ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局-ブロくる
板垣英憲 さん
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局
地域:埼玉県
性別:男性
ジャンル:ニュース 政治・経済
ブログの説明:
世界の政治・軍事・経済・金融を支配するパワーエリートの動きやその底流で行われている様々な仕掛けなどを中心に、重要情報(特ダネ)をキャッチして速報する。板垣英憲の過去著書も連載します。*定期購読月額1000円
板垣英憲マスコミ事務所
http://www.a-eiken.com
カテゴリ
全て (4082)
『本当は怖い漢字』から学ぶ「権力と民との怖ろしい関係」 (56)
姓名判断 (1)
『自・社連合が小沢一郎への逆襲をはじめた』1994年7月30日刊 (52)
『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著 (138)
『平成動乱 小沢一郎の野望『』1993年9月25日刊 (117)
『小沢一郎という男の野望』1992年8月15日刊 (51)
お知らせ (63)
定期購読の方法 (1)
アクセス数
総アクセス数: 1928508
今日のアクセス: 114
昨日のアクセス: 1056
RSS
カレンダー
<<2020年01月>>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

2020年1月5日 18時30分
◆お知らせ◆板垣英憲「情報局」1月オフレコ懇談会のご案内
◆お知らせ◆板垣英憲「情報局」1月オフレコ懇談会のご案内

板垣英憲「情報局」オフレコ懇談会を開催いたします

元毎日新聞記者・政治経済評論家歴45年!
板垣英憲が伝授する「必勝!」のための情報キャッチ術・情勢判断学
〜情報4重層「表・裏・陰・闇」とジレンマ情勢予測秘術

<懇談会の趣旨>
 マスメディアの表面に登場して来ない門外不出の「陰と闇」の情報、ブログはもちろん通常の勉強会では語れない内容を取り上げ、少数の参加者の皆様と共に、懇談形式による勉強会を開催いたします。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:お知らせ] [コメント (0)]



2020年1月5日 6時51分
米軍がイラン革命防衛隊司令官を殺害、「米軍部隊3500人」を増派、好戦的な安倍晋三首相は、国会承認なしで、自衛隊の護衛艦と哨戒機を中東に派遣、最悪事態発生もあり得る
 
米軍がイラン革命防衛隊司令官を殺害、「米軍部隊3500人」を増派、好戦的な安倍晋三首相は、国会承認なしで、自衛隊の護衛艦と哨戒機を中東に派遣、最悪事態発生もあり得る

◆〔特別情報1〕
 トランプ大統領主導の中東における有志連合とイランとの戦争が現実化してきている。米軍がイラン革命防衛隊のソレイマニ司令官をイラクの首都バクダッドで殺害して地域の緊張を高めてしまい米国防総省が1月3日、「米軍部隊3500人」を中東地域に増派する方針を決めたからである。米軍は、イラクでの空爆を続けており、措置を誤れば、「第2次イラン・イラク戦争」に発展しかねない。「イラン・イラク戦争(1980年9月22日〜1988年8月20日)は、イラン革命が波及することを恐れた米国が1979年当時イラク大統領に就任したサッダーム・フセインを担ぎ上げて、大量の武器弾薬を与えてイラン攻撃をさせたが、決着が付かず、後にサッダーム・フセインを殺害してしまった。この米国の裏切りにより、再び、イラクが米国への敵意をむき出しにしている。この渦中に好戦的な安倍晋三首相は、国会の承認を得ることなく、自衛隊の護衛艦と哨戒機の派遣を12月27日の閣議で決定しました。2019年12月27日の閣議決定により、中東海域への自衛隊派遣について、1月中にも河野太郎防衛相による派遣命令を出し、2月に海上自衛隊の護衛艦(隊員260人が乗艦)と哨戒機を出港させる。防衛省設置法の「調査・研究」を根拠に情報収集体制を強化するのが目的というけれど、トランプ大統領との間で「有志連合への参加」を密約していると言われており、これは明らかに日本国憲法に違反している。「第2次イラン・イラク戦争」に巻き込まれて、海上自衛官が戦死する最悪事態発生もあり得る。このため、1月20日から始まる通常国会で、野党各党が安倍晋三首相を厳しく追及、答弁次第では、安倍晋三首相が退陣に追い込まれるのは、必至だ。政治の王道を歩んでいる小沢一郎衆院議員を支持する一由倶楽部(石川孝之輔会長、板垣英憲幹事長)が、東京都新宿区市谷本村町のホテルグランドヒル市谷(防衛省正門横)で、「小沢一郎先生を激励する会」を開いた際、小沢一郎衆院議員は、出席者との質疑応答で、以下のように発言している。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2020年1月4日 3時15分
一由倶楽部の「激励会」で小沢一郎衆院議員は「何としても結集を完成させ、次の選挙で『政権交代』を必ず実現すべく、全力で闘って参ります」と決意表明
 
一由倶楽部の「激励会」で小沢一郎衆院議員は「何としても結集を完成させ、次の選挙で『政権交代』を必ず実現すべく、全力で闘って参ります」と決意表明

◆〔特別情報1〕
 政治の王道を歩んでいる小沢一郎衆院議員を支持する一由倶楽部(石川孝之輔会長、板垣英憲幹事長)は、東京都新宿区市谷本村町のホテルグランドヒル市谷(防衛省正門横)で、「小沢一郎先生を激励する会」を開いた。席上、小沢一郎衆院議員は「何としても結集を完成させ、次の選挙で『政権交代』を必ず実現すべく、全力で闘って参ります」と決意を表明した。
 そのうえで、れいわ新選組の志士とも言うべき山本太郎代表が、小沢一郎衆院議員直伝の「川上から川下へ」という選挙運動の鉄則を忠実に実践し、全国展開していることを高く評価していることを明らかにした。山本太郎代表は、年末年始にかけて、恵まれない人々を対象に「炊き出し」を行っている際、風邪にかかり、高熱を発したため1月1日、東京都世田谷区深沢の「小沢一郎邸」で開かれた新年会に出席できなかったけれど、新年行事が終われば、再び、全国遊説に回り、次期総選挙に備える。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2020年1月3日 7時50分
小沢一郎衆院議員は新年会で「子(ね)年には政局が大きく動く、福田康夫氏から麻生太郎氏に首相が交代した。今回も必ず政変が起きる。安倍晋三首相は、もう長くない」と力説
小沢一郎衆院議員は新年会で「子(ね)年には政局が大きく動く、福田康夫氏から麻生太郎氏に首相が交代した。今回も必ず政変が起きる。安倍晋三首相は、もう長くない」と力説
◆〔特別情報1〕
 小沢一郎衆院議員は1日1日午後1時から、東京都世田谷区内の自宅で新年会を開き、現職衆参議員、落選中の元・前衆参議員、これに熱烈支持者を含めて約100人が集まり、冒頭、新年挨拶のなかで、衰退期に入っている安倍晋三首相の命運や政局見通しなどについて、所感を披露した。安倍晋三首相の命運については、「内閣の現状、国民の心理からいって、政変になるのではないか。戦後政治を振り返ると、子(ね)年には政局が大きく動いてきた。福田康夫氏から麻生太郎氏に首相が交代した2008年など、この例から見て、今回も必ず政変が起きる。安倍晋三首相は、もう長くない」、政局見通しについては、「6日の週には党首同士で合意を得て手続きをするということにしなければならない」「国民の願いは安倍政権、自民党に代わる受け皿の政党だ。来るべき衆院選にも必ず勝利し、野党政権を樹立する」などと強調した。2日午前10時5分〜午前10時20分、天皇皇后両陛下や上皇ご夫妻、秋篠宮ご夫妻などの皇族方が、皇居を訪れた人たちと新年を祝われる一般参賀に6万8710人の国民が集まり、天皇陛下は「年の初めにあたり、我が国と世界の人々の幸せを祈ります」と挨拶、さらに2019年には台風19号をはじめとする自然災害が相次いだことから、「本年が災害のない、安らかで、良い年となるよう願っております」などと述べられた。これに引き換え、安倍晋三首相は、この日、神奈川県茅ケ崎市のゴルフ場で経団連の御手洗冨士夫、榊原定征両名誉会長らと今年初のゴルフに興じていた。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2020年1月2日 8時10分
姓名判断  中曽根康弘元首相
姓名判断
 中曽根康弘元首相


 昨年10月末で古い時代は終わり、11月1日から新しい時代に入ったと吉備太秦は繰り返し言う。新しい時代が始まって4週間後の11月29日午前7時すぎ、大勲位・中曽根康弘元首相は東京都内の病院で老衰のため逝去、101歳の大往生だった。
 1982年11月27日〜1987年11月6日、首相を務め、この間「戦後政治の総決算」を掲げて、国鉄民営化、電電公社民営化の偉業を残し、社会科教科書にその業績を留めた。バブル景気への道筋を作っていったのも、中曽根康弘元首相だ。
 ちなみに今年の干支の子年だが、過去の子年を調べてみると必ずといっていいほど政変が起きているのだが、1984年の中曽根政権の子年は例外で政変は起きていない。
 また、吉備太秦によると、ソ連崩壊ではキッシンジャー博士とともに中曽根康弘元首相が大きく関わったといい、ソ連崩壊のための資金を託されモスクワへ持って行った人こそ、中曽根康弘元首相であったという。まさに一時代を築いた象徴的人物が令和元年、「一時代の終わり」の時に天寿を全うした。
 そんな大勲位・中曽根康弘元首相の姓名判断は、いかに。

※画像は、小沢一郎衆議院議員の為にしたためた中曽根康弘元首相の書(令和2年元日、小沢一郎邸「新年会」にて撮影)
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:姓名判断] [コメント (0)]




  次の5件
最近の記事
08/07 09:20 安倍晋三首相は、核兵器保有をも可能にする憲法改正という宿願も果たせず、「吐血」してしまい、「政権投げ出し」の危機に立たされており、「元の木阿弥」に陥っていて、唇を噛んでいる
08/06 10:08 キッシンジャー博士が7月下旬、中国の長老と打ち合わせをし、8月15日にワシントンで米中の閣僚級の会談を行い、10月には中国で共産党大会を開く。中国は「内循環経済」に変更する
08/05 10:03 米国は、「韓国で何か起きても米国は韓国を守りたくないので、米軍は撤退する。中国が東シナ海、南沙諸島、尖閣諸島に手を出してきたら、米国は、日本をとことん守り抜きます」と確約している
08/04 09:53 キッシンジャー博士が、二階俊博、今井尚哉、秋元司、森雅子の処分、安倍晋三首相の退陣、菅義偉官房長官の首相就任など「日本に対する重大決定事項」を安倍に伝えてきた
08/03 10:55 米空母ロナルド・レーガンが、南シナ海へ出撃、中国海軍の軍事演習を監視、大統領選挙に向けてトランプ大統領が本気を出して、米中軍事衝突の不測の事態から本格的戦争に発展する可能性を孕む
08/02 09:31 第65回『本当は怖い漢字』から学ぶ「権力と民との怖ろしい関係』―法廷―法は、神判に用いる神羊で(かいたい)と呼ばれる獣の形を表わし、廷は、土主を囲んで鬯酒(ちょうしゅ)を加える儀礼の場を示すもので
08/01 11:05 岸田文雄政調会長が 人事・ポストをめぐって、安倍と意見交換、安倍は9月3日の木曜日に内閣改造を決めているという
07/31 08:28 今井尚哉首相補佐官はいま、首相官邸で力を失ってきており、二階俊博幹事長が菅義偉官房長官を推しているので、総理候補として自信を持ってきている
07/30 09:33 今回のコロナウイルスは、月から中国の武漢に持っていって広がったものと、ビル・ゲイツが新型コロナウイルス計画というものをつくって広まったのと、2種類あることがわかった
07/29 11:08 米国の半分以上の州が、マスク着用を義務化しているが、その根拠は、症例数の急増だ。第2波がやって来るとマスコミは大騒ぎしているけれど、それは本当なのだろうか。
最近のコメント
小沢一郎衆議院議員は、安倍晋三首相と小池百合子知事のコロナ対策失敗に、秋の総選挙で主導権を握ろうとしている(Sparrows)
日本は、世界最速のスーパーコンピュータ「富岳」完成により、「世界恒久の平和と繁栄を築くための新機軸」、〈第3次世界大戦回避・世界の原発440基廃炉・地球環境改善・AIの産業化〉の旗手になれる(piyokoTV)
小沢一郎衆議院議員は、安倍晋三首相と小池百合子知事のコロナ対策失敗に、秋の総選挙で主導権を握ろうとしている(あかね)
小沢一郎衆議院議員は、安倍晋三首相と小池百合子知事のコロナ対策失敗に、秋の総選挙で主導権を握ろうとしている(shushuika)
米国は日本と中国を戦争させたいと考えており、中国も国内情勢の混乱から、尖閣もしくは台湾で戦争を起こそうと必死、日本の安倍晋三首相は退陣を前に「GoTo(強盗)キャンペーン」で「急ぎ働き」(piyokoTV)
「正邪の区別がつかない味噌糞一緒」の安倍晋三首相は、訪米してトランプ大統領に、どう振る舞うか、見ものである(Sparrows)
「正邪の区別がつかない味噌糞一緒」の安倍晋三首相は、訪米してトランプ大統領に、どう振る舞うか、見ものである(piyokoTV)
緊急事態宣言解除、政局が流動化するなかで、自民党議員の多くが、政変に備えて選挙区に帰って行く姿が目立っている(Sparrows)
緊急事態宣言解除、政局が流動化するなかで、自民党議員の多くが、政変に備えて選挙区に帰って行く姿が目立っている(piyokoTV)
「とろい、鈍い、遅い」安倍晋三首相が、「アベの毒マスク」に続き、国民一人に「10万円」支給に際し、「マイナンバーカード」が使い物にならない事態に、金融機関とのひも付け義務化でまたもや「火事場泥棒」か(shushuika)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved