ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
2013年8月13日 12時51分
ライフスタイルに適した計画案を
 
様々な金融の内、一番の負債費で、返金も何十年となる住宅金融。念願の我が家でも、住宅金融が頓挫で、家屋処分と。
返金期限が長期故、借主が怪我や病で所得が減少な事も。それ以外には雇用削減の恐れもあり、リスク管理にも備え、住宅金融が頓挫のケースも十分熟知を。

<返金が停滞だと借主が転向>
住宅金融の入金が停滞しだすと、これまで借主が金融組織だったのが、請合い企業へ転向により、債務者=住宅金融返金者、債権者=金融組織→請合い企業という構成に。金融組織から請合い企業の転向時でも、住宅金融の入金は変わらず要請と。
通常、6ヶ月を超えての入金停滞は、「自主的処分」「売立」へと。

<家屋を自ら売却の自主的処分と勝手に売られる売立>
「自主的処分」は、借主の意思で住宅金融の残値がある家を売却し、その売った費用で金融残金に充てるシステム。また、「売立」は借主の意向に関係なく、法律的な方策で無理矢理家屋をセリに出すやり方。住宅金融の返金の停滞は、以上の様に夢のマイホームを処分する羽目に…。

<悪くしたら自ら破産の場合も>
大体の所得見通し有りなら、売立で売れても、それでも無理なら、自ら破産申告と。こうなったら、新しくローンを組むのは困難で、各人の信頼データにも古傷が残る事に。

以上、住宅金融が頓挫したら悲惨な事になるかも。住宅金融の利用時は、自身のライフスタイルに適した計画案の選択を!
[カテゴリ:住宅ローン] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2013年8月13日 12時47分
希望融資額を決定するための基準
 
住宅ローンの希望融資額を決定するための基準として、自分の収入で検討するというのが重要になります。自分の今の年収でいくらまでなら返済することができるかということを検討すると自ずと融資を受けられる上限が決まってくるでしょう。
このように住宅ローンと年収を切れない関係にあります。そこでここではその関係について紹介して行きましょう。

住宅ローンの融資額は、購入したい住宅の価格で決定してはいけません。自分の年収で返済することが現実的でない金額の融資を受けようとすると、審査に通過することはできないでしょう。自分の年収でいくらまで融資を受けることができるかということは、返済負担率を計算するとわかりやすいです。返済負担率は年収の内どの程度を返済にあてているかという数字です。

この返済負担率が小さいほどいいといえるでしょう。返済負担率を小さくするためには年収を増やすか融資額を減らすかのどちらかしかありません。

多くの金融機関で返済負担率の上限を決めています。一般的には年収にもよりますが、35%程度だと考えておきましょう。

具体的に考えてみましょう。年収500万円の人が返済負担率35%で返済するとすると、一年間に175万円返済することになります。金利が3%のローンを組んだとして最長の35年ローンで契約すると、3780万円まで融資を受けられるとわかります。だいたい融資額の限度は年収の7倍までと考えられるでしょう。

しかし実際には上限まで融資を受けると生活を圧迫してしまいます。そのため自分がどういった生活をしたいかということも重要です。将来的に収入が上昇して行くかもしれませんが、余裕をもった返済をするためには、年収の5倍程度までの融資にとどめておきましょう。
[カテゴリ:住宅ローン] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




くる天
プロフィール
自分にあった住宅ローンを-ブロくる
じゅうちゃん さん
自分にあった住宅ローンを
地域:神奈川県
性別:女性
ジャンル:暮らし 住まい
ブログの説明:
そろそろマイホームが欲しいなあ
カテゴリ
全て (2)
住宅ローン (2)
アクセス数
総アクセス数: 530
今日のアクセス: 0
昨日のアクセス: 4
RSS


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved