪のところで、「安倍晋三首相の魔の手」から逃れることができた(piyokoTV)
安倍晋三首相は「悪事」もみ消し役の東京高検・黒川弘務検事長が失脚、過去最低の6パーセントまで低落して崩壊した森喜朗政権と比較されながら「支持率低落競争」の地獄道を墜落する(cyu)
「とろい、鈍い、遅い」安倍晋三首相が、「アベの毒マスク」に続き、国民一人に「10万円」支給に際し、「マイナンバーカード」が使い物にならない事態に、金融機関とのひも付け義務化でまたもや「火事場泥棒」か(piyokoTV)
忍び寄る河井克行前法相・妻の案里参院議員逮捕の手、不起訴権限を持つ検事総長実現の目論見との熾烈な競争に負けた安倍晋三首相に世論は、「安倍逮捕をせよ」と厳しい(kotiyan)
悪事の限りを尽くしてきた安倍晋三首相は、大叔父・佐藤栄作自由党幹事長時代の悪しき前例に倣って選挙違反事件もみ消しを図ろうとして失敗、「もはやこれまで」と辞任を決めた(ponkichi34)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved