このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
ライフスタイルに適した計画案を
[住宅ローン]
2013年8月13日 12時51分の記事

様々な金融の内、一番の負債費で、返金も何十年となる住宅金融。念願の我が家でも、住宅金融が頓挫で、家屋処分と。
返金期限が長期故、借主が怪我や病で所得が減少な事も。それ以外には雇用削減の恐れもあり、リスク管理にも備え、住宅金融が頓挫のケースも十分熟知を。

<返金が停滞だと借主が転向>
住宅金融の入金が停滞しだすと、これまで借主が金融組織だったのが、請合い企業へ転向により、債務者=住宅金融返金者、債権者=金融組織→請合い企業という構成に。金融組織から請合い企業の転向時でも、住宅金融の入金は変わらず要請と。
通常、6ヶ月を超えての入金停滞は、「自主的処分」「売立」へと。

<家屋を自ら売却の自主的処分と勝手に売られる売立>
「自主的処分」は、借主の意思で住宅金融の残値がある家を売却し、その売った費用で金融残金に充てるシステム。また、「売立」は借主の意向に関係なく、法律的な方策で無理矢理家屋をセリに出すやり方。住宅金融の返金の停滞は、以上の様に夢のマイホームを処分する羽目に…。

<悪くしたら自ら破産の場合も>
大体の所得見通し有りなら、売立で売れても、それでも無理なら、自ら破産申告と。こうなったら、新しくローンを組むのは困難で、各人の信頼データにも古傷が残る事に。

以上、住宅金融が頓挫したら悲惨な事になるかも。住宅金融の利用時は、自身のライフスタイルに適した計画案の選択を!


【PR】占いシステムの開発なら経験と実績があります。



このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:




◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
http://kuruten.jp/blog/tb/jutakuloan/264684
くる天
プロフィール
自分にあった住宅ローンを-ブロくる
じゅうちゃん さん
自分にあった住宅ローンを
地域:神奈川県
性別:女性
ジャンル:暮らし 住まい
ブログの説明:
そろそろマイホームが欲しいなあ
カテゴリ
全て (2)
住宅ローン (2)
アクセス数
総アクセス数: 531
今日のアクセス: 1
昨日のアクセス: 4
RSS


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved