このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
ケネディ大統領の暗殺については、コーソーは一行だけ述べている。「ケネディ大統領はわかってくれた。後は歴史が物語っている」。コーソーは出版後に心臓麻痺で突然死したが、UFOの真実を暴露することは身の危険
[森羅万象]
2019年2月5日 18時21分の記事




『NASAアポロ計画の巨大真相』 月はすでにE.T.の基地である
コンノケンイチ  徳間書店   2002/12



<フェイク映像>
・アポロ11号による人類初の月着陸。それは1969年7月20日だった。この快挙は世界中にTV中継されたが、その映像には「フェイク・やらせ・でっちあげ」の動かぬ証拠が山ほどあった。なぜ、こんなことが起こったのか。アポロは本当に月に行かなかったのか。アメリカ国民の実に20%にのぼる人々が、人類は月に行っていないと信じている。
 本書の結論はこうである。アポロは確かに月に行った。しかし、そこには我々に決して見られたくない何かが存在していた。そのために安全策としてあらかじめフェイク映像を作成しておき、記念碑的なイベントのタイミングで公開したのだ。
 ウソには、ウソをつかねばならない必然性がある。NASAが、アメリカ国家がどうしても我々に隠しておきたかったものとは、いったい何か。本書ではこの軍事機密に属する「大いなる理由」について、できるかぎりの証拠を提示しながら、明らかにしていきたい。

<情報操作>
・日本では10人中9人が「UFOなんて存在するわけがない」と言い、高学歴の人ほどUFOを信じていないという。しかし、統計によれば欧米では逆である。

<月はすでにETの基地である>
・ここで言うトラックとは何なのかサッパリわからないが、はっきりしていることは、宇宙飛行士らちは途方もない壮大な何かを目撃したらしい。

<謎の飛行物体と月面ドーム群!>
・1972年4月22日、デカルト・クレーターの近くを探索していた宇宙飛行士たちは、次のような交信をヒューストン管制室と行なっている。
 ヤング「ヒューストン、今、白い岩石を拾ったところだが、裏側は黒いガラス層になっている」
管制室「マティングリー(註・司令船)が、今上空を飛んでいる。彼はデカルトの地域に閃光を見た。たぶん、それはきみたちを見たのだろう」

・マティングリー(註・司令船)が司令船から見たという閃光を、NASAの科学者フェラーク・エル・バズは次のように述べている。
「マティングリーが見たものは宇宙船の外にいて、月の地平線の向こうに消えた。かなり大きな物体だろう。すごいスピードなので、われわれが知っているタイプの宇宙船ではない」

・次のような交信も記録されている。
デューク「ストーン山の頂上にいる。確かに美しい光景だ。あのドーム群は信じられないほどだ!」
ヒューストン「了解、よく観察してくれ」
デューク「ドーム群の向こう側に構築物が峡谷に向かって伸びていて、頂上に伸びているものもある。北東の方に複数のトンネルがあり、北へ向かって約30度下方へ曲がっている。今ストーン山のところで外を見ている。その山腹は今まで誰かが耕していたようだ。海岸――ベンチなど――山腹にかけてテラスが連なっているようだ」
 このとき、月を回る軌道上から司令船のマティングリーが伝えてきた。
「ここから不思議な光景が見える。フラッシュライトみたいだ。すごく奇妙な光景だ」
 宇宙飛行士たちは、いったい何を見たのだろう。
 この会話だけではわからないが、推測するに何か驚異的な人工建造物を見たのではないだろうか?

<興奮する宇宙飛行士たち>
・これがアポロ17号になると、さらに何を言っているのかさっぱりわからない。
 月上空を回る司令船パイロットのロナルド・エバンスは、着陸している宇宙飛行士たちに次のように問いかけている。
エバンス「何を見たのだ」
シュミット「月面上のすごい物体だよ」

・エバンス「報告したいことは、月の裏側のエイトケンの中に立体交差路を見たことだ。東側にはドームがあった」

・アポロ飛行士と管制センターの交信には、しばしば暗号が使われる。その上、宇宙飛行士たちは興奮しているせいか、前後関係がよくわからない会話も多いが、何やら驚異的なものを目撃していたことだけは確かなようだ。

・アポロ計画に参画しているゼネラル・ダイナミクス社の一幹部は、次のように述べている。
「月面上には明らかに地球外文明の物体がある。この物体を理解する前に、それにわれわれはつまずいてしまう恐れがある。月面の全面的な調査を行なわなければ、そこに何があるのかわからないし、何も明らかにならないのだから――」
 奥歯にものが挟まったような表現だが、宇宙飛行士とヒューストンとの謎めいた言葉が「地球外文明の物体」ならつじつまが合ってくる。

<驚くべき証言!>
・「ディスクロージャー・プロジェクト」の主な証言は次のようなものであった。
・月を中継基地として、すでに異星人が地球に来ている。
・NASAは、アポロ計画の写真を修正して公開している。
・UFOの推進技術が政府で極秘に研究・開発されている。
・湾岸戦争にUFOのテクノロジーが使われた。
・政府は異星人と密約を交わしている。
・ケネディ大統領は、アポロ計画の目的を公表しようとして暗殺された。

これらの事実を20人以上の人々が、みずから進んで実名で証言したのである!

<恐るべき聖書の予言!>
・21世紀、同時多発テロで世界は暗転した。
今、筆者は、恐ろしい予感に駆られている。
 これまで聖書予言は100パーセント近く的中してきたといわれるが、世界趨勢は聖書の予言するとおりになってきているからだ。
 筆者が利用している横浜市立図書館には、日本で最初(明治17年)に訳された旧約聖書『以西結書』(エゼキエル書)がある。そこには現代訳の聖書にはない驚くべき表現が使われている。
「エホバの言、後にのぞみて言う。人の子よ、ロシ、メセクおよびトバルの君たるマゴグの地の王ゴグに汝の顔を向け、これに向かいて預言し、言うべし」
 ここには現代版の聖書には無い「ロシ」という言葉が入っているが、もちろん、「ロシ」とは「ロシア」のことで次のように続く。
「ロシ、メセク、トバルの君ゴグよ、見よ、われ汝を罰さん。われ汝を引き戻し、汝の軛(くびき)に鉤をほどこして汝および汝の諸の軍勢と馬と、その騎者を曳きいだすべし。是みな其服装は美を極め、大盾小盾をもち、凡て剣を執る者にして大軍なり。ペルシャ、エテオピアおよびフテなども共にあり、みな盾と兜をもつ。ゴメルと其の諸の軍隊、北の極のトガルマの族と其の諸の軍隊など、衆他の民汝と共にあり――」38章2〜6節

・マゴグはコーカサス山脈の北方にあるシシアンの地のことで、メセクはモスクワの語源、トバルは黒海沿岸の地方を指す。トガルマはシベリヤ諸民族の祖先であり、ペルシャは現在のイランとイラクを含む地域である。エチオピアは現在のエチオピア、フテとは北アフリカのリビアのことである。

・すでにソビエト連邦は消滅して元のロシアに還り、イランはホメイニによるイスラム革命が成就している。イランとイラクはシリアや北朝鮮とともに「悪の枢軸国家」とブッシュ大統領に決め付けられている。エチオピアも軍備を拡張し、カダフィ率いるリビアはイスラエルに対する強硬姿勢をまったく崩さない。
『エレミヤ書』も同様のことを述べている。
「主は言われる。災いが北から起こって、この地に住むすべての者の上に臨む。見よ、わたしは北の国々のすべての民を呼ぶ。彼らは来て、エルサレムの門の入り口と、周囲のすべての城壁、およびユダのすべての町々に向かっておのおのその座を設ける」1章14〜15節
「北の国々のすべての民を呼ぶ」とあるので、中国や北朝鮮も入っているのだろう。

<聖書から抹消された「ロシ=ロシア」>
・2002年3月10日、世界を驚くべきニュースが走った。
 ブッシュ政権は軍に対し「ロシア、中国、北朝鮮、イラク、イラン、リビア、シリア7ヵ国を対象とした核攻撃のシナリオ策定と、限定的な核攻撃を想定した小型の戦術用核兵器の開発を指示した――」というものである。
 聖書は「神に託された書」で、『エゼキエル書』は2500年も前に書かれた書物なのに、現在の世界情勢をピタリ予言している。こうなると誰でも背筋が粟立ってくるだろう。

・近未来のある日、ロシア軍に率いられたイラン、イラク、エチオピア、リビア、シリア、中国と北朝鮮の軍隊が、怒涛のごとくイスラエルに侵攻すると『エゼキセル書』は予言しているのだ。そのポイントとなる「ロシ」という言葉が、現代版の聖書から抜け落ちている。あまりにもリアルで、刺激が強すぎるので抹消されたという。
 怖いのは、まさに現世界情勢が聖書予言のとおりに突き進んでおり、イラクに対するアメリカの軍事攻撃は必須の情勢にある。

<シークレット・ガバメント(影の世界政府)」>
・1948年、聖書に予言されているとおり、中東の地にイスラエルが建国された。これが今も、これからも世界の災いの核になる。
 イスラエルが、ユダヤ人国家であることは誰でも知っている。問題は、アメリカを実際に支配しているのはユダヤ人、ユダヤ勢力だということである。
 日本のマスメディアはタブー視して報道しないが、アメリカ全体をピラミッドに見立てると、その頂点に君臨してピラミッド全体を支配しているのがユダヤ勢力なのだ。欧米が本家だが、これらグループがアメリカだけでなく現世界を支配しているといってよい。巷間でささやかれる「シークレット・ガバメント(影の世界政府)」といわれる存在がこれで、UFO隠蔽の主役も同じ勢力である。
 筆者の知る著名な文化人がアメリカに行ったとき、ある先端科学の集まりに出席して入会を希望したところ、次のように言われたという。
「入会の条件は一つ、イスラエルに貢献したことを一つだけ書いてもらいたい」
 このとき「アメリカはユダヤ国家なのだ」と彼は悟ったという。
アメリカとイスラエルは兄と弟で、だから永々と膨大な資金援助を行なっているし、イスラエルが核兵器を所有していることは世界の常識でもある。

・タブーに属することだが、ハッキリ言う。
 アメリカ人の90パーセントはキリスト教徒で構成されているが、アメリカを実質的に支配しているのは、ユダヤ人、「ユダヤ教」なのである。つまり日本のマスメディアは単純に「アメリカの世界一極支配」と呼んでいるが、この事実を顧れば「ユダヤ勢力による世界一極支配」という意味にガラリと変わってくるのだ。

・ユダヤ教とキリスト教は根本から異質だということ、こうした隠れた事実を知らないと現世界情勢やUFO問題の本質はつかめない。

<ユダヤ教「タルムード」は異教徒・有色人種を人間として認めない>
・ユダヤ教の聖典「タルムード」は、次のように述べている。
「ユダヤ人と非ユダヤ人は天意を異にしており、非ユダヤ人は本能による動物的な知力しか持たない。この事実から見ても、ユダヤ人による世界支配は神が予定したものであることがわかる。ユダヤ人が英知をもって世界統治を始めるとき、世界の人民は君主たるダビデ王の裔孫を神のごとく畏敬するだろう。イスラエル王こそ全人類の王である……」
 これは、さらに「自分たちだけが人間で、非ユダヤ人はゴイム(家畜)」となり、「自分たちが世界を統治して、他の民族はユダヤ民族の隷属下に置かれなくてはならない」というところまで発展してくる。

・世界の常識は日本の非常識。日本の常識は世界の非常識といわれるが、怖いのは現日本人の「危機意識ゼロ」で、この反動の時が、日本の地獄となる。

<極秘プロジェクト「ソリューションG」>
・「ソリューションG」の情報は『フライングソーサー・レビュー』誌(1956年2月号)の記事だった。
「UFOマシンと想定されているもの。米政府最高の極秘研究におかれ、故アインシュタイン博士の理論に基づくとされる。そこでは35以上の電子工学と航空会社、多くの財団、大学がアメリカ最高科学者の指導で「重力の秘密解明」に当たっている。
 続々と登場する新兵器を直接に開発する国防総省の部門を『高等研究計画局』といい、米防衛産業(アメリカ航空宇宙産業協会、国家安全保障産業協会、電子工業協会、傘下400社)がバックについている(筆者註・今で言う『軍・産複合体』のこと)。
 ノーベル賞クラスの学者たちを網羅したこの部門から、恐るべき『究極兵器』が開発される。その最高秘密研究所はロッキー山脈の奥地に置かれており、科学者たちが「解答G」とひそかにささやく究極兵器、『重力を相殺する反重力装置』の開発を進めている。
この装置が実現すれば、現在のマッハ3の航空機は、たちまち旧式になってしまう。
 その装置はアメリカや、たぶんソ連空軍にもカルチャーショックを与えたUFOに組み込まれていたもので、予想以上に早く人類の手に入るかもしれない」

・結果は筆者の推測を充分に裏づけるもので、驚いたのは大企業(軍・産複合体)の幹部たちがロズウェル事件を当たり前のように語っていたことだった。

<アメリカはUFOテクノロジーをすでに手にしている>
・なぜ、「ソリューションG」は半世紀以上も表に出なかったのか。ユダヤが支配しているマスメディアという元栓が、シッカリと閉められていたからである。
 しかし、いくら隠しても匂いぐらいは洩れてくるのが社会の常である。

・現代科学のレベルをはるかに超えるハードウェア・プロジェクト『ソリューションG』は、宇宙からの「空飛ぶ円盤」によって引き起こされたものと思われる。全米の航空会社やエレクトロニクス産業、多くの関連企業の科学者たちは、この驚くべき物体の出現に興奮気味である。重力の方向を任意に変えることができれば、どんな急激なコースの変化も体にはGがかからず、宇宙のどこにでも急速に移動でき、エネルギー革命は必至だろう」

・アメリカの著名な科学誌『OMNI』(1990年4月号)の<UFOアップデート>も、次のように述べている。
「UFOの推進テクノロジーを、ついに人類―アメリカ合衆国が手に入れることができた」

・なぜ秘密にしなければならないのか。本物のUFOバージョンを公開すれば、どこで政府は、この技術を入手したのか公表せざるを得なくなる。そうすれば、これまで政府がひた隠しにしてきたニューメキシコ州ロズウェルのUFO墜落と回収の事実を明らかにしなければならなくなるし、発表によってペトロリューム産業(石油産業)は大打撃を受け、経済的にも深刻な問題が生じてくるだろう。

・考えてもみてほしい。この技術こそ世界の歴史のなかで、もっとも懸命に探し求められてきたテクノロジーなのである。こうみれば、この開発のために費やされてきた資金には制限などあろうはずはない。UFO情報が政府によって『超極秘』とされ、固く秘守されてきた最大の理由の一つが、今回の『重力制御テクノロジーの完成』という大成果につながったのである」

<ペンタゴン上級将校による暴露本!>
・驚かされたことは、米国防総省の上級将校フィリップ・J・コーソーが、ロズウェル墜落UFOの国家的な研究を暴露した本を1998年に出版したことだった。 
 本書はロズウェル事件の真偽どころではない、コーソーの職務体験を基にした「墜落UFOの収獲」の方法を述べているからである。
 アメリカではベストセラーの上位を続け、『サンデータイムズ』も「ロズウェルの墜落がUFOであることを証言した、もっとも位の高い人物の本」と絶賛している(邦訳『ペンタゴンの陰謀』中村三千恵訳 二見書房)。

・フィリップ・コーソーは21年間にわたり米陸軍の情報将校を務め、アイゼンハワー政権時代には国家安全保障会議スタッフなどの要職を歴任、常日ごろから国防に関わる機密に接し、そのため極秘のUFO情報も握っていた。コーソーが書いていることを、筆者は「事実」と直感した。
 一つは、筆者が得てきた情報と一致すること。
 二つは、UFO隠蔽工作の全体を「ソンブレロ作戦」という暗号名で呼んでおり、これはそれぞれの部所は縦割りで分離されているものの、最上層は一つに統括されている。
 アイゼンハワー大統領時代の初期に「54―12」という特殊グループが結成されたが、1964年6月22日の『ニューズウィーク』誌は次のような論評を掲載している。
「特殊グループ『54−12委員会』は現在まで秘密にされてきた国家安全理事会の付属機関で、特に大統領から特殊な活動を課せられているグループである。事実上、この組織の上に立つ存在というものは考えられない」
「54」は1954年、「12」はメンバー数、これがUFO問題を統括する最上層グループとなる。かつて日本でも話題になった「MJ12」(マジェスティック・トウェルブ)は、これを指している。

・つまり、UFOの極秘情報に関わる者でも「54-12」から命じられた範囲だけしか知らず、全体は分からないようになっている。それにコーソーの本の内容も準じているからである。コーソーの本も、アポロ計画やNASAには何も触れていない。

<暴露本に見る恐るべき真実>
・「軍司令部でいち早くロズウェル事件を知らされていたのが、ライトフィールド空軍基地のネイサン・トワイニング中将だった。UFO問題について何度もアイゼンハワー大統領と極秘会議を行なっているからだ。トワイニングはロズウェル事件の扱いで、先兵的な役割を果たした。トルーマン大統領がロズウェル事件について招集した、軍民トップからなる特別諮問委員会のメンバーだったからだ」(註・この特別諮問委員会が『54−12委員会』である)

・「軍は二つの戦争に巻き込まれることになった。ソ連と異星人との戦いである。異星人の方がソ連よりも、はるかに大きな脅威だった。そこで相手のテクノロジーを逆手に取り、軍需産業に恩恵を与え、宇宙関連の防衛システムを築き上げることだった。これは80年代に戦略的防衛構想『スターウォーズ』として実を結び、敵の衛星やミサイル、それに宇宙船(UFO)を粉砕する兵器の開発が進められた。これには異星人のテクノロジーがふんだんに盛り込まれている。レーザー、加速粒子ビーム兵器、『ステルス』技術を搭載した戦闘機など、そのおかげで冷戦終結をもたらすことができた」

・「二番手に甘んじるのはイヤだとばかりに、どこも密かにロズウェルの兵器開発に明け暮れ、ペンタゴンでは異星人テクノロジーの開発戦争が繰り広げられていた」

・「軍需業者らが研究にしのぎを削った。何しろ何十億ドルという契約にこぎつける千載一隅のチャンスなのだから」(註・プロジェクト『解答G』を指す)

・「検視報告書に述べられたEBE(墜落UFOから発見された生命体で、通称『グレイ』と呼ばれる)は、生物というよりも、長期の時空飛行専用に設計されたヒューマノイドと考えるべきかもしれない。察するところ、彼らは食料も排泄物処理施設も必要としない。肌を通して科学物質を処理し、排泄物を利用するロボットかアンドロイドにすぎない」(註・1980年代、アメリカで「キャトル・ミューティレーション」といわれる年間2万頭も上る牛の大量虐殺事件が起こった。牛の体内からすべての血が抜き取られ、切り口はレーザーで切り取ったように鮮やかだった。これはグレイの栄養素を得るためだった)

・「遺体は当初ライトフィールド基地に保管され、そこから各部署に配分された。その遺体は宇宙船ともども、カリフォルニアのノートン空軍基地に送られ、空軍はそこで宇宙船の複製にあたる。実験場はノートンからネバダのネリス空軍基地に移った。それもあのステルス機が開発された有名なグルームレイク実験場に。しかし宇宙船本体はそのままノートンに残され、ノートンはさながら空軍とCIAが管理する異星人テクノロジー博物館のようになった。宇宙船を複製する実験と推進システムの応用実験は今なお続けられている」

・「軍のトップや軍に肩入れしている有力議員はもちろんだが、国家安全保障法によって口外を禁じられている。だから真相を知る者が大勢いるにかかわらず、当局の隠蔽工作は効を奏しているのだ」(註・これが『ディスクロージャー・プロジェクト』につながっていった)

・ケネディ大統領の暗殺については、コーソーは一行だけ述べている。
「ケネディ大統領はわかってくれた。後は歴史が物語っている」
コーソーは出版後に心臓麻痺で突然死したが、UFOの真実を暴露することは身の危険さえ生じるのである。

<実用化されたUFOテクノロジー>
・コーソーが手掛けたという、UFOテクノロジーは次のようなものである。

▼映像倍増管・・・・・後の「暗視装置」になる
▼スーパーテナシィ・・・・後の「光ファイバー」
▼レーザー切断装置・・異星人たちの2万頭に上る家畜虐殺に使用された
▼分子を圧縮した合金
▼集積回路および超小型ロジックボード
▼移動式原子力発電機・・・・・アポロ宇宙船に使用された
▼ガンマ線照射食品・・・・・どんな食品も常温保存できる
▼グレイのヘアバンド・・・・第3の脳・誘導システム
▼加速粒子ビーム兵器・・・電子を刺激する強力光線「SDI迎撃ミサイル」に応用。
▼電磁推進システム・・・・・ステルス機に使用。
▼劣化ウラン発射体・・・岩窟深くで爆発する弾頭、湾岸戦争で使用。

・アメリカ(ユダヤ勢力)はロズウェルUFOテクノロジーを利用することによって、現在の世界一極支配を作り上げたのである。



『ペンタゴンの陰謀』
(新兵器開発に隠された驚愕の事実)
(フイリップ・J・コーソー著)  (二見書房)  1998/2



<ペンタゴン(米国防総省)とエイリアンとの交渉>
・ロズエル事件のファイルより開発可能なテクノロジーのリスト「暗視装置、光ファイバー、驚異の繊維、スーパーテナシティ・ファイバー、レーザー、分子を圧縮した合金、集積回路および超小型化したロジックボード、イオン小型原子炉、ガンマ線照射食品、第3の脳誘導システム、粒子ビーム兵器、電磁推進システム、ケプラー防弾チョッキとステルス機、劣化ウラン発射体等」である。

・ロズウェル事件で回収されたシリコンウェーハーは、回路の小型化を可能にし、15年後には、初のマイクロ・コンピューターを生みパソコン革命をもたらした。パソコンもレーザーもUFOの超テクノロジーから生まれたといえる。

・著者は、1960年代の2年間、中佐としてペンタゴンの陸軍研究開発局の海外技術部に籍を置いた。

・「私はそこで、二重生活を送っていた。普段は、兵器研究者として、そしてその裏では、私は情報将校として、トルードー中将の相談役を勤めていた。私に託されたファイルには、陸軍の最高機密がぎっしりと詰まっていた。1947年7月、ニューメキシコ州ロズウェル郊外で空飛ぶ円盤が墜落し、ロズウェル陸軍航空基地第509大隊が残骸の回収に当たった。ファイルにはそのときの残骸や情報が収められていた」。

・「大きさは子供と変わらない。といっても子供ではない。こんな大きな風船型の頭をした子供がどこにいる?容貌は人間と似ているがとても人間には見えない。両目は黒くて大きかった。鼻と口はことのほか小さく、切れ込みのようだといってよい。耳は顔の両側がへこんでいるにすぎない。皮膚は灰色がかった茶色で、髪は生えていなかった」。

・「異星人が食料や排泄施設を必要としなかったのは、ロボットかアンドロイドのような存在だったからだ。つまり、宇宙飛行や目的地での任務遂行のためにわざわざ作られたのだ!?」、「ロズウェル事件から50周年にも米空軍はあらためて事件を否定する発表を行なっている」。

<政府はさらなる隠蔽を行なう>
・「1962年に国防省補佐官は、報道陣を前にしてこう言った。『未確認飛行物体の情報が国家の安全保障にかかわることであれば政府は、国民はおろか、議会にも通告しない』」。
(・そして、大統領にも知らせなくてもよいシステムを作り上げているそうである。)



『宇宙人は本当に実在する』
矢追純一  河出書房新社   1998/7/15
アメリカ国分総省の元高官が明かした衝撃の真相とは



<UFOと宇宙人の謎を解く重大証言の数々を入手!>
・元・米国国防総省(ペンタゴン)の情報高官フィリップ・コーソウ中佐の驚くべき爆弾証言によると、「1947年、米ニューメキシコ州のロズウェルにUFOが墜落し、宇宙人の死体が回収されたばかりか、UFOの残骸から得られたテクノロジーは中佐自身の手によって、民間の軍需産業に流された。その成果が今日の携帯電話や、パソコン、TVゲーム、電子レンジ等として結実した」というのだ。

・しかも、UFO製造については、旧ソ連や中国、英国、ドイツ、フランス等の国々もすでに手がけているというのだ。

・さらに決定的な驚愕の情報がNASAの科学者ノーマン・ボーグラン博士によってもたらされた。「宇宙探査船ボイジャー1、2号からの送信画像の中に、土星の輪の中に滞空する巨大なUFOが映っていた」というのだ。
 その全長は、最大のもので、なんと地球の直系の4倍以上(5万キロ)という恐ろしいほどの巨大さで、直径が4000キロもある葉巻型UFOだった。しかも、これまでに確認されただけでも3機がリングの中を出たり入ったりしているという。
 そればかりか、土星の輪は、それらの巨大UFOが人工的に作り出している、というのだ。

<パソコンもレーザーもUFOの超テクノロジーから生まれた!>
<コンピューターの集積回路は誰が開発したか>
・トルードウ将軍がコーソウ中佐に命じたのは、宇宙人そのものに関する調査ではなかった。UFOの残骸から選びだされた未知の物体を調査研究したうえで、それを我われに役立つよう、軍の研究所をはじめ、民間の軍需産業のしかるべきところに渡して開発させよ、というものだったという。

・まず最初に手がけたのは“暗視装置”とでもいうべきものだった。それは、黒く、薄くて弾力のある楕円形の物体で、添付書類には「宇宙人の目に、はめ込まれていた」と書かれていた。
 驚いたのは、そのレンズをとおして見ると、真っ暗な中でも、いろいろなものがグリーンがかったオレンジ色の線として見えることだった。コーソウ中佐は、宇宙人がこれを一種のコンタクトレンズのようなかたちではめていたのではないか、と推測した。

・なかでもコーソウ中佐が最も興味を覚えたのは、25セント硬貨くらいの小さな金属片だった。一見、金属のようだが、拡大鏡で見ると表面にクモの巣のように、ごく細い金属線が縦横にはりめぐらされ、しかもそれが何層にも重なっている構造をしていたのだ。それは、現在では、どこにでも使われている“コンピューター集積回路”だった。

・それまで真空管が主流をなしていたものが、1950年代に後半にはトランジスタにとってかわり、1960年代の初期には突如、集積回路が登場している。
 いわれてみると、1961年、コーソウ中佐がロズウェルのUFOの残骸から選び出した25セント硬貨ほどの大きなチップは、そのときから集積回路の発展に貢献し、1970年代には初のマイクロコンピューターが登場したのかもしれない。そして1980年代の初頭には、それが高性能デスクトップコンピューターにまで発展している。

<UFO内部に電線が1本もない理由>
・コーソウ中佐は、今日我われが享受している文明の利器のほとんどは、このときのUFOからの小さな集積回路の賜物だという。考えてみると、すべては1972年に開発された、小型のマイクロプロセッサーのおかげといえるだろう。そしてパソコンも、携帯電話も、テレビゲームやクルマの自動制御にいたるまでがその恩恵に浴しているのだ。
 「もう一つは、わたしが“スーパー・テナシティック・ファイバー(超強力繊維)”と名づけたものです。これがUFOの機体全体を覆っていたのです」

・中佐は、このスーパー・テナシティック・ファイバーを、デュポンとモンサントという、2つの有名な化学製造会社に任せることにした。その結果、1965年にはデュポンから、防弾チョッキの素材としてケプラー繊維が生まれた。また、この技術は、耐熱プラスティックやセラミックに応用され、レーダーにも映らないステルス航空機の開発に寄与したという。

・「もう一つ私が手がけたのは、光ファイバーでした。それはUFOの内部に、はりめぐらされていた、細いガラス繊維の束のようなもので、はじめはこれが何に使われるのか、見当がつきませんでした。私は、これは電信電話に利用できると考えて、ベル研究所に渡しました。同時に、軍の情報伝達に役立てようと、ウェスタン・エレクトリック社の高等研究所にも開発を任せたのです」
 そしてそれが、今日の光通信ケーブルの発達につながった、と言うのだ。

<キャトルミューティレーションはレーザーで実行された………>
・「なかでも驚いたのは、レーザー光線装置でした。それは、ちょっとした懐中電灯のようなものに見えました。壁にむかってスイッチを入れると、途中の光線が見えないのに壁に赤く小さな点が描きだされたのです」

・「宇宙人は、このレーザー装置を“キャトル・ミューティレーション”で、牛やそのほかの家畜から内臓や性器を切り取るのに使っていたと考えられるのです。内臓は、その動物の生まれ育った環境を調査するのに、最もよい標本と言えるでしょう。それに、性器は彼らの最も興味深い対象の一つだったと思われます。なぜならば、彼らには性器がなかった。言い換えると、彼らは生殖作用によって生まれてくるのではなかっただけに、研究したかったのではないかと考えられるのです」
 また、いわゆる“アブダクション・ケース”といわれる、宇宙人による人間誘拐事件にも、このレーザー光線によるメスが使われたのではないか、という。

・「このレーザービームの、兵器としての開発は、レーザー光線銃や、敵兵を失明させるための武器として実を結んだことは、皆さんもご存じのとおりです」

<宇宙人はUFOを“ヘアーバンド”で操縦している?!>
・「このことから推理できたのは、UFOのコントロール装置はまさに宇宙人自身であって、宇宙人がUFOと一体化しているかのように作動する、ということです。
 また、UFOの底部は地球上ではつくり出すことができない、超高純度の銀と銅が、メッシュのように織り込まれた物質で出来ていて、導電性に非常に優れていました。
 いっぽうでは、強力な電磁波が反重力的効果を生み出すことも分かっていました。UFOは、その電磁波による重力コントロールによって飛行している、と考えられたのです」

<35年の沈黙を破って公表に踏みきったわけ>
<空軍や海軍、政府もUFOの残骸に接した>
・「それは、軍事目的で密かに製造される、秘密兵器に関しての情報です。わたしがお話ししたのは、すべて民間に流れたテクノロジーに関してばかりですが、軍だけで使用する、本当の意味での軍事機密は、お話しするわけにはいかないのです」

・「エリア51は空軍の管轄下にあって、国家安全保障上の最高機密という名目のもとに、ペンタゴンでさえタッチできない極秘のプロジェクトになっています」

<ネバダ州ネリス空軍基地に隠されているもの>
・「このエリア51の背後にそびえる山を越えた裏側には、もう一つの秘密基地“S-4”があって、やはりバブース・レイクと呼ばれる乾湖に面している。このS-4では、密かに宇宙人からのテクノロジーによるUFOを製造している、と噂されているのだ。

・だが最近は、多くの人々に知られるようになり、エリア51に通じる一本道の砂漠には、上空のUFOを見ようと集まる観光客のためにバスがでるほどになっている。

<国会議事堂の上空に出現し議会がストップ>
・「UFOの出現でも、いちばんセンセーショナルだったのは、1993年の1月の事件です。何百万人もの人々がUFOを目撃したため、全市が交通をストップし、新聞やテレビで大きく報道されました」

・「1994年の10月には、ついにメキシコ国会議事堂の上空にUFOが現れたため、議会が中断されたこともあったぐらいなのです」

<着陸跡から発見された驚異のシリコン物質>
・中東問題の真っ只中で揺れるイスラエル――。
 この地にも、最近になってさかんにUFOが現われているばかりか、身長2.7メートルもの巨人(宇宙人)が街の中を歩きまわっているという。

・「UFOの大量出現が始まったのは、1993年の4月以来です。これまでに見たこともないような不思議なかたちのUFOが次々に現れ、大勢の市民たちによって目撃されました」

・興味深いのは、93年のUFOウェーブ以後、巨大な宇宙人を見たという人が続々と現れていることです。しかもそれは、カディーマ地区と呼ばれているところに集中しているのです。
 カディーマ地区のシャシー・フードという主婦は、買い物に行こうと厳寒のドアを開けたとたん、目の前に身長2.7メートルはあろうかという巨人が立っていたというのだ。
 顔は全体を覆い隠すようにヘルメットをかぶっていて、体にはピッタリとした銀色のウェットスーツのようなものをつけていた。シャシー夫人が恐ろしくなって大声で助けを呼ぶと、その巨人は、なかば空中に浮かぶように歩いてUFOに戻り、飛びさってしまったという。

<身長2.7mの巨大宇宙人が街を闊歩!>
・「もう一つの例は、やはりカディーマの主婦でハナ・ソーマックという女性ですが、何気なく窓の外を見ると、自分の飼い犬が目の前の空中を横切って飛んでいき、隣の家の壁にぶつかって転げ落ちるのを見たというのです。彼女が慌てて外に出てみると、やはり目の前に身長2.5〜2.7メートルの大男が立っていたというのです。
 体は銀色の宇宙服のようなものを着ていて、このときはヘルメットをかぶっていなかったらしいのですが、頭には髪の毛が一本もなくなく、異常に大きな真ん丸で真っ黒な目、口や鼻は子供のように小さい不気味な顔をしていたというのです。

・39歳の主婦バッキー・シモンの場合は、その巨人が家の中に入り込んできたという。シモン夫人が台所仕事をしていて何気なく居間を見ると、いつのまにか2人の巨人が立っていた。やはり身長2.7メートルほどだったらしい。
 彼女の言葉によると「わりにやさしい顔をしたハゲ頭の、見上げるような大男で、黒いメガネをかけていたので目はよく見えなかった。でも、耳も口も小さくて、あまり見えなかった。銀色の服を着ていた」という。

・その翌日の夜12時半ごろ、再び巨人たちは家の中に現れ、あちこちを見て歩いた。彼らはソファや皿などに興味をもったらしく、さわってみたり、手に取ったりしていたが、やがて消えてしまったというのだ。

<イスラエルは宇宙人と手を結んだのか?!>
・チャミッシュは、これが聖書となんらかの関係があるのではないか、というのだ。
「聖書には天から降りてきた“ネフィリム”という巨人の話がでてきます。古代のイスラエルの巨人たちは神の敵であり、神はイスラエルの王に、この巨人を殺すよう命令を下したのですが、おそらく政治的な意味があったのでしょう。イスラエルの人たちは神の意に背いて、この巨人たちと同盟を組んだらしいのです。イスラエルの歴史の記述にも、この宇宙人の再来が何度かあって、同じようなことが繰り返されたと記されています。そしていま、再び奇怪なUFOとともに巨人たちが戻ってきた」

・「イスラエルの“モサド(秘密諜報機関)”は宇宙人と密接な関係にある」と言っていた。そのことと、現在、巨人の宇宙人がイスラエルに現れていることには、何か関係があるのだろうか?

<暗殺をも覚悟で科学者が暴露>
<地下30階に及ぶ秘密施設で生きた宇宙人と接触した!>
<あのS-4でグレイと会話したMJの科学者>
・「わたしは、“アバブ・トップシークレット(最高機密の上にランクされる領域)”のクリアランス(秘密接近許可資格)を持っています。それは“ウルトラ・アンブラ・プロジェクト(超陰の計画)”と呼ばれるプロジェクトで、そのクリアランスを持っていることを意味します」

・「確かに、S-4の地下施設にはいたことがあります。あそこは地下30階に及ぶ巨大な施設があって、その一角で、みなさんが“グレイ”と呼んでいる身長の低い宇宙人たちと話をしました。彼らとの会話は絵文字を使ったのですが、主としてテレパシー交信のようなもので話をしていたんです。
 彼らは“ゼータ・レティキュライ機Ν供匹箸い2つの連星から来たということでした。姿かたちは、みなさんがよくご存じのものに、かなり似かよっています」

<“彼ら”は人間の感情に興味をもっている>
・「彼らの目的の一つは我われ地球人の研究です。つまり、生物学的、社会学的にどのような生物であるのか、ということ。そして、人間の科学はどのようなものなのか?彼らの科学とどう違うのか?というようなことです。あるとき彼らは、わたしに金属片を1つくれたのですが、あとで分析してみると99.9パーセントという高純度のシリコンでできていました。そして0.1パーセントの地球外アイソトープ(同位元素)をもっていました。ひと言で言ってしまえば、それは地球外から来たものだということです」

・「それは詳しいことはお話しできません。が、UFOに似た飛行物体のプロトタイプは完成している、と言っていいでしょう。ただし、あくまでもプロトタイプの域を出ない段階です。宇宙人のUFOの飛行原理は、UFOが空間を移動するのではなく、逆にUFOが空間を引き寄せる、というやり方です。彼らは時間を超えて、空間を引き寄せることができるのです。その場合、加速度は無限にまで引きのばされ、時間は0に限りなく近づけることができます。
 このエリア51とS-4でおこなわれている秘密のプロジェクトについては、クリントン大統領さえ全くしらされていません」

・「詳しくはお話しできませんが、彼らは野菜とマッシュルームを好んで摂取します。が、大部分のエネルギーは、空間から直接取り入れているように見えます。というのは、ほとんど何も食べずに生きているからで、排泄しなければならないような水分もあまり摂りません」

・「これ以上話すことは禁じられています。ただ言えるのは、彼らが完全なクローン人間などではないということです。なぜならば、彼らは科学者として完璧な知識をもっていますし、それをもとに、我われとディスカッションすることもできます。彼らが特に興味をもっているのは、私たち人間の感情のようでした。私たちの喜怒哀楽に、とても興味をもっていたように思えます」

<空軍基地で大統領が宇宙人と会見した………>
・そこにいた2日間、わたしは5機の、それぞれ独特の形をした宇宙船が、空軍の一員によって調査され、操縦されているのを見ました。しかもそれは“エーテル人”の助けと許しのもとに。

<ヘイスタック空軍研究所に彼らはいる!?>
・「デイ・マティアリアライズ(物質消滅)です。つまり、彼らは自分をテレポートする能力があるようなのです」

<MJは現在36人のメンバーで構成されている>
・「実は軍の内部にも、2つの勢力があるのです。一つは、宇宙人と友好的な外交関係を結び、彼らの持つ優れたテクノロジーを譲り受けようと考える平和的なグループ。
 もう一つは、“CABAL(陰謀)”と呼ばれる恐ろしいグループです。彼らは軍の内部でもタカ派として知られ、宇宙人の存在を恐れて、撃墜しようとする人々なのです」

<宇宙人と敵対する秘密組織CABALとは>
・当然といえば当然のことですが、将軍は宇宙人の持つ、我々の科学をはるかに超えた超テクノロジーと、私達人間には想像もつかない超常的な能力を恐れたのです。このままでいけば、いつ宇宙人が攻めてきて、我々人類を滅ぼすかもしれない、という疑心暗鬼にかられた将軍は、同じような考えを持つ軍の高官たちを集めて、“CABAL”を密かに組織したのです。彼らは過激論者であり、ファンダメンタリスト(聖書の記述をすべて正しいとする主義者)で、人種差別主義者であり、偏執的な人々の集まりと言っていいでしょう」

<「クリントン大統領にUFO問題を説明した」>
<「アクエリアス計画」文書はニセではなかった!?>
・プロジェクト・スノーバード:この計画は1972年に設立された。その使命は、回収された宇宙人の飛行機をテストフライトすることにある。現在、このプロジェクトはネバダ州で進行中である。

<3タイプの宇宙人が地球上で活動している>
・「あまり詳しくはお話しできませんが、基本的には宇宙人のテクノロジーを、彼らの許容範囲内で与えるかわりに、彼らが意図している、人間にたいする生物学的、社会学的調査に協力する、というものでした」

・「わたしがS-4で一緒にいたグレイは、我われのあいだでは“コルタ(KOLTA)”と呼ばれ、身長が1メートルから1メートル40センチくらいの、グレイがかった青い色の皮膚をした宇宙人です。彼らは、軍と比較的平和な友好関係を保っていて、いろいろな地下の秘密施設で軍の科学者と協力しています。
 ホローマン空軍基地にきた宇宙人は“オレンジ”と呼ばれる種族で、その名の示すとおり、皮膚がオレンジ色がかっています。身長はグレイより少し高く、非常に大きな頭と、白目も瞳もない大きな黒い目を持っています。指は6本で、眼球や神経は、私たちのものとは違っています。また、消化器官はスポンジのようなもので出来ていて、脳は4つのセクションに分かれています。外見はユダヤ人にちょっと似た感じで、非常に大きな鼻を持っている、と書かれていました。私は直接会ったことがないので、それ以上の詳しいことは分かりませんが………」

・「もう一つの種族は“ノルディック”と名づけられた宇宙人で、彼らは身長も外見も全くスカンジナビア半島の人々に似ていて、見分けがつかないほどです。皮膚は白く、髪の毛は金髪、顔立ちはかなりの美人系ですが、このノルディックとオレンジは、両方ともプレアデス星座の“アルテア4・5”から来ていると言われています」

<クローン人間をつくる技術はすでに完成>
・「ええ、いわゆる“ヒト・ゲノム計画”は、すでに完了しています。こおことは一般には知らされていませんが、人間の遺伝子の中に刻み込まれていると言われる、すべての記号は、すでに解読されているのです。そのことによって、秘密の研究所では、クローン人間を作り出すこともできる。と同時に、宇宙人と人間との混血種を作り出すことも可能になった………、と言っていいでしょうか………」

<「妻子を奪われたいま、失うものは何もない」>
<動力源は、わずか223グラムの「元素115」>
<UFOの推進システムがここまで解き明かされた!>
<突然S-4に招かれた秀才科学者>
<円盤は直径16m、高さ5mくらいだった>
<UFOは空間を歪ませることでテレポートする>
<反物質リアクターの実験中に科学者が爆死>
<宙に浮くUFOを操縦していたのは誰か>
<テレビで暴露したとたん殺されかけた>
<ラザー博士の体験は仕組まれたものか>
<UFOの研究、製造を進めているのはMJ-12!?>
<宇宙人に埋めこまれた金属の恐るべき分析結果とは?>
<探査船ボイジャーがUFO映像を送ってきた>
・なんと、宇宙探査船ボイジャー1号と2号から送信されてきた画像に、最大で地球の直系の4倍もあるという巨大なUFOが映っていた! というのだ。

・それによると、土星のリングの中に、長さが1万キロから5万キロに及ぶ、3機の巨大な葉巻型UFOが滞空しているのが発見された、と言うのです。

・そのバーグラン博士の発表によると『土星のリングの中に、それぞれ日にちと場所を違えて、長さ(1)1万2669キロメートル (2)2万5338キロメートル (3)5万667キロメートルの円筒型UFOが存在することが確認された。これらのUFOの直径は、それぞれ974キロメートル、1949キロメートル、3898キロメートル』という信じられないほどの巨人さなのだ。

・3号機にいたっては、その長さがなんと、地球の直径の4倍もあり、UFOの直径はオーストラリア大陸をそのまま飲み込んでしまうくらいの、想像を絶する巨大なUFOなのだ。

・とても、にわかには信じられないことだが、実はこの事実は、ハッブル宇宙望遠鏡でも確認され、『サイエンス・ニューズ』誌で発表されているのだ。
 それによると、1995年、相次いでこの葉巻型UFOが、リングの中に存在することが確認されたという。

<土星のリングの正体は>
・「バーグラン博士は、さらに驚くべき事実を公表しているのです。実は土星のリングは、これらのUFOによってつくり出されていることが分かったと、いうのです」



『光速の壁を越えて』
今、地球人に最も伝えた[銀河の重大な真実]
ケンタウルス座メトン星の【宇宙人エイコン】との超DEEPコンタクト
エリザベス・クラーラー      ヒカルランド 2016/4/30



・【宇宙人エイコン】の子供を産み、メトン星で4か月の時を過ごしたエリザベス・クラーラーの衝撃の体験

<別世界から現れた一人の男性が運命を変えた>
・大きな宇宙船は、優雅に無音で空中を滑りながら、丘の上に向かって素早く移動し、雲の下で滞空し、姿を消した。それは、再び数百メートル上空に浮上して、丘の頂上の南側に向かった。そして、ゆっくりと高度を落とし、地上約1メートルにとどまった。
 脈動するハム音が空気を満たし、私の鼓膜を打った。巨大な宇宙船によって突然空気が変異したためだった。円形の船体は少なくとも直径18メートルはあり、中央に丸いドームがあった。三つの大きな丸窓が私の方に面してあり、その窓から一人の人物の姿を見ることができた。

<彼らの祖先は金星人だった>
・つまり、地球の科学者らが理解しているように、地球からケンタウルス座アルファ星まで宇宙飛行士が光速で宇宙旅行できるとすれば、4年を要します。しかし、私たちの宇宙船では、この距離は即座にゼロになります。

<太陽という灼熱地獄の脅威>
・金星は太陽の膨張サイクルの最後の時に、恒星からの放射線によってすべての植物と動物が死滅して、滅びました。

<初めて目にしたメトン星>
・ケンタウルス座α星の私たちの恒星系は7つの惑星から構成されています。そのすべての惑星に私たちの文明がおよんでいて、人々が暮らしています。この美しい恒星系の3番目の構成要素はプロキシマ・ケンタウリとして知られており、そのまわりを7つの惑星が軌道を描いて回っています。

<美しく豊かな自然に満ちた未知の文明>
・白と銀色に輝く都市が湾曲した入り江を取り囲んでいた。濃いサファイア色の水は、鮮やかでエキゾチックな色彩で満たされた木と花で生み出された豊かな古典的な美を反射していた。

<南極に存在する地下基地とは?>
・私たちの領域(次元)は宇宙空間と惑星表面にあって、決して惑星内部ではありません。地下の都市と通路は過去の遺物です。私たちは温かい湖のある南極の地下基地を維持しています。これは私たちの先祖が暮らしていた地下都市のエリアで、当時、氷冠はありませんでした。



『戦慄のUFO&宇宙人ミステリー99』
衝撃写真493点 エイリアンと人類の恐怖の真実
悪魔の協定か?ダルシー人体実験、エリア51のエイリアン、ピラミッド型のUFO登場、地球内部の異星人基地、フリーメーソンとNASAの陰謀
南山宏   双葉社   2010/7/14



<惑星セルポとの極秘交換留学>
・アメリカ政府は、選り抜きの軍人12人を惑星セルポへと交換留学に送り出していた・・・。

・このイーブ1号が宇宙船の残骸から見つかった通信装置で故郷と交信し、相互理解を深めるための交換留学生計画が進んだという。その故郷がレティクル座ゼータ連星系の惑星セルポだ。

・留学メンバーを乗せ、宇宙船が出発したのは、1965年、彼らは、表向き行方不明者とされ、身元や記録が抹消された。ネバダ実験場にセルポの宇宙船が到着し、地球に残るセルポの留学生と入れ替わりに旅立ったのだ。

・ふたつの太陽が輝き、地平線下に沈むことはほとんどない星で、大気や気圧は地球とあまり変わらなかったという。メンバーはあたたかく迎え入れられ、平等で穏やかな社会生活をつぶさに観察、体験することができたらしい。

・8人が持ち帰ったデータや資料、高度科学技術を示す品々は、その後の米軍の科学技術の発展に寄与したようだが、彼らの肉体はセルポ滞在中に強い放射能にさらされていたため次々に病死したとされている。

<大統領が異星人と交わした密約>
・1954年のアイゼンハワー政権時代に、連邦政府は憲法の抜け道を使ってエイリアンの一種族グレイと「グリーダ協定」と呼ばれる密約を交わしたというのだ。協定の内容は、エイリアンの先進科学テクノロジーを学ぶのと引き換えに、エイリアンが牛馬を捕獲し、人間にインプラント技術を試す実験を許可するという恐ろしいものだ。アメリカが標榜する人道的行為とは正反対の内容である。

・反人道的な密約に至った理由は、米政府の力ではエイリアンと戦っても勝てないため、相手の条件をのむ内容になったと告白している。

・実際、その後のアメリカ国内では、家畜類が不可解な死を遂げるキャトルミューテーションや人間が誘拐されるアブダクション事件も頻発した。

・元海軍の情報部員だったクーパーは、MJ12がアイゼンハワーによって創設されたこと、生きたエイリアンの写真が添付された資料に目を通した経験などを赤裸々に告白。

・密約を交わしたのは、大きな鼻が特徴のラージノーズ・グレイであることまで暴露した。

・MJ12絡みで爆弾発言を連発したクーパーだが、2001年納税拒否の逮捕時に撃ち合いになり警察に射殺されてこの世を去ってしまった。政府の巧妙な口封じだったのだろうか?



『カルト・陰謀 秘密結社 大事典』
アーサー・ゴールドワグ  河出書房新社  2010/10/9



<エリア21、ステルス飛行物体、マジェスティック12、異星人による誘拐、神の宣託>
・エリア51はさまざまな名称で知られている。グルーム湖、ドリームランド、居心地の良い空港、ネリス試験訓練場、パラダイス・ランチ、ザ・ファーム、ウォータータウン・ストリップ、レッド・スクエア、「ザ・ボックス」、そしてもっとも味もそっけもない名称は空軍飛行検査センター第3派遣隊である。エリア51はネヴァダ州ラスヴェガスの北約200キロにある極秘の軍事基地で、ここからもっとも近い街は約40キロ離れたところにあるネヴァダ州レイチェルだ。

・エリア51には、宇宙人の死体を解剖した医療施設や、生きている宇宙人を尋問する取調室がある。UFO研究者のなかには、施設を実際に運営しているのは宇宙人だとほのめかしているものさえいる。グレイ、ノルディック、インセクトイドなどと呼ばれている生命体(異星人)が、実質的に支配しているこの地球を搾取し、人間からDNAを採取していたとしても、私たちの政府はなす術なく、見て見ぬ振りをしている、と彼らは主張しているのだ。

・『蒼ざめた馬を見よ』(1991)の著書で、超陰謀理論家のミルトン・ウィリアム・クーパー(1943−2001)は、UFO、外交問題評議会、『シオンの長老の議定書』、エリア51はすべて同じものの一面だと述べている。彼は国防長官ジェームズ・フォレスタル(1892−1949)はベセスダ海軍病院の16階の窓から突き落とされた死亡した、と語っている。彼は、仲間であるマジェスティック12(宇宙人に関する調査、および接触・交渉を秘密裏に行ってきたアメリカ合衆国政府内の委員会)のメンバーが異星人の侵入者と結んだとんでもない取引に反対した後、「退行期うつ病」で病院に監禁されたのだという(クーパー自身、大勢の人が納得できない理由で、アリゾナ州アパッチ郡の警察に殺されてしまう)。

・話をクーパーに戻そう。彼によると、ジョン・F・ケネディを暗殺したのはリー・ハーヴェイ・オズワルドではなく、(なんと)大統領のリムジンの運転手だった――なぜなら、運転手が実はゼータ・レティキュラ星からやって来た宇宙人であることをばらすと脅されたからである。宇宙競争がインチキだというのは、すでに月には基地があったからである(それが1970年代以来月に人間が行かなくなった理由だ――テレビで月面を歩く光景を放映すれば、宇宙人の存在が暴かれてしまうだろう)。また数多くの火星探査機がうまく作動しなかったのは、火星がすでに南フロリダくらい発展していて、そこに住んでいる住民たちが自分たちの存在をずっと隠しておきたいと願っているからだ。三極委員会が設立された目的は、アジア、ヨーロッパ、北アメリカの関係を改善することではなく、宇宙人と交流するためだった。

・では、ゼータ・レティキュラ星人に内通した、地球の反逆者とはいったい誰なのか?今までに陰謀理論家について多少読んだことがおありの方なら、答えを聞いても驚きはしないだろう。それはイリュミナティ、フリーメイソン、キリスト教の敵である大富豪(世俗主義者とユダヤ人)などといった、極秘裏にロシアのボルシェヴィキを援助したり、アメリカの憎むべき連邦所得税をごまかしたり、2001年9月にツインタワーを倒壊させ、ペンタゴンを攻撃してひとつの世界を樹立しようとしたりしてきたグループである。晩年のクーパーは、自らが数多くの書物で取り上げ、暴露してきた宇宙人の侵入は実際には起きておらず、それは故意に流されたニセ情報の格好の見本だ、と考えるようになった。イリュミナティが、まず陰謀理論家を利用して、地球外生命に関する嘘の噂をばらまき、宇宙人よりはるかに恐ろしい自分たちの正体を一般人の関心から逸らしていたというのだ。

・実際に、空飛ぶ円盤のファンが、エリア51――具体的にいえば、ハイウェイ375の南西に置かれた距離標識29から30の間にある、伝説の黒い郵便箱に群がり始めた。その場所には、グルーム湖に向かって伸びる舗装されていない道路がある。ボブ・ラザーという名の男性がここで目撃できるかもしれない信じられないものについて人々に語り始めたときから、見物客が現れるようになった。1989年11月、ラザーはラスヴェガスのテレビのトーク番組に出演し、極秘施設S−4で自分が携わっていた仕事について話し始めた。その施設は、干上がったパプース湖の近く、エリア51の南約15キロにあり、彼はそこで山腹にある格納庫に収容された7機の空飛ぶ円盤を目撃したのだ。話はそれで終わりではなかった。彼はその空飛ぶ円盤の1機の推進システムの構造を解析する作業を手伝っていたのだ(彼が「スポーツ・モデル」と呼んでいる宇宙船は、反重力エンジンで動いていて、燃料にはかなり不安定なエレメント115と呼ばれる物質が使われていることがわかった。後に、ラザーはこの宇宙船の模型を売り出した)。

・彼はMIT(マサチューセッツ工科大学)やカリフォルニア工科大学で研究していたと話しているが、どちらの大学の記録にも彼の名前は残っていない。ラスヴェガスに来る前、彼はロスアラモスで働いていたが、上級科学者ではなく技術者で、S−4格納庫やエリア51で働いていたと確証できる記録は何もない。ラザーは、政府が自分の信用を傷つけるため、在職していた痕跡を消したのだ、と反論した。1990年には、悪事に手を貸した罪を認めた(彼は売春宿の経理を手伝っていて、盗撮するためのカメラをそこに取り付けていたのだ)。1993年には、映画界に自分の伝記――まず映画化される見込みのない話――を売り込もうとしたりしたが、現在は、ニューメキシコで隠居生活に近い暮らしをしているが、会社も経営し、車を水素燃料で動かす装置の開発にもいそしんでいるという噂もある。

<フィリップ・コーソー>
・フィリップ・コーソー(1915――1998)は、勲章も幾度か授与されたことのある元陸軍情報将校だったが、晩年には、ロズウェルに関する体験について驚くべき事実を詳しく語り始めた。彼は1947年にカンザス州フォートライリーで勤務していた、という。そのとき、彼はロズウェルからオハイオ州のライト・パターソン空軍基地に運送する積荷を検査する機会があった。そのなかに、ゼラチン状の液体中に防腐処置を施された異星人の死体が入っていたのだ。「異星人は4つ足で、人間のような姿をしていた……奇妙な顔つきをしていて、指は4本……頭は電球のような形をしていた」と彼は述懐している。後に、ペンタゴンの海外先端技術部勤務を任命されたとき、彼はロズウェルで回収された人工物を検査するよう命じられた。その任務の驚くべき意味に気づいた彼は、人工物の構造を分析するために、防衛関連企業の研究開発部門にその物質を「まいた」と書いている。現在、使われている光ファイバー、集積回路、レーザー、暗視ゴーグル、そしてケプラー(芳香族ポリアミド系樹脂)はこの残骸から開発された技術のほんの一部だ―――分子ビーム電送機、(思考を機械に伝える)サイコトロニック装置は相変わらず機密扱いになっている。

________________________________________
■■■ 私が思うこと、聞いたこと、考えること ■■■

・ケネディ大統領の暗殺事件のドキュメント公開は、先送りされたようです。
産経ネットニュース(2018/4/27)によると
「JFK文書公開の判断延期 2021年10月まで」
トランプ米大統領は26日、1963年のジョン・F・ケネディ大統領暗殺に関する機密文書の全面公開を先送りし、2021年10月までに改めて公開の是非を検討するよう関係省庁に指示した。ホワイトハウスが発表した。
 トランプ氏は昨年10月、多くの文書公開を許可した一方、情報源や外国政府に関する機密が含まれているとして一部文書の機密を維持。180日間かけて公開の是非を決めるとしていた。
 トランプ氏は通達で、判断の延期は「国家の安全や外交を守るために必要だ」と説明した。(共同)

・ケネディ大統領はアメリカ人にとって大変人気のあった政治家だったそうです。それで、ケネディ大統領の暗殺事件も非常に関心が高く、多くの研究者がいるそうです。Amazonの「洋書」に「John F. Kennedy」といれますと2000冊以上の書籍がわかります。膨大な量になっています。

・またケネディ大統領暗殺事件の「未公表のドキュメント」については、ウィキペディアWikipedia(フリー百科事典)より引用。
「1992年、ジョージ・H・W・ブッシュ大統領は、25年以内に暗殺関連の機密文書を全面公開することを義務付ける法律に署名。その後、2017年にドナルド・トランプ大統領は当初は機密保持の延長をしないことを表明していたが、CIA等が公開延期を求めた一部の資料についての公開を180日後まで保留、法律の期限切れとなる10月26日に機密資料2891点が公開された。一方で、公開が保留された一部の資料については、最終的に判断が延期され、2021年10月までに改めて公開の是非を検討することとなった」とのこと。

・ドキュメントの量が膨大で、研究者が調べるのが大変なようです。ネット情報によると「暗殺事件に関する文書は合計500万ページ超にのぼる。88%の文書が国立公文書館で公開済みだが、11%は一部が黒塗りで、残る1%が全面非公開となっていた。
ケネディ氏は63年11月、米テキサス州ダラスでパレード中に狙撃され、46歳の若さで死亡した。事件の調査委員会は元海兵隊員リー・オズワルド容疑者の単独犯行と断定したが、容疑者の旧ソ連亡命歴や、事件2日後に射殺されたことなどを巡り、単独犯説を疑問視する声も根強い」とのこと。

・『NASAアポロ計画の巨大真相』という本は2002年に出版された書籍です。
 その後、You Tube等に膨大な月に関する「動画」が掲載され、大変不思議で奇妙な「動画」を誰でも見ることができるようになりました。アポロ11号による人類初の月着陸については「フェイク映像」がしばしばオカルト界では話題になったりしました。いわゆる「都市伝説」という類の荒唐無稽な話でした。当時から「月はすでにETの基地である」という話でした。「月人工天体説」も旧ソ連の科学者が主張していました。「トールホワイト」とよばれる2メートルから3メートルの白人種のオリオン星人も報告されているようです。トールホワイトと米政府とは繋がりがあるといわれます。「背が高く白人に似た、通称“トールホワイト”と呼ばれる種族にいたっては、アメリカ、ネバダ州にある空軍基地で働いているのだ」といわれます。トール・ホワイトが、選ばれた地球人を「宇宙旅行」に連れていっているといわれます。「地球の月は、永劫の昔、レムリア大陸への入植の時代に、軌道上に設置されたりゅう座人の宇宙船である」という説もあります。「ケネディ暗殺の真犯人は、惑星ニビルと関係のある宇宙人である」という怪説もあると指摘されています。

・ハルマゲドンの予言の話も完全に否定はできず、シークレット・ガバメント(影の世界政府)」についても、明確には分かりません。エイリアン・エンジニアリングも「パソコン」の形で人々の生活に浸透しています。UFOは、人類の歴史が始まって以来、最も重要な現象といわれます。

・この本『宇宙人は本当に実在する』は、20年前に出版されたのですが、その内容の新鮮さは、現代でも失っていないといわれます。あれから20年ですから、「エイリアン・テクノロジー・リバース・エンジニアリング(宇宙人科学技術工学)」は驚異的に進んでいることでしょう。「十年一昔」というじゃないですか。近未来のノーベル賞は米国の科学者や技術者に独占されるようになるかもしれません。グーグルアースによりますとエリア51には、どんどん基地が拡張されているともいわれます。宇宙人の進化の速度は、人間の想像を絶するといわれます。プレアデス星人は人類に6000年進化している種族ですが、人類に近く神でも天使のような宇宙人でもありません。人類に最も近いといわれているプレアデス人の文明、超テクノロジーを導入することができれば、人類は、プレアデス人と同じ科学レベルに到達できることでしょう。また神々とコンタクトできれば、そのレベルにまで行けるといわれます。

・地球人類の進化レベルと同じ異星人ですが、恒星間飛行技術を別の異星人から入手して、宇宙旅行をしている種族もいるといわれます。プレアデス人も、どれほど進化しているのか分からないシリウス星人の宇宙船に乗せてもらって、天国に出入りしているといわれます。太古は、人間もパラレル・ワールドを往来していたといわれます。パラレル・ユニバース(並行宇宙)は「幽界」のように「この世」に似ている世界ですが非常に大きく違うアストラル界のような世界のようです。「宇宙連合」に加入できれば、神々や天使のような異星人との交流も容易になるようです。パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の植民星が地球だといわれます。しかしながら、地球はあまりにレベルが低すぎて、「宇宙連合」に参画できないと従来から言われてきたそうです。シリウスのレベルは、もうすでに非物質のレベルです。シリウス人は、別の非物質的存在の集団であるオハル評議会の創造物であるといわれます。

・リラ星人も人類の源流ともいわれ謎の多い宇宙人種族のようです。リラ星人エロヒムのコンタクティであるフランスのクロード・ボリロン・ラエルによると遺伝子操作による「不死の惑星」に行ってきたそうです。リラ星人は人類に3万年進化しているそうです。リラ星人とコンタクトして、彼らの超科学を導入すれば、人類は3万年進化できるということになります。こと座人の遺伝子が、透明人の集合エネルギーと混ぜ合わされて、爬虫類人(レプティリアン)として、物質肉体化して出現したといわれます。

・プレアデス星人とオリオン星人は、人類に進化すること、6千年と5万年で、「進化の格差」がスター・ウォーズの原因にもなるといわれます。エルダーとよばれる天使のような人間タイプのオリオン星人が小柄なグレイと共に飛来したそうです。米国が秘密協定を結んだのはラージノーズグレイというオリオン星人といわれています。オリオン星人は人類に5万年進化しているといわれ、「人間の魂の交換」ができるようです。オリオンETグループが「アバブ・トップシークレット」を命令しているのかもしれません。グレイの宇宙船が墜落したのは、地球近くで、他の宇宙人のUFOと戦闘をしたからだともいわれます。故障しない宇宙船や飛行機は、現代の地球の科学では考えられません。しかしながら、はるかに進んだエイリアンの故障しないコンピュータに「アバブ・トップシークレット」とプログラミングされると、宇宙人情報が公開されることは、ないといわれます。5万年も進化してるエイリアンの超テクノロジーを米国が入手できると、それこそとんでもない技術的進化が実現できることでしょうか。「UFO製造については、旧ソ連や中国、英国、ドイツ、フランス等の国々もすでに手がけているというのだ」と指摘されており、注目されます。また「イスラエルがシリウスと通商協定を結んだ」といわれます。

・「現代的な解釈ですと堕天使ルシファーとかリラ星人のサタン(悪魔)という言葉は、遺伝子科学者の研究集団の名前だ」といわれます。「第2次世界大戦は堕天使ルシファーと大天使ミカエルの代理戦争だった」という奇説もあったといわれます。ルシファーもグレイ(ゼータ星人)を作り神に反抗したとも言われているそうです。「ヒトラーは堕天使ルシファーに憑依されていたのだ」という説もあります。堕天使ルシファーと大天使ミカエルの争いが、地上に波及して、さまざまな紛争を引き起こしているともいわれます。ルシファーとミカエルの争いは、現代も続いていると語られています。「日本を劣化させよう。日本人を劣化させよう」とする謎の未知な力が作用しているともいわれます。闇の勢力の陰謀でしょうか?

・アルファ・ケンタウリは、銀河系の恒星のうち、最も太陽に近い恒星であることは知られています。著者(エリザベス・クラーラー)は「1954年から1963年までケンタウルス座メトン星の宇宙人とのコンタクトを確立したそうです。アルファ・ケンタウリという名前は昔からよく引用されていました。あの小柄なグレイとイメージがつながっていました。当時からケンタウルス座アルファ星の異星人が本によって知られていたからのようです。先祖が金星人ではるかに進化した異星人種族の妖怪です。また、アブダクション(誘拐)事件で有名な「ヒル夫妻誘拐事件」はレティクル座ゼータ連星系をめぐる惑星の一つから来た「レティキュラン」というグレイタイプによるものという仮説もありました。『光速の壁を越えて』の本でも分かるように各国の諜報機関が宇宙人とそのコンタクティに対して凄まじいほど情報を集めようとしていることです。昔は謎の組織によって、宇宙人やコンタクティが命を狙われたそうです。メン・イン・ブラック(黒衣の男たち)の超能力は凄まじく、オリオン星人ともいわれています。現代の諜報機関は、軍事機密とともに、宇宙人情報を探し求めているようです。異星人情報は、国家安全保障上の最高機密(トップ・シークレット)の数段階上の厳秘(アバブ・トップシークレット)扱いですので、まずマスコミに知られないように暗躍しているようです。そしてマスコミがうるさいので、「沈黙のコンタクティ」も多いといわれます。

・いざ大統領に就任すると、この話題には関与せずという概要が出されるのだ。こうした態度は“大統領の黙秘症候群”と呼ばれている」と指摘されています。政府の中に政府があってアメリカ大統領といえどもコントロールできないといわれます。大天使が大組織や大都市等を統括しているといわれます。「大天使を崇拝すべきではない」と語られています。宇宙人情報を公開すると主権が危うくなるともいわれます。

・オリオン星人は人類に5万年進化しているといわれ、「人間の魂の交換」ができるようです。米国が秘密協定を結んだのはラージノーズグレイというオリオン星人といわれています。「地球では白人種と定義されている「エリエン」のルーツはオリオン星雲にある」といわれます。
「その彼らは地球から68光年離れた惑星クイントニアに住む宇宙人で母星から「エリア51」まで45分で移動できる」ともいわれます。エリア51で白鳥座61番星の異星人とコンタクトしていた日本人科学者もいたといわれます。「ゼータ・レチクル星人のグレイと、オリオン座のリゲル人の長身のグレイ、オリオン座の有翼のドラコ族、恐竜から進化した地球のレプトイド(恐竜人)等」がエリア51等のアメリカの秘密基地で活動しているともいわれます。

・「米国は人類に5万年も先行するといわれている異星人と交渉を持っており、密かに科学技術も導入している」といわれております。テレビ映画「Xファイル」でも、米国人がアルファ・ケンタウリという星に大挙して行っているような場面もありました。わが国も国家機関の総力を挙げて、異星文明の導入を図るべきでしょう。しかし、日本的な対応が限界のようです。コンピュータも異星人の技術であるといわれております。「宇宙人情報」を隠す勢力が強く、宇宙人問題をメイジャーな問題にしようとする勢力を圧倒しているようです。スポーツ番組以上に、UFO番組が頻繁に流されるのはいつのことになるのでしょうか?かって、日本テレビで矢追さんというディレクターがUFO番組に取り組みましたが、現在は、UFO番組も下火になっています。You Tubeには奇怪な宇宙人やUFOの動画が豊富に載っているようです。

・ハリウッド映画『未知との遭遇』の最後の場面では、地上に着陸したエイリアンの母船に、選抜された「米軍の宇宙探検隊」が乗り込む場面がありましたが、まるで映画のような場面が繰り返されているのかもしれません。ちなみにウィキペディアによると『未知との遭遇』は、1977年に公開された映画で、世界各地で発生するUFO遭遇事件と、最後に果たされる人類と宇宙人のコンタクトを描いたものです。

・グレイは小柄なバイオ・ロボットという説が定着してきているようです。また『街中の神々』といわれるように、異次元の宇宙を3歩で歩いて、地上に来る進化した高等知性体もいるのかもしれません。

・異次元の移動手段は、UFOなどの宇宙船ばかりではなく、『スター・ゲイト』といわれる装置や、エーテル体自身での移動など多様な手段があるそうです。インド神話では「宇宙を3歩で歩く神々」の活躍がありましたが、肉体にウォークイン(憑依)する手段では、一般人と誰も区別ができないようです。「はるかに進化した宇宙人が人間の精神体に侵入してくる時代だ」そうです。

・アメリカ空軍士官学校の教科書には宇宙人の種類が記載されているそうです。が、米軍と諜報機関によって、核兵器などの国家安全保障上の最高機密(トップシークレット)を数段階上回る『厳秘』扱いである宇宙人情報が、ロズウェル事件後60年以上たっても、マスコミに流れてこないのも当然でしょうか。アメリカ空軍は133種類の宇宙人を確認しているといわれます。

・宇宙人情報を公開しようとしたケネディ大統領が暗殺されたという話もあり、米軍や米国諜報機関は、世界の諜報機関がそうであるように、機密保持のために暗殺もいとわないテレビドラマのような『非情の組織』だそうです。宇宙人も関与しているのかもしれません。メン・イン・ブラックの超能力は凄まじく、オリオン星人ともいわれています。ハリウッド映画のMIB(メン・イン・ブラック)では、宇宙警察のイメージでした。米軍留学の惑星セルポへの到達にはかなりの時間がかかったようですが、プレアデス星人の情報によると、宇宙船は異次元瞬間移動ができるので6時間でプレアデスに到達できるそうですので、疑問が残ります。「その彼らは地球から68光年離れた惑星クイントニアに住む宇宙人で母星から「エリア51」まで45分で移動できる」そうで、日帰りが可能なのでしょうか。想像を絶する話です。「テレポート(瞬間移動)は、人間にとり奇跡ですが、宇宙人にとっては、それほど難しくないテクノロジーだ」といわれます。

・『ペンタゴンの陰謀』という本によるとエイリアンとの交渉により、ハイテクノロジーが、異星人から米国に渡ったといわれています。著者フィリップ・コーソーは、アイゼンハワー政権下の陸軍中佐として国家安全保障会議のスタッフを務め、退役後、ジョエームズ・イーストランド並びにストラム・サーモンド上院議員の攻防スタッフを勤めました。内部関係者の暴露本というよりも一種のリークかもしれません。この本は、研究開発に当たった軍当事者が解説した本で、ベストセラーになったそうです。また「ペンタゴンに人間タイプの異星人が住んでいた」という話もあるようです。

・テレビ映画の「Xファイル」の中で、すでに地球人が異星に行っている様に思わせる場面があったそうです。が、米軍関係者は、当然ながら、グレイの故郷の星に行っているだろうと思われますし、そのような雑誌の記事も日本で報道されました。『2006年8月号の月刊誌「ムー」の記事「UFO極秘プロジェクト“セルポ”の謎」 イーブ人の故郷星レティクル座の蓮星系を巡る惑星』、つまり米軍は、イーブ人の惑星に留学生を送ったというのです。

・フィリップ・コーソーの本によって、米国の「エイリアン・テクノロジー・リバース・エンジニアリング(宇宙人科学技術工学)」の実態が米国民に広く知られたようです。この種の本には真偽のほどは分かりませんが、荒唐無稽な話も多いようです。宇宙人の進化のスピードは、人類のそれよりもはるかに速いそうですので、宇宙人のテクノロジーは、格段と進化していることでしょうか。竜座人(ドラコ)が遥かに進化しており、このレプティリアン型生物の交雑種がイルミナティである。交配人種であるイルミナティが地球を支配しているといわれます。

・地球製のUFOが完成されているという話もあるそうです。エリア51などの情報は、ハリウッド映画などでリークされた形で全世界の人々の潜在意識に刻み込まれました。CIAの広報戦略でハリウッド映画に刷り込ませて、大衆に別の重要な情報を隠す手法のようです。金髪碧眼のノルディックのような人間タイプについては、リークした海軍の元情報部員は税金問題で警官隊と撃ちあいをして射殺されたともいわれています。メディアも何らかの理由で異星人情報には消極的だそうです。そこが国家安全保障上の最高機密(トップ・シークレット)の数段階上の厳秘(アバブ・トップシークレット)扱いの恐ろしさでしょうか。メディアもアバブ・トップシークレットに協力しているようです。

・米軍は宇宙連合とコンタクトしてから70年以上が経っており、異星にも大挙して向かっているものと思われます。またロシアも異星人とコンタクトがあるようです。ロシアはタウ星人と当初コンタクトがあったそうです。「モスクワには多くの異星人が住んでいる」というリーク話もあるそうです。米国やイスラエルがシリウス星人と通商協定を結んだとかの情報もあるようです。日本では翻訳出版されていない貴重な情報の洋書も多いそうです。私たち一般人は、洋書を広く読む時間がありません。エイリアンの超科学や超テクノロジーは米国の1人勝ちのようです。日本にも昔は宇宙連合の先遣隊のようなものが来ていたそうですが、どうなのでしょうか。くじら座タウ人は、イプシロンのエラダナス星系で大きなコロニーを保持しているといわれます。

・異次元世界からの高等知性体の影響力を認識する人々も増えてきているようです。アセンションの時代ですから世界的に沈黙のコンタクティが増えているのかもしれません。「パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の植民星が地球だ」そうです。が、「シリウス星人の地球支配があまりにも巧妙なので、しょっちゅう戦争が起こる」ともいわれているそうです。

・リラ星人のコンタクティ、フランスのクロード・ボリロン・ラエルによると「リラ星人のエロヒムが、人間を実験室で創った」と報告しています。リラ星人は人類に3万年進化しているそうです。が、どのようにして人間の精神を創るのか私たち一般人は、想像できません。グレイもバイオ・ロボットとかゼータ・レチクル星人だとかいろいろな説があるそうです。リラ星人のサタン(悪魔)や堕天使ルシファーは、遺伝子科学者の集団の名前だそうです。彼らも秘密裏に地球に来ているのかしれません。堕天使ルシファーもオリオンからやって来たそうです。グレイには、「ビーガン。シリウスA人の遺伝子から作られたグレイ」、「ゼータ・レティクリ1。地球人監視のためリゲル人が作ったグレイ」、「ゼータ・レティクリ2。遺伝子操作で作られたグレイ。爬虫類人に奉仕」などがいるそうです。バイオロボットを作れる凄まじく進化している異星人のようです。特に「ビーガン」という種族が、100%ネガティブな宇宙人の命令で動いているのかもしれません。



********************************
・ブログ名称: UFOアガルタのシャンバラ
日本は津波による大きな被害をうけるだろう
・第2のブログ名称:UFOパラレル・ワールド

「神の国か?」「人類の原郷か?」 「天上のエルサレムか?」・・・・・・・・・
「パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の殖民星が、地球か?」、「ネガティブのシリウス星人の地球支配があまりにも巧妙なので、しょっちゅう戦争が起こるのだろうか?」
「金髪碧眼のノルディックが住んでいたアガルタのシャンバラ情報の集大成を目指す・・・・・・・・・・」「金星蛇人と火星霊人の戦争はその後どのように展開したのだろうか」
「日本民族の神話の原郷『高天原(たかまがはら)』は、『都市型の超巨大宇宙船』なのか!?」「平家がプレアデス星人の末裔で、源氏がオリオン星人の末裔なのか」
「小人族のグレイの母船に同乗する金髪碧眼のノルディックは、”悪魔の王””ルシファー”なのか?!」
「円盤は神人や異人、悪魔の乗り物なのか!?」「天使は神の秘密諜報員なのか」「神は最初のフリーメーソンなのか」
「UFOは、人類の歴史が始まって以来、最も重要な現象なのか。UFO問題とは、人間にとっての死の問題を解くことなのだろうか。UFOはフリーメーソンの創作なのか」
「全宇宙を創ったという“虹の神々”も地球に来ているのだろうか」
「イルミナティなどのフリーメーソン組織に入ると神に会えるのだろうか」「金星の神々は地球に到着するやいなや、イニシエーションのためのフリーメーソン本部を設けたのだろうか」「フリーメーソン結社はこの大地が創出されるよりずっと前から、さまざまな太陽系をめぐって、存在していたのだろうか」
「国際連合の設立に動いたキリストの星、アプ星人とは」
「人は皆、記憶喪失の異星人だろうか」
「はるかに進化した天使のような宇宙人は、人間の守護霊や背後霊なのだろうか」「セドナ上空に見えないエーテルのシティが滞空するのだろうか」

グーグルのブロガーにも書いています→UFOパラレル・ワールド








【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい



このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:




◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
http://kuruten.jp/blog/tb/karasusan1122/422063
くる天
プロフィール
ヤマドリ1122 さん
UFOパラレル・ワールド 日本は津波による大きな被害を受けるだろう
地域:秘密
性別:男性
ジャンル:エンターテイメント 映画
ブログの説明:
チャネラーやコンタクティの情報を集めております。
カテゴリ
全て (861)
UFO (484)
森羅万象 (354)
アクセス数
総アクセス数: 33788
今日のアクセス: 17
昨日のアクセス: 30
RSS


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved