ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局-ブロくる
板垣英憲 さん
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局
地域:埼玉県
性別:男性
ジャンル:ニュース 政治・経済
ブログの説明:
世界の政治・軍事・経済・金融を支配するパワーエリートの動きやその底流で行われている様々な仕掛けなどを中心に、重要情報(特ダネ)をキャッチして速報する。板垣英憲の過去著書も連載します。*定期購読月額1000円
板垣英憲マスコミ事務所
http://www.a-eiken.com
カテゴリ
全て (4087)
『本当は怖い漢字』から学ぶ「権力と民との怖ろしい関係」 (57)
姓名判断 (1)
『自・社連合が小沢一郎への逆襲をはじめた』1994年7月30日刊 (52)
『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著 (138)
『平成動乱 小沢一郎の野望『』1993年9月25日刊 (117)
『小沢一郎という男の野望』1992年8月15日刊 (51)
お知らせ (63)
定期購読の方法 (1)
アクセス数
総アクセス数: 1933133
今日のアクセス: 776
昨日のアクセス: 965
RSS
カレンダー
<<2017年12月>>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

2017年12月25日 7時31分
安倍晋三首相は、訪中の二階俊博、井上義久両幹事長に、日中首脳の「シャトル外交」実現を期待、「取らぬ狸の皮算用」か
 
◆〔特別情報1〕
 自民党の二階俊博、公明党の井上義久両幹事長は12月24日から29日までの日程で与党議員約20人とともに「日中与党交流協議会」に出席するため訪中した。福建省で共産党幹部らと意見交換後、北京で政府要人と会談する見通しだ。今年は国交正常化45周年、2018年は平和友好条約締結40周年の節目のため、安倍晋三首相は、2018年早々にも日中韓首脳会談に伴う李克強首相の来日を実現させ、日中首脳の「シャトル外交」実現を期待している。しかし、「取らぬ狸の皮算用」に近い。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2017年12月24日 3時52分
いまの日本国の最大課題は、「女性宮家・女帝」を認めるための「皇室典範の改正」、天皇皇后両陛下が希望されている
 
◆〔特別情報1〕
 日本国の君主である第125代天皇陛下は誕生日の12月23日、84歳になられた。1年か4月後の2019年4月30日に在位29年で退位され、5月1日、皇太子殿下に譲位される。いまの日本国の最大課題は、「女性宮家・女帝」を認めるための「皇室典範の改正」である。天皇皇后両陛下が希望されているという。軍国主義復活(帝国陸海軍再建)のための「憲法第9条改正」ではない。「外交交渉力が劣る」安倍晋三首相は12月22日午後(日本時間23日未明)、非常任理事国・日本の立場を利用して国連安保理で北朝鮮(金正恩党委員長=元帥)に対する追加制裁決議を全会一致で採択させて、事実上の「人質」である日本人拉致被害者の生命を犠牲にしようとしている。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2017年12月23日 7時47分
「12月13日」、小塚かおる記者著「小沢一郎の権力論」上梓、小沢一郎代表「露払いの日=悪抜けの日」だった
 

◆〔特別情報1〕
 小沢一郎代表が権力について激白した「小沢一郎の権力論」(日刊ゲンダイの小塚かおる記者著、朝日新聞出版刊、朝日新書)の出版記念パーティーが12月21日、東京都内のホテルで開かれた。この本は「12月13日」に上梓され、わずか1週間で増刷が決まったという。「12月13日」午前11時からANAインターコンチネンタルホテル東京地下1階「プロミネンス」で開かれた第85回「小沢一郎政経フォーラム」冒頭、司会者から紹介されていた。実はこの日午後5時から〜8時30分、小石川後楽園「涵徳亭」別間で「小沢一郎衆院議員を支持する会『一由倶楽部鉄板会』(板垣英憲幹事長)」主催の「小沢一郎先生激励会」が開かれ、特別の感性を持った天地人のなかから「今日は、小沢一郎先生にとって、“露払いの日”になっている」という発言が囁かれていた。小沢一郎代表の心身に憑りついていた「悪い憑き物」が取り払われ、「悪抜けした」という意味で、出席者は皆、小沢一郎代表にとって「大決断を切り開く日」と解釈し、小塚かおる記者著「小沢一郎の権力論」は、その瑞祥の1つと受け止めていた。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2017年12月22日 2時55分
安倍晋三首相は、拉致被害者を盾にする北朝鮮に「兵糧攻め」、金正恩党委員長ら首脳陣は降伏後、死刑に処す構え
 
◆〔特別情報1〕
 安倍晋三首相の北朝鮮に非核化を求める「経済制裁による圧力強化」は、言い方を変えれば「城塞戦」(兵糧攻め、食=じき攻め)である。降伏した城主ら有力者の切腹と引き替えに士卒兵卒の助命が聞き入れられ、開城する。従って、米軍が計画して訓練している「斬首作戦」の名称が示しているように、北朝鮮は金正恩党委員長=元帥ら首脳陣は、降伏した後は、死刑に処せられる。安倍晋三首相が進めている「経済制裁による圧力強化作戦」の行き着く先は、金正恩党委員長=元帥ら首脳陣の処刑である。それだけに北朝鮮は、「兵糧攻め」に打ち勝つため、最後は、「人質」である日本人拉致被害者を盾にして、徹底抗戦する。調略・交渉が下手な安倍晋三首相は、金正恩党委員長=元帥ら首脳陣に直結する人脈を1つも持たず、対話できず、「兵糧攻め一本槍」なので、初めから日本人拉致被害者を見捨てて、犠牲に供しようとしている。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2017年12月21日 3時49分
危機管理委の高野利雄委員長は間抜け、横綱審の北村正任委員長の目は節穴、「イカサマ、八百長の「黒幕」を見逃している
 
◆〔特別情報1〕
 元横綱日馬富士による幕内貴ノ岩に対する傷害事件は、「黒幕」八角理事長(元横綱北勝海)、「主犯」横綱白鵬、「下手人」元横綱日馬富士、「幇助犯」横綱鶴竜、関脇照ノ富士、「被害者」貴ノ岩という構図で行なわれた。しかるに日本相撲協会危機管理委員会の高野利雄委員長(元名古屋高検検事長)は、「黒幕」八角理事長の事情聴取をすることもなく間抜けだ。「被害者」貴ノ岩の実質的な保護者である貴乃花親方が、この事件直後、八角理事長と会い、「イカサマ、八百長相撲を止めろ、証拠はいくらでもあるんだ」と抗議していたにもかかわらず、「事件の経緯について、ほぼ把握できたと認識している」と発言をしたうえで「事情聴取に応じず、理事・巡業部長の連絡義務と責任を果たしていない」と指摘。横綱審議委員会の北村正任委員長(毎日新聞社名誉顧問)の目は節穴だ。貴乃花親方(元横綱)について「理事の責任を全く果たしておらず、非難に値するというのが全員の意見」とこれまた、事の本質からかけ離れたピント外れの判断を示している。こんなことでは、公益財団法人日本相撲協会を衰退、没落に陥れるだけである。貴乃花親方は、元横綱日馬富士に対して「1億5000万円」の損害賠償を求める民事訴訟を起こすとともに、「黒幕」八角理事長と「主犯」横綱白鵬に対しても「数億円」の損害賠償を求める民事訴訟を提起するという。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]




  次の5件
最近の記事
08/12 10:54 コロナ禍の下、いつこの感染症が収束するかほとんど見通しが立たないなか、野党の立憲民主党と国民民主党の合流話は、ほぼ失敗した。これはなぜか。
08/11 09:47 安倍晋三首相の無策で自民党内が動揺、その裏で政変の動きが活発化。中国支持派も安倍から離反。
08/10 09:44 国連のなかで、核廃絶のために主導的立場を示す気概を1つも見せない安倍晋三首相は、誠に情けない腑抜けた姿を世界に晒していた。何とも情けない限りだ
08/09 10:47 政治部記者の最大の任務は、「政変=政局」、いまは、安倍晋三首相の「死亡」であり、死期が迫っているのを知っている報道室職員は、朝日新聞記者のワナにまんまと引っかかった
08/08 07:43 第66回『本当は怖い漢字』から学ぶ『権力と民との怖ろしい関係』―証拠―証は、もともとは、徴(ちょう)の読み方に通ずる文字、拠は、「杖に拠る」ということから、依拠することを意味し、拠有することをいう。
08/07 09:20 安倍晋三首相は、核兵器保有をも可能にする憲法改正という宿願も果たせず、「吐血」してしまい、「政権投げ出し」の危機に立たされており、「元の木阿弥」に陥っていて、唇を噛んでいる
08/06 10:08 キッシンジャー博士が7月下旬、中国の長老と打ち合わせをし、8月15日にワシントンで米中の閣僚級の会談を行い、10月には中国で共産党大会を開く。中国は「内循環経済」に変更する
08/05 10:03 米国は、「韓国で何か起きても米国は韓国を守りたくないので、米軍は撤退する。中国が東シナ海、南沙諸島、尖閣諸島に手を出してきたら、米国は、日本をとことん守り抜きます」と確約している
08/04 09:53 キッシンジャー博士が、二階俊博、今井尚哉、秋元司、森雅子の処分、安倍晋三首相の退陣、菅義偉官房長官の首相就任など「日本に対する重大決定事項」を安倍に伝えてきた
08/03 10:55 米空母ロナルド・レーガンが、南シナ海へ出撃、中国海軍の軍事演習を監視、大統領選挙に向けてトランプ大統領が本気を出して、米中軍事衝突の不測の事態から本格的戦争に発展する可能性を孕む
最近のコメント
小沢一郎衆議院議員は、安倍晋三首相と小池百合子知事のコロナ対策失敗に、秋の総選挙で主導権を握ろうとしている(Sparrows)
日本は、世界最速のスーパーコンピュータ「富岳」完成により、「世界恒久の平和と繁栄を築くための新機軸」、〈第3次世界大戦回避・世界の原発440基廃炉・地球環境改善・AIの産業化〉の旗手になれる(piyokoTV)
小沢一郎衆議院議員は、安倍晋三首相と小池百合子知事のコロナ対策失敗に、秋の総選挙で主導権を握ろうとしている(あかね)
小沢一郎衆議院議員は、安倍晋三首相と小池百合子知事のコロナ対策失敗に、秋の総選挙で主導権を握ろうとしている(shushuika)
米国は日本と中国を戦争させたいと考えており、中国も国内情勢の混乱から、尖閣もしくは台湾で戦争を起こそうと必死、日本の安倍晋三首相は退陣を前に「GoTo(強盗)キャンペーン」で「急ぎ働き」(piyokoTV)
「正邪の区別がつかない味噌糞一緒」の安倍晋三首相は、訪米してトランプ大統領に、どう振る舞うか、見ものである(Sparrows)
「正邪の区別がつかない味噌糞一緒」の安倍晋三首相は、訪米してトランプ大統領に、どう振る舞うか、見ものである(piyokoTV)
緊急事態宣言解除、政局が流動化するなかで、自民党議員の多くが、政変に備えて選挙区に帰って行く姿が目立っている(Sparrows)
緊急事態宣言解除、政局が流動化するなかで、自民党議員の多くが、政変に備えて選挙区に帰って行く姿が目立っている(piyokoTV)
「とろい、鈍い、遅い」安倍晋三首相が、「アベの毒マスク」に続き、国民一人に「10万円」支給に際し、「マイナンバーカード」が使い物にならない事態に、金融機関とのひも付け義務化でまたもや「火事場泥棒」か(shushuika)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved