このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
切手買取事情-ブロくる
ji-ta さん
切手買取事情
地域:富山県
性別:女性
ジャンル:趣味 コレクター
ブログの説明:
最近、流行の切手の買取について書いていきます・・・
カテゴリ
全て (1321)
アクセス数
総アクセス数: 44572
今日のアクセス: 38
昨日のアクセス: 70
RSS
お年玉付き年賀はがきの末等が当たり、ふと見
 
2019年8月14日 4時48分の記事

お年玉付き年賀はがきの末等が当たり、ふと見てみれば結構な枚数になっていました。


日頃から懸賞などではがきを使いますが、私製はがきや封書は出さないので切手を貯めておいても仕方ないと思いました。


金券ショップなら切手も買い取ってくれると知り、休みの日に、使わない切手を全部持って行きました。


サインと身分証明書の提示は必要でしたが、全部換金できたのでこれからも金券ショップを利用しようと思いました。


郵便局で、書き損じた葉書を交換してくれます。


その際、葉書でなく切手に交換するのがミソです。


金券ショップよりも、専門業者で売れるようにするため切手がシートになるよう、枚数を調節して郵便局に行きましょう。


そして、売るときには、買い取る店ごとに買取価格はずいぶん違っています。


手間を惜しまず、専門業者を何軒か訪ね一番高い査定額のお店に売却すると良いでしょう。


普通は、切手というものは郵便物に貼られ消印が押され、使用後は特に要らなくなるものです。


ですが、そんな古い切手も、デザインの良さや、レア度によっては、買取価格が高い値段になることもあります。


もしも、あなたの家にある古い切手の価値がどうなのかは不明ならば、切手の買取を行っている業者に査定をしてもらうといいと思います。


切手を売りたいのですけど、いったいどのくらいで買い取ってもらえるかと気になっています。


額面の合計も結構な金額なのでもしかしたらレアものか、というものもあってプレミアもつけて買ってもらえれば宝くじに当たった気になれるので売り方を考えています。


希少価値があるのか、ほしい人がどのくらいいるのか、素人には全くわかりません。


早く有利に売れる方法はないものでしょうか。


あなたが切手を業者に売ろうとするとき、バラよりもシートの状態の方が高値が付きます。


けれども、例えば、手元にたくさんのバラの切手があるならば、より高いレートで買取ってもらうための裏ワザが存在します。


台紙に貼付する、というシンプルな方法です。


貼り付け方としては、同じ料金の切手を50枚集め、A3サイズの紙(A4二枚貼り合わせでも可)に縦5行、横10列で貼り付けます。


たったこれだけのことで、レートが10%アップすることもありますので覚えていればいつか役立つでしょう。

【PR】占いシステムの開発なら経験と実績があります。



このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved