ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局-ブロくる
板垣英憲 さん
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局
地域:埼玉県
性別:男性
ジャンル:ニュース 政治・経済
ブログの説明:
世界の政治・軍事・経済・金融を支配するパワーエリートの動きやその底流で行われている様々な仕掛けなどを中心に、重要情報(特ダネ)をキャッチして速報する。板垣英憲の過去著書も連載します。*定期購読月額1000円
板垣英憲マスコミ事務所
http://www.a-eiken.com
カテゴリ
全て (4088)
『本当は怖い漢字』から学ぶ「権力と民との怖ろしい関係」 (57)
姓名判断 (1)
『自・社連合が小沢一郎への逆襲をはじめた』1994年7月30日刊 (52)
『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著 (138)
『平成動乱 小沢一郎の野望『』1993年9月25日刊 (117)
『小沢一郎という男の野望』1992年8月15日刊 (51)
お知らせ (63)
定期購読の方法 (1)
アクセス数
総アクセス数: 1934584
今日のアクセス: 1098
昨日のアクセス: 1129
RSS
カレンダー
<<2020年07月>>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

2020年7月7日 10時16分
新型コロナウイルス感染、バッタの襲来、大雨、永久凍土溶解、三峡ダム「三峡ダム」決壊、加えて、香港金融市場の衰退など世紀の大国難続きで、習近平政権は崩壊の危機
 
新型コロナウイルス感染、バッタの襲来、大雨、永久凍土溶解、三峡ダム「三峡ダム」決壊、加えて、香港金融市場の衰退など世紀の大国難続きで、習近平政権は崩壊の危機

◆特別情報1〕
 中国はいま、世紀の大国難続きだ。下手を打てば習近平政権は、たちまち瓦解してしまう。武漢市からは、世界中を苦しめている「新型コロナウイルス」が発生し、「細菌戦争」の発生源と言われている。敵は、いわずと知れた米国である。しかし、いまさら本当のことは言えず、「米国帝国主義の仕業」といわんばかりにトランプ大統領に責任転嫁しようとしている。加えて、バッタが襲って来て広大な農地は見るも無残に荒らされ、また偏西風の変更による大雨、さらにロシアの永久凍土が解けた水も流れてきていて、揚子江にある黒部ダムの200倍の容量あるといわれる世界最大のダムと呼ばれている「三峡ダム」は、ダム決壊の危機に直面している。万が一決壊した場合は上海市や武漢市などの下流域の大都市に大きな被害をもたらし、中国経済に大ダメージを与えるとともに、中国国内の電力供給がストップすることで大規模な停電を引き起こす可能性があると言われている。「治山治水」は、政治の要諦。中国人民は、「この水没は雨だけのせいではない、山峡ダムが崩壊しないように放水しているから、こんなことになっている」と、みんな頭にきていいて、ものすごい文句を言っている。もし山峡ダムが崩壊したら、上海まで水没する。満州はバッタの被害が甚大だ。満州を食べ尽くしたら、また他の土地へ移動して荒らしていくだろう。習近平はコロナウイルス感染禍と水害の両方を抑えろと、至上命令を出しているのだけれども、人民解放軍は全然動かない。むかしの命知らずの兵士の集まりならイザ知らず、「一人っ子政策」のなかで生まれ育った将兵は、いまや「国家よりも個人の方が大事だ」と思っている。国家が豊かになれば当然の哲理とも言える。これは、上皇陛下の側近である吉備太秦の所見である。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2020年7月6日 7時58分
「公務でのマスコミ露出」を告示前から有利に利用した小池百合子氏が、立憲民主党、共産党、社民党の支援を受けた日弁連会元会長、宇都宮健児氏や、れいわ新選組の代表、山本太郎氏らを抑えて、2回目の当選を確果た
 
「公務でのマスコミ露出」を告示前から有利に利用した小池百合子氏が、立憲民主党、共産党、社民党の支援を受けた日弁連会元会長、宇都宮健児氏や、れいわ新選組の代表、山本太郎氏らを抑えて、2回目の当選を確果たした。

◆〔特別情報1〕
「新型コロナウイルス感染で大勢の人が死んで、あと3年は続いて13番目の変異までいくので、いま世界の人口75億人は、30億人か40億人くらいの人口になる」―これは、上皇陛下の側近・吉備太秦の見立てである。第1次世界大戦末期の1918年1月〜1920年12月に発生した「スペイン風邪では、当時の世界推定人口18億人〜20億人のうち、推定死者数は1700万人〜告示1億人と言われており、米国でも50万人が死亡したとされる。日本では、患者2380万4673人のうち死者は38万8,727人(1.63%)だったという。新型コロナウイルス感染「第2波」が徐々に顕著になりつつある7月5日、過去最多の22人が立候補した東京都知事選挙が行われ、「公務でのマスコミ露出」を告示前から有利に利用した現職の小池百合子氏(67)が、立憲民主党、共産党、社民党の支援を受けた日弁連・日本弁護士連合会の元会長、宇都宮健児氏(73)や、れいわ新選組の代表、山本太郎太氏(45)らを抑えて、2回目の当選を確果たした。しかし、あと3年は続いて13番目の変異までいくので、『コロナ漬け』の在職が続くうえに、コロナ対策費に使える財政調整は、ほぼ底をついているので、間もなくピンチに陥る。さらに10月にはIOC委員会から東京オリンピック中止を正式通告される。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2020年7月5日 9時49分
第62回『本当は怖い漢字』から学ぶ「権力と民との怖ろしい関係」―拘置拘禁―「拘は、句(こう)と読み、拘引することを意味し、置は、直(ちょく)と読み、植えるという意味がある
 
第62回『本当は怖い漢字』から学ぶ「権力と民との怖ろしい関係」―拘置拘禁―「拘は、句(こう)と読み、拘引することを意味し、置は、直(ちょく)と読み、植えるという意味がある

拘置拘禁

 拘は、句(こう)と読み、拘引することを意味します。拘係によって自由を失うので、一遍に拘し変通しえないことを拘泥といいます。
 置は、直(ちょく)と読み、植えるという意味があります。正直なるものに誤まって网(まう)(綱=つな)を加える形を表わし、それを赦すべしとする意味を含んでいます。誤まって捕らえられた正直者を赦す意味です。また、かすみ網などを仕掛けておくことを示しています。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:『本当は怖い漢字』から学ぶ「権力と民との怖ろしい関係」] [コメント (0)]



2020年7月4日 9時35分
上皇陛下の側近・吉備太秦は、「小沢一郎さんに総理大臣になってもらって、上皇陛下を助け、世界を大乱世にしないようにして、それから正常化してもらう」と決意を新たにしている。
 
上皇陛下の側近・吉備太秦は、「小沢一郎さんに総理大臣になってもらって、上皇陛下を助け、世界を大乱世にしないようにして、それから正常化してもらう」と決意を新たにしている。

◆〔特別情報1〕
 上皇陛下の側近・吉備太秦が懐かしい言葉を発した。金丸信元副総理が話した人物評「平時の羽田孜、乱世の小沢一郎、大乱世の梶山静六」という名せりふである。上皇陛下が、MSA資金を運用して得ている巨額資金を世界主要国にシェアして『世界恒久の平和と繫栄』を築こうとしているのに、この事業の本旨を正しく理解して上皇陛下を補佐できる政治家に巡り会えないでいる。そんな矢先、吉備太秦は、金丸信元副総裁のこの人物評を思い出したのである。金丸信元副総理はもとより、平時の羽田孜、大乱世の梶山静六は、すでに鬼籍に入っており、健在なのは、「乱世の小沢一郎」のみ。幸い、小沢一郎衆院議員は、MSA資金の運用益のシェアについて、「サイナー」の1人として関わってきた実績がある、時あたかも、世界恒久の平和と繁栄を築く目的で、2016年2月3日、モスクワ市を訪れた米キッシンジャー博士は、プーチン大統領と会談し、新時代を築くための基本方針として「新機軸」」(第3次世界大戦回避・世界の原発440基廃炉・地球環境の清浄化・AIの産業化)に合意した。あれから4年4か月、ロシアで7月1日実施されたプーチン大統領(67)の長期続投を可能にする憲法改正の全国投票は2日、開票作業が終了。中央選挙管理委員会によると、賛成が77.92%。過半数の要件を満たし、改憲成立が決まった。反対は21.27%。既に20年間君臨してきたプーチン大統領は2036年まで権力の座にとどまることが可能になった。これは、「新機軸」をみずからの手で実現するという強い決意の表れである。これを受けて、吉備太秦は、「小沢一郎さんに総理大臣になってもらって、上皇陛下を助け、世界を大乱世にしないようにして、それから正常化してもらう」と決意を新たにしている。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2020年7月3日 10時14分
世界金融センター指数、香港が3位から6位に転落、これが今後どうなるか、英国の情報機関「MI6」はじめ、米CIA、イスラエル情報機関「モサド」などは、懸命にその動向を追っている
 
世界金融センター指数、香港が3位から6位に転落、これが今後どうなるか、英国の情報機関「MI6」はじめ、米CIA、イスラエル情報機関「モサド」などは、懸命にその動向を追っている

◆〔特別情報1〕
 東方新報は4月10日22:時43分、「世界金融センター指数、香港が3位から6位に転落 デモの影響で」と題して、香港の転落ぶりを報じていた。世界金融センタートップ5は、上から順に、ニューヨーク、ロンドン、東京、上海、シンガポールだった。これが、6月30日施行された「香港国家安全維持法(国安法)」がもたらす社会的不安、混乱によって本来自由であるべき資本市場が毀損されて、信用を失い、さらに数段転落する危険がある。このためかつての宗主国である英国の情報機関「MI6」はじめ、米CIA、イスラエル情報機関「モサド」などは、懸命にその動向を追っている。以下は、「モサド」との関係が深い自民党中枢に食い込んでいる軍事情報通が得たトップ情報である。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]




  次の5件
最近の記事
08/13 10:37 トランプ大統領は米中対立のなか、安倍晋三首相に「米国を選ぶのか、中国を選ぶのか、はっきりしろ」と再三言ってきたのに、結局、はっきりしないので「お前はいらないよ」と通告してきた
08/12 10:54 コロナ禍の下、いつこの感染症が収束するかほとんど見通しが立たないなか、野党の立憲民主党と国民民主党の合流話は、ほぼ失敗した。これはなぜか。
08/11 09:47 安倍晋三首相の無策で自民党内が動揺、その裏で政変の動きが活発化。中国支持派も安倍から離反。
08/10 09:44 国連のなかで、核廃絶のために主導的立場を示す気概を1つも見せない安倍晋三首相は、誠に情けない腑抜けた姿を世界に晒していた。何とも情けない限りだ
08/09 10:47 政治部記者の最大の任務は、「政変=政局」、いまは、安倍晋三首相の「死亡」であり、死期が迫っているのを知っている報道室職員は、朝日新聞記者のワナにまんまと引っかかった
08/08 07:43 第66回『本当は怖い漢字』から学ぶ『権力と民との怖ろしい関係』―証拠―証は、もともとは、徴(ちょう)の読み方に通ずる文字、拠は、「杖に拠る」ということから、依拠することを意味し、拠有することをいう。
08/07 09:20 安倍晋三首相は、核兵器保有をも可能にする憲法改正という宿願も果たせず、「吐血」してしまい、「政権投げ出し」の危機に立たされており、「元の木阿弥」に陥っていて、唇を噛んでいる
08/06 10:08 キッシンジャー博士が7月下旬、中国の長老と打ち合わせをし、8月15日にワシントンで米中の閣僚級の会談を行い、10月には中国で共産党大会を開く。中国は「内循環経済」に変更する
08/05 10:03 米国は、「韓国で何か起きても米国は韓国を守りたくないので、米軍は撤退する。中国が東シナ海、南沙諸島、尖閣諸島に手を出してきたら、米国は、日本をとことん守り抜きます」と確約している
08/04 09:53 キッシンジャー博士が、二階俊博、今井尚哉、秋元司、森雅子の処分、安倍晋三首相の退陣、菅義偉官房長官の首相就任など「日本に対する重大決定事項」を安倍に伝えてきた
最近のコメント
小沢一郎衆議院議員は、安倍晋三首相と小池百合子知事のコロナ対策失敗に、秋の総選挙で主導権を握ろうとしている(Sparrows)
日本は、世界最速のスーパーコンピュータ「富岳」完成により、「世界恒久の平和と繁栄を築くための新機軸」、〈第3次世界大戦回避・世界の原発440基廃炉・地球環境改善・AIの産業化〉の旗手になれる(piyokoTV)
小沢一郎衆議院議員は、安倍晋三首相と小池百合子知事のコロナ対策失敗に、秋の総選挙で主導権を握ろうとしている(あかね)
小沢一郎衆議院議員は、安倍晋三首相と小池百合子知事のコロナ対策失敗に、秋の総選挙で主導権を握ろうとしている(shushuika)
米国は日本と中国を戦争させたいと考えており、中国も国内情勢の混乱から、尖閣もしくは台湾で戦争を起こそうと必死、日本の安倍晋三首相は退陣を前に「GoTo(強盗)キャンペーン」で「急ぎ働き」(piyokoTV)
「正邪の区別がつかない味噌糞一緒」の安倍晋三首相は、訪米してトランプ大統領に、どう振る舞うか、見ものである(Sparrows)
「正邪の区別がつかない味噌糞一緒」の安倍晋三首相は、訪米してトランプ大統領に、どう振る舞うか、見ものである(piyokoTV)
緊急事態宣言解除、政局が流動化するなかで、自民党議員の多くが、政変に備えて選挙区に帰って行く姿が目立っている(Sparrows)
緊急事態宣言解除、政局が流動化するなかで、自民党議員の多くが、政変に備えて選挙区に帰って行く姿が目立っている(piyokoTV)
「とろい、鈍い、遅い」安倍晋三首相が、「アベの毒マスク」に続き、国民一人に「10万円」支給に際し、「マイナンバーカード」が使い物にならない事態に、金融機関とのひも付け義務化でまたもや「火事場泥棒」か(shushuika)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved