このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
切手買取事情-ブロくる
ji-ta さん
切手買取事情
地域:富山県
性別:女性
ジャンル:趣味 コレクター
ブログの説明:
最近、流行の切手の買取について書いていきます・・・
カテゴリ
全て (889)
アクセス数
総アクセス数: 14270
今日のアクセス: 2
昨日のアクセス: 6
RSS
通常の場合、切手は郵便に使うもので、消印が押され
 
2018年2月19日 23時24分の記事

通常の場合、切手は郵便に使うもので、消印が押されて役目を終えると必要がなくなります。


ですがそれだけではなく、そういった古い切手でも、もしもデザインだったり、希少性だったりに価値があると認められた場合、高値で買い取られるということもあり得ます。


もし古い切手はあるけれど価値が不明だというのなら、切手の買取を行っている業者に査定をしてもらうといいと思います。


業者に切手を買取に出すときには、切手シートとしてでなければ駄目なのではと予想している方も多いですがバラバラになっている切手でも買い取ってもらえます。


とはいえ、どうしても切手シートよりは低価格の買取になりやすいです。


万が一、汚れのある時、または糊が落ちている時には余計に低価格での買取になってしまいがちです。


いらない切手を売りたいときは切手専門業者に買い取ってもらうのが高く売れる可能性が大です。


切手の特質をよく理解してくれますし高く売れるものはその価値に見合った買取をします。


切手は案外多くの買取業者で扱っていますが切手の専門知識には疑問があり、評価するのは額面と現況が良いかだけで買取価格が決まってしまいます。


とてももったいないことになってしまいます。


業者に切手を売るとき、気を付ける必要があることは、中には悪徳な業者もいるということです。


悪徳な業者の場合、こちらがよく知らないということを利用し、通常の取引額より買取額をかなり低く提示してきます。


完全に見極めるのは困難なことだと思いますが、あらかじめ心構えとして口コミなどもチェックしておくと悪徳な業者を避けるということもきっとできると思います。


紙幣が破れてしまった時には、銀行で交換できるというのはよく知られた話ですが、それでは破れてしまった切手の場合はどうなのでしょうか。


破れた切手の交換というものは行われていません。


そうなると、破れている切手は果たして使えるのでしょうか。


あまりにひどい場合はだめですが、ほんの少しだけ破れたくらいで額面の表示がちゃんと確認出来る切手なら使える可能性が高いです。


でも、買い取ってはもらえないでしょう。

【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい



このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved