このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
切手買取事情-ブロくる
ji-ta さん
切手買取事情
地域:富山県
性別:女性
ジャンル:趣味 コレクター
ブログの説明:
最近、流行の切手の買取について書いていきます・・・
カテゴリ
全て (1294)
アクセス数
総アクセス数: 42637
今日のアクセス: 31
昨日のアクセス: 69
RSS
紙幣が破れてしまった時には、銀行で交
 
2019年1月12日 19時24分の記事

紙幣が破れてしまった時には、銀行で交換できるというのはよく知られた話ですが、では切手が破れてしまったら?実は郵便局は破れた切手を交換してはくれません。


そうなると、破れてしまった切手は使うことが出来ないかというと、あんまりひどい場合は無理でしょうが、ほんの少しだけ破れたくらいで額面の表示がちゃんと確認出来る切手なら使える可能性が高いです。


でも、買い取ってはもらえないでしょう。


良好な状態で保管されていた、昔の記念切手なんかの場合、買取価格が驚くような額になることもあります。


そういった希少価値の高い切手では、まず第一に鑑定買取をお勧めします。


お店はもちろんですが、ホームページ上でも行うことが出来、値段を教えてもらってから、売却の是非を選択することが出来ると思います。


不要な切手を買い取ってもらう方法には店に直接持ち込む方法と、インターネットを利用して行う場合があります。


店頭に直接赴く場合、移動時間や待ち時間が発生しますが、その日のうちに売買成立というメリットがあります。


ですが、どこの業者に頼むかによって買い取ってもらえる値段に違いが出てきますので「高く売りたい」というのならネットで調べてみた方がよろしいと思います。


家に未使用の要らない切手があるのなら、専門の業者で買い取ってもらうといいと思います。


依頼する業者により買い取り金額はまちまちですからできるだけ高価格で売りたければ、第一に、査定に出して価格を比較しましょう。


さらに、時期に合わせて相場も変わっていくため、ホームページに買取表が掲載してあるところもありますので調べてみましょう。


従来の切手の買取というものは一般によく知られているのは店頭に直に持ち込む買取方法が主流でしたが、ここ数年では買取のために出張や宅配に応じる業者も少なくありません。


売るつもりの切手はあるが大量だという場合、店先まで赴くのは面倒です。


その他にも、家から店が遠いという人は時間と交通費を抑える意味でも買取の際、出張してきてくれたり、宅配を利用して買取してくれたりという業者を使わない手はないと思います。

【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい



このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved