このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
切手買取事情-ブロくる
ji-ta さん
切手買取事情
地域:富山県
性別:女性
ジャンル:趣味 コレクター
ブログの説明:
最近、流行の切手の買取について書いていきます・・・
カテゴリ
全て (892)
アクセス数
総アクセス数: 14313
今日のアクセス: 22
昨日のアクセス: 8
RSS
皆さん知っていると思いますが、切手は
 
2018年2月14日 22時0分の記事

皆さん知っていると思いますが、切手はあらかじめ、郵便物に使う時のような大きさにバラされて一枚ごとになってはいないのです。


初めは切手数枚が繋がったいわゆる「切手シート」として印刷されます。


切手の買取の場合、切手シートの形であっても買取は可能でひとまとまりになっていない切手の買取より高値での買取になりやすいです。


切手は昔からメジャーな趣味の一つで、年齢性別を問わず多く、レアものであれば、買取の時、額面には関係なく高価な金額を提示されることも珍しくありません。


同じ切手に高値をつける業者も、そうでない業者もいます。


ということはできる限り高い買取価格で切手を売ることをがんばりたいならできる限りたくさんの買取業者に持ち込んでその切手の買取相場を調べましょう。


通常は切手の価値はそこまで高くはならないので常識的な範囲の量の切手を買い取ってもらう時、税金の心配をする必要はないです。


ですが、切手の中でも額面の価格以上に高価な価値のあるものがあり、その様なものをまとめて売った時にびっくりするほど高値になり場合によっては税金を申告しなければならなくなることもあります。


使い終わった切手に値がつくはずがないなんて諦めている人もいるかもしれないですが本当はそうではないかもしれなせん。


中でも古くていい状態で保管されていたもので収集家にとって魅力のあるものなら、既に使用してしまった切手であろうとも買取契約が成立することもあるのです。


もしもあなたの自宅にそんな切手があれば、是非切手の買取業者へ聞いてみましょう。


古い葉書や書き損じた葉書を郵便局で交換しますよね。


そのときは切手に交換するのがおすすめです。


切手買取専門業者で高く買い取ってもらうことをねらい、1シートの枚数を考え、シートになるようにして郵便局で引き換えるのがポイントです。


同じ切手でも、業?によって買取価格はずいぶん違っています。


面倒でも、何軒かに持ち込んで一番感触がよかった業者に買取をお願いしましょう。

【PR】占いシステムの開発なら経験と実績があります。



このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved