ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局-ブロくる
板垣英憲 さん
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局
地域:埼玉県
性別:男性
ジャンル:ニュース 政治・経済
ブログの説明:
世界の政治・軍事・経済・金融を支配するパワーエリートの動きやその底流で行われている様々な仕掛けなどを中心に、重要情報(特ダネ)をキャッチして速報する。板垣英憲の過去著書も連載します。*定期購読月額1000円
板垣英憲マスコミ事務所
http://www.a-eiken.com
カテゴリ
全て (4088)
『本当は怖い漢字』から学ぶ「権力と民との怖ろしい関係」 (57)
姓名判断 (1)
『自・社連合が小沢一郎への逆襲をはじめた』1994年7月30日刊 (52)
『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著 (138)
『平成動乱 小沢一郎の野望『』1993年9月25日刊 (117)
『小沢一郎という男の野望』1992年8月15日刊 (51)
お知らせ (63)
定期購読の方法 (1)
アクセス数
総アクセス数: 1935023
今日のアクセス: 381
昨日のアクセス: 1156
RSS
カレンダー
<<2019年08月>>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

2019年8月14日 7時7分
大東亜戦争終戦から74年になる終戦記念日「8月15日」を前にして、政府が昔も今も「フェイクニュース」を無責任に垂れ流している事実に驚愕する
 
◆〔特別情報1〕
 このところ、郷里・呉市の映像が、立て続けテレビに映し出されてくるので、思わず、帰郷しているかのような錯覚に陥っている。それも「生誕地である宮原通り10丁目から呉湾を挟んで対岸の江田島、それも古鷹山(標高394m)を望む風景」である。毎日、毎日見慣れた風景であり、いまは海なし県・埼玉県さいたま市に住んでいるので、海を見ただけでホッとする。
「7月8日、NHK放送の鶴瓶の家族に乾杯 ―広島県呉市(ゲスト旅人・18歳の女優・浜辺美波が初挑戦!)」(映画「アルキメデスの大戦」作者: 三田紀房、監督・山崎貴が描く「戦艦大和」― 数学で戦争を止めようとした男の物語に、鶴瓶と浜辺美波が出演と紹介)
「8月3日、こうの史代さんのマンガが原作の劇場版アニメ『この世界の片隅に』(片渕須直監督)が、NHK総合で8月3日に地上波初放送」
「8月12日、池上彰の戦争を考える。番組冒頭で『あの戦争』を振り返る前に、海上自衛隊の護衛艦『かが』(定係港は呉)をリポート。SP第11弾〜失敗は隠され、息子たちは戦場へ〜」「フェイクニュースとその結末」。フェイクニュースは、70年以上前の日本を席巻していた! ミッドウェー海戦を中心に、情報が改ざん・ねつ造された理由、そして若者たちの悲劇へつながった道のりを解き明かす」
 大東亜戦争終戦から74年になる。終戦記念日「8月15日」を前にして、政府が昔も今も「フェイクニュース」を無責任に垂れ流している事実に驚愕する。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2019年8月13日 7時48分
キッシンジャー博士に擁立されたトランプ大統領は、「新機軸派」の主要メンバーとして、インドとパキスタン、インドと中国の「2つの戦場」で第3次世界大戦の回避に努める義務がある
 
◆〔特別情報1〕
 「カシミール問題に、米トランプ大統領が仲介に入ると、核保有国は、インド・パキスタンに米国、中国を加えて、4国間の国際問題となる」−これは、パキスタンのU記者の分析である。インドとパキスタン、インドと中国は、第3次世界大戦「4大戦場」のうち、「2つの戦場」に想定されている。しかも、第3次世界大戦は、「最終戦争と言われる核戦争」となる。米国南北戦争時の南部連合(南軍)のアルバート・パイク将軍が示していた「未来計画書」(未来予測)は、着々と実現されつつあるので、何としても食い止めなくてはならない。その大きな使命を担っているのが、米共和党の重鎮キッシンジャー博士に擁立されたトランプ大統領である。「新機軸派」の主要メンバーの1人として、第3次世界大戦の回避に努める義務がある。U記者は「米国が核兵器を持つことはニュースにはならないが、他の国が核兵器を持つとすぐ話題になる。今回、インドのモディ首相がトランプ大統領に仲介を頼んだということを、パキスタンのカーン首相の前で、トランプ大統領が明らかにした。ところが、そのことが報道されると、インド側の外務省が『言っていない』と否定し、火消しに躍起になっている。モディ首相がトランプ大統領に仲介を頼んだということになると、インド国内でのモディ首相の立場が悪くなるからだ。しかし、実際に頼んだことは間違いない。トランプ大統領のパキスタン訪問の日程は、恐らくほぼ決まっているだろう」と言い、トランプ大統領の努力に期待している。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2019年8月12日 0時0分
第25回『本当は怖い漢字』から学ぶ「権力と民との怖ろしい関係―「選挙」の「選」は神前の舞台で、元並んで揃い舞いをする形を表し、「挙」は共同の作業でみなが参与することから、みな、ことごとくの意味
 
選挙

「選」は巽(せん)と読み、神前の舞台で、元並んで揃い舞いをする形を表わします。これを神に献ずることを撰といいます。巽、選は神に対する行為であり、神に供えることを饌といいます。舞いそろう様子を表わし、それより、すぐれる、えらぶなどの意味となります。
「挙」の旧字は擧です。「與(よ)と手」からなり、擧は四手で与(象牙を組み合わせた形)をもつ形を示しています。擧はそれに手を加えて高く挙げることを挙行といいます。共同の作業でみなが参与することから、みな、ことごとくの意味ともなります。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:『本当は怖い漢字』から学ぶ「権力と民との怖ろしい関係」] [コメント (0)]



2019年8月11日 5時52分
安倍晋三首相は、9月中旬にも行う自民党役員人事と内閣改造で、二階俊博幹事長を下ろし、菅義偉官房長官を次の幹事長に、加藤勝信総務会長を官房長官に据えるのではないか?
 
◆〔特別情報1〕
 安倍晋三首相は、9月中旬にも自民党役員人事と内閣改造を行う。この人事について、自民党派閥「志帥会」(会長:二階俊博幹事長)内では、「二階俊博幹事長は、次の改造で幹事長を下ろされるのではないか。おそらく、外されるだろう。二階俊博幹事長本人も、もう長くやっているので、そのつもりでいるのではないか。ただ、最後は安倍晋三首相がどういう判断をするかになる。次の幹事長は、菅義偉官房長官がなって、官房長官は、以前から名前の挙がっていた加藤勝信総務会長(安倍晋太郎元外相の側近・加藤六月元農水相の娘に婿入りし加藤に改姓)になるのではないか」と噂されている。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2019年8月10日 4時44分
広島、長崎は、人類史上初の原爆投下被災地であるので、率先して「核兵器禁止条約に署名、批准」してしかるべきなのに、安倍晋三首相は、なぜ拒むのであろうか
 
◆〔特別情報1〕
 米軍が、大東亜戦争末期の1945年8月9日午前11時2分、長崎市に原子爆弾投下して長崎市の人口24万人(推定)のうち約7万4千人が死亡し、建物は約36%が全焼または全半壊してから74年になる。人類史上実戦で使用された最後の核兵器である。田上(たうえ)富久市長は、長崎市の平和公園で開催された長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典で核軍縮と逆行する国際情勢に危機感を示し、日本政府に2017年に国連で採択された「核兵器禁止条約への署名、批准」を迫った。しかし、平和祈念式典に参列していた安倍晋三首相は、昨年同様、この問題に一言も触れず仕舞いだったため、被爆者や遺族、参列者は、失望した。これは、広島市の松井一実市長が6日、広島広島市中区の平和記念公園で開かれ平和記念式典(原爆死没者慰霊式・平和祈念式で、核兵器禁止条約に言及し、政府に対して「核なき世界」へ主導的な役割を果たすよう求めたにもかかわらず、一言も触れなかったため、参列者の怒りを招いていた。広島、長崎は、人類史上初の原爆投下被災地であるので、率先して「核兵器禁止条約に署名、批准」してしかるべきなのに、安倍晋三首相は、なぜ拒むのであろうか。およそ理解し難い所業である。これでは、「核なき世界」実現を主導する国際的指導者にはなり得ない。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]




  次の5件
最近の記事
08/13 10:37 トランプ大統領は米中対立のなか、安倍晋三首相に「米国を選ぶのか、中国を選ぶのか、はっきりしろ」と再三言ってきたのに、結局、はっきりしないので「お前はいらないよ」と通告してきた
08/12 10:54 コロナ禍の下、いつこの感染症が収束するかほとんど見通しが立たないなか、野党の立憲民主党と国民民主党の合流話は、ほぼ失敗した。これはなぜか。
08/11 09:47 安倍晋三首相の無策で自民党内が動揺、その裏で政変の動きが活発化。中国支持派も安倍から離反。
08/10 09:44 国連のなかで、核廃絶のために主導的立場を示す気概を1つも見せない安倍晋三首相は、誠に情けない腑抜けた姿を世界に晒していた。何とも情けない限りだ
08/09 10:47 政治部記者の最大の任務は、「政変=政局」、いまは、安倍晋三首相の「死亡」であり、死期が迫っているのを知っている報道室職員は、朝日新聞記者のワナにまんまと引っかかった
08/08 07:43 第66回『本当は怖い漢字』から学ぶ『権力と民との怖ろしい関係』―証拠―証は、もともとは、徴(ちょう)の読み方に通ずる文字、拠は、「杖に拠る」ということから、依拠することを意味し、拠有することをいう。
08/07 09:20 安倍晋三首相は、核兵器保有をも可能にする憲法改正という宿願も果たせず、「吐血」してしまい、「政権投げ出し」の危機に立たされており、「元の木阿弥」に陥っていて、唇を噛んでいる
08/06 10:08 キッシンジャー博士が7月下旬、中国の長老と打ち合わせをし、8月15日にワシントンで米中の閣僚級の会談を行い、10月には中国で共産党大会を開く。中国は「内循環経済」に変更する
08/05 10:03 米国は、「韓国で何か起きても米国は韓国を守りたくないので、米軍は撤退する。中国が東シナ海、南沙諸島、尖閣諸島に手を出してきたら、米国は、日本をとことん守り抜きます」と確約している
08/04 09:53 キッシンジャー博士が、二階俊博、今井尚哉、秋元司、森雅子の処分、安倍晋三首相の退陣、菅義偉官房長官の首相就任など「日本に対する重大決定事項」を安倍に伝えてきた
最近のコメント
小沢一郎衆議院議員は、安倍晋三首相と小池百合子知事のコロナ対策失敗に、秋の総選挙で主導権を握ろうとしている(Sparrows)
日本は、世界最速のスーパーコンピュータ「富岳」完成により、「世界恒久の平和と繁栄を築くための新機軸」、〈第3次世界大戦回避・世界の原発440基廃炉・地球環境改善・AIの産業化〉の旗手になれる(piyokoTV)
小沢一郎衆議院議員は、安倍晋三首相と小池百合子知事のコロナ対策失敗に、秋の総選挙で主導権を握ろうとしている(あかね)
小沢一郎衆議院議員は、安倍晋三首相と小池百合子知事のコロナ対策失敗に、秋の総選挙で主導権を握ろうとしている(shushuika)
米国は日本と中国を戦争させたいと考えており、中国も国内情勢の混乱から、尖閣もしくは台湾で戦争を起こそうと必死、日本の安倍晋三首相は退陣を前に「GoTo(強盗)キャンペーン」で「急ぎ働き」(piyokoTV)
「正邪の区別がつかない味噌糞一緒」の安倍晋三首相は、訪米してトランプ大統領に、どう振る舞うか、見ものである(Sparrows)
「正邪の区別がつかない味噌糞一緒」の安倍晋三首相は、訪米してトランプ大統領に、どう振る舞うか、見ものである(piyokoTV)
緊急事態宣言解除、政局が流動化するなかで、自民党議員の多くが、政変に備えて選挙区に帰って行く姿が目立っている(Sparrows)
緊急事態宣言解除、政局が流動化するなかで、自民党議員の多くが、政変に備えて選挙区に帰って行く姿が目立っている(piyokoTV)
「とろい、鈍い、遅い」安倍晋三首相が、「アベの毒マスク」に続き、国民一人に「10万円」支給に際し、「マイナンバーカード」が使い物にならない事態に、金融機関とのひも付け義務化でまたもや「火事場泥棒」か(shushuika)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved