ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局-ブロくる
板垣英憲 さん
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局
地域:埼玉県
性別:男性
ジャンル:ニュース 政治・経済
ブログの説明:
世界の政治・軍事・経済・金融を支配するパワーエリートの動きやその底流で行われている様々な仕掛けなどを中心に、重要情報(特ダネ)をキャッチして速報する。板垣英憲の過去著書も連載します。*定期購読月額1000円
板垣英憲マスコミ事務所
http://www.a-eiken.com
カテゴリ
全て (4078)
『本当は怖い漢字』から学ぶ「権力と民との怖ろしい関係」 (56)
姓名判断 (1)
『自・社連合が小沢一郎への逆襲をはじめた』1994年7月30日刊 (52)
『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著 (138)
『平成動乱 小沢一郎の野望『』1993年9月25日刊 (117)
『小沢一郎という男の野望』1992年8月15日刊 (51)
お知らせ (63)
定期購読の方法 (1)
アクセス数
総アクセス数: 1924184
今日のアクセス: 137
昨日のアクセス: 1148
RSS
カレンダー
<<2019年05月>>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

2019年5月8日 18時0分
◆お知らせ◆板垣英憲「情報局」5月オフレコ懇談会のご案内
板垣英憲「情報局」オフレコ懇談会を開催いたします

元毎日新聞記者・政治経済評論家歴45年!
板垣英憲が伝授する「必勝!」のための情報キャッチ術・情勢判断学
〜情報4重層「表・裏・陰・闇」とジレンマ情勢予測秘術

<懇談会の趣旨>
 マスメディアの表面に登場して来ない門外不出の「陰と闇」の情報、ブログはもちろん通常の勉強会では語れない内容を取り上げ、少数の参加者の皆様と共に、懇談形式による勉強会を開催いたします
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:お知らせ] [コメント (0)]



2019年5月8日 7時46分
ハノイで「2回チョンボ」したトランプ大統領は、習近平国家主席が、北朝鮮との調整も何もしてくれていないことへの半ば嫌がらせで、「関税を25%に引き上げる」と発言した
 
◆〔特別情報1〕
 まとまったはずの米中貿易問題が、ここへきて、米国が関税25%に引き上げると発表した。これは習近平国家主席が、妻の彭麗媛夫人不在のために、何も手を打つことができないでいるのが、原因だ。しかも、上皇陛下と小沢一郎衆院議員に委ねられている「MSA資金」運用益の第4回目シェアが、中国には米国の分まで上積みされた大口の額でシェアされているのに対して、米国には、今回はまったくシェアされていない。また北朝鮮との調整も何もしてくれていない。それに対する半ば嫌がらせで、トランプ大統領は、関税を25%に引き上げると発言した。しかし、あんまりそれをやりすぎると、世界経済に影響が出る。実際、株価が大きく値下がりした。つまり、トランプ大統領にとっても中国に対する嫌がらせは、天に唾吐くのと同じことになってしまう。しかし、これも安倍晋三首相と麻生太郎副総理兼財務相が10連休にしたことも大きな要因だ。いろんなことが停滞してしまっている。ネット銀行は、楽天銀行をはじめ軒並み、システム障害が起きてしまった。これは、上皇陛下のごく近くにいる吉備太秦からの最新トップ情報である。以下、続く。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2019年5月7日 7時42分
吉備太秦の見立てでは、いまの政局は、「関ヶ原の戦い」が終わって15年ほど経った後に行われた戦国時代最後の大合戦「大阪 冬の陣・夏の陣」に匹敵するという
 
◆〔特別情報1〕
 上皇陛下のごく近くにいる吉備太秦によると、「黒い貴族」の眷属・安倍晋三首相は、第1次、第2次〜第4次政権で在任7年5か月の馬齢を重ねながら、アベノミクス政策をはじめ、ほとんどが失敗、歴史に残る業績は皆無。そのうえ、「外交」と口ではいいつつも、「空をカラ回りする」遊覧外交、それも米国の尻ばかり追って、トランプ大統領に「抱き付き」と「ゴルフ玉を転がす」お遊び外交を楽しむばかり。その結果、内閣府以下、官僚群は、「警察庁、公安調査庁、内閣調査室」を含めて「忖度行政」が極まり、本当に腐り切っている。
 元工業技術院院長(87歳)が、100キロのスピード違反により、自転車に乗った母親(31歳)女児(3歳)を殺しても、自らが雇っている秘書の身内と判明するや、氏名・年齢等を非公開にして、逮捕もさせず、事件を握り潰す有様だ。
 吉備太秦の見立てでは、いまの政局は、「関ヶ原の戦い」が終わって15年ほど経った後に行われた戦国時代最後の大合戦「大阪 冬の陣・夏の陣」に匹敵するという。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2019年5月6日 7時36分
第13回『本当は怖い漢字』から学ぶ「権力と民との怖ろしい関係―「門」は、門の形を表わします。家門、門閥のように家や家族を指し、門下、門生のように弟子を意味しています。門閥は、家柄でもあります。
 
門閥

 「門」は、門の形を表わします。家門、門閥のように家や家族を指し、門下、門生のように弟子を意味しています。門閥は、家柄でもあります。
 門は「もん、かど、かどぐち、いりくち、いえ。いえがら→みうち、一族→専門の家、専門の分野」などを意味します。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:『本当は怖い漢字』から学ぶ「権力と民との怖ろしい関係」] [コメント (0)]



2019年5月5日 7時55分
天皇陛下は5月4日、初の一般参賀でお言葉、「世界の平和」を求められた一方、北朝鮮が、9発の飛翔日本海へ発射体、安倍晋三首相は、俄かに緊張感が走る
 
◆〔特別情報1〕
 「この度、剣璽(けんじ)等承継の儀、及び即位後朝見の儀を終えて、今日、みなさんからお祝いいただくことをうれしく思い、またこのように暑い中来ていただいたことに深く感謝いたします。ここに、みなさんの健康と幸せを祈るとともに、我が国が諸外国と手を携えて世界の平和を求めつつ、一層の発展を遂げることを心から願っております」
 即位されたばかりの天皇陛下は5月4日、初の一般参賀で、次のようにお言葉を述べられた。一般参賀は、晴天のなか午前10時、11時、午後0時、1時、2時、3時の6回行われ、計14万1000人の国民が訪れた。晴れやかな祝賀のなかで、上皇・上皇后両陛下ロスの寂しさを抱く参賀者も少なくなかった。しかし、天皇皇后両陛下のお元気なお姿を拝見して、とくに皇后陛下の晴れやかなお姿に接して、心から安堵している様子が、湧き上る歓声から伝わってきた。一方、安倍晋三首相は、この日、午前中も午後も、山梨県鳴沢村の別荘に来客はなく、過ごした。ところが、「第2の日本」北朝鮮が4日朝、元山から北東の日本海に向けて9発の飛翔(ひしょう)体(新型「多連装ロケット砲」か?)を発射し70キロ〜200キロ飛ばしたと韓国軍が突然発表したため、俄かに緊張感が走った。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]




  次の5件
最近の記事
08/03 10:55 米空母ロナルド・レーガンが、南シナ海へ出撃、中国海軍の軍事演習を監視、大統領選挙に向けてトランプ大統領が本気を出して、米中軍事衝突の不測の事態から本格的戦争に発展する可能性を孕む
08/02 09:31 第65回『本当は怖い漢字』から学ぶ「権力と民との怖ろしい関係』―法廷―法は、神判に用いる神羊で(かいたい)と呼ばれる獣の形を表わし、廷は、土主を囲んで鬯酒(ちょうしゅ)を加える儀礼の場を示すもので
08/01 11:05 岸田文雄政調会長が 人事・ポストをめぐって、安倍と意見交換、安倍は9月3日の木曜日に内閣改造を決めているという
07/31 08:28 今井尚哉首相補佐官はいま、首相官邸で力を失ってきており、二階俊博幹事長が菅義偉官房長官を推しているので、総理候補として自信を持ってきている
07/30 09:33 今回のコロナウイルスは、月から中国の武漢に持っていって広がったものと、ビル・ゲイツが新型コロナウイルス計画というものをつくって広まったのと、2種類あることがわかった
07/29 11:08 米国の半分以上の州が、マスク着用を義務化しているが、その根拠は、症例数の急増だ。第2波がやって来るとマスコミは大騒ぎしているけれど、それは本当なのだろうか。
07/28 10:38 中国はもう持たない、習近平国家主席が暗殺されて倒され、経済に強い李克強首相が、資本主義体制の初代首相ら就任するものと見られていて、いよいよ日中新時代が始まる
07/27 10:27 ベーシックインカムの実現を望むならば、MSA資金成立の経緯のなかに最も重要なことがあるので押さえておきたい
07/26 10:01 第64回『本当は怖い漢字』から学ぶ『権力と民との怖ろしい関係』―自白―自は、「鼻」の形を表わして、白は「頭顱(とうろ)」の白骨化した「されこうべ」を示す。
07/25 10:59 政権交代すれば、小沢一郎衆院議員が憲法と財政法に基づいて国民の生活を保障するために、必要なお金は支給する仕組みが実現できる。そこから「ベーシックインカム」が実現していく
最近のコメント
小沢一郎衆議院議員は、安倍晋三首相と小池百合子知事のコロナ対策失敗に、秋の総選挙で主導権を握ろうとしている(Sparrows)
日本は、世界最速のスーパーコンピュータ「富岳」完成により、「世界恒久の平和と繁栄を築くための新機軸」、〈第3次世界大戦回避・世界の原発440基廃炉・地球環境改善・AIの産業化〉の旗手になれる(piyokoTV)
小沢一郎衆議院議員は、安倍晋三首相と小池百合子知事のコロナ対策失敗に、秋の総選挙で主導権を握ろうとしている(あかね)
小沢一郎衆議院議員は、安倍晋三首相と小池百合子知事のコロナ対策失敗に、秋の総選挙で主導権を握ろうとしている(shushuika)
米国は日本と中国を戦争させたいと考えており、中国も国内情勢の混乱から、尖閣もしくは台湾で戦争を起こそうと必死、日本の安倍晋三首相は退陣を前に「GoTo(強盗)キャンペーン」で「急ぎ働き」(piyokoTV)
「正邪の区別がつかない味噌糞一緒」の安倍晋三首相は、訪米してトランプ大統領に、どう振る舞うか、見ものである(Sparrows)
「正邪の区別がつかない味噌糞一緒」の安倍晋三首相は、訪米してトランプ大統領に、どう振る舞うか、見ものである(piyokoTV)
緊急事態宣言解除、政局が流動化するなかで、自民党議員の多くが、政変に備えて選挙区に帰って行く姿が目立っている(Sparrows)
緊急事態宣言解除、政局が流動化するなかで、自民党議員の多くが、政変に備えて選挙区に帰って行く姿が目立っている(piyokoTV)
「とろい、鈍い、遅い」安倍晋三首相が、「アベの毒マスク」に続き、国民一人に「10万円」支給に際し、「マイナンバーカード」が使い物にならない事態に、金融機関とのひも付け義務化でまたもや「火事場泥棒」か(shushuika)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved