ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局-ブロくる
板垣英憲 さん
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局
地域:埼玉県
性別:男性
ジャンル:ニュース 政治・経済
ブログの説明:
世界の政治・軍事・経済・金融を支配するパワーエリートの動きやその底流で行われている様々な仕掛けなどを中心に、重要情報(特ダネ)をキャッチして速報する。板垣英憲の過去著書も連載します。*定期購読月額1000円
板垣英憲マスコミ事務所
http://www.a-eiken.com
カテゴリ
全て (3441)
『自・社連合が小沢一郎への逆襲をはじめた』1994年7月30日刊 (52)
『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著 (138)
『平成動乱 小沢一郎の野望『』1993年9月25日刊 (117)
『小沢一郎という男の野望』1992年8月15日刊 (51)
お知らせ (52)
定期購読の方法 (1)
アクセス数
総アクセス数: 1387202
今日のアクセス: 777
昨日のアクセス: 807
RSS
カレンダー
<<2018年09月>>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

2018年9月7日 8時35分
「政治の要諦」(治山治水)を忘れていた安倍晋三首相の天命は尽きた。一刻も早く辞めてくれと国民の多くが叫んでいる
 
◆〔特別情報1〕
 「天が怒っている」―大地震、風水害、土砂災害、猛暑被害が続発。通産7年も政権の座に居続けていなが「政治の要諦」を忘れていたとは…いや、知らないのではないか。「政治の要諦」とは「治山治水」である。これを無視して最高権力者を名乗るとは、まったくおこがましい限りだ。二階俊博幹事長が「国土強靭化政策」(20兆円)を掲げてきたのに、何ら実行されてこなかった。公明党(創価学会)の石井啓一国土交通相をすえ続けてきたのも大失策だった。
 9月7日告示・20日投開票の自民党総裁選挙で、安倍晋三首相は、対抗馬石破茂前地方創生相と討論を嫌い、逃げ回っていたところ北海道で大地震(震度7)が起きた。これで討論会数を減らせると大喜びしているそうだ。いま急がなくてはならないのは「防災」なのに、相変わらず「防衛―第9条に自衛隊明記」を訴え続けている。何人国民が死ねば死世閣するのか。国民有権者の多くはもう諦めて訴えている。一刻も早く安倍晋三首相は辞めてくれと。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (1)]



2018年9月6日 8時29分
米軍の特殊部隊が金正恩党委員長暗殺目的に韓国に入ったというウソ情報が流れた、発信源は何者か?
 
◆〔特別情報1〕
 「米軍の特殊部隊が韓国に入った。金正恩党委員長暗殺が目的で、金正恩党委員長が14日間も姿を見せず、雲隠れしている。すでに暗殺されたかもしれない」という怪情報が9月5日午後、流れた。発信源は、日本の某大学客員研究員(韓国人)。
「韓国聨合ニュースが、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の金正恩委員長について、『失踪』したと伝えている」との情報を、「スプートニク日本」が9月5日 0時9分、インターネット配信し一気に拡散、同日の夕刊フジは「習訪朝見送り、正恩雲隠れ」(9月6日付)と報じた。
 天皇陛下のごく近くにいる吉備太秦が調べたところ、「金正恩党委員長は、南北、米朝、中朝首脳会談で多忙を極めていたのと猛暑つかれが重なったため休養をとっていただけ」と判明。米軍特殊部隊が韓国入りしたという情報は全くのウソだったことが分かった。情報源については、「情報を流した某大学客員研究員が、安倍晋三首相に近いことから、カネをもらって意図的にフェイクニュースを流した疑いが濃厚だ」と判断している。当の金正恩党委員長は9月4日、最近死亡した関係者の弔問に姿をみせ、「北朝鮮核プログラムの主要な開発者で3日に死去した朱奎昌・元党機械工業部長の葬儀に列席した。」と、やはり「スプートニク日本」が9月5日 16時56分に配信しており、さらに、特別機で北朝鮮の平壌を訪問している文在寅大統領の特使団が、金正恩党委員長と会談し、文氏の親書を手渡していた。「『暗殺説』は極めて悪質なデマだ」と受け止めている。
 天皇陛下のごく近くにいる吉備太秦は「米朝関係はうまく行っており、トランプ大統領と金正恩党委員長の間に何ら問題はない。この関係をブチ壊しにして大戦争を起こしたい戦争屋が日米韓3国内に存在しているので、これらを完全に絶滅しなければならない」とコメントしている。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (1)]



2018年9月5日 8時39分
いまや安倍晋三首相は「違憲の存在」か?―改憲発議権を内閣が奪い取り、「投票の秘密」原則も破り、マスメディアも従属させる、とんでもない独裁者だ。
 
◆〔特別情報1〕
 安倍晋三首相の「現憲法無視」の言動が続いている。1つは、自衛隊高級幹部会同(9月3日午前)で、持論である「憲法9条への自衛隊明記」発言したこと。これは「憲法改正発議」がいかにも内閣の権限行使に聞える「憲法尊重擁護の義務」違反=違憲発言である。明らかに「第96条」に反する。2つには、マスメディア(新聞・テレビ)へ候補者を公平に扱うように指示したこと。これは、「第21条」(表現の自由)に反する。3つには、総裁選挙で安倍晋三首相に投票する旨の「誓約書」を書いて提出させたことである。これは、「第15条」(投票の秘密)に反する。自分の気に入らない条項を平気で勝手に無視したり、違反したりすることは、由々しきことである。こんな人物をいつまでも首相の座に居座らせておくことはもはやできない。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2018年9月4日 18時0分
◆お知らせ◆板垣英憲「情報局」9月オフレコ懇談会のご案内
板垣英憲「情報局」オフレコ懇談会を開催いたします

元毎日新聞記者・政治経済評論家歴45年!
板垣英憲が伝授する「必勝!」のための情報キャッチ術・情勢判断学
〜情報4重層「表・裏・陰・闇」とジレンマ情勢予測秘術


<懇談会の趣旨>
 マスメディアの表面に登場して来ない門外不出の「陰と闇」の情報、ブログはもちろん通常の勉強会では語れない内容を取り上げ、少数の参加者の皆様と共に、懇談形式による勉強会を開催いたします。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2018年9月4日 7時56分
「カジノ」の怖さを知らない安倍晋三首相は、世界支配層の意向に反して欠陥だらけの「カジノ法」を安易に制定、美しい日本を滅ぼしかねない「愚か者」だ
 
◆〔特別情報1〕
 安倍晋三首相は、9月3日、自民党総裁選挙合同選挙対策本部を発足させた。発足式には党所属議員405人のうち、60%が出席、事前予想よりは10%少ない。極度に心配症で疑い深い安倍晋三首相は、個々の議員に「誓約書」まで書かせていたけれどは、政治の世界では、「書いた途端、ただの紙切れ」になるという鉄則を未だに知らないらしい。経済活動の契約書とは違うのだ。対抗馬の石破茂前地方創生相の推薦者に中谷元元防衛相が名乗りを上げたというニュースもあり、不安は募るばかり。そのうえ、世界支配層「ゴールドマン・ファミリーズ・グループ」の意向に反して「カジノ法」を制定したため、美しい日本を滅ぼしかねない「愚か者」と厳しい批判を被っている。天皇陛下のごく近くにいる吉備太秦は、「カジノ」に詳しい立場から、日本の「カジノ法」の欠陥と危険性について、次のように詳しく説諭している。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (1)]




  次の5件
最近の記事
11/20 07:16 日産のカルロス・ゴーン会長は、軍需産業と関係の深い三菱自動車を含めて完全にルノー化しようとして米トランプ政権・CIAに危険視され、東京地検特捜部に逮捕された
11/19 07:37 安倍晋三首相は、APEC首脳会議で米中対立が激化し、米国への気遣いから、リーダーシップをちっとも発揮できず、存在感を示せなかった
11/18 08:16 日本外務省の北方領土返還の主流は、「4島一括返還論」である。安倍晋三首相の「2島先行返還論」には、プーチン大統領の狡猾な陰謀を許してしまう危うさがある。
11/17 07:17 安倍晋三首相は米国ネバダ州のカジノリゾート運営会社「ラスベガスサンズ」のシェルドン・アデルソンCEOから、「お前らの力ではカジノは無理だ」とはっきり断られていた
11/16 07:38 安倍晋三首相とプーチン大統領が合意した「日ロ平和条約締結後、北方領土の歯舞、色丹2島返還」は、「米ロ中3国首脳と話がついている」といい、裏に「巧妙な陰謀」のワナ
11/15 07:38 小沢一郎代表を中心とする野党と自民党反安倍派は、内閣不信任案を提出して、安倍晋三首相に総辞職か衆院解散・総選挙を選ばせて、政権交代を実現しようと多数派工作に懸命
11/14 07:54 日本は、第1次世界大戦の戦勝国だったのに、安倍晋三首相は、「MSA資金」運用益抜き取り事件が災いし、パリの凱旋門での「終結100年式典」に招待されず、大恥をかいた
11/13 08:30 天皇陛下のごく近くにいる吉備太秦は「小沢一郎さん、あなたが前面に出てトップに立って下さいという強い思いが、世界中から向けられている」とエールを送っている。
11/12 07:07 中央政界はすでに「総選挙モード」、小沢一郎代表の多数派工作が完了し、安倍晋三内閣への不信任案を出せば、衆院解散・総選挙の可能性が出てくる
11/11 09:28 「ポスト安倍」を担うのは、「小沢一郎代表」であり、東日本は、小泉進次郎衆院議員、西日本は、橋下徹元大阪市長がそれぞれ担い、この2枚看板で小沢一郎政権を支える
最近のコメント
MSA資金が間違いなく動くということで、シリアに長期拘束されていたジャーナリストの安田純平氏が解放され、天皇陛下は、「ご安堵されている」という(国民)
安倍晋三首相は、「明治維新150年を祝う政府の記念式典」に天皇皇后両陛下にご臨席の声もかけず、貧弱で丸で「安倍晋三政権の葬送式」を予感させて、寂しいものであった(国民)
「MSA資金」の運用益=「人類資金」をベースとする「新しい金融システム」を構築し、地球人すべてが平和で豊かな生活を送れるようにするには、どうすればいいか?(日本国民)
「アーミテージ・ナイ・レポート」の新提言、ジャパン・ハンドラーズは、相変わらず、「中国の軍備拡大と北朝鮮の核・ミサイルの脅威」を煽って、日本でカネ儲けしようとしている(つちや)
安倍晋三首相が首相補佐官を伴って、貴乃花親方に参院議員選挙に「出馬」を要請、貴乃花親方は「快諾」、不明朗な闇に包まれた公益財団法人「日本相撲協会」改革に意欲(つちや)
二階俊博幹事長の「裏切り」を加藤勝信総務会長、稲田朋美筆頭副幹事長らに監視させるのは、安倍晋三首相自身が、「短命内閣に終わる」とすでに終焉を自覚しているからだ(つちや)
金正恩党委員長が10月中旬、韓国に招待されて、ソウルで南北首脳会談を行うと聞いて、トランプ大統領が、「その機会にソウルで米朝首脳会談を行おう」と即決した。(つちや)
自民党総裁選で3選を果たした安倍晋三首相は、最長3年間の任期満了日に向かって、「カウントダウン」が始まり、レイムダックで「短命政権に終わる運命」にある(つちや)
自民党総裁選で3選を果たした安倍晋三首相は、最長3年間の任期満了日に向かって、「カウントダウン」が始まり、レイムダックで「短命政権に終わる運命」にある(つちや)
文在寅大統領と金正恩党委員長が、平壌で南北共同宣言を発表、この背後で、天皇陛下が小沢一郎代表とともに「MSA資金」分配(シェア)に並々ならぬ格別のご尽力をされた(つちや)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved