ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局-ブロくる
板垣英憲 さん
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局
地域:埼玉県
性別:男性
ジャンル:ニュース 政治・経済
ブログの説明:
世界の政治・軍事・経済・金融を支配するパワーエリートの動きやその底流で行われている様々な仕掛けなどを中心に、重要情報(特ダネ)をキャッチして速報する。板垣英憲の過去著書も連載します。*定期購読月額1000円
板垣英憲マスコミ事務所
http://www.a-eiken.com
カテゴリ
全て (4011)
『本当は怖い漢字』から学ぶ「権力と民との怖ろしい関係」 (47)
姓名判断 (1)
『自・社連合が小沢一郎への逆襲をはじめた』1994年7月30日刊 (52)
『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著 (138)
『平成動乱 小沢一郎の野望『』1993年9月25日刊 (117)
『小沢一郎という男の野望』1992年8月15日刊 (51)
お知らせ (63)
定期購読の方法 (1)
アクセス数
総アクセス数: 1856747
今日のアクセス: 959
昨日のアクセス: 1141
RSS
カレンダー
<<2020年02月>>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

2020年2月10日 7時0分
第46回『本当は怖い漢字』から学ぶ「権力と民との怖ろしい関係」―地方分権―地は神の降りるところ、方は「架屍(かし)」を表わし、分は両分することを意味する
 
第46回『本当は怖い漢字』から学ぶ「権力と民との怖ろしい関係」―地方分権―地は神の降りるところ、方は「架屍(かし)」を表わし、分は両分することを意味する

地方分権

 地は、神の降りるところ、方は、横にわたした木に人を架した形、すなわち「架屍(かし)」を表わします。これを境界の呪禁とするので外方、辺境を意味します。
 方は「かた、四方、方角→遠方に対する呪儀、さらしもの、祭梟(さいきょう)→とつくに、外方、異族のくに、みち、方法、手段、わざ、てだて→いかだ、もやい舟→ならぶ、くらべる、たぐう、しわける、ひとしい→かたわら、あまねく→ほしいまま、はびこる→まさに、あたる、はじめて」などを意味します。
 分は、〈八と刀〉を組み合わせた文字です。両分の形や刀でものを両分することを意味します。分割や分異の意味から、身分、多分などの意味します。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:『本当は怖い漢字』から学ぶ「権力と民との怖ろしい関係」] [コメント (0)]



2020年2月9日 3時36分
花の詩画家・水木鈴子先生は「今こそ、地球の、そして私たちの内にある“生命の花”に覚醒するために」と説き「まほろば」づくりに、吉備太秦は、「新機軸」の完成に向けて活躍
 
花の詩画家・水木鈴子先生は「今こそ、地球の、そして私たちの内にある“生命の花”に覚醒するために」と説き「まほろば」づくりに、吉備太秦は、「新機軸」の完成に向けて活躍

◆〔特別情報1〕
 私の事務所が主催するある会合に、山梨から一人のご婦人が来られた。ある方からの思いを託されて遥々お越し下さったという。帰り際、その方のことを伝えて下さり、2冊の本と、綺麗な花の絵のハンカチーフが入った袋をお渡し下さった。それは、詩画家の水木鈴子先生がお書きになられた詩画集 「幸福あげます」(文化創作出版刊、1992年9月15日初版、2018年11月6日第19刷刊)と、同じく水木鈴子先生がお描きになられた「花宇宙 一如」(平成27年2月10日 啓社刊)と、水木鈴子先生の花の絵がプリントされたハンカチーフだった。
 水木鈴子先生について紹介されているブログなどを参照してみると、「一如」は水木鈴子先生の雅号だそうで、「如」は「如来」の「如」であり、「すべてがひとつ、あなたはわたし、わたしはあなた」という意味なのだという。
 参照 水木鈴子先生の御守りの言霊
 お目にかかったわけではないが、水木鈴子先生の絵と詩を拝見し、先生のご経歴をみると、この時にあたり不思議な因縁を感じずにはいられない思いがした。
 吸い込まれそうなほど引き付けられるのは、漆黒の闇の中に光を放って浮かび上がる花の絵。そこに添えられている詩は暗闇の中から放つ一条の光として、ひとつひとつの言葉が心を癒し、「花宇宙」の世界へと誘ってくれる。静寂という音が聴こえるような光の絵に、人智の及ぶところではない遥かかなたの大いなる存在から、背中を押されているのではないかとさえ感じるものだった。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2020年2月8日 8時38分
「3月大政変」希代の大ウソつき安倍晋三首相は、ついに「お陀仏」、最近の「安倍家の家族会議」で、「もうこれ以上、恥をさらすな」と苦言を呈されて、イヤイイヤながらに決断に追い込まれた
 
「3月大政変」希代の大ウソつき安倍晋三首相は、ついに「お陀仏」、最近の「安倍家の家族会議」で、「もうこれ以上、恥をさらすな」と苦言を呈されて、イヤイイヤながらに決断に追い込まれた

◆〔特別情報1〕
 安倍晋三政権の「3月政変」が確定的になってきた。自民党中枢部では「4選から5選までも在任したい」と、大風呂敷を広げていた安倍晋三首相が「もはやこれまで」と観念、ウソまみれ発言が禍して自滅した。「桜を見る会」の公職選挙法違反容疑(有権者買収)・政治資金規正法違反容疑、IRカジノ法制定にからむ、複数の現職国会議員と業者により「買収収賄事件」の立件がはっきりしてきたため、これ以上政権を維持するのは極めて困難になってきていると判断し、安倍晋三首相自身が総退陣に迫られた模様だ。
 このため、2020年度予算政府案が国会で3月に成立するのを待って総退陣する。新型コロナウイルス感染制圧は、「ポスト安倍政権」に引き継ぐ可能性もある。これは安倍晋三の実母・洋子夫人(岸伸介元首相の長女、安倍晋太郎元外相夫人)を交えた最近の家族会議のなかで決められた。新型コロナウイルスの対応に追われている加藤勝信厚労相も、洋子夫人の覚えがめでたく、安部家家族会議のメンバーだ。安倍家家族会議の安倍晋三首相に近い筋からの最もホットな極秘情報である。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2020年2月7日 7時16分
トランプ大統領に対する米議会上院での弾劾裁判は2月5日、予想されていた通り、無罪評決で結審し、不安から解放されたトランプ大統領の表情が一変した
 
トランプ大統領に対する米議会上院での弾劾裁判は2月5日、予想されていた通り、無罪評決で結審し、不安から解放されたトランプ大統領の表情が一変した

◆〔特別情報1〕
 米共和党のトランプ大統領に対する米議会上院での弾劾裁判は2月5日、予想されていた通り、無罪評決で結審した。この結果、「ウクライナ疑惑」でトランプ大統領の罷免を狙った野党・民主党の追及は失敗に終わり、米国の分断を深めた。最終決着は2020年11月3日に実施予定の米大統領・副大統領を選出する選挙へ持ち越しとなった。だが、不調に終わった第2回目の米朝首脳会談(2019年2月27日、28日、ベトナム・ハノイ市)は、両首脳が折角、合意文書に署名寸前だったにもかかわらず、トランプ大統領が2回も「大チョンボ発言」をしたために、金正恩党委員長が「サイン」を拒否して交渉が決裂して以来、約1年間、まったく前進なかった。トランプ大統領が、米議会下院の民主党がトランプ大統領弾劾裁判に動き出したことから、トランプ大統領が、米朝首脳会談を成功させて、「朝鮮戦争終結→米朝和平→平和友好条約締結→朝鮮半島締結→新国家コリア建設」実現に努力することに精力を注ぐことができなくなっていた。それが2月5日、無罪評決で結審した瞬間、不安から解放されたトランプ大統領の表情が一変した。以下は、安倍晋三政権や在日米軍、米CIA内部に深く食い込んでいる情報通の解説である。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2020年2月6日 8時15分
日中外交筋は、同行筋から新型コロナウイルスが天皇皇后両陛下に感染するのを恐れて、すでに習近平国家主席の4月訪日の延期を内々に合意しているという。
 
日中外交筋は、同行筋から新型コロナウイルスが天皇皇后両陛下に感染するのを恐れて、すでに習近平国家主席の4月訪日の延期を内々に合意しているという。

◆〔特別情報1〕
 世界保健機関WHO(本部: スイス ジュネーヴ、テドロス・アダノム・ゲブレイエス事務局長=エチオピア出身)は、1月22日と23日にも緊急の委員会を開いていたが、「緊急事態にはあたらない」と判断を見送ってきた。これは、テドロス・アダノム・ゲブレイエス事務局長が2016年に事務局長就任に当たり、習近平国家主席から1兆円の資金提供と後押しを得て、就任を果たしたという経緯があり、緊急事態宣言を遠慮したものと見られていた。しかし、世界から「遅すぎる」と批判されてきた。このため、1月30日になって、やっと「世界的な緊急事態」を宣言した。緊急事態宣言は、2009年のブタ由来の新型インフルエンザ、2014年のポリオ、2019年7月のアフリカ中部でのエボラ出血熱のアウトブレイク(地域的感染拡大)など計5回出されている。問題は、習近平国家主席が4月に国賓として日本を訪問することだ。「日中外交筋は、同行筋から新型コロナウイルスが天皇皇后両陛下に感染するのを恐れて、すでに習近平国家主席の4月訪日の延期を内々に合意している。」という。これは、安倍晋三政権内部に深く食い込んでいる外交・軍事専門家からのトップ情報である。以下に続く。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]




  次の5件
最近の記事
05/28 08:57 「正邪の区別がつかない味噌糞一緒」の安倍晋三首相は、訪米してトランプ大統領に、どう振る舞うか、見ものである
05/27 10:43 安倍晋三首相は、トランプ大統領に尻を叩かれて「緊急事態宣言解除」を早めて訪米するが、治療薬とワクチンの開発資金提供とビル・ゲイツとの競争に立たされた
05/26 07:54 緊急事態宣言解除、政局が流動化するなかで、自民党議員の多くが、政変に備えて選挙区に帰って行く姿が目立っている
05/25 06:57 第57回『本当は怖い漢字』から学ぶ「権力と民との怖ろしい関係」―人権―人は、人の即身形を表わし、権は、権威・権勢を意味している
05/24 12:44 「安倍晋三内閣支持率27%(前回40%)、自民党支持率25%(前回30%)」―毎日新聞世論調査の結果、自民党の二階俊博幹事長は、「二階の乱を起こす」と宣言、政権崩壊へ
05/23 10:02 法相から指揮権を発動される立場の「検事総長」に任命されそうになった黒川弘務検事長は、「三十六計逃げるが勝ち」とばかり、間一髪のところで、「安倍晋三首相の魔の手」から逃れることができた
05/22 10:09 安倍晋三首相は「悪事」もみ消し役の東京高検・黒川弘務検事長が失脚、過去最低の6パーセントまで低落して崩壊した森喜朗政権と比較されながら「支持率低落競争」の地獄道を墜落する
05/21 09:53 ソフトバンクグループは近いうちに破綻する可能性が高く、みずほが手を引いた瞬間に潰れる
05/20 10:15 「とろい、鈍い、遅い」安倍晋三首相が、「アベの毒マスク」に続き、国民一人に「10万円」支給に際し、「マイナンバーカード」が使い物にならない事態に、金融機関とのひも付け義務化でまたもや「火事場泥棒」か
05/19 08:34 忍び寄る河井克行前法相・妻の案里参院議員逮捕の手、不起訴権限を持つ検事総長実現の目論見との熾烈な競争に負けた安倍晋三首相に世論は、「安倍逮捕をせよ」と厳しい
最近のコメント
「正邪の区別がつかない味噌糞一緒」の安倍晋三首相は、訪米してトランプ大統領に、どう振る舞うか、見ものである(piyokoTV)
緊急事態宣言解除、政局が流動化するなかで、自民党議員の多くが、政変に備えて選挙区に帰って行く姿が目立っている(Sparrows)
緊急事態宣言解除、政局が流動化するなかで、自民党議員の多くが、政変に備えて選挙区に帰って行く姿が目立っている(piyokoTV)
「とろい、鈍い、遅い」安倍晋三首相が、「アベの毒マスク」に続き、国民一人に「10万円」支給に際し、「マイナンバーカード」が使い物にならない事態に、金融機関とのひも付け義務化でまたもや「火事場泥棒」か(shushuika)
法相から指揮権を発動される立場の「検事総長」に任命されそうになった黒川弘務検事長は、「三十六計逃げるが勝ち」とばかり、間一髪のところで、「安倍晋三首相の魔の手」から逃れることができた(kotiyan)
法相から指揮権を発動される立場の「検事総長」に任命されそうになった黒川弘務検事長は、「三十六計逃げるが勝ち」とばかり、間一髪のところで、「安倍晋三首相の魔の手」から逃れることができた(piyokoTV)
安倍晋三首相は「悪事」もみ消し役の東京高検・黒川弘務検事長が失脚、過去最低の6パーセントまで低落して崩壊した森喜朗政権と比較されながら「支持率低落競争」の地獄道を墜落する(cyu)
「とろい、鈍い、遅い」安倍晋三首相が、「アベの毒マスク」に続き、国民一人に「10万円」支給に際し、「マイナンバーカード」が使い物にならない事態に、金融機関とのひも付け義務化でまたもや「火事場泥棒」か(piyokoTV)
忍び寄る河井克行前法相・妻の案里参院議員逮捕の手、不起訴権限を持つ検事総長実現の目論見との熾烈な競争に負けた安倍晋三首相に世論は、「安倍逮捕をせよ」と厳しい(kotiyan)
悪事の限りを尽くしてきた安倍晋三首相は、大叔父・佐藤栄作自由党幹事長時代の悪しき前例に倣って選挙違反事件もみ消しを図ろうとして失敗、「もはやこれまで」と辞任を決めた(ponkichi34)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved