ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局-ブロくる
板垣英憲 さん
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局
地域:埼玉県
性別:男性
ジャンル:ニュース 政治・経済
ブログの説明:
世界の政治・軍事・経済・金融を支配するパワーエリートの動きやその底流で行われている様々な仕掛けなどを中心に、重要情報(特ダネ)をキャッチして速報する。板垣英憲の過去著書も連載します。*定期購読月額1000円
板垣英憲マスコミ事務所
http://www.a-eiken.com
カテゴリ
全て (3814)
『本当は怖い漢字』から学ぶ「権力と民との怖ろしい関係」 (29)
『自・社連合が小沢一郎への逆襲をはじめた』1994年7月30日刊 (52)
『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著 (138)
『平成動乱 小沢一郎の野望『』1993年9月25日刊 (117)
『小沢一郎という男の野望』1992年8月15日刊 (51)
お知らせ (59)
定期購読の方法 (1)
アクセス数
総アクセス数: 1658119
今日のアクセス: 44
昨日のアクセス: 775
RSS
カレンダー
<<2019年01月>>
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

2019年1月8日 7時48分
天皇陛下と小沢一郎代表に委ねられている「MSA資金」運用益は、安倍晋三政権の下では動かせないので、予定どおり7月の参院選で政権交代となることが見込まれている
 
◆〔特別情報1〕 
 天皇陛下のごく近くにいる吉備太秦が、安倍晋三首相の現在置かれた立場や政権の命運について、詳しく連絡してきている。「政界再編は、沖縄の補選からスタートするけれども、今年の9月までには日本の次の新しい政治体制を決めなければならない。当然のことやはり、安倍ではダメだ。特に憲法改正の問題でダメということになっている。米国も一切、安倍のことは相手にしていない。トランプ大統領は、安倍から電話がかかっても一切出ないし、いくらかけてもトランブ大統領は出ないことがわかっているので、安倍からも電話をかけなくなっている。相変わらず安倍は、散々余計なことをしてきたにも関わらず、『 (MSA資金を)使わせてくれ』などと言ってきている。天皇陛下と小沢一郎代表は、東京オリンピックや大阪万博など、その他諸々の資金として用意はしているけれども、安倍政権の下ではそうした資金は動かさないということになっている。安倍政権は当初の予定どおり、7月の参院選で政権交代となることが見込まれる。いま、安倍の相手をしてくれるのはプーチン大統領しかいないので、だから安倍はロシアに行く」と説明している。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2019年1月7日 7時53分
国民有権者の大半は、「安倍晋三首相は北方領土4島一括返還を実現できない」と値踏み、憲法改正は、国民有権者の大半が、「大反対」、もはや安倍晋三政権への期待度は、急低下
 
◆〔特別情報1〕
 「安倍晋三首相は6日、山口県長門市を訪れ、父の安倍晋太郎元外相の墓参りをした。その後、記者団の取安倍材に応じ、晋太郎氏が外相として日本とソ連(現ロシア)との関係修復に尽力したことを踏まえて『北方領土問題、平和条約の問題を何としても前進させ、この問題に終止符を打つために全力を尽くしていくことを誓った』と語った。首相は同日夜、帰京した。首相は『今年は歴史的な節目の年となる。日々全力を尽くし、職責を果たしていく』とも述べた」と産経ニュースが1月6日午後4時56分配信している。しかし、国民有権者の大半は、「安倍晋三首相は北方領土4島一括返還を実現できない。ロシアが資源を掘り尽くしている歯舞、色丹2島を返還されても、カスを掴まされるようなものだ」と値踏みしている。日本国憲法改正に至っては、国民有権者の大半が、「大反対」しており、もはや安倍晋三政権への期待度は、急低下している。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2019年1月6日 9時4分
DA PUMPの結成から再ブレイクまでの流れ、2019年日本の大政変を暗示しているものではないか
 
◆〔特別情報1〕
 昨日紹介したDA PUMPの「USA」だが、この曲の大ヒットには2つのキーワードがある。歌詞のレトロ感が、どことなく「ダサい」、しかしなんだか「カッコいい」、このダサいけどカッコいい、「ダサかっこいい」が1つのキーワードだ。
 そして、もうひとつのキーワードが、「再ブレイク」だ。あれだけのパフォーマンスを見せ付けて一世風靡しているDA PUMPだが、実は紆余曲折、昨年の「再ブレイク」までには、並々ならぬ苦労と努力を重ねてきている。
 1996年結成から翌年にはデビューを果たし、1998年のNHK紅白歌合戦初出場以降、2002年まで5年連続出場をしているが、以後紅白の出場は途絶え、昨年末の紅白出場は16年ぶりの出場だった。まさに奇跡の「再ブレイク」を果たしたといっていい。
「ダサかっこいい」と「再ブレイク」、この2つのキーワード、政治の世界になぞらえるならば、まさに「小沢一郎」と「政権交代」、今年の大政変を暗示しているといっていい。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2019年1月5日 8時28分
DA PUMPヴォーカルのISSAさんは、あるインタビューのなかで「この曲が俺たちのところに舞い降りてきた」「この曲には何かがある」と話している
 
◆〔特別情報1〕
 2018年のレコード大賞(主催・公益社団法人日本作曲家協会、後援・TBS)で優秀作品賞を受賞した、DA PUMPの「USA」は、発売以来、老若男女を巻き込んで歌い踊られ、社会現象になるほど大ヒットした。しかも、レコード大賞授賞式では、かつて同じように社会現象となるほど大ヒットを飛ばしながら、レコード大賞にはノミネート曲から外されてしまった故・西城秀樹の「YMCA」の振り付けで最後を締めくくり、天国へ旅立った偉大な先輩へのリスペクトと話題を呼んだ。悲しみの年を送っていた往年のヒデキファンの心まで掴み、感激!の輪を一気に広げてしまった。
 また5月16日にリリースに先行してYouTubeで公開されたMVの再生数は、10月には1億回を突破し、現在は1億5千万回近くに迫る勢いだ。
 ところで、この「USA」だが、歌詞をよく聴いてみると、「新機軸」のことを知っているのか?と思えてしまうほど、実に興味深い。恐らく「彼らのもとに何かが降りてきている」と直感した。いわゆる高次元の存在が彼らを選んでメッセージを「自動書記」として降ろし、そのメッセージを受け取り、でき上がったのが、この「USA」ではないかと感じるところだ。実際、ヴォーカルのISSAさんは、あるインタビューのなかで「この曲が俺たちのところに舞い降りてきた」「この曲には何かがある」と話している。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2019年1月4日 18時0分
◆お知らせ◆板垣英憲「情報局」新年1月オフレコ懇談会のご案内
板垣英憲「情報局」オフレコ懇談会を開催いたします

元毎日新聞記者・政治経済評論家歴45年!
板垣英憲が伝授する「必勝!」のための情報キャッチ術・情勢判断学
〜情報4重層「表・裏・陰・闇」とジレンマ情勢予測秘術


<懇談会の趣旨>
 マスメディアの表面に登場して来ない門外不出の「陰と闇」の情報、ブログはもちろん通常の勉強会では語れない内容を取り上げ、少数の参加者の皆様と共に、懇談形式による勉強会を開催いたします
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]




  次の5件
最近の記事
11/17 00:00 第38回『本当は怖い漢字』から学ぶ「権力と民との怖ろしい関係」―閣僚―閣の各は、さえぎり止めることを示し、僚は、身をくねらせるような動作を表わす。
11/16 06:42 「安倍晋三首相主催の『桜を見る会』は変だ」と気付いた反主流派の石原伸晃元幹事長、石破茂元地方創生相らが、「安倍晋三首相は、早期退陣せよ」と声を浴びせ始めている
11/15 07:25 「臭いものにフタをした首相が、最も臭い存在だ、『公選法』はすでに無きに等しい。政治改革は失敗に終わる」、これが安倍晋三首相在任通算8年のレガシーとは、情けない
11/14 08:32 「お祭り・宴会首相」の異名を取る安倍晋三首相が、「桜を見る会中止を決断」したのは、公選法違反の疑いをかけられ、「もはやこれまで」という心境に陥ったからだ
11/13 07:00 警視庁交通捜査課は、旧通産省工業技術院の飯塚幸三元院長(88)を書類送検、警視庁は、「経済産業省政権」安倍晋三政権を傷つけないように忖度したものと疑われる。
11/12 07:27 甘利明税制調査会長が、安倍晋三首相の「自民党総裁4選が不可欠」と発言、安倍晋三首相と麻生太郎財務相は、ガッチリ手を結び、「新しい防衛利権」を独占しようと暗躍中だ
11/11 07:56 安倍晋三首相が、第7回アフリカ開発会議で、何の権限もないのに、無責任にも「空手形を乱発」する発言をして、厳しい批判にさらされており、日本の国際的信用を失墜させている
11/10 00:00 第37回『本当は怖い漢字』から学ぶ「権力と民との怖ろしい関係」―大臣―「大」は最高の聖職者を意味し、「臣」は神に従う者を意味していた
11/09 07:20 安倍晋三首相はじめ、都道府県知事、政令市長、市長など指導者の『天災に対する危機管理意識』が、極めて低下している
11/08 07:30 れいわ新選組の木村英子参議院議員、舩後靖彦参院議員は、参院で初質問、戦後74年を経て、自民・公明党連立政権が、重度の障害に対して、いかに冷淡であったかをさらけ出した
最近のコメント
「臭いものにフタをした首相が、最も臭い存在だ、『公選法』はすでに無きに等しい。政治改革は失敗に終わる」、これが安倍晋三首相在任通算8年のレガシーとは、情けない(piyokoTV)
「臭いものにフタをした首相が、最も臭い存在だ、『公選法』はすでに無きに等しい。政治改革は失敗に終わる」、これが安倍晋三首相在任通算8年のレガシーとは、情けない(piyokoTV)
「臭いものにフタをした首相が、最も臭い存在だ、『公選法』はすでに無きに等しい。政治改革は失敗に終わる」、これが安倍晋三首相在任通算8年のレガシーとは、情けない(piyokoTV)
政府専用機でぼや騒ぎ、首里城で火災、トランプ大統領からは、「早く退陣せよ」と予告、縁起の悪いことばかり起こるのは、「安倍晋三首相が背負っている最大悪運」に元凶がある(piyokoTV)
世界経済の減速が進むなか、主要20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議(議長:麻生太郎財務相)は有効な経済政策を打ち出せないまま閉幕、「世界経済は、リーマンショック級に落ち込むのか?」(Jack Oneall)
世界経済の減速が進むなか、主要20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議(議長:麻生太郎財務相)は有効な経済政策を打ち出せないまま閉幕、「世界経済は、リーマンショック級に落ち込むのか?」(piyokoTV)
世界経済の減速が進むなか、主要20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議(議長:麻生太郎財務相)は有効な経済政策を打ち出せないまま閉幕、「世界経済は、リーマンショック級に落ち込むのか?」(Jack Oneall)
「天が、悪魔の黒い貴族とその眷属を最終浄化するため、台風19号を東海や関東に上陸させようとしている。10月12日、13日の食料を確保しておくように」と上皇陛下のごく近くにいる吉備太秦が10日夜、警戒予(Jack Oneall)
IOCは、2020東京オリンピックのマラソンと競歩を札幌市で開催に変更、「東京は暑すぎる」のを理由にしているけれど、「本当は、まったく別の理由だ」という(Jack Oneall)
ということをやらなければいけないし、いままさに、災害が起きて大変なことになっているのに、政府は何やっているんだということだ。この後、政府がどう対応できるか?(沙織)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved