ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局-ブロくる
板垣英憲 さん
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局
地域:埼玉県
性別:男性
ジャンル:ニュース 政治・経済
ブログの説明:
世界の政治・軍事・経済・金融を支配するパワーエリートの動きやその底流で行われている様々な仕掛けなどを中心に、重要情報(特ダネ)をキャッチして速報する。板垣英憲の過去著書も連載します。*定期購読月額1000円
板垣英憲マスコミ事務所
http://www.a-eiken.com
カテゴリ
全て (4260)
米国在住の個人投資家satoko女史 (20)
『本当は怖い漢字』から学ぶ「権力と民との怖ろしい関係」 (61)
姓名判断 (1)
『自・社連合が小沢一郎への逆襲をはじめた』1994年7月30日刊 (51)
『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著 (67)
『平成動乱 小沢一郎の野望『』1993年9月25日刊 (114)
『小沢一郎という男の野望』1992年8月15日刊 (51)
お知らせ (63)
定期購読の方法 (1)
アクセス数
総アクセス数: 2248714
今日のアクセス: 562
昨日のアクセス: 832
RSS
カレンダー
<<2019年09月>>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

2019年9月8日 8時0分
「川上から川下への戦術」―「れいわ新選組」の山本太郎代表は、師匠である小沢一郎衆院議員の教えを「日本列島」で忠実に実践、全国各地で「ライブ演説会」を開く
 
◆〔特別情報1〕
 「川上から川下へ」、選挙のプロの選挙の神様である小沢一郎元代表は、どこまでも「選挙の原則」に忠実である。得意とするのは人口の少ない場所から徐々に運動を盛り上げる「川上から川下への戦術」は、総選挙で政権交代を果たした。「れいわ新選組」の山本太郎代表は、師匠である小沢一郎衆院議員の教えを「日本列島」で忠実に実践しようとしている。「川上は、北海道利尻島→川下は、沖縄県」である。9月18日の北海道利尻島を皮切りに、全国キャラバンに乗り出す。各地で「ライブ演説会」を開いて、得意の演説力で、「消費税廃止」を諄々と訴え、国民有権者の心を揺さぶり、支持層を増やしていく。総務省は8月22日午前、第25回参院選(8月21日執行)の投票率(選挙区選)が48・80%で確定し、前回2016年参院選の54・70%を5・90ポイント下回ったと発表した。衆院選を含め、全国規模の国政選として過去最低だった1995年の参院選(44・52%)以来24年ぶりに50%を割り、同年に次ぐ低投票率となった。全国有権者数1億123万6029人のうち、6195万6449人が、投票に行っていない。これは、「大きな宝の山」だ。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2019年9月7日 5時13分
小沢一郎衆院議員は、水面下で、「れいわ新選組」の山本太郎代表と大阪維新の会の橋下徹法律顧問を会わせて、「新党結党」の動きを意欲的に進めているという情報もある
 
◆〔特別情報1〕
 「もう禅譲の準備は済んで、ポスト安倍は、菅義偉官房長官で間違いないらしい。禅譲は、選挙後に憲法改正をしてからと言われている。この情報は、藤木幸夫横浜港運協会会長の兄弟分から伝えられた情報だ」―安倍晋三首相は9月11日、安倍晋三政権最後の党役員・内閣改造を行うので、いま直ぐの話ではない。小沢一郎衆院議員は、水面下で、「れいわ新選組」の山本太郎代表と大阪維新の会の橋下徹法律顧問を会わせて、「新党結党」の動きを意欲的に進めているという情報もある。以下は、自民党内事情に詳しい専門家のトップ情報である。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2019年9月6日 1時21分
習近平国家主席は、人民解放軍を動かさなかったとしても9月末の時点で、終わってしまい、世界支配層「ゴールドマン・ファミリーズ・グループ」の傀儡になるか、いなくなるか、どちらかだ
 
◆〔特別情報1〕
 港政府トップの林鄭月娥・行政長官は9月5日の記者会見で、活動家らが掲げる5つの主要な要求のうち「逃亡犯条例」改正案を撤回したけれど、1つにすぎない。要求はほかに、警察の暴力に対する独立機関の調査や逮捕者に対する恩赦、普通選挙の実施などがある。あと4つ要求に関しては、話し合いましょうと言っているだけで、解決の目途は何も立っていない。学校は9月2日から始まっているが、ボイコットして行っていないし、仕事にも行っていない。米中貿易摩擦は、まとまるどころか、どんどん悪化してきた。これで人民解放軍が突撃をしようものなら、完全にまとまらないし、習近平国家主席はその段階で終わってしまう。人民解放軍を動かさなかったとしても、9月末の時点で、習近平国家主席は、上皇陛下を戴く世界支配層「ゴールドマン・ファミリーズ・グループ」の傀儡になるか、いなくなるか、どちらかだ。それまでには結論を出さなければならない。9月末までにはケリはつけなければならない。9月11日、12日は、香港で「一帯一路サミット」が予定されているが、できるわけがない。中国南東、中国の本土と香港を結ぶ近代的な都市・深圳市に場所を変えたとしても、だれも行かない。これは、上皇陛下のごく近くにいる吉備太秦の情勢判断である。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (1)]



2019年9月5日 8時44分
「新機軸派」の1人であるトランプ大統領は、「第3次世界大戦・中東戦場で当事国となるイランとイスラエルの決戦」を回避するため、地下組織を通じてイランと連絡をとっている
 
◆〔特別情報1〕
 世界恒久の平和と繫栄を希求する「新機軸派」の1人であるトランプ大統領は、「第3次世界大戦・中東戦場で当事国となるイランとイスラエルの決戦」を回避するため、地下組織を通じてイランと連絡をとっている。「新機軸」を実現するには、これまでのようなユダヤのやり方ではダメだということのようだ。戦争によって世界を支配しようとしてきた古いタイプの政治家クリントン元大統領、ブッシュ元大統領父子、オバマ元大統領が米国をメチャクチャにしたと判断して、新しい平和戦略を試みている。とにかく米国には時効がないため、トランプ大統領は、これまでの旧悪をすべて断罪しようとしている。父親のジョージ・H・W・ブッシュ元大統領は、94歳で病死したことになっているが、実際は、トランプ大統領暗殺未遂の罪で処刑された。息子のジョージ・W・ブッシュ元大統領は、やはり捕まっていて、薬物中毒で廃人同然のようだ。トランプ大統領の暗殺未遂は、一度や二度ではないといい、しかも、トランプ大統領を助けたのはプーチン大統領だった。このため、トランプ大統領はプーチン大統領に感謝している。これは、駐日米軍・米CIA反ブッシュ派の内部に通じた専門家のトップ情報である。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2019年9月4日 7時0分
「米国の韓国切り」トランプ大統領はいまや、韓国を切り捨てて、台湾の秘密結社「洪門会」の李家と手を結んでおり、「米韓軍事同盟」は、事実上、崩壊している
 
◆〔特別情報1〕
 「米国の韓国切り」トランプ大統領はいまや、韓国を切り捨てて、台湾と手を結んでいる。韓国は、米国から何も買い切らず、おカネも払わないので完全に見切られた。韓国が消滅して北朝鮮により朝鮮半島が統一され、新国家「コリア」が建国される動きが急ピッチで進んでいることもあり、当然の成り行きである。だから在韓米軍が、グァムや日本に撤退しつつある。「米韓軍事同盟」は、事実上、崩壊している。上皇陛下を戴く世界支配層「ゴールドマン・ファミリーズ・クラブ」は、2018年7月31日、「MSA資金」運用益から「400兆円」を金正恩党委員長にシェアしており、朝鮮半島統一の暁には、さらに「400兆円」を追加シェアする。台湾には、洪門会の李家がいる。洪門会とは、中国明朝末期清朝初期に興った秘密結社、「反清復明」=「清を倒し、明を復活させる」を主旨とする。1992年7月28日に米国で第三届世界洪門親和大会が開かれ、世界各地より集まった100人以上の代表によって2日間の議論の後、世界洪門総会の成立が宣告された。首届会長は李志鵬、総会はホノルルに設置されている。トランプ大統領は、莫大な財産を持つ台湾「洪門会」の李家に目をつけている。以下は、国際政治経済に詳しい専門家からの情報である。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]




  次の5件
最近の記事
06/23 14:33 改ざんを強いられた証拠「赤木ファイル」が開示。「情報操作」「レッテル貼り」と疑惑をはぐらかしてきた安倍前首相により、政府への信頼は完全に地に落ちている。だからワクチンの安全性も信用できない。
06/22 12:39 米国は9.11アフガニスタン駐留米軍完全撤退ながら、NATOのトルコ軍に残留を要請。一方、米軍撤退後にアフガニスタン進出の機会を狙う中国は、アフガニスタンの鉱物資源を押さえるべく待ち構えている。
06/21 13:47 G7首脳会議で、最も重要な議題として話し合われたことは、新一万円札の顔となる渋沢栄一が発案した「一ツ橋家の銀札(藩札)」の仕組みにも起因する、ある特殊な銀行を日本に設立するというものだった。
06/20 13:12 ◆「猶太思想及運動」〈上〉四王天延孝陸軍中将著 第五篇 猶太の運動(前紀)  第七章 シオン長老會議 (6)
06/19 12:35 ◆「猶太思想及運動」〈上〉四王天延孝陸軍中将著 第五篇 猶太の運動(前紀)  第七章 シオン長老會議 (5)
06/18 13:33 日本の新聞4社は東京五輪のオフィシャルパートナーであり、菅首相の五輪強硬開催の最も強い後ろ盾だ。菅首相の自信と意欲が、番記者への言葉ににじみ出ている。
06/17 15:11 同日同時間帯に開催された3Aの議連と二階の議連は、自民党国会議員にとっては踏み絵みとなった。自民党内は駆け引きが続いており、このまま解散まで、自民党劇場が続くことになるだろう。
06/16 13:50 G7というのは、もはや形式だけ。むしろNATO首脳会議のほうが重要だ。中国がいま戦争を仕掛けてきているのに対して、NATO軍が動くことになっている。その打ち合わせの会議だった。
06/15 13:59 バイデン大統領はG7サミットで各国に対し、中国と軍事的に戦うことを提案した。しかし、他の国々は「中国といま関係を悪くする必要はない」と難色を示し対中国包囲網の作戦は失敗した。
06/14 14:08 菅義偉首相が二階俊博幹事長から離れて安倍晋三前首相についたことで、菅首相続投の約束をとりつけたようだ。その場合、二階俊博幹事長は降ろされ、甘利明税制調査会長が幹事長になる。
最近のコメント
米国は9.11アフガニスタン駐留米軍完全撤退ながら、NATOのトルコ軍に残留を要請。一方、米軍撤退後にアフガニスタン進出の機会を狙う中国は、アフガニスタンの鉱物資源を押さえるべく待ち構えている。(kotiyan)
日本の新聞4社は東京五輪のオフィシャルパートナーであり、菅首相の五輪強硬開催の最も強い後ろ盾だ。菅首相の自信と意欲が、番記者への言葉ににじみ出ている。(J. Oneell)
二階俊博幹事長に、「二階派を加藤勝信に(譲って)くれ」と直談判した安倍晋三前首相は、総理在任中にしこたま貯めて、何兆円ものカネを持っている。あの疑惑のカネも半分とっているという。(Tors Hammer)
二階俊博幹事長に、「二階派を加藤勝信に(譲って)くれ」と直談判した安倍晋三前首相は、総理在任中にしこたま貯めて、何兆円ものカネを持っている。あの疑惑のカネも半分とっているという。(もつ鍋)
菅首相は二階幹事長から離れて完全に安倍前首相についた。それはつまり、菅は総裁任期いっぱいで辞めることを意味している。しかも安倍は二階に「加藤勝信を総理にさせるから、二階派を加藤勝信にくれ」と頼んだ。(Jack Oneell)
今後の世界経済を左右するMSA資金に関して「ホストカントリー日本」の実務が遅れに遅れ、世界経済は危機的状態が続いてきた。ようやく6月に入って進展し、ホストカントリー日本の面目躍如の日が目前まできた。(Jack Oneel)
予防接種説明書まとめ「本剤は、これまでのワクチンで使用されたことのない添加物が含まれた新しい種類のワクチンで、明らかになっていない症状が出る可能性がある。現時点では感染予防効果は明らかになっていない」(Jack Oneell)
予防接種説明書まとめ「本剤は、これまでのワクチンで使用されたことのない添加物が含まれた新しい種類のワクチンで、明らかになっていない症状が出る可能性がある。現時点では感染予防効果は明らかになっていない」(Jack Oneell)
予防接種説明書まとめ「本剤は、これまでのワクチンで使用されたことのない添加物が含まれた新しい種類のワクチンで、明らかになっていない症状が出る可能性がある。現時点では感染予防効果は明らかになっていない」(Tors Hammer)
安倍と麻生は、安倍の再々登板を断念し、安倍の実母・洋子夫人のいち押しでポスト菅は、安倍晋三の父・安倍晋太郎元外相の一番の側近だった加藤六月の娘婿である加藤勝信でまとまった。(Tors Hammer)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved