ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局-ブロくる
板垣英憲 さん
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局
地域:埼玉県
性別:男性
ジャンル:ニュース 政治・経済
ブログの説明:
世界の政治・軍事・経済・金融を支配するパワーエリートの動きやその底流で行われている様々な仕掛けなどを中心に、重要情報(特ダネ)をキャッチして速報する。板垣英憲の過去著書も連載します。*定期購読月額1000円
板垣英憲マスコミ事務所
http://www.a-eiken.com
カテゴリ
全て (3627)
『本当は怖い漢字』から学ぶ「権力と民との怖ろしい関係」 (14)
『自・社連合が小沢一郎への逆襲をはじめた』1994年7月30日刊 (52)
『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著 (138)
『平成動乱 小沢一郎の野望『』1993年9月25日刊 (117)
『小沢一郎という男の野望』1992年8月15日刊 (51)
お知らせ (55)
定期購読の方法 (1)
アクセス数
総アクセス数: 1510269
今日のアクセス: 511
昨日のアクセス: 552
RSS
カレンダー
<<2018年05月>>
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

2018年5月24日 6時27分
小沢一郎代表は、安倍晋三首相の「一強多弱政治」が、「戦後積み上げてきた大切なものをどんどん壊している」と慨嘆、「小沢一郎政権樹立」に強い意欲
 
◆〔特別情報1〕
 「一強多弱政治が続く中で、日本が戦後積み上げてきた大切なものがどんどん壊れ始めております。いわば、この民主主義の危機に際し、私と致しましても、国民の『自由』と『生活』を守るため、そして、この国の議会制民主主義を再生するため、引き続き全力で政治に取り組んで参りますので、どうか今後ともご指導ご鞭捷を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。自由党代表 衆議院議員 小沢一郎 」
 5月24日は、天皇陛下から「大命降下」を受けている小沢一郎代表の誕生日(1942年〈昭和17年〉5月24日)である。お祝いに蘭の花を贈ったところ、感動的な礼状を賜った。このなかに、「小沢一郎政権」樹立に向けて並々ならぬ決意が表明されているので、紹介した。安倍晋三政権が続けば、折角、戦後73年ヒナを大事に育てるようにして作り上げてきた日本の議会制民主主義が破壊されてしまうと慨嘆。そうした危機感を抱いて、その再生を図り、かつ、世界の恒久平和と繁栄をための指針「新機軸」を実現すべく「小沢一郎政権」を樹立しようとして憤然として立ち上がっておられる小沢一郎代表の姿に深い感銘を覚える。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2018年5月23日 7時21分
「大命降下」を得た小沢一郎代表は、安倍晋三首相に対して「知らぬ存ぜぬだけじゃあ議論になんない。何もビビることないんですよ」と戦意高揚!!
 
◆〔特別情報1〕
 獣医学部新設をめくり加計学園の加計孝太郎理事長と安倍晋三首相の「贈収賄容疑」が、極めて濃厚になってきた。愛媛県の中村時広知事が5月21日、参院予算委員会に提出した愛知県職員が作成した文書で明らかになっているからだ。「大命降下」を得ている小沢一郎代表は22日、山本太郎代表との共同定例記者会見で、「向こう(安倍政権)は事実を隠して、何も関係ないような顔して過ごそうと思っているわけだから。そんなウソばっかりついているやつとは議論が成り立たないんだから。知らぬ存ぜぬだけじゃあ議論になんない。何もビビることないんですよ」と戦意高揚。小沢一郎代表は、森友学園事件とともに加計学園の「贈収賄事件」を念頭に自由党政策審議会―加計学園問題調査ヒアリングで徹底的に調査してきた。とくに慶応大学の後輩で新進党以来の政治の弟子である中村時広知事と連携して加計学園「贈収賄事件」の解明に力を入れてきた。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2018年5月22日 7時21分
「天皇親政」が、とくに朝鮮半島、米国、中国、ロシア外交面で進んでいるのは、「朝敵」安倍晋三内閣が、「もういらない閣」だからだ
 
◆〔特別情報1〕
 「天皇親政」(君主自身が政治を行うこと、またはその政治形態のこと)が、とくに朝鮮半島、米国、中国、ロシア外交面で進んでいる。安倍晋三首相の外交能力が、見かけ倒しで、結果を出せないからである。「大命降下」に叛逆して「朝敵」の安倍晋三内閣は、すでに「無い閣」「もういらない閣」「情けない閣」なのだ。自民党の二階俊博幹事長が、「昭恵夫人の国会への証人喚問」を持ち出すと「妻を証人喚問するくらいだったら、総理大臣を辞める」と言って、二階俊博幹事長の前で泣いている。まじめに泣いていた。二階俊博幹事長は、何も言えなかったという。「男たちの悪巧み」を直に目撃してきた昭恵夫人は、「ウソをつけない真っ正直な女性」なので、何もかもバラされては、たまらない。二階俊博幹事長は、天皇陛下の侍従に「安倍晋三首相が訪米(4月17日〜20日)から帰った後、5月中旬までに麻生太郎を辞めさせる。そうなると、安倍晋三政権は、持たなくなるので、6月頭までには総辞職ということになるでしょう。そういうふうに考えて調整しています」と約束していた。約束を果たさなければ、「朝敵」と見做される。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (2)]



2018年5月21日 7時22分
世界支配層は、トランプ大統領にペナルティ、米国にベッタリの安倍晋三政権は風前の灯、「大命降下」に叛き「朝敵」の安倍晋三首相は老い先短い
 
◆〔特別情報1〕
 天皇陛下を戴く世界支配層「ゴールデン・ファミリーズ・グループ」は5月18日、米ボルトン大統領補佐官が、シンガポールでの米朝首脳会談(6月12日)を控えて、北朝鮮の非核化に「リビア方式」を持ち出して金正恩党委員長を怒らして混乱を招いたことに対し、「世界支配層の方針に逆らった責任」を問い、トランプ大統領にペナルティを課すことを決め、最終的には天皇陛下の裁可を仰いで解決した。ペナルティとは、「MSA資金」から米国を分配する予定の400兆円を中国に渡すことである。ただし、この件でボルトン大統領補佐官が辞任を迫られることはないという。しかし、いまの落ちぶれた米国には力がないのに、エルサレムへの大使館移転を強行した。この結果、予想以上に反発が強く、米国は世界から完全に孤立してしまっている。その米国にベッタリの安倍晋三政権は本当に風前の灯だ。いずれにしても「大命降下」に叛き「朝敵」の安倍晋三首相は老い先短い。これは、天皇陛下のごく近くにいる筋からのトップ情報である。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2018年5月20日 0時3分
「米軍は6月に北朝鮮を爆撃する」と「戦争経済」によって大儲けしようと目論んでいる不逞の輩の思うツボにさせてはならない
 
◆〔特別情報1〕
 「ノーベル平和賞受賞の声が高い」米トランプ大統領は、「65年間休戦状態が続いている朝鮮戦争を終結、南北統一を実現」させて、その成果により、11月の補欠選挙を共和党勝利に導こうとしているのに、これを無にすることができるのか? 3月下旬、「米軍は6月に北朝鮮を爆撃する」という説が流布していたけれど、本当に北朝鮮を爆撃した場合、キッシンジャー博士を中心に世界恒久の平和と繁栄を築こうとしている「新機軸」グループが目指している「第3次世界大戦の回避」は、確実に困難になる。中東イスラエルとパレスチナの激突により、中東が第3次世界大戦の発火点になり得る。「戦争経済」によって大儲けしようと目論んでいる不逞の輩の思うツボにさせてはならないのである。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]




  次の5件
最近の記事
05/20 07:55 丸山穂高衆院議員の「戦争」発言、最大の問題は「大東亜戦争終結後74年を経て、東大経済学部は、戦争好きな人材を養成して、キャリア官僚を育てているのか」ということだ
05/19 00:00 第16回『本当は怖い漢字』から学ぶ「権力と民との怖ろしい関係―「改革」日本人は古来、改革好きな民族でした。
05/18 07:12 安倍晋三首相は、「残地諜者」が2大超大国の狭間で「緩衝国家」=「第2の日本」を樹立、日本をよく守ってきた多大なる功績に感謝してそれ相応の報奨金を支払う覚悟があるのか
05/17 08:26 三菱や東芝といった日本の大企業のトップクスラの幹部が、中国の公安のトップと面会するため、2日間の滞在といった弾丸スケジュールで、お忍びで深セン市に行っている
05/16 07:01 米中貿易摩擦で、経済が相当大変な状況になることが見込まれ、消費税はいま上げたら大変なことになるため、消費税増税延期で衆参同日(ダブル)選挙になる可能性が高い
05/15 07:08 カジノ誘致の話は、和歌山にしろ、神奈川にしろ、沖縄にしろ、大阪にしろ、北海道にしろ、すべて二階俊博幹事長と菅義偉官房長官の存在がチラついている
05/14 00:32 次期参院議員選挙は、自民党惨敗の予感が徐々に現実味、この大難局を乗り切る秘策として、自民党内では、「小沢一郎元幹事長を呼び戻せ」という声がだんだん大きくなってきている
05/13 08:24 第15回『本当は怖い漢字』から学ぶ「権力と民との怖ろしい関係―「政権交代」その2
05/12 00:00 第14回『本当は怖い漢字』から学ぶ「権力と民との怖ろしい関係―「政権交代」その1
05/11 07:14 トランプ政権が、中国製品に課す制裁関税を現在の10パーセントから25パーセントに引き上げ、中国商務省も報復措置を取ると声明、トランプ大統領と習近平国家主席は「子供の喧嘩」をしている
最近のコメント
マスメディアの世論調査は「国民の74%は、景気回復を実感していない」、「安倍晋三首相が示す統計と、国民有権者の生活実感との大きなズレ」は、一体何を意味しているのか?(匿名)
「外交の素人」安倍晋三首相は、プーチン大統領、トランプ大統領が用意周到に考えた罠に嵌められ、日ロ首脳会談は、会うのに200億円取られて、完全に失敗に終わった(匿名)
マイケル・グリーン副所長は「もう安倍は必要ない。速やかに排除したい」「ポイントは、沖縄4区の補欠選挙が戦いのスタートだ。米国はそれに全力を尽くす」と明言している(つちや)
安倍晋三首相が決めたIWCからの脱退に、捕鯨基地で知られた地域の選挙区選出の政治家の多くが賛成し、鯨肉と一緒に「票」まで飲み込もうとしており、かなり卑しい話だ(つちや)
世界支配層は、新機軸の1つ「AIの産業化」に伴って、「通貨革命」を起こしつつあり、米FRBを含めて世界の中央銀行をなくし、通貨を「仮想通貨」に代えていく(つちや)
MSA資金が間違いなく動くということで、シリアに長期拘束されていたジャーナリストの安田純平氏が解放され、天皇陛下は、「ご安堵されている」という(国民)
安倍晋三首相は、「明治維新150年を祝う政府の記念式典」に天皇皇后両陛下にご臨席の声もかけず、貧弱で丸で「安倍晋三政権の葬送式」を予感させて、寂しいものであった(国民)
「MSA資金」の運用益=「人類資金」をベースとする「新しい金融システム」を構築し、地球人すべてが平和で豊かな生活を送れるようにするには、どうすればいいか?(日本国民)
「アーミテージ・ナイ・レポート」の新提言、ジャパン・ハンドラーズは、相変わらず、「中国の軍備拡大と北朝鮮の核・ミサイルの脅威」を煽って、日本でカネ儲けしようとしている(つちや)
安倍晋三首相が首相補佐官を伴って、貴乃花親方に参院議員選挙に「出馬」を要請、貴乃花親方は「快諾」、不明朗な闇に包まれた公益財団法人「日本相撲協会」改革に意欲(つちや)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved