ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局-ブロくる
板垣英憲 さん
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局
地域:埼玉県
性別:男性
ジャンル:ニュース 政治・経済
ブログの説明:
世界の政治・軍事・経済・金融を支配するパワーエリートの動きやその底流で行われている様々な仕掛けなどを中心に、重要情報(特ダネ)をキャッチして速報する。板垣英憲の過去著書も連載します。*定期購読月額1000円
板垣英憲マスコミ事務所
http://www.a-eiken.com
カテゴリ
全て (4054)
『本当は怖い漢字』から学ぶ「権力と民との怖ろしい関係」 (53)
姓名判断 (1)
『自・社連合が小沢一郎への逆襲をはじめた』1994年7月30日刊 (52)
『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著 (138)
『平成動乱 小沢一郎の野望『』1993年9月25日刊 (117)
『小沢一郎という男の野望』1992年8月15日刊 (51)
お知らせ (63)
定期購読の方法 (1)
アクセス数
総アクセス数: 1900874
今日のアクセス: 140
昨日のアクセス: 941
RSS
カレンダー
<<2020年01月>>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

2020年1月15日 7時44分
自民党派閥「志帥会」と「志公会」に深く食い込んでいる政治・軍事情報専門家は、自民党は割れない。よって国民民主党は、自民党丸ごとと連立にすることになると情勢分析
 
自民党派閥「志帥会」と「志公会」に深く食い込んでいる政治・軍事情報専門家は、自民党は割れない。よって国民民主党は、自民党丸ごとと連立にすることになると情勢分析

◆〔特別情報1〕
 これは、自民党派閥「志帥会」(会長・二階俊博幹事長)と「志公会」(会長・麻生太郎副総理兼財務相)に深く食い込んでいる政治・軍事情報専門家の情勢分析である。
 野党共闘は、立憲民主党の枝野幸男代表が「あの人たちとは会わん」と鶴の一声らしい。どうやら党首会談では、玉木雄一郎代表が枝野幸男代表にエラそうなことを言うらしく、それが気に食わないようだ。立憲民主党は、資金的に苦しいといわれているが、最低限のカネはJR東日本から枝野幸男代表に出るという。社民党との連携もそううまくはいかないだろう。結局、野党はバラバラのままだ。つまり、模索するのは自民党との連立ということだ。それの方が早い。連立だったら、玉木雄一郎代表は乗るし、その橋渡しは二階俊博幹事長のところがする。自民党は割れると言われているが、絶対に割れない。自民党は100%割れない。よって国民民主党は、自民党丸ごとと連立にすることになる。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2020年1月14日 7時0分
第43回『本当は怖い漢字』から学ぶ「権力と民との怖ろしい関係」―財政―財の才に材質の意味があり、貝貸を財といいます。
 
第43回『本当は怖い漢字』から学ぶ「権力と民との怖ろしい関係」―財政―財の才に材質の意味があり、貝貸を財といいます。

財政

 財の才に材質の意味があり、貝貸を財といいます。財は「たから、古くは貝を宝とし貨幣とした、ふち→裁と同じ、たつ、はかる→才と通じ、才能、はたらき→わずかに、やっと→資材」などを意味します。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:『本当は怖い漢字』から学ぶ「権力と民との怖ろしい関係」] [コメント (0)]



2020年1月13日 7時25分
吉備太秦は、「ウクライナ機撃墜に関しては、カナダのトルドー首相が証拠を握っている。表のニュースで発表されることは、裏の真実を隠すための発表と思った方がいい」と警告
 
吉備太秦は、「ウクライナ機撃墜に関しては、カナダのトルドー首相が証拠を握っている。表のニュースで発表されることは、裏の真実を隠すための発表と思った方がいい」と警告

◆〔特別情報1〕
 安倍晋三首相は11日午前、中東3か国への訪問に出発するのに先立って、羽田空港内の施設「貴賓室」で、カナダのトルドーとおよそ20分間、電話会談を行った。NHKが報じている。上皇陛下の側近である吉備太秦が、安倍晋三首相のごく近くにいる情報通から聞いた電話会談の内容は、概ね以下のようであったという。「ウクライナ機撃墜に関しては、カナダのトルドー首相が証拠を握っている。トルドー首相と安倍晋三首相は、実はトランプ大統領のことが大嫌いだ」というとだ。今年は、普通では理解できないいろんなことが次から次へとたくさん起きる。吉備太秦は「表のニュースで発表されることは、裏の真実を隠すための発表と思った方がいい」と警告している。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2020年1月12日 7時55分
イラクのバグダッド国際空港に着陸したイラン革命防衛隊のソレイマニ司令官殺害を命じた主犯が、明らかになった
 
イラクのバグダッド国際空港に着陸したイラン革命防衛隊のソレイマニ司令官殺害を命じた主犯が、明らかになった

◆〔特別情報1〕
 「イラン革命防衛隊のソレイマニ司令官殺害には裏があった」―これは、米CIA、イスラエル情報機関「モサド」、ロシア情報機関、イラン諜報・情報機関に深く食い込んでいる国際軍事専門家からのトップ情報である。
 ニューズウイークは1月10日午前11時45分、「イラン司令官殺害攻撃、イラクとシリアの関係者が米に情報提供か」という見出しをつけて、「米国は3日、イラクのバグダッド国際空港に着陸したイラン革命防衛隊のソレイマニ司令官の車列をドローン攻撃、司令官らを殺害したが、司令官らの動きと居場所を米軍が特定する上でイラクとシリアの両空港内部の人間が米軍に協力、情報提供していた疑いがあることが、関係者らへの取材で分かった」と報じているけれど、ソレイマニ司令官殺害を命じた主犯は、明らかではなかった。それが、明らかになったのである。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2020年1月11日 9時12分
イランからの事前通告に書かれていた「ウクライナ国際航空752便が離陸直後に墜落、乗員乗客176人全員が死亡した事故」にまつわる、トランプ大統領へ向けた驚くべき内容
 
イランからの事前通告に書かれていた「ウクライナ国際航空752便が離陸直後に墜落、乗員乗客176人全員が死亡した事故」にまつわる、トランプ大統領へ向けた驚くべき内容

◆〔特別情報1〕
 これは、上皇陛下の側近である吉備太秦が「1月8日にテヘラン(エマーム・ホメイニー国際空港)発キエフ(ボルィースピリ国際空港)行きのウクライナ国際航空752便(ボーイング737-800型機)が離陸直後に墜落、乗員乗客176人全員が死亡した事故」について米CIA、イラン情報機関、ロシア情報機関などからキャッチした極秘情報である。以下の通りだ。「言っていたとおり、イランと米国は全面戦争にはならなかった。トランプ大統領は1月3日、イラクのバグダッド国際空港に着陸したイラン革命防衛隊のソレイマニ司令官の車列をドローン攻撃、司令官らを殺害した。イランは、司令官を殺されたことに対する報復としてミサイル攻撃をしたが、ミサイルを撃つ前に、スイスの米国大使館を通じて『ワンポイントで基地の使っていない倉庫を撃つ』ということを事前に通告していた。使っていない倉庫が壊れただけで、死傷者は一人も出ていない。これ以上攻撃はしないとも通告していた。なおかつ、通告の文書には、トランプ大統領へ向けての驚愕の内容がイランからの事前通告に書かれていた。その内容とは、
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]




  次の5件
最近の記事
07/10 07:18 トランプ大統領は、ペンタゴンの好戦派やビル・ゲイツ、ザッカーバーグらの「製薬マフィア」=「ディープステート」と戦っており、WHOも脱退しようとしている。
07/09 08:05 トランプ大統領は国連事務総長に、WHO脱退手続きの開始を正式に通知。グテレス氏の報道官も、米国から通知があったことを確認。脱退は1年後の2021年7月6日付となる予定。「新機軸」時代の国連改革を見据え
07/08 06:59 米FBIは、少女を数千人も米国内でクルート、東欧からモデルとして多数「輸入」しては、エプスタイン被告にあっせんしていたお尋ね者「モサド」のスパイ、ギレーンを逮捕
07/07 10:16 新型コロナウイルス感染、バッタの襲来、大雨、永久凍土溶解、三峡ダム「三峡ダム」決壊、加えて、香港金融市場の衰退など世紀の大国難続きで、習近平政権は崩壊の危機
07/06 07:58 「公務でのマスコミ露出」を告示前から有利に利用した小池百合子氏が、立憲民主党、共産党、社民党の支援を受けた日弁連会元会長、宇都宮健児氏や、れいわ新選組の代表、山本太郎氏らを抑えて、2回目の当選を確果た
07/05 09:49 第62回『本当は怖い漢字』から学ぶ「権力と民との怖ろしい関係」―拘置拘禁―「拘は、句(こう)と読み、拘引することを意味し、置は、直(ちょく)と読み、植えるという意味がある
07/04 09:35 上皇陛下の側近・吉備太秦は、「小沢一郎さんに総理大臣になってもらって、上皇陛下を助け、世界を大乱世にしないようにして、それから正常化してもらう」と決意を新たにしている。
07/03 10:14 世界金融センター指数、香港が3位から6位に転落、これが今後どうなるか、英国の情報機関「MI6」はじめ、米CIA、イスラエル情報機関「モサド」などは、懸命にその動向を追っている
07/02 07:51 香港警察は、抗議デモの現場で「香港独立」を主張などした男女9人を、前日施行された「香港国家安全維持法(国安法)」に違反した疑いで逮捕、「中華人民共和国の終わりの始まり」を示す
07/01 07:03 37年前、厚生省記者クラブで老人保健報制定を取材して散々批判していたけれど、気づいてみるといま、この制度の恩恵に浴している
最近のコメント
小沢一郎衆議院議員は、安倍晋三首相と小池百合子知事のコロナ対策失敗に、秋の総選挙で主導権を握ろうとしている(Sparrows)
日本は、世界最速のスーパーコンピュータ「富岳」完成により、「世界恒久の平和と繁栄を築くための新機軸」、〈第3次世界大戦回避・世界の原発440基廃炉・地球環境改善・AIの産業化〉の旗手になれる(piyokoTV)
小沢一郎衆議院議員は、安倍晋三首相と小池百合子知事のコロナ対策失敗に、秋の総選挙で主導権を握ろうとしている(あかね)
小沢一郎衆議院議員は、安倍晋三首相と小池百合子知事のコロナ対策失敗に、秋の総選挙で主導権を握ろうとしている(shushuika)
米国は日本と中国を戦争させたいと考えており、中国も国内情勢の混乱から、尖閣もしくは台湾で戦争を起こそうと必死、日本の安倍晋三首相は退陣を前に「GoTo(強盗)キャンペーン」で「急ぎ働き」(piyokoTV)
「正邪の区別がつかない味噌糞一緒」の安倍晋三首相は、訪米してトランプ大統領に、どう振る舞うか、見ものである(Sparrows)
「正邪の区別がつかない味噌糞一緒」の安倍晋三首相は、訪米してトランプ大統領に、どう振る舞うか、見ものである(piyokoTV)
緊急事態宣言解除、政局が流動化するなかで、自民党議員の多くが、政変に備えて選挙区に帰って行く姿が目立っている(Sparrows)
緊急事態宣言解除、政局が流動化するなかで、自民党議員の多くが、政変に備えて選挙区に帰って行く姿が目立っている(piyokoTV)
「とろい、鈍い、遅い」安倍晋三首相が、「アベの毒マスク」に続き、国民一人に「10万円」支給に際し、「マイナンバーカード」が使い物にならない事態に、金融機関とのひも付け義務化でまたもや「火事場泥棒」か(shushuika)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved