ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局-ブロくる
板垣英憲 さん
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局
地域:埼玉県
性別:男性
ジャンル:ニュース 政治・経済
ブログの説明:
世界の政治・軍事・経済・金融を支配するパワーエリートの動きやその底流で行われている様々な仕掛けなどを中心に、重要情報(特ダネ)をキャッチして速報する。板垣英憲の過去著書も連載します。*定期購読月額1000円
板垣英憲マスコミ事務所
http://www.a-eiken.com
カテゴリ
全て (3888)
『本当は怖い漢字』から学ぶ「権力と民との怖ろしい関係」 (35)
姓名判断 (1)
『自・社連合が小沢一郎への逆襲をはじめた』1994年7月30日刊 (52)
『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著 (138)
『平成動乱 小沢一郎の野望『』1993年9月25日刊 (117)
『小沢一郎という男の野望』1992年8月15日刊 (51)
お知らせ (62)
定期購読の方法 (1)
アクセス数
総アクセス数: 1727365
今日のアクセス: 43
昨日のアクセス: 1025
RSS
カレンダー
<<2019年02月>>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

2019年2月19日 7時42分
英国の有事が3月末に迫っていて、国内はメチャメチャ状態、エリザベス女王を含めて、ロイヤルファミリーは海外に逃げる準備を始めている
 
◆〔特別情報1〕
 欧州が、大変なことになっている。天皇陛下のごく近くにいる吉備太秦によれば、英国メイ政権もフランスのマクロン政権も、予定通り、3月末で退陣することになるだろうと観測されている。その後何ヶ月間は、混乱はするだろうという。英国の有事が3月末に迫っていて、国内はメチャメチャな状態になっている。英国民は、非常時に備えて災害グッズや非常食を備蓄し始めている。エリザベス女王を含めて、ロイヤルファミリーは海外に逃げる準備を始めている。英国に戻ってくる保証はないとまでいわれている。結局、ロスチャイルドが潰れてスポンサーがいないわけだから、英国に居る意味がない。ケンジントン宮殿の前は、EU離脱賛成派と反対派が毎日デモをやっている。むかしのフランス革命、ロマノフ王朝が倒れたロシア革命のように、いつデモが暴徒化するかわからない。逃げるとしたら、オーストラリアあたりではないか。フランスも時間の問題だ。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2019年2月18日 7時6分
金正恩党委員長が、中国を経由し陸路170キロを走破して、ベトナムの首都ハノイ入りするのは、第1回米朝首脳会談に空路で向かう途中、カナダにミサイルを発射されたからだ
 
◆〔特別情報1〕
 北朝鮮の金正恩党委員長が、2月25日、中国を経由し陸路170キロを走破して、ベトナムの首都ハノイに入り、27日、28日の「第2回米朝首脳会談」に臨む。空路ではなく、陸路を選ぶのは、前回シンガポールに向かうのに空路を選び、カナダのトルドー首相が、トランプ大統領と金正恩党委員長をミサイルで打ち落とす「陰謀」を計画し、事実、実行に移した。だが、プーチン大統領がこの陰謀に気づいて、マッハのスピードで飛ぶミサイルを飛ばしてと、トランプ大統領と金正恩党委員長を救った。このため今回は陸路でハノイ入りする。ベトナム政府は、金正恩党委員長を国賓待遇で受け入れ、最高指導者グエン・フー・チョン共産党書記長との会談やハノイ周辺視察などに招待、この後に米朝首脳会談が行われるように準備している。この日程に備えさせるため、金正恩党委員長の秘書役を務めるキム・チャンソン国務委員会部長らが16日、ハノイ入りしている。天皇陛下のごく近くにいる吉備太秦は、第2回米朝首脳会談によって何が決まるかについて、以下のように予測している。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2019年2月17日 7時51分
世界の嫌われ者・韓国側との「応酬話法」は止めよ、世界支配層は「韓国を間もなく消滅させて、北朝鮮を中心とする新コリアを建設するので、言い争っても無意味だ」と言っている
 
◆〔特別情報1〕
 韓国の文喜相国会議長が、ブルームバーグのインタビューに対して、天皇陛下のことを「戦争犯罪の主犯の息子ではないか」と決め付けて不敬を働き、「天皇が一度おばあさんの手を握って『本当に申し訳なかった』と一言いえば(問題が)すっきり解消される」とトンデモない発言をしたことに対して、安倍晋三首相、河野太郎外相はじめ、自民党国会議員が過剰反応して、世界中で嫌われ者の韓国側と「応酬話法」を繰り返して、不毛な口喧嘩を続けているけれど、もういい加減にした方がよい。それは、天皇陛下を戴く世界支配層「ゴールドマン・ファミリーズ・グループ」(金正恩党委員長一族はファミリーのメンバー。韓国は非メンバー)は、「韓国を間もなく消滅させて、北朝鮮を中心とする新コリアを建設する方針を決めているので、言い争ってももう無意味だからである」というのが、理由だ。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2019年2月16日 7時36分
大東亜戦争を戦った大日本帝国陸海軍は、「志願兵」で精強部隊を組織、「大正10年代生まれの志願兵出身の下士官は世界最強と言われるほど強かった」というのが、いまでも語り草
 
◆〔特別情報1〕
 安倍晋三首相が2月10日の自民党大会で、憲法改正に絡めて「新規(自衛)隊員募集に対し、都道府県の6割以上が協力を拒否しているという悲しい実態がある」と発言して、論議を呼んでいるけれど、「それでも全体の約53%の自治体は、自衛官募集のため住民基本台帳の閲覧や書き写しを認めており、紙や電子媒体で名簿を提出している自治体と合わせると、9割近くが募集に協力していることになる」(朝日新聞DIGITL2月14日午後10時45分配信)という報道もあり、またもや虚偽発言。「自衛隊員の募集」は、「徴兵制度」ではないので、防衛省・3自衛隊が、かねてより渋谷駅のハチ公像周辺などで行ってきた「ポン本引き」などによる自助努力が原則だ。1人1人に当たって説得すべきである。安倍晋三首相の家族・身内が何人自衛官になっているか知らないけれど、他人の子弟の氏名を根こそぎ集めてまるで「徴兵制度」のように「兵役」に就かせるやり方では、精強な自衛官を養成することはできない。やはり大東亜戦争を戦った大日本帝国陸海軍は、「志願兵」によって精強部隊を組織していた。とくに「大正10年代生まれの志願兵出身の下士官は世界最強と言われるほど強かった」というのが、いまでも語り草になっているのを忘れるべきではない。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2019年2月15日 7時47分
自民党はいま、まさに各派閥分裂抗争の前夜、そこにかつての自民党幹事長であった小沢一郎代表が、抜群の軍資金力にものを言わせて、各派閥に着々と楔を打ち込んでいる
 
◆〔特別情報1〕
 4月の統一地方選挙後に行われる7月の参院議員選挙、総選挙を見据えて、安倍晋三政権下の自民党が、「分裂含み」でガタつき始めている。これを最も憂慮し、警戒しているのは、安倍晋三首相である。7大派閥のうち、石破派(水月会)を除いた6派閥の事務総長を首相公邸に裏口から呼び込んで密会したのが、その証拠の1つだ。しかし、6派閥は必ずしも安倍晋三首相に忠誠を誓っているわけではない。実は同床異夢。安倍晋三首相の大叔父・佐藤栄作元首相が7年8か月の連続在任を記録して、だれからも惜しまれることなく退陣した後、田中派、福田派、大平派に分裂して、総裁選挙を争った実例があり、いまは、まさに各派閥分裂抗争の前夜といえる。そこにかつての自民党幹事長であった小沢一郎代表が、抜群の軍資金力にものを言わせて、各派閥に着々と楔を打ち込んでいる。政界再編に詳しいプロは、以下のように情勢分析している。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]




  次の5件
最近の記事
01/27 07:52 サーズのときは、江沢民元国家主席が、マーズのときは、胡錦濤前国家主席が失脚、今回コロナの目的は、習近平国家主席の失脚、首謀者はだれか? どうなる東京オリンピック?
01/26 00:00 第45回『本当は怖い漢字』から学ぶ「権力と民との怖ろしい関係」―外交―外交は外国との交わりのことであり、交錯、交通、交友、交互のような相互の関係の意味に用います。
01/25 01:59 れいわ新選組の山本太郎代表は、小沢一郎衆院議員直伝の「選挙戦術十か条」の中核「川上より川下へ」第2弾キャラバン隊をスタート、次期総選挙に単独で100人規模で擁立する
01/24 18:00 ◆お知らせ◆板垣英憲「情報局」2月オフレコ懇談会のご案内
01/24 08:32 「金権腐敗」安倍晋三政権下、現職衆参議員による公職選挙法違反・政治資金規正法違反事件が、相次いで起きて、先人たちによる「政治改革」の努力が無にされ続けている。
01/23 07:53 安倍晋三首相在任通算8年間で「憲法改正」が、絶望的になっているのは、国民有権者の大半が、「憲法改正」に反対なので、「憲法改正」をレガシーにするのは、そもそも無理筋だ
01/22 07:28 安倍晋三首相は、大叔父・佐藤栄作自由党幹事長が造船疑獄で逮捕されそうになった際、犬養健法相が、検事総長に指揮権を発動、逮捕を免れさせた実例を応用しようとしているのか?
01/21 07:20 「安倍晋三首相の脳内空間は、お祭り騒ぎなのか」1月20日に召集された通常国会冒頭での施政方針演説では、野党が一斉攻撃する不祥事についての言葉は、一切出ずじまいだった
01/20 07:14 「米国と共に没落する安倍晋三首相を選ぶのか、米国からの自立を選ぶのか」を国民有権者に選択を迫っている小沢一郎衆院議員は立憲民主党の枝野幸男代表と、「合意点」に達した
01/19 07:00 第44回『本当は怖い漢字』から学ぶ「権力と民との怖ろしい関係」―租税―租の且(そ)は、田租のことをいい、むかし、薦爼の料として農穀を納めさせていたのが、後に租税の意味となった。
最近のコメント
サーズのときは、江沢民元国家主席が、マーズのときは、胡錦濤前国家主席が失脚、今回コロナの目的は、習近平国家主席の失脚、首謀者はだれか? どうなる東京オリンピック?(kotiyan)
「米国と共に没落する安倍晋三首相を選ぶのか、米国からの自立を選ぶのか」を国民有権者に選択を迫っている小沢一郎衆院議員は立憲民主党の枝野幸男代表と、「合意点」に達した(piyokoTV)
「お金からの解放」大きな柱となる金融改革のメインは金との兌換が保証される世界統一通貨「新しいビットコイン」となる。(読者)
「臭いものにフタをした首相が、最も臭い存在だ、『公選法』はすでに無きに等しい。政治改革は失敗に終わる」、これが安倍晋三首相在任通算8年のレガシーとは、情けない(piyokoTV)
「臭いものにフタをした首相が、最も臭い存在だ、『公選法』はすでに無きに等しい。政治改革は失敗に終わる」、これが安倍晋三首相在任通算8年のレガシーとは、情けない(piyokoTV)
政府専用機でぼや騒ぎ、首里城で火災、トランプ大統領からは、「早く退陣せよ」と予告、縁起の悪いことばかり起こるのは、「安倍晋三首相が背負っている最大悪運」に元凶がある(piyokoTV)
世界経済の減速が進むなか、主要20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議(議長:麻生太郎財務相)は有効な経済政策を打ち出せないまま閉幕、「世界経済は、リーマンショック級に落ち込むのか?」(Jack Oneall)
世界経済の減速が進むなか、主要20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議(議長:麻生太郎財務相)は有効な経済政策を打ち出せないまま閉幕、「世界経済は、リーマンショック級に落ち込むのか?」(piyokoTV)
世界経済の減速が進むなか、主要20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議(議長:麻生太郎財務相)は有効な経済政策を打ち出せないまま閉幕、「世界経済は、リーマンショック級に落ち込むのか?」(Jack Oneall)
「天が、悪魔の黒い貴族とその眷属を最終浄化するため、台風19号を東海や関東に上陸させようとしている。10月12日、13日の食料を確保しておくように」と上皇陛下のごく近くにいる吉備太秦が10日夜、警戒予(Jack Oneall)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved