このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
インドネシア首都移転計画!移転開始時期は2024年?!
 
2021年1月24日 17時46分の記事



cariroom提供 http://cari.jp

多様な文化と群島国家
世界有数のリゾート地と最大のムスリム


2年前に発表されたインドネシアの首都移転構想
移転費用の総額は466兆ルピア(約3兆5千万円)
移転先は、現在の首都ジャワ島のジャカルタから
インドネシアの中心に位置する島
カリマンタン島(呼称:ボルネオ島)の
どこかの場所になります。

そして、政府機関の移転開始は2024年です。
そんなインドネシアについてまとめてみました。



□ インドネシアはこんな国

人口は2億6400万人
面積は日本の5倍
島の数は1万4500島以上

主要な島は、ジャワ島、カリマンタン島(呼称:ボルネオ島)
バリ島、スマトラ島、パプアニューギニア島
世界最大のイスラム教(ムスリム信者)

世界有数のリゾート地で遺跡・歴史的建造物や
豊かな自然に恵まれ、世界中の人々を魅了しています。



□ インドネシア首都移転の理由

首都であるジャカルタの半分の地域が
海抜ゼロメートルで海に面した低地です。
そのことから、地盤沈下と海面の上昇などの
洪水被害が近年相次いでいます。
また、首都への人口過密と交通渋滞も深刻化しています。



□ インドネシアと都市高速鉄道システム

2019年4月1日にインドネシア初の地下鉄
MRT(Mass Rapid Transit)南北線が開通しました。
この事業には日本企業が参画し
日本が誇る安全性の高い鉄道システムが
インドネシアの交通の大動脈となりました。
後世に残る日本企業の海外事業展開です。



□ まとめ

戦後、インドネシアの独立に大いに貢献した日本
現在もとても良好な国交が続いています。
インドネシアの人々は人柄も良く、親日家が多く
また、たくさんのインドネシア人の技能実習生を受け入れています。

--

かりるーむ株式会社(cariroom) https://cari.jp/
社長紹介 https://cari.jp/pr/
空室一覧 https://cari.jp/room/

食 https://cari.jp/?k=%E9%A3%9F
旅 https://cari.jp/?k=%E6%97%85

検索エンジン
https://ip.xii.jp/?k=&chth=g
https://frp.rgr.jp/?k=&chth=k
https://hp-i.sakura.ne.jp/?k=&chth=i

検索ranking http://hp1.boy.jp/counter/
社長twitter https://twitter.com/k110408/

記事ブログ
http://cari.blog.enjoy.jp/
https://cariroom.ti-da.net/
http://kblog.mediacat-blog.jp/
https://blog.crooz.jp/carirooms/
https://red.ap.teacup.com/k0905/

「記事+ツイート」ブログ
https://k070802.seesaa.net/
https://k0905.blog.ss-blog.jp/

投資 https://cari.jp/?k=%E6%8A%95%E8%B3%87
求人 https://cari.jp/?k=%E6%B1%82%E4%BA%BA
転職 https://cari.jp/?k=%E8%BB%A2%E8%81%B7
通販 https://cari.jp/?k=%E9%80%9A%E8%B2%A9
買取 https://cari.jp/?k=%E8%B2%B7%E5%8F%96
比較 https://cari.jp/?k=%E6%AF%94%E8%BC%83
美容 https://cari.jp/?k=%E7%BE%8E%E5%AE%B9
英語 https://cari.jp/?k=%E8%8B%B1%E8%AA%9E
健康 https://cari.jp/?k=%E5%81%A5%E5%BA%B7

written by tenten https://cari.jp/?k=tenten
元記事 http://macaronchan.livedoor.blog/archives/27806689.html


【PR】占いシステムの開発なら経験と実績があります。



このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved