ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
切手買取事情-ブロくる
ji-ta さん
切手買取事情
地域:富山県
性別:女性
ジャンル:趣味 コレクター
ブログの説明:
最近、流行の切手の買取について書いていきます・・・
カテゴリ
全て (972)
アクセス数
総アクセス数: 16320
今日のアクセス: 24
昨日のアクセス: 61
RSS
2018年12月14日 20時30分
切手を売りたいのであれば、別段、記念
 
切手を売りたいのであれば、別段、記念切手や外国切手のようなレアなものである必要はありません。


普通の切手も買い取り対象で、かえってその他の切手以上のレートで扱われていることもあるくらいです。


とりわけ、切手料金が1000円とか、もしくは、82円の日常的によく使われる切手シートは、ビジネスの世界においてはよく売れます。


消費税率が上がると、通常必要とされる切手の値段も上がってしまうため、普通切手の場合は新しいものほど高価買取が可能です。


記念日があった時に記念切手が出回るなど、切手というものは、いつ取り扱われるかによって世の中に出回っている切手の量もとても大きく上下します。


そうなることによって買取価格も大分差が出てきますから可能な限り高値での買取を目指すなら、いつ切手を買取に出すかも関わってきます。


父にとって、生涯の楽しみだった大量の切手があるのですが、どうやって手放せば一番いいのでしょうね。


シートでなく、一枚ものも多いので、全部まとめて引き取ってくれるところを見つけられればこちらとしては助かります。


保存には気を遣っていたようなので父と同じ趣味で、同じような切手を集めている方に渡せるようにしたいです。


どれも個性ある切手ばかりですね。


切手を売却する時、店に直接持ち込む方法と、ネットを通して行うものがあります。


業者に持っていく方法だと行き帰りや待っている間の時間が勿体ないですが、すぐに売れるという利点があります。


ただ、どこの業者に頼むかによって買い取ってもらえる値段に違いが出てきますので高い値段で取引したいのであればネットで調べてみた方がよろしいと思います。


切手は買取に出せますが、一般的には切手料金から数パーセント引いて買取してもらう必要があることが多くあります。


時には、切手と言っても収集家にとって魅力的な切手は価値があり、高額で買い取りに至るなんて場合もあります。


あなたが買取に出す切手の価値は大体でいいので把握できていた方が安心です。
 



2018年12月13日 19時30分
梅雨時になると心配なのがカビ
 
梅雨時になると心配なのがカビです。


幸いなことに今年は被害も少なく掃除は終わり、と思っていたら、父の生きていた時に集めていたバラの切手やシート切手、記念切手等、多くの種類の切手のアルバムの束を見つけました。


見た目は特に傷みは感じませんが、この状態で自宅で保存していても質の低下が心配です。


いずれ近いうちに、買取業者に持って行ってもいいタイミングになったのでしょうか。


紙製の切手は予想以上に繊細なものです。


殊に熱であったり湿気であったりの影響を受けやすく、高く買い取ってもらうためにも注意して保管する必要があります。


ストックリーフやストックブックを利用して、直接日の当たらないところで保存してください。


湿気が多い場所もやめてくださいね。


未使用の切手でなければ買取されないと思っている方も多いと思いますが、実際にはそれは間違いかもしれません。


とりわけ、古くても保存の状態が良好で集めている人にとっては魅力的なものだった場合、もし使ってしまった切手だったとしても、買取契約が成立することもあるのです。


もしも、「そういう切手、うちにある!」と心当たりがあるのであれば一か八か、切手を買取ってくれるような業者に問い合わせをしてみることをすすめます。


郵便物が届いたらよく見てみましょう。


思いがけず貴重な切手が使ってあることがあるのです。


もしもそんな切手ならば、ぜひ買い取ってもらうことを勧めます。


もし消印が押されていても心配はありませんが使われる前の切手に比較して、低い金額で買い取られることになります。


貴重な切手があるのなら、売買に出してみましょう。


実は貴重な切手だったなんてこともあるかもしれませんよ。


お年玉付き年賀はがきの末等が当たり、ふと見てみれば結構な枚数になっていました。


私は、はがきを使うことはあっても封書は出さないので、年賀切手は日常の文書に使えず、年賀切手を持っていても使わないことに気がつきました。


金券ショップで切手を売れると知って、仕事がない日に、不要な切手を買取コーナーに持ちこみました。


運転免許証を見せなければなりませんでしたが、全部換金できたのでうまく不要品処分ができました。
 



2018年12月12日 18時42分
切手のコレクションを売りに出すとき、気になるのは一体い
 
切手のコレクションを売りに出すとき、気になるのは一体いくらになるのかということです。


特に人気のある切手では高く買い取られやすいので可能な限り高価格で、「切手を売りたい」というのであれば二?ズをあらかじめ調べておいて提示の買い取り金額の妥当性を見極める必要があるのです。


自宅に届けられた郵便物に案外、使用してある切手が高価値の場合があります。


そんな時には、切手を買取に出しましょう。


たとえ消印が押してあっても問題はないですが、使われる前の切手に比較して、低い金額で買い取られることになります。


値打ちのありそうな切手が見つかったら、試しに買取してもらってみては?高価な切手が隠れているかもしれません。


長期間にわたって、切手のコレクションを続けている人にとって、買取に出してしまうということは我が子と別れてしまうような、気分になってしまう可能性もあります。


同じように我が子を手離してしまうのなら可能な限り高値で買い取ってもらえるところを探した方が賢明です。


手離す切手にとってもその方が、嬉しいに違いないと思います。


手元にある未使用切手を現金化したいときは切手買取専門業者を探すのがおそらく一番高く売れるでしょう。


切手の価値を見て買い取ってくれますし、レアな切手もその価値を評価してくれます。


金券ショップや、古銭などの買取業者でも切手を買い取りますが切手の専門知識には疑問があり、額面と保管状態をチェックするだけで見積もりを出してくるわけで価値のある切手でも、他のものと同じ価格でしか売れません。


大抵は、切手というものは郵便物に貼られ消印が押され、使われた後は不要になります。


ですがそれだけではなく、そんな古い切手も、デザインの良さや、レア度によっては、買取の際に高くなることもあります。


万が一、あなたの手元にある古い切手の価値が不明だというのなら、買取の業者に古い切手の価値を見てもらいましょう。
 



2018年12月11日 17時42分
あなたの持っている旧価格の切手を新しい価格の切
 
あなたの持っている旧価格の切手を新しい価格の切手に換えてもらう時にはその差額以外に、別途で手数料を払わなければなりません。


10円以上の切手では、手数料は1枚当たり5円かかり、10円未満の切手では、二つを足した額の半分が手数料となります。


もう新しく買ってしまった方が、得だということもあり、時と場合によっては、切手買取の業者に売った方がいい結果になることもあるといえます。


周知のとおり、切手というのは初めから普段郵便物に貼るような形に一枚一枚バラバラに分かれてはいないです。


元は何枚かの切手がまとまった状態の切手シートという状態で出来上がります。


切手を買い取ってもらう時、切手シートの形であっても買取は可能で纏まっていない切手で売るより高く買い取られることになることが多いです。


古くても状態よく保存されていたような記念切手等ではびっくりするような値段で買い取られることもあるといいます。


そんな貴重な切手の時には、第一にしっかり鑑定を行う鑑定買取がベターです。


店舗だけではなく、インターネットを使って行うことも可能で、買取価格を知った上で、売るか否か決められます。


大体の切手の買取においては、売る予定の切手を買取業者に持ち込む店頭での買い取りが一般的でしたが最近のトレンドでは、買取の際に出張してきてくれたり、宅配を利用して買取してくれたりという業者も珍しくありません。


大量に買い取ってほしい切手があるのなら、店先まで赴くのは面倒です。


そして、買取のお店から距離のあるところに住んでいらっしゃる場合、要する時間であったり交通費であったりを省くためにも出張や宅配を通して買取をしてもらうのがベターです。


切手を売る場合、店頭での買取であれば、即日買い取ってくれるようなお店が多数存在しています。


郵送のように手間もかからず、加えて、すぐに現金化できるため、お急ぎの際にはとても役立ちます。


査定を目の前でやってもらえることも安心できて、お勧めです。


もしその日に買取をしてもらいたいという時には、本人確認書類が必要となりますので、免許証や保険証、もしくはパスポートなど、忘れずに持って行って下さい。
 



2018年12月10日 15時12分
父の長年のコレクションだった切手帳が残ってい
 
父の長年のコレクションだった切手帳が残っているのですが、処分の仕方で困っています。


一枚単位の切手も多いため一括して買い取ってもらえればそこへ売りたいと思っています。


どの切手もきれいな状態を保っていますのでどの切手も、ほしい方はいると思うので引き継ぎしたいと思います。


今さらのように、こんなきれいな切手を集めていたのかと思います。


切手を可能な限り高値で買い取ってもらいたいという時には、売る業者を選ぶとき、金券ショップを選ぶのではなく、買取業者のうちでも専門のところを選ぶということが重要です。


選択時、注意することは、ウェブ上で口コミを見てみて、よさそうな業者をいくつか選び各々の業者に値段をつけてもらい、高額となった業者に決める、ということをおすすめします。


通常の場合、切手の価値はそこまでの高い値段になることは少ないため常識的な範囲の量の切手を買い取ってもらう時、税金のことを考慮する必要はありません。


ただし、一口に切手と言っても、額面の値段を超えるような貴重なものも存在し、もしそれらをまとめて売ると予想を上回る値段になって場合によっては税金を申告しなければならなくなることもあります。


一般的に、切手は郵便料金の支払い済みであるということを示したものであり、送りたいものに貼って使われるものです。


切手一枚一枚に、いろいろな絵柄が描かれたものが販売されており、一般的に、一つ一つの値段はそんなに高価ではないため集めて楽しむことが出来ます。


もし切手収集をしていて、「この切手もういらないな」というものが出てきた場合には、売ってしまうのもいいのではないでしょうか。


切手を買取してもらいたいという場合には店に直接持ち込む方法と、パソコン上で可能な方法が存在します。


お店に持っていく場合、往復する時間や、待っている間の時間がかかってしまいますがその日のうちに売買成立というメリットがあります。


ですが、依頼する業者により買い取り金額はまちまちですから高値で買い取ってもらいたければ、ネットで調べてみた方がよろしいと思います。
 




  次の5件

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved