ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局-ブロくる
板垣英憲 さん
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局
地域:埼玉県
性別:男性
ジャンル:ニュース 政治・経済
ブログの説明:
世界の政治・軍事・経済・金融を支配するパワーエリートの動きやその底流で行われている様々な仕掛けなどを中心に、重要情報(特ダネ)をキャッチして速報する。板垣英憲の過去著書も連載します。*定期購読月額1000円
板垣英憲マスコミ事務所
http://www.a-eiken.com
カテゴリ
全て (4021)
『本当は怖い漢字』から学ぶ「権力と民との怖ろしい関係」 (49)
姓名判断 (1)
『自・社連合が小沢一郎への逆襲をはじめた』1994年7月30日刊 (52)
『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著 (138)
『平成動乱 小沢一郎の野望『』1993年9月25日刊 (117)
『小沢一郎という男の野望』1992年8月15日刊 (51)
お知らせ (63)
定期購読の方法 (1)
アクセス数
総アクセス数: 1866895
今日のアクセス: 649
昨日のアクセス: 996
RSS
カレンダー
<<2019年09月>>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

2019年9月16日 9時45分
日銀、財務、経産省が「安倍晋三政権の経費すら枯渇しているので、1000億円を使わせて欲しい」と要望してきたけれど、門前払いにしたので、安倍晋三政権の維持は困難!
 
◆〔特別情報1〕
 上皇陛下の近くにいる吉備太秦によると、世界銀行の上層部「300人委員会」(今回メンバーを入れ替えて王侯182人、財閥200人計382人)のトップに「ホストカントリー」である日本として上皇陛下の側近A氏(旧日本興行銀行出身)を据えた。これで完全にホストカントリーである日本の「上皇陛下、側近のA氏、F氏、吉備太秦」に権限が移行した。たまたまこの機に日本銀行、財務省、経済産業省から「安倍晋三政権の経費すら枯渇しているので、1000億円を使わせて欲しい」という要望があった。F氏が公安関係の人物を赴かせて事情を聞いてきた。それに対して、「メガバンクから地方銀行、信用金庫、信用組合、JAバンクのお金まで、全部使っておいて、何をふざけたことを言ってるんだ。天地(アメツチ)の神様がお怒りになっているので、そんなことは絶対に許可できない」と即座に断ったという。経費すら枯渇しているというのでは、今後、安倍晋三政権の維持は、困難になる。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2019年9月15日 0時0分
第30回『本当は怖い漢字』から学ぶ「権力と民との怖ろしい関係―「三権分立」の「司法」の「司」は「まつる、祠って神意をうかがう→つかさどる、神事をつかさどる、つかさ→伺、覗と通じ、うかがう、察する、よう
 
三権分立―その2

 司法権の「司」は、〈●(し)※司から口を除い字+口〉を組み合わせた文字です。口は祝祷を収める器の形を表し、神意を伺いみること、あるいは神の啓示を受けることを司ることを意味しています。
 すなわち、司は「まつる、祠って神意をうかがう→つかさどる、神事をつかさどる、つかさ→伺、覗と通じ、うかがう、察する、ようすをみる→嗣と通じ、つぐ」などを意味しています。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2019年9月14日 7時0分
トランプ大統領が、戦争好きな強硬派ネオコンのボルトン大統領補佐官を解任して、環境が全部整ったので、朝鮮半島の問題は、早ければ9月末、遅くとも10月の頭には動いていく
 
◆〔特別情報1〕
 何かと戦争好きな強硬派ネオコンの米ボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)が9月10日解任されて、環境が全部整ったので、朝鮮半島の問題は早ければ9月末、遅くとも10月の頭には動いていく。もともとそういうスケジュールだった。水面下では北朝鮮との交渉は再開していて、ここでボルトン大統領補佐官を外して北朝鮮の意向を呑んだ形になった。ボルトン大統領補佐官は5月、イランが米軍部隊を攻撃したり核兵器開発を加速させたりした場合に備え、最大12万人の米軍兵士を中東へ派遣する軍事計画案を示していた。つまり、「300兆円戦争」と言われたイラク戦争に事実上敗戦し、逃げるようにイラクを撤退したのを忘れて、愚かにも再び多くの兵士を犠牲にして、巨額戦費を投じて軍事攻撃、戦争をしようとしていた。また、米国は、経済的に疲弊し、完全に「落ちぶれた国」に転落しているにも関わらず、ボルトン大統領補佐官は、北朝鮮に対しても同じことを言っており、これが直接の解任理由だった。上皇陛下のごく近くにいる吉備太秦の説明である。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2019年9月13日 8時38分
安倍晋三首相の腹は、上皇陛下の側近A氏からの実現できない指示の結末を、大嫌いな小泉進次郎環境相のせいにしようとしており、二階俊博幹事長はいま、石破茂潰しをしている
 
◆〔特別情報1〕
 安倍晋三首相は、第4次安倍信三再改造内閣に小泉進次郎環境相を据えた。だが、安倍晋三首相は小泉進次郎環境相を物凄く嫌っている。大嫌いなのだ。なぜなら、総裁選で石破茂元地方創生相に投票したからだ。ちなみに二階俊博幹事長はいま、石破茂潰しをしている。予算の規模からいうと、厚生労働省が31兆8956億円くらいで一番大きいのに対して、環境省は3315億円くらいしか予算がない。そんな予算で、福島原発事故の汚染土の問題など解決できるわけがない。つまり、安倍晋三首相の腹は、上皇陛下の側近A氏からの実現できない指示の結末を、小泉進次郎環境相のせいにしようとしているという。これは、吉備太秦からのトップ情報である。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (1)]



2019年9月12日 8時17分
トランプ大統領が、ネオコンで知られるボルトン大統領補佐官(国家安全保障担当)を解任したのは、「9・11」同時多発事件の計画・実行に協力していたのがバレて、粛清した
 
◆〔特別情報1〕
 トランプ大統領が9月10日(日本時間9月11日)、ドジョン・ボルトン大統領補佐官(国家安全保障担当)を解任したことをツイートで発表した。トランプ大統領は、ツイートのなかで「ボルトンの提案の多くに私は反対だった。政権の他のメンバーも反対だった」と述べている。ボルトン大統領補佐官は、ネオコンの1人として知られ、2001年、ジョージ・ウォーカー・ブッシュ政権によって国務次官(軍備管理・国際安全保障担当)に任命され、北朝鮮との六者会合やイランの核開発問題などを担当、このなかで、「9・11」同時多発事件の計画・実行に協力していたとみられる。トランプ大統領は、8月30日から、国防総省(ペンタゴン)と米軍、米CIA反ブッシュ派を使い、米国同時多発テロ事件を起こした真の計画・実行者(ジョージ・W・ブッシュ元大統領とその一味、小泉純一郎元首相とその一味)の粛清を進めているなかで、ボルトン大統領補佐官の関与が明らかになって、粛清の対象に認定されたものと思われる。ボルトン大統領補佐官の解任を丸で見越していたかのように、北朝鮮の崔善姫(チェ・ソンヒ)第1外務次官は9日夜、朝鮮中央通信を通じて談話を発表し、「9月下旬ごろに米国との非核化協議に応じる用意がある」と表明してきた。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]




  次の5件
最近の記事
06/07 10:27 第58回『本当は怖い漢字』から学ぶ「権力と民との怖ろしい関係」―告訴告発―告は、木の小枝に、祝祷収める器を著けた形を表わし、その祈りかたを示し、訴は「さばきをもとめる」意、発は弓を射る形を表わす
06/06 11:49 河野太郎防衛相は夏のボーナスについて、今回の新型コロナウイルス感染対策で出動した防疫部隊の隊員たちを中心に一人当たり15万円を上乗せすることを決めた。第2波対策に防疫部隊のノウハウを活用すべし
06/05 11:26 新型コロナウイルス禍の陰で、大病院の機能が不全、経営危機の反面、個人クリニックの「名医」の評判がアップ
06/04 10:13 トランプ大統領がG7開催6月から9月に延期した理由は、2つある
06/03 09:49 首相秘書官と首相補佐官が司法取引して「桜を見る会」の名簿を公表、安倍晋三首相はthe end(ジエンド)となる
06/02 08:37 全人代で習近平国家主席は終始沈黙、小沢一郎衆議院議員の弟子である李克強首相に実権が集中しつつあることを示していた。これをどう読むか?
06/01 08:43 安倍晋三内閣の支持率が「27〜29%」に急落しているなか、自民党・二階俊博幹事長の「二階の乱」が水面下で着々と進んでいる
05/31 09:58 第58回『本当は怖い漢字』から学ぶ「権力と民との怖ろしい関係」―公安―公は公義・公正の意味、廟中の儀礼を示す
05/30 08:36 米国のコロナ関連症例数、死亡数に重大なウソ、死亡診断書にコロナ感染による死亡と書くと連邦政府から1万1千ドルの補助金が病院に支給、膨れ上がった補助金財政の補填係は、ひょっとして安倍晋三首相なのか?
05/29 10:18 コロナ騒ぎも佳境に入ったけれど、このなかで暗躍している悪者はだれか、普通の人にもわかってきた。ズバリ、ビル・ゲイツである
最近のコメント
「正邪の区別がつかない味噌糞一緒」の安倍晋三首相は、訪米してトランプ大統領に、どう振る舞うか、見ものである(Sparrows)
「正邪の区別がつかない味噌糞一緒」の安倍晋三首相は、訪米してトランプ大統領に、どう振る舞うか、見ものである(piyokoTV)
緊急事態宣言解除、政局が流動化するなかで、自民党議員の多くが、政変に備えて選挙区に帰って行く姿が目立っている(Sparrows)
緊急事態宣言解除、政局が流動化するなかで、自民党議員の多くが、政変に備えて選挙区に帰って行く姿が目立っている(piyokoTV)
「とろい、鈍い、遅い」安倍晋三首相が、「アベの毒マスク」に続き、国民一人に「10万円」支給に際し、「マイナンバーカード」が使い物にならない事態に、金融機関とのひも付け義務化でまたもや「火事場泥棒」か(shushuika)
法相から指揮権を発動される立場の「検事総長」に任命されそうになった黒川弘務検事長は、「三十六計逃げるが勝ち」とばかり、間一髪のところで、「安倍晋三首相の魔の手」から逃れることができた(kotiyan)
法相から指揮権を発動される立場の「検事総長」に任命されそうになった黒川弘務検事長は、「三十六計逃げるが勝ち」とばかり、間一髪のところで、「安倍晋三首相の魔の手」から逃れることができた(piyokoTV)
安倍晋三首相は「悪事」もみ消し役の東京高検・黒川弘務検事長が失脚、過去最低の6パーセントまで低落して崩壊した森喜朗政権と比較されながら「支持率低落競争」の地獄道を墜落する(cyu)
「とろい、鈍い、遅い」安倍晋三首相が、「アベの毒マスク」に続き、国民一人に「10万円」支給に際し、「マイナンバーカード」が使い物にならない事態に、金融機関とのひも付け義務化でまたもや「火事場泥棒」か(piyokoTV)
忍び寄る河井克行前法相・妻の案里参院議員逮捕の手、不起訴権限を持つ検事総長実現の目論見との熾烈な競争に負けた安倍晋三首相に世論は、「安倍逮捕をせよ」と厳しい(kotiyan)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved