ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局-ブロくる
板垣英憲 さん
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局
地域:埼玉県
性別:男性
ジャンル:ニュース 政治・経済
ブログの説明:
世界の政治・軍事・経済・金融を支配するパワーエリートの動きやその底流で行われている様々な仕掛けなどを中心に、重要情報(特ダネ)をキャッチして速報する。板垣英憲の過去著書も連載します。*定期購読月額1000円
板垣英憲マスコミ事務所
http://www.a-eiken.com
カテゴリ
全て (3461)
『自・社連合が小沢一郎への逆襲をはじめた』1994年7月30日刊 (52)
『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著 (138)
『平成動乱 小沢一郎の野望『』1993年9月25日刊 (117)
『小沢一郎という男の野望』1992年8月15日刊 (51)
お知らせ (52)
定期購読の方法 (1)
アクセス数
総アクセス数: 1401663
今日のアクセス: 485
昨日のアクセス: 655
RSS
カレンダー
<<2018年01月>>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

2018年1月5日 3時42分
北朝鮮の核・ミサイル開発をめぐり、米政府関係者と北朝鮮当局者が2017年12月上旬に北京で極秘協議を行っていた
 
◆〔特別情報1〕
 「北朝鮮の核・ミサイル開発をめぐり、米政府関係者と北朝鮮当局者が昨年12月上旬に北京で極秘協議を行っていたことが3日、分かった。同じ時期にカナダ政府が日本政府に『対北圧力』方針の見直しを迫っていたことも判明した。一連の動きの直後、ティラーソン米国務長官は北朝鮮との無条件対話に応じる考えを表明。トランプ政権内で対北融和派が巻き返しを図っているとみられる。複数の政府筋が明らかにした。北朝鮮との極秘協議を主導したのは米国務省情報調査局元北東アジア室長のジョン・メリル氏。『トラック1・5』と呼ばれる官民合同の意見交換会の形をとったとされる」―産経新聞が1月4日付け朝刊「1面トップ」で「特ダネ記事」を掲載した。これは、トランプ大統領の指南役である「忍者外交のプロ」キッシンジャー博士が、自らの側近たちと北朝鮮の高官たちによる極秘会合を進めて「米朝和平」の環境づくりと「日程調整」を行ってきたのを受けて、ティラーソン国務長官配下の高官にレベル・アップして極秘に「米朝交渉」を進めていることを意味している。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2018年1月4日 1時58分
北朝鮮の金正恩党委員長が、平昌冬季五輪に選手団を派遣、南北間を結ぶホットライン再開、米朝和平へ向かう
 
◆〔特別情報1〕
 「第2の日本」北朝鮮の金正恩党委員長=元帥は日本時間1月3日午後3時半、「板門店で南北間を結ぶホットライン(直通電話回線)を再開するよう」指示し、韓国側はホットラインが再開したことを確認した。ロイターが報じた。ホットラインが途絶えたのは2016年2月だった。韓国の朴槿恵大統領(当時)が北朝鮮の核実験に反発し、開城工業団地の稼働を中断したことへの対抗措置として、北朝鮮側が遮断に踏み切った。これは、北朝鮮の平昌冬季五輪参加を契機に、朝鮮半島情勢が2月25日の閉会式以後、「米朝和平」(米朝国交正常化→平和友好条約締結→朝鮮半島統一)に向けて一気に動き出していくことを意味している。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2018年1月3日 4時14分
今上天皇陛下のお言葉は、安倍晋三首相とは真逆の「平和への願いと祈り」に溢れ、一種の安堵感を伝えておられた
 
◆〔特別情報1〕
 「新年おめでとう。皆さんとともに新年を祝うことをまことに喜ばしく思います。本年が少しでも多くの人にとり穏やかで心豊かな年となるよう願っています。年の初めにあたり、わが国と世界の人々の幸せを祈ります」
 天皇陛下は1月2日午前、皇后さまや皇太子ご夫妻、秋篠宮ご夫妻、皇族方と宮殿のベランダに立ち、参賀者に手を振って応えられ、マイクを通じて語られた。天皇皇后両陛下のお出ましは、第1回・午前10時10分頃、第2回・午前11時00分頃、第3回・午前11時50分頃、第4回・午後1時30分頃・第5回 午後2時20分頃の計5回。1回目の参賀には昨年の倍以上の2万9150人が訪れたのをはじめ、計約12万6000余人となり、平成に入って最多を記録した。
 今上天皇陛下は、参賀の人々に「穏やかで心豊かな年となるよう願っています」とお述べになるとともに、「わが国と世界の人々の幸せを祈ります」と新年のお言葉を語られた。それは、実に晴れやかな表情であった。それは、安倍晋三首相が、北朝鮮への「圧力強化」を唱え続けて、いまにも「第2次朝鮮戦争が勃発する」かのような危険性を煽り、多くの国民を恐怖に陥れてきたのとは、真逆の「平和への願いと祈り」に溢れたお言葉であり、一種の安堵感を伝えておられるようであった。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2018年1月2日 7時0分
総選挙で敗北したはずの小沢一郎代表は、自らの新年会で、必勝を訴え、すこぶる意気軒昂だった、それはなぜか?
◆〔特別情報1〕
 自由党の小沢一郎代表は1月1日午後1時すぎから、東京都世田谷区深沢の私邸で新年会を開き、衆議院議員、参議院議員はじめ、元衆参議員ら総勢約70人を前にしてあいさつで、2019年7月の参院選挙について「改選1人区を中心とする野党の候補者調整ができれば、改選121議席のうち70〜80の議席数は可能だ」と力説した。旧民主党を代表として大勝に導いた平成19年の参院選挙に触れ「本当にみんな一緒になったら絶対勝てないわけはない」と必勝を訴え、すこぶる意気軒昂だ。
 前回の総選挙では、希望の党の創設者・東京都の小池百合子知事、民進党の前原誠司前代表の裏切りによって、民進党が3分裂した惨敗した結果にもかかわらず、会場は不思議なことに、小沢一郎代表の挨拶は、実に力強く、希望に溢れ、「小沢一郎政権樹立」を確信する自信に溢れていた。この不思議な出来事の秘密の中味については、出席者のほとんどが知っているらしく、会場内のあちこちで、ヒソヒソ囁かれていた。小沢一郎代表は、「中閉め」宣言の後、溢れんばかりの拍手のなか、「今日はどうもありがとう、みんながんはろう」と一同に声をかけていた。一体、この不思議な出来事の秘密の中味とは、何か?
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2018年1月1日 0時44分
古代天孫民族直系、日本国の君主である第125代・今上天皇陛下の「光被」(君徳)が地球の隅々にまで行き渡りつつある
 
◆〔特別情報1〕
 平成30年(2018年)元旦。「天孫人種六千年史の研究」(スメル学会伊予国一宮大山祇神社・三島敦雄元宮司著、板垣英憲解説、ヒカルランド刊)が間もなく上梓される。第125代・今上天皇陛下が1年4か月後に退位され、浩宮皇太子殿下が即位される。大日本帝国が大東亜戦争に敗北した翌年に生まれた「戦争を知らない世代」も昭和・平成を経て3代の天皇陛下に仕える栄誉に浴することになる。祖父は、帝国海軍に応召した長男を南シナ海方面で戦死させていながら、明治・大正・昭和3代の天皇陛下に仕えて長生きしたことを誇りにしていた。紀元前4000年ごろ、中東のシリア〜チグリス・ユーフラテス河岸に栄えて「シュメール・バビロニア」から忽然と消えた古代天孫民族は、海路、鹿児島県南さつま市に上陸し、皇紀2677年を数えている。いまは、米キッシンジャー博士とロシアのプーチン大統領が合意した「新機軸」(第3次世界大戦を回避させる。世界の原発をすべて廃炉にする。地球環境を改善する。AI技術を中心とする産業社会をつくる)に従って、世界恒久の平和と繁栄を築く時代である。「今上陛下と小沢一郎代表に託された日米相互防衛援助協定[MSA協定]に基づき運用された資金の運用益の分配(シェア)」をエネルギー源に「キッシンジャー博士・トランプ大統領・プーチン大統領・習近平国家主席4人のチーム」(戦前の軍国主義に回帰志向の安倍晋三首相は蚊帳の外)が、「本当にグローバルな世界秩序」構築に全力を上げている。日本国の君主であられる今上天皇陛下の「光被」(君徳)が地球の隅々にまで行き渡りつつあり、退位後は、上皇陛下=「世界の天皇陛下」として君臨されることになっているという。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]




  次の5件
最近の記事
12/10 01:37 「新機軸派」は、じんわりと安倍晋三首相を締め上げつつあるといい、いよいよ小沢一郎政権誕生が視界に入ってきている瑞祥だ
12/09 07:27 カルロス・ゴーン前会長は、自ら捕まるために日本に帰ってきたけれど、逮捕拘禁されたことにより、逆に安全であり、ラッキーだった
12/08 08:23 「新機軸派」は、日本で「11月政変」を起こさせて、2018年中に政権交代させる予定だったが、マクロン大統領が反旗を翻したため、予定が狂ってしまった
12/07 07:35 安倍晋三首相が「地球儀を俯瞰する外交」を進めながら、「成長戦略」の柱の一つに据えてきた「原発輸出政策」が、ここにきて全滅状態に陥っており、「新機軸」潮流には好都合だ
12/06 08:49 安倍晋相首相は、新機軸派から「除け者」、麻生太郎副総理兼財務相は、ダヴィド・ロスチャイルドに完全に取り込まれて、手先になって長女のために水道民営化に力を入れる
12/05 08:15 トランプ大統領がアフガニスタン駐留米軍を2019年4月までに完全撤退さるため、敵対してきたパキスタンの首相に手紙を送り懐柔、協力を要請しているという
12/04 07:56 安倍晋三首相は、アルゼンチンG20首脳会議でも、何ら指導力を発揮せず、「存在感丸でなし」の結果に、国民有権者は、「そだねー」と失望感に苛まれている
12/03 18:00 ◆お知らせ◆板垣英憲「情報局」12月オフレコ懇談会のご案内
12/03 07:46 「人権感覚が低劣な」安倍晋三首相の犠牲者となるベトナムやフィリピンなどの若手労働者の多くは、「奴隷扱い」される日本よりは、台湾や韓国を選ぶ
12/02 07:48 トランプ大統領が、米英連合軍のアフガン侵攻から17年、「米国はアフガニスタン駐留米軍を2019年4月までに完全撤退させるため、タリバン政府を認める」と発言し始めた
最近のコメント
MSA資金が間違いなく動くということで、シリアに長期拘束されていたジャーナリストの安田純平氏が解放され、天皇陛下は、「ご安堵されている」という(国民)
安倍晋三首相は、「明治維新150年を祝う政府の記念式典」に天皇皇后両陛下にご臨席の声もかけず、貧弱で丸で「安倍晋三政権の葬送式」を予感させて、寂しいものであった(国民)
「MSA資金」の運用益=「人類資金」をベースとする「新しい金融システム」を構築し、地球人すべてが平和で豊かな生活を送れるようにするには、どうすればいいか?(日本国民)
「アーミテージ・ナイ・レポート」の新提言、ジャパン・ハンドラーズは、相変わらず、「中国の軍備拡大と北朝鮮の核・ミサイルの脅威」を煽って、日本でカネ儲けしようとしている(つちや)
安倍晋三首相が首相補佐官を伴って、貴乃花親方に参院議員選挙に「出馬」を要請、貴乃花親方は「快諾」、不明朗な闇に包まれた公益財団法人「日本相撲協会」改革に意欲(つちや)
二階俊博幹事長の「裏切り」を加藤勝信総務会長、稲田朋美筆頭副幹事長らに監視させるのは、安倍晋三首相自身が、「短命内閣に終わる」とすでに終焉を自覚しているからだ(つちや)
金正恩党委員長が10月中旬、韓国に招待されて、ソウルで南北首脳会談を行うと聞いて、トランプ大統領が、「その機会にソウルで米朝首脳会談を行おう」と即決した。(つちや)
自民党総裁選で3選を果たした安倍晋三首相は、最長3年間の任期満了日に向かって、「カウントダウン」が始まり、レイムダックで「短命政権に終わる運命」にある(つちや)
自民党総裁選で3選を果たした安倍晋三首相は、最長3年間の任期満了日に向かって、「カウントダウン」が始まり、レイムダックで「短命政権に終わる運命」にある(つちや)
文在寅大統領と金正恩党委員長が、平壌で南北共同宣言を発表、この背後で、天皇陛下が小沢一郎代表とともに「MSA資金」分配(シェア)に並々ならぬ格別のご尽力をされた(つちや)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved