このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
なぞ?
 
2019年3月23日 15時59分の記事

原因を自然環境の変化にもとめる
というくだりを受けるのは 個人的には非常に困難
(自然をコントロールしたがる人間の関わりを ただ思います)

「なぞ」(にする)という逃れ方とかも ですね

(24〜 そちらのほうも読んでまいります)

🌫

インダス文明
紀元前2300年ごろからインダス川の中・下流域を中心に500年あまりにわたって栄えました。モヘンジョ=ダロやドーラビーラなどに代表的な遺跡がのこされ、町は都市計画にもとづく、りっぱなものでした。しかし支配者の宮殿や墓が見つからないなど、なぞもたくさんのこされています。滅亡の原因は、自然環境が大きく変化したためという説が有力です。

ドーラビーラ遺跡
2000年 インド西部のドーラビーラでインダス文明の遺跡が発掘され 年の構造が ほぼ完全な形で出てきた

これまでに発掘された遺跡では 破壊されていたり
地下水のために ほるのがむずかしかったりした
154-155
『世界の歴史ブッダと秦の始皇帝 [古代アジアと漢帝国]
監修 平勢隆郎

同書164 年表より
「紀元前1500 このころインドにアーリア人が侵入し、パンジャーブ地方に定住する」
「紀元前1023 殷が周の武王に滅ぼされる」
「紀元前770 周が都を鎬京から洛邑にうつし、春秋戦国時代が始まる」
…等…

🌫

154-155に添えられている資料等につきましては
違和感がございます
  混在 混乱 攪乱 
「世」の「常」に 成り下がり ですか

(文明を)競い合い 潰し合ってきてツケが溜まりすぎ
しかも(自然破壊だけでなく)「人間」をも壊しすぎた 印象

さらに 壊した上に 薄く拵えようとしたり
揺らして また とか

ついていけません





【PR】占いシステムの開発なら経験と実績があります。



このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。
くる天
最近の記事
07/28 10:06 デイサイト
05/30 09:12 「月事」のはなし
05/02 12:18 中世の石切
04/28 09:49 「川(の痕跡)」
04/11 07:08 石を曳く道
04/05 12:40 石材の規格化など
04/01 09:36 石材/生産遺跡
03/23 15:59 なぞ?
03/16 15:33 「空間的拡散」の シミュレーション
03/03 11:01 さじ みずや
カテゴリ
全て (449)
circadian rhythm (20)
絹 (11)
フリースペース

“Tの想い 1992” 2016.3.10

ka-on.hateblo.jp/entry/2016/03/10/095447

2017.3.22

RSS
プロフィール
ka-on さん
水のよう・・
ポップアップリンク
ブログ内検索



Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved