ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局-ブロくる
板垣英憲 さん
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局
地域:埼玉県
性別:男性
ジャンル:ニュース 政治・経済
ブログの説明:
世界の政治・軍事・経済・金融を支配するパワーエリートの動きやその底流で行われている様々な仕掛けなどを中心に、重要情報(特ダネ)をキャッチして速報する。板垣英憲の過去著書も連載します。*定期購読月額1000円
板垣英憲マスコミ事務所
http://www.a-eiken.com
カテゴリ
全て (4016)
『本当は怖い漢字』から学ぶ「権力と民との怖ろしい関係」 (48)
姓名判断 (1)
『自・社連合が小沢一郎への逆襲をはじめた』1994年7月30日刊 (52)
『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著 (138)
『平成動乱 小沢一郎の野望『』1993年9月25日刊 (117)
『小沢一郎という男の野望』1992年8月15日刊 (51)
お知らせ (63)
定期購読の方法 (1)
アクセス数
総アクセス数: 1861654
今日のアクセス: 811
昨日のアクセス: 1024
RSS
カレンダー
<<2019年07月>>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

2019年7月2日 7時50分
安倍晋三首相は、障害者福祉に無理解、冷淡で、参院議員選挙を控えて、何かと自分をよく見せようと「印象操作」している努力が、逆にマイナスに作用しており、実に愚かな首相だ
 
◆〔特別情報1〕
 トランプ大統領がツイッター呼びかけて、わずか1日で金正恩党委員長と韓国・北朝鮮を隔てる軍事境界線上にある板門店「自由の家」で第3回目の米朝首脳会談を実現した歴史的「電撃的演出」が、世界中を驚かせた。これと対照的なのが、大阪で開かれた大阪市G20サミットで、6月28日の「夕食会=すき焼きパーティ」冒頭挨拶した宴会幹事長の安倍晋三首相が、「明治維新の混乱で大阪城の大半は焼失したが、天守閣は今から約90年前に16世紀のものが忠実に復元されました。しかし一つだけ、大きなミスを犯してしまいました。エレベーターまでつけてしまいました」と述べ、大阪城にエレベーターを付けたのを「大きなミス」と決め付ける発言をしたのが伝わり、「弱者に対する配慮を欠いた発言だった」と厳しい批判の声が、日々拡大している。2020年東京五輪・パラリンピックを控えているなかで「バリアフリー意識が欠如している」と憂慮されているのだ。参院議員選挙を控えて、何かと自分をよく見せようと「印象操作」している努力が、逆にマイナスに作用している。実に愚かな首相だ。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2019年7月1日 18時0分
◆お知らせ◆板垣英憲「情報局」7月オフレコ懇談会のご案内
板垣英憲「情報局」オフレコ懇談会を開催いたします

元毎日新聞記者・政治経済評論家歴45年!
板垣英憲が伝授する「必勝!」のための情報キャッチ術・情勢判断学
〜情報4重層「表・裏・陰・闇」とジレンマ情勢予測秘術


<懇談会の趣旨>
 マスメディアの表面に登場して来ない門外不出の「陰と闇」の情報、ブログはもちろん通常の勉強会では語れない内容を取り上げ、少数の参加者の皆様と共に、懇談形式による勉強会を開催いたします。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2019年7月1日 7時31分
安倍晋三首相は、大阪市G20議長として「すき焼きパーティ」宴会幹事長を務めただけ、トランプ大統領は、金正恩党委員長と第3回目米朝首脳会談を実現し、外交的成果は絶大
 
◆〔特別情報1〕
 安倍晋三首相が6月28日、29日、大阪市G20の議長として「すき焼きパーティ」(28日夕食会)の宴会幹事長を務めるのが精一杯で、外交的実績を何ら示せなかったのに対して、トランプ大統領は30日午後、韓国の文在寅大統領を同行し、韓国と北朝鮮を隔てる軍事境界線上にある板門店を訪れ、出迎えた金正恩党委員長と握手、米国の現職大統領として初めて北朝鮮側に約1分間、足を踏み入れて、「歴史的瞬間だ」と感激、「今この場でホワイトハウスに招きたい」と語りかけたのち、午後4時から50分間、2人だけで、韓国側にある施設「自由の家」でいすに座って4か月ぶりに3回目の米朝首脳会談を実現した。この外交的成果は絶大。大東亜戦争終戦から5年後の1950年6月25日勃発、1953年7月27日以来66年も休戦中の朝鮮戦争終結→米朝国交正常化→米朝平和友好条約締結→南北朝鮮統一・新国家「コリア」樹立へと俄かに動き始めた。安倍晋三首相は、大阪市G20開催中、トランプ大統領から、「40兆円をくれ」と要求されたばかりか、金正恩党委員長との第3回米朝首脳会談について、何も聞かされてなかったため、「バスに乗り遅れた」との印象を国民有権者に与えてしまった安倍晋三首相は、大恥をかいた。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2019年6月30日 0時0分
第20回『本当は怖い漢字』から学ぶ「権力と民との怖ろしい関係―「献金」君上に奉ずる、進献、献言などを意味する
 
献金

「献」は〈南+犬〉の組み合わせです。古代中国で、太った犬を生贄として神に捧げたことに由来しています。
「金」は、文字通り「カネ」のことです。カネを献上することを意味しています。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:『本当は怖い漢字』から学ぶ「権力と民との怖ろしい関係」] [コメント (0)]



2019年6月29日 7時5分
トランプ大統領と習近平国家主席は、裏で手打ち、「本当は蚊帳の外」の安倍晋三首相は、議長として首脳宣言を無難にまとめ、参院議員選挙に結び付けて、「印象操作」作戦
 
◆〔特別情報1〕
 トランプ大統領と習近平国家主席は、すでに裏で手打ち済み。2019年G20大阪サミット(議長国は日本)が6月28日、29日の日程で、大阪国際見本市会場(インテックス大阪、大阪府大阪市住之江区南港北1丁目5−102)を開場にして開催。参加国は、37の国・機関=G20メンバー:G7(仏,米,英,独,日,伊,加,EU),アルゼンチン,豪,ブラジル,中,印,インドネシア,メキシコ,韓,ロ,サウジアラビア,南ア,トルコとベトナム、タイなどの招待国・国際機関。4つのテーマに関するセッション(「世界経済、貿易・投資」「イノベーション(デジタル経済・AI)」「格差への対処、包摂的かつ持続可能な世界」「気候変動、環境、エネルギー」)。安倍晋三首相は、議長として首脳宣言を無難にまとめるため、参加国間で対立している問題には極力触れないように先送りして、玉虫色にして発表しようとしている。7月4日公示・21日投開票の参院議員選挙に結び付けて、「印象操作」に利用する作戦だ。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (1)]




  次の5件
最近の記事
06/02 08:37 全人代で習近平国家主席は終始沈黙、小沢一郎衆議院議員の弟子である李克強首相に実権が集中しつつあることを示していた。これをどう読むか?
06/01 08:43 安倍晋三内閣の支持率が「27〜29%」に急落しているなか、自民党・二階俊博幹事長の「二階の乱」が水面下で着々と進んでいる
05/31 09:58 第58回『本当は怖い漢字』から学ぶ「権力と民との怖ろしい関係」―公安―公は公義・公正の意味、廟中の儀礼を示す
05/30 08:36 米国のコロナ関連症例数、死亡数に重大なウソ、死亡診断書にコロナ感染による死亡と書くと連邦政府から1万1千ドルの補助金が病院に支給、膨れ上がった補助金財政の補填係は、ひょっとして安倍晋三首相なのか?
05/29 10:18 コロナ騒ぎも佳境に入ったけれど、このなかで暗躍している悪者はだれか、普通の人にもわかってきた。ズバリ、ビル・ゲイツである
05/28 08:57 「正邪の区別がつかない味噌糞一緒」の安倍晋三首相は、訪米してトランプ大統領に、どう振る舞うか、見ものである
05/27 10:43 安倍晋三首相は、トランプ大統領に尻を叩かれて「緊急事態宣言解除」を早めて訪米するが、治療薬とワクチンの開発資金提供とビル・ゲイツとの競争に立たされた
05/26 07:54 緊急事態宣言解除、政局が流動化するなかで、自民党議員の多くが、政変に備えて選挙区に帰って行く姿が目立っている
05/25 06:57 第57回『本当は怖い漢字』から学ぶ「権力と民との怖ろしい関係」―人権―人は、人の即身形を表わし、権は、権威・権勢を意味している
05/24 12:44 「安倍晋三内閣支持率27%(前回40%)、自民党支持率25%(前回30%)」―毎日新聞世論調査の結果、自民党の二階俊博幹事長は、「二階の乱を起こす」と宣言、政権崩壊へ
最近のコメント
「正邪の区別がつかない味噌糞一緒」の安倍晋三首相は、訪米してトランプ大統領に、どう振る舞うか、見ものである(piyokoTV)
緊急事態宣言解除、政局が流動化するなかで、自民党議員の多くが、政変に備えて選挙区に帰って行く姿が目立っている(Sparrows)
緊急事態宣言解除、政局が流動化するなかで、自民党議員の多くが、政変に備えて選挙区に帰って行く姿が目立っている(piyokoTV)
「とろい、鈍い、遅い」安倍晋三首相が、「アベの毒マスク」に続き、国民一人に「10万円」支給に際し、「マイナンバーカード」が使い物にならない事態に、金融機関とのひも付け義務化でまたもや「火事場泥棒」か(shushuika)
法相から指揮権を発動される立場の「検事総長」に任命されそうになった黒川弘務検事長は、「三十六計逃げるが勝ち」とばかり、間一髪のところで、「安倍晋三首相の魔の手」から逃れることができた(kotiyan)
法相から指揮権を発動される立場の「検事総長」に任命されそうになった黒川弘務検事長は、「三十六計逃げるが勝ち」とばかり、間一髪のところで、「安倍晋三首相の魔の手」から逃れることができた(piyokoTV)
安倍晋三首相は「悪事」もみ消し役の東京高検・黒川弘務検事長が失脚、過去最低の6パーセントまで低落して崩壊した森喜朗政権と比較されながら「支持率低落競争」の地獄道を墜落する(cyu)
「とろい、鈍い、遅い」安倍晋三首相が、「アベの毒マスク」に続き、国民一人に「10万円」支給に際し、「マイナンバーカード」が使い物にならない事態に、金融機関とのひも付け義務化でまたもや「火事場泥棒」か(piyokoTV)
忍び寄る河井克行前法相・妻の案里参院議員逮捕の手、不起訴権限を持つ検事総長実現の目論見との熾烈な競争に負けた安倍晋三首相に世論は、「安倍逮捕をせよ」と厳しい(kotiyan)
悪事の限りを尽くしてきた安倍晋三首相は、大叔父・佐藤栄作自由党幹事長時代の悪しき前例に倣って選挙違反事件もみ消しを図ろうとして失敗、「もはやこれまで」と辞任を決めた(ponkichi34)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved