ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
2019年8月20日 19時48分
さて、国会が時間に極めて厳しいということ、これは記者時代から知っていた。しかし今、当事者になってみると、これも想像を超えていた。
 

『不安ノ解体』
青山繁晴 飛鳥新社  2019/3/28



<「中国人観光客頼み」という麻薬>
・そして中国はなぜ、ここまでやるのか。
 秘密会議の議事録によれば、中国の総領事は「当面の最大目標は米軍の撤退だ」と明瞭に発言している。

・さらに、日本がきちんと解決しきっていない重大問題も関わってくる。それは国連憲章の敵国条項である。

・日本の努力で、西暦1995年の国連総会で削除決議を採択した。ところがその後に必要な国連憲章の改正は実現しないまま放置され、したがって敵国条項はそのまま生きているという解釈も可能だ。

<では次に、国会とは何か>
<国会議員は評論家なのか?>
・代表例は国の借金の話だ。与野党を問わず、国会議員は「国の借金が1千兆円を大きく超えてしまっているから」という話が大好きだ。しかし借金というなら必ず、資産を入れ込んで考えねばならない。いかほど入れ込むかは立場によって意見が違うが、中立的に言えば国の資産のうち換金性のある分は少なくとも入れるべきだ。それはおよそ五百兆円近くある(異説あり)。
 するといちばん大事な議論は、この差し引き、つまり純債務がこれから増えるのか。減らせるのかという問題だが、借金が1千兆円を大きく超えてしまっては大変だという話にいつも数字が使われるから、そこへ議論が行くことはほとんどない。
 
<膨大な国費、税金の無駄遣い>
・三本柱の最後は、言論封殺である。
 ターゲットにされている稲田防衛大臣がやはり一議員のときには雑誌の対談で「長期的には日本独自の核保有を(中略)検討すべきではないでしょうか」と発言しているのを、野党が「撤回しろ」と迫った。

・しかし防衛大臣になったら言いがかりにもデマゴーグにも言論封殺にも国会審議で真顔で対応せねばならない現状は、明らかに膨大な国費、税金の無駄遣いだ。
 稲田さんも動揺しないで「内閣の方針に従うのみであります」と毅然と答えるべきだが、そう答えてもなお、不毛の質問は続く。

<ハングルの資料を配る野党議員>
・ところが日本の国会では、あろうことか予算委員会でハングルの資料を配る野党議員もいる。日本語はない。政府側の答弁が気に入らないと、予算委の野党側の理事は頻繁に委員長席に詰め寄って、短時間であっても議事を止める。しかし韓国国防省発行の資料がハングルのまま配られても看過される。与党側も問題にしない。実は、日本国の国会という意識が弱い。諸国に比べて極めて薄い。

<知られざる日々>
・意外なことを書こう。
 議員の任期が始まって三か月半、国会議員が礼儀正しいこと、時間に徹底的に厳格であること、そして国益のために見えない努力をしていることにいささか驚いている。

・もちろんオールドメディアが「政治家は悪者だ」と常に国民に刷り込むし、一部の実際に不遜な議員の振るまいが全体であるかのように報じるのもオールドメディアの宿痾であるし、結果として国民は政治家への憎悪をこころの底に積み重ねてしまう。こうした事実はある。それにしても外とうちの落差が大きすぎる。やはり国会議員は無意識に、仲間意識を強く持ちすぎているのではないか。互いに選挙を勝ち抜いてきたという気持ちが根っこにあるのだろう。
 憚りながら、わたしは選挙に「勝った」という意識は皆無である。

・だから当選のとき、万歳もせず、目を入れるダルマは用意せず、花も祝電も辞退した。祝うのは拉致被害者が帰ったときであり、メタンハイドレートが実用化されたときだ。
 国会議員の仲間意識が強すぎることが、例の白紙領収証の問題を生んだのではないか。

・しかし、どうも野党の追及が弱いと思っていたら、何のことはない、共産党の大阪府議も同じことをやり、民進党に至っては前総理の野田佳彦幹事長まで同じことをやっていた。
 政治資金集めに苦労をし、選挙にもお金がかかり、その仲間同士だからということで許し合っていた慣習なのだろう。
 ちなみに、わたしは政治資金集めのパーティを一切やらない。いかなる人からも1円も政治献金、寄付を受け取らないから当たり前である。したがって「お互いさまでパーティに出席し、お金を贈り合う」ということも起きない。そもそも領収書が発生しない。誇って言うのではありませぬ。政治資金集めは法で認められている。これから選挙に出ようかという人に、こういう選択肢もあると知ってほしいと頭を垂れて願う。

<午前4時5分から準備を始める>
・さて、国会が時間に極めて厳しいということ、これは記者時代から知っていた。しかし今、当事者になってみると、これも想像を超えていた。
 本会議は言うに及ばず、委員会への出席、新人議員の務めである国会対策委員会への集合などすべて1分の遅れも許されない。理由は関係ない。渋滞うんぬんが通用しないのは常識だが、他の委員会が長引いたといった理由も考慮されない。
 そして朝が早い。これも記者時代に熟知していた。夜討ち朝駆けの取材をしていたからだ。

・今は、朝8時から党本部で開かれる「部会」に参加するために午前4時5分から準備を始める。部会に出席するだけではなく、毎回、発言するからだ。
 
・この部会の存在こそ、わたしが無所属ではなく自由民主党を選んだ主要な理由の一つだ。「部会」は、外交・安全保障から農業、資源エネルギー、福祉、人権までありとあらゆる分野別に各省庁の局長やキャリア課長がどっと出席し、議員は自由自在に異見を言い、質問をし、それが議員の蓄積になるとともに法案の土台になる。
 すべての法案は、この部会で了承を得てから政調(政務調査会)、そして総務会と上がっていかねばならない。

・当事者になってあらためて実感したのは、その議論の真剣さである。ところが、一方で、二か月、三か月経つうちに分かってしまった事実もある。それは参加する議員がいつも同じような顔ぶれということだ。

<批判者ではなく当事者>
・前述したように、部会はほぼ全分野にわたって存在し、開かれる。だが、尖閣諸島をはじめ領土を護り、竹島と北方の領土を取り返すための部会や特命委員会など安全保障、外交をめぐるものは、参加人数が少ない上に、ほぼ同じような出席者ばかりになる。
 一方で農業や工業分野などについての部会は出席者がたいへん多い。
 つまりは票に結びつく部会は参加者多数、日本社会では票にあまりならないような部会は少数の限定参加なのだ。

・そして票に結びつくというのは、その議員の支持団体、支持組織に関りのある部会である。選挙のときに入れてくれるだけではなく資金も支え、家族票などの取りまとめもやってくれて、その代わりにもちろん団体、組織のために議員は国会で動く。
 それだけではないだろうが、そのためにも懸命に動く。
 わたしがこの夏の参院選に出馬を公示直前にようやく決意したとき、自由民主党本部の側から「何かの団体、組織を付けます。そうでないと、出馬表明がこんなに出遅れていて、当選はおぼつかない」という話があった。即座に、丁重にお断りした。

・ただただ祖国のために国会に行くのだから特定の団体、組織の支援を頂くわけにはいかない。それを頂けば、既得権益に挑戦することが難しくなることもあり得る。
 他の人の批判をするのではない。批判者ではなく当事者となり、おのれのささやかな動き、生きざまだけで、わずかなりに貢献をする。
 だからこそ毎朝のように4時から準備して部会に参加するのだが、ふと気づいて、議員会館のエレベーターのなかで政策秘書(公設)に聞いた。「これって、何もしないでいようと思えば出来るよね」
 かつてベテラン議員の私設秘書を務めたことのある政策秘書は「「そうですよ。楽をしようと思えば楽できるのが国会議員です」と答えた。「特に参議院は、一度、当選すると6年間選挙が無いですから、前半の3年ぐらいはゆっくりしようという議員も出てきます」

<報いなき献身>
・しかし一方で、票に結びつきにくい、参加者の少ない部会などで、単に参加するだけではなく役員あるいは首脳陣を務めているベテラン議員もいる。それも沢山の役職の兼任であるから、その負担はどれほど重いのか。
 たとえば「領土に関する特命委員会」というものがある。国防部会、外交部会のように部会という名を冠してはいないが、自由民主党政務調査会(政調)に属する部会の一種である。

・新藤さんは、同じ特命委で事務総長の佐藤正久参院議員、そして現在は防衛大臣の稲田さんと3人で韓国の(竹島ではなくその隣の韓国領の)鬱陵島に渡ろうとして空港で理不尽に阻まれた。そのうちの2人までが領土特命委の首脳陣を務めているわけである。
 稲田さんは閣僚当時はこうした部会の首脳陣に入ることができなかっただけだ。お二人は、ここでも他でもとにかく国家主権のあり方や安全保障・外交がテーマの部会はほとんど支えているのではないかと思うほどに、雛壇でお顔をよく見る。
 政界でヒナ壇といえばふつうは本会議場の閣僚席をさすが、この場合は、部会などの会場でいちばん奥の首脳陣の席のことだ。これらは事実上、報いなき献身である。

<議員本人の志だけ>
・わたしはこの新藤委員長とも佐藤事務総長とも、利害関係が一切無いのはもちろんのこと、ふだんのお付き合いもほとんど無い。
 それなのに突然、わたしは領土特命委員会の「幹事」に指名されて、いささか驚いた、ただの1年生議員である上に、そもそもこの委員会に毎回、出馬はしていても正式に属した覚えがない。属したくないのではなく、所属するための手続きが何も無いのである。
 それは国防部会や外交部会をはじめ、いかなる部会も、あるいは部会に関連した会も、入会したり所属したりする手続きが(部会長、副部会長以外は)無い。

・第一に、なぜ北朝鮮はわざわざ好んで危機を招くのか。また日本はこの危機への備えができているのか。できていないのなら、なぜ備えずに済ませているのか。これらが最も根本的で、深刻な問いだろう。
 そして大統領不在の韓国だけではなく、国会で危機を知らぬがごとくの審議、森友学園事件をめぐる不毛のせめぎ合いを続ける日本をみて「わたしたちのアジアはこれからどうなる」という深い不安もあるだろう。
 今回の北朝鮮危機は、本編起稿の西暦2017年4月6日から5月上旬までに最初のピークを迎える。

・仮にこの危機の第1次ピークが有事なく過ぎたとしても、それならそれで北朝鮮による核開発、弾頭ミサイル開発は一層、際限なく拡大していく。

<なぜ北朝鮮は温存されたか>
・人類が迎える危機としては、1960年代のキューバ危機以来の事態を迎えていると述べた。しかし真実は、キューバ危機より遥かに深刻である。
 キューバは、ソ連のフルシチョフ首相がキューバへの核配備さえ思い留まれば危機が去る単純なものだった。だが北朝鮮は自らの核開発を思い留まらない。
 なぜか。北朝鮮は中東で起きた現実をよく知って、学んでいる。
 北朝鮮は核、毒ガス、ウイルスの大量破壊兵器と、それらを運ぶミサイルの技術と現物をシリア、イラン、イラクをはじめ中東諸国に売るか、売ろうとする商売で生き延びてきた(当事国はみな否定)。中国の裏援助だけで、国連や日米の経済制裁を凌いできたのではない。これまで5度も核実験を重ね、やたら各種ミサイルを撃ちまくるのはカタログ販売のためだ。

・たとえば石油で金満のサウジアラビーアは、狭いペルシャ湾を挟んだ隣国のイラン、また国境線を守りにくい砂漠で地続きの隣国であるイラクが、こうした北朝鮮製の恐怖の武器を入手するのなら、もっと高値で北朝鮮から買い占めるしかなくなる。

・だから北朝鮮の金一族だけは、アメリカ、さらに中国がどれほど核開発を諦めさせようとしても強固に続けてきたのであり、まさしく、だからこそ北朝鮮だけはこれまでアメリカに温存されてきたのだった。

<嘘で塗りつぶされた半島>
・北朝鮮も国連に加盟している主権国家だ。正式には朝鮮民主主義人民共和国という。その「民主主義国」という名前からして嘘であるように、何もかも真っ赤な嘘で成立している。

・そこから始まる金一族の独裁には、一切の正当性がない。
 敗戦後の日本は、この北朝鮮に舐められて、自国民を次から次へと拉致され、それが露見してもなお、誰も取り返しに行けない。
 アメリカもこの北朝鮮を見逃してきたのは、被爆国の日本よりもずっと正確に原爆が人類に何をもたらすかを知っているからだ。

<個人の問題にすり変えるな>
・ところが北朝鮮の核開発が、アメリカの予想を大幅に超えて進展してしまった。直接の責任は、オバマ前大統領にある。
 シリアのアサド大統領がもしも内戦で自国民に毒ガスを使えばアメリカ軍を出すと言っていたオバマさんは、サリンが実際に使われると、あろう事かイラン革命防衛隊にアサド政府軍を懲らしめるよう頼んだ。
 イランが核開発を放棄する合意を、アメリカをはじめ西側諸国と結んだというのが言い訳になっている。ところが実際は、この合意は10年の間イランが大人しく、しかも核兵器の数や能力を控えめにするのならば開発して良しという合意だから、北朝鮮は「狂喜した」という。

<憲法9条の制約>
・さらに第2項は、その最後の一行にトドメのように「国の交戦権は、これを認めない」という、およそ主権国家としてあり得ない、国際法にありありと違反する定めを置いている。

・こうした外国による侵略に対峙するのは国であり、それが交戦する権限も無いのでは外交交渉そのものが成り立たないから、相手国の軍事力のやりたい放題になっている。
 これはイデオロギーや左翼、右翼で分かれる話ではない。単に事実そのままである。

・再登板後の安倍政権はテレビ、ラジオ、新聞、通信のオールドメディアすべてに徹底的に叩かれながら、限定的に集団的自衛権を行使できる安保法制を成立させた。国連憲章にも明記されている集団的自衛権だから、ようやく主権国家としての一部を恢復した意義がある。安保法制のできる前は、海外の邦人が危機に瀕しても救出、保護すらできなかったのも、できることになった。
 ところが憲法はそのままであるから、まさしく第9条の制約によって、その邦人保護は「当事国の同意」があるときしかできないことになっている。たった今の半島危機での当事国は、北朝鮮である。その北朝鮮がたとえばアメリカに攻撃されている最中に、これまで拉致被害者の帰国も拒んでいて突如、アメリカと同盟関係にある自衛隊が拉致被害者を救出するのを受け入れるのか。
 これだけでも恐るべき漫画である。

<愚者の楽園かのような>
・それでも無理に空想を逞しくして「北朝鮮がアメリカに許しを請う手段として、突然に日本に協力する可能性もないとは言い切れないのではないか」と言ってみても、実は安保法制による条件はあとふたつある。
 北朝鮮が国内の治安を維持していて自衛隊が戦闘に巻き込まれないこと、さらには、朝鮮人民軍がなぜか自衛隊と協力・連携してくれることも条件になっている。
 この、愚者の楽園かのような情況をつくる憲法9条第2項をそのままにして第3項で自衛隊を明記すると「陸海空軍でも、その他の戦力でもなく、主権国家としての交戦権も無い、何とも知れない組織」となり、下手をすると訴訟で、少なくとも下級審ではその第3項が無効とされかねないし、自衛隊が現在よりむしろ悪い地位に置かれて「無法の武装集団」と認定されかねない。
 現職の自衛官たちにこの「第2項温存案」を聞いてみると、強く首を横に振る士官ばかりである。
 いやしくも総裁がこのような提案をした以上は、自由民主党は現職の自衛官が制服で国会で証言できるように提案すべきである。当事者の意見を国民の前で聴けるようにせねばならない。

<拉致被害者の救出のために>
・わたしは答えた。「間に合わないと思われたのでしょう」。すかさず野党議員が「何に」と聞き返した。予想通りだ。「安倍総理の任期中に間に合わせたい」という話が、わたしの口から出るのを待っている。わたしは「拉致被害者の救出のために」と答えた。
 朝鮮半島危機のなかで拉致被害者を助け出すには、自衛隊を動けるようにしておかねばならない。だが憲法の解釈変更では現行の安保法制が限界だ。改憲を最低限でもせねば前述の奇怪な三原則を外せない。

・そしてわたしは西暦2017年12月に自由民主党本部で開かれた憲法改正推進本部で「早期に、かつ現実に9条改正を実現するためには、考えを変えて9条温存に同意します。しかし現状の自衛隊を固定してはいけません。自衛隊の明記だけでは足りません。本9条は自衛権の発動を妨げないという1項を加えることを新しく提案します」と発言した。
 信じがたいことに、この一回生議員の提案が実質、受け入れられ、9条に「自衛の措置をとることを妨げない」を加えることが、自衛隊の明記とあわせて自由民主党の正式案となった。

<国会審議のタブーを打破>
・拉致被害者の救出が、関係者の亡くなることによって間に合わなくなることにならないように、できるだけ早くやれる9条改正とする。それには賛成だ。それならわたしも「第2項の削除を主張していて早期の改憲ができるのか」という問いに晒されなければならない。
 では、どうするのか。
 ひとつには何より国民自身が「自分たちをさらに分断していくより、これまでの対立感情も抑えて、一致できる点を見つけていく」という新しい価値を考えてほしい。遠回りに見えて、これがいちばん近道である。
 もうひとつは、先ほど制服自衛官の国会証言を含め、国会議員のタブーを打ち破っていくことだ。
 わたしは選挙活動をせず後援会も作らず後援会長も居ず地元もなく、政治献金を受け取らず資金集めパーティもせず、派閥にも都道府県連にも属さない。
 国会議員としての活動は公設の3人の秘書と共にすべて、国事に打ち込んでいる。それでも自由民主党がわたしに質問させなければ、とっくに立ち往生している。ところが1年生議員の任期が始まってわずか9か月で7回の質問機会が回ってきた。

<まさかの事態の想定>
・すなわち北朝鮮からの反撃として、在日米軍が駐留する日本への弾道ミサイル攻撃があり得ることも政府としては当然お考えになっていると思いますけれども、極めて重大なテーマです。そのミサイル攻撃も、在日米軍基地だけではなくて、在日米軍の行動を制約する意図を持って日本の原子力発電所を含む重要インフラを狙う可能性も考慮せねばならないのではないでしょうか。

<日本の道を誤りかねない>
・敗戦後の日本ではほとんど誰も、天皇家のご存在のほんとうの意義や、皇位継承がなぜ父系でなければならないかを教わっていない。ましてや宮家について正確な学校教育など受けてはいない。わたしもまったく同じである。

・それを受け入れた自由民主党もまた、「女性宮家」の深刻なリスクに気づいていなかった。あくまで法律ではなく、新法の成立にくっつけられた附録に過ぎないからだ。

<日本の強さの根幹>
・日本を史上初めて占領したGHQが「日本の強さの根幹は天皇にある」と見抜き、皇室の弱体化をビルトインするために、敗戦当時に14家存在した宮家のうち、天皇陛下の弟君以外の実に11家までを皇室の外に出してしまった(臣籍降下)。

・関西のある英明な知事が、烈しい口調でわたしにこう仰ったことがある。「青山さん、旧宮家の復活なんて絶対に駄目ですよ。私がX国の大使館に居たとき、旧宮家の男性がやって来て女性のいる酒席から何から要求ばかり。すっかり駄目になっている」
 知事の真摯な言葉の背景は「皇籍離脱からもう70年以上が過ぎ、今さら帝にはふさわしくない」との意見が人口に膾炙していることだ。二千数百年の歴史にとって70年にいかほどのことがあろうか。皇籍を復活される方がひとり、あるいは少数ならともかく、さまざまな方がいらっしゃる。これを語るのはタブーに近いが、現在のご様子の調査は当然、必要になる。
 そしてこれは現在ではタブーであっても皇位継承の永い歴史ではふつうに行われてきたのである。ただ機械的に継承していただいていたなら、このように長年、続くはずもない。

・そのうえで、まだ成人されずずっと前の12歳前後の男系男子が6人もいらっしゃるのは、天皇家の長い歴史のなかで実は今は皇位継承が安定する時代なのだ。お子様であるから、成人のご乱行とは無縁だし、帝王学も今なら間に合う。そのお子様のいらっしゃる旧宮家を皇籍に戻すか、成人込みではどうしても嫌というなら(わたしは全くそう思わない。旧宮家にに対する不当な中傷に近いと考えるが)、お子様が現宮家にご養子として入って頂ければよい。皇室典範の簡素な改正で済む。
 元総理大臣である野田さんの暴走を許し、陛下のご譲位をめぐる立法措置に暗黒部分を挿入せしめてしまったのは、政治的妥協の産物どころではない。国会議員の信じがたい無知と怠慢によることを、わたしも含めて自覚せねばならない。

<総理大臣の発言の重さ>
・さらに通常国会は、森友学園事件と加計学園の一件で多くの審議時間と国費を費やしに費やした。
 森友学園事件は、理事長が公金を詐取した疑いの濃い刑事事件であり、国会ではなく司法が裁くものだ。

<拉致事件にも繋がっている>
・例えば拉致事件がなぜ解決しないのかということにも繋がる。拉致被害者と特定失踪者のために無償の努力を続けてきた荒木和博・拓殖大学教授はメールでこう語っている。
「国会で参考人として陳述した加戸守行・元愛媛県知事の言葉で『歪められた行政が正された』との発言は色々感じるものがありました。加戸さんは知事在職中も拉致問題には熱心に対応して下さりました。(中略)拉致問題など、歪められ続けた行政によって放置されてきた最もたるものと言えます」

<不安ノ解体ハ一日ニシテハ成ラズ>
・このように緩い組織運営が自由民主党の長所でもあり短所でもある。所属国会議員の自律した意思に任されていてやり甲斐がある。同時に、早い話がその議員にやる気があるかどうかに左右されっ放しである。

・わたしはプロの物書きだからこそ、講演と文章は違う。
 講演ではおのれの魂が命ずるままに、血と汗でおこなっている。
 この日、いちばん訴えたのは「異業種のひとよ、国会に出でよ、地方議会に出でよ」ということだった。世襲でもなく業界のつながりでもなく、ただ祖国を甦らせたい人は、選挙に出よう!女も男も関係ない。お金がなくても出られる!わたし自身、西暦2016年夏の参院選に参加したとき、選挙カーを借りて演説しただけだった。
 ハガキ一枚出さず、2016年6月22日の公示の数日前に突如、出馬表明して、準備は一切なにもなく、東京、大阪を中心に話して回っただけで、それを見知らぬ人々が撮影して動画をアップして下さった。それが選挙活動の全てだった。その動画の中身だけが当落も票数も決した。大金のかけようがない。



『大直言』
青山繁晴   百田尚樹  新潮社   2017/1/31



<共同通信社というのは左翼思想の非常に強い報道機関です>
・反日とまでは言いませんが、実質そう言われても仕方がないほど、日本の国益などは一切考えずに記事作りをしてきた通信社です。
 知らない人のために書くと、日本の地方新聞のほとんどが、政治や経済の記事は共同通信社の配信したものを載せています。政治的な社説もそうです。多くの地方新聞は共同通信社の書いた左翼的な社説を、そっくりそのまま載せるか、あるいは少し書き直して載せています。それを読む人はそんなことを知りません。「東京の全国紙のことなんか知らんが、おらが地元の新聞社が言っていることだから、本当のことだろう」と無条件に信じ込んでいます。現在、共同通信社の配信記事を載せている地方紙をすべて合わせると、1千万部以上になります。これは朝日新聞の実売部数の倍です。つまり敢えて言えば、日本の世論に最も大きな影響力を持っている「新聞社」は、朝日新聞でも読売新聞でもなく、共同通信社ということになります。

<平和を議論する>
<すでに「第3次世界大戦」と覚悟すべきだ>
(青山)これは一応、ぼくの本来の専門分野の話になるんです。日本で専門家というと学者や評論家のことを指すことが多いんですが、本当は実務者のことです。その実務者の間ではまさしく、百田さんがおっしゃったことに直結するのですが、「今は第3次世界大戦だ」といった議論が普通に行われています。
「第3次世界大戦」なんて言うと、大げさに聞こえるでしょうが、実務者の現実的なレベルではそういう認識がもう共有されている。
 1つは、サイバー空間の戦争。サイバー世界ではすでに世界大戦が起きている。中国はアメリカ人のアメリカ人の若いハッカーを雇って、人民解放軍の中にハッカー部隊を作っています。十代の少年にも巨額の契約金と特権や財産を渡している。そしてアメリカ国防総省のハッキングにすでに成功しています。

・その当時の中国人民解放軍は、アメリカの軍や行政機関のネットに侵入するのが主な狙いだったけれども、そのうちターゲットを企業にも広げてきた。日本でも有名なシリコンバレーに限らず、テキサス州のヒューストンをはじめ次世代の最先端企業に次々ハッキングを仕掛けている。
 サイバー戦争の特徴は充分な防御ができないことです。ファイアウォールを築くと言いますが、現実的には妨げない。だから防ぐかわりに、アメリカ軍の側も徹底的に攻撃するようになったんです。

(青山)自衛隊にもサイバー部隊はありますけれども、この分野においてまで専守防衛だなんて、ありえないことです。サイバー空間において「やられてから初めてやり返せる」なんて意味がありません。だから自衛隊も、本当は攻撃能力を持ったサイバー部隊、あるいは、今よりもはるかに高いレベルのサイバー攻撃部隊を早急に持たないと、日本だけが第3次世界大戦の敗者になってしまいます。
 また、「第3次世界大戦」ということで言えば、パリ無差別テロについて、オランド大統領が事件を「第3次世界大戦だ」といったニュアンスで語ったことがありました。この時、専門家—―実務者のことです—―は誰も大げさだとは思わなかった。

(青山)冷戦が復活したとか、いい加減なことを評論家、学者は言うのですが、全然復活してないんです。冷戦は復活してません。なぜかというと、アメリカがプレイヤーではなくなっているから。
 今起きているのは冷戦、コールドウォーではなく、ホットウォーです。潰したはずのソ連がロシアとしてプーチンの下、蘇ってきて、トルコを最前線とするNATOと戦争に入りかけている状態だと見るべきです。
 こうした状況下にもかかわらず、日本の安全保障の議論はあまりにもレベルが低い。

<「平和の使途」が戦争を起こす>
(百田)日本を利用したい、あるいは、日本を占領したい、あるいは、日本を痛め尽くしたいという国にとっては、日本はものすごく楽な国でしょう。スパイはし放題、あらゆる軍事機密は盗み放題。特定秘密保護法ができたとはいえ、刑はきわめて軽い。しかも軍隊はまったく動けない。仮に、日本の離島がどこか取られたとしても、動けないですよね、まったく。

<「平和を愛する」で思考停止するな>
(百田)よく「日本の平和国家としての評価は高い」というけど、実際はそうでもないんじゃないでしょうか。日本の研究家、日本をすごく研究している学者とかは、たぶん評価していると思うんです。しかし残念ながら、おそらく、国全体として見た場合は、まったく評価されてないと思います。というのは、どこの国もそうですけど、まず、第一に考えるのは自分のところの国益ですから。そうすると、日本の、いわゆる平和主義というのは、逆に、諸外国から見ると、いいように利用されている感じがします。

<政治家を議論する>
<政治家は覚悟を持て>
(青山)「青山さんは本気で拉致被害者を取り戻そうと考えているんですよね。本気でメタンハイグレートを日本の自前資源にしようと考えているんですよね。でも、それを言うだけなんですか。本気でやるんなら、ぼくたちと同じように血を浴びる覚悟でやったらどうですか」
 そんなふうに言われて、ちょっとムカッとしたんですよ。ぼくら民間人だって血を浴びる覚悟で実務を遂行している。リスクだって実際、山のように背負っていますから。
 百田さんが本を出すのだって、リスクを負っているわけでしょう。なのに、何を偉そうに政治家だけが特別であるかのようなことを言っているのかと、思いましたし、そんなふうに言い返しました」

・それからの1週間は本当に苦しい時間でしたよ。絶対に出たくない。おのれを売り込む選挙が嫌だし、出たらどこかから叩かれるのも目に見えていました。実際にすぐに『週刊文春』にまっ赤な嘘記事で攻撃と妨害をうけましたね。
 また、公費で生活の一部でも賄うことにも抵抗がありました。

<国会議員に資格試験を導入せよ>
(百田)わたしはいまの政党でいえば、自民党を支持していますが、ただそれは、他の政党が酷過ぎるから、というところがあります。実際には自民党にも醜い議員はたくさんいるんですよ。国益を考えていないような議員もいます。自分のことしか考えていない。いや、自分のことならまだマシです。中国、韓国の国益を優先しているようなのもいます。売国的な政治家もいます。

・(青山)ぼくは自民党から出馬するといっても、自分の存在意義は自民党の「腐っている」部分を打ち破るところにあると考えていました。だから組織、団体の応援もすべてお断りしたし、安倍総理の応援演説もお断りしました。組織、団体に支えられて当選すればどうしてもその既得権益を守る議員活動に堕してしまう。
 ぼくは、本来、参議院議員はボランティアでやるべきだと考えているんです。現状、歳費などで年間2144万円、それに加えて毎月、文書通信交通滞在費百万円が支払われています。ぼくが議員になって辛い気持ちを感じる理由の一つは、こういうお金を税金から頂いていることです。食うや食わずの方が納めた方々の税金をこういう形で頂くのがとても心苦しい。
 実ところ、全額返上したいと申し出たのですが、それをやると憲法違反ですと総務省に指摘されました。また当選後に寄付すると、まさしく違法な議員の寄付行為です。だから頂いているのですが、本当にこれは心苦しいんです。ぼくが居るあいだに参議院のボランティア化は無理でしょうが、いずれ実現してほしいと思います。

・(百田)調理師には調理師免許があります。弁護士になるには司法試験、医師になるには医師国家試験に受からないといけない。多くの仕事で資格試験があるわけです。医師あたりは人の命を預かる仕事なんだから、厳しい試験があって当然でしょう。
 ところが、国会議員になるには、何の資格も要らない。そのことをあまり不思議に思わない人が多いけれども、国会議員は国の命運を左右する仕事ですよね。当然、国民の命を左右する仕事と言えます。ですから、ある意味で医師や弁護士よりも責任の重い仕事なはずです。
 ところが、現実には、そこらで歌を歌っていたような姉ちゃんや、スポーツしかやってこなかった人がなっている。もちろん、そういう職歴がいかんというんではないですよ。もっとレベルの低い人もいるでしょうから。
 だから、わたしは国会議員になるには、ペーパーテストを課してもいいんじゃないか、と思っているんです。歴史観、国際状況、最低限の法律知識等々。何も上位何人だけを合格にしろと言っているわけじゃない。ある一定の知識を得ている者だけが、国政に出られる権利が与えられる。
 こういうことを言うと、必ず「差別だ」と言う人が出てくる。学歴の低い人に不利じゃないかとか、全部の人を平等に扱えとか、ね。でも、それを言い出したら、医者になるには大学の医学部を出ないといけないのに、それを誰も差別とか言いませんよね。国会議員が無試験というのはおかしいと思う。
(青山)たしかに差別だと言う人もいるかもしれませんが、他の多くの仕事が資格を要求しているんだから、当然ですね。もしも配慮をするのであれば、議員になるための学校があってもいいかもしれません。中学しか出ていなくても知識が足りないのだけれども、国政を目指したい、というような人を養成する機関のようなものをつくればいい。

<二重国籍の政治家は論外だ>
(百田)もう一つ、国会議員の「資格」ということで触れておきたいのは、民進党の代表になった連坊さんの二重国籍問題です。私はもう「政治家の二重国籍は絶対に駄目」だと考えています。
(青山)同感です。

・(青山)敗戦後の日本の特徴として、国会議員の中にも残念ながら国家を否定するような思想の人がいますからね。また、たとえ自民党の議員であっても、国家観も何もないような人もいる。こんなことは他国ではありえません。左右いかなる立場であっても、国家というものを土台として考えない議員がいるなんてのは日本くらいです。

<政治家は一度は民間で働け>
(百田)もう一つ、議員の人に希望したいのは、民間で一度は働いたうえで政治家になってほしい、ということです。これは制度化が困難なのはわかっているんですが。
 税金、仕事、金融の問題等に関して立法するにあたって、民間で働いたことのない人はズレてしまうと思うんです。一般社会のことがわかりませんから。
 その典型が民主党政権のときの公約でした。彼らは随分バカな公約をしましたが、なかでも酷いと思ったのが「高速道路無料化」ですね。そんなことをしたらどうなるか、民間で働いたことのある人ならわかるはずなんです。
 当然、高速を使う車が激増する。渋滞が頻発する。そうなると、日本の物流が一挙に壊滅的なダメージを受けますよ。東京だけで1千万以上、首都圏で3千7百万人もの人がいます。

<そんな想像力すらないのは、民間での経験がない議員が多いことと関係している>
(百田)少し前にパナマ文書が明るみに出て、タックスヘイブンが話題になったことがありましたね。あの時、タックスヘイブンを利用している日本人は少なくて、しかも政治家の名前は出てこなかったけれども、それは別に日本の政治家が清潔だからではありません。タックスヘイブンを使わなくてもいいシステムが日本にあるということです。要は、親の後援団体、政治資金団体を子供が、まったく税金を納めずにそのまま相続できるようになっているから、わざわざタックスヘイブンを利用する必要がないというだけ。このこと自体も大きな問題ですが、結局こういうシステムがあるから、世襲議員が多いのです。
(青山)ちなみにぼくは後援会も作っていませんし、言いましたように組織や団体の支援も一切、受けていませんからご安心ください。
 さきほど参議院議員は本来はボランティアと言いましたが、議員は自分の知識や経験を使って公に奉仕する仕事だ、ということが前提です。他の議員にそうしろと押し付けることはしませんが、ぼくはそうします。ぼくが6年間それを貫いたくらいでは、全体が変わるわけではないでしょうが、そういう議員が増えていって、いつか色々な職業の人が、議員として己の知見を無償で提供するような日本であればいいな、と思います。
 
<地方議員は無給にせよ>
(百田)国会議員も酷いけれども、本当は地方政治家も酷い。やはり家業になっていて、世襲が横行しています。しかも、国会議員よりもはるかに暇で、仕事がない。
 このことを言うと、地方議員出身の国会議員の人は怒るんです。「あんた、どれだけ仕事が多いか知らないだろう」と。
 でも、「嘘つけ」と言いたいですね。そもそも市会議員や県会議員には大した権限はない。条例はつくれますが、それは別に彼らでなくてもいい。市長、県知事でもつくれるから議員である必要はない。
 では、何のためにいるのか。建前としては、首長の暴走を止めるためだ。チェック機関だ、と言っています。しかし、本当にそれをきちんとやっている議会がどれだけあるか。
 そのくせ政務活動費まで含めると、大変な高収入です。たとえば神戸市の議員報酬は政務活動費も含めると約2千万円。大都市はみんなそんなものです。
 それでどれだけ働いているかといえば、議会の会期は年間80日程度。その労働時間だけでいえば、パートタイマーの年収くらいでもいいはずなんですよ。
 実際にヨーロッパでは地方議員はボランティアというのは珍しくありません。ほとんど無報酬でせいぜいわずかな必要経費、月に数万円程度が出るだけです。功成り名を遂げた地元の名士、裕福な人がリタイアしたあとに無償で議員をやることが多いんですね。アメリカはヨーロッパよりも高いのですが、それでも1千万円には満たない。
 ところが日本では小さな町や村の議員ですら、その地方に住んでいる人の平均年収の倍くらいもらっているのがザラです。欧米と比較しても、明らかに日本だけ高すぎる。これはおかしいですよね。
(青山)おかしいです。本来は、少なくとも参院議員は無償にするやり方もあるんじゃないかというのは前にもお話しした通りです。
(百田)それで、その仕事が家業になっていて、何代も続いている。こういうのを誰が直してくれるんやろうか、と本当に歯がゆく思います。
 問題は、彼らの給料を下げるには、彼らの同意が必要だという点です。だから全然改革は進まず、下手をするといまだに上げようとしているところまである。その点、橋下徹前大阪市長や、松井一郎大阪府知事は偉いと思いますよ。自分たちの給料をどんどん下げていったわけですから。

・(百田)いや、他の人は次の選挙のためにお金を集めないといけませんからね。もう1つ、国会議員について不満なのは、国会を休むやつが多いという点です。酷いやつは半分以上休んでいて、3分の1くらいしか出ないといいます。それでも歳費は他の議員と変わらずにもらえる。

・(百田)平気で地元にこもりきりで次の選挙対策ばかりやっている。こんな議員はクビにすべきでしょう。ちなみに一番国会に真面目に出ているのは、わたしの嫌いな共産党です。

・(百田)選挙区ひとつとっても、どういう形が正しいのか難しいですよね。小選挙区制も中選挙区制も一長一短で、それぞれ欠点はある。ただ、わたしは小選挙区制は死に票が多くなる点で問題があると思っています。それと小選挙区制は、何かのブームが起こった時に、極端な結果となってあらわれる。2009年の政権交代がその典型ですね。

<シルバー民主主義に対抗せよ>
(青山)さきほど歳費を頂くことが、しんどい、辛いと言いましたが、議員になってしんどい、辛いことはあって、それは「1票入れたんだから、言うことを聞け」という人がとても多いということです。当選後、大量にメールなどで要望がきます。
 それも政策の提言などならいいんです。政治家にそれを伝えるのは当然でしょう。けれども、個人的なことも多いんですよ。隣の家との境界の問題とか。「青山さんなら偉そうにせず、庶民の気持ちがわかってくれると思って1票を入れました。私は会社でも大変な思いをしており、家に帰れば境界線の問題で苦しんでいます。青山さんであれば高い所からものを言わず、わかってくれると思い………」という調子で、とても丁寧に要望を寄せてくださる。ご期待はありがたいのですが、こうしたものに全部目を通して、それを基に対応していると、ぼくもどんなに無理をしても1日24時間しかないですから、本来の公の仕事ができなくなります。
 お気持ちはすごく伝わります。ただ、有権者の方も政治に対する考え方がすこしズレている場合があるのではないかと感じます。



『世界はこう激変する』 
 2016-17長谷川慶太郎の大局を読む
◎米国利上げで浮かぶ国、沈む国 ◎悪貨(中国元)が世界を脅かす
◎IS不況のヨーロッパ ◎好調な米国、堅調な日本が世界を牽引する
長谷川慶太郎   李白社  2016/2/12



<結局、イランとサウジとは実害のない範囲内での争いに終始するだけである>
・宗教指導者の処刑に対して中東各地でシーア派の人々によるサウジへの抗議デモが巻き起こり、イランの首都テヘランでは抗議デモの民衆の一部が暴徒化してサウジ大使館を襲撃し火炎瓶などを投げ付けた。そのため1月3日にサウジはイランとの外交関係を断絶すると発表、翌4日にはバーレーンとスーダンもイランとの外交関係を断絶すると表明し、UAEも駐イラン大使を召還して外交関係の格下げを決めた。サウジとイランの両国はそれぞれシリアとイエメンで代理戦争を繰り広げている。それが今回の問題で面と向かってぶつかる様相となってきた。両国の外交関係が緊迫化すれば全面的な紛争に発展するとの報道も出始めた。

・中国経済についていえば、きわめて悪くなっているのは確かだ。だが、2014年のドルベースの名目GDPで世界全体に中国の占める割合は13.4%でしかない。たとえ中国経済がゼロになっても世界経済に対する影響は13.4%のショックに留まる。とすれば世界経済も中国経済の崩壊で一時的短期的には沈んでも、それが長期化することはありえず、すぐに再浮上する。
 日本についても中国の隣国だから中国経済が崩壊すれば日本経済に悪影響が及ぶという錯覚を世界の投資家が持っているだけだ。確かにそれで一時的には日本の株価も大きく下がるだろう。しかし日経平均は短期間のうちに必ず元に戻る。中国のパニックで株価が下がれば、むしろ押し目買いのチャンスなのである。

・水爆実験に成功したと称している北朝鮮はもはや断末魔である。崩壊したら北朝鮮難民が韓国へと押し寄せて来るが、そのとき、韓国は日本から援助を受けなければならない。だから最近の慰安婦問題でもわかるように韓国も日本に歩み寄ってきているのだ。北朝鮮の難民問題では日韓両国のほかアメリカをはじめとする国際社会で対応していけば解決の方向に持っていけるだろう。

・回復してきたアメリカ経済が世界経済を力強く引っ張っていくし、日本経済もアベノミクスが第二ステージに入って徐々に勢いをつけてきている。先行きには何も心配はない。

<新三本の矢と1億総活躍社会>
<アジア諸国のなかでさらに高い地位を占めていく日本>
・2016年は中国経済の失速によって東アジアの政治構造と経済活動の基盤が変わる可能性があって、東アジアにとって決定的な年となりうる。
 だが、日本は東アジア周辺諸国で何が起ころうと安泰だ。それは第一に日本が世界で最も多くの余裕資金を保有している国だからである。しかもそれは長期にわたる融資の対象となる資金だから、その下で日本経済にも揺るぎがない。第二には、日本経済が世界で最も高い技術水準を身に付けているということだ。その結果、日本から特許を買わずには世界のどの国も経済活動を満足に行うことができない。第三には、日本の科学の水準が世界的に高いということだ。その証拠に2000年以降ではノーベル賞における自然科学3部門の受賞者は16人(アメリカ籍取得の2人も含む)を数え、これはアメリカに次いで2位である。イギリス、ドイツ、フランスを抜き去っており、今後もこの3ヵ国については日本が追い抜かれるどころか、逆に引き離してしまうだろう。
 以上の3つはいずれも他の東アジア諸国には存在しない大きな財産である。この3つをうまく活用することによって日本経済は東アジアでの政治危機、経済危機の進行と関係のない安定した成長ができる。

・ただし日本は東アジアでの冷たい戦争を遂行するうえでアメリカをサポートし、冷たい戦争に打ち勝つための西側世界の中核でもある。2016年は東アジアでの冷たい戦争が終結するかもしれない。そのときには東アジアの政治情勢、経済情勢は激変を遂げていくだろうが、東アジアで何が起ころうと日本は我関せずの態度を取るべきだ。すなわち東アジアの政治情勢、経済情勢の激変を対岸の火事として静観することが求められる。
 今後、日本は東アジアだけでなく東南アジアや中央アジアにおいても、現在のドイツがヨーロッパで占めている以上の高い地位を占めるようになる。なぜなら今や日本からの資金援助なしには東南アジアや中央アジアのどの国も公共事業投資ができないからだ。

<ハードランディングしかない中国経済>
<ボディーブローのように中国経済を弱らせていく天津での爆発>
・中国経済は悪化の一途をたどると予測される。上海株の乱高下の一つの背景にはまず中国経済全体にわたる金融の拘束、すなわち金詰まりがある。加えてもう一つが中国の北半分の物流が大きく支障をきたしているということだ。
 原因は2015年8月12日深夜に起こった天津市での爆発である。

・こうした状況はいわば徐々に効いてくるボクシングのボディーブローのようになっており、当然ながら中国の経済危機を一段と深刻化させ、金詰まりを一層厳しいものにしていく。天津港を含む浜海新区の復旧が終わらない限り、そのボディーブローは終わらないどころか、どんどんきついものになっていくだろう。
 となるといずれ華北の広範な地域で企業の大量倒産が起こりうる。それは即大量の失業者の量産につながる。2016年はこのような中国の経済危機に端を発した社会不安がどこまで広がるか、言い換えれば、それは習近平政権がどこまで抑えることができるかが問われる年になる。

<ダンピング輸出向け鉄鋼の減産で国有企業のリストラが始まる>
・輸出量が増えるうえに輸出価格は安いというのだから、中国のダンピング輸出に対して反ダンピング課税などの措置を取る国も増えてきているが、各国の鉄鋼メーカーには生産量を落として耐え忍ぶしかないというところも少なくない。生産量を落とすためには操業短縮だけでは不十分なので、高炉の閉鎖や従業員のリストラに追い込まれるところも出ている。
                                                  
・であれば中国政府としても、いよいよ鉄鋼生産で1億トン分を減らすということだ。それはまた同時に中国の鉄鋼業界で働いている30万人の労働者のうち少なくとも1万人前後のクビが飛ぶということにほかならない。
 1億トン分の鉄鋼生産を減らすというのは、これまで強気だった中国政府も急失速する中国経済の現実に向き合わざるをえなくなったことを示している。日本の経済界の訪中団と李克強首相との会談の模様を見て、中国に進出している日本企業も現地法人の本格的なリストラに乗り出したのだった。

<中高速成長の維持と一人っ子政策の放棄は何をもたらすのか>
・中国もデフレ時代に入っている。もはや安かろう悪かろうの時代は終わったのだ。だから中国でもこれまでのような量的な拡大は不可能であり、また量的な拡大を目的にする経営計画も成功しない。必ず過剰生産が生まれて売れ残りが大量に発生する。しかし少しずつでも良い製品をつくっていきさえすれば必ず生き残る道が開けるから、技術の研究開発が不可欠となる。

・ただし中国のバブルは弾けてしまった。となったからには6.5%以上の中高速成長は無理だ。中国経済についてはもはやハードクラッシュしかない。問題はハードクラッシュの後で中国企業がデフレ時代に対応して生き延びていけるかどうかということなのである。

・人口減少となれば、当然ながら世界の工場としての中国の役割は終了するばかりか、中国の経済成長もおぼつかなくなる。けれども少子高齢化が始まっている中国において、一人っ子政策の撤廃が人口増に結び付くということもない。このまま少子高齢化が続いて中国経済が落ち込んでいくのは避けられないのである。

<不良債権を抱えた国有企業の処理で窮地に立つ習近平政権>
・それで習近平政権は今回の中央経済工作会議の方針でも国有企業の再編ということで御茶を濁している。この再編とは国有企業を合併させるだけのことにすぎない。そういう生ぬるいやり方ではいずれ国有企業がいくつも潰れていくだろう。となるとやはり大量の失業者が発生する。
 ハードランディングでも御茶を濁しても大量の失業者が生まれるということだ。大量の失業者は社会不安を引き起こす。今や習近平政権は国有企業の問題で窮地に立っているのである。

<爆発の可能性が大いにある人民解放軍> 
<南シナ海の人工島領海を自由に航行し始めた米ミサイル駆逐艦>
・したがって中国海軍は最初から米海軍はもとより海上自衛隊とも戦争がする気がないということだ。負けるとはわかっている戦争をする軍人はいない。中国海軍もそういう状態である。

<陸軍中心の軍構成を改めて7軍区を4戦区に統廃合する>
・廃止された3軍区は4戦区のなかに吸収されることになるが、組織改革とともに軍縮も同時に進め、現在の兵力230万人から30万人が削減される予定だ。

<人民解放軍の大規模改革は習近平の危険な賭け>
<この大規模改革は失敗する可能性がきわめて高いのである>
・しかし空軍の力の拡大も陸軍には許せるはずがない。もし陸軍が完全に習近平首席および中国共産党に反旗を翻したらどうなるか。人民解放軍の最も基本的な役割は国内の治安の確立である。中国経済は急速に落ち込んできているから企業のリストラで多くの失業者が生まれて収入のないホームレスも増えていく。ホームレスが増えていくとそれが社会不安につながって国内の各地で激しい暴動が頻発するに違いない。そのとき、中国共産党に背いている陸軍が、お手並み拝見とばかりに何の動きもしなければ国内の治安は回復できないだろう。中華人民共和国も崩壊の淵に立つことになるはずだ。



『自民党ひとり良識派』
村上誠一郎   講談社   2016/6/15
誰よりも自民党を愛するからこそ覚悟の正論!



<日本をおかしくした5つの法律>
・私は最近の自由民主党の方向性を非常に心配しています。
 昔と違ってなぜ自由闊達な議論のできない「不自由民主党」になってしまったのか。

・私の自民党衆議院議員生活30年間、自民党が国会に提出した法案で、私が猛然と反対を表明した6つの法案があります(うち一つは廃案)。

1987 スパイ防止法(廃案)
1993 小選挙区比例代表並立制
2005 郵政改革法案
2013 特定秘密保護法
2014 公務員法改正案
2015 集団的自衛権の行使容認

 これらの6つの法案によって自民党は徐々に変容し、現政権による集団的自衛権の行使容認」という、解釈改憲、立憲主義の否定に至るのです。

<小選挙区制導入で劣化した議員の質>
・国民の支持率が高いあいだは官軍ですから、政権の言いなりになって、ウケのいい政策だけを言っている方が楽ではないでしょうか。自らあれこれと政策を考える必要がない。ただ、党の言うことに、従っていればいい。
 逆に従っていないと、次の選挙では公認はもらえないし、比例代表では、よい名簿順位をもらえなくなります。
 小選挙区比例代表並立制とはそのように政治家が選挙とポストだけを考えてしまうようになる制度なのです。その結果、選挙とポストのすべてが官邸や党幹部次第ということになるのですから、時の権力者の言いなりになってしまう危険性をはらんだ選挙制度だと私は思います。

<言うことを聞けないのなら自民党を辞めろ!>
・「自民党をぶっ壊す」
 というのが、その時のセリフですが、実は特定郵便局というのは、自民党田中派以来の経世会の有力な支持母体です。「自民党の経世会支配をぶっ壊す」というのを感じました。
 ともかく、小泉政権の郵政選挙で「郵政民営化」に反対した自民党の政治家はすべて公認を取り消され、その上に刺客まで送り込まれました。
 郵政民営化反対を言ったら政治家が政治生命を奪われたのです。「俺の言うことを聞けないのなら自民党議員を辞めろ!」と。

<小選挙区比例代表並立制は即刻廃止せよ!>
・小選挙区制はできるだけ早く見直すべきだと思います。
 小選挙区制が政権交代で民主党中心の連立政権をもたらして失敗、さらに解釈改憲を許す遠因となったわけですから。
 衆議院選挙制度の抜本改革を目指す議員連盟は2011年に発足しています。中選挙区制の復活を議論する議連で、選挙制度に欠陥があるというのは、今や自民党、民進党はもちろん、社民党や共産党など各政党すべての共通認識なのです。

・そもそも、私が最初から反対していたように、斡旋利得罪と連座制の強化を行っていれば、選挙制度を中選挙区制から小選挙区制にしなくても、金のかからない選挙ができたのです。

 ちなみに、私が考える選挙制度改革は、150選挙区定数3人は良いとしまして、実現は難しいでしょうが、一人2票制にするのはどうかと考えています。
 義理やしがらみで1票を投じる有権者も多いでしょうが、残った1票は、政党なり政治家の政策に対して投じてもらいたいのです。もちろん、2票とも、継続的に支持している議員に投票しても構いません。
 これによって、個々の政治家の政策の継続性がある程度、担保されますし、人の顔色、雰囲気、風頼みといった、およそ政策とは無関係な事柄が政治活動に悪影響を及ぼすことを排除できるのではないでしょうか。

<派閥崩壊がもたらしたもの>
・中曽根首相から、2回連続の当選の重要性を指導していただいたというわけです。
 さらに、中曽根首相自身が、初当選後からずっと、日本の今なすべき政策は何かを考え続け、これと思う政策や提言には真摯に耳を傾け、重要だと思う政策等はすべて大学ノートに書き留めてきたという話がありました。
 私は中曽根元総理の精神を取り入れ、今も政治活動のため収集した資料や、制作をパワーポイント化して、国政報告、講演の場ではすべてパワーポイントを使って説明することにしています。

<河本派に所属した理由>
・このような環境の中で育った私は、東大に進学したあと、司法試験を目指していました。ある日、農林大臣、郵政大臣、三木内閣の官房長官を歴任した、当時、三木派の重鎮だった井出一太郎先生が私に会いたいと言ってきました。
 井出先生は、私の顔を覗き込むようにしてこう言いました
「君は票が取れそうな顔をしているな」

・「政治家には休みはありません」
 そのときに河本先生からは、座右の銘が“政治家は一本の蝋燭たれ”だということなどを伺いました。蝋燭は、わが身を焦し周囲を明るくするのだ、と話されました。
私は、この先生についていこうという決心をしたのです。

<議論するより携帯で撮影>
・初当選の頃、ある先輩が、
「自民党は1回生でも10回生でも発言は自由であり、皆、黙って聞いている。しかしアナタが発言している間、頭のてっぺんからつま先まで人物鑑定しているんだよ。発言する場合はよく勉強して理論武装を完璧にしておけよ」
 と、忠告してくれたことがありました。
 徐々に、その助言が、先行きの政治活動に大きな影響を及ぼすことになることがわかってきたのです。政策をめぐって意見をするのは自由ですが、しっかりと勉強をしておかなければいけません。逆に何か問われてもきちんと反論や返答ができるようにしておかなければいけないのです。
 しっかりした議論ができて初めて、派閥や党の幹部に認められて大事な仕事を任されるようになっていくのですから、我々が若い頃は、部会や党の税制調査会等が言わば登竜門、大切な真剣勝負の場のひとつでした。

・若手の皆さんが自分のツイッターやブログなどの更新に熱心なようなのです。もちろん政策の議論がないとまでは言いませんが、どちらかというと勉強会や部会に参加したことを、有権者に情報発信することに重きを置いているような気がします。
 せっかくの真剣勝負の場、政治家としての質を高める場が十分に生かされていないのではないでしょうか。

<部会や勉強会の形骸化が、政治の劣化、政治家の劣化につながっているような気がします>
・それもこれも、次の選挙が不安だからだと思います。政治家として、確立した選挙基盤と支持者との信頼関係が構築されていないことに原因があるのではないでしょうか。

・小選挙区制が導入されて、小泉政権以降、派閥が力を失った結果、自民党も野党も政治家の質が落ち、知性や専門性を持つ人物は、だんだん少なくなっているのです。

<自民党が健全だったころ>
・小泉政権以降、現在の安倍政権まで、天下の自民党がこのようなことをしてはならない、総裁辞めなさい、などと言える雰囲気が自民党に残っているでしょうか。
 今は何も言わず、選挙の公認をはずされるような問答無用の状況に追い込まれるのですから。
 若手から、政権幹部まで今はあまり見識が感じられないのです。

<意見が言えない優秀な官僚たち>
・国民の皆さんは誰が政治をやっても変わらないとよく言われますが実は違います。政治や行政が失敗したら取り返しのつかないことが起こるのです。小選挙区制の導入が政治家に人材が集まらなくなった要因ですが、公務員法の改正で官僚にも人材が集まらない危険性を持っているのではないか。非常に憂慮しています。

・公務員法を改正してしまった結果、官僚たちが本音と正論を言いにくくしてしまったのです。公務員法改正は、国民の皆さまには関心が薄いか、あるいは日本の意思決定を遅らせたり、無責任な行政が続くのは官僚制に原因があるから、良いことなのではないかとみる向きも多いでしょう。けれども、実はこの法律によって有能な官僚が意見を言えなくなってしまったのです。

<政権に迎合する官僚ばかりになる>
<遠ざけられた財務省>
・財務省の影響が落ちたのは1998年に発覚した大蔵省接待汚職事件からで、官僚は小狡い輩と国民からみられるようになりました。

<官僚を活用できない>
・公務員法改正は能力本位にするためだと言いますが、政権に異を唱えるような言動をすれば、人事権をいつでも発動できるという脅しが効いています。

<名こそ惜しけれ>
・「名こそ惜しけれ」とは、名を汚すような恥ずかしいことをするなという日本人独自の道徳観だというのです。
 ところが、司馬遼太郎が想像もしなかったような政治家の不祥事が、大臣の収賄報道から若手議員の女性スキャンダルまで、2016年に入って続出しているのが、今の自民党なのです。言語道断です。
 いくら官僚たちが、「清潔」だったとしても、公務員法改正で、彼らに「ニラミ」を利かせやすくなった政治家たちに問題があったとしたら、「この国の将来のかたち」は、いったいどうなってしまうのでしょうか。

<最優先事項は財政再建>
<金融緩和、自国通貨安で繁栄した国はない>
・つまり、アベノミクスはこの3年半の間、ずっと金融緩和と当初の機動的財政出動によって経済を刺激し続けているだけなのです。実体経済は、すなわち賃金上昇と個人消費は、デフレ下の経済状況からなんら変わりがありません。新たな提案もしくは産業による雇用の創出が求められてきましたが、骨太の成長戦略が打ち出されないままですから、アベノミクスは金融緩和に頼っただけの経済政策であったという結論になります。

・2015年4月、安倍首相は「来年の2月までに物価目標2%を達成できないのであれば、アベノミクスは失敗であったと言わざるを得ない」と発言しました。約束した期日はとうに過ぎているのですから、その一点だけを考えても、アベノミクスはうまくいっていないと言わざるを得ません。
 実態経済が伴わず、自国通貨を安くする経済政策で繁栄を築いた国はどこにもないのです。

<子や孫にツケを回してはならない>
・このまま、量的緩和でお金をばら撒いていけば国債の金利の上昇を招き、国債の価値は暴落するかもしれません。国債を保有している個人、銀行、生命保険会社や日銀が大きな損を被り金融資産を失うとともに、悪性のインフレになりかねません。
 そこまでいかなくても、成長戦略の成果がないままお金をばら撒いているので、賃金が上がらないのに物価が上がる傾向が出てきます。

<国民一人当たりの借金額は830万円!?>
<消費税は予定通り10%に>
・では、この経済状況をどのように乗り切ればいいのかと言えば、やはり、財政再建を行うことが日本の経済危機の最善の処方箋なのです。国が安定すれば、経済活動も活発化し、国民は安心して暮らすことができるのです。
 そのためには、予定通り消費税を10%に引き上げ、財政再建路線を明確に打ち出すことで、国民も国際社会も日本に対する信用を取り戻すことができるのです。

<社会保障改革へ>
・私は、消費増税を予定通り10%に引き上げるという主張をしました。私自身の選挙を考えればマイナス材料となるばかりですが、日本のため、国民のため、次の世代のためを思えば、反発されることを承知で消費増税を有権者に説得し続ける覚悟です。選挙のための間違った財政政策、経済政策はやるべきではありません。

<中福祉・中負担>
・社会保障制度についても、現在は高福祉・低負担でありますが、将来、中福祉・中負担への改革を提案したいと思っています。
 自分の受けたサービスに見合う費用は受益者負担として応分に負担しなければならないと思うのです。方策としては、電子レセプト、電子カルテルの活用、末期医療の改革、オーバートリートメント(過剰診療)の解消、初診システムの見直しなどが挙げられます。

<人口問題と移民政策>
・要は、国民はすでに、アベノミクスでは経済再生は一朝一夕には立ち直ることがないとわかってしまったのです。政治に対して国民はまったく期待感が持てないということが、徐々にわかってきているのではないでしょうか。

・これまでの経済統計から、日本の潜在成長率は1%程度しかないことがはっきりしていますので、税収を50兆円とすれば、翌年には5000億円の税収増しか見込めません。これ以外のほとんどは赤字国債に頼っているのが日本の財政実態なのです。1300兆円の借金を返すには直ちに消費税を30%近い高水準にしなければならないという試算を財務省が公表していますが、これほど、財政状況は危険水域に達しているのです。

・一方で、人口は減り続け、生産年齢人口は2010年時点で8000万人と推計されています。2030年には17%前後減り、6700万人と予想されています。人口減少によって十数年後には50兆円の税収も見込めないことになるのです。一刻も早く、財政再建をしなければならないということがご理解いただけると思います。
 そこで、私は、自民党内で移民問題検討会議のメンバーとなり、移民受け入れのルール、有り様を模索しています。

・20年前からヨーロッパ並みの消費税率にしていれば、私たち世代が作った膨大なツケを子や孫に回すことにはならなかったのではないでしょうか。私たち政治家がこうした将来設計を怠り、国民への説明を避けてきたというそしりは甘受しなければならないのです。



『リフレはヤバい』
小幡績   ディスカバー携書   2013/1/31
アベノミクス 円安、インフレで国債暴落から銀行危機、そして日本経済危機へ



<リフレとは、インフレをわざと起こすことである>
・この金融政策を支えているのが、リフレ派と呼ばれるエコノミストや
経済学者であり、その政策をリフレ政策という。
 メディアは、このリフレ政策を中心とする安倍首相の経済政策に関する主張をアベノミクスと呼んではやし立てた。

・なぜ、インフレを意図的に起こすことである「リフレ政策」が悪いのか。日本経済が崩壊する可能性があるからだ。
 確かに日本経済は停滞している。構造的変化も必要だ。しかし、それはリフレでは実現できないし、それどころか、日本経済が破滅してしまう恐れすらある。

・それは、リフレが国債を暴落させるからである。国債が暴落するのは、円安と名目金利上昇となるからだ。国債が暴落すれば、国債を大量に保有している銀行は、経営破綻に追い込まれる。銀行が破綻あるいは、その危機に陥れば、すなわち、銀行危機となる。貸し渋り、貸しはがしとなり、中小企業はひとたまりもない。
 このときに、国債が暴落しているから、政府が銀行に資本注入して救済しようとしても、その資金を調達するために発行する国債を買ってくれる人がいない。それを日銀に引き受けさせようとすれば、それはさらなる国債暴落を招き、銀行の破綻は加速する。
 これこそ、スパイラル的金融危機だ。

・リフレ政策は、インフレをいったん起こしてしまうと、そのインフレが制御不能になってしまうことが問題なのではない。インフレを起こせないのに、インフレを起こそうとすることが問題なのだ。
 インフレが起きないのに、インフレを起こそうとすれば、歪みだけが蓄積する。その歪みが副作用という言葉を超えて、日本経済を危機に追い込むことになる。

<円安戦略はもう古い>
<通貨価値上昇=国富増大>
・経済学的には、通貨は高いほうが基本的にその経済にはプラスなのです。自国の資産はほとんどが自国通貨に連動していますから、国富の増大とは、通貨価値の上昇にほかならないのです。

・このように、自国の国富、とりわけ、土地や企業などのいわば国の経済を動かす「資産」を守るためには、自国の通貨が値下がりすることは、最も避けなければいけないことなのです。

<フローからストックの時代へ>
・しかし、オイルショックを経て、1980年代から世界経済の構造は変わったのです。右上がり成長の時代は終わり、低成長時代に入りました。
 この時代、内需成長の限界から、各国が輸出競争に走ったのかというと、そうではありません。かつて日本は1980年代、米国との貿易摩擦が激しく、また、1985年のプラザ合意以後は急激な円高が進みました。このため、通貨安競争、輸出競争こそが、21世紀の今の日本の戦うツールと戦場だと思っている人が多いのですが、それは現実とはまったく異なります。
 世界の先進国は低成長時代を迎え、低成長、つまり年々の所得の伸びに限度があるのであれば、これまでに蓄積した国富を有効活用しよう、膨らませよう、という時代に入りました。
 つまり、フローからストックの時代に入ったのです。フローとは毎年の所得。フローの積み重ねがストックで、年々のGDPの積み重ねが国富、国の資産になるわけです。

・80年後半の日本の国際的な存在感も、円高、株高、不動産高による急激な資産拡大がもたらしたものであり、貿易黒字というフローではなかったのです。

・したがって、1980年代以降はストックの時代。そのストックの時代には、通貨は高いほうがいい。ストックが、つまり、資産が高く評価されるということですから。

・時代は変わったのです。通貨は安いほうがいいというのは、1970年代までの古い常識なのです。

<円安戦略では、日本は勝てない>
・時代そのものが変わったので、通貨は強いほうがよくなったのですが、日本が変わったことも、日本にとって円が強いほうが国益になる第2の理由です。

・日本はもはや超成熟経済国家です。高齢化ばかりに話題がふられていますが、実は、これまでのノウハウなど蓄積がものすごい。経済にとって大きな財産が蓄積されています。
 同時に、日本文化やライフスタイルが、世界的に貴重で価値あるものだと思われています。
 今や、日本そのものの価値、社会の価値はものすごいものなのです。

・そして、これらの貴重な資産は、経済的には、円またはドルで金銭的に評価されます。ですから、この評価をグローバルには下げることになる通貨安というのは、問題外なのです。
 通貨を安くして韓国と競争するという発想自体が時代遅れであり、おかしいのです。

・そして、韓国のような国は世界中にたくさんあります。それらのすべての国と戦うのは、美学としてはいいかもしれませんが、無理です。本来日本が有利な土俵ではありません。日本のよさが最大限発揮できる、きちんとした利益が出る土俵で戦うべきなのです。

 日本の土俵とは、今から大規模投資をして、コスト競争、品質競争をするような分野、スタイルではなく、ソフトの戦いとなる土俵。つまり、人間のアイデアや文化、ライフスタイルの厚み、歴史、独自性が発揮されるような分野です。そういう分野に力を入れて稼ぐべきなのです。

<大事なことは、通貨安競争をすれば日本は負ける、ということです。>
・日本の場合は違います。下手に通貨を安くしたら、上場企業がドル建てで見たら割安になってしまう。あとから追いかけてくる国、自分たちではとうてい日本が築き上げたノウハウを生み出せない国が、カネでノウハウの詰まった企業を買ったり、優秀な技術者を高い年俸雇ってしまったりするのです。

・ですから、日本は通貨安競争などするべきではない。日本以外の成熟国で通貨安競争をしている国はありません。
 ドイツがユーロ安のおかげで輸出が好調で景気がいい、というのはユーロ圏のなかの一領域の話なので、例外です。日本で言えば、東京だけが好調だというのと同じことです。ユーロ全体では、ユーロの価値を維持することに必死なのです。

<ドル思考で広がるグローバル戦略>
・第3にビジネスモデルが古い、円安志向の理由として、時代認識、日本の世界経済における位置づけの認識、これらが共に古いということを述べてきたのですが、さらに、世界経済で戦う個々の企業レベルでも、ビジネスモデルが古いのです。だから、超大企業のトヨタですら円安を喜んでいるのです。

<グローバル企業とは、ドルで経営戦略を考える企業。そういう企業のことです。>
・米国だけが、世界ではありません。しかし、通貨においては、ユーロの登場により相対化が進んだといってもやはり基軸通貨はドルなのです。とりわけ金融市場においては、すべてはドルです。そうであれば、ドルをどれだけ増やすか。それを軸に据えた企業。それがグローバル企業なのです。

・その場合、円高になると、日本本社のドル価値が上がります。円建ての自社の株式の時価総額が上昇します。これをどう利用するか?
 コストが安いという理由だけで、生産拠点を移すのは、実はよくありません。なぜなら、為替レートは変動するので、一時的なレートの安さでそこを選んでも、高くなってしまう可能性があるからです。

・為替がずっと円高なら、いつでもいい企業を見つけた瞬間に買えます。毎日がバーゲンセール。それも、円という世界に住んでいる自分たちだけへのバーゲンセールなのです。このチャンスを逃してはいけません。

<日本企業の価値の源泉>
・こういう状況においては、逆説的ですが素晴らしいモデルをひとつつくり上げて、それを世界に売り込むというのが、ひとつの道です。

・日本企業が日本企業であり続けるためには、日本という「場」、東京という「場」、あるいは京都という「場」、日本の本社や研究所が立地するその「場」が、何かそこでしか生み得ないものを生み出す「場」でないといけません。

・ドルで戦略を考え、生産拠点、市場をグローバルなポートフォリオと考え、同時に、企業の根源的な価値を生み出す「場」を日本に据え、世界のどの企業とも違う企業であり、世界唯一の製品を生み出し、それを世界市場に打ち出していく。

<クルーグマンは間違っている>
・クルーグマンの理論には、同時にもうひとつ大きな前提があります。それは、消費者は十二分な資産や所得があるということです。

・一般的なインフレーションでは、多くのモノの値段が上がるわけですから、生涯の所得が減るのであれば、今から少しずつ倹約しなければなりません。日本経済の将来は依然として不安で、公的年金の将来の支給額の減少や将来の消費税の増税などを考えると、さらに不安になってきます。
 ですから、現在、デフレに対応して広まっている節約生活が、一時的な負景気対策ではなく、生涯にわたるものになります。日本の消費者の大多数は、倹約家になり、インフレの下で景気はさらに悪化することになるのです。

・駆け込み需要を促すような役割をマイルドなインフレが果たすためには、給料、所得も、インフレに連動して同じ額だけ上がらないといけません。
 同時に、消費者は、十分に所得または資産があって、お金が余っている人でないと、モノの値段が上がってしまう前にあらかじめ買っておこうとは思いませんから、駆け込み需要があるとしても、それは、相当なお金持ちだけの話なのです。

<デフレスパイラルは存在しない>
・一方、デフレスパイラルも話も誤りで、価格だけが勝手に動くと考えているところがおかしいのです。
 もう一度整理すると、デフレスパイラルとは、物価が下がり続け、それにより、企業の売り上げが減り、それに応じて給料が下がり、その結果、人々が消費を減らし、その結果、モノの値段はますます下がり、この悪循環が継続し、経済は縮小し続ける、ということでした。

・物価が下落するには理由が必要です。そして、それは需要不足です。マクロレベルでも、ミクロレベルでもそれは同じです。企業は売れないから、価格を下げる。経済全体で需要が弱いから売れないので、すべての企業は価格を下げる。だから、全体的な価格が下落し始める。
 つまり、物価が下落する結果、景気が悪くなるのではなく、景気が悪いので、需要が弱く、その結果が物価の下落となるのです。
 ですから、デフレスパイラルというのは存在しないのです。

<リフレではなく何をするか?>
・日本経済にとって必要なのは、雇用です。それ以外はありません。なぜなら、人間こそが、経済を動かす力であり、社会を豊かにするものだからです。
 人間は必要とされていないと活力を失います。必要とされることのひとつがお金を得るために働くということです。

・人的資本の蓄積をもたらす雇用。そういう雇用を増やす。これが唯一の日本経済の改善策です。

・人的資本の蓄積をもたらす雇用とは、働くことによって学ぶ機会があり、やりがいを持って働くことができる仕事です。
 その学びとは、仕事上の蓄積もあれば、人間としての成長ということもあります。個人は成長し、充実感を得ることによって幸福を感じ、そして何より、働き手として、価値のある労働力になっていくのです。これで日本経済は成長します。

<人的資本の蓄積は、とりわけ若年層にとって重要です>
・ですから、政策としては若年雇用の確保、そして、その質の向上。これに全力を挙げるべきです。
 この具体策は、また改めて別の機会にしたいと思いますが、ひとつの提案は、学校をつくることです。日本には素晴らしい学校もあり、一方、役に立たないと言われている大学もあります。
 素晴らしい学校のひとつである、高等専門学校、いわゆる高専を拡大、充実させます。

・この高専を、工業以外の分野にも広げ、充実させるのです。
 農業、漁業。これは、2011年の大震災の被災地に建設するのがいいと思います。被災地に必要なのは、人なのです。そして、質の高い仕事、雇用なのです。

・これからは、工業はもちろん、農業、漁業でも、グローバルに活動していく必要があります。そのチャンスがあります。そのために、これまでの高専に加え、大学院を併設します。大学はいりません。

・若年だけではありません。高齢者も人的資本が蓄積できるように、学校をつくります。定年退職後、働く意欲も能力もある人がたくさんいます。しかし、その場面がない人もいます。そこで、もう一度、教育を受けて、これまでの経験に加えて、その時代のニーズに合わせた知識や技術を身につけて新しい仕事をするのです。これまでの経験とシナジー(相乗効果)が生まれるかもしれません。

・中年層も同じです。これからは、海外の工場と低賃金争いをして、従来と同じように比較的単純な作業の雇用まで守ろうとしても無理です。日本人技術者は、プレイヤーではなく、これからはコーチになるのです。プレイングマネージャーでもいいかもしれません。一線で働きつつ、新興国へ赴任、出張して、現地の労働者、スタッフのコーチになるのです。
 そのためには、技術そのもののレベルが高いだけでは駄目で、異文化の労働者、技術者、スタッフをリードするコーチとしての能力と経験が必要になってきます。そういう学校、教育も必要です。

・日本経済は、新しい現在の世界経済構造のなかで、新しい役割を担うのです。その場合もすべては「人」です。その「人」に、新しい構造のなかで、新しい役割を持たせ、新しい働き方をつくる。そのために、政府の政策は動員されるべきなのです。



『円高・デフレが日本を救う』
小幡績  ディスカヴァー携書  2015/1/31



<21世紀最大の失策>
・しかし、やったことは間違っている。現実経済の理解も間違っている。戦術的に見事である以外は、最悪の緩和だった。
 結果も間違い。現実認識も間違い。最悪だ。
中央銀行としては、21世紀最大の失策の一つとも言える。なぜか?

・まず、原油下落という最大の日本経済へのボーナスの効果を減殺してしまうからだ。日本経済の最大の問題は、円安などによる交易条件の悪化だ。原油高、資源高で、資源輸入大国の日本は、輸入に所得の多くを使ってしまい、他のものへの支出を減らさなければならなくなった。これが今世紀の日本経済の最大の問題だった。交易条件の悪化による経済厚生の低下として経済学の教科書に載っている話そのものだ。

・その結果、他の支出へ回すカネが大幅に減少した。雇用が増え、勤労所得が増えても、資源以外は買えるものが減り、より貧しくなったという生活実感だった。
 この実感は、数字的にも正しく、輸入資源以外への可処分所得が減少したのである。これが実感なき景気回復である。

・影響は原油だけではない。円安が急激に進むことによって、多くの生活必需品、原材料が高騰した。パソコンや電子機器の部品を含めて輸入品はすべてコスト高となった。我々は貧しくなった。

・そして、さらに根本的な誤りがある。テクニカルだが、将来の危険性という意味では最も危険で致命的な誤りがある。
それは、誤った目的変数に向かって戦っていることである。
誤った目的変数とは、期待インフレ率である。期待インフレ率とはコントロールできない。
それをコントロールしようとしている。不可能なことを必死で達成しようとしている。
この結果、政策目的の優先順位まで混乱してしまった。期待インフレ率のために、あえて日本経済を悪くしてしまっている。

・異次元緩和という、長期にはコストとリスクを高める政策をわざわざ拡大して、わざわざ日本の交易条件の悪化を目指している。長期のコストとリスクを拡大することにより、短期的に日本経済を悪くしている。しかも、それをあえて目指している。
 21世紀中央銀行史上最大の誤りだ。

<量的緩和による中央銀行の終焉>
・ここで、量的緩和のリスクについて触れておこう。
 量的緩和とは、現在では、実質的には国債を大量に買い続けることである。これはリスクを伴う。国債市場がバブルになり、金融市場における長期金利、金融市場のすべての価格の基盤となっている価格がバブルとなるのであるから、金融市場が機能不全になる。
 それを承知で、すなわち、バブル崩壊後の金融市場の崩壊のリスクは覚悟のうえで、国債を買い続けている。中央銀行が買い続けている限りバブルは崩壊しないで、そのバブルが維持されている間になんとかしよう、という政策である。

・この最大のリスクは、財政ファイナンスだと見なされることである。それによって、中央銀行に対する信頼性、貨幣に対する信任が失われることである。
 財政ファイナンスとは、政府の赤字を中央銀行が引き受けるということである。実質これが始まっている、という見方もあり、アベノミクスとは異次元の金融緩和に支えられた財政バラマキであるという議論も多い。 

・財政ファイナンスに限らない。貨幣およびその発行体である中央銀行に対する信任が失われるのであれば、その原因は、きっかけは何であれ、中央銀行は危機を迎える。危機と言うよりも終わり、中央銀行の終焉である。
 量的緩和は、あえて、自己の信用を失わせるような手段をとりつつ、信用を維持することを目指すという綱渡りのような、非常に危うい政策なのである。

<米国FEDと日銀の根本的違い>
・実は、国債などを大量に買い入れるという、この「量的緩和」は米国も行ってきた。
しかし、「量的緩和」は前述のようなリスクを伴う危うい政策である。このような危うい政策は、どこかで脱出しないといけない、できれば、勝ち逃げして逃げ切りたい、つまり、景気刺激といういいとこどりをして逃げ切りたい……。

・米国中央銀行FEDは脱出に成功しつつある。出口に向かい始めたのだ。しかし、日本は脱出に失敗するだろう。なぜなら、米国FEDとは根本的に考え方が違うからだ。日銀は、達成できない目標を掲げ、その達成に向けて全力を挙げているからだ。

・なぜ、米国が成功し、日本が失敗するのか?
 米国は、インフレターゲットは手段であり目的ではない、ということをわかっているからだ。
 彼らは、2%のインフレターゲットを掲げながら、インフレ率が2%に達していなくても、出口に向かい始めた。なぜなら、目的は米国経済だからだ。失業率が十分に下がれば、インフレ率がターゲットに達していなくとも、異常事態の金融緩和を解消し、正常化に向かい始めるべきだ、と判断したのだ。米国は手段と目的を取り違えていないのである。

<期待インフレ率を目的とする致命的誤り>
・なぜ「期待インフレ率」を目標とすることが、そこまで致命的に誤っているのか?もう少し詳しく述べておこう。
 第一に致命的なのは、目標を達成する手段を持っていないことである。
 期待インフレ率という目標を達成する手段を中央銀行は持っていない。手段のない目標は達成できるはずがない。だから、これは永遠に達成できない目標であり、たまたま運良く経済インフレ率が2%に来て、そこにたまたまとどまってくれることを祈るしかない。これは祈祷である。祈祷だから、異次元であることは間違いがない。



『「新富裕層」が日本を滅ぼす』
金持が普通に納税すれば、消費税はいらない!
武田知弘 著  森永卓郎 監修  中央公論新社 2014/2/7



<必要なのは経済成長や消費増税ではなく、経済循環を正しくすることなのだ>
・世界の10%以上の資産を持っているのに、たった1億数千万人を満足に生活させられない国・日本、必要なのは経済成長や消費増税ではなく、経済循環を正しくすることなのだ。「富裕層」と「大企業」がため込んで、滞留させている富を引っ張り出し、真に社会に役立てる方策を考える。

<バブル崩壊以降に出現した“新富裕層”とは?>
・今の日本人の多くは、現在の日本経済について大きな誤解をしていると思われる。たとえば、あなたは今の日本経済について、こういうふうに思っていないだろうか?

・バブル崩壊以降、日本経済は低迷し国民はみんなそれぞれに苦しい。

・金持ちや大企業は世界的に見ても高い税負担をしている。日本では、働いて多く稼いでも税金でがっぽり持っていかれる

・その一方で、働かずにのうのうと生活保護を受給している人が増加し、社会保障費が増大し財政を圧迫している

・日本は巨額の財政赤字を抱え、少子高齢化で社会保障費が激増しているので消費税の増税もやむを得ない

・これらのことは、きちんとしたデータに基づいて言われることではなく、経済データをきちんと分析すれば、これとはまったく反対の結果が出てくるのだ。

<消費税ではなく無税国債を>
<日本経済の最大の問題は「金回りの悪さ」>
・「失われた20年」と言われるように、日本の経済社会は、長い間、重い閉塞感に包まれて来た。アベノミクスで若干、景気は上向いたものの、消費税の増税もあり、今後、我々の生活が良くなっていく気配は見えない。
 なぜこれほど日本経済は苦しんでいるのか?
現在の日本経済の最大の問題は「金回りの悪さ」だと言える。

・政府は、財政再建のために消費税の増税にゴーサインを出した。しかし、消費税は「金回り」を悪くする税金なのである。消費税を導入すれば、もともと大きくない内需がさらに冷え込むことになる。また消費税というのは、国全体から広く浅く徴収する税金なのである。

・筆者は、お金の循環を良くして財政を再建するために、ある方法を提案したい。それは、「無税国債」という方法である。

<「無税国債」とは何か?>
・無税国債の狙いは、国民の金融資産1500兆円の中に眠る“埋蔵金”を掘り起こすことにある。

・実は無税国債にはモデルがある。フランス第四共和制下の1952年、時の首相兼蔵相のアントワーヌ・ピネー(1891〜1994年)が発行した相続税非課税国債である。
 フランスは当時、インドシナ戦争で猛烈なインフレが起きて財政が窮乏していたが、時限的に相続税を課税しないピネー国債を出したところ飛ぶように売れ、ただちに財政が健全化して戦費の調達もできた。これをブリタニカ国際大百科事典は「ピネーの奇跡」と書いている。

<莫大な個人金融資産を社会に役立てることができる>
・ただ、この個人金融資産を社会に引っ張り出すのは容易なことではない。個人金融資産は、個人の持ち物である。これを勝手に国が使うことはできない。国が使うためには、合法的にこの資産を引っ張ってこなくてはならない。
 もっとも手っ取り早いのは税金で取ることである。しかし、個人金融資産に税金を課すとなると、非常な困難がある。というのも、金持というのは、税金に関して異常にうるさいからだ。国民の多くは気づいていないが、この20年間、富裕層に対して大掛かりな減税が行われてきた。個人金融資産がこれだけ激増したのも金持ちへの減税が要因の一つである。

<極端な話、無税国債は返さなくていい借金>
・個人金融資産は1500兆円あるのだから、750兆円を無税国債に置き換えるというのは、夢の話ではない。ちょっと頑張れば可能なことなのである。
 750兆円を税金で徴収しようと思えば、大変である。消費税率を10%に上げたとしても、20兆円程度の増収にしかならない。もし消費税によって財政の健全化をしようとすれば、税率15%にしたとしても40年近くもかかるのである。

・またもし税率20%にすれば、日本の国力は相当に疲弊するはずである。消費が激減し、景気も後退するだろう。そうなれば、予定通りの税収は確保できず、さらに税率を上げなくてはならない。日本経済はどうなることか……。
 消費税に頼るよりも、無税国債をつくる方が、どれだけ健全で現実的かということである。

<無税国債は富裕層にもメリットが大きい>
・そして無税国債の販売にも、そう問題はないのである。「マイナス金利の国債?そんな国債を買うわけはないだろう」と思う人もいるだろう。確かに、ただマイナス金利というだけならば、買う人はいない。しかし、この国債には、相続税などの無税という恩恵がついているのだ。
 これは富裕層にとって、かなり大きなメリットと言える。

<実は日本は社会保障“後進国”>
・あまり知られていないことだが、日本の社会保障というのは、先進国とは言えないくらいお粗末なモノなのである。
 本来、日本は世界有数の金持ち国なのに、社会のセーフティーネットがお粗末なために、国民は安心して生活ができないのである。
 今の日本人の多くは、「日本は社会保障が充実している」「少なくとも先進国並みの水準にはある」と思っている。
 しかし、これは大きな間違いなのである。日本の社会保障費というのは、先進国の中では非常に低い。先進国ではあり得ないくらいのレベルなのだ。

・そして、この社会保障のレベルの異常な低さが、日本経済に大きな歪みを生じさせているのだ。日本人が感じている閉塞感の最大の要因はこの社会保障の低さにあると言ってもいいのだ。

・日本は、先進国並みの社会保障の構築を全然してきていない。社会保障に関しては圧倒的に“後進国”と言えるのだ。

・また昨今、話題になることが多い生活保護に関しても、日本は先進国で最低レベルなのだ。

・日本では、生活保護の必要がある人でも、なかなか生活保護を受けることができないのだ。

・日本の生活保護では不正受給の問題ばかりが取りあげられるが、生活保護の不正受給件数は全国で2万5355件である。つまり生活保護には不正受給の数百倍の「もらい漏れ」があるのだ。

<なぜ経済大国日本に「ネットカフェ難民」がいるのか?>
・日本では、住宅支援は公営住宅くらいしかなく、その数も全世帯の4%に過ぎない。支出される国の費用は、1500億円前後である。先進諸国の1割程度に過ぎないのだ。しかも、これは昨今、急激に減額されているのである。1500億円というのは、国の歳出の0.2%程度でしかない。
 フランスでは全世帯の23%が国から住宅の補助を受けている。その額は、1兆8000億円である。またイギリスでも全世帯の18%が住宅補助を受けている。その額、2兆6000億円。自己責任の国と言われているアメリカでも、住宅政策に毎年3兆円程度が使われている。
 もし、日本が先進国並みの住宅支援制度をつくっていれば、ホームレスやネットカフェ難民などはいなくなるはずである。

・日本は他の先進国よりも失業率は低い。にもかかわらず、ホームレスが多かったり、自殺率が高かったりするのは、社会保障が圧倒的に不備だからなのだ。日本の自殺率は、リストラが加速した90年代以降に激増しており、明らかに経済要因が大きいのである。

<税金の特別検査チームを!>
・税金の無駄遣いをなくし、必要な支出をきちんと見極める。
 そのためには、予算をチェックするための強力な第三者機関のようなものをつくるべきだろう。
 今の日本の税金の使い道というのは、複雑に絡み合ってわけがわからなくなっている。これだけ税金の無駄遣いが多発しているのは、税金の使途の全貌を把握している人がほとんどいないからである。

<平成の“土光臨調”をつくれ>
・今の行政制度、官僚制度ができて60年以上である。いや、戦前から続いている制度も多いので、100年以上になるかもしれない。
 同じ制度を100年も使っていれば、絶対に矛盾や不合理が生じるはずである。

<先進国として恥ずかしくない社会保障制度を>
・財界も参加した第三者機関により、社会保険料の徴収と分配も合理的に考えることができるはずである。これまで財界は社会保険料を取られるだけの立場だった。そのため、なるべく社会保険料を小さくすることを政府に要求し続けてきた。

・これまで述べてきたように、日本の社会保障制度というのは、先進国とは言えないほどお粗末なものである。
 しかし世界全体から見れば、日本はこれまで十分に稼いできており、社会保障を充実させ、国民全員が不自由なく暮らすくらいの原資は十二分に持っているのである。
 今の日本の問題は、稼いだお金が効果的に使われていないこと、お金が必要なところに行き渡っていないことなのである。

<「高度成長をもう一度」というバカげた幻想>
・バブル崩壊以降、国が企業や富裕層ばかり優遇してきた背景には、「高度成長をもう一度」という幻想があると思われる。

・そういう絶対に不可能なことを夢見て、やたらに大企業や富裕層を優遇し続けてきたのが、バブル崩壊後の日本なのである。

<今の日本に必要なのは「成長」ではなく「循環」>
・極端な話、景気対策などは必要ないのである。

 必要なのは、大企業や富裕層がため込んでいる金を引き出して、金が足りない人のところに分配することだけなのである。

・大企業や富裕層がため込んでいる余剰資金のうち、1%程度を差し出してください、と言っているだけなのである。
たったそれだけのことで、日本全体が救われるのである。

<国際競争力のために本当にすべきこと>
・バブル崩壊後の日本は、「国際競争力」という“錦の御旗”のもとで、企業の業績を最優先事項と捉え、サラリーマンの給料を下げ続け、非正規雇用を激増させてきた。

<無税国債は一つのアイデアに過ぎない>
・何度も言うが、バブル崩壊後、富裕層や大企業は資産を大幅に増やしている。その一方で、サラリーマンの平均収入は10ポイント以上も下がっている。
 国民に広く負担を求める消費税が、いかに不合理なものか。

・もう一度言うが大事なことは、一部に偏在しているお金を社会に循環させることなのである。

<日本の企業はお金をため込み過ぎている>
・この10年くらいの間に大企業はしこたま貯蓄を増やしてきた。「内部留保金」は、現在300兆円に迫っている。

<設備投資には回らない日本企業の内部留保金>
・「バブル崩壊以降の失われた20年」などという言われ方をするが、実は、日本企業はその間しっかり儲けていたのだ。
しかも、それに対して、サラリーマンの給料はこの十数年ずっと下がりっぱなし(一時期若干上がったときもあったが微々たるもの)である。リストラなどで正規雇用は減らし、非正規雇用を漸増させた。

<「日本の法人税は世界的に高い」という大嘘>
・しかし、実は「日本の法人税が世界的に高い」というのは大きな誤解なのである。日本の法人税は、確かに名目上は非常に高い。しかし、法人税にもさまざまな抜け穴があり、実際の税負担は、まったく大したことがないのである。法人税の抜け穴の最たるものは、「研究開発費減税」である。

<バブル崩壊以降、富裕層には大減税が行われてきた!>
・そもそもなぜ億万長者がこれほど増えたのか?
 その理由は、いくつか考えられるがその最たるものは、次の2点である。「相続税の減税」「高額所得者の減税」
 信じがたいかもしれないが、高額所得者は、ピーク時と比べれば40%も減税されてきたのである。

<実は、日本の金持ちは先進国でもっとも税負担率が低い>
<金持ちの税金は抜け穴だらけ>
・前項で紹介した大手オーナー社長のような「配当所得者」に限らず、日本の金持ちの税金は抜け穴だらけなのである。だから、名目上の税率は高いが、実際はアメリカの2分の1しか税金を払っていない、ということになるのだ。

<相続税も大幅に減税された>
・バブル崩壊以降、減税されてきたのは所得税だけではない。相続税もこの20年間に大幅に減税されている。


________________________________________
■■■ 私が思うこと、聞いたこと、考えること ■■■


・著者の青山繁晴氏も特異な政治活動をしているといわれます。拉致事件も40年以上も経ちましたが、解決にいたっていませんが、担当者や関係者は大変な努力・苦労をしているのでしょう。被害者もその家族も大変可哀想です。とかく評判の悪い「外務省」に責任があるといっても仕方がないようです。元警察官僚が「警察がしっかりと対応しておれば、このようにならなかった」と指摘されています。私たち一般人は、不思議に思います。ある評論家によりますと「拉致問題はこれから40年かけて、北方領土はこれから70年かけて解決すべき」といわれます。プロの外交官の実力でも対応できないようです。平和主義者が数十年間、「平和」を叫んでいても拉致事件程度の問題も40年以上も解決できないと指摘されています。

・内政・外交共に難題山積みですが失政続きで国民が不安を覚え、国民が恥をかくといわれます。政治の費用対効果の向上、行政サービスの効率等、問題は山積みといわれます。「「官僚と政治家、どっちが勝つか」こんな評論も多い。他の先進国から見たら噴飯ものだ」とも伝えられています。「時期尚早」という言葉が、頻繁に使われ、その都度改革が遅れてきたと指摘されています。「2番手戦略」で高度成長時代を過ごしてきましたが、「過密日本の狭い国土が諸悪の根源である 」という認識で松下幸之助は、国土の創成を主張したといわれます。国土の狭さが「失われた20年」「失われた30年」を招いたのかもしれません。
「内政の失敗は内閣を1つ倒せば済むが、外交の失敗は国を滅ぼす」、「戦争は、武器を使ってやる外交であり、外交は、武器を使わないでやる戦争である」と指摘されています。

・政治の世界では、「さまざまな面で改革が遅れている」と指摘されています。それでは分け前の分配、再分配がうまくいかなくなります。「仕事の対価」としても議員の報酬の妥当性が問題として指摘されています。憲法や国会、地方議会を作ったときの「制度目的」の欠陥が酷くでてきているといわれます。そこで政治の改革がなかなかすすまないといわれます。「政治に関心のないひとはいるが、政治に関係のないひとはいない」そうです。1票の格差が大きいと政権の正統性が疑われるといわれます。「政治家が劣化している時代だ」ともいわれています。「改革が遅れているのは本当に優れた官僚や政治家が登用されていないからだ」といわれます。
「数千万円から数億円の政治資金の相続は大きい」と語られています。「政治は税金なり」といわれますが、税制が劣化してきているともいわれます。「国民が政治を嘲笑している間は嘲笑に価する政治しか行われない」と語られています。

・「失政」が増えている時代に、私たち一般人は、政治意識を高めていく必要があるそうです。「政務活動費の問題も氷山の一角」と指摘されていますが、現状の政界では「大胆な身を切る改革」は無理だといわれます。「日本の政治家はアメリカのロビイストのような役割を果たしている」という説もあります。政治家は選挙民の対応に追われて、勉強ができないそうです。例えば、国会が立法府として機能することが決められていますが、国会議員が「法律を作る」ためには、政策秘書が10名程度必要だといわれます。規定されたように立法府の機能が十分に発揮されていないそうです。今の時代、国民の血税のタックス・イーターが増殖しているのかもしれません。政治の費用対効果の向上、行政サービスの効率等、問題は山積みといわれます。「昔から政治が一番遅れている。票の請負業のようなもの」といわれます。政府にはベスト&ブライテストが集結しているはずですが?!またベスト&ブライテストしか政府を構成できないはずですが?!議員の近未来の姿は欧米のようにボランティア議員の流れだといわれます。とにかく森羅万象の情報が爆発している現代は、私たち一般人には、全貌を把握することはできず、理解不能なことが多いようです。日本の状況のことも理解が十分でないといわれます。

・なお北朝鮮のサイバー攻撃がよく報道されています。「サイバー戦争をみても第3次世界大戦はもう始まっている」という説もあるそうです。

・安倍総理自身もアベノミクスの失敗を認めたといわれます。日銀も金融緩和政策を続けていくようです。しかし、デフレ的な経済状況は変えることができないと語られています。アベノミクスの大幅な金融緩和で、円安になり自動車会社は高収益をえることができました。ところがトランプ大統領の登場で、円高にすすむ可能性が指摘されています。そうなれば、海外投資は、損失を被るといわれます。中国の元安がすすみますと、中国への投資は、大きく失敗するといわれます。海外投資は、為替の変動の問題があり、プロでも非常に難しいといわれます。年金や医療費などの社会保障費が削減され、穴埋めとして消費税を上げる一方、法人税率はずっと引き下げられたままと指摘されています。また公的な年金運用(GPIF)の運用リスクは非常に大きいと指摘されています。結局、有能なファンドマネジャーを見出すことは困難だと指摘されています。つまり、長谷川慶太郎氏の『大局を読む』という本は、非常に楽観的な見解だと指摘されています。言い換えれば、様々な世界の激変が直撃しようとも、何とか切り抜けていかねばならない、日本はサバイバルしてほしいという氏の楽観的な希望のようです。経済問題は、ノーベル賞受賞者の学者でも取り扱いが非常に難しい問題といわれます。「好調な米国、堅調な日本が世界を牽引する」ことであってもらいたいですが、難問山積みともいわれます。

・「2015年4月、安倍首相は「来年の2月までに物価目標2%を達成できないのであれば、アベノミクスは失敗であったと言わざるを得ない」と発言しました。約束した期日はとうに過ぎているのですから、その一点だけを考えても、アベノミクスはうまくいっていないと言わざるを得ません」ということで、アベノミクスの失敗は明らかなようです。アベノミクスといっても特別に新しいことをやっていたわけではなく、金融を大幅に緩める方向にもっていっただけだという説もあるといわれます。つまり、金融を引き締めるのか、緩めるのかの両方向しか選択はないというのです。消費増税の議論ばかりのようですが、所得税、法人税の累進課税を元に戻せば、改善されるという説もあるといわれます。これで、エコノミストや政策決定担当者も、意見を大きく変える必要がでてくるでしょうか。とくにグローバリゼーションで中国の13億人の経済が不調になり、世界の経済がそれに引っ張られることになります。経済問題は、多くの経済研究所があるので、これからの見解が興味深いものです。大きな組織が劣化している時代です。大企業や政党や官庁組織も時代の流れにのれずに、制度的疲労が顕著になり「劣化」しているのでしょうか。「あまり知られていないことだが、日本の社会保障というのは、先進国とは言えないくらいお粗末なモノなのである」といわれます。

・「昔と違って自由闊達な議論のできない「不自由民主党」になってしまった」といわれます。「小選挙区制導入で劣化した議員の質」といわれ、ベテラン議員の辛辣な指摘があります。「小選挙区比例代表並立制は即刻廃止せよ!」と著者(村上誠一郎氏)は主張しています。これからの政策についても多くの議論があるといわれます。移民の問題についても、世界中に失業者があふれています。移民を認めなくても、近未来には日本に「職」を求めて外国人労働者が1000万程度棲むだろうという説もあります。「移民の問題も移民に土地を与えることができないので受け入れられない」といわれます。米国の1100万人から1400万人の不法移民が大きな問題となっているように、難民や移民、失業者の問題は世界的な大問題といわれます。大規模なイベントで経済効果を狙うことも、費用対効果の効率が悪くなりつつあるといわれます。2020年の東京オリンピック・パラリンピックの費用対効果、経済効果の試算も、建設費、維持費の増大なので、低くなり不確かになりつつあるといわれます。

・有名人の麻薬事件がたびたび報道されています。私たち一般人には、理解不能なことが多いようです。「世界中が大失業時代なので、売春と大麻、麻薬商売がはびこる」といわれます。ヨーロッパでは「売春とスパイが最古の職業」と語られています。そして、堕天使は地球の女を狙って降りてくると語られています。堕天使の性的な能力は、異常に高いと語られています。それで、堕天使が太古から売春とスパイと麻薬に関わっているともいわれています。 ちなみに、海外では日本人観光客を狙う犯罪集団だらけともいわれます。

・アベノミクスについても立場の違いにより評価が分かれます。「アベノミクスにより日本経済は活性化した」という説と「アベノミクスの失敗により、格差が拡大し、個人消費が伸びず消費税の増税延期を余儀なくさせられた」という説です。アベノミクスも官庁エコノミストが主導したと思われます。いわゆるリフレ派の理論を導入したといわれます。しかし、この本の著者はリフレ派の政策を批判しアベノミクスに否定的です。「円安誘導政策は間違っている」と主張しています。しかし、アベノミクスに替わる代案を打つことは難しいようです。典型的な古い経済理論では、変化している日本経済再生は無理なのでしょうか。アベノミクスが機能しなくなっているのは、「新しい経済状況」に「古い考えの政策」で対抗したからかもしれません。異次元の金融緩和と財政投融資、構造改革など打つべき手は打たれていますが、次は官庁エコノミストの知恵の出しどころのようです。「はたしてアベノミクスを継続すべきかどうか。それが問題だ」というところでしょうか。

・いわゆるアベノミクスによる金融緩和で円安誘導政策をとりましたが、4年も経過して、世界経済の変調もあり、アベノミクスを否定する識者の論調も多くなったようです。原油価格が半分になり、2%のインフレターゲットを達成できなくなりました。本の題名のように『円高・デフレが日本を救う』ということで、政策を逆にして、「円高誘導政策」に方向を変えていくべきなのでしょうか。アベノミクスも「出口戦略」が不透明で明らかになっていません。今後の政府の経済政策が注目されますが、有識者の間では以前から「日銀の政策の誤り」が指摘されてきました。また失政が、残念ながら増えているそうです。国家経営の実務に精通したテクノクラートのドリームチームの「国家改造計画」が求められています。イギリスのEU離脱問題が懸念されました。今後どのような結果になるのか、想定が難しいといわれます。この問題が為替や株式市場にどの程度のインパクトを与えるのか不明です。英国の金融システムが困難に直面するといわれます。

・社会の遅れた面、非近代性、後進性、頭の古い面が予想以上に増えてきています。改革の速度も大変遅いようです。本当に優れた官僚や政治家が登用されてこなかったからでしょうか。社会保障制度も劣化が現れています。先進国としては恥ずかしいという説もあるようです。「あまり知られていないことだが、日本の社会保障というのは、先進国とは言えないくらいお粗末なモノなのである」と指摘されています。官僚や為政者の認識も自覚もないといわれます。「財源の裏付けのない政策は実現できない」と言われます。「政治は税金なり」といわれますが。税制の問題点も解決されていないといわれます。

・中国経済の減速もエコノミストの周知のこととなり、アベノミクスも当初の勢いはなくなり、為替や株式市場も色あせてきたようです。著者は「期待インフレ率を目的とする致命的誤り」を指摘しています。アベノミクスが当初の目的を達成できないことが明らかになった今、アベノミクスへの批判が高まってくるようです。しかし、財政破綻を警戒する極端な議論は、そろそろでてきているようですが少数説のようです。世界経済が連動する時代ですので、円高誘導政策に転換するのか、経済運営の難しさが、一層鮮烈になっていくようです。

・国会の内外とも大騒ぎをして、集団的自衛権の法律も通過しました。が、これで「普通の国」への道が徐々に開かれていくようです。「普通の国」への方向に進みますと、米軍との共同作戦による歩兵の大量出血が強要されることになるでしょうか。海外でのPKO活動でも、自衛隊だけが、死傷者のリスクの多くない他国軍と違った行動規範では、国際的に通用しないともいわれてきました。いわゆる「駆け付け警護」も実際に可能になりました。PKOについても外国軍ではさまざまな問題が起こっているようです。集団的自衛権の議論では、国論が2分されて、今後、違憲訴訟も相次ぐという見方も増えているようです。この国論を2分した争いは終わったとはいえないようです。

・「日本が存立を脅かされる」事態は、自衛隊の通常兵器では対応できない事態も議論する必要があるようです。現代では歩兵が戦ったり、機甲師団が激突したり、高価な戦闘機が空中戦をしたりする事態ではなく、最初から核ミサイルの投射が問題となる事態のようです。「いつの時代でも歩兵は必要だ」ともいわれますが将来戦の様相は「歩兵の時代ではない」そうです。「次の戦争では必ず新兵器が使われる」といわれます。良識の国会の「ノーシェルター政策」は、「敵の一番の弱点を攻撃する核攻撃を招き寄せる」といわれます。この方面に脳天気(ノー天気)ですと、日本も歴史から消えていくことになるでしょうか。

・周辺諸国では「貧者の核兵器」といわれている「生物化学兵器」も熱心に開発しているといわれます。「生物化学兵器」への対応も必要です。核シェルターもない国への都市住民への無差別爆撃、核ミサイルによる直接攻撃の事態も当然、国会で議論されるべきことでしょう。第2次世界大戦でも戦争がはじまると国際法が無視されたことが非常に多かったそうです。もちろん、損害賠償もありません。米国の核ミサイルによる抑止力だけでは、日本は守れないといわれます。周辺諸国が核シェルターと核兵器の開発に熱心な事態は、あまり新聞には載らないようです。「核兵器は使えない兵器」ではないようです。先進国の理性が通じるような後進国の状態ではないといわれます。周辺事態には日本の核装備も議論されるべきことのようです。「核の恫喝を受けないためにも核には核を」という合理的な思考が求められているそうです。核兵器を持たなければ歩兵の出血を強要されるといわれます。「脳天気(ノー天気)な核シェルターもグローバルスタンダードを適用すべきだ」といわれます。

・また公安調査庁の元部長によれば「日本は諜報機関のない世界的にも珍しい国だ」そうです。「諜報機関のない国は拉致事件にも無力だった」といわれます。「それこそ税金の無駄遣いを止めて、諜報機関の設立運営の財源にあてるべきだ」そうです。また「税金の無駄遣いを止めて、国民の血税を費用対効果を考えて政策財源にあてるべきだ」といわれます。

・爆撃装置と給油装置を外されてライセンス生産された高価な航空自衛隊のF4ファントム戦闘機は、北朝鮮の拉致事件に何らの抑止力にはなりませんでした。被害者もその家族も高齢化しており、拉致事件はどうなるのでしょうか。この程度の問題に数十年もかかっているようでは政治家の非力が窺われます。核兵器は1発でも抑止力を持つ兵器だそうです。1発でも自衛隊が核兵器を持っておれば、北朝鮮は拉致事件を起こせなかったともいわれます。高価な抑止力のない通常兵器を少数装備しても、5兆円の限られた防衛予算の費用対効果としては、どうなのでしょうか。巡航ミサイルやバージニア級の攻撃型原子力潜水艦などの高価な抑止力のある通常兵器を少数装備する方向に進むべきだと指摘されています。核シェルターなどの何か必要な防衛論議がタブー化されているようです。良識の国会の「ノーシェルター政策」は、一般国民が恥をかくといわれます。

・アメリカのマクモニーグルの未来透視に「23世紀と24世紀における2度の大戦で人類の人口が6分の1に大激減する」というのがあります。そのときには生物化学兵器も使われるという未来透視だそうです。23世紀というそんなに未来のことではなく、数十年以内にいわゆる「第3次世界大戦」が起こるという本や説も増えているようです。米ソの核戦争による第3次世界大戦の本も20世紀にはたくさん出版されましたが、21世紀に入ると書店の店頭から消えていきました。現在では、米中によるサイバー戦争が「すぐそこにある危機だ」そうです。軍事専門家ではないので、私たち一般人には、理解不能なことが多いようです。スター・ウォーズでも核戦争が頻繁にあったといわれます。「北朝鮮リスク」も一層増大すると語られています。

・amazonの「本」に「サイバー戦争」といれますと64件の書籍がわかります。最近では『サイバー攻撃 世界の裏側で起きていること』、『サイバー戦争は公開情報のみでここまで戦える』、『サイバー戦争が始まるとあなたの生活はこう変わる』『日本サイバー軍創設提案:すでに日本はサイバー戦争に巻き込まれた』(Kindle Single)があります。「サイバー攻撃 ナウ」というところでしょうか。

・amazonに「アベノミクス」といれますと904件の書籍がわかります。最近ものでは『アベノミクス2020』、『あなたはアベノミクスで幸せになれるか?』、『終活期の安倍政権』『日本の死に至る病:アベノミクスの罪と罰』(倉重篤郎)『アベノミクス崩壊』(牧野富夫)、『日本経済崖っぷち  妄念の中の虚像、アベノミクス』(浜矩子)等で、ネガティブなものが増えてきているようです。アベノミクスの評価も立場の違いで、2つのグループに分かれるようです。官庁エコノミストは、痛烈に批判する人は当然ながら、少ないようです。『「新富裕層」が日本を滅ぼす』という本の監修者(武田知弘氏)は、35冊くらいの本を書いているようです。財務省の見解というものは専門家集団ですので、指導力は強いといわれます。「実は日本は社会保障“後進国”」という認識の有識者は多いのでしょうか。その点については政治家と官僚の認識も自覚もないといわれます。

・著者によると消費税という税は不合理な政策だということになります。しかし、「無税国債」の発行に賛成する官庁エコノミストは多くないようです。「無税国債の発行」を主張する新しい首相はでてくるのでしょうか、社会の遅れた面、非近代性、後進性、頭の古い面が予想以上に増えてきています。改革の速度も大変遅いようです。「失われた日本経済の20年」といわれますが、その間の経済政策は効果的ではなかったようです。20年の間に「日本経済の劣化」は相当すすんだようです。世界中で「格差の問題」が議論されています。

・「格差」は、税制で作られたともいわれます。「財源の裏付けのない政策は実現できない」ということで、「限られた予算、限られた処遇、増えない税収、十分でない福祉予算を削る財政赤字」という状況が続きました。財政・社会保障費の抜本改革が不可欠であることは明らかですが、実施は難しいようです。「もともと国家予算の分配の問題になるようで、財源をひねり出すためにも、行政、立法、司法の大胆なリストラ、近代化、効率化が必要」といわれます。身を切る改革もできませんでした。税金の無駄遣いもなくせないようです。税制が劣化しているのかもしれません。「それこそ税金の無駄遣いを止めて、国民の血税を費用対効果を考えて政策財源にあてるべきだ」そうです。税制そのものが劣化しているともいわれます。

・「日本は先進国だろうか」という声も街中では増えてきているようです。「女性の登用も先進国とはいえない」そうです。女性の眼から見ると「政治や経済の後進性」を痛切に感じることでしょうか。スイスではベーシックインカムの実施が国民投票で否定されましたが、大胆な改革が先進諸国で行われているようです。国家経営の実務に精通したベスト&ブライテストのテクノクラートのドリームチームによる英知を結集した「国家改造計画」が求められているそうです。元都知事だった舛添氏の公私混同がメディアや議会で批判されました。メディアにも大きく取り上げられていました。あまりにも期待された人だったので、反動も大きかったようです。「昔から政治が一番遅れている。票の請負業のようなもの」といわれます。

・困っている人も増えており、単に政治の貧困としては片づけられないといわれます。いつまでも「政治が遅れている」ということでは複雑化する社会問題に対応できないでしょう。政治家は選挙民の対応に追われて、勉強ができないそうです。「失政」が増えている時代に、私たち一般人は、政治意識を高めていく必要があるそうです。「改革が遅れているのは本当に優れた官僚や政治家が登用されていないからだ」といわれます。

・「政治家が劣化している時代だ」ともいわれています。「日本の政治家はアメリカのロビイストのような役割を果たしている」という説もあります。そこで政治の改革がなかなかすすまないといわれます。「民主主義国家においては国民はその程度に応じた政府しか持ちえない」、「国民が政治を嘲笑している間は嘲笑に価する政治しか行われない」ということで、「政治が遅れている。私たち一般人は、政治意識を高めて政治の近代化を急がなければならない」といわれます。

********************************
・ブログ名称: UFOアガルタのシャンバラ
日本は津波による大きな被害をうけるだろう
・第2のブログ名称:UFOパラレル・ワールド

「神の国か?」「人類の原郷か?」 「天上のエルサレムか?」・・・・・・・・・
「パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の殖民星が、地球か?」、「ネガティブのシリウス星人の地球支配があまりにも巧妙なので、しょっちゅう戦争が起こるのだろうか?」
「金髪碧眼のノルディックが住んでいたアガルタのシャンバラ情報の集大成を目指す・・・・・・・・・・」「金星蛇人と火星霊人の戦争はその後どのように展開したのだろうか」
「日本民族の神話の原郷『高天原(たかまがはら)』は、『都市型の超巨大宇宙船』なのか!?」「平家がプレアデス星人の末裔で、源氏がオリオン星人の末裔なのか」
「小人族のグレイの母船に同乗する金髪碧眼のノルディックは、”悪魔の王””ルシファー”なのか?!」
「円盤は神人や異人、悪魔の乗り物なのか!?」「天使は神の秘密諜報員なのか」「神は最初のフリーメーソンなのか」
「UFOは、人類の歴史が始まって以来、最も重要な現象なのか。UFO問題とは、人間にとっての死の問題を解くことなのだろうか。UFOはフリーメーソンの創作なのか」
「全宇宙を創ったという“虹の神々”も地球に来ているのだろうか」
「イルミナティなどのフリーメーソン組織に入ると神に会えるのだろうか」「金星の神々は地球に到着するやいなや、イニシエーションのためのフリーメーソン本部を設けたのだろうか」「フリーメーソン結社はこの大地が創出されるよりずっと前から、さまざまな太陽系をめぐって、存在していたのだろうか」
「国際連合の設立に動いたキリストの星、アプ星人とは」
「人は皆、記憶喪失の異星人だろうか」
「はるかに進化した天使のような宇宙人は、人間の守護霊や背後霊なのだろうか」「セドナ上空に見えないエーテルのシティが滞空するのだろうか」

グーグルのブロガーにも書いています→UFOパラレル・ワールド


[カテゴリ:森羅万象] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2019年8月14日 16時52分
星野の話のなかでも、耳を疑うほど驚いたのは、「東条英機がミッドウェー海戦の無惨な戦況を知ったのはサイパン陥落の直前だった」というくだりである。(2)
 

『私の第七艦隊』   
日高義樹   集英社インターナショナル  2008/9



・本書は「第七艦隊番」として取材してきた著者の40年にわたる記録
であると同時に、第七艦隊と日本の将来を描くものである。

<アメリカ海軍のハイテクノロジーが中国を圧倒する>
・アメリカ海軍の最高責任者であるラフヘッド海軍総司令官は、今後アメリカの水上艦艇をすべて原子力にしたいと考えている。

・アメリカ海軍のハイテク化は、おそるべき勢いで進んでいる。

・空母を中心とする機動艦隊のほかにアメリカ海軍は、ソビエトと冷戦を戦っていた時に作り上げたげた潜水艦隊をほぼすべて中国に対してふりむけている。太平洋のアメリカ艦隊は、中国をいつでも攻撃する態勢をとっている。
 アメリカ海軍は歴史的に、潜水艦隊については秘密にしている。その戦略や戦術についてほとんど明らかにすることはなかった。

<中国の資源戦略とアメリカがぶつかる>
・中国は資源不足とりわけ石油不足に真正面に取り組んでいる。中国の将来だけを考えて世界の石油を独占しようと考えているが、そうした姿勢は当然、世界経済全体を考えるアメリカとは正面衝突することになる。

・私のいるハドソン研究所の石油専門家は、これからも石油の値段が上がりつづけると予測し、1バレル250ドルになれば、「石油の時代が終わる」と考えている。250ドルというのは、メキシコ湾や太平洋の底から石油を採掘するために要する費用をもとに算出した値段である。
 こうした極限の状態が生じるのは2020年前後、いまから10年先のことになるという。いまや世界は本格的な石油不足、資源不足の時代に入ろうとしているが、資源をめぐるアメリカの世界戦略と中国の世界戦略の衝突はすでに始まっている。

・中国には現在、11カ所の原子力発電所があるが、2020年までにさらに150ヵ所の原子力発電所を建設する計画である。ウランが大量に必要になるが、中国はすでにウランの獲得合戦に全力をあげている。

<中国は能力を超えて軍事力を拡大している>
・「中国は自らの国力を無視して、無理に軍事力を拡大している」

・中国はまたサイバー兵器の拡大にも力を入れている。アメリカをはじめ日本など、世界の国々のサイバーシステムや国防ネットワークに損害を与えようとしている。

・「沖縄は完全に中国の中近距離ミサイルの射程内にある。中国はいつでもアメリカ海兵隊の基地を攻撃することができる。台湾で緊張状態が起きた場合、アメリカ海兵隊が応援に駆けつけようとすれば当然のことながら攻撃対象になるであろう」

<中国軍はアメリカにはかなわない>
・そうしたアメリカでいま中国に関わる二つの新しい状況が起きていることに注目しなければならない。一つはアメリカの人々が中国をますます嫌いになっていることである。そしてもう一つは、中国を対象とする新しい軍事戦略が「テロリストに対する戦い」にかわって、展開されようとしていることだ。

・こうした中国の人々のあまりにも自分勝手な態度に、アメリカの人びとは中国嫌いになり始めている。最近のアメリカの世論調査を見ると、あらゆる世論調査で70パーセントから90パーセントの人びとが「中国は嫌いだ」と述べている。中国に対するアメリカ人のロマンチックな幻想は完全に消え失せたのである。

・これまで「中国という眠れる獅子を起こすな」と言われてきたが、起き上がった中国という獅子は恐るべき軍事国家アメリカの正面切っての挑戦に直面することになった。中国は自らしかけた資源戦争のための軍事力強化が裏目に出て、自滅への道を歩み始めた。

<中国は自滅する>
・中国共産党体制が崩壊して国家体制がいつ崩れ去るか分からないという危機にある。国家崩壊が起きるかどうかではなく、「いつ」崩壊するかが焦点になって来ている。オリンピックが終わってますます自己肥大した若者や中国軍の責任者が中国を大国だと思い込んで台湾を合併し、

チベット人やウイグル族をさらに弾圧するようなことになれば、アメリカをはじめ世界は中国に対抗して動かざるをえなくなる。

・中国が長期間にわたって台湾海峡を封鎖し、日本と韓国という世界経済の3分の1を占める大経済地帯を活動不能に陥れることになれば、アメリカはもちろん国連も世界の各国も対策に動かざるをえなくなる。中国はそうした西側の動きに対抗するためにすでに見たように異常なスピ―ドで軍事力を強化し、いまやアメリカの空母にまで脅威を及ぼそうとしている。

・これはまさに「恐怖の均衡」と呼ばれる軍事的な動きである。どちらが先に手を出すかが注目されるが、中国の若者たちや軍人の常軌を逸した思い上がりようから見るかぎり、胡錦濤や温家宝といった中国の指導者に、彼らを説得する力があるように思えない。

・「中国は大国である」と思い込んでいるこうした中国人たちは、オリンピックを主催した報酬として、台湾を手に入れるのは当然だと考えている。チベットの人々を弾圧して国内体制を強化するのも当たり前だと思っている。

・ますます傲慢になる中国に正面から対抗する力を持っている国はアメリカだけである。国連は中国に取り込まれて何の助けにもならない。アメリカが断固とした態度をとらないかぎりアメリカの存在そのものが疑われる。私は中国が台湾海峡を封鎖するようなことがあれば、アメリカは核兵器の行使を含めて全力をあげて中国にぶつかることになるだろうと思っている。

<中国は軍事上のアメリカの敵だ>
・ブッシュ政権の首脳はアメリカが中国の経済を大切にし、中国をパートナーとして扱おうとしていることを隠そうとはしない。だがはっきりしているのは、軍事的には中国を敵であると考えていることだ。
 アメリカはこのことを口にはしない。口にすれば中国との関係が緊張し、経済関係に影響を及ぼすと懸念しているからだ。だがブッシュ政権が行っていることを仔細に分析すれば、中国を軍事的には敵と見なし、経済の問題とは切り離そうとしていることは明らかだ。

・ブッシュ政権は中国に対してダブルスタンダード、つまり二つの基準をもって接しているのである。
「中国は経済面ではアメリカの友達であり、いっぽう軍事的にはアメリカの敵だ」
こうはっきりと明言しなければならないところだが、軍事的対決ということになれば、経済関係が阻害されるのは当然で、アメリカ政府としては、ことをうやむやにしておきたいと考えている。

・ブッシュ政権の、経済的には中国政府と協力し、軍事的には敵対するという政策は中国の軍事的な影響が劇的に世界に広まることを妨げているが、基本的には13億という国民を抱えた中国の政府が多くの人々を苦しめ、世界貿易を阻害しているという事態を良くするためにはまったく役だっていない。

・ブッシュ政権は中国の軍事力開発をおさえることが、中国の共産主義体制を壊すことにつながると考えている。

『<インターネット情報から>2014/5/20』
アメリカ司法省は、中国人民解放軍の将校5人がアメリカを代表する企業のコンピューターに違法に侵入して情報を盗み取ったとして、5人を産業スパイなどの罪で起訴しました。
起訴されたのは、上海に拠点を置く中国人民解放軍の「61398部隊」に所属する5人の将校です。

アメリカ司法省によりますと、5人は2006年頃から先月までに、大手原発メーカーの「ウェスチングハウス・エレクトリック」や大手鉄鋼メーカーの「USスチール」をはじめとする6つの企業などのコンピューターに違法に侵入し、情報を盗み取ったとして、産業スパイなど31の罪に問われています。

ワシントンで19日、記者会見したホルダー司法長官は、5人の将校が中国の国有企業などのために産業情報を盗み取っていたと指摘したうえで、「盗まれた情報の範囲は広範囲にわたっており、強い対応が求められる。アメリカ政府は、アメリカ企業に対する破壊行為を許すことはできない」と述べ、中国軍の対応を非難しました。

起訴を受けて、FBI=連邦捜査局は、5人の名前と顔写真をホームページ上に載せて情報の提供を呼びかけており、アメリカ政府は今後、5人の身柄の引き渡しを中国政府に求めるものとみられます。

中国外務省は談話を発表し、「アメリカによるねつ造だ」と反発したうえで、「アメリカがインターネットを通じて海外の首脳や企業に関する情報を盗んでいたことは世界各国から非難されている」と反論しています。

アメリカ政府は、これまで中国当局によるサイバー攻撃に強い懸念を示し、去年も首脳会談や両国の閣僚が安全保障や経済などの課題を話し合う戦略経済対話で、やめるよう求めてきましたが、アメリカ通商代表部は先月30日に公表した報告書で、中国によるサイバー攻撃が依然続いているとして重大な懸念だと指摘していました。



『米中軍事同盟が始まる』   アメリカはいつまで日本を守るか
日高義樹  PHP   2010/1/5



<2012年、オバマ大統領が再選されれば・・・・>
・オバマ大統領はアメリカ国民の30数パーセントを占めるようになった黒人とヒスパニック系の支持を背景に、ブッシュ前大統領の極端に右寄りの政策に反発した白人グループの支持をとりつけて、ホワイトハウス入りを果たした。

・だが再選を目標としながら、オバマ大統領は公約を果たすために、これからも「アメリカを変える」という方針に従ってアメリカの仕組みを変え続けるだろう。

・オバマ大統領は官僚や労働組合員を使って、アメリカを完全な資本主義から日本のような社会主義的色彩の強い社会体制に変えようとしている。オバマ大統領は、2008年の金融危機が行き過ぎた資本主義の金儲け主義から起きたと考えている。このため、アメリカの体制を労働組合主義と社会主義的なものに変えようとしているのである。

・オバマ政権の首脳は、ほとんどが中国派である、ということはアメリカ的な金儲け主義よりは労働組合主義、官僚主義、社会主義を信奉する人々が多いということになる。中国がオバマ大統領の再選を心から願うのは当然である。

<インド、パキスタン核戦争が始まる>
・パキスタンの中心になっている情報局戦略本部は、インドとの戦いにすべてを捧げてきたグループである。そこへアフガニスタンでアメリカとともに行動をともにしてきた人々が加われば、このグループは間違いなく拡大する。

・核兵器を管理している情報局戦略本部が勢力を拡大し、平和主義的な民間勢力を押しやるとともに、民族主義的な動きを強めるインドにとっては重大な脅威になる。つまりアフガニスタンの崩壊は、そのままインドの脅威につながり南西アジアに混乱と危険をもたらす。

・ここで突如として星雲のごとく、核戦争の不安が姿を現す。カシミールをめぐるパキスタンとインドの紛争はいまだに解決していない。「カシミールの帰属は住民投票を実施して決めるべきだ」とするインドの立場は、依然として真っ向から対立している。

・カシミールをめぐる紛争には宗教と言う厄介な問題もからんでいるためカシミールをめぐって3回の全面戦争を戦ったが、それだけでなく何回か武力衝突を繰り返している。

・いまやパキスタンもインドも核兵器を保有している。カシミールを巡って再び深刻な武力衝突が起きれば、敗戦の屈辱を雪ごうとパキスタンがインドに核兵器による先制攻撃をかける恐れはないといえない。アメリカはアフガニスタンで敗退すれば、影響力を一挙に失い、パキスタンの民族主義的な軍部を抑えることはできなくなるだろう。

・インドも座してパキスタンの先制攻撃を待つつもりはないに違いない。懸念が生じれば核戦争の原則どおり、インドも先制攻撃に踏み切るだろう。どちらの攻撃が先になるにしろ、インドとパキスタン間で、核戦争が始まる恐れは十分にある。

<パキスタンで大混乱が始まる>
・オバマ大統領がアフガニスタンのアメリカ軍を増強しようがしまいが、アメリカの戦争は失敗する。アルカイダが住民の中に溶け込んでいるからである。

・「アフガニスタンの人々は占領軍に強く反発する。アメリカ軍の数が増えれば、アフガニスタンの人々のすべてが抵抗を始める」

・これまでアフガニスタンを占領した軍隊は、アレキサンダー大王の遠征軍、イギリス軍、それにソビエト軍だが、アフガニスタン人の強硬な抵抗に逢って、ことごとく撤退を余儀なくされた。

・「オバマ大統領のアフガニスタン戦争」は、ほどなく敗北に終わるが、短い間にしろアメリカ軍を助けた多くのアフガニスタン人がいる。カイザル大統領とその政権、さらには新しくアフガニスタン軍や警察に入った人々は、報復を恐れて外へ逃げ出さざるをえない。

・アフガニスタンの政治家や軍人、警察官が逃げ出す先は、隣の国しかないと思われる。

・パキスタンは、これまで大統領や政治家の暗殺が何度も起きている。政治的に極めて不安定な国である。アフガニスタンから大勢の政治家や軍人、警察官たちが逃げ込んでくれば、パキスタンは深刻な政治的混乱に陥り、中東だけでなく世界中に大きな影響を与えるだろう。



『最終目標は天皇の処刑』  中国「日本解放工作の恐るべき全貌」
ペマ・ギャルポ  飛鳥新社   2012/1/27



<中国の一自治区>
・私がこの本を通して一番警告したいことは日本がチベットの二の舞となって中国の一自治区とならないように、ということです。

・中国では世界最大規模の400万人の武装警察、つまり治安維持専用の軍隊が13億人の人々を鵜の目鷹の目で監視しています。

・日本は一日も早く、自らに課している憲法9条を始め、非核3原則、武器輸出3原則などの制約を取り払う時期に来ていると思います。法というものは、今の社会に生きている人たちのためにあるはずです。時代の変化によって矛盾が生じたら速やかに見直すのが当然でしょう。

・今、アメリカや東南アジアの国々が中国の脅威にどれだけ神経を遣っているかということに注目すべきです。

・私は、中国に侵略されたチベットの亡命難民として、40年間この日本で過ごしました。それだけに中国の悪意や謀略が手に取るようにわかります。

・まずは、恫喝する、そして相手が弱腰なら儲けもの、毅然とした態度に出られたらいったんはひっこめる、というのが中国の国際政治における常套手段なのです。

<最終目標は“天皇制の廃止”>
<操られている日本人>
・国民新聞が「日本解放第二期工作要綱」という資料をスクープして掲載したのは、1972年8月5日のことです。この要綱は中国がいかにして日本を侵略していくかというロードマップで、中央学院大学の故・西内雅教授がアジア諸国を歴訪した際に現地の情報機関から入手したとされています。

・この種の文書としては、ロシアがユダヤ人迫害のために作成したとされる「シオンの議定書」や、中国国民党政府が「日本が世界征服を狙っている」とした「田中上奏文」という偽書の先例があるので、これも偽物と疑われるのも仕方がないのですが、その中身は実に精緻に出来ています。

<日中記者交換協定>
・ところが68年の改定で中国側から「政治3原則」が押し付けられ、各社は否応もなくそれを飲まされることになりました。

1、 中国を敵視してはならない
2、 「2つの中国」を作る陰謀に加担しない
3、 中日両国関係が正常化の方向に発展するのを妨げない

これ以降、中国はジワジワと日本のマスコミに圧力をかけていくのです。

・その武装警察の規模が390万人にまで膨らんでおり予算面から見ても、いわゆる軍事費より大きくなっています。

・その頃と比較して現在のアメリカでは多くの軍事専門家が中国脅威論を口にしています。

・しかし、日本の外交はある意味硬直化していて、自分が約束を守れば相手も守るはずだと信じているところがあり、それが大きな間違いなのです。

・「日本と言う国の至高な利益が脅かされるような緊急事態になったら、核兵器を持つというオプションも完全にルールアウトしない。(中略)日本において核に関する真剣なまじめなしかも実体の脅威を頭に入れた議論を巻き起こすべきなんです」今日の中国の動きを見れば、とうに議論をするべき時に来ていると言えるでしょう。

<客家・華僑・華人>
・では、在外中国人(華僑、華人)人口はどれくらいなのでしょうか。例えば、アジアの華僑・華人人口は1948年に約838万人だったのが、2007年には2900万人を超えています。また2009年現在でインドネシアでは約780万人、日本には68万人近くの在留中国人がいます。

・ちなみに、日本に住む70万人の中国人は中国籍のままで民主党の党員になることができます。当然、党首(代表)選挙にも参加できますから民主党政権であれば、日本国首相を選べるわけで、これは憲法に抵触する恐れがあるのではないでしょうか。

<「日本解放第二工作要綱」>
・工作員の具体的な任務は、第一期目標が日本の国交を正常化させること、第二期目標が日本に民主連合政府を成立させること、第三期目標が天皇制の廃止(天皇は戦犯として処刑)と日本人民民主共和国の樹立となっています。

<経済的侵略>
・チベット亡命政府は、中国による侵略の結果として1959年から79年までの間に死んだチベット人は、120万人以上になるとしています。内訳は次の通りです。

○戦闘や蜂起によるもの 43万2705人
○餓死 34万人2970人
○刑務所、強制労働収容所での死 17万3221人
○処刑 15万6758人
○拷問死 9万2731人
○自殺 9002人      合計120万7387人

この数字は四半世紀前のものであり、87年や89年、あるいは北京オリンピック直前の2008年に起こった大規模蜂起での犠牲者は含まれていません。

<彼らには、「隙あらば」という気持ちは常にあるのです>
・自衛隊に対する挑発行為は、おそらく武力侵攻を実施する際のシュミュレーションの一つといえるでしょう。

<中国によるチベット支配開始>
・私が、なぜ口を酸っぱくして「日本が危ない」と言うかという事を理解してもらうために、いささか回りくどいと思いますが、チベットの歴史、私の個人史を知ってもらいたいと思います。

<2050極東マップ>
・中国外務省から流出したものとして少し前にネット上で話題になったものです。この地図自体偽物との声もありますが、あながち荒唐無稽とも言い切れません。



『数年後に起きていること』
日本の「反撃力」が世界を変える
日下公人   PHP   2006/9/19



<中国経済の発展はもうじき終わる>
・中国経済過熱の将来はどうなるか。これは誰が考えてもじきに終わるはずである。終わる原因は経済以外から来る。

・衛生というのは大切なインフラで、突然人口が増えると伝染病が流行する。病院がない、検査がない、という国は100万都市を持つ資格がない。
 20〜30万人ならいいが、300万都市を中国は持つ資格があるのかどうか、持てば市民の健康や生命が危ない。それ以外にも都市警察とか、都市消防、都市裁判所とか、そういうものがきちんとできるかどうかである。

・中国人が昔から怒る相手は、まず外国人資本家で、その次はそれと結託した買弁資本家である。それらと結託した中国の軍がそれに続く。

・北京オリンピックや万博まではとりあえずいいとしても、2010年代になるとかなり危うい。・・・とみんなそう言っているが、私はあえて、それより前ではないかと心配する。

<「衛生破壊」や「汚職革命」が世界に広がる危機>
・なるほど、中国でたくさんの人が働いてくれるようになったことは、経済計算上良いことが多い。しかし、エコノミストが言わないことを言えば、何事にも光と影がある。「衛生破壊」や「汚職革命」が世界に広がる。

<北朝鮮問題の解決は近い?>
・日本にとっての防衛的脅威といえば、その筆頭は北朝鮮である。

・私は長い間「北朝鮮の脅威はなかなか解決しない」と言ってきた15年前あたりからの通説は「北朝鮮はものすごく貧乏で、食べ物がないし餓死者が出ている。この政権はもうもたない」だったが、しかし、100万人が餓死しても国としてはもつことがある。実際もっている。

・いま北朝鮮問題の解決は近いような気がする。それは次の理由である。北朝鮮のGNPの規模は正確には分からない。しかし、大体のことを考えるとまず人口は2000万人である。そのうち300万人が餓死したという説もある。

・その人たちの一人当たりの所得水準を仮に大目に見て3000ドル。もし3000ドルあるのなら、もっと汽車が走っているし、電気がついているはずだが、大目に見て3000ドルあったとしても、それは日本の10分の1にすぎない。そのうえ、人口は日本の6分の1だから、3000ドルあったとしても60分の1になってしまう。GNPは日本の60分の1、それより半値ということはあっても、2倍も多いことは絶対にない。すると日本の60分の1の経済規模と言えば46都道府県の中の小さな県、一つである。

・それだけで軍隊を持ったり、各国へ大使館を出したり、というのは無理に無理を重ねている。原子爆弾をつくるために経済力を集中すると先に自国民が100万人ぐらい餓死しているとは呆れた国である。だから、本当は怖くない。貿易をして得るものがあるかといって日本からの援助が日本に戻ってくるだけだ。一部政治家や業者の還流利益になるだけである。これはもちろん国民としては許しがたいことだ。



『アメリカにはもう頼れない』  日本外交戦略の失敗をどう正すか
日高義樹  徳間書店   2010/10/31



<やはり核兵器は必要である>
・アメリカを始め核兵器を持つ国が外交上、有利な立場に立つことができるのは、究極の軍事力である核兵器を背後に持っているからである。だから自ら「核アレルギー」を標榜し、核兵器を忌避している日本人は、核兵器が国際社会でいかに重要な役割を果たしているか、まったく理解していない。

・日本人にはこうした核兵器についての常識が全く欠けている。北朝鮮のような弱小国がアメリカの鼻先をとってふり回すことができるのは、核兵器を持っているからである。この事実に、目を向けず、北朝鮮が核兵器を撃ち込んでくることだけを心配している。

<核攻撃によって国民が皆殺しの目にあうのを防ぐためならば、先制攻撃をするほかない>
<日本は核兵器を持っても構わない>
・世界第2の経済大国として、アメリカや中国と肩を並べて経済活動を行っている日本は、その経済力に見合う抑止力として核兵器を持って構わない。むしろ持つべきだ、という考え方をするアメリカ人が増えている。

<実際には「日本が核兵器を持っても構わないではないか」と思っているアメリカ人が大勢いるのだ>
・いま日本が核兵器を持とうとすれば、国の国外から猛烈な反発が生じて内閣のひとつやふたつは吹っ飛んでしまうだろう。それほどの問題であるから、日本は真剣に考えなくてはならないし、考え始めなければならない。

・アジアでは中国はもとより北朝鮮、インド、パキスタンが核兵器を持っている。核兵器を持つ国の間では戦争が起きないという現実を見すえて、日本も核兵器の保有について考えるべきではないか。
 日本の人々は、核兵器をひたすらおそれ忌避するのではなく、核兵器は使えないからこそ強力な抑止力として国を守ることができると理解するときに来ている。

<経済拡大が止まり中国共産党は崩壊する>
・だが中国はいま、日本の脅威になるどころか国そのものが崩壊に瀕している。10年もすれば中国の脅威は虚像であることが明確になるだろう。

<10パーセントの経済の拡大を続けることが不可能になる>
・第1の理由はアメリカ経済がバブルの崩壊後長く停滞を続け、世界経済全体がデフレに移行していることである。

・第2の理由は、技術の革新が進み、安い賃金に依存しきって物をひたすら大量生産している製造業が行き詰ることだ。

・3番目は、資源不足である。安い人民元政策を続ける限り、輸入石油の値段は高くなり続ける。以上のような事情から中国が年10パーセントの経済拡大をし続けられるのはあと1、2年に過ぎないと専門家の多くが見ている。

・経済の拡大が止まってしまえば、中国共産党政府がすすめてきた「共産主義的資本主義」というまやかしが通らなくなる。沿岸地域の上前をはねて、それを生産権を持たない国民にまわすというシステムが動かなくなるのは明白だ。

・中国軍の実力は、一部を除けば、技術的に劣っているため、恐ろしく思う必要は全くないとアメリカの専門家は指摘している。「アメリカの原子力潜水艦一隻で中国海軍の百隻の潜水艦を相手にすることができる」アメリカ海軍の首脳が私にこう言ったが、空母についてもアメリカの専門家は少しも心配していない。

・中国は驚くべき経済の拡大を実現し、軍事力を強化しているが、実際には国のまわりを敵性国家に囲まれている。

・「中国人は指導者が誰でもかまわない。十分に食べさせてくれればそれだけでよい」私の友人の中国人がよくこう言うが、10パーセントの経済拡大が止まり、地方の人々に対する福祉政策が実施できなくなれば、食べさせてもらえなくなった中国人が不満を爆発させて大混乱が起こるだろう。

・ロシア政府の首脳は「すでに5百万人の中国人がシベリア一帯に不法に住み着き、その数は増え続けている」と述べた。

・実際のところ中国は崩壊に向かっており、政治的にも外交的のも追いつめられて苦しい立場にある。

・キッシンジャー博士は私にこう言った。「中国が地政学的に見てもそろそろ限界にきていることは間違いがない。石油だけでなく、水の不足という大きな問題を抱えている。中国がこのまま大きくなり続けることは不可能であろう」。

・中国は経済で資本主義体制をとりながら、資本を管理して経済を拡大してきた。資本主義の基本に反するこのやり方は、必ず行き詰るだろう。

<資源だけでなく、あらゆる点で大きすぎることによる欠点が目立ち始めた>
・共産党は内戦に勝って一党独裁体制を作ったが、内戦のときに中国共産党を上回る数の反対勢力がいたことは歴史の事実である。中国共産党体制はやがて歴史の一章になる。私たちは、中国共産党と中国人は別であると考えなければならない。

<2050年、建国以来の危機が日本を襲う>
・それは日本がいまのままの国家体制を続け、人口が減って労働者の数を減るままにした場合である。労働者が減少していく日本経済を大量の移民を入れることなく、いかにして維持していくか。この課題を解かなければ、日本はまちがいなく危険に陥る。



『2050年の世界』    英『エコノミスト』誌は予測する
英『エコノミスト』編集部  文藝春秋   2012/8/5



<弱者が強者となる戦争の未来>(マシュー・シモンズ)
・中国の台頭、技術の拡散、新しい形のテロ戦争などでアメリカの超軍事国家としての優位性は、さまざまな領域で崩れ始める。そうした中で核戦争の危険は冷戦時代以上に高まる。

・第2次世界大戦後、戦争による死者の数は劇的に減っている。それは冷戦期、米ソの対立によって戦争が逆に管理されていったからである。

・一方、地域間の紛争の危険も高まっている。その紛争の原因は宗教を起点として、水やエネルギーなどの資源を実利として行われる。

・そうした地域間の紛争で、核兵器の使用の懸念がある。米ソ冷戦期においては距離的な緩衝材があったために核戦争は管理され実際には起こらなかったが、国境を接する国々ではそうした抑止の力がない。

・イランは確実に核保有国家になるだろう。米国と同盟関係にあるはずのアラブ諸国は、米国を信じてはおらず、米の核抑止力には頼らず、独自に核を持とうとするだろう。サウジアラビアとエジプト、そしてイラク、シリアなどが核を保有しようとする。

・先進国は高齢化による財政悪化でかってほどは防衛費に国家予算を回せなくなる。

<中国という難題>
・ 中国の戦略的な目標は、作戦地域に入ろうとする米軍を足止めし、中国軍の支配地域内で活動する場合に許容範囲以上の損失が出ることをアメリカに覚悟させることなのだ。

・ 中国と近隣諸国もしくは中国とアメリカの関係が悪化し、“冷たい戦争”ならぬ“涼しい戦争”に突入し衝突のリスクが極めて高くなるというのは必然的なシナリオではない。しかし、中国が台頭するにつれてアメリカの影響力は低下していくだろう。

・ カシミール地方やイスラエルの占領地は間違いなく21世紀における世界屈指の危険な火薬庫でありつづけるだろう。しかし、アメリカの軍事計画立案者の警戒リストでは、台湾海峡が右肩上がりでランクアップしていくと予想される。なぜなら、中国政府が独善性を強め、能力を拡大する中国軍がいじめや蛮行に走るとアメリカがこれらの事態に直面するリスクが増大するからだ。中国といくつかの隣国のあいだでは、西太平洋の島々(と周辺の天然資源)を巡って緊張が高まっており、状況がいつ悪化してもおかしくない。

・中国が近隣諸国やアメリカとの関係で、おおむね経済上の協力的競争という従来の進路を保って、おおむね国際システムの規則の中で活動するのか?それとも高まる国内の緊張によってもっと厄介で喧嘩っ早いライバルとなるのか?

<予言はなぜ当たらないのか>(マット・リドリー)
・1970年代になされた予言を検証すると、みな悲観的でしかもそのほとんどすべてが間違っていた。2012年の時点の予言も悲観論よりは楽観論のほうがずっと根拠がある。

・なぜそうした予言がはずれるかと言えば、理由はふたつある。ひとつは、良いニュースは目立たず、人々の記憶に残りにくいからだ。もうひとつは人間が対策を講ずることを無視しているからだ。

・1950年代には、平均賃金の人がハンバーガー1個の代金を稼ぐのに30分かかったが今では3分だ。

<過去40年間に世界で起こったことがどれほど不可測的であったか>
・例えば、1972年の時点で次のような地政学的新世界を誰が予測しただろうか。

1、ソ連が崩壊する
2、中国が世界第2の経済大国にのし上がる
3、新興国パワーのインド、ブラジル、南アフリカがサミットを開催する
4、日本が20年間の「失われた時代」の揚げ句、没落する
5、米国とEUが深刻な債務危機にあえいでいる

・いやインターネット革命が世界を覆い、フェイスブックがインド、中国に次ぐ10億人の“大国”となることを誰が夢想しえただろうか。



『2014年、中国は崩壊する』
宇田川敬介  扶桑社新書   2012/6/1



<下層民衆の反乱によって中国は崩壊する>
・下層民衆が中心となって中国共産党政府と対立し、欲望のまま拡大主義を自主的にすすめると予測している。現在の体制が続く限り、よほど画期的な改革がなければ、チベットや内モンゴルなどの地方自治区の反乱、人民解放軍による内乱、あるいは下層民衆をはじめとする中国人民によるあらゆる手段を使った政府転覆の企てによって、共産党体制は倒されるだろう。その時期はいつか。それは明日起きてもおかしくない。

<いつ中国は崩壊するのか?>
<2014年に中国は崩壊する>
・温家宝首相が発表した8%を下回る経済成長が続き、有効な経済政策を打てないまま、バブル経済がハードランディングした場合、中国人民の生活レベルは一気に下がる。そうなれば、2014年にまさに本書のタイトルのように中国は崩壊に向かうだろう。

・武力衝突は、崩壊の象徴として行われ、体制が崩壊する過程であることを表しているのだ。

<崩壊後の中国は予測がつかない>
・しかし、現在の一党独裁が崩壊しても、どの方向に国家が向かっていくのか、誰がどのように国家をつくるのかは全く分からない。それは中国の「歴史そのものがそうしたことの繰り返し」であり、内乱も長期ヴィジョンや国家観に基づいたものではないからだ。

<崩壊をシュミュレートする>
(★バブル経済が崩壊する日)
・株価の暴落によって都市生活者のドロップアウトが進む、先に挙げたバブル不動産のスラム街化は、中国企業の株価を引き下げ、治安の悪化から外国企業の撤退を招き、中国国内における「負のスパイラル」を完成させる。

(★人民元高が進行)
・つまりバブル崩壊でデフレが進行する中、変動相場制に移行しても通貨安にはならず、通貨高にしかならないのだ。

・経済が低調になれば通貨の価値も下がる。

(★製造業が壊滅する)
・通貨高によって輸出産業は壊滅的なダメージを受ける。

(★中国国務院の政策から世界恐慌へ)
・国務院は、なりふり構わずに景気浮揚を図る政策に舵を切る。それが保有する外国債の売却と、保護関税の創設だ。はっきり言えば、改革開放経済前の中国に戻ってしまうことだ。習近平版、または21世紀版の「文化大革命」が発動されるのだ。

・中国による国債の売却は、世界恐慌に至る可能性すらあるのだ。

(★中国の内戦が拡大)
・最初は「下層社会出身の兵士」と「軍エリート」の戦いだが兵士には8億人の下層民衆がついている。

(★その後の中国)
・その後、ドイツが長い間「東西ドイツ」に分断されていたように、中国は統一した政府ではなく、現在の地方政府が主体となって支配するようになる。

<社会主義には戻れない>
・ここまでのストーリーは決して大げさなものではない。現在の中国は、バブルが崩壊すれば、何が起きても不思議ではないのだ。

<1年間に10万回デモが起きる国>



『真・国防論』
田母神俊雄  宝島社   2009/4/20



<攻撃力を備えた自主防衛ができるとき>
・いままで書いてきたとおり、いまの自衛隊をみて本当に国を守れる防衛力があるかどうかと問われれば、これはまた不完全だろうと答えざるを得ない。
 にもかかわらず、F-15(通称:イーグル)戦闘機を200機もち、世界第4位の軍事費をもつ、いまの自衛隊の装備は過剰なのではないかと言われることがある。しかし軍事力というものは、国力に応じて備えるべきもので、経済力にあった軍事力をもつことは、国際社会を安定させるために国が果たすべき責任である。

・このままいけば日本の自主防衛に、私は、20〜30年かかるのではないかと思っている。日本政府が大きな政治決断をすれば別だが、それはなかなかむずかしいだろう。
 防衛力整備には長い時間を必要とするのだ。
 政治決断をするにしても、いまの政治をみていると、国内の勢力争いでうまくいかないことが多いように感じている。政治家のみなさんには、政局よりも国家や国民を重視した行動をとっていただきたいものだ。

<核とはどんな兵器なのか>
・新たな攻撃法を考えると、最初にあがるのは核だろう。しかし被爆国ということもあり、日本には核アレルギーが根強い。核兵器と聞いただけでとんでもないと思う人たちもたくさんいる。その上政治家の中には、核をもっているより、もたない方が安全が保障されると信じる人達がいる。こんなことを信じる政治家がいるのは日本だけだ。
 私に言わせると彼らは本当に無知か、選挙目当てか、タカ派と言われたくないか、リベラル派と言われたいかのいずれかであろう。多くの国では、核武装をしないよりもした方がより安全と考える。だからこそ、核武装している国が身近に存在する我が国は、核兵器についても冷静に議論をしなければならないはずである。

・核兵器をもつ国は特権的地位を占めることができるが、もっていない国は核保有国が決めたことに従わざるを得ない。
 なぜ核兵器がそれほどの力を持つのか。それは核兵器が戦力の均衡を必要としないからだ。通常戦力の場合、10対1の戦力比だと抑止は成り立たないが、核兵器は1発でもあれば抑止が成り立つ。核攻撃を受けた国は、たとえ1発でも被害に堪えられない。たった1発の核兵器が、アメリカで起きた9・11テロどころではない被害をもたらすのである。

・いま北朝鮮が核をもとうとしているのは、1964年の中国と似ている。あのとき中国は貧しく、餓死者が出るほどだったが、毛沢東は国民がズボンをはかなくても核武装をすると言った。

<日本も核武装をするべきだ>
・私は、大国としての責任を果たすためにも日本は核武装をするべきだと思う。しかし日本はNPT条約に加盟しているため、いまの世界の枠組みの中では、核武装はできない。
 もし日本が核武装しようとしても、アメリカは力一杯妨害するだろう。

・自民党の政治家の中には、石破氏のようにどうせできないんだから核武装しない方がよいという人もいる。しかし国家としては、結果できなかったとしても、核武装すると言い続けたほうが核抑止力はぐんと高まるのである。

・さて、核を巡る新しい仕組みに、『ニュークリア・シェアリング』(nuclear sharing)というものがある。
 これは、ドイツ、イタリア、オランダ、ベルギー、トルコの5カ国がアメリカと結んでいる条約で、これらの国がロシアなどから核の恫喝を受けた場合、アメリカの核を使って反撃ができるというものだ。だからこの5カ国は、アメリカの核を使って日常的に訓練をしている。これらの国は核武装国ではないが、アメリカの核をいつでも使えることで核抑止力を担保しているのだ。
 第2次世界大戦で共に敗戦国同士であったドイツやイタリアでさえもこうやって、アメリカの核を担保にして自国の安全保障を追及しているのである。同じことを日本がやって悪かろうはずがない。
 日本もこの仕組みを使えるようになれば、中国から核の恫喝を受けるようなこともなくなるだろう。

・もし日本が最初にもつべき核兵器は?と聞かれたら、私は第一にSLBM(潜水艦発射弾道ミサイル)だと考えている。四方を海に囲まれた日本にとっては、潜水艦のほうが隠密性が確保できるからだ。情報化が進んでも、潜水艦は地上に比べ捕捉しにくい。現実的には、海上自衛隊の隊員をアメリカの原子力潜水艦に乗せて日常的に訓練させたらよいだろう。日本が中国から核の恫喝を受けたら、海上自衛隊にミサイル発射権限をもたせるという条約を日米で結んでおけばよいのだ。

<強いことが戦争を回避する>
・日本が抑止力をもつということは、自衛隊を強い存在として認識させる必要があるということだ。そしてその力を発揮させるためにも、日本が理不尽な要求をされたときには、強い自衛隊をもって相手を攻撃する能力と意志があると示すことが重要になる。日本を攻撃したら自衛隊に徹底的に叩かれる、勝てる見込みがないということが、他の国に広く知られていれば、これが抑止力となる。抑止力が効いていれば、他国は簡単に日本に武力行使をしようとは思わないものである。拉致被害や領海侵犯なども、自衛隊が法律でがんじがらめになっており、行動できないために被害が拡大しているのだ。

<政治家自らが、抑止力を低くしている>
・最近では、福田内閣のときに高村外務大臣が「日本は絶対に戦争をしない国だ」と発言をした瞬間に抑止力は大きく下がってしまう。国を代表する政治家からこういった発言が何度もされることにより、日本を攻撃しても反撃されない、簡単に屈服させることができるという誤ったメッセージを他国に伝えてしまい、日本への侵略を誘発する危険性を高めてしまう。本来であれば、「日本はあらゆる手段を排除しない」でなければならないのだ。

・こういった発言は、本来国益を追究する立場にある政治家が、逆に日本を危険に陥れるという皮肉な結果をまねいてしまう。
 またこのような発言が何度も重なることで、他国に与えるイメージだけでなく、国内も影響される。日本は戦争をしないという大臣の発言を、何度も聞いているうちに、だんだんと国家はその発言に縛られるようになってしまう。

・国際社会ではどの国も理不尽なことを言われたら断固戦うと宣言しているのに、日本の場合はあくまでも話し合いでと言う。これではまったく抑止力にならないのだ。
 国を代表する政治家が、こうして危機を誘発するような発言をするのは、国際社会では考えられないことである。

・なかなか進展をみせない北朝鮮の拉致問題でも、いざとなったら日本は、最終的に軍事力を行使してでも拉致被害者を取り返すという気構えを、これまで見せていたなら、事態は大きく違っていただろう。
 絶対に軍事攻撃をしないと日本政府が宣言することで、北朝鮮にこの問題をどこまでも引き延ばせるという確信を与えてしまっている。拉致被害者を返してしまったら、日本を恫喝する手段がなくなる北朝鮮が、自ら拉致被害者を返すとは到底考えられない。戦争をしないという日本政府の姿勢を変えない限り、これからも拉致被害者が帰国する可能性は低い。
 これまで何度も領海侵犯をしている北朝鮮の工作船についても、警告に応じない場合は沈めるという意志を日本政府が示せば、いまのように好き放題にやられることはなくなり、不審船は二度とこなくなるだろう。

・日本政府のこうしたやさしい対応で、多くの国民が拉致されるという悲劇が起こったのである。やさしさが国益を守るのかといえば、決してそうではない。本当に国益を守るためには、国家として断固とした対応をとる必要があるのだ。

<いま何が起きても、黙って見ているしかない自衛隊>
・もちろん他の国の軍隊で、日本の自衛隊のようにやってよいことが決められている法律はない。外国では軍隊というものは政府の判断で動き、禁止されていること以外は何でもできる。
 本来、国際法上では、外国の軍隊のように自立した行動ができる自衛隊だが、国内法の縛りで動けなくなっている。やってはいけないことを決めるのは禁止規定(ネガティブリスト)と言われ、軍隊はこの禁止規定で動くのが国際常識である。逆にやっていいことを決めるのは、根拠規定(ポジティブリスト)と呼ばれ、一般の官公庁はこの根拠規定で動いている。
 軍隊は通常、ネガティブリストで動き、禁止されていること以外は自己の判断でやってもいいことになっている。それが国際社会のグローバル―スタンダードなのだ。

・しかし自衛隊は、一般の官公庁と同じポジティブリストで、行動が細かく決められる存在となっている。これでは、自衛隊はポジティブリストにない想定外のことが起きたときや、あいまいなケースには対応できないのだ。世界の中で、唯一、自衛隊だけがグローバルスタンダードに反しているという状況なのである。

<専守防衛では国を守れない>
・いま、日本はこの専守防衛を考え直す必要に直面していると言っていいだろう。専守防衛で守りに徹し、攻撃的兵器をもたないということでは、国を危険にさらしてしまうことになりかねないのだ。こうした危険を回避するためにも、攻撃的兵器をもつことで、殴られたら殴り返すぞと言えるようになることが必要なのだ。

・具体的な例で言えば、北朝鮮の拉致もまさに専守防衛の悪影響といえる。北朝鮮にしてみたら、日本は絶対に自分達を攻撃しないとわかっているから、交渉に3年から5年かけても拉致被害者を返さないのである。これがもし、日本政府が相手に対して、返さないのであればぶん殴るぞという態度を示せば、交渉の結果も違っていただろう。ところが、日本は絶対に武力行使しませんからと北朝鮮に向かって言ってしまうのである。

・拉致被害者を隠しもっている限り、北朝鮮はずっとさまざまなことで日本をゆすることができる。日本が、何があってもこちらから武力行使はしませんと言った途端、返さなくても何もされない北朝鮮は、ああ、じゃあ彼らを返すことはやめようと思ってしまう。

<ゆきすぎの専守防衛>
・外交交渉においても、この専守防衛は、まったくもって不利な戦略であることはおわかりだと思うが、先にも書いたが、この専守防衛戦略をとる以上、自衛隊は攻撃的な兵器をもてない。いまの自衛隊の装備を見れば、一目瞭然なのだが、海自、空自の能力は専守防衛をもとに装備されている。たとえば、長距離ミサイルや爆撃機といった攻撃的な性格をもつ兵器はないのだ。

・しかし専守防衛をとっている日本では、自衛隊がこうしたことを調査することができない。たとえば、こうした調査を通して自衛隊が、北朝鮮のミサイル基地攻撃について研究していたとしたらどうだろうか。そうしたことが明らかになれば、マスコミはこぞって攻撃計画を立てていると大騒ぎをし、政府は関係者を処分することになるだろう。

・本来、軍隊というものは、国家の非常時に、敏速な対応をするためにあらゆることを研究、シュミュレーションするものである。外国では軍隊のこうした仕事について、普通国民は「ありがとう」と感謝するものであるが、日本では「余計なことをするな、処分するぞ」となる。私は、こうしたマスメディアの反応や政府の対応が信じられない。まったくもって、おかしな国である。このような考え方が続くようでは、誰が国防を担当したところで、国の安全は確保できないのだ。

<軍事力は外交交渉の後ろ盾>
・ところが、日本は違うのだ。威嚇射撃をしたら、どこぞの政党が騒ぎ出し、それに対応する政府はひたすら自衛隊の責任問題に摩り替えて、処分をする方向へと流れていく。このような体制だから、海外諸国、とくに近隣の国々に好き勝手されてしまうのだ。

・しかし、だからと言って、外交交渉上軍事力の意義が減ずるものではない。外交交渉を支える軍事力の存在は、ますます重要となるのだ。たとえ国同士の関係が悪くなっても、こちらの軍事力の優位性が保たれていれば、相手と交渉を続けることができる。

・しかし、侵略や略奪こそなくなってはいるのだが、国際社会の安定は、金持ちの国が、貧乏な国より強い軍事力をもたなければ成立しない。
 その答えは明白だ。もし、経済力が弱くてもその国の軍事力が強ければ、経済力はあっても軍事力の弱い国の富を、略奪することができるからだ。

<守屋という男の素顔>
・守屋氏が逮捕されたとき、自衛隊員のほとんどが“あいつだったらやるかもしれない”と思っただろう。
 彼は以前からうさんくさい噂が絶えず、業者にたかっているとか、業者も要求されて困っていると聞いたこともあった。実際に彼が毎晩業者と飲みにいったり、特定の業者が長い時間、次官室にいたりするのを目にした者も多かった。
 守屋氏が直接こうしろと指示をしなくとも、絶大な権力をもつ事務次官がこう思うと言えば、相手は意図を汲めと言われていると感じることもあっただろう。
 2007年に新任だった小池防衛大臣と退官をめぐる衝突があったが、守屋氏はその当時で次官を4年やっていた。
 通常、事務次官に4年も居座る人などいないのである。

・いま官僚がいろいろ言われている。政治家も官僚を叩く。本来、行政・立法・司法の3つは独立しているものだが、政治家は自分が大神でなくとも行政府の上にいると思っているふしがある。また官僚も政治家は自分たちの上にいると認識している。政治家がよってたかって官公庁を叩いたら、官僚は政治家に協力しなくなる。政治家というものは役人に教えてもらわないといけないことがたくさんあるのだ。あなたたちのおかげで国が成り立っていると、ほめて使わないと人は動かないことを忘れてはいけない。

<抑止力としての自衛隊のあるべき姿>
<国際社会は性悪説で眺めるべきもの>
・日本国憲法の前文には、「世界の国を性善説で見なさい」と書いてある。非常に、外国にとって都合のよい憲法だと私は思う。日本が武力行使をしなければ世界は平和だというが、実際はどうだろうか。世界を見回したとき、国防に力を注ぐ国はあるが、それを縮小しようとする国は日本だけだ。

・しかし、国際社会を性善説でとらえるとしたら、この国の進むべき道は間違ってしまう。ざっと見渡してみても、日本の周りでは腹黒いことがたくさん起きていることがこのことを裏付けているといえるのではないか。



『円高は日本の大チャンス』
「つくって売る」から「買って儲ける」へ
堀川直人   PHP  2010/12



<いまの政治家は「使命を忘れたカナリア」>
・歌を忘れたカナリアに、歌を思い出させるというか、「稼ぐ」ことや、「国を豊かにする」という本来の使命を忘れた国会議員に、坂本龍馬や池田勇人の精神を思い出させようというわけだ。それには、「言って聞かせる」より、実際に制度をつくって「やらせて見せて、ほめて」やるのが一番、というわけさ(笑)。

<「出るを制する」より「入るを図る」ほうが楽しい>
・それよりも、人間は後ろ向きにムダの削減をやるよりも、前向きに「収益を上げる」とか「売り上げを上げる」ことを考えているほうが、ずっと積極的で、人間も明るくなる。プロフィット・センターという考え方をこの国に導入すると、国全体がもう少し明るく、前向きになるかもしれないね。

<国民が国の危機を感じた時、日本は甦る>
・プロフィット・センターが、国の利益戦略をつくり、世界から富を集める。そういう時代にしていけばいいんですね。1億3000万の国民が、みんなで「国を豊かにする」ことを考え、一丸となって知恵を出す。何か、夢と元気が湧いてきますね。

<豊かさランキングの上位の国に学べ>
・昔から、豊かな小国ほど知恵が詰まっているところはない。

<戦後の日本は、フヌケの「町人国家」なのか>
・この『日本町人国家論』がきっかけとなり、日本は町人国家でいいのか、それとも武士国家に戻るべきか、という論争が始まったんだ。この議論は形を変えて、いまでも続いている。
 武士国家論のいまの急先鋒は、自衛隊OBの田母神俊雄氏のグループだよね。最近では『田母神国軍―たったこれだけで日本は普通の国になる』(産経出版)という本を出している。

<日本は重武装した「町人国家」を目指せ>
・要するに、自衛隊のハード面に自信がないから、国民も政治家もフヌケみたいになっている、というわけですか。

・であるなら、この解決方法は簡単だよ。国民が自信を持てるだけの防衛力をつければいい。そうすれば、日本人は再び二本差しのサムライの心を取り戻し、誇り高いサムライ国家に生まれ変わる。勝てる見込みがあれば、討ち死に覚悟で必死に戦う。それが、人情だというもんだよ。

・田母神氏の試算だと、単年度当たりの防衛費を1兆5500億円増額し、これを20年間続けるだけで、日本は中国やロシアに対しても十分な抑止力を持つ「普通の国」になれる、としている。
 その場合、日本は、中露および北朝鮮に対抗して、原子力空母、攻撃型原子力潜水艦、戦略爆撃機、戦略ミサイル、巡航ミサイルなどを保有する。これだけの装備が、初年度における子ども手当2兆2500億円分の3分の2程度の予算でできる。安いもんじゃないか。
 田母神氏は核武装を前提にしているが、費用対効果の問題がある。アメリカの核の傘では不足なのか、この点はもっと議論が必要だろうね。

・ふだんは町人国家でいい。しかし、いざ事ある時は、1億3000万人の国民が全員サムライに変身し、国土防衛に立ち上がる。永世中立国のスイスや北欧三国のようにね。

・要するに、重武装した町人国家になる。それもアメリカとがっちり提携し、万全の安保体制を敷いた、付け入るスキのない国にする。これが、国家の基本フレームだね。

<ツケ入るスキのない深謀遠慮の国に>
・あとは、ソフト面だね。それは本書で述べてきたとおり、老練かつ狡猾で、「ソフィスティケイト」された、一筋縄ではいかない国になる、ということだよ。
 資源の問題では、エネルギーを自給化したり、レアアースも技術開発で外部資源に頼らない体制をつくる。

・日本人はこれまで、どちらかというとお人好しのお坊ちゃんで、あと先を考えずに行動するところがあった。そのために新幹線技術も、うまうまと中国に取られてしまった。こうしたお人好し時代はいい加減に卒業して、これからは、したたかで、昔の武士のように深謀遠慮の国になる。そうすれば、相手に不用意なスキを見せることもない。

・それと、日本の表の顔は町人国家なんだから、金融立国と、政府をプロフィット・センターになぞらえる思考習慣は、ぜひここで確立しておきたいね。そうすれば、日本はたちどころに甦り、再び豊かな国になれるよ。

・日本人が行うべき方策とは、世界から富を求めて人と情報が集まるような国にすることである。すなわち、日本をビジネス・チャンスにあふれた、魅力的な国にすることであり、海外の人々が日本にやってくる理由・必然性がある国にすることが大切である。



『田母神塾』   これが誇りある日本の教科書だ
田母神俊雄   双葉社    2009/3/1



<究極の抑止力、核兵器で国防と外交を強化せよ>
・世界の多くの国々は、積極的に核兵器をもちたがっています。その理由は、核を持っている国のほうが、核をもっていない国よりも強い安全保障体制を構築できるからです。核を持たないほうがいいと主張しているのは、日本の政治家ぐらいしかいません。より強い軍事力をもつことによって、より安全ではなくなると考える政治家は他国にはいない。軍事力が強いほうが、より安全というのが、常識的に考えもごく普通の考え方でしょう。

・「核兵器を持てば日本は戦争と破壊の危険にさらされる」。自虐史観に染まっている人は、そういう考え方をします。

・絶対に使われることがない兵器ではあるのですが、核兵器を持っている国と持っていない国とでは、外交交渉において格段の差が生まれてしまう。

・日本の外交交渉力を世界と対等にするために、日本も核兵器を持つべきであると、私は、敢えて提言します。核兵器を持たない国は、最終的にアメリカやロシア、イギリスやフランス、中国のいうことを聞かざるをえない状況に置かれているのです。

・少なくとも非核三原則は撤廃し、日本が核兵器を持とうと意識すればいつでも持てる状態にしておくことが必要でしょう。「もたない」と強く宣言したとたんに、安全保障上の抑止力は一気に低下してしまう。

・アメリカは日本に、どうしても核兵器をもたせたくないのです。日本はNPT(核拡散防止条約)に加盟しているわけですから条約による縛りは今も利いている。


・普通の国の政治家であれば「絶対に武力行使はしない」「核兵器を持つことはありえない」とまでは断言しません。「国家を守るため、あらゆる手段を放棄しない」というのが普通です。

・核兵器とほかの通常兵器との最も大きな違いは、核兵器は戦力の均衡を必要としない兵器だという点です。つまり、一発だけでも持てば、充分抑止力になる。

・イスラエルのように核兵器で武装した国は、軍事攻撃によって潰すことはできません。

・自国で核兵器を持つことが難しいのであれば、日本も「ニュークリア・シェアリング・システム」の導入を検討してみてはどうでしょうか。これはアメリカが持つ核兵器の発射ボタンを共有するという試みです。実はすでにNATOのうちドイツ・オランダ・イギリス・ベルギー、トルコの5カ国はニュークリア・シェアリング・システムが導入されています。これらの国が核の脅威にさらされたときには、アメリカが持つ核兵器を引き渡すという取り決めです。

・日本はとにかく、国防に関するタブーが多すぎる。民主主義社会なのですから、核兵器保有に関してもタブーの枠内に押し込めることなく、何でも自由に話し合えばいい。

・「核武装しないほうが我が国はより安全を保てる」。そんなことを主張する政治家は、世界中見渡しても日本の政治家以外にいません。



『国(暴)防論』
田母神俊雄・松島悠佐・川村純彦・勝谷誠彦
アスコム     2009/5/2



<タブーを乗り越え、長過ぎた沈黙を破るべき時がやってきた>
・どこそこの国では戦争という言葉そのものにさえ目を背けさせる教育をしてきた。こういう国は、周辺諸国にとって「危うい」。戦争を作り出すのは無知なのだ。

<核兵器を持たずとも、核抑止力を保持する方法がある>
・そこが同盟の難しいところなんです。確かに同盟は抑止には役に立ちます。しかし、いざというときの国家の運命は、自国で決断しなければなりません。今回は明確にしてくれましたが、アメリカが助けてくれない最悪のケースまでも考慮した上で、あらゆる戦略を立てておかなければならない。したがって、「非核三原則」とお経のようなことを唱えていれば、日本の安全が守られると考えることは、大きな誤りなんです。

・NPT(核拡散防止条約)加盟国のなかで、ドイツ、イタリア、オランダ、ベルギー、トルコの5ヵ国は、ニュークリア・シェアリング・システムというものを採っています。アメリカの核兵器を使って日常的に訓練しています。

<日本が原子力潜水艦を持てば、中国・原子力空母の最高の抑止力になる>
・(原子力潜水艦)は絶対に必要だと思います。ディーゼルエンジンを動力とする在来型の潜水艦は、どうしても息継ぎが必要なんです。潜水艦は浮上してディーゼルエンジンで発電機を回し、発生した電気を蓄電池に充電する。水中ではディーゼルエンジンが使えないので充電ができないからです。それと、艦内の換気のためにも、ときどき浮上しなくてはならない。そのような場合、海峡や東シナ海など、地形が入り組んだ海域なら隠れる場所もあるからいいのですが、太平洋のような広い外洋で海面に顔を出すことは潜水艦にとって自ら隠密性を放棄する非常に危険なことです。広い海域で、息の長い行動をするにはやはり原子力潜水艦でなくてはだめなんです。潜水艦がほかの水上艦船に同伴して行動するためにも原子力潜水艦が必要です。

・将来、日本が航空母艦を持つとなったら、これを守るためにも、一緒のスピードで航海できる潜水艦が必要です。それは原子力潜水艦でないと無理ですね。

・日本がすぐに核武装はできないとしても、先ず原子力潜水艦を何隻か持って、南シナ海から沖縄近辺の海域に遊弋させれば、中国は嫌がりますよね。中国は原子力空母を建造すると言っていますが、たとえ造ったって、こっちが原子力潜水艦を持っていたら、怖くて動けませんよね。最高の抑止力になると思います。

・それに、予算をどれだけつぎ込んだとしても、中国の対潜水艦能力は西側に比べてまだ30年以上の遅れがあると見ています。したがって、当分は中国海軍が日本の潜水艦を捕まえることはほとんど不可能でしょう。ですから、日本が原子力潜水艦を持つことは、最高の抑止力になるはずです。これは断言できます。

・非常に有効な手段でしょう。もうひとつあります。日本が核武装をした場合にどういう兵器体系が必要かを改めて検討できる。もし原子力潜水艦を建造できたら、ミサイルを発射できる装置を置いておけばいい。潜没中の潜水艦は探知が困難で残存性も高いですからね。

・日本のような狭い国では、あちこちに核ミサイルの基地は造れません。潜水艦に積めば、そこが核基地になる。海洋国家としては非常に強いですね。

<兵力の均衡を必要としない核兵器は、ひとつ持っているだけでいい>
・核兵器のバランスの問題もありますが、たとえ10発でも抑止力になります。威力が非常に大きいですから、常に1隻を配備して発射できるようにしておくためには潜水艦の隻数としては3隻は必要でしょう。それだけでも最小限の核抑止力は確保できると言えます。

・アメリカはたくさん予算を持っていて、中国も持っている。そこで日本が核を5発や10発ぐらい持ったからって何になるんだと言う人もいます。しかし、5発や10発でも充分に意味があるんです。核兵器は、兵力の均衡を必要としない兵器ですから。

・通常の兵器ではあり得ない話ですが、核に関しては兵力比が1対10でも1対100でも抑止が成り立つんです。核兵器は二度と使われてはいけない兵器です。また、使われる可能性もゼロに近い兵器です。しかし、外交交渉で発言権を確保する上でも非常に必要かつ重要な兵器なんです。

・核に対してアンタッチャブルのままでいてはいけません。国会でもきちんと議論をしなければ。ところが非核三原則がまずあって、核抑止力はアメリカに依存するというところで話が終わってしまっている。

・それよりも、原子力潜水艦を持つのがいちばんいいでしょう。しかし、そのためには時間も金もかかります。

・いちばん手っ取り早いのは、アメリカのトマホークを買ってくることでしょう。

<北朝鮮の体制が崩壊するとき、何が起こるか>
・口封じと証拠隠滅のために、北朝鮮にいる拉致被害者、それから数百人いるといわれている特定失踪者が殺されてしまう可能性もあるわけですよね。アメリカだったら特殊部隊を突入させて救出しているところでしょうが、私はそれをぜひ自衛隊にやってほしい。

・拉致被害者を奪還するのは、能力的にはゼロではないと私も思います。しかしながら、作戦の基本である情報を積極的に取集する情報機関が日本にはありません。これが最大の問題です。そのため被害者の方が北朝鮮のどこにいるのか、どこに救出に行けばいいのかという情報を得ることができない。大変難しい状況です。

・情報戦でもっとも大事なことを「 Humint」と言います。ヒューマン・インテリジェンスの意味です。情報というのは人間に接触し、そこから情報を引き出すのがいちばんいいわけです。日本はその面で諸外国に比べて極端に見劣りがします。

・やはりきちんとした情報機関がないということが異常なんですね。そこで調べて勝てるか勝てないかを判断して、だめならどうやれば勝てるかを検討して、勝てるとなって初めて戦争を始めるわけですからね。

<●●インターネット情報から●●>

<清水幾太郎>
その60年安保にかけての時期、安保条約反対の論陣を張った清水幾太郎(社会学者)という人物がいる。安保改定後は急速に「右転回」して、1980年9月に『日本よ国家たれ――核の選択』(文藝春秋社)を出版。日本核武装を主張するまでなった。清水はいう。「最初の被爆国である日本が核兵器を所有しなければ、有事の際、世界中の国国が日本に遠慮してくれるという滑稽な幻想を抱いているのではないか」「核兵器が重要であり、また、私たちが最初の被爆国としての特権を有するのであれば、日本こそ真先に核兵器を製造し所有する特権を有しているのではないか」と。清水が提言する核政策変更への4つの選択肢はこうだ。(1)独自の核武装、(2) 核運搬手段を日本が持ち、核弾頭を米軍から提供してもらう、(3) 核兵器を保有する米陸軍の新たな駐留、(4) 米軍の核持ち込みの許可を宣言する、である。清水は、核武装を含む軍事力強化の道を、「日本が一人前の国家になること」への第一歩と見ている。安保反対論者から核武装論者へ。実に振幅の大きい生きざまではあった(1988年8月10日、81歳で死去)。



『巡航ミサイル1000億円で中国も北朝鮮も怖くない』
北村淳   講談社    2015/3/23



<中国軍の対日戦略が瓦解した日>
・現実には(2015年3月現在)日本には中華人民共和国に対してだけでなく、いかなる国に対しても海を越えて報復攻撃を実施する軍事力は存在しない(ゼロとはいえないものの、ほぼゼロに近い)。

・ただし、「日本には日米安全保障条約があるではないか」という人々が少なくない。これらの人々は、「たとえ日本自身が報復攻撃力を保持していなくとも、日本の防御力で敵の攻撃を防いでさえいれば、アメリカ軍が助けに来てくれて、彼らがやり返すことになっている」というふうに信じ込んでいるようである。
 その結果、日本は防衛のために必要な軍事力の片面にしか過ぎない「防御力」しか保持せず、「報復攻撃力」がゼロに近い状態でも、平然として国家をやっていられる、というのである。まさに「アメリカは矛、日本は盾」というレトリックに頼りきっている点、これこそが、日本社会が「平和ボケ」といわれている最大の理由ということができる。

・そもそも「防衛」のために莫大な税金を投入して軍事力を保持しなければならない究極の目的は、日本が外敵から軍事攻撃を仕掛けられたら「防御」するためではなく、「外敵が日本に対して軍事攻撃を実施するのを事前に思いとどまらせる」こと、すなわち「抑止」にある。
 自衛隊が「防御」する段階に立ち至った場合には、いくら自衛隊が頑強に「防御」したとしても、日本国民の生命財産が何らかの損害を被ることは避けられない。したがって「防衛」の理想は「防御」ではなく「抑止」なのである。

・そして、日米同盟のレトリックに頼りきった日本が「防御」のための軍事力しか持たないならば、いくら世界最強の防御力を持っていても、アメリカが助けに来てくれるまでは「やられっぱなし」の状態が続くことになってしまう。
 日本を軍事攻撃しようと考える外敵にとっては、「やられたらやり返す」という軍事能力を持たない日本を攻撃する場合、アメリカが登場するまでのあいだは「やり返される」ことを考えに入れる必要はないため、軍事的には日本攻撃にさしたる躊躇はいらないことになる。

・日本が「防御力」しか持っていない状態と、日本が「防御力」に加えて最小限度の「報復攻撃力」を保持している状況とでは、外敵に対する抑止効果という点では、雲泥の差が生ずることになる。
 極言してしまえば、暴力によって勝敗を決してしまう軍事の根底に流れるメカニズムは、実はこのように単純なのだ。そして、「外敵からの武力攻撃を受けないためには、適正な報復攻撃力を持たなければならない」ということは、国防の鉄則なのである。

・本書では、現在日本が直面している最大の軍事的脅威は何か、それを明らかにするとともに、その軍事的脅威が実際に発動されないように抑止するために、日本自身が可及的速やかに手にしなければならない「とりあえずの抑止力」を明確に提示したい。

<「とりあえずの抑止力」の脆弱性>
・憲法第9条や「専守防衛」という奇妙な原則に拘泥してきた日本は、自衛隊という大規模な軍事組織を構築してきたにもかかわらず、中国や北朝鮮に限らずいかなる外敵に対しても、報復攻撃を実施するための軍事力を保有しないように努めてきた。その結果、現在の自衛隊は、様々な優秀かつ高価な兵器を手にしてはいるものの、中国に対しても北朝鮮に対しても、海を渡って攻撃する能力はほとんど保有していない。

<中朝への報復攻撃力を持つと>
・逆説的にいうと、「日本から攻撃される」という変数が存在するだけで、対日攻撃計画は複雑になってしまうわけだから、そのような変数を初めから捨ててかかっている日本は、お人好しを通り越した存在ということになる。

・このように、これまで通りの自由に攻撃作戦を立案させないようにするという効果があるだけでも、日本が「とりあえずの抑止力」を可及的速やかに手にする意義は大きいし、絶対に必要となる。

<トマホークのピンポイント攻撃で>
・そのようなピンポイント攻撃を敢行できる方法としては、現在のところ、長射程ミサイル(弾道ミサイル・長距離巡航ミサイル)による攻撃が唯一の選択肢である。
 日本は弾道ミサイルを製造する技術力は保有しているが、実際に中国や北朝鮮を報復攻撃する兵器としての弾道ミサイルを開発するには、ある程度の年月が必要である。しかし、「とりあえずの抑止力」を手にするためには、日本自身による弾道ミサイルの開発を気長に待っているわけにはいかない。かといって、弾道ミサイルを輸入することはまったく不可能である。

 一方、長距離巡航ミサイルは、弾道ミサイル同様に独自開発には時間がかかり過ぎるものの、アメリカからトマホーク長距離巡航ミサイル(トマホーク)を購入するというオプションが存在する。

<中国が恐れるトマホークの配備>
・逆に考えると、約9600億円では、トマホークが9600基も手に入ることになる(それほど多数のトマホークは存在しないが)。このように、破壊力と装備費だけを比較すると、いかにトマホークがコストパフォーマンスに優れているかが理解できる。

<発射可能なトマホークの数は>
・このように現在、海上自衛隊には、最大1024基の水上戦闘艦発射型トマホークと、最大108基の潜水艦発射型トマホーク、合わせて1132基を一度に装填する能力が備わっている。

・以上のように考えると、海上自衛隊の現有艦艇によって、約800基のトマホークを発射することが可能である。そして、水上戦闘艦発射型トマホークは1基およそ1億円であり、潜水艦発射型トマホークは1基およそ1億5000万円である。すると、海上自衛隊は、約900億円で上記のような駆逐艦と潜水艦から発射されるトマホーク約800基を手にすることができる計算になる(実際にはテスト用数十基を含めて約1000億円)。
この場合、自衛隊艦艇の稼働状況や展開状況を考えると、現実的には保有する800基全弾を一度に発射するのは困難であり、400〜500基が報復攻撃として連射されることになる。

<北朝鮮への「4倍返し」の値段>
・このように、年間の防衛費の約2%、1000億円を投入してトマホークを海上自衛隊艦艇に配備するだけで、日本は北朝鮮に対し最大で「4倍返し」の報復攻撃力を手にすることになる。

<対中報復攻撃は日本海から>
・国際軍事常識をはるかに凌駕したスピ―ドで長射程ミサイル戦力の充実に邁進し、短期激烈戦争を周辺国に対する侵攻(可能性による脅迫)のドクトリンとしている中国に対しては、トマホーク400〜500基による報復攻撃だけでは「とりあえずの抑止力」を超えた抑止効果は期待できそうにない。

<中国でより深刻なトマホーク被害>
・したがって、日本が1000億円で手にできるトマホーク戦力は、少なくとも「とりあえずの抑止力」であると、中国共産党指導部は考えるはずだ。

<さらに強力な抑止力の構築には>
・1000億円を投入して、自衛隊が800基のトマホークを装備することによって、本書での目的である「とりあえずの抑止力」は手に入れることができる。本書の目的はここにおいて達成されるが、日本の防衛は「とりあえずの抑止力」を手にすることによって、真の防衛のスタートラインに立ったことになる。

・いうまでもなく、抑止力を強化するためには、報復攻撃力だけを強力にしていくのは得策ではない。できるかぎり受動的抑止力と報復的抑止力をバランスよく増強していくとともに、場合によっては報復攻撃力を予防的抑止力に転用する途も工夫して、すべての形態の抑止戦力を手にしていかねばならない。

・そして、日本の技術力のすべてを投入すれば、最大射程距離2500キロで最高巡航速度マッハ2を超える巡航ミサイルの開発に成功する可能性は十分にある。

・何をおいても1000億円で「とりあえずの抑止力」を手に入れよ――。
「封じ込めうる抑止力」に近づけるための各種抑止力の増強策、そして国防戦略そのものの大修正を行うための大前提は、1000億円を投入して「とりあえずの抑止力」を手に入れることである。これなくしては強力な抑止力はいつまでたっても手に入らず、それほど遠くない将来に短期激烈戦争を突きつけられ、実際に戦闘を開始する前に中国の軍門に降らなければならなくなる。または、北朝鮮から大量の弾道ミサイルが原発に降り注ぎ、福島第一原発事故の数十倍の放射能被害を受けるかもしれない。

<●●インターネット情報から●●>
「三峡ダム」の恐怖! 攻撃されたら万事休す・・・軍壊滅、民は「億単位で飲み込まれる」=中国メディア         (サーチナ)

 中国の軍事情報サイト「捷訊網」は21日、米国や台湾と戦争の事態になった場合、三峡ダムがミサイル攻撃を受け破壊された場合には、戦争に必要な軍部隊も水に飲まれ、民間人の被害は数億人にのぼると紹介した。
 三峡ダムの危険性については早い時期から指摘があり、応用数学などを研究した著名学者の銭偉長氏(1912−2010年)は、三峡ダムが通常弾頭付き巡航ミサイルで攻撃されて崩壊すれば、上海市を含む下流の6省市が「泥沼」となり、数億人が被害を受けると試算した。

 記事によると、三峡ダム下流の長江沿岸には軍の駐屯地が多く、軍も戦争遂行が不能になるという。
 記事は、三峡ダム攻撃をまず研究したのは台湾と指摘。中国軍が台湾侵攻を試みた場合、台湾は同ダムを含む大陸部のインフラ施設攻撃を念頭に置いたという。

 記事は次に、尖閣諸島で対立する日本による攻撃も取り上げた。奇襲すれば「釣魚島(尖閣諸島の中国側通称)はポケットの中の物を取り出すのと同様に簡単に手に入る」と豪語するタカ派軍人もいると紹介する一方で、三峡ダムへの攻撃リスクを考えれば、「釣魚島奇襲は不可能」と指摘。それまでに、時間をかけて三峡ダムの水を抜いておかねばならないと主張した。
 記事はさらに「釣魚島を奪取しても利は小さい。三峡ダムの被害は甚大だ。しかも、(尖閣奇襲で)先に手を出した方(中国)が国際世論の非難を浴びる」と論じた。
 記事は、尖閣諸島が原因で戦争になった場合、米国による三峡ダム攻撃もありうると指摘。さらに、国境問題で対立するインドが攻撃する可能性にも触れた。(編集担当:如月隼人)

<●●インターネット情報から●●>
「産経ニュース」(2017/10/6)
「北朝鮮が核攻撃なら死者210万人 米大推計、東京とソウル」
ワシントン=黒瀬悦成】米ジョンズ・ホプキンズ大の北朝鮮分析サイト「38ノース」は4日、米国と北朝鮮の間で軍事衝突が起き、北朝鮮が東京とソウルを核攻撃した場合、両都市で合わせて約210万人が死亡し、約770万人が負傷するとの推計を発表した。
 一部の専門家によると、北朝鮮は爆発規模15〜25キロトン(TNT火薬換算)の核弾頭を搭載した弾道ミサイルを20〜25発実戦配備しているとされる。
 データ解析を専門とするマイケル・ザグレク氏が38ノースに寄せた分析は、米軍による北朝鮮の弾道ミサイル迎撃や、核・ミサイル関連施設の攻撃を受けて、北朝鮮が報復核攻撃に踏み切った事態を想定している。
 北朝鮮が25キロトン弾頭のミサイル計25発を東京とソウルに向けて発射し、うち20発が日韓の迎撃ミサイルをかいくぐって目標の上空で爆発した場合、東京で約94万人、ソウルで約116万人が死亡するとしている。

 一方、搭載された弾頭が、9月3日に北朝鮮が地下核実験で爆発させた「水爆」と同規模の250キロトンで、発射されたミサイル25発のうち20発が東京とソウルの上空で爆発した場合、東京での死者は約180万人、ソウルでの死者は約200万人、両都市の負傷者の合計は約1360万人に上るとしている。
 米国が広島に投下した原爆は16キロトン、長崎は21キロトンだった。



________________________________________
■■■ 私が思うこと、聞いたこと、考えること ■■■

・インタ―ネット情報によると「政府は14日、終戦記念日の15日に全国戦没者追悼式を開催するに当たり、「戦没者をしのび、心から黙とうをささげられるよう切望する」との菅義偉官房長官談話を発表した」とのこと。(2019/8/14)
「世界に平和を」と祈っても理想と現実の国際社会はますます大きく乖離しているといわれます。

・終戦記念日に近づくとメディアには「太平洋戦争」の特集が載るようになります。映画も上映されます。「軍人馬鹿によって、国民は、地獄に堕とされた」といわれます。戦争中やその後の事は、「書けない」といわれます。書いていても不愉快になるばかりだといわれます。当事者たちは悲惨な事実に「忘れる努力」を必死にしたといわれています。実際に放送禁止内容にあたるようなものが多いといわれます。「戦争物語」は、読者も大変疲れるといわれます。読んでおれないようです。
「星野の話のなかでも、耳を疑うほど驚いたのは、「東条英機がミッドウェー海戦の無惨な戦況を知ったのはサイパン陥落の直前だった」というくだりである」という話も私たち一般人は、不思議に思います。確か、戦争指導をしていたのは、東条英機だったはずですが。細かい戦闘を知らなくても、肝心の結果を時の総理大臣に知らせていないのは、非常に疑問を感じました。これでは「軍人さんたち」を誰も美化できないといわれます。

・「歴史にifはない」といわれます。山本五十六が「対米戦争をすれば必ず敗れる。戦争はできない」と言えば、無謀な太平洋戦争に突入することはなかったといわれます。山本五十六が美化されたという説もあります。「当時の将官や将校で対米戦争に勝てると考えた者はいなかったし、戦争に負けるということはどういうことを意味するのかを認識していなかった」と指摘されています。「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」、「敗軍の将は兵を語らず」、「小知は亡国の端」といわれます。

・「東条英機の親分格の暗殺された永田鉄山が、戦争指導をしておれば、戦況は大きくちがったであろう」という意見はよく言われたそうです。対米戦争も始めなかったかもしれないともいわれます。しかしながら、インタ―ネット情報によると「結論は、変わらないのでは、ないでしょうか?永田鉄山に、アメリカの日本を締め出す国策は止められません。永田は、支那拡大論者で、更に早期に日本破滅に導いた可能性もあります。 永田が、陸相兼首相になっても、対米開戦は避けられず、その後も統帥権の壁で、実質、東条と変わらなかったのではと考えます。 個人の力で、もうどうにもならなくなっていたのでは?」という反対意見もあるといわれます。

・日本経済が振るわなくなっているのは、政治の後進性が原因だといわれます。「改革が遅れているのは本当に優れた官僚や政治家が登用されていないからだ」といわれます。政治家や官僚の失政やスキャンダル報道は、国民が不安を覚え、国民が恥をかくといわれます。政府にはベスト&ブライテストが集結しているはずですが?! 「日本の政治家はアメリカのロビイストのような役割を果たしている」という説もあります。
「「官僚と政治家、どっちが勝つか」こんな評論も多い。他の先進国から見たら噴飯ものだ」といわれます。国会や国会議員は憲法や法律で想定された機能を十分に果たしていないといわれます。「国会議員資格試験」や「地方議員資格試験」が必要だと主張する有識者も少なくないといわれます。政治の貧困が子どもの貧困を創っていると指摘されています。「「普通の国」ならば、自分も核兵器を持とうと考えます。また、それを当然とするのが現代の国際社会です」といわれます。それこそ税金の無駄遣いを禁止して、一つでも多くの核シェルターを作るべきだといわれます。平和主義者が数十年間、「平和」を叫んでいても拉致事件程度の問題も40年以上も解決できないと指摘されています。それこそ議員の海外視察旅行の目的を「核シェルター視察」とすればよいといわれます。

・amazonで「太平洋戦争」ですと1万件以上、「第2次世界大戦」ですと2万件以上分かりますし、現在でも映画やメディアには盛んに取り上げています。「人類の歴史は、平和な時代よりも戦争の時代が長かった」そうです。現代は「核兵器の時代」です。数十年後、100年後には、核兵器が世界中に拡散していることでしょうか。「サイバー戦争をみても第3次世界大戦はもう始まっている」という説もあります。「今世紀に第3次世界大戦は起こらない保証はない」とも主張されています。今の時代、大新聞社の活躍が聞かれなくなったといわれます。

・国家機密は、真面目な公務員ばかりですから、守られるといわれます。政府の中に政府があってアメリカ大統領といえどもコントロールできないといわれます。「いざ大統領に就任すると、この話題には関与せずという概要が出されるのだ。こうした態度は“大統領の黙秘症候群”と呼ばれている」といわれます。「政府内部のそのまた奥にある、合衆国大統領でさえ手のだせない領域に、UFO目撃事件の開示を強い力で押さえこんでいる権力者グループがある」といわれます。

・ところで、広い宇宙には、異星人の伝承も多く、スター・ウォーズは凄まじいものだったといわれます。あのグレイという異星人も、核戦争が頻繁にあり、放射能のために地下生活に移行したといわれます。異星人のスター・ウォーズは凄まじく、想像を絶すると指摘されています。惑星を吹き飛ばしたり、宇宙の一部が壊れたこともあったようです。
「オリオン星雲で60万年続くオリオン戦争で、これは何億ものポジティブな人間型生命体とレプティリアンと呼ばれるネガティブなヒト型爬虫類人との間で起こったものだった」といわれます。「オリオン星人は非常に階級意識の強い宇宙人だ」そうです。「奇妙なことに、オリオン人はかっては琴座からの移民である人間らしい存在だったが、その後レプティリアンに征服されてしまった」といわれます。
オリオン座は「神の星座」ともいわれますが、『闇の勢力』も利用しているそうです。「シリウス人はオリオン人と交戦していた。この敵対関係は今でも続いている」といわれます。「オリオン大戦」やスター・ウォーズの原因や結果も詳しくは分からないそうです。オリオンETグループが異次元のモンスター・タイプの生物を創り、人間と異種交配・混淆させ、生体実験で「人間化」させようとしているといわれます。人類はどれだけ進化しても「神人」にはなれないようです。「はるかに遠い未来には、長身の神人と“小人に退化した人類”の2種類になる」といわれます。

・「小野田寛郎」といっても今の若い人で知っている人は、非常に少ないと思われます。終戦後も30年間、フィリピンのルバング島で、最後は一人でゲリラ戦を闘っていた「中野学校」の残置諜者です。小野田寛郎さんと「フィリピンでの日本軍の金塊や金貨」の話を結びつけるのは、本書が最初のようです。フィリピンでの戦争は、私たち一般人は、「戦史家」ではないので詳しいことは知りません。特に、「フィリピンにおける日本軍の軍政」も機密事項だったので、分からないことが多いようです。

・ちなみに、移住した小野田牧場のあったブラジルのマットグロッソには、沖縄等の移民が多い地域だそうです。戦後生きていたといわれる、ナチスのヒトラーも最後はマットグロッソという場所に移り住み1984年に95歳で亡くなったと伝えられています。

・戦争中や戦後の大混乱のドサクサのことで何事も正確には分からないようです。欧州でも戦後の大混乱の中で、ナチスのヒトラーの金塊・資金にまつわるさまざまな動きがあったようです。戦争中には偽札も発行されたようで、経済面での破壊活動も激しくあったようです。このような話はどこまでがナンフィクションなのかもよくわかりません。戦争にまつわる資金のことは軍事機密で書類も焼却されるのでしょう。諜報機関にまつわる資金関係は各国とも分からないようになっているようです。それこそトップシークレットなのでしょう。ましてアバブ・トップシークレットでは何も分かりません。

・宇宙人情報のように国家安全保障上の最高機密(トップ・シークレット)の数段階上の厳秘(アバブ・トップシークレット)扱いのものもあるのでしょうか。宇宙人情報は各国の諜報機関と結びつき、秘密は保たれているようです。諜報機関と宇宙人は馴染みがあるそうです。『天皇の国師:知られざる賢人三上照夫の真実』(宮崎貞行)(学研)という本がありますが、エスパー(超能力者)と天皇の話についてもよく分かりません。戦前の帝国陸軍や海軍のスパイ活動についても不明なことが多いそうです。

・私たち一般人には、現代の「世界のスパイの実態」については理解不能なことが多いようです。「諜報機関は国家にとって最も重要な死活の国家組織だ」そうです。が、その諜報機関も日本には存在しませんので、「諜報機関のない国は北朝鮮の拉致事件にも無力だった」とも非難されています。「諜報機関のない国は既に国益を大きく損ねている」そうです。日本国の「失政」も増えており日本政府の劣化が懸念されています。なぜか諜報機関の設立については、国会の動きが分かりません。諜報機関の設立は集団的自衛権の法律よりも重要な案件だそうです。国家経営の実務に精通したベスト&ブライテストのテクノクラートの英知を結集した「国家改造計画」が求められているそうです。

・公安調査庁の元部長によれば「日本は諜報機関のない世界的に珍しい国だ」そうです。真面目な官僚や政治家も「諜報機関を作れ」と声高に叫び動いていないそうです。「諜報機関のない国は始めから負けている」ともいわれます。北朝鮮の拉致事件も解決されていませんし、巨額な被害額の「振り込め詐欺」の犯罪者も一網打尽になっていません。私たち一般人には、「この程度の問題も解決ができないのか」と不思議に思います。

・警察に非難が殺到しない日本的な状況のようですし、大新聞社の活動も私たち一般人には、十分、分かりません。それこそ税金の無駄遣いをやめて、諜報機関の設立・運営資金にしたらよいそうです。今話題の豪華な新国立競技場も誰が資金を出すのでしょうか。限られた予算、限られた処遇、増えない税収、十分でない福祉予算を削る財政赤字ということで、将来の「消費税20%」が当然のごとく有識者の間では議論されています。

・「諜報機関のない国は国家競争から最初に脱落する」ともいわれます。諜報機関が機能していないため、拉致事件や詐欺グループの暗躍など、国民を不安にすることが多すぎるそうです。スパイのノウハウについても日本は後進国のようです。「中野学校」のスパイ技術レベルは当時ではかなりのものだったようです。安全保障の問題も肝心の諜報機関なしで、海外に自衛隊を派遣するのでしょうか。世界の諜報の世界は「スパイ教育を受けたネィティブ・スピーカー・コンプリート・バイリンガルでないと使いものにならない」過酷な世界だそうです。脳天気(ノー天気)な日本人は犠牲者になるばかりのようです。

・「警察がしっかりとしておれば、拉致事件は起こらなかった」と元警察官僚が述べているそうで、私たち一般人には、理解不能なことが多いようです。私たち一般人は、仕事が忙しくて、さまざまな社会問題を詳しく勉強している時間がありませんが、「警察の不甲斐なさ」には驚きます。政治家は選挙民の対応に追われて、勉強ができないそうです。警察は捜査能力も高いとはいえないそうですが、警察幹部によると「予算や警察官や刑事の要員が足らない」そうです。先進国のように諜報機関が政治を引っ張らないと国際問題に適切に対応できないそうです。拉致事件の場合のように政治家の非力ぶりが窺われます。

・ジェームズ・ボンドの007シリーズの映画で世界的に知られる英国情報部には、対外部門のMI6と国内部門のMI5があるそうです。高度な諜報機関が英国では機能していますが、様々な事件が起こっているようです。「殺人許可証を持つと言われる女王陛下の秘密諜報員」もロシアのスパイ団の動きをつかめてはいないそうです。冷戦が終わったと言われますが、また米露の対立がウクライナ等をめぐって鋭く対立してきています。

・ロシアも旧共産圏も「核兵器による恫喝」は、忘れてはいないようです。甘い国際感覚と貧弱な語学力では国益を大きく損なうこともありましょう。社会の遅れた面、非近代性、後進性、頭の古い面が予想以上に多くなってきています。なぜ改革が遅れているのでしょうか。本当に優れた官僚や政治家が登用されてこなかったからでしょうか。「日本は先進国だろうか」という声も街中では増えてきているようです。「女性の登用も先進国とはいえない」そうです。女性の眼から見ると「政治や経済の後進性」を痛切に感じることでしょうか。

・「天使は神の秘密諜報員である」という説もあるそうですが、諜報機関と何か異星人でも関係しているのでしょうか。「日本の知識人が欧米人を理解できないのはフリーメーソンを知らないからだ」そうです。グローバルな世界になりつつありますが、「グローバル化」には、十分に対応できていないそうです。

・「戦争中に米第7艦隊を撃滅できる機会は2回あったそうですが、機会を逃し海戦に敗れたのは、当時の将官に問題があった」「日本海軍は凡将によって敗れ去った」という話もあったようです。また、「企業は人なり」と言われ、人間の営みのあらゆる分野で、人材登用は、基本中の基本。しかし、何らかの理由で、人材登用の序列がうまくいっていないために、「結果がでなかった」ことも多いそうです。

・「何か一つでも変えれば、世の中は大きく変わる」といわれます。たとえば、たばこ税をもっと急激に上げれば、煙草を吸う人は激減するでしょう。そのように、「たった一つの政策を変えることだけで世の中が大きく変わる」ことが、広く認識されています。

・「失われた20年」の時代の自殺者数を見ても改革が急がれます。国家危機という認識が為政者にあるはずですが。日本経済の現在の惨状を考えても、ここ20年間、国家運営の実務に通じた本当に優れた政治家や官僚が登用されてこなかった結果ではないでしょうか。

・今まさに改革の時代ですが、例えば庶民念願の『平成維新』を実現するために、たった一つのこと、「公的な職業である国会議員や地方議員の議員職の世襲の廃止を徹底」することだけでも、日本は大変化し、世の中は明るくなるといわれているそうです。世襲をなくせば『令和維新』が達成できるのでしょうか。

・公党のあり方として政界における世襲の研究をしている人は多いようです。公的な職業、特に議員職に関しては、「後進に道を譲る」「後継者の育成」の必要があるようです。

・「原因は世襲(議員)が多くなったのでうまくいかなくなって、しまった」という説も多くあり、「遅れた政界システム」である世襲政治を血縁共同体から利益共同体へ変えれば良いそうです。もちろん「世襲の廃止」は法律ではないので、抜け道はいくらでもできますが「当人次第」ということでしょう。ほかにも多くの事について、「たった一つの政策を変えることだけで、世の中を大きく変える」事が出来るといわれます。


・ 「今、重点投資すべきは「対AI軍事技術」である」といわれます。
「情報のプロ」によれば、「既にサイバー戦争をみても第3次世界大戦はもう始まっている」という説もあります。「大統領たちは地球外生命体の存在が広く世に知れたらどれほど悲惨な結果を招くか」を十分にわきまえていたといわれます。政府内部のそのまた奥にある、合衆国大統領でさえ手のだせない領域に、UFO目撃事件の開示を強い力で押さえこんでいる権力者グループがあるといわれます。

・ほとんどすべての有識者が「アメリカは衰える」と評論しています。しかしながら、諜報機関によると「エイリアン・テクノロジー・リバース・エンジニアリング」の研究によってアメリカ合衆国は発展段階の初期段階にあるといわれます。「エイリアン・テクノロジー・リバース・エンジニアリング」は、ロシアも研究しているのでしょうか。「モスクワには多くの異星人が住んでいる」というリーク話もあるそうです。エイリアン・エンジニアリングのパソコンを毎日使いながら、「あなたは空飛ぶ円盤を信じますか?」という時代錯誤的な質問をしていると指摘されています。中国もエイリアン・エンジニアリングのために異星人と協定を結んでいるのでしょうか。「イスラエルがシリウスと通商協定を結んだ」といわれます。

・金のかかる外交も必要ですが、失政の続く内政を立て直すべきだといわれます。政治家や官僚のスキャンダル・失政報道は、国民が不安を覚え、国民が恥をかくといわれます。政治・立法・行政・司法の効率、費用対効果も「劣化」しているといわれます。内政・外交共に難題山積みですが失政続きで国民が不安を覚え、国民が恥をかくといわれます。
ロシア、中国、北朝鮮等は、軍諜報組織も絡んで、サイバー犯罪、サイバー攻撃をしているといわれます。誰でもプログラマーの時代がくるとサイバー犯罪が近未来に急増するといわれます。現在、米中貿易摩擦が懸念されています。

・軍部に抑え込まれて戦争に引きずり込んだ外務省の大罪もあったといわれますが、現代でも外務省という役所の大問題が続いているといわれます。昔から評判が悪いようです。外部や内部からの「告発書」がどれくらい出版されたのか、私たち一般人は、詳しく知りません。「外務省の劣化」は、昔からといわれます。たとえば、日本人移民の手続きが、杜撰で無茶苦茶だったとかの内部告発書もあるといわれます。

・週刊文春デジタル(2019/4/25)によると、「イラン大使“強制わいせつ”女性官僚の訴えを外務省は2度黙殺した」という記事があります。そして他「サンスポ」のインターネット情報(2019/5/20)によると、「元駐イラン大使を書類送検 公邸で強制わいせつ容疑」という記事もあります。度々批判を受けて内部改革が実施されたそうですが、相変わらず懲りないようだといわれます。「それこそ税金の無駄遣いを止めて、国民の血税を費用対効果を考えて政策財源にあてるべきだ」そうです。
「日本人は海外に出ると舞い上がる」といわれます。外交官も舞い上がれば、海外援助や本来の仕事もできていないといわれます。
国恥的なことを国際的に発信することはいかがなものかといわれます。

・「人類の進化を遅らせようとする宇宙人勢力」とか「闇の支配者」の陰謀についても、私たち一般人には、理解不能です。アバブ・トップシークレットに従順に従っているメディアですので、よほど強力な権力が機能しているのでしょうか?宇宙人情報を公開すると主権が危うくなるともいわれます。
「官庁はわが国最大のシンクタンク」ですので、活発に機能していないと大きく国益を損ねるといわれます。「甘い国際感覚と貧弱な語学力で国益を大きく損ねている」といわれます。語学に強いはずの外交官もその能力が批判されているそうです。日本外交の司令塔にも不安を覚えるといわれます。在外大公使館での対日本人のサービスを批判した書もあるそうです。

・amazonに「外務省」といれますと1000冊以上の書籍が分かります。ほとんどが真面目な外交書だそうですが、告発書も少なくないといわれます。特に『外務省犯罪黒書  日本国外務省検閲済』(佐藤優、2018/3/21)、という摩訶不思議な本もあるようです。佐藤優氏は元外交官で多作の作家のようです。
『外交官が「日本」を滅ぼす』(1998/7/1)、『外務省犯罪黒書』(佐藤優、2018/3/21)、『外務省の罪を問う』(2013/3/2)、『外務省ハレンチ物語』(佐藤優、2011/3/4)、『ノンキャリアとキャリアが外務省を腐らせました』(2004/3/9)、『なぜ日本の外交官は世界からバカにされるのか』(2002/10)、『外務省が消した日本人―南米移民の半世紀』
(2001/8)、『さらば外務省!私は小泉首相と売国官僚を許さない』(2003/10)、『踊る日本大使館』 (2000/6)、『亡国の日本大使館』(2002/7/18)等々です。

・REUTERS(2019/5/4)によると、「北朝鮮の食料不足が深刻化、国民の4割が十分な食料得ず=国連」「[ジュネーブ 3日 ロイター] - 国連機関の世界食糧計画(WFP)は3日、北朝鮮の農業生産が過去10年間で最低となり、食料不足が深刻化していると警告した。
1日1人当たりの配給量は300グラムと、この時期としては最低水準にまで落ち込み、人口約2520万人の4割に当たる1010万人が十分な食料を得ていないと指摘した。
WFPの報道官は、現在の状況は「飢餓」とはいえないものの、早ければ数カ月後にも飢餓が訪れる恐れがあるとし「状況は非常に深刻だ」と述べた」とのこと。北朝鮮に関しては、世界中に膨大な情報が流れているといわれます。「頭隠して尻隠さず」でしょうか。

・「米中友好」からいつのまにか「米中戦争の危機」の懸念がささやかれています。「米中戦争」の本は、増えてきているようです。中国は昔から「むちゃくちゃ」といわれます。外国人の目から見ると「むちゃくちゃな非近代国家」に映ります。ですが、外国人から「遅れた国」に見られたくないそうです。中国人が中国を見る姿と、外国人が中国を見る姿が大きく異なっているといわれます。世界中の有識者が中国を懸念していると語られています。アメリカの有識者も政治家も、中国との軍事衝突・戦争を懸念しているといわれます。楽観的なアメリカ人も深刻な中国の状況を認識し始めたといわれます。中国は昔から「瀬戸際外交」をよく使うと語られています。「誰も中国の13億人を食わせることはできない」ともいわれます。大量の餓死者でもでれば、国境紛争を起こして、国内に戒厳令を敷くのでしょうか。肝心の経済が回らなくなっているといわれ、「中国崩壊」の書籍も大量に出版されております。共産党のレーゾンデートル(存在理由)が問われると、対外戦争に出たといわれます。核兵器の時代ですから、小規模な軍事衝突をロシアやインドとした歴史もあります。戦争で事態を抑えようとする戦争狂人がいると語られています。「中国人は国を捨てた人でないと信用ができない」という中国社会特有の国内事情があるそうです。「誰も中国の13億人を食わせることはできない」から大国同士の戦争をするともいわれます。「愛国青年を食わせられなくなるので戦争をする」ともいわれます。マクモニーグルの未来透視に「23世紀と24世紀における2度の大戦で人類の人口が6分の1に大激減する」というのがあります。また「貧者の核兵器」といわれる生物化学兵器がそのときに使われるという未来透視です。大量の餓死者を生み出せば共産党のレーゾン・デートル(存在理由)がなくなるといわれます。24世紀まで共産党一党独裁が続くようです。共産党官僚がノーメンクラーツ(赤い貴族)と化し都市部 の民工、農村戸籍の人民などの「豊かさを制限する」危機的な状況が懸念されています。中国は人類の難題となっていくそうです。「制御不可能な国という中国固有の歴史的条件がある」と述べられています。「来世はブタでも良いから中国人には生まれたくない」と回答する者もいるくらい、国内は荒んでいるといわれます。

・トランプ大統領の登場によって、共和党のスタッフの戦争計画が作成されるものと思われます。対中国政策や外交政策も大きく変わっていくものと語られています。今年の大きな政治問題です。日本も大きく影響を受けます。

・国家経営上、最も重要な国家機関と言えば、諜報機関だそうです。占領軍により禁止されたので、日本は諜報機関を持てないそうです。それが原因で北朝鮮の拉致事件を引き寄せたそうです。強力な諜報機関を作ろうとする動きがありますが、まだ実現してないようです。費用対効果を考えれば、情報組織は最も安上りの防衛政策だといわれます。核兵器は1発でも、戦況を一変させることができるそうです。後進国は核兵器を先制攻撃に使うことでしょう。核兵器が安上りの兵器になる時代の前にしっかりとした貧弱でない諜報機関を持つべきでしょうか。
 先進国は諜報機関が政府を引っ張っているそうです。強力な諜報機関からの情報で、アメリカ大統領は動いているそうです。

・中央防災会議やその他の防災機関も多くの地震の予測は出ていますので、実際の防災対策の指導をしっかりとやってもらいたいものです。「とてつもない大きな地震が来るかもしれない」ということで、とうとう東日本大震災が起こりました。大津波が起こって分かったことは行政の杜撰な津波対策でした。貧弱な津波対策で多くの犠牲者が出ました。原発事故も汚染水の問題や賠償金の問題で、いまだに国家危機が続いているといわれます。円安で石油が値上がりすると漁船も出漁できない状態となります。石油が値上がりしますと、火力発電所の電力料金を値上げしなければなりません。エネルギー政策を間違うと、国家危機を増幅させることになります。安全性を考慮して、原発の再稼働を急がないといわゆる2次危険を招くことになるでしょう。10メートルの津波は何度でも来ていたのですが、津波の基準を5メートルにしたのは行政の大失政だったといわれます。

・「日本は先進国だ」そうですが、予想以上に改革が遅れた点、頭の古い点、後進性があるそうで、どの分野でも改革を急がねばならないそうです。先進国ではないというさまざまな欠陥が指摘されております。「あまり知られていないことだが、日本の社会保障というのは、先進国とは言えないくらいお粗末なモノなのである」といわれます。「失われた20年」の日本経済ですが、本当に優れた政治家や官僚が登用されているのでしょうか。政府は優れた人材の適材適所なのでしょうか。なぜ後進性が目立つようになったのでしょうか。役割の違う官僚と政治家が対立して、改革が捗らないそうです。官僚を縦横に使いこなせる政治家は少ないそうです。甘い国際感覚から、国益を大きく損ねる懸念があるそうです。改革には官僚と政治家の摩擦が必要のようです。私たち一般人も政治意識を高めて、投票率を上げるためにも投票所に行かねばならないようです。「国民が政治を嘲笑している間は嘲笑に価する政治しか行われない」といわれます。

・このような国家危機の時代には国家経営の実務に精通した者を結集しなければならないそうです。組織集団の知恵が今活用されるときです。国家経営の実務に精通したベスト&ブライテストのテクノクラートの英知を結集した「国家改造計画」が求められているそうです。

・北朝鮮の拉致事件も事件から何十年も経ち、安倍内閣の最大の懸案事項だといわれます。犠牲者も数百名(不明)という説もあります。多くの政治家や民間人、官僚が尽力しても、いまだに未解決の国民的関心事です。多くの餓死者を出したといわれる北朝鮮は容易に、乱暴な自爆テロ的な戦争政策を取ることでしょうか。甘い国際感覚では国益を大きく損ねることでしょうか。日本人に特有な「甘い国際感覚、貧弱な語学力」では大きく国益を損ねるそうです。

・国防総省(ペンタゴン)の情報を防衛省も詳しくつかみ、防衛政策に反映してもらいたいものです。米国が、諜報機関を通じて、一番中国の内情に精通していることでしょう。しかし、限られた予算、伸びない税収、福祉予算を削減する財政赤字では、日本の防衛予算を急増できないでしょう。もともと国家予算の分配の問題になるようで、財源をひねり出すためにも、行政、立法、司法の大胆なリストラ、近代化、効率化が必要といわれます。5兆円という限られた防衛予算で、抑止力のない高価な通常兵器を少数そろえるのでは、費用対効果の点からも問題にされるといわれます。

・米中間のサイバー戦争は、現在ではどのように推移しているのでしょうか。日本もサイバー攻撃を受けているようなのですが。このようなサイバー攻撃についても日本の大新聞社の論調はどのようになっているのでしょうか。著者(宮家邦彦氏)は元外交官ですが、他に『トランプ大統領とダークサイドの逆襲』、『寂しき半島国家 韓国の結末』(PHP)などがあります。最近では中国のサイバー攻撃についての本も多く出版されているようです。一般にメディアの報道は、中国に関しては、明快な分析が低調に思われるそうです。メディアの影響力も低下しているように思われるようです。amazonに「宮家邦彦」といれますと21件の書籍がわかります。

・かつては、中国が日本のメディアにかなり積極的に介入していたともいわれていましたが、現在はどうなのでしょうか。私たち一般人は、専門家ではないので、国際問題については理解不能なことが多いようです。実際のところ、スパイ教育を受けたネィティブ・スピーカー・コンプリート・バイリンガルでないと使いものにならないといわれる過酷な国際社会だといわれます。外交と言えば、被害者もその家族も高齢化しており、拉致事件はどうなるのでしょうか。この程度の問題に数十年もかかっているようでは政治家の非力が窺われます。

・米中間の外交の問題・交渉もどの程度なのかも私たち一般人には、分かりません。アメリカ政府のほうが、日本よりも正確に中国の国内事情を把握しているようです。大規模な情報機関がありますので正確なのかもしれません。そもそも核兵器保有国は、独自の外交力も持っているともいわれます。また、瀬戸際外交で旧共産圏諸国は、「核による恫喝」をよく行ってきたようです。中国が今後どのようなシナリオ展開していくのか誰も予測ができないようです。「中国が旧ソ連の崩壊のように、いくつかの国に分裂する」とか「第3次世界大戦に発展する可能性も全く否定できない」ともいわれます。米中サイバー戦争は、すぐそこにある危機なのかもしれません。

・日本の核武装を主張する日本の知識人の本も増えているようです。合理的な思考をする西洋人の有識者も「日本は核武装をするべきだ」と主張する人々が増えているそうです。「核には核を」という合理的な思考です。21世紀になる前には、「米ソ核戦争・第3次世界大戦」の予言が幅をきかせていたものでした。21世紀になって、さすがにマスコミは、すべての予言が誤りとなり沈黙したようです。しかし、そろそろ「第3次世界大戦」、「米中戦争」についての書籍もアメリカでは増えているようですが、私たち一般人は、軍事専門家ではないので理解不能なことが多いようです。

・アメリカの学者に「米中戦争」に敏感な人が多いようです。マクモニーグルの未来透視に「23世紀と24世紀における2度の大戦で人類の人口が6分の1に大激減する」というのがあります。核兵器のほかに生物化学兵器が大量に使われるといわれます。様々なシナリオがありますが「米中戦争」が世界大戦規模になるという未来透視のようです。23世にならずとも、「イルミナティ・エージェントが第3次世界大戦を引き起こす」という不気味な予言もあるようです。歩兵の戦闘の時代ではなく、戦争形態は都市住民への無差別爆撃、無差別核攻撃から始まるのかもしれません。

・近年、大組織では「危機管理室」のような部局が作られているようです。大相撲でも「危機管理委員会」が前面にでて、暴行事件のスキャンダルに対応しているようです。石川五右衛門がいった「浜の真砂は尽きるとも世に盗人の種は尽きまじ」のように「浜の真砂は尽きるとも世にトラブルの種は尽きまじ」のようです。これからもいままでのように、様々な、森羅万象の問題、トラブルが起きてくるようです。

・今は「地政学リスク」としては、「北朝鮮リスク」がこの冬最大のリスクと世界中で語られています。どのメディアでも「北朝鮮リスク」が群を抜いているといわれます。「強力な経済制裁においても北朝鮮が、向こう数年も継続すれば、北朝鮮リスクはより一層大きくなる」と指摘されています。また「北朝鮮は国家が滅びるようなことはしないだろう」という楽観的な見方もあるといわれます。インタ―ネット情報(ニフティニュース・201711/27)によると「朝鮮半島で戦争が起これば、北朝鮮が核兵器不使用でも韓国人が毎日2万人死亡と想定か」とされ、「米国防総省が朝鮮半島で戦争が起こった場合の状況を予測しているという」「北朝鮮が核兵器を使わない場合でも、毎日2万人の韓国人が死亡することになるらしい」「NATO軍の元最高司令官は核戦争の可能性が10%、従来型の戦争は50%とみているという」と報道されています。

・ある雑誌に載っていた「2018年も地政学リスクが経済を揺さぶる年になりそう」の記事によれば、世界全体では「不公平な所得分配」「グローバリゼーションの逆流」、「欧州の行ったり来たり」、「不名誉な米国政治」、「北朝鮮の無思慮」、「夢見る中国」、「日本の製造業の再点検」、「アフリカの開発への障害」、「中南米の開発の障害」が地政学リスクだと語られています。

・amazonに「地政学」といれますと461件の書籍がわかります。現代では「地政学」は人気のテーマのようです。ウィキペディアWikipedia(フリー百科事典)の定義によりますと、
「地政学(英: Geopolitics:ジオポリティクス、独: Geopolitik:ゲオポリティク、仏: Géopolitique:ジェオポリティク)は、地理的な環境が国家に与える政治的、軍事的、経済的な影響を、巨視的な視点で研究するものである。イギリス、ドイツ、アメリカ合衆国などで国家戦略に科学的根拠と正当性を与えることを目的として発達した。「地政学的」のように言葉として政治談議の中で聞かれることがある。
歴史学、政治学、地理学、経済学、軍事学、文化学、文明、宗教学、哲学などの様々な見地から研究を行う為、広範にわたる知識が不可欠となる。また、政治地理学とも関係がある」とのこと。大変な知識量が必要のようです。

・著者(日高氏)は、トランプ大統領の実現を予想していた数少ない日本人のジャーナリストだったようです。トランプ大統領の選挙中の刺激的で人種差別的な発言は、いわゆるプロのジャーナリストからは、全く否定されていました。それほどトランプ大統領の勝利を予測した人は、少なかったようです。その結果、今でもジャーナリストとは仲が悪いといわれます。トランプ大統領の過激な発言が、アメリカの大衆の心理に火をつけたといわれます。反常識的な新しい選挙手法が当たったそうです。有能なビジネスまでしたが、政治家としては経験のない素人でしたので、手堅さという面で懸念されているといわれます。

・トランプ大統領は、政治家経験や行政経験がないために、その方面の多くの法律やルール、規則に疎く、民主党からの攻撃の標的にされているといわれました。トランプ大統領はロシアの外務大臣に国家機密を漏らした問題が大きくマスコミに取り上げられています。クリントン候補ですら、国務長官時代に私用のメールサーバーを公務に使っていた問題で、選挙中多くの批判を浴び、選挙にマイナスになりました。フリン補佐官も「民間人が外交交渉をしてはならない」というルールに違反した問題で辞任しました。

・法律訴訟大国の米国では、弁護士が非常に多数で力が大きく、常に法律を問題にしているようです。トランプ大統領やそのスタッフたちも行政の多くの法律やルールを詳細に知らないので、慣れないことが多いようです。これからも問題にされていく機会が増えてくるのかもしれません。トランプ大統領がホワイトハウスでの会談でロシア当局者に秘密情報を漏らしたという問題は、今後大きな問題になっていくのかもしれません。ネット情報では「2016年の米大統領選挙にロシアが介入したとされる疑惑を捜査する特別検察官が任命されたことについて、トランプ大統領は5月18日、「最大の魔女狩り」「我が国を恐ろしく傷つける」などと反発した」と報道されています。「トランプ大統領を引きずり降ろそうとする動きは活発化する一方であるといわれます。

・サイバー戦争でとくに米中間のサイバー戦争が懸念されています。両国の政府高官達は、何を話し合っているのでしょうか。私たち一般人には、サイバー戦争やサーバー犯罪については理解不能なことが多いようです。「頭隠して尻隠さず」の状態といわれます。餓死者がみっともなく大量に出たら国境紛争を起こし、対外戦争を仕掛け、関心を外国に向けるという共産党の常套手段が懸念されているといわれます。餓死者が大量に出たら対外戦争を仕掛けなければならないという共産党の鉄則でもあるのでしょうか。ソ連やインド、ベトナムに対しても大規模な国境紛争を起こした歴史があります。「彼ら蛇人はすでにロシア共産主義勢力としてやってきており、マルクスとレーニンはその勢力のいわば幹部たちだった」という説もあると語られています。マルクスの旧産主義思想も元をたどれば、異星人のものだったともいわれます。中国の共産党一党独裁が数世紀続く可能性があるともいわれます。

・共産主義は、その源流となる思想の歴史は古いといわれます。ウィキペディアWikipedia(フリー百科事典)でみると「共産主義の源流とされる思想の歴史は古く、プラトンの国家論、キリスト教共産主義などの宗教における財産の共有、空想的社会主義と呼ばれる潮流における財産の共有、フランス革命でのジャコバン派、一部のアナキズムによる無政府共産主義などがある。19世紀後半にカール・マルクスとフリードリヒ・エンゲルスが共産主義思想を体系化し、市民革命で確立した私有財産制を制限し、共有化する財産の種類を資本に限定した、資本家による搾取のない平等な社会をめざす「マルクス主義(科学的社会主義)」が共産主義思想の有力な潮流となった」とのこと。

・「政治は税金なり」といわれます。税制や政治の劣化がひどくなっているようです。「失政」が増えている時代に、私たち一般人は、政治意識を高めていく必要があるそうです。「昔から政治が一番遅れている。票の請負業のようなもの」といわれます。いつまでも「政治が遅れている」ということでは複雑化する社会問題に対応できないでしょう。困っている人も増えており、単に政治の貧困としては片づけられないといわれます。「富山市議会で政務活動費の不正で抗議が続いています。一連の問題で辞職する議員は6人となり、公職選挙法の規定により、市議会議員の補欠選挙が行われる見通しです」というニュースが流れていました。今の時代、このような地方のニュースも全国に流れ、全国的に非難が生じます。そして、ネット時代ですから世界にもニュースは流れるといわれます。「クールジャパン」ばかりではなく、日本の劣化がさまざまな面で目に付くそうです。真面目な議員が多いですから「氷山の一角ではないでしょう」ともいわれます。しかしながら、全国的にタックス・イーターが密かに増殖しているといわれます。地方議会も改革が求められています。
女性の眼から見ると「政治や経済の後進性」を痛切に感じることでしょうか。「女性の登用も先進国とはいえない」といわれます。ヒューマンリソースの活用では、女性が最も活用されていないと指摘されています。国恥的なことを国際的に発信することはいかがなものかといわれます。

・核兵器を保有することについては、法律上、条約上、政治上の多くの問題がありますが、「核兵器周りの兵器」を国家100年の計として準備しておく必要はあると語られています。バージニア級の攻撃型原子力潜水艦や長射程の巡航ミサイル、核シェルターなどを少しづつでも整備する必要があるといわれます。原潜は輸入でも国産でも長年の技術の蓄積が必要のようです。シーレーンの確保という事で海上自衛隊が保有できることでしょう。海上自衛隊では、コスト面から要求していないと指摘されています。自衛隊の通常型のそうりゅう級の建造費が約600億円、米国の原潜のバージニア級の建造費が約1400億円といわれます。

・日本の核シェルターはほとんどありませんが、周辺諸国が核兵器や「貧者の核兵器」といわれる細菌兵器、化学兵器を対米決戦に向けて、整備に余念がないそうです。核シェルターも米ソの核戦争の危機、第3次世界大戦の危機以来、特に主要国では整備されており、殆どないのが主要国では日本のみだそうです。しかし、限られた予算でも少しづつ、有事の際に指揮をとる任務に当たる政治家や政府高官のためのシェルターは完備しておいた方がよいと思います。「福祉予算を削るように、予算の余裕がない」ということが大きな理由でしょう。限られた予算、限られた処遇、増えない税収、十分でない福祉予算を削る財政赤字で、難問が多いといわれます。財源の裏付けのない政策は実現できないと指摘されています。

・私たち一般人は、核兵器や核シェルターについて詳しくありませんが、防衛議論もなぜかこのあたりの問題については低調のようです。政治家たちはしっかりと防衛政策を考えているのでしょう。私たち一般人は、新聞を読んで、あれもこれも深く勉強する時間はないようです。新聞の社説もよく知りませんが、具体的な核シェルターや民間防衛の政策の提言をしているのでしょうか。ただ北朝鮮の核ミサイルの脅威を騒いでいるように思えます。核シェルターにもグローバルスタンダードを適用する必要があるようです。「ノーシェルター政策は、敵の一番の弱点を攻撃する核攻撃を招き寄せる」といわれます。良識の国会の「ノーシェルター政策」は、一般国民が恥をかくといわれます。

・戦場の想定シナリオが変化すると装備する兵器も違ってくるそうです。例えば、自衛隊では従来戦車を1000台くらい装備することを目標にしていたようですが、新しい防衛力整備計画では300台に減少すると語られています。機甲部隊の衝突は想定せず、装輪戦闘車で代替するようです。また水陸両用の装甲車を装備したり、想定の状況に応じて兵器体系を変化させていくようです。往年の陸戦の王者、戦車も役割が低下してきているようです。5兆円の限られた防衛予算では大幅な兵器の強化はできないようです。防衛予算では人件費などが多いため新規の兵器の購入費は限られてきます。戦争のパラダイム・シフトが起きているといわれます。

・日本の核装備に言及する知識人が増えてきています。まだ、タブーにふれたくないという政治家が多いようです。選挙民の反応を考えるからでしょうか。趨勢としては世界の発展途上国でも核兵器の保有に動くことが予想されているそうです。「核には核を」という簡潔な軍事理論が支配するからでしょうか。近代の戦争は、敵部隊の壊滅から都市生活者の壊滅へと動いています。つまり、通常兵器の陳腐化が進みます。核兵器の前では通常兵器は役に立ちませんし、周辺諸国が核兵器を持つなら当然核兵器を保有すべきでしょう。「核の恫喝を受けないためにも核には核を」という合理的な思考が求められているそうです。周辺諸国では、核兵器や生物化学兵器、核シェルターの開発を熱心に展開しているそうです。核兵器が安上がりの兵器になる時代がきているようです。核戦争を常に想定内にしているからでしょう。

・誰でもすぐには核兵器保有は無理だと考えています。唯一の被爆国として平和を唱えるとともに「核兵器周りの兵器」を徐々に準備しておくべきだという見解が増えているといわれます。「巡航ミサイル、バージニア級攻撃型原子力潜水艦、核シェルター等」を限られた予算内で今から準備をすすめるべきだという主張が軍事専門家の間では有力だそうです。非常時に備えて、いろいろと準備をしておくべきだという事だそうです。発展途上国が核兵器を持てば「使える兵器」として使うと語られています。周辺の仮想敵国が核兵器、細菌兵器、化学兵器、核シェルターを着々と熱心に装備しているそうですので、いつまでも日米安保条約に頼りきるのも大衆が疑問を感じ始めるころでしょう。米国も安保条約のコスト負担を一層、求めてくるともいわれます。

・アメリカの大学は社会の中心的な役割をしているようです。社会に役に立たない学問や「学問のための学問」では、投資効率が悪く、大学自身が生産性を高めることを求めているそうです。日本の大学の在り方とは大変違うようです。大学が研究で特許をとり、大学の運営経費にあてるという意識が非常に高いといわれます。

・人口が減少する日本も「技術立国」を目指して資源を集中する必要があるといわれます。移民問題も多くのレベルで検討されているようです。「移民の問題も移民に土地を与えることができないので受け入れられない」といわれます。移民を法律的に認めなくても、日本に「職」を求めて、近未来には1000万人の外国人労働者が住みつくという説もあるといわれます。さまざまな研究機関やシンクタンクで、日本の未来シナリオが研究され、その対応策も考えられていることと思います。生産性の向上のためには、女性の一層の活用が必要のようです。中国に対する米国の議会や政府、米軍の見解も変化してきており、トランプ大統領の登場により対中国政策も変わってくるものといわれます。

・当時から米軍は中国を仮想敵として準備を怠らなかったことが窺われます。ほとんどの米国の原潜が太平洋上にあり、中国の都市を狙っていると指摘されています。経済的には交易をすすめるが、軍事技術に関しては最先端技術を絶対に渡さないという姿勢から中国共産党への猜疑心が窺われます。つまり米国政府当局者は、「中国共産党が西側の基準とする民主政治に移行せずに、共産主義的な政治体制を断固維持するし、その結果、台湾問題なので米国と衝突することもありうる」と見ているそうです。

・私たち一般人は、米国や中国の政治については詳しくはありませんが、「中国を敵と見る」米国議会の議員も増えているといわれます。「瀬戸際政策」で緊張を維持しようとする古い手法を依然としてとっているそうです。ソ連は莫大な軍事費で崩壊しましたが、中国も膨大な軍事費で崩壊するのでしょうか。軍事専門家の懸念が強まっているそうです。

・人民解放軍の「戦争狂人」と呼ばれる将軍たちが着々と米中戦争のシナリオを描いているともいわれています。“貧者の核兵器”と言われる「生物化学兵器」も熱心に作っているといわれます。「国内が乱れると国境紛争を起こし対外戦争に打って出る」というのは、中国共産党の常套手段のようです。中国経済がうまく回らなくなると国民の不満がどのような形で表れるのか分からないようです。軍事クーデターの懸念もあるといわれます。

・「香港の情勢も混とんとしている」そうですので、チャイナ・ウオッチャーも目が離せないといわれます。「サイバー戦争では既に米中戦争が始まっている」そうです。「13億人を食わせなければ、何でもする大国と思い込んでいる共産党の国だ」そうです。「イルミナティの人口削減計画」でもあるのでしょうか。

・amazonに「人民解放軍」といれますと102冊の本が分かります。が、人民解放軍と中国共産党との関係は一体といわれますが、複雑のようです。チャイナ・ウオッチャーからはネガティブな情報が依然として満載のようです。ちなみに、『私の第七艦隊』という本は2012/6/1に徳間書店からも出版されていました。

・「2012年9月20日の声明でパネッタ米国防長官は、アフガニスタン駐留米軍のうち3万3千人の撤退を、計画通りに完了したと発表した。撤退完了で駐留米軍は6万8千人になった。2014年末にはアフガニスタン政府に治安権限を完全移譲する計画」と報道されました。米軍の撤退のあとに、現在は雌伏しており、民衆に紛れ込んだアルカイダなどが、アフガニスタン政府の要人や軍人、警察に大規模な報復の暗殺攻撃が予想されていたそうです。すさまじい復讐戦になりそうだという話でした。米軍は民衆に紛れ込んだゲリラを現在でも殺せないそうです。長年の怨念から、アフガニスタン国内では、壮絶な殺し合いが展開されるかもしれません。2016年7月現在、米軍は約1万人が活動中といわれます。

・アルカイダの復讐を恐れて、政府関係者はパキスタンに逃げるかもしれないという話もありました。パキスタンが混乱して、インドとの核戦争も懸念されているといわれます。アフガニスタンは日本も援助していますが、最近の状況は私たち一般人は、よく知りません。アフガニスタンの灌漑設備を作った中村医師のNGO「ペシャワール会」の活動は知られていると述べられます。

・古代叙事詩の『マハバーラタ』にあるように、超太古にインド大陸で核戦争があったという神話もあるようです。神々や悪魔がスター・ウォーズをしたようなのです。「インドラの雷」の描写が核兵器を連想させるという話もあるようです。

・パキスタンとインドの関係も私たち一般人は、詳しくないのですが、「戦争は隣の国々とする」ということでしょうか。隣国同士で頻繁に人的な交流がありますが、だんだん仲が悪くなり戦争をするようです。昔から「遠交近攻」といわれ、隣国同士の戦争の歴史が人類の歴史だったようです。

・「オバマ政権の首脳は、ほとんどが中国派である、ということはアメリカ的な金儲け主義よりは労働組合主義、官僚主義、社会主義を信奉する人々が多いということになる」ということだそうでしたが、共和党の抵抗により、オバマ大統領の改革が進んだのでしょうか。またアメリカ議会全員が中国をアメリカの敵と認識するのはいつのことでしょうか。

・『最終目標は天皇の処刑』  中国「日本解放工作の恐るべき全貌」という本は、右翼が怒りそうな刺激的なタイトルです。中国共産党は暴力革命をしなければ、政権を取れないという認識があり、激しい内戦をしてきました。「政権は銃口から生まれる」と言われ、内戦で、血で血を洗う歴史であったようです。餓死や虐殺で膨大な人口が失われたそうです。中国共産党はチベットでも血で血を洗うことを当然のようにしたと述べられます。戦後、進駐軍が来た時には、天皇制の是非についてどのような動きがあったのか私たち一般人は、詳しくは知りませんが、新憲法では象徴天皇制ということになりました。

・日本国籍を取得した元外国人の多くが「日本も核兵器を持つべきだ」と主張しているといわれます。外国人の有識者も「日本は核兵器を持つべきだ」と考える人が少なくないようです。ペマ・ギャルポ氏は、チベット人でしたが、日本に帰化した政治学者です。当然のことながら、この本も一部の人々からは「デタラメ本」と酷評されているそうです。ことの信憑性はともかく、「日本は核兵器を持て」という主張をする有識者が増えてきているといわれます。「日本は核兵器を持て」と言う声が米軍からも聞こえてくると述べられています。「原発のごみ」の処理で困っているそうですが、核兵器に転用することも可能だといわれます。潜在的核保有国の政策を取るべきだといわれます。知恵を使えば何でもできるそうですが、限られた予算、増えない税収、福祉予算を削る財政赤字ですので、資金力にも限度と言うものがあるといわれます。

・しかし戦闘機を新型に機種変更するようには、簡単にはいかないようです。費用対効果という観点から、核兵器が「安上りの兵器」になる時代が将来くることでしょうか。中国が最初に核実験をしたときには、日本も核兵器を持つべきであるという議論がされたようです。核兵器保有は、法律や条約面から、また当時のコスト面から、小さい島国であること、唯一の被爆国であることなどから、実際の兵器装備の議論から外されてきたようです。また核兵器の実験場がないことも指摘されています。「抑止力のない高価な通常兵器を少数揃える」よりも、巡航ミサイルやバージニア級の攻撃型原子力潜水艦等の「抑止力のある高価な十条兵器を少数揃える」必要があると語られています。

・外国軍が連発の自動小銃を持って戦っているのに、自国軍が火縄銃を持って戦えば、全滅します。焼野原になってから米国の報復核戦力に頼ってもすでに後の祭りです。生物化学兵器も使われる可能性もあります。先制攻撃ができる核兵器を持つ必要がありましょう。また限られた予算からの拒絶があることでしょう。通常弾頭のミサイル攻撃でも原発が攻撃を受ければ、放射能拡散で致命傷を受けることがあるといわれます。まずは議論から始めなければならないようです。憲法を改正しなくても核兵器は持てますし、戦争は超法規のもとで、行われます。憲法改正という国論を2分する必要もありません。

・NATO方式の核兵器シェアリングを提唱する向きもありますが、このニュークリア・シェアリング方式にも軍事専門家の間ではさまざまな議論があるといわれます。現在ニュークリア・シェアリングを受けている国は、ベルギー、ドイツ、イタリア、オランダです。日本の防衛政策においては、外国人や外国の軍人から馬鹿にされ、笑われている国防政策が少なくないといわれています。軍事的な常識から見ると、大きな問題があるそうです。

・このような時代には、世界の軍事常識の見地から議論をすすめるべきでしょうか。旧共産圏は軍事教育、反日教育から軍事や戦争問題に熱くなる傾向があるといわれます。「軍が国を救った」という感情移入が盛んのようです。悪者で残忍な日本軍を倒す、正義の解放軍の戦争ドラマがよく放映されているといわれます。そうなれば、意識的にも無意識的にも電気仕掛けのように「軍への賛美」が当然となるようです。サイバー戦と同様に、ハニートラップ大国でスパイ戦も真面目にやっているといわれます。

・現実には北朝鮮が核兵器をなくすわけがありませんので、核シェルターや核兵器の整備を議論すべきでしょう。核シェルターの空白地帯を敵は狙ってくるでしょう。軍事常識からいえば先制核攻撃をできる核兵器を持つべきだといわれます。世界の軍事常識から、あまりにもかい離していると国益を大きく損ないます。さまざまな改革にも実施には時間がかかっています。日本が諜報機関を持ち、本当に優れた官僚や政治家によって指導されておれば、北朝鮮の拉致事件は起こらなかったそうです。北朝鮮の拉致事件も事件から数十年たっております。拉致被害者の会の人々の活動をテレビで見ますと気の毒に思えます。

・この本(『数年後に起きていること』)の出版から10年以上たっていますが、まだ中国は完全に崩壊していませんし、北朝鮮の拉致事件の問題も解決していません。専門家の予測と言うものはこういうものでしょうか。しかし、中国に関しては、かなり崩壊が進んできたようです。ソ連の崩壊のときは、モスクワが遠いためと、東欧諸国の情報には馴染みがなかったためにあまり情報は流れてこなかったようです。ソ連の崩壊には驚きましたが、当時には、日本の知識人には社会主義国を賛美し信奉する人も少なくなかったといわれます。しかし、当時でも現地で生活してみると社会主義国の欠陥がすぐに分かったといわれます。

・中国については、インターネットの時代でもあり、毎日大量にさまざまな情報が流れてきます。観光客も多く、一般市民が、チャイナ・ウオッチャーになれる時代なのかもしれません。環境面とか衛生面で北京に是非住みたいという人は少ないようです。「文革の地獄を知ればだれでも中国が嫌になる」といわれます。「ましてや中国人が文革の地獄を知ると国を捨てる」とも言われています。「国を捨てた人でないと信用できない」という中国特有の話もあるようです。

・文革の前の飢饉も自然現象と言うよりも、共産党の無知と無理な経済政策が原因だったといわれます。農業の実際を良く知らない、共産党が農民を苦役に駆り出したのが原因だと語られています。中国人にとって外国に移民することが唯一の光・希望だったと述べられています。

・北朝鮮の拉致事件も解決していないので、政府はいろいろと手を打っているようですが、うまくいかないようです。私たち一般人は、拉致事件の詳細は知りませんが、反面教師として、反日教育をしている国の有様を再認識できたようです。甘い国際感覚で対応すると国益を大きく損ねることにもなるのでしょうか。「世界の常識は、日本の非常識」ということで、進歩的文化人や似非有識者が蔓延りました。被害者もその家族も高齢化しており、拉致事件はどうなるのでしょうか。この程度の問題に数十年もかかっているようでは政治家の非力が窺われます。

・北朝鮮は核兵器を切り札として、自爆テロ的な使用、暴発に向かう可能性があるといわれます。経済制裁で経済が全く回らなくなるのはいつごろになるのでしょうか。核兵器というのは、1発でも持つと抑止力になる特殊な兵器だそうです。「核には核を」ということで、日本も核兵器を持つべきだという主張を一般人の常識にしなければならないと語られています。

・アメリカ人の合理性からか「日本は核兵器を持ってもよい、持つべきだ」という見解のアメリカの人々が増えているといわれます。「原発のごみ」、プルトニウムを核兵器に転用できる時代だそうです。特定の国でも核兵器の小型化を熱心にすすめているようです。核兵器の保有については、シェアリングの米軍の指導を仰ぐことになるのでしょうか。

・日本の防衛政策は、外国人や外国の軍人から笑われることが少なくなかったと語られています。傍目八目といいますが、憲法改正をしなくても、核兵器を持てば、かなりの防衛力強化ができるそうです。「核には核を」という軍事常識を一般化していく必要があるそうです。「脳天気(ノー天気)な核シェルターもグローバルスタンダードを適用すべきだ」といわれます。良識の国会の「ノーシェルター政策」は、「敵の一番の弱点を攻撃する核攻撃を招き寄せる」といわれます。

・自爆テロ的な核兵器の使用は、先制攻撃を可能にします。米国の報復攻撃だけを抑止力にしても、先制攻撃で国の機能が喪失します。日本も先制攻撃をできる核兵器を保有する必要があるといわれます。焼野原になってから米国の核報復を期待しても、遅すぎるそうです。「食えなくなったテロリストが容易に自爆テロに走る」そうです。「13億人を喰わせられなくなった中国は、自爆テロ的な米中核戦争に走る」という与太話もあるそうです。米国のマクモニーグルの未来透視に「23世紀と24世紀における2度の大戦で人類の人口が6分の1に大激減する」というのがあります。そときはまた「貧者の核兵器」といわれる生物化学兵器が使用されるといわれます。

・米国の現在の原子力空母打撃群に対抗するには、中国海軍は百年くらいかかるといわれます。通常兵器にしても中国の兵器には先端的なものは少ないようです。しかし、核兵器と言う1発でもあれば、抑止力になる究極の兵器を保有しているので、世界中で難題を抱え込んでいるといわれます。皮肉にも中国の軍事力強化が、ソ連と同じように財政破たんを招く可能性が指摘されています。

・「アメリカの原子力潜水艦一隻で中国海軍の百隻の潜水艦を相手にすることができる」そうですので、日本でもバージニア級攻撃型原子力潜水艦を長期計画で輸入か国産化して持つべきでしょうか。通常型の潜水艦は矢約600億円するそうです。約2千億円する原潜には、5兆円の限られた防衛予算では取得可能でしょうか。巡航ミサイルなど兵器のレベルを上げていく必要があるといわれます。極めて少ない核シェルターもグローバル・スタンダードで、長期計画で建設を進めるべきだそうです。地下駐車場や地下室も有効といわれます。限られた予算、増えない税収、福祉予算を削る財政赤字と言うことで、防衛予算を増やすことは難しいようです。財源の裏付けのない政策は実現できないといわれます。もともと国家予算の分配の問題になるようで、財源をひねり出すためにも、行政、立法、司法の大胆なリストラ、近代化、効率化が必要です。総務省と地方自治体の管轄の「郷土防衛隊」の創設が必要だといわれます。「将来はスイス型の『民間防衛』を参考・目標にすべきだ」といわれます。

・中国経済は、統計的に、数字的にもチグハグな状態が出てきているといわれます。統計数字も怪しいといわれます。経済崩壊への現象も様々な有識者が捉えているそうです。もちろん、中国共産党は体制維持のためにさまざまな政策を取っていると述べられています。国内治安を抑えきれない場合には、対外戦争に打って出るという常套手段を使うといわれます。中国の膨大な人口問題と経済システムが致命傷になるといわれます。一方、日本は高齢化、少子化による現象にいかに対応するかによって、2050年頃には国力が衰退すると議論されています。安易な移民政策は採れないと語られています。

・中国共産党は、数百万と言われる武装警察隊という軍隊を整備し、暴動や内乱を抑えていく過程で、政治的に妥協することはないようです。世界中の有識者が中国共産党の動向、国内情勢を注意深く見守っていると語られています。

・国家経営上、最も重要な国家機関と言えば、諜報機関だそうです。占領軍により禁止されたので、日本は諜報機関を持てないといわれます。それが原因で北朝鮮の拉致事件を引き寄せたそうです。強力な諜報機関を作ろうとする動きがありますが、まだ実現してないようです。費用対効果を考えれば、情報組織は最も安上りの防衛政策だそうです。核兵器は1発でも、戦況を一変させることができるそうです。後進国は核兵器を先制攻撃に使うことでしょう。核兵器が安上りの兵器になる時代の前にしっかりとした貧弱でない諜報機関を持つべきでしょうか。国会により爆撃装置と給油装置を外されてライセンス生産された高価な航空自衛隊のF4ファントム戦闘機は、拉致事件に抑止力にはなりませんでした。

・先進国は諜報機関が政府を引っ張っているといわれます。強力な諜報機関からの情報で、アメリカ大統領は動いているそうです。しかし政府の中に政府があってアメリカ大統領といえどもコントロールできないといわれます。

・中央防災会議やその他の防災機関からも多くの近未来の地震予測は出ていますので、実際の防災対策の指導・実施をしっかりとやってもらいたいものです。「とてつもない大きな地震が来るかもしれない」ということで、とうとう東日本大震災が起こりました。大津波が起こって分かったことは行政の杜撰な津波対策でした。誤った貧弱な津波対策で多くの犠牲者が出ました。

・原発事故も汚染水の問題や賠償金の問題で、いまだに国家危機が続いているともいわれます。終わっていません。円安で石油が値上がりすると漁船も出漁できない状態となります。石油が値上がりしますと、火力発電所の電力料金を値上げしなければなりません。エネルギー政策を間違うと、国家危機を増幅させることになるといわれます。石油問題で経済破綻も懸念されます。安全性を考慮して、原発の再稼働を急がないといわゆる2次危険を招くことになるでしょう。200年後に石油が枯渇するという説もあるといわれます。

・「失われた20年」の日本経済ですが、本当に優れた政治家や官僚が登用されていたのでしょうか。政府は優れた人材の適材適所なのでしょうか。なぜ後進性が目立つようになったのでしょうか。役割の違う官僚と政治家が対立して、改革が捗らないと語られています。官僚を縦横に使いこなせる政治家は少ないそうです。甘い国際感覚から、国益を大きく損ねる懸念があるそうです。改革には官僚と政治家の摩擦が必要のようです。政府にはベスト&ブライテストが集結しているはずですが?!
またベスト&ブライテストしか政府を構成できないはずですが?

・専門家のする未来予測は当たらないものだとこの本でも述べていますが、にもかかわらず未来予測をしたのがこの本のようです。昔の未来予測の中でも米ソの核戦争の第3次世界大戦の予測・予言がその最もたるものでした。21世紀に入ると20世紀に行われた第3次世界大戦の予言は全て誤りとなりました。現在では中国発の“自爆テロ”型の核戦争が懸念・予測されています。

・中国国内が、暴動や内乱で収まりがつかないとき、対外戦争を仕掛けて、国内を鎮静化しようとするシナリオだといわれます。膨大な人口も13億人なのか15億人なのかも不明だそうです。14億人ともいわれます。「13億人か15億人を喰わせられなくなったので米中核戦争で人口を半減させる」というイルミナティのみっともない人口削減計画でしょうか。人民解放軍の戦争狂人と呼ばれている将軍たちの戦争シナリオが発動されるのでしょうか。中国発の“自爆テロ”型の核戦争は、先制核攻撃を容易にします。中東諸国における“自爆テロ”の頻発は、昔は誰も予想していなかったようです。が、食えなくなったテロリストたちが必然的に自爆テロに走るそうです。シリウス星人の地球支配があまりにも巧妙なので、しょっちゅう戦争が起こるといわれます。イルミナティの空飛ぶ円盤はタイム・トラベルができ、「米軍の将軍が同乗していた」ともいわれます。「イルミナティなどのフリーメーソン組織に入ると神に会える」という与太話もあるといわれます。世界の歴史は、秘密結社同士の戦争の歴史であると語られています。

・しかし、人民解放軍が台湾に進攻したとしても米軍と衝突しますので、通常兵器の衝突だけで終わることはないと軍事専門家から見られているといわれます。地域的な限定的な核戦争では終わらないようです。アメリカの軍事アナリストが台湾海峡を注視するのもそれだけの理由があると語られています。アメリカのマクモニーグルの未来透視に「23世紀と24世紀における2度の大戦で人類の人口が6分の1に大激減する」というのがあります。「核戦争の危険は冷戦時代以上に高まる」ということですから、時期は分からないでしょうか。大戦は23世紀にずれ込むのでしょうか。しかもその大戦には、核兵器ばかりでなく、細菌兵器や化学兵器も使われるといわれます。「21世紀には核戦争は絶対にない」という保証はありません。

・「ソ連が崩壊する」ということもだれも予測ができなかったようです。私たち一般人は、詳しくはその間の事情を勉強できませんが、国際政治学者でも説明がつくことでしょうか。経済が破綻したので、ソビエト連邦を維持できなくなったとも言われています。それほどまで社会主義の経済はもろかったようです。

・イランやアラブ諸国が核兵器を持とうとしているようです。このような国々に核兵器が拡散しますと、イスラエルとアラブ諸国との戦争、それが第3次世界大戦になる可能性も懸念されています。「イスラエルとアラブ諸国の核戦争はイルミナティ結社員が引き起こす」という与太話があるそうですが、どうなのでしょうか。核戦争に敏感な国は、核シェルターを日本人が驚くほど整備しているそうです。日本だけが鈍感だそうです。良識の国会の「ノーシェルター政策」は、「敵の一番の弱点を攻撃する核攻撃を招き寄せる」といわれます。

・中国についてはカシオペア座方面の異星人の未来予測が頭に残っています。異星人はタイム・トラベラーが多いので不気味です。昔は宇宙人たちが核戦争を懸念して地球に来ているといわれていました。それは以下の予測です。「中国はこれからの地球の変化の大きなポイントになっていく。とくに内乱が起こる可能性が強く、それが引き金となって第3次世界大戦へと進むかもしれない。香港の返還によって思想的・経済的な大きな遅れがあり、アメリカとの対立構図が更に強くなる。これは東洋文明対西洋文明の対立といってもいい。また、2015年から2030年の間に4つの国に分割される可能性もある」という内容です。

・中国の核戦争というと、この予測が最も意味をなすのではないでしょうか。中国には「聖戦の台湾進攻」が一番取りやすいシナリオでしょうか。長年、台湾への武力侵攻は人民解放軍内部でも研究されているからだそうです。台湾海峡で米軍と武力衝突をすれば、すぐにでも核兵器の使用が検討されているといわれます。もちろん、米軍が米中戦争のシナリオを一番研究していることでしょうか。自衛隊も密接に米軍とコンタクトしていると思いますが。アメリカの国防総省のアナリストたちは、現在の中国の情勢をどのように分析しているのでしょうか。「核戦争の危険は冷戦時代以上に高まる」のでしょうか。

・預言や予言、予測が当たらなくなるのも、人々の世界を良くしようとする気持ちや力が働くと、良い方向に事態が動くからだそうです。しかも無数のパラレル・ユニバース(並行宇宙)が存在するようなのです。人々は不安を覚えると、不安をなくすように努力します。が、シリア内戦が激化したように、人間の性善説よりも性悪説のほうが激しく作用するようです。

・「中国経済は崩壊する」という言葉は、どこにでも出てくる言葉になりました。一種の流行語になりつつあるそうです。大手一流どころは、もちろん、中国崩壊論を素人でも書ける時代になったようです。いつのまにか崩壊論者が多数説になりました。社会主義経済は必ず(?)崩壊するという一例ですが、1991年のソ連の崩壊も私たち一般人を驚かせたものでした。あれから25年ですから激動の時代でした。「社会主義経済だから経済がまわらなくなる」そうです。ソ連の崩壊のように破綻のシナリオが動き出すのでしょうか。肝心の統計数字が怪しいと指摘する学者もいるようです。しかしながら、「中国の崩壊論」に反発する人たちが「いつ崩壊したのか」と強硬に反論しているそうです。

・ネットによると「ソ連が崩壊した主な理由が米国に対抗するために軍事費にカネがかかり、民生部門にカネを回さなかったことです。そのため農業政策がことごとく失敗。慢性的な食糧不足に悩まされていました。このように民政をないがしろにすると国民の不満が高まり士気も下がります。ソ連崩壊を一番喜んだのは自国民だったことがその証です」とのこと。13億人とも15億人とも言われる膨大な中国の人口のうち10億人の層の不満が鬱積しているといわれます。

・ソ連の崩壊時も庶民層が一番困ったようです。ソ連も膨大な軍事費が致命傷になったのは皮肉でした。軍事費が相当負担になっている国はいきおい、費用対効果で核兵器や化学兵器、細菌兵器の開発に力を入れるのでしょうか。有識者によると「こうした軍事力増強の方法の一番安上りで効率的なのは原子爆弾を持つことである。だからそちらの方(核武装)に動いていく」といわれます。

・「中国は旧ソ連の崩壊時に酷似してきた」ともいわれております。しかし、そこは歴史のある大国のこと、いろいろと違ったパターンをとることでしょうか。インターネット情報によると「1991年のソビエト連邦共和国の崩壊による経済の混乱でハイパーインフレが起こった。1992年のインフレ率は26.1倍、1993年のインフレ率は9.4倍、落ち着くのは2000年以降になった。そこでデノミが実施され、1998年1月通貨単位を1000分の1に切り下げるデノミを行いました。しかし短期国債の償還期限が次々に訪れ、利払いが税収を上回り、制御不能状態に陥った。資本の流出も続き、国債価格は大幅な下落を続け、1998年8月14日には、利回りは170%にまで暴落した。株価の暴落も続いた。1998年8月17日から90日間の対外債務の支払い停止発表(事実上のデフォルト宣言)。デフォルト宣言後、国内銀行が営業停止となり預金封鎖が行われ、資産はすべて国に没収された。銀行の貸金庫にあった資産もすべて国に没収された。株価は1997年10月のピークから15分の1にまで下落した。ソ連時代の1ドル=1ルーブルから1ドル=24ルーブルへ下落した。通貨単位がデノミにより1000分の1に切り下げられたため、換算すると通貨の価値は2万4000分の1になった」とのこと。

・報道によると100兆円規模のシャドウ・バンキングによる金融の2015年7月危機説が言われていました。中国の崩壊は、10年ほど前から言われてきましたが、ここにきて誰の目にも明らかになりました。崩壊する、崩壊するといわれてもまだまだ長く続くことでしょうか。日本の「バブルの崩壊」と同じだといわれます。7%程度以下まで成長率が減速する可能性があり、ハードランディングになれば、低所得の階層にしわ寄せがいき、「社会的にいろいろな意味でガタガタするかもしれない」そうです。マイナス成長と言う学者もいるといわれます。いつまでかわかりませんが、警察力と人民解放軍で頻発する暴動を抑え切れるようです。暴動を抑えきれないという説もあるといわれます。人民解放軍のクーデターも囁かれています。

・通貨の問題も昔は元高になるのか元安になるのか分かりませんでした。通貨を実態経済以上に膨大に発行し、過剰生産、過剰在庫なら、元安傾向ではないのでしょうか。元高では輸出企業が打撃を受けているそうです。私たち一般人は、エコノミストではないので、詳しいことは分かりません。が、元安になれば中国投資がすべて損失になることでしょうか。とにかく人口が大きいだけの大国ではないので、その破綻の影響がじわじわと大きく懸念されているそうです。中国から撤退する企業も増加しているといわれます。労賃が勢いよく上昇しているそうです。

・限られた予算、増えない税収、福祉予算を削る財政赤字ということで、日本の防衛予算に振り向ける原資は限られているようです。日本に関する悲観論を書く人もいますが、誤りだそうです。円安で、石油価格が上がり、漁船が出漁しても赤字になります。石油高で火力発電を増設しても電力料金の値上げが必要となります。電力料金を今以上に上げれば、中小企業が赤字で打撃を受け、操業できなくなります。電力料金値上げは一般市民も困ります。風力発電や太陽光発電では、産業電力を賄えません。米国ではオイル・シュールも開発されましたが、化石燃料は200年で枯渇しますので原発中心とならざるをえないといわれます。ましてや石油価格が値上がりしますと産業が致命傷を受けます。安全を考慮して原発の再稼働を急ぎ、将来のエネルギー需要と電気自動車の需要のために新規に安全性を高めた原子力発電所を50基新設計画しなければならないと語られています。現在、日本で動いている車をすべて電気自動車にすると、それくらいの原発の新設が必要になるといわれます。

・賠償金の問題や汚染水の問題で東京電力や原発に関しては国家危機がいまだに続いているといわれます。いまだに非常時です。原発技術を世界一にして、原発輸出ができる国にならなければならないと述べられていました。しかし、原発の子会社を抱える東芝が大赤字となりました。

・amazonに「田母神俊雄」といれますと、132件の書籍が分かります。『田母神俊雄の「戦争論」−日本が永久に戦争をしないための究極の選択』(2016/4/23)という本もあります。2014年の東京都知事選挙に出馬して落選したので、かなりの著名人といわれます。2016年4月14日「公職選挙法違反容疑で逮捕された」と報道されておりました。9月29日、保釈されました。

・守屋元防衛事務次官の汚職事件も私たち一般人は、驚きました。官僚の人事全体がおかしいのではないかという疑念が持たれました。兵器のビジネスは大金が動きますので、世界中で汚職事件が頻発しているそうです。ワイロをもらうのが常識の国も多いそうですが。パラリンピックのブラジルも汚職問題で政治が大きく揺れていました。世界中で汚職や賄賂がないところはないといわれます。

・日本の防衛政策や自衛隊のことを私たち一般人にも分かりやすく説明しているといわれます。ニュークリア・シェアリングの問題は注目されました。核装備の世論もここ10年で大きく変化してきているようです。米国でも大統領候補の選挙中のトランプ氏が、韓国や日本の核装備に言及したことは注目されました。米軍の駐留経費が膨大なので、米軍基地を削減したりなくしたりする代わりに、韓国と日本にニュークリア・シェアリングのような核装備を与えるという構想のようでした。米軍基地で沖縄などが大きな問題を抱えていますが、もし「米軍の駐留なき安保条約」ということになれば、日本の自衛隊と防衛政策にとり大きな転機となることでしょうか。しかし、日本の核装備の話は、後に否定されたようです。

・この本(『円高は日本の大チャンス』)は、東日本大震災が起きた前の出版で、深刻な復興予算を考慮しないでも良かった時期に書かれたものです。限られた予算、増えない税収、福祉予算を削る財政赤字の状態で、なお首都直下地震津波や南海トラフ巨大地震津波に対する対策予算も考慮しなければならない厳しい状況です。社会保障も年金も防衛費も必要予算は上昇する一方のようです。さまざまな経済施策が打たれておりますが、税収が大幅に伸びることがあるのでしょうか。財源の裏付けのない政策は実現できないという限界があるといわれます。

・「貧者の核兵器」の「細菌兵器」や「化学兵器」の時代に「サムライの心」でもないでしょう。「貧者の核兵器」の前には、通常兵器は陳腐化して抑止力ゼロです。また憲法を改正して「普通の国」になれば、米軍の作戦に参加したり、国連軍参加で大量の自衛隊・国軍兵士の死傷者がでるということになります。憲法を改正して「普通の国」にする動きがあります。「普通の国」になれば、米軍と共同作戦をして「歩兵の大量出血が強要される」事態も起こりましょうか。スイスの国防政策や「民間防衛」を参考にする必要があるといわれます。

・首都直下地震津波や南海トラフ巨大地震津波が発生する確率は、東日本大震災を機会に、地震研究所や危機管理機関の警告も「発生確率が非常に高い」という深刻なものに変っております。ひとつでも大地震が起これば、200兆円の損害、2つで400兆円以上の損害となります。日本経済は完全に破綻することでしょうか。「熊本地震」も執拗に余震が続いていたようですが、このような大きな地震が続き、不気味な南海トラフ巨大地震津波に繋がっていくという地震学者の話もありました。人口減少の問題もあり、本当に優れた政治家や官僚の叡智を結集して、国家戦略のシナリオを作らないと、「ひよわな花」の国になってしまいそうです。毎年の自殺者も多くて「ひよわな花」のようです。国家経営の実務に精通したベスト&ブライテストのテクノクラートのドリームチームの英知を結集した「国家改造計画」が求められているそうです。もともと国家予算の分配の問題になるようで、財源をひねり出すためにも、行政、立法、司法の大胆なリストラ、近代化、効率化が必要だともいわれます。そして日本に国立の「政治研究所」が必要だそうです。

・今まさに大胆で斬新な「国家改造計画」が必要の時です。しかし、軍人が「国家危機」「非常時」と叫び出し、「国家改造計画」に熱をあげだすと歴史が示す如く危険な兆候ということになります。各政党の現代の「国家改造計画綱領」はどのようになっているのでしょうか。当然ながら、すべての官庁には長期計画や中期計画があるはずですが。「失われた日本の20年」ということで、日本社会の予想以上に遅れた面、頭の古い点、後進性、非近代性が浮かび上がっており、「日本は先進国だろうか」という声が街中で増えてきております。「肝心の政治が遅れている」とも言われ続けてきました。何十年もかかっても日本の政治の近代化が計れないのでしょうか。やはり国民の政治風土でしょうか。「昔から政治が一番遅れている。票の請負業のようなもの」といわれます。困っている人も増えており、単に政治の貧困としては片づけられないそうです。「失政」が増えている時代に、私たち一般人は、政治意識を高めていく必要があるといわれます。

・「本当に優れた政治家や官僚が登用されなかったので、日本の衰退や劣化が進んだ」といわれます。日本のネガティブな状況を変えていけないようです。「国民が政治を嘲笑している間は嘲笑に価する政治しか行われない」「民主主義国家においては、国民はその程度に応じた政府しか持ちえない」ということで、私たち一般人は、自らの政治意識を高めていかなければならないようです。昔は「経済一流、政治二流」といわれていましたが、二流では拉致事件は解決できないといわれます。この閉塞した事態を「チェンジ」する妙案はあるのでしょうか。

・著者(田母神俊雄氏)は自衛隊の元航空幕僚長ということで、当然ながら核武装論者です。民主主義国ですから、日本が核武装するには、国民の多くが核武装を支持しなければ、政治は動きません。さまざまな条約、憲法・法律上の問題もありますが、できるだけスムーズに実現できるようなプロセスを選択すべきでしょう。「ニュークリア・シェアリング・システム」の導入も選択肢のひとつでしょうか。このような状況ですから国民も右傾化してきており、自民党が選挙に勝つような風が吹いているといわれます。核武装に対する世論も変化してきているといわれます。

・米国は日本の核武装に反対するでしょうから、「核兵器周りの兵器」、例えば、バージニア級の攻撃型原子力潜水艦の国産化、巡航ミサイル、核シェルターなどの兵器を長期計画などで計画すべきでしょうか。「核兵器を持たなければ核ミサイルを撃ち込まれない。が、有事には必ず、横須賀などの米軍基地は核ミサイルが撃ち込まれる」という矛盾した議論では、らちがあきません。すでに北朝鮮の核恫喝をうけたばかりです。「核には核を」が冷厳な国際政治のルールだそうです。「平和運動が核攻撃を招き寄せる」といわれ「日本列島を核攻撃で沈める」という恫喝も頻繁に現実に一般国民がうけています。「敵は一番の弱点(核シェルターのないこと)を攻撃してくる」といわれます。核シェルターがないことが、核攻撃を招き寄せると指摘されています。

・しかし、限られた予算では、世界最強の米軍の核打撃力に頼ることが、米国の望む賢明な道ですから、どこかの国のように、国民福祉を犠牲にしてまで、国防費を増大することには、まだまだ国民的な議論が必要なようです。また法律を変えなくても米政府との交渉でかなり実質的なことができるそうです。日米安全保障条約も将来は変質してくるといわれます。5兆円という限られた防衛予算で、抑止力のない高価な通常兵器を少数そろえるのでは、費用対効果の点からも問題にされるそうです。

・航空自衛隊と言えば、かつて国会で「外国に脅威を与えてはならない」「外国の基地を攻撃してはいけない」ということで、F4ファントム戦闘機の爆撃装置と空中給油装置を外してライセンス生産された時代がありました。このような軍事的な非常識のことでもまかり通る時代でした。ところが、ライセンス生産された時期と北朝鮮の拉致事件が激化した時期が奇妙にも一致するそうです。北朝鮮に国会の軍事知識の脳天気(ノー天気)ぶりが見透かされたのではないでしょうか。春秋の筆法によると「国会の軍事常識無視が北朝鮮の拉致事件を招きよせた」といえるでしょうか。歴史に「もし」ということはないそうですが、F4ファントム戦闘機から爆撃装置と空中給油装置を外さなければ、北朝鮮の拉致事件という面倒くさい、長期間にわたる事件は起こらなかったそうです。北朝鮮は拉致被害者関係の書類は全部焼却しているのかもしれません。

・軍事常識的に外国人や外国の軍人に笑われるようなことをしておれば、大きく国益が損なわれるという一例だそうです。「国会は良識の府だ」そうですが、国民としては軍事常識を競ってもらいたいものです。各国の政治家の軍事常識の差が、各国の核シェルターの数の差となっているのでしょうか。良識の国会の「ノーシェルター政策」は、一般国民が恥をかくといわれます。良識の国会の「ノーシェルター政策」は、「敵の一番の弱点を攻撃する核攻撃を招き寄せる」といわれます。限られた予算ですので、税金の無駄使いをやめて、有効に使ってもらいたいものです。そうでないと、国そのものもなくなるような昨今の原子爆弾の破壊力だそうです。「想定外」の原発事故のために多くの国民の生活が破壊されましたが、「想定外」というのは、想定を超えたすぐそこにあるものですから。グローバル基準を採用して核シェルターはいかがでしょうか。日本人に特有な「甘い国際感覚、貧弱な語学力」では大きく国益を損ねると語られています。

・北朝鮮の拉致事件についても警察が何をしていたのか、不思議です。犯罪の検挙率も下がっています。現代の振り込め詐欺についても、被害が巨額ですし、被害者も高齢者で、なぜ全員検挙できないのか私たち一般人は、不思議です。防犯カメラやコンピュータを駆使して検挙率を上げることができるのではないのでしょうか。警察官の数が足らないそうですが、数万人でも増員することは予算的にも可能だと思いますが。元警察官僚で国会議員の人が、「警察がしっかりしておれば拉致事件は起こらなかった」と言っていますが、私たち一般人は、不思議な思いです。政府の「失政」も増えているそうで驚きます。失政を厳しく追及する国民の関心が欠けているのかもしれません。

・現在の中国でも当然ながら、日本のマスコミの論調を監視する組織があり、マスコミ関係者を色分けしているそうです。人口大国ですから、原理主義で何事にもしつこいといわれます。「諜報機関には諜報機関を」「スパイにはスパイを」ということで、彼らに倍する能力の諜報機関を持たなければ国際社会の厳しい戦いには生き残れないといわれます。反日教育をしている国は、日本国内の動向や世界の中における日本の動きを日本人が想像する以上に詳細に観察して分析しているそうです。もちろんその中心はスパイ教育を受けたネイティブ・スピーカー、コンプリート・バイリンガルの民間人たちです。反日国家に対する国会の甘い国際感覚では、大きく国益を損ねる懸念があるそうです。またハニートラップ大国ともいわれます。

・元公安部長によると「日本は本格的な諜報機関を持たない珍しい国だ」そうです。外国人にバカにされないような諜報機関を持っておれば、北朝鮮も拉致事件のような暴挙をあえてしなかったことでしょう。日本の自衛権の武力制裁を北朝鮮は狙ったのでしょうか。餓死者が多数出たので、日本と戦争をしたかったのかもしれません。経済制裁もすぐにせずに、ひたすら平和的解決ですと数十年の歳月が流れました。詳しくは知りませんが拉致被害者の多くも亡くなっていることでしょう。被害者もその家族も高齢化しており、拉致事件は、大きな失政になったようです。この程度の問題に数十年もかかっているようでは政治家の非力が窺われるといわれます。特に北朝鮮と常日頃コンタクトしていた政治家は何をしていたのでしょうか。

・本当に必要な本格的な諜報機関もできていませんので、無駄な時間が経過したようです。核兵器に関する政治家の発言はタブーとなっていると語られています。核兵器について大胆な発言をすることは、マスコミにもたたかれますし、極右の政治家として烙印をおされ、選挙民と気まずい思いをすると述べられています。おぞましいこと、過激におもわれることのタブーに上手に触れないことが政治家として大成するそうです。

・「航空自衛隊のF4ファントム戦闘機から国会が、爆撃装置と給油装置を外さなければ、北朝鮮は拉致事件を起こさなかったかもしれないし、拡大しなかったかもしれない」という話もあるそうです。歴史には「もし」ということはありません。拉致事件も数十年も経ちますが、諜報機関も作ろうという動きもなく政治の非力さが窺われるそうです。「民主主義国家においては国民はその程度に応じた政府しか持ちえない」、「国民が政治を嘲笑している間は嘲笑に価する政治しか行われない」ということで、諜報機関のない国で国益を大きく損ねている結果となったといわれます。

・私たち一般人は、軍事専門家ではないので、詳しくは知りませんが、「この狭い国で核兵器を持たなければ、絶対核兵器を撃ち込まれない。確率ゼロである」「だが、横須賀に核を撃ち込まれたらどうしよう」という平和信仰から「核兵器を持てば、核兵器で恫喝される確率は少なくなる。実際に打ち込まれる確率も少なくなる」という「確率」という合理的な思考に転換するのに、日本の平和愛好知識人は数年かかるのでしょうか。「平和運動が核攻撃を招き寄せる」といわれ「日本列島を核攻撃で沈める」という恫喝も頻繁に現実に一般国民がうけています。

・「素人がリーダーになり専門問題を扱うのは非常に危険だ」そうです。数十年経っても解決できない「拉致事件」の政治家の非力さを考えれば、誰も責任をとらないという不思議な状況だそうです。否、責任を取る必要もないという意見もあるそうで奇妙です。さまざまな懸念があり、事件の解決まで「タブー」になっていることもあるのかもしれません。

・「貧者の核兵器」という「生物化学兵器」を熱心に作っている国々の指導者に「合理的な思考」を求めるのは、無理な話だそうです。5兆円という限られた防衛予算で抑止力のない高価な通常兵器を少数揃えて、拉致事件程度の問題解決も数十年かかっているのでは、現実に「抑止力」という概念があるとはいえないそうです。「抑止力のない高価な通常兵器を少数揃える」よりも、巡航ミサイルやバージニア級の攻撃型原子力潜水艦等の「抑止力のある高価な通常兵器を少数揃える」必要があるようです。

・平和主義者も現実に拉致事件や領土問題で平和を破られているのに、ひたすら「平和を世界に叫び続ける」のは、「憲法で保障されている自衛権の放棄をしている」ことと同じで「外国人の目からは奇異に映る」そうです。平和主義者にこそ、拉致事件を早急に平和的に解決してもらいたいものです。拉致被害者はかなり多くて、その家族も高齢化で亡くなっている人々も多いという話もあるようです。国民の関心の的である拉致事件の平和的な解決は、ないのでしょうか。平和主義者も数十年、平和を唱えていましたが、拉致事件ですら解決できませんでした。「日本を海に沈めるぞ」と核の恫喝を受けているのに「平和」を叫んでいるのは、「いかがなものか」といわれます。

・それこそ「税金の無駄遣い」をやめて、バージニア級の攻撃型原子力潜水艦や巡航ミサイルの装備で、通常兵器のレベルを上げて抑止力も上げていく必要があるそうです。「そこにある実際の被害と危険」から「拉致事件」の解決や「原子力潜水艦の装備」など数十年遅れていますが、「諜報機関のない国は既に国益を大きく損ねている」ようです。

・amazonに「日中戦争」といれますと7920件、「米中戦争」といれますと134件の書籍が分かります。「日中戦争」の本が多いのは、第2次世界大戦のものが多いからでしょう。自衛隊と人民解放軍の兵器を比較したカラー写真の雑誌も多く出版されたりしましたが、売れたのでしょうか。出版界は、売れるものに飛びつくといわれています。特に尖閣諸島の問題が起こってから、「日中戦争」関連の本が急増したそうです。

・私たち一般人には、軍事専門家ではないので、軍事問題については理解不能なことが多いようです。しかし、私たち一般人は、軍事問題に無知であってもいけないようです。軍人官僚と政治家のために、無謀な太平洋戦争に巻き込まれ、徴兵で死に、庶民が無差別爆撃で命と財産を失ったように、「生命と財産」を守ってもらえなかった歴史的事実があります。だから一人一人が政治意識を高めていく必要があります。「民主主義国家においては国民はその程度に応じた政府しか持ちえない」、「国民が政治を嘲笑している間は嘲笑に価する政治しか行われない」ということで、現代でも100%政府(防衛官僚や政治家)に頼れないということだそうです。太平洋戦争でも、旧軍のほとんどの将官や将校も「戦争に勝てるとは思わなかった」といわれます。そして、「戦争に負けることが、どういう意味を持つのか」という認識もなかったそうです。

・「徴兵は苦役である」という法律解釈から「国を守る義務は崇高な義務である」という憲法のある外国人の国防意識まで、その差は「雲泥の差」といえるでしょう。「核には核を」という合理的な思考が求められているそうです。すぐに核兵器を持つことは、今までの経緯から「平和ボケ」では無理なことだといわれます。時間がかかります。憲法のように外国人の信義と善意を信頼して頼っていても拉致事件は解決しませんでした。人間に闘争心がある以上、いつの時代でも武力制裁が必須となるそうです。ヨーロッパの歴史も昔から国や民族の殺し合いの血で血を洗う歴史でした。

・生物化学兵器は「貧者の核兵器」といわれています。周辺諸国が核シェルターや核兵器、生物化学兵器の開発に熱心なのに比べて、「日本は、お人好しを通り越した存在ということになる」そうです。「戦争狂人」といわれている人民解放軍の将軍たちが熱心に真面目に「米中戦争のシナリオ」を研究しているそうです。今の米中間のサイバー戦争は、「すぐそこにある危機」のようです。マクモニーグルの未来透視に「23世紀と24世紀における2度の大戦で人類の人口が6分の1に大激減する」というのがあります。その時は生物化学兵器も大量に使われるようです。「イルミナティ・エージェントが第3次世界大戦を引き起こす」という不気味な予言もあるようです。今世紀にも第3次世界大戦が起こらないという保証はないそうです。

・「憲法を厳格に解釈実行して国が滅んだ、地図から消えた」ということではなく憲法を改正しなくても核兵器が持てるそうです。太古から「滅んだ民族や消えた国」の数は非常に多いようです。また公安調査庁の元部長によれば「日本は諜報機関のない世界的に珍しい国だ」そうです。「諜報機関のない国は拉致事件にも無力だった」そうです。この方面に脳天気(ノー天気)ですと、「最終戦争の未来の時代」には日本も歴史から消えていくことになるでしょうか。日本の防衛政策は憲法にかかわる戦後の流れから、非常に特殊で、外国人の目から見れば非常に奇異に映るといわれます。

・国会によって爆撃装置と給油装置を外されてライセンス生産された高価な航空自衛隊のF4ファントム戦闘機は、拉致事件に何らの抑止力にはなりませんでした。被害者もその家族も高齢化しており、拉致事件は、これ以上、進展がなくなるのかもしれません。拉致被害者、その家族や支援者たち、事件の担当者たちも大変苦労していることでしょう。この程度の問題に数十年もかかっているようでは政治家の非力が窺われますが、その後の警備の強化が図られているのでしょうか。スパイのテロは、大衆に恐怖を与えました。抑止力のない高価な通常兵器を少数そろえるのでは、拉致事件にも抑止力がなかったそうです。5兆円という限られた防衛予算で巡航ミサイルやバージニア級の攻撃型原子力潜水艦等の「抑止力のある高価な通常兵器を少数そろえる防衛政策」が必要だそうです。周辺諸国では、核兵器や生物化学兵器、核シェルターの開発を熱心に展開しているそうです。核戦争を想定内にしているからでしょう。核シェルターも超長期計画で整備していくべきだそうです。スイスに習えとよくいわれます。スイスの国防政策は、国民全部への核シェルターと小火器の備蓄だそうです。これで、スイスは核戦争が起きても、サバイバルできるようです。総務省と地方自治体の管轄の「郷土防衛隊」の創設が必要だといわれます。

・清水幾太郎という当時の代表的な知識人で社会学者も、急速に「右転回」して1980年に「日本の核武装」を主張して注目されたこともありました。このように戦後から、さまざまな有識者が「核武装」を主張してきた長い歴史があるようです。清水幾太郎は言いました。「最初の被爆国である日本が核兵器を所有しなければ、有事の際、世界中の国国が日本に遠慮してくれるという滑稽な幻想を抱いているのではないか」「核兵器が重要であり、また、私たちが最初の被爆国としての特権を有するのであれば、日本こそ真先に核兵器を製造し所有する特権を有しているのではないか」と。

・時代は流れて変わり、依然として戦争経験者は「絶対に戦争をしてはいけない」と主張する人々も多いようです。しかし、核装備を当然のように語る人々も無視できない勢力というより、以前では想像を絶する水準・かなりの状況になりつつあるといわれます。

・国家経営の実務に精通したベスト&ブライテストのテクノクラートの英知を結集した「国家改造計画」が求められていますが、国として当然ながら、現在でも長期・中期計画があるはずです。おそらく優れた長期計画があることでしょうか。「貧弱な国際感覚で大きく国益を損ねてきた」そうです。政治家は選挙民の対応に追われて、勉強ができないそうです。いつまでも「政治が遅れている」ということでは複雑化する社会問題に対応できないでしょう。女性の眼から見ると「政治や経済の後進性」を痛切に感じることでしょうか。「女性の登用も先進国とはいえない」そうです。「先進国ではない」というよりも、はっきりと述べれば「後進国だ」と指摘されています。「昔から政治が一番遅れている。票の請負業のようなもの」といわれます。「日本の政治家はアメリカのロビイストのような役割を果たしている」という説もあります。

・深刻な人口問題と社会問題を持つ中国は、国内が乱れると、さまざまな面で国際間のトラブルを起こし自滅していくという「中国崩壊論」がさかんです。中国経済の減速が誰の目にも明らかになっています。チャイナ・ウオッチャーの発言に今後とも注目していきたいものです。

・ロシア軍が巡航ミサイルを始めてシリアで実戦に使用したというニュースが流れました。ロシアも常に戦争を意識している国の一つのようです。「人類の歴史は、平和な時代よりも戦争の時代が長かった」といわれます。「彼ら蛇人はすでにロシア共産主義勢力としてやってきており、マルクスとレーニンはその勢力のいわば幹部たちだった」という説もありました。ロシアのイルミナティが一番過激なのかもしれません。社会問題に起因する国民の不満の爆発を対外戦争で抑え込もうとする遅れた国の古典的な手法が中国共産党の手法だったようです。国内でみっともないことが激増すれば、人民解放軍としてもやりきれなくなるのでしょうか。近頃では「人民解放軍のクーデターが、最も可能性が高い」という説もあったそうです。中国経済の大減速の社会の結末が、メディアにも頻繁に載るようになりました。中国では学校に通えない子供が増えているといわれます。




********************************
・ブログ名称: UFOアガルタのシャンバラ
日本は津波による大きな被害をうけるだろう
・第2のブログ名称:UFOパラレル・ワールド

「神の国か?」「人類の原郷か?」 「天上のエルサレムか?」・・・・・・・・・
「パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の殖民星が、地球か?」、「ネガティブのシリウス星人の地球支配があまりにも巧妙なので、しょっちゅう戦争が起こるのだろうか?」
「金髪碧眼のノルディックが住んでいたアガルタのシャンバラ情報の集大成を目指す・・・・・・・・・・」「金星蛇人と火星霊人の戦争はその後どのように展開したのだろうか」
「日本民族の神話の原郷『高天原(たかまがはら)』は、『都市型の超巨大宇宙船』なのか!?」「平家がプレアデス星人の末裔で、源氏がオリオン星人の末裔なのか」
「小人族のグレイの母船に同乗する金髪碧眼のノルディックは、”悪魔の王””ルシファー”なのか?!」
「円盤は神人や異人、悪魔の乗り物なのか!?」「天使は神の秘密諜報員なのか」「神は最初のフリーメーソンなのか」
「UFOは、人類の歴史が始まって以来、最も重要な現象なのか。UFO問題とは、人間にとっての死の問題を解くことなのだろうか。UFOはフリーメーソンの創作なのか」
「全宇宙を創ったという“虹の神々”も地球に来ているのだろうか」
「イルミナティなどのフリーメーソン組織に入ると神に会えるのだろうか」「金星の神々は地球に到着するやいなや、イニシエーションのためのフリーメーソン本部を設けたのだろうか」「フリーメーソン結社はこの大地が創出されるよりずっと前から、さまざまな太陽系をめぐって、存在していたのだろうか」
「国際連合の設立に動いたキリストの星、アプ星人とは」
「人は皆、記憶喪失の異星人だろうか」
「はるかに進化した天使のような宇宙人は、人間の守護霊や背後霊なのだろうか」「セドナ上空に見えないエーテルのシティが滞空するのだろうか」

グーグルのブロガーにも書いています→UFOパラレル・ワールド





[カテゴリ:森羅万象] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2019年8月14日 16時49分
星野の話のなかでも、耳を疑うほど驚いたのは、「東条英機がミッドウェー海戦の無惨な戦況を知ったのはサイパン陥落の直前だった」というくだりである。(1)
 


『転進 瀬島龍三の「遺言」』
新井喜美夫 講談社  2008/8/7



<太平洋戦争の真実を明かす「遺言状」>
・本書は、瀬島の言葉を私なりの解釈を交えながら綴った、太平洋戦争の真実であり、瀬島の「遺言状」である。

<東条が語った驚くべき事実>
・星野の話のなかでも、耳を疑うほど驚いたのは、「東条英機がミッドウェー海戦の無惨な戦況を知ったのはサイパン陥落の直前だった」というくだりである。

・1942(昭和17)年6月5〜7日の、このミッドウェー海戦の敗北により、日本は、南方の制空・制海権をほとんど失った。
 だが、その後の戦局、作戦を左右する、この重要な事実は、東条英機首相には、サイパンが陥落する1944(昭和19)年6月まで知らされなかったというのである。

・しかし、サイパンは玉砕。伝わってきた戦況に青ざめた東条は、星野に訪ねた。「あの真珠湾攻撃を成功させた海軍の誇る機動部隊はどうした」
 星野が「ミッドウェーで壊滅して、とうの昔にありません」と伝えると、東条は驚いていった。「そうとわかっていたなら、フィリピンにこだわったり、あるいはインパール作戦などやらなかったのだが……」

・星野が「東条はミッドウェー海戦の敗北を知らなかった」という話を公開したのは、迫水など、東急学士会の面々が居並ぶ前である。星野がつくり話をしているとはとても考えられなかった。
<海軍と陸軍にあった厚い壁>
・なぜ、ミッドウェー海戦の敗北が首相である東条に伝わらなかったのか――。
 ひとつには海軍の隠蔽工作があったからだ。ミッドウェー海戦の負傷者は日本に揚陸させず、ひたすら敗戦を隠し続けた。今と違って、情報網が発達している時代ではない。それでなくとも、前線の様子は本土には伝わってこない。
 陸軍の幹部も、最前線の様子はほとんど把握していなかった。参謀の瀬島でさえ、例外ではなく、「ガダルカナル島という名など、ずっと知りませんでした」とのちに語ったほどである。
 戦艦大和や戦艦武蔵は健在だ。東条も、よもや連合艦隊の機動部隊が、痛手を負っているとは想像しなかった。
 だが、東条に情報が届かなかった最大の理由は、東条が陸軍の軍人だったからである。

・戦中の日本軍の組織を知る人なら、陸海軍を束ねる天皇直属の最高統帥機関、「大本営」があったではないかと不思議に思われるかもしれない。
 確かに大本営は名目上あったが、陸軍部と海軍部に分かれており、作戦も陸軍は参謀本部で、海軍は軍令部で立案。事実上、別々の組織として動いていた。
 それがかろうじて一体となったのは、敗色が明らかになった終戦の年である。ガダルカナル島など南方諸島から陸軍が撤退を決めたときも、山本五十六は、「海軍では陸軍の面倒を見るほど余裕がないので、勝手にやってくれ」と、非協力的だった。

<敗戦を報告しなかった理由>
・瀬島が海軍の知人から伝え聞いたのも、「ミッドウェー海戦で大きな痛手を受けた」という漠然とした情報でしかなかった。
「海軍の恥をさらすようで、本来はもらしてはいけない情報ですが、お立場もあるでしょうから、あなただけのお耳には入れておきますと耳打ちされて……」
 しかし、たとえ個人的な人脈を通して得た、漠とした情報であろうと、海軍の機密情報に接することのできた陸軍軍人は何人もいない。本来なら、瀬島は上に報告すべきだったが、瀬島はこれを握りつぶしたという。

・東条は辞任した杉山元参謀総長にかわって、一時期、陸軍参謀総長を兼ねていた。当時、瀬島は上官だった参謀本部作戦部長の田中新一中将と参謀本部第一部長の真田穣一郎少将と共に東条を訪ねている。

・その後も報告のため、瀬島は何度も東条と会っている。だが、最後までミッドウェーの件については自分の口からは話さなかったそうである。
「海軍のことですからねえ」と、まるで他人事のように語る瀬島に、私はあの愚かな戦争の本質が見えたような気がした。

<補給もままならず死の島に>
・陸海軍の確執がもたらした代償は、実に大きかった。最高責任者の東条でさえ、サイパン陥落時まで、ミッドウェー海戦での機動部隊壊滅は知らなかったのである。ましてや、陸軍の上層部にこの事実を知る者はいなかった。
 制空・制海権を失っているにもかかわらず、日本陸軍が次々と決行した南方への侵攻作戦は、ことごとく失敗に終わり、夥しい数の兵士を無駄死にさせた。
 1942(昭和17)年8月から翌年2月にかけて行われたガナルカナル島の戦いはその代表例である。

<なぜインパール作戦を止められなかったか>
・それというのも、陸軍はその後も、現状とかけ離れた無謀な作戦で若き命を無駄にしたからだ。
 そして最後には、補給経路を考えない杜撰な作戦で歴史的な敗北を喫したインパール作戦へと進んでいく。

・インパール作戦には、学徒出陣で徴兵された大学生も数多く投入された。日本の将来を担うべき前途有為な青年たちが、次々と死んでいったのだ。
 あの戦争の戦死者230万人のうち約8割が最後の半年間で亡くなっている。戦局が差し迫っても、陸海軍は協調態勢が取れず、赤紙(召集令状)一枚で徴兵した国民を無駄死にさせたのである。

<行財政改革で総理に>
・残るは、中曽根総理の誕生である。金権政治家といわれた田中角栄のように集金力があれば、金で総裁選を勝ち抜くことができるが、中曽根にはそれがなかった。
 田中らの錬金術の秘密は、キックバックだった。政治力を使って、仕事を世話する。たんまりと儲けた企業に、田中はキックバックを要求した。そして、政治献金1000万円を持ってきた者には、100万円という具合に、1割ほどのキックバックを忘れなかった。実際、臨調の事務局には調査結果を示す数字もあった。
 田中に献金すれば、仕事をもらえるうえに、政治献金の一部も返ってくる。キックバックされた金は、税金のかからない、いってみればクリーニングされた金である。もらうほうはうれしい。どうせ政界に献金するのなら、田中角栄に、となる。

・田中や鈴木善幸と違って、中曽根は融通が利かない。キックバックするどころか、「もう少し欲しい」という顔をする。勢い、政治献金の額は伸びなかった。

<戦犯を救った五島慶太>
・あるとき、私が「東条英機はミッドウェー海戦で、連合艦隊の中核である機動部隊が壊滅状態になったと知らなかったそうですね」と水を向けると、瀬島が事もなげにいった。
「ええ、知らなかったでしょうね」
 あの話は本当だったのか――これがそのとき、私が抱いた感慨だった。実はかつて、瀬島の証言を裏付ける話を星野直樹から聞いていたからだ。
 星野は、昭和初期に大蔵官僚になり、満州国建国後、実質的な統治者であった満州国国務院総務長官として腕を振るった。
 その後、企画院総裁、貴族院議員などを歴任し、東条内閣の成立とともに、現在の内閣官房長官にあたる内閣書記官長に就任、日米開戦が決定された御前会議にも列席した経歴の持ち主で、紛れもなく戦中の主役のひとりである。

・東京裁判は戦勝国が敗戦国を裁くという、本来なら国際法に違反する報復裁判である。まともな審理は期待できなかった。事実、連合国側から派遣された裁判長、判事のなかで、国際法の専門家は、インドのラダ・ビノード・パール判事だけで、パール判事はただひとり、日本の無罪を主張している。

<坂本龍馬は利にさとい武器商人>
・幕末、日本の秩序は乱れた。動乱の時期には、勝海舟のような俗物が跋扈する。世渡りのうまい者が、混乱に乗じて、のし上がった時代でもある。
 私の解釈では、坂本龍馬もそのひとりだ。龍馬株は、戦後急上昇、歴史上の好きな人物を挙げろという問いには、いつも上位になるほど人気がある。
 だが、私からいわせれば、龍馬はみんなが持ち上げるほど立派な人物でもなく、功績を残していない。龍馬人気に拍車をかけたのは、司馬遼太郎の小説『竜馬がゆく』だが、あのなかで描かれている龍馬にまつわる話はほとんど架空に過ぎない。

・しかも、脱藩した後、龍馬は武器商人と手を組んで暗躍した。
 一儲けを企んで、アヘン戦争へとイギリス政府を導いたイギリスの商社が香港にあった。戦後、日本では、その関連会社が高級スコッチ、「ジョニ黒」の輸入元として知られた、ジャーディン・マセソン商会である。
 このジャーディン・マセソン商会が支店長として日本に送り込んだのが、長崎のグラバー邸の主、トーマス・ブレーク・グラバーだった。
 その少し前、アメリカで南北戦争が、当初の予定より早く終わった。南北戦争に際して、アメリカ政府は5年分の武器を発注したが、4年で決着がつき、1年分の武器・弾薬が不良在庫として残った。
 
・こうして、龍馬経由で安い武器を手に入れた薩長は、圧倒的な火器の力で、幕府軍を倒すことができた。
 しかし、龍馬は機を見るに敏で、商才はあったのかもしれないが、決して英雄でも偉人でもない。むしろ、日本を内戦に導いた張本人である。
 ともあれ、勝海舟や坂本龍馬のような見識のない人間が台頭したのが幕末という時代だった。江戸260年の秩序が崩れ、士農工商という階級制度がなくなり、誰でも世の中で頭角を現せるようになった代わりに、節操のない人間がのし上がる土壌ができた。

<男爵位欲しさに戦端を開いた軍人>
・このようにして明治以降、平民であろうと農民であろうと栄達のチャンスがある世の中に変わって、出世至上主義ともいえる空気が蔓延していく。
 なかでも、軍人は財産もコネもない庶民にとっては最も一般的な出世コースだった。現代の防衛大学校もそうだが、軍人になるための学校は授業料が免除されるばかりでなく、幾ばくかの金がもらえる。家が貧しい優秀な者が進めるエリートコースは、軍人を措いて他はなかった。
 先の無謀な戦争が招いた悲劇もまた、戦功をはやった俗物軍人たちが戦線を拡大していった結果、もたらされたのだ。

<東条と瀬島の共通点>
・また、瀬島が荒木や杉山と同じ節操のない軍人だというつもりも毛頭ない。瀬島と共通点の多い軍人といえば、私は東条英機を挙げたい。陸軍と海軍を比べれば、陸軍は質実剛健で質素、海軍は派手好きで華美、贅沢を好むというイメージがある。実際、食事の仕方ひとつをとっても違う。

<金と女性には無欲だったふたり>
・「英雄色を好む」というように、功なり名を遂げた人物は女性関係も派手な男性が少なくない。女性を養うのも甲斐性だと考えられていた昔は、玄人女性なら倫理観としても許されていた時代で、なおさら外に女性を囲う者が大勢いた。
 軍人も例外ではなく、山本五十六には複数のお妾さんがいたことが知られている。

<天皇のためにあえて汚名を>
・自決しようと考えていた東条のもとを、後任の陸相になった下村が密かに訪れた。国体護持を最後まで願っていた国民の期待に応えられるかどうか難しい。天皇に迷惑がかかることは極力避けなければならない。そのためには、天皇の身代わりになる人物が必要だった。
「非常に申し訳ないことですが、陛下の身代わりになれるのは、閣下しかいない。悪いがあなたがその役を引き受けてくれ。東京裁判において不名誉な裁きを受けてもらいたい。いつの日か、真実がわかる日が来るでしょう」

・拳銃による自殺未遂も、実は狂言で、東条には初めから死ぬ気はなかったという説もある。腹の肉をつまみ、そこに弾を撃ち込んで、自害に失敗した無様な独裁者という役割を演じて見せたというのだ。

<山本五十六は名将か>
・これに対し、井上成美は、
「あのとき、私が山本五十六長官なら、そんないい加減な答えはしなかった。私だったら、アメリカと戦争すれば絶対に負けます。私は軍人ですから、死ぬのはもちろん覚悟のうえです。しかし、近衛首相もただではすみませんよ。また陛下すら、どのようなことになるか保証の限りはありません。それでもかまわぬというのであれば、どうぞ日米戦争でもなんでも、ご勝手にお始めください、と答えたであろう。
 さすれば、いかに近衛公が物わかりの悪い公卿育ちのお坊ちゃんでも、日米戦争はやるべきでないと考えたに違いない。それを、あのように、格好いいことをいうものだから、お人よしの近衛公は、なんとかなると思ってしまったのではないのか。結果、山本長官の発言が日本の歴史を左右したことになる」と述べていた・

<東条と山本はどちらが本物の軍人か>
・山本五十六は、1943(昭和18)年4月18日、前線視察のため訪れていたブーゲンビル島上空で、暗号を分析して待機していた米戦闘機ロッキードP38に、搭乗していた一式陸上攻撃機を撃墜され、モイラ岬のジャングルに墜落、戦死した。山本の死は一ヵ月以上秘匿された。

・公式発表では、山本は機上で被弾し、「顔面貫通機銃創、背部盲管機銃創を被り貴要臓器を損傷して即死」とされているが、私は山本の死には疑問を持っている。
 山本の遺体を最初に発見した第6師団第23連隊の小隊長が、
「山本長官の遺体は座席と共に放り出されていた。そして(同乗していた)軍医長が地を這って近寄ろうとして絶命した痕跡を残していた。また、他の遺体が黒焦げで蛆虫による損傷が激しいにもかかわらず、二人の遺体は蛆も少なく比較的綺麗な形で残っていた」と証言しているからだ。つまり、不時着からしばらくは、山本と軍医は生存していたことになるのである。
 さらに、軍医の検死記録には、「気銃弾がこめかみから下アゴを貫通しているため、ほぼ即死」ともある。米軍のP38戦闘機の機銃は12.7ミリで、頭部に命中すれば頭半分は吹き飛ぶ。であれば、山本の頭部を打ち抜いていたのは、拳銃弾などの小口径の銃弾ということになる。
 このことを見ても、山本は自決したのではないか。初めからそのつもりで、飛び立ったのではないか。電報をアメリカに傍受されていることは、何度もドイツから注意を促されている。解読されるのはあらかじめわかっていた。連合艦隊司令長官の護衛機が、ゼロ戦6機というのも少なすぎる。
 山本は「俺が指揮を執れば勝てる」と豪語していた。だが、日本が勝てる見込みはまるでない。いい格好をした山本は、自ら死を選んで、名を残そうとしたのではないか。
 東条英機と山本五十六。どちらが本物の軍人だったか、世間一般とは違った評価があってもいいのではないだろうか。

<税金を納めなかった軍人>
・前章までに述べていたように、何ゆえ、日本軍は対米戦争などという無謀な戦いに足を踏み入れてしまったのか。筆者は根本の原因をつくったのは、明治維新だった見ている。
 先にも触れたように、明治維新は「功」もあれば「罪」もあったが、はるかに罪のほうが大きかった。
 
・こうして産業革命によって生まれたのは、帝国主義という名の、西洋によるアジア、アフリカの侵略だった。ヨーロッパの列強は、蒸気船をつくり、大砲を装備し、その武力を背景に、原料と市場を求めてアジア、アフリカに進出、植民地にし、搾取した。さらに20世紀になると、原爆、水爆はじめ、大量破壊兵器がつくられ、大虐殺が可能になった。

・明治維新は、こうした悪しき西洋文明と唯物思想の移植でもあった。混乱に乗じて勝海舟や坂本龍馬のような俗物が跋扈した。坂本はグラバーと手を組んで、南北戦争で余った武器を輸入、薩長に売りつけて、内乱を煽った。薩長の官軍によって戦場に駆り出されたのは、それまで戦いとは無縁だった町民や農民である。
 武士が戦って死ぬのは、その役割からいってもやむを得ない。だが、町民や農民は本来、その役ではない。彼らを鎮魂するために1869(明治2)年、大村益次郎の献策によって設けられたのが、靖国神社の前進、東京招魂社である。
 以来、庶民も戦争に巻き込まれる構造ができ、靖国神社はいつの間にか、軍人を祭る神社になった。ゆえに、靖国神社には、やはり問題があるといわなければならない。
 明治維新の大罪は、天皇を神格化し、日本を「双頭の鷲」にしてしまったことである。

・軍人は内政を軽視し、政府より軍部が上位だと考えていた。たとえば、明治の元勲、山縣有朋である。
 私の見立てでは、山縣は器の小さな軍人だった。
 山縣は1889(明治22)年に内閣総理大臣に就任した後も、陸軍軍人としての俸給を得ていた。しかも、税金もほとんど払っていない。

・税金を納めていなかったのは山縣だけではない。多くの軍人が長らく税金を納めていなかった。先の戦争が終わるまでは、軍人の税金は申告制であった。そのため軍人は一切申告せず、ビタ一文も納めていなかったのだ。
 戦費が嵩むようになって、さすがに大蔵省は軍人たちにも税金を負担するよう求めた。国民が食べるものも我慢して、戦費を拠出している時代である。
 さしもの陸軍省も、「前線の兵隊は別にしても、時勢が時勢だけに仕方がなかろう」と、国内の軍務官僚の税金徴収に渋々応じた。

・ロンドン海軍軍縮会議に次席随員として派遣された山本五十六は、現地で最も強硬に対米比率7割の確保を主張して、若槻礼次郎全権を困らせた。
 そればかりか、大蔵省から派遣された賀屋興宣が、「軍艦は油を大量に消費する金食い虫だ。財政面から軍備の大きい負担には堪えられない」という旨の意見をいおうとすると、「賀屋黙れ、なおいうと鉄拳が飛ぶぞ!」と怒鳴りつけ、慌てて言葉を飲み込んだ賀屋を山本は殴り、賀屋は鼻血を流したという逸話は有名である。
 国民が空腹に耐えながらお国のために我慢を重ねているときでも、海軍の首脳たちはたらふく贅沢な料理を食べ、戦費を使いたい放題使っていた。
 にもかかわらず、税金さえ納めようとしなかったのだ。

<明治憲法の罪>
・明治以来、行政を屈服させ、自分たちが優位な立場を築くために、軍部が持ち出したのは、天皇の統帥権である。
 内政と軍政が対立すると、軍部は決まって天皇の権威を笠にきて、「天皇の統帥権に対する干犯だ」と騒いだ。

<皇道派と統制派の対立>
・当時、陸軍は、皇道派と統制派が軍閥を形成、烈しく対立していた。
 皇道派とは、財界や政界を直接行動、たとえばクーデターのような過激な武力闘争を通じてでも変革すべしとするグループで、この革命的な行動を、彼らは「昭和維新」と称していた。皇道派の過激思想は、主に尉官クラスの隊付き青年将校らに広く支持されており、代表的な人物としては、荒木貞夫元陸軍大臣や真崎甚三郎教育総監が挙げられる。
 かたや統制派は、合法的に政府に圧力を加えることによって政治を操作しようという、陸軍内の勢力である。軍内の近代派であり、近代的な軍備や産業機構の整備にもとづく、総力戦に対応した高度国防国家を構想した。その親玉が、相沢事件で殺害された永田鉄山で、旧桜界の系統の参謀本部、陸軍省の左官クラスの幕僚将校が中心になって支持していた。東条英機も統制派に属していた。

<海軍でも繰り広げられた派閥争い>
・かたや海軍はどうだったか。海軍もまた双頭の鷲だった。艦隊派と条約派の二大派閥が互いに争っていた。

・陸軍青年将校の叛乱が2・26事件なら、海軍の青年将校らの叛乱事件が、1932(昭和7)年5月15日に起きた5・15事件である。

・叛乱の背景にあったのは、大きくは政党政治の腐敗への義憤だったが、直接の原因は1930(昭和5)年に締結されたロンドン海軍軍縮条約への不満である。

<すべての病根は明治維新>
・かように、陸軍も海軍も内輪の権力闘争に憂き身をやつし、大局観もなく、内向きの論理で無謀な戦いへと突入していったのだ。
 それに拍車をかけたのが、軍人の功名心である。
 天才・石原莞爾は、中国戦線の拡大は望ましくないと口癖のように説いたが、手柄を立てることしか念頭になかった多くの軍人たちは聞く耳を持たなかった。



『保守の正義とは何か』
公開霊言  天御中主神  昭和天皇  東郷平八郎 
大川隆法   幸福の科学出版  2010/8/7



<能力の高い人材を抜擢せよ>
・私は海軍にいたから、地上戦は海戦と同じではありませんが、どちらかと言えば、いわゆる空中戦のほうが少し近いかもしれませんね。武器効率や作戦立案のところは、海軍のほうにやや近いかもそれませんが、少なくとも、将となる人材の能力が低いことが大きいですね。

・個人個人の判断能力がとても低いですね。非常に能力の低い人がタイトル(肩書)をたくさんもらっているのではないでしょうか。だから、内部的に見れば、もう少し「実力人事」をきちんとやらないと駄目ですね。年齢や性別にかかわりなく、能力の高い人が上に上がれるようにしなければいけません。きちんと判断ができ、きちんと意見を通せて、解決策が見通せるような人を上に上げられるような体制をつくらないと駄目ですね。
 先の大東亜戦争においても、海戦で敗れたのは、もう将だけの問題ですよ。実際には、優秀な人はいたのですが、下にいたために力を発揮できませんでした。やはり、最終判断をするものが間違えたら、勝てないところはあるのです。したがって、しばらくは、抜擢人事をやらないといけないのではないでしょうかね。うーん。そう思いますね。



『小野田寛郎は29年間、ルバング島で何をしていたのか』
「帝国陸軍最後の軍人」が守り通した秘密  
斎藤充功   学研    2015/5/27



<中野学校の卒業生>
・軍服を脱ぎ(昭和18年以降になると軍服で勤務した卒業生がほとんどであった)。背広や現地人の服装をまとい、中国大陸や満州、北方、南方地域などの日本軍が進出した全戦線で謀略戦や情報戦、あるいは諜報戦、宣伝戦、遊撃戦(ゲリラ戦)などの特殊工作を展開したのが、中野学校の卒業生たちであった。

・それから6年後の2014年(平成26)1月16日、肺炎で小野田はこの世を去った。91歳だった。結局、小野田の口からルバング島の知られざる真実を聞くことはできなかった。
 だが、小野田が発したあの言葉は、その後も私の頭から離れることはできなかった。
「ルバング島のことだが、今まで誰にも話していないことがあるんだ・・・・」
 もしかしたら、小野田は誰にも話していないルバング島での29年間の真実を、ルバング島の極秘任務の真相を私に話してくれようとしたのではないか――。
 ここから小野田寛郎の真実の姿を追跡する取材が始まった。
小野田はあのとき、私に何を話そうとしたのだろうか。
そして、小野田はルバング島で29年間、いったい何をやっていたのかーー。

・堀の記述をみれば、情報班の別班の任務はスリリングだったことが窺える。そして、山路長徳少佐が指揮する「山路機関」が、1942年(昭和17)末、敵の女性スパイを確保して、“2重スパイ”に仕立て上げたという秘話も、堀は同書で次のように書いている。
 本間兵団(注・第14軍の軍司令官で戦後、処刑された本間雅晴中将の指揮する部隊)がマニラに進入したとき、軍参謀の部屋から本間兵団の重要書類を盗もうとした、英国の仏人系美人スパイのリタを捕えて、これに整形手術をさせ、別人の顔に仕立てて遂に日本のスパイとして、マッカーサーが比島から退却に際して残していった米軍の残置諜者を暴き
出し、これに徹底的な打撃(主として処刑)を与えたのも山路機関であった。(注は著者)
 中野学校は「謀略は誠なり」の精神を教育理念としていたが、堀の記述にもあるように、戦地では、スパイ活動によって拘束した敵の工作員を処刑していたことも明らかにされている。

・30万を超える兵力を要していたとはいえ、堀の分析によれば、方面軍の戦力は兵員、火力ともに米軍の3分の1程度の戦力しかなかったとされる。このような戦況下にあったフィリピン戦線へ小野田らは派遣されたのである。小野田が着任したのは、方面軍参謀部情報班だったが、正式な申告は、マニラから南に100キロほど離れたリパに司令部を置く第41軍隷下の第8師団(弘前)だった。この師団はルソン島南部を防衛する中核師団として奮戦しているが、終戦直前には米軍によって全滅寸前まで追い詰められていた。最後の師団長は、第41軍司令官兼務の横山静雄中将(陸士24期)だった。

<残置諜者としての戦い>
・潜伏を決して以降の小野田は、中野学校で仕込まれた諜報員としての本領を発揮し、部下3人を率いて島内で残置諜者としての活動を開始する。
 かき集めて所持していた武器・弾薬は「38式歩兵銃3丁、99式小銃1丁、14年式拳銃2丁、軍刀1本、手榴弾8個」で、実弾は「歩兵銃と小銃弾合わせて2300発、ルイス式旋回機銃弾600発(飛行機搭載の機銃)」(『たった一人の30年戦争』より)だった。小野田らは、これらの武器と装備で米比軍と交戦するつもりでいたが、実戦を経ずして日本は無条件降伏した。対米戦争に日本が負けたという情報を、小野田が半信半疑ながら知ったのは、米軍機から撒かれた“降伏ビラ”によってだった。1945年(昭和20)10月末のことである。

<帰国後に巻き起こった空前の“小野田ブーム”>
・フィリピンにおけるすべてのセレモニーが終わってから3日後の、1974年3月12日午後4時、小野田は日本に帰還した。
 当日羽田国際空港の第2スポットに、日航機326便は駐機した。空港の送迎デッキには、小野田の帰国を祝う7000人を超える人々が、手に手に日の丸の小旗を振って、万歳を三唱していた。

・複雑な心情に揺れ動いていた小野田を尻目に、報道合戦はますます過熱していった。そんな最中に舞い込んだのが、週刊誌『週刊現代』からの手記の執筆依頼だった。講談社が所有する伊豆の別荘で、口述筆記するゴーストライターと生活を共にしながらの執筆だった。
 1974年(昭和49)7月にスタートした連載のタイトルは「闘った 生きた」。帰国からわずか4ヵ月後の手記連載という、異例の速さだった。
 だが、帰国後の猛烈な環境の変化で小野田は心身ともに疲弊したため、日本の生活に嫌気がさし、帰国から半年後には次兄が経営しているブラジルのマットグロッソにある牧場に、雲隠れしてしまった。

<シ―グレーヴが説く「山下財宝」伝説>
・フィリピンの金塊にまつわる有名な話に「山下財宝」伝説がある。
山下奉文大将率いる日本軍が、終戦時にフィリピンの地下に莫大な量の金塊を埋め、戦後に引き上げようとしたものの、そのままの状態で眠っているという、いわば都市伝説のような話であり、戦後も詐欺話の枕詞として流布してきたという経緯がある。

・第2次世界大戦末期、日本軍はアジア各国から略奪した金・財宝をフィリピンに隠したというのである。

<フィリピン金塊譚と小野田寛郎の接点>
・そして“奇譚”ともいうべき、フィリピン金塊譚のバックボーンに関して、1章を割いてまで検証した理由は、小野田寛郎の知られざる任務、つまり、彼が日本が敗戦したという事実を知りながら、ルバング島に潜伏し続けた理由と密接に関係するからである。
 山下は取材の際、私にこう言った。
「フィリピンには、ふたつの種類の金塊がある事実を認識して頂きたいのです。ひとつは、“機関”によって計画的に隠匿された大量の金塊。もうひとつは、軍によって隠された軍資金です」
 ふたつの金塊譚が合体して、途方もない量の金塊がフィリピンに眠っているという「山下財宝伝説」が形成された。
 そして、シーグレーヴは『GOLDWARRIORS』で、小野田の任務を“皇族によって隠匿された金塊を監視すること“だったと書いた。しかし、私は中野学校関係者の取材を通して、小野田に課せられた任務は、シーグレーヴが説く任務とは違うものだったのではないかという考えに至った。
 では、小野田の任務とは何だったのか――それは、山下の証言にあった“軍によって隠された軍資金”を守ることだったのではないか。そして、その軍資金とは、“マル福金貨”と呼ばれた、ゴールド・コインだったのではないか…………。

<運命のゴールド・コイン――マル福金貨>
<「福」という文字が刻印された金貨>
<「彼の使命はマル福金貨を守ることにあったと思う」>
・――小野田さんのルバングでも本当の使命は、何だったと思いますか。
Kは「推論だが」と前置きしたうえで答えた。
「残置諜者としての任務を果たしたわけです。しかし僕は、彼の本当の使命は、“マル福金貨”を守ることにあったと思う。
 戦地は終戦末期になると軍票はまったく使えず、物資の調達はマル福(金貨)でやっていた。杉兵団がルソンからルバングにまる福を運び込んだのは、尚武集団の命令で軍資金の安全を考えたうえでの秘策だったと思う。目的は軍資金の隠匿。ちょうど、小野田が派遣された時期に運び込んだのではないか」

<師団司令部から届いた“重要なブツ”>
・小野田が「日本は戦争に敗け、終戦を迎えた」という事実を認知していたことはまちがいない。にもかかわらず、日本の敗戦を認知していた彼が、ルバング島に29年間も潜伏し続けていた理由は、我々が与り知ることのできない“特殊な任務”を彼が背負っていたからだとしか考えられない。
 その“特殊な任務”とは何か――それが、前出のKの証言にもあった「マル福金貨を守ること」だったのではないか。

<“虚像”という重い十字架>
・小野田は昨年1月、入院先の築地・聖路加国際病院で91歳で亡くなった。
 1974年3月に帰国して以来、小野田は自身の思惑とはまったく別の次元で創られた「英雄・小野田寛郎」という“虚像”を、あらゆる場面で演じ続けてきたのではないかと思う。

・小野田寛郎は、29年間、ルバング島で何をしていたのか――。
 この問いに対する私の見解はすでに述べた。山下の見解が正しいのか私の見解が正しいのか――それは読者の判断に委ねたい。いずれにしろ、本書で明らかにした小野田の実像は、残置諜者としての任務を全うした、命令に忠実な、紛うことなき「帝国軍人」であった。その事実はけっして揺るがない。
 29年間の潜伏と引き換えに小野田が得たものは何だったのだろうか。ブラジル移住の資金も、隠匿された金塊から得たという話も一部では囁かれた。しかし、それは違うだろう。当時、出版界で小野田の手記の印税は「数千万円から1億円」と噂され、話題となった。おそらく、移住の資金は手記の印税から捻出されたはずだ。



『天皇の金塊』
高橋五郎  学習研究社   2008/5



<明治以降の日本における最大のタブーと欺瞞>
・「金の百合」と称せられる“巨大資金”がわが国には隠匿されている。戦争を繰り返した大日本帝国が、“天皇の名”のもとにアジア各地から強奪した戦利品の集大成である。現代の日本社会をも動かしつづけているという、この略奪財宝の実態とは果たして何なのか?{金の百合}を軸に見えてくる、これまで決して語られることのなかった、明治以降の日本における最大のタブーと欺瞞を白日のもとにさらす。

・繰り返すが、ほぼ150年前のいわゆる“近代ニッポン”の始まりは国民のための近代社会の始まりとはまるで無関係だったということだ。要するに明治維新を革命と讃えている間は、大正・昭和・平成と続く時代の真実は見えないようになっているのである。

<ヒロヒト名義の大量金塊がフィリピン山中に今も隠匿>
・「あの戦争の最中も、昭和天皇のマネーはバチカン系の金融機関で運用されていたものだったよ」。私が元ナチス・ドイツのスパイ(スペイン人ベラスコ)から、昭和天皇の名義とされる「天皇の金塊」=秘密マネーがバチカン系の銀行で運用されていた――こんな話を聞かされたのは1980年(昭和55年)の初頭だった。

・ベラスコ(南欧系、熱血漢)は戦時中、戦費の調達目的で秘密交渉を担当したナチス親衛隊大将で保安諜報部外務局長の「RSHA」ワルター・シューレンベルグ(北欧系、青白き天才)と共によく銀行に出向いていた。訪問先はドイツ国立銀行ライヒスバンクとスイスに新設された銀行――金塊を担保に、参戦国全ての戦費融資に協力する唯一の“戦時”バンク、国際決済銀行(通称BIS)だ。

・ドイツ国防軍情報部(アプヴェール、長官カナリスはシューレンベルグと犬猿の仲)に所属するベラスコはSSシューレンベルグの活動エリアよりも広く、ドイツ国内はもとよりスペイン、イタリア(バチカン教皇国)、日本も含んでいた。

・ベラスコが機関長を務めた情報機関(TO)は、歴史と宗教上の経緯から南米スペイン語圏の大小の諸国と太平洋の島嶼フィリピン諸島を活動の範囲に含んでいたのだ。

・私はベラスコが勿体をつけて語ったバチカン・マネーの話を聞いてからほぼ数年後の1988年頃、今度は乾き切ったシュールな金塊話を日本人の国際金融ブローカーたちから聞かされることになる。それは昭和天皇(日本皇室)所有で知られた金塊が天文学的規模で現在もフィリピン山中に隠置されているというもの。天皇家名義の金塊のほかにバチカン名義の金塊も含まれるともいう。

<“霞ヶ関埋蔵金”こそ実は「天皇ファンド」「天皇の金塊」の利息分>
・福田新総裁が誕生して、民主党が参議院を制している環境のなかで道路特定財源の扱いを巡る攻防が喧しい。そんな中で元自民党幹事長の中川秀直が「予算が足りなければ“霞ヶ関埋蔵金”を使えばいいじゃないか」と発言。これが2007年(平成19年)末の永田町のちょっとした話題になった。中川のいう埋蔵金はいわゆる「M資金」などとも呼ばれた出所不明の部類の資金のことなのだが、それについて新聞はもとより、政府実力者たちすら本当のこと=「金の百合」をまったく知っていなかったようだ。

<マルコス大統領が「金の百合」を換金するには黄金商売人一族の裁可が必須>
・フェルディナンド・マルコス。彼は一介の弁護士からフィリピン大統領に成り上がった立志伝中の人で、大統領の座を「金の百合」資金で買い取った人物でもある。その後ろめたい秘密を炙りだす最初で最後のキッカケが「マルコス裁判」だった。マルコスはこの裁判で大統領の座から失墜する。民間人の山師が掘り起こした「金の百合」の一部をマルコスが強奪したことから争われたその民事訴訟裁判は、マルコス被告に賠償金430億米ドルを支払わせた。

・賠償金の原資もまたマルコスが地下サイトから秘密裏に回収した「金の百合」の一部が生み出したカネで賄っている。マルコスが大統領時代に地中から回収して換金、内緒で懐に入れたカネはおよそ1兆6300億米ドルにものぼっていた。

<「黄金ファンド」は「四ツ谷資金」「キーナン資金」「M資金(吉田資金)」>
・「黄金ファンド」(基金)は、1946年1月19日の“東京裁判”(極東国際軍事裁判)をまるで待ちかねていたかのように動かした。裁判向けの経費支出は、フィリピン山中から初めて金塊を堀り起こしたアメリカの将官(前述)であったサンティとランスデールの上官で日本占領軍司令部G−2のチャールズ・ウィロビー将軍が担当した。ウィロビーは「黄金ファンド」を「四ツ谷資金」「キーナン資金」、そして、のちに両資金を合体させる通称「M資金」に分けて支出した。「四ツ谷資金」とは当時の歓楽街で、無法者がはびこる新宿四ツ谷界隈をもじった呼び名だといわれる。

・たとえば、中国、満州それに朝鮮半島方面にスパイを送り込んだり、国内の左翼活動家や団体を弾圧する指揮現場が四ツ谷周辺にあったからだとも言われる。基金は反共作戦に動員する右翼活動家や暴力団を支援する資金にも使われると同時に、左翼勢力にも裏面で渡された。日本の共産党が戦時下も戦後もアメリカ共産党と教会経由の資金援助で活動していたことはよく知られている。

<昭和天皇の国師、三上照夫は物理霊媒の亀井三郎と双璧の博士>
・三上は毛沢東、周恩来の学者ブレーンたちと協議して日中国交回復時の対日賠償請求を中国側に断念させた人物だ。三上は3人のニッポン人国際法学者を同行、中国側の専門家たちとの間で日中の歴史(戦争)問題を事前に片付けて田中角栄の訪中をスムーズにした。

・その外交交渉の裏舞台で三上は「兵馬俑の共同開発をしないか」。中国側からそんな話を持ちかけられた。三上が共同発掘を断った理由は「地中に意念が残されていて危ないからだ」とのことだった。ここで、国師三上照夫の人物像について、三上を慕った周辺の人物たちが知る範囲と、三上が私に直接語ってくれた範囲で説明しておこう。

・終戦時、三上は大正から昭和にかけて活躍した京都の仏教学者(文学博士)でのちに禅の巨匠と呼ばれる今津洪嶽(1841−1965)の愛弟子であり、ユダヤ・キリスト教の経典をへブライ語で通読する若者の1人として、皇居に招かれて昭和天皇にユダヤ・キリスト教とは何かを進講し
ている。

<三上が物理霊媒力を備えた若者だったことを知る人は少ない>
・日本で稀有な能力が研究者の手で改めて明かされた人物は昭和初期のいわゆる物理霊媒師の亀井三郎。本稿はすでに故人になった亀井三郎の超能力者ぶりを例に、三上照夫が備えた物理霊媒能力を説明しておこう。物理霊媒という超能力は、たとえば物体に手を触れないでその物体を空中浮遊させたり、距離と無関係の遠い場所にある物体やあらゆる状況を鮮明に透視する能力のことだ。こうした超能力を三上は備えていた。

・1923年(大正12年)日本心霊科学研究所を創設した浅野和三郎は、亀井三郎の超能力ぶりを知り、人物亀井の出現はペリー提督の黒船登場にも勝る、と驚嘆したと伝えられている。ちなみに浅野和三郎は日本心霊科学の父と呼ばれた人物だ。

・亀井は彼らの面前で数種の楽器を空中浮遊させ、それぞれの楽器から音を鳴らして見せた。また床に置かれた紫檀製の重いテーブルを空中に浮揚させ、そのテーブルを数人掛かりで床に引き戻させたが、テーブルは天井に張り付いたまま動かなかった。

・昨今のテレビ番組が紹介している「超能力者」たちのそれらのようにも見えるが、亀井の能力は似て非なるものだった。亀井には心霊の存在をカタチで現す能力もあった。霊媒亀井の鼻孔から溢れ出る白い固形の流動物に人間の顔写真(いわばプリントゴッコに写った写真)のシールを貼ったような著名な人間の顔が次々と現れる霊力だ。

・専門家たちはその現象をエクトプラズムと呼んでいる。つまり、見えない霊を見えるカタチに変える物質化現象のことだ。亀井は心霊人間であって娯楽向け手品師ではない。超能力ぶりを示している場面は大手新聞にも掲載されている。

・三上照夫は文学博士、経済学博士で、東大・京大・大阪大教授を歴任し、佐藤から中曽根まで7代、22年間内閣ブレーンを務めるとともに、亀井三郎と同じ古神道の世界に生きる“超能力者”だった。その三上に亀井は接触、三上が主宰する古神道系団体「御上教苑」で活動した。亀井は自らも神霊界や古神道の勉強道場「白日教苑」を支援者を得て進めていたから三上とはすぐに共鳴した。

・「先生(三上)は私が娘時代に8畳間ほどのお部屋で私の父とお話をされている間に、お部屋の片隅に置いた私の人形を、お部屋の反対側の隅っこに手も触れずに移動させました。私は驚きましたが今はもう驚きません」

 1992年頃、私は三上が上京するたびに三上身辺のお世話係を務めている中年女性からこの話を聞いた。私は天皇の国師三上がそれまで黙して語らなかった三上の一部を知ったものだった。

<「黄金ファンド」の存在と活用法を熟知の三上照夫は松下幸之助や歴代総理の指南番>
・三上青年がGHQ占領中の皇居訪問以来再び皇居に招かれて天皇の国師として仕えてきた事実は現在もごく内輪の関係者が知るのみだ。早すぎた晩年を迎えて鬼籍に入った三上が、その直前に自身から実は、と天皇に仕える立場を語ったのを聞かされた内輪の人々のほかには知られていない。天皇の侍従長、入江相政が三上を大切にしたという説とその逆の説もあるが、真実を知る者はいない。

・三上は次の皇太子徳仁(浩宮)親王の先生役を再び務めるつもりだと私に嬉しそうに語っていたものだった。昭和天皇の国師のみならず佐藤栄作首相からその後に続く歴代の首相の相談に乗ってきていた。

・三上に相談を続けてきた実業家の1人に松下幸之助がいた。松下は三上から「帝王学」を15年間教えられてきた。佐藤政権以来の大蔵、通産、外務など主要各省の上級官僚たちも毎年正月には、内政、経済、外交などの見通しを三上から示唆されていた。

・三上は「黄金ファンド」の存在と活用方法をよくよく心得ていた。三上の周辺のごく内輪の人も「黄金ファンド」(秘密資金)の存在を知らなかったが、三上がしばしば口にする「産業育成資金」(前出)については周辺の人々も頭の中では知っていた。周辺の人々はおそらく今も、三上が口にしたアメリカに積んである「産業育成資金」、それが「黄金ファンド」のことで、“天皇マネー”に端を発した秘密資金だとは気づいていないだろう。

<ウィキペディアWikipedia(フリー百科事典)からの情報>
小野田 寛郎(おのだ ひろお、大正11年(1922年)3月19日 - 平成26年(2014年)1月16日)とは、日本の陸軍軍人、実業家。最終階級は予備陸軍少尉。旧制海南中学校・久留米第一陸軍予備士官学校・陸軍中野学校二俣分校卒。
情報将校として大東亜戦争に従軍し遊撃戦(ゲリラ戦)を展開、戦争終結から29年目にしてフィリピン・ルバング島から帰還を果たす。



『AI時代の新・地政学』
宮家邦彦   新潮社   2018/9/13



<AI兵器>
AI時代を迎え、従来の地政学の常識は大きく書き換えられていく。戦略兵器となった「AI兵器」が核にとって代わり、熱い戦争ではなく「水面下の刺し合い」が主戦場となる可能性すらある。

・国際情勢分析を仕事とする身としては、現在起こりつつあるAI革命が伝統的な地政学的思考に如何なる影響を及ぼすのか、考え続けざるを得ない。

・伝統的地政学とは、ある民族や国家の地理的状況や歴史的経緯に着目し、当該国家・民族や関連地域への脅威およびその対処方法を考える学問だ。
 しかし、特定の国家が有する地理的・歴史的状況はそれぞれ大きく異なる。安全保障上の利害関係に関しては、全世界共通の傾向や法則などそもそも存在しない。

・でも恐れる必要はない。これは日本にとってピンチであると同時にチャンスでもある。世界の一流国として21世紀に生き残っていけるかもしれない。逆に、この大変革期に及んでも従来の不作為と受動的対応を繰り返せば、人口減少による二流国への転落が確実に待ち受けている。

<AI革命で激変する地政学>
・しかし、筆者が懸念するのは、日本での主たる関心事がAIのビジネスに与える影響であるのに対し、他の主要国では政治・軍事に与える影響についてもその研究に多大な人的・財政的資源が投入されていることだ。

<第5次中東戦争はもう始まっている>
・ところが、最近の情報通信処理・AI技術の飛躍的進展は、伝統的地政学が示す優位・劣位の環境を逆転させつつある。従来の強者が弱小集団に簡単に敗れる可能性が出てきたのだ。

・その典型例が、カタルに対するハッキングやレバノンのサイバー戦遂行能力の向上だ。例えば、昔ならレバノンからカタルに直接攻撃がなされる可能性はほぼゼロだった。が、今やレバノンのような人口の少ない貧乏国でも、サイバー空間では相当程度の攻撃力を得ている。なぜこんなことが可能になったのか。

・サイバー戦の世界では防衛よりも攻撃の方が遥かに安上がりである。

・特に、攻撃ソフトを扱う闇市場では入手コストが大幅に下落している。

・だから最近は、伝統的優勢国でも弱小国の攻撃を抑止できなくなっている。

・巷では「AI技術が経済やビジネスを変える」といった議論が盛んだが、AIには伝統的国際情勢分析の常識を破壊する力もある。

<AIが作る芸術には創造性はあるのか>
・結局、人間は進化したAIに支配されてしまうのか。そこで問題になるのは、AIが人間の能力を超える、いわゆる「シンギュラリティ」の概念だ。シンギュラリティが本当に現実となるか否かについても議論がある。

<AI革命はダークサイトを変えるか>
・ラッダイド運動から50余年後の1864年、ロンドンで第一インターナショナルが結成されたが、AI革命の結末は2つ、第1はダークサイドの拡大と過激化であり、第2はネオ社会主義の台頭の可能性だ。10年後の世界は大量の失業者の不満と怒りを誰が吸収するかにかかっている。

<AI革命と米中の地政学>
・AI技術による米中の力関係の変化は日本の安全保障に直結する重大問題だ。日本もAIの軍事応用を本気で始める必要がある。

<AI革命と米露の地政学>
・ロシアがAI分野で米国に勝つことはなさそうだが、ロシアが米国以上に、他国を実際に攻撃・占領することの政治戦略的意味を熟知していることだけは間違いない。米露競争は今後も緩むことなどあり得ない。

<AIと日韓、日朝、日中の地政学>
・問題は対中関係だ。既に触れた通り、中国のAI技術革新は目覚ましい。しかも、その多くは中国国内の社会管理や言論統制など独裁体制を維持するための活動に応用されている。個人のプライバシーを保護することなく、10億人以上ものビッグデータを活用できる中国が国内の管理統制体制を完成させれば、次のターゲットは潜在的敵性国家である日本となるだろう。

<AI革命は戦争をどう変えるのか>
・80年代にはIT革命が米ソ冷戦の終焉とソ連邦崩壊をもたらしたが、2020年代のAI革命は一体何を引き起こすのだろうか。

・しかし、民間主導で急速に発展しつつあるAI技術の軍事転用を条約などで規制することは、航空機や核兵器と同様、事実上不可能だろう。
 AI軍事技術のもう1つの問題点は、議論が兵器システムという戦術面の核心に集中していることだ。AI軍事技術の最大の問題は無人兵器運用の是非などではなく、それが国家軍事戦略を根本から変えてしまう可能性である。

<AI革命で変わる国家戦略論>
1、 AIが国家軍事戦略を変えるということは、AIが核兵器に代わり、「戦略兵器」になり得ることを意味する。戦略兵器とは、それだけで敵の戦意を喪失させ、自らの勝利を保証する究極兵器だ。
2、 AI兵器が敵の戦意を喪失させるとは、核兵器を使わずに、AI兵器だけで、敵国の「大量破壊」が可能になるということだろう。
3、 現在、核兵器は「使いにくい」兵器となりつつあるが、AI兵器は従来タブーだった「大量破壊」をより容易に、かつAIだけの判断で、実行し得るようになるのだ。
4、 これを阻止するには、敵のAI軍事能力を減殺する「対AI軍事技術」を実用化していくしかない。

・そんな未来を議論している米国と比べ、日本は今もAIの軍事応用はタブー、「対AI軍事技術」の議論も皆無だ。これも背筋がぞっとする話ではないか。

<AIを悪魔にするのは人間である>
・当面は「AI」対「人間」の戦いにならない
・AI同士の戦いで優れたAIが勝利する
・AIを悪魔にするのは機械ではなく人間である

<AI革命時代に日本がすべきこと>
・(AI時代に日本が何を考え、何を実施すべきか。論点は4つある。)
・AI革命の影響・効果は経済分野だけではない
・AI革命は短期的に社会的格差拡大を助長する
・AIは軍事・安全保障分野でも革命を起こす
・今、重点投資すべきは「対AI軍事技術」である

・(では日本は何をすべきか。幾つか提言しておきたい。)
・戦後空想的平和主義からの脱却
・AI技術の軍事応用に関する研究者の養成
・AI技術の軍事応用に対する予算配分
・対AI兵器技術の重点的な研究・開発

<歴史の大局観を磨く>
<大局を読む直観力を養う方法>
・筆者が直観力に拘わるのには理由がある。
 今の日本は国家としての大戦略を欠いている。大戦略を立案するには、20〜30年後の世界の国際政治・軍事戦略環境についての冷徹な見通し・シナリオを持つ必要がある。

・歴史の大局が発生するためには、それに至る一連の流れが必ずある。その流れを左右するのが歴史の「ドライバー」という概念だ。

<歴史の大局を左右する「ドライバー」とは>
・英国の戦略思考家は、国際情勢を左右する主な要因を「ドライバー」と呼んで重視するが、森羅万象の中からこれを見付けるのは意外に難しい。

・「ドライバー」「エピソード」「トリビア」に分類する癖をつける

・歴史を学び、常に過去と照合する癖をつける

・知ったかぶりは厳禁、「知的正直さ」こそが武器になる

・では現在の筆者は一体何を「ドライバー」と見るのか。キーワードは、欧州ではロシアのクリミア侵攻、中東では米軍のイラク撤退、東アジアでは中国公船の尖閣領海侵入だ。ロシアの侵攻でポスト冷戦期は終わり、米軍の撤退でイラクとシリアが破綻国家化し、中国が東シナ海の現状を変えた。いずれも地域情勢を左右する力があると思うからだ。

・あるファンドマネージャーが書いたこんな記事を見付けた。「過去の値動きを現在と照合すれば、大局を見失わず冷静に判断できる」――。なるほど、市場と歴史は似ているようだが、1つ違いがある。市場の大局が読めれば大富豪だが、歴史の大局を読めても大儲けはできない。

<「力の真空」理論と北朝鮮情勢>
・「力の真空」状態では、基本的に、最強の部外者が最大の分け前を得る。
・最大強者が動かない場合には、弱い部外者でも分け前に与れることがある。
・部外者が介入しない場合には、破綻国家となるか、新たな独裁者が生まれる。

ということだろう。この仮説を北朝鮮に当てはめると何が見えるのか。北朝鮮の「終りの始まり」は「力の真空」を暗示する。中国にとって核武装する北朝鮮はもはや緩衝地帯ではなく、むしろお荷物になりつつある。

<中国人とアラブ人の5つの共通点>
・カイロ、バクダッド、北京に合計8年住んだ体験で申し上げれば、両者のメンタリティは驚くほど似通っている。典型的な共通点を5つ挙げよう。
1. 世界は自分を中心に回っていると考える
2. 自分の家族・部族以外の他人は信用しない
3. 誇り高く、面子が潰れることを何よりも恐れる
アラブ人を怒らせる最も簡単な方法は公の場で相手を非難し、その面子を潰すことだが、この手法は中国でも十分通用する。但し、効果は覿面なので、あまり多用しない方が良い。
4. 外国からの援助は「感謝すべきもの」ではなく、「させてやるもの」
流石に今このようなケースは少なくなったが、2000年当時の北京国際空港は日本の経済協力により建設されたものだった。当時中国政府は「日本政府の支援に感謝する」なる一文を空港内に掲げることに強く抵抗していた。恐らくアラブ諸国ではこうしたメンタリティが今も残っているのではなかろうか。
5. 都合が悪くなると、自分はさておき、他人の「陰謀」に責任を転嫁する
アラブ人は米国とシオニストの「陰謀論」が大好きだが、中国も同様。何かといえば、「歴史問題」と「抗日愛国戦争勝利」を持ちだすあたりは、アラブの独裁政権とあまり変わらない。

<中国人と中東人はここが違う>
・まとめてしまえば、中東のアラブ人とアジアの中国人の共通点は、ー己中心、部外者不信、L婿匳纏襦↓け臀不感謝、ケ∨渡盛イとなる。だが、筆者がアラブ人気質と信じたこれらの性格は、実は中国人だけでなく、開発途上国の国民が共通して持つ「劣等感」の裏返しなのだ。

<ユダヤ陰謀論に陥るな>
・その典型例が「ワシントンやニューヨークなどにいる在米『ユダヤ人』の陰謀」論ではなかろうか。これらの陰謀論が如何に間違っているかを具体例と共に説明しておこう。
 2016年、全米ユダヤ委員会(AJC)の年次世界大会にパネリストの1人として招待された。
 AJCの活動を知る日本人は少ない。ウィキペディアの日本語版もあまり詳しくない。AJCは1906年設立の国際ユダヤ弁護団体だ。その監視対象は米国内の反ユダヤ主義に止まらず、国内及び世界での様々な差別や人権侵害行為に広がる。

・大会に参加して強く感じたことがある。第1は、世界の現状と将来に対する彼らの強い危機感だ。

・第2は、国際ユダヤ運動の多様性である。

・第3は、彼らの圧倒的な知的力量だ。差別というキーワードで彼らは世界各国の情勢を詳細に分析、議論している。この膨大な知的活動がAJCを支えている。これだけでも、今も巷に流布する「ユダヤ陰謀論」の空虚さが判るだろう。

・AJ(アメリカン・ジュー)は何よりもユダヤ人の故郷イスラエルの利益を優先する。米国市民でありながら、イスラエルに冷淡なオバマ政権には批判的だ。

<ユダヤ・ロビーとイスラエル・ロビー>
・2000年に当選した息子ブッシュ大統領はこれを一変させた。ユダヤ票の獲得が目的ではない。彼は親イスラエル傾向の強い3000万票以上とも言われる「キリスト教右派」「福音派(エヴァンジェリカル)」の票が欲しかったのだ。
 この傾向はトランプ政権で一層顕著になった。トランプ氏を熱烈に支持した層は「白人、男性、ブルーカラー、低学歴」だといわれるが、そこには多くの福音派キリスト教徒が含まれる。彼らは聖書を厳密に解釈し、「神は、シオンの地をアブラハムの子孫に永久の所有として与えられた」という教義を字義通り信じている。こうしたキリスト教シオニストにとって、エルサレムがイスラエルの首都であるのは教理上、当然だ。トランプ氏が内政上必要とするのは、こうした福音派キリスト教徒の支持なのである。

<「核の脅威」の本質>
・そもそも北朝鮮を如何に見るべきか。あれは国家などではなく、従業員2500万人以上の巨大な超ファミリー・ブラック企業だと考えた方が良さそうだ。

<北朝鮮「売り家と唐様で書く三代目」>
・社員たちはなぜかくも従順なのか、それがブラック企業の恐ろしさだ。オーナー一族の独裁は強大だから、抵抗すれば直ちに捨てられる。再就職は不可能だから服従するしかない。

・だが、この三代目の弱点は、致命的に世間知らずなことだ。思い上がった三代目、唐様ばかりが得意のようで、創業者とは月とスッポンである。

<対北朝鮮「宥和政策」は機能するのか>
・歴史の教訓は無慈悲である。強硬策を決断した敵対者に宥和政策は通用しないのだ。

<周辺の大国に翻弄される「朝鮮」外交>
・朝鮮は、常に強国に朝貢することで周辺の大国間のパワーバランスを維持し、自国の独立を守ろうとした。

・中華は、朝貢を続ける朝鮮を保護しつつ、恭順を示さない朝鮮に対しては常に厳しい態度を取った。

・朝鮮への地政学的脅威は女真や日本など非漢族の異民族であり、中華は必ずしも脅威ではなかった。

・朝鮮内部ではエリート間権力闘争が長く続いたが、対外政策はそうした政策論争の重要な要素だった。

<半島「力の真空」ゲームを各国は如何に戦うか>
・トランプ政権以降、米中露間競争は新段階に入る。
・北朝鮮で「終わりの始まり」「力の真空」が生じる。
・「真空」では最強部外者が最大の分け前を得る。
・最強部外者が不介入なら、次なる部外者に益する。
・部外者が不介入なら、破綻国家か新独裁者が生まれる。

<ちょっと変わっているが、素晴らしい国>
<外務省を辞めて分かった格差の拡大>
・この「官民」でまず大きく違うのはカネの出入り。当然と言われようが、官僚は国民の納税「義務」に支えられているのに対し、民間には物品の消費「義務」などないから、人々は自力で収入(売上)を確保せねばならない。

・長々と昔話をした理由は他でもない。10年以上前に感じたこの「官民」「民民」の格差は、今や解消するどころか、逆に一層拡大しているように思えるからだ。



『米中戦争 そのとき日本は』
渡部悦和  講談社  2016/11/16



<ライバルを必ず潰してきた米国>
・日米関係について言えば、1970〜90年代における米国の経済面での最大のライバルは日本であった。ハーバード大学のエズラ・ヴォーゲル教授が1979年に書いた『ジャパン・アズ・ナンバーワン』は有名だが、多くの米国人が日本に脅威を感じていた。とくに日本経済の黄金期であった1980年代の米国人は日本を最大の経済的脅威として認識し、日本に対してさまざまな戦いを仕掛けてきた。その典型例が日米半導体戦争である。半導体分野で首位から転落した米国のなりふり構わぬ日本叩きと熾烈な巻き返しは米国の真骨頂であった。こうした米国の仕掛けが成功するとともに、日本の自滅(バブルを発生させてしまった諸政策と、バブル崩壊後の不適切な対処)も重なり、バブルを崩壊後の失われた20年を経て日本は米国のはるか後方に置いて行かれたのである。そして今や中国が米国にとって最も手強い国家となっている。

<スコアカード・5つの提言>
・ランド研究所では「紛争開始時の米軍の損害を減少させ、勝利を確実にする」ための、5つの提言を行っている。
●バランス・オブ・パワーの変化は米国に不利なトレンドではあるが、戦争は北京にとっても大きなリスクであることを明確に認識させるべきである。
●兵器調達の優先順位においては、基地の抗堪性(余剰と残存性)、高烈度紛争に最適なスタンドオフ・システムで残存性の高い戦闘機及び爆撃機、潜水艦戦と対潜水艦戦、強力な宇宙・対宇宙能力を優先すべきである。
●米国の太平洋軍事作戦計画策定においては、アジアの戦略的縦深(地理的な縦深性、日本などの同盟国が米国の緩衝地帯を形成することに伴う縦深性)を活用する。米軍がこうむる当初の打撃を吸収し最終目標に向かっての反撃を可能にする(積極拒否戦略)を考慮すべきである。その結果、中国近傍の地域を静的に防護することは難しくなるであろう。
●米国の政治・軍事関係者は、太平洋の島嶼諸国及び南東アジア南部の諸国とも連携しなければならない。これは、米国により大きな戦略的縦深と、米軍により多くの選択肢を提供することになる。
●米国は戦略的安定・エスカレーション問題において、中国に関与する努力を続けなければならない。

<スコアカードに関する筆者の評価>
<日本の安全保障に与える影響>
●本報告書には日本防衛に影響を与える記述が随所にあり、その記述を詳細に分析する必要がある。例えば、「嘉手納基地に対する比較的少数の弾道ミサイル攻撃により、紛争初期は緊要な数日間基地が閉鎖、より集中的な攻撃の場合は数週間の閉鎖になる可能性がある。米国の対抗手段により、その脅威を減少させることができる」などといった記述である。
 とくに台湾危機シナリオは日本防衛に直結する。台湾の紛争が在日米軍基地への攻撃などの形が我が国に波及すれば、日本有事になる。南西諸島の防衛をいかにすべきか、在日米軍基地を含む日本の防衛態勢をいかにすべきかを真剣に考える契機とすべきである。台湾や南シナ海の危機は日本の危機でもあるのだ。

●ランドの研究グループは、作戦構想としてのエア・シー・バトルを採用しているために、「アジアの戦略的縦深を活用し、米軍がこうむる当初の打撃を吸収し最終目標に向かっての反撃を可能にする「積極拒否戦略」を考慮すべきである。中国近傍の地域を静的に防護することは難しくなるであろう」と提言しているが、この提言は重要だ。要するにこれは、「危機当初は米空軍・海軍が中国軍の打撃を避けるために後方に退避し、反撃を準備してから攻勢に出る」という意味である。米国の同盟国である紛争当事国は米軍の反撃が開始されるまで中国軍の攻撃に耐えなければいけない—―「積極拒否戦略」にはそのような意味が込められている。
●我が国においても、ランド研究所のシミュレーションを上回る分析が必要であり、詳細かつ妥当な分析に基づく防衛力整備、防衛諸計画策定がなされていくことを期待する。

<キル・チェインとC4ISR能力>
・弾道ミサイルなど、長射程兵器の「キル・チェイン」と、それを可能とする指揮・統制・通信・コンピュータ・情報・監視・偵察{C4ISR}の能力はきわめて重要である。キル・チェインとは、ほぼリアルタイムで目標を発見、捕捉、追跡、ターゲティング(目標指示)、交戦(射撃)の効果を判定する—―という、一連のプロセスを指す。

<東日本大震災時に軍事偵察を活発化させた中国・ロシア>
・筆者が最も恐れる最悪のシナリオは、同時に生起する複合事態である。2011年に発生した東日本大震災は複数の事態が同時に生起する複合事態であった。当時の自衛隊は、地震、津波、原子力発電所事故に同時に対処する必要に迫られた上、周辺諸国の情報偵察活動も続けなければならなかった。多くの日本人は知らない事実だが、当時、自衛隊が大震災対処で忙殺されている間に、その自衛隊の警戒態勢を試すかのように周辺諸国(とくに中国とロシア)が軍事偵察を活性化させた。その姿勢には強い憤りを感じたものだ。しかし、それが我が国周辺の厳しい安全保障環境であると改めて実感したことを思い出す。
 筆者が恐れる「同時に生起する複合事態」の一例は2020年に開催される東京オリンピック関連である。この大会に備えてテロやサイバー攻撃への対策が議論されているが、大会直前や開催中の首都直下地震の発生及び対処は考えられているだろうか。
 筆者がさらに恐れる同時複合事態は、首都直下地震(または南海トラフ大震災)の発生に連動した日本各地でのテロ活動、もしくは、尖閣諸島など日本領土の一部占領である。

<日中紛争シナリオ>
<各シナリオ共通の事態>
・いかなる日中紛争シナリオにおいても、非戦闘員ないしは特殊部隊による破壊活動は必ず発生すると覚悟すべきであろう。平時から中国軍や政府機関の工作員、そのシンパで日本で生活する中国人、中国人観光客が、沖縄をはじめとする在日米軍基地や自衛隊基地の周辺に入っていると想定すべきである。

<中国の準軍事組織による「尖閣諸島奪取作戦」>
・中国は常套作戦としてPOSOW(準軍事組織による作戦)を遂行し、米国の決定的な介入を避けながら、目的を達成しようと考える。準軍事組織による作戦の特徴は、〃鎧組織である中国軍の直接攻撃はないが、中国軍は準軍事組織の背後に存在し、いつでも加勢できる状態にある。非軍事組織または準軍事組織が作戦を実行する。例えば、軍事訓練を受け、ある程度の武装をした漁民(海上民兵)と漁船、海警局 の監視船などの準軍事組織が作戦を実施するのである。この準軍事組織による作戦は、南シナ海—―ベトナム、フィリピン、インドネシアに対して多用され、確実に成果をあげている作戦である。

・以上の推移で明らかなように、この作戦には軍事組織である中国海軍艦艇が直接的には参加しない。日本側から判断してこの事態は有事ではなく、平時における事態(日本政府の言うところのグレーゾーン事態)であり、海上自衛隊は手出しができない。尖閣諸島に上陸した漁民を装った海上民兵を排除するためには大量の警察官などの派遣が必要となる。法的根拠なく自衛官を派遣することはできないからである。
 中国の準軍事組織による作戦は、日米に対してきわめて効果的な作戦となるだろう。なんといっても日本の法的不備をついた作戦であり、自衛隊は手出しができない。
 一方、米国にとっても準軍事組織による作戦に対して米軍が対応することはできない。つまり、こうしたケースの場合は米軍の助けを期待することができないため、これらの事態の対処は当事国の日本が単独であたらなければならない。

<日米の機雷戦>
・日本はすでに、南西諸島沿いに太平洋に出ようとする中国の水上戦闘艦及び潜水艦に脅威を与える高性能の機雷を多数保有している。日本の洗練された機雷は、狭い海峡を通り抜けようとする艦艇・潜水艦を目標として製造されている。適切に敷設された機雷原は、第1列島線を超えて東方に向かう中国艦船の行動を遮断する。機雷は大量生産が比較的簡単で、高価な艦艇よりはるかに安価である。
 対潜戦と同じく、中国海軍は対機雷戦にも弱く、この弱点を衝くべきである。

<手足を縛りすぎる自己規制はやめにしよう>
・習近平首席の軍改革の目的は「戦って勝つ」軍隊の創設だった。戦う相手は日本であり、勝つ相手も日本である。戦って勝つためには手段を選ばない超限戦を実行する。超限戦では国際法も民主主義国家の倫理も無視する。こういう手強い相手が中国であることをまずは認識すべきである。
 これに対して日本の安全保障のキャッチフレーズは「専守防衛」だ。防衛白書によると、「専守防衛とは、相手から武力攻撃を受けたときにはじめて防衛力を行使し、その態様も自衛のための必要最小限にとどめ、また、保持する防衛力も自衛のための必要最小限のものに限るなど、憲法の精神に則った受動的な防衛戦略の姿勢をいう」。
 
<中国軍の航空・ミサイル攻撃に対する強靭性を高める>
・我が国の防衛の最大の課題は、中国軍の航空攻撃や大量のミサイル攻撃から生き残ることである。そのためには防空能力を高めること、築城による基地・駐屯地の抗堪化、装備品の分散・隠蔽・掩蔽、装備品の機動性の向上、被害を受けた際の迅速な復旧の措置による被害の回避が必要である。
 
・防空能力については、統合の防空能力を強化すべきである。そのためには、各自衛隊の防空装備品を統一運用するためのC41SRシステムが必要となる。さらに日米共同の防空能力の構築にも尽力すべきであろう。
 将来的には、電磁レールガン、高出力レーザー兵器、高出力マイクロ並兵器の開発を加速させ、中国軍のミサイルによる飽和攻撃にも対処できる態勢を構築すべきである。とくにレールガンは、中国軍の次期主要武器――高速飛翔体や各種ミサイル—―を無効化する可能性のあるゲーム・チェンジャーであり、その開発を重視すべきだ。

<強靭なC4ISRを構築する>
・ミサイルのキル・チェインを成立させるためにC4ISRが大切であることも繰り返し述べてきた。米軍も統合運用を深化させる過程で、異なる軍種のC4ISRシステムの連接に努めてきた。とくにグローバルに展開する武器を連接し、リアルタイム情報に基づいて迅速かつ効率的に火力打撃を実施するためには、強靭なC4ISRが不可欠である。

<継戦能力を保持する>
・最後に強調したいのが「継戦能力」である。予想される戦いは短くても数週間、数カ月間継続する。弾薬・ミサイル、燃料、予備部品などの備蓄は必須だ。形ばかりの防衛力整備ではなく、継戦能力の向上のために、より実際的な事業が不可欠なのだ。

<ランド研究所の「中国との戦争(考えられないことを考え抜く)」の論文>
・「米中戦争は、両国の経済を傷つけるが、中国経済が被る損害は破滅的で長く続き、その損害は、1年間続く戦争の場合、GDPの25%から35%の減少になる。一方、米国のGDPは5%から10%の減少になる。長期かつ厳しい戦争は、中国経済を弱体化して手に入れた経済発展を停止させ、広範囲な苦難と混乱を引き起こす」

・本書の目的も、米中戦争という最悪の事態を想定し、それに対処する態勢を日米が適切に構築することで、中国主導の戦争を抑止する点にある。

・いずれにせよ、日米中が関係する戦争(紛争)が実際に生起することを抑止しなければならない。平和を達成するためには戦争を知らなければならない。



『悪魔の情報戦略』  
  隠された「真実」を看破する戦略的視点
浜田和幸   ビジネス社   2004/4/1



<中国有人飛行成功の裏に隠された情報戦略>
・国民の平均年収が8万円でありながら、3000億円近い経費を投入した今回の打ち上げに対しては、内外から批判的な見方もあったが、ひとたび成功のニュースが流れるや中国人の間では「偉大な中国の科学力の勝利」といった歓迎ムードが広がった。

・中国共産党にとってはかってない規模での政治ショーを成功させたことになる。国内では貧富の差も広がり、教育や福祉、環境、人権などさまざまな分野で国民の不満が溜まっているところだったから、今回の宇宙ショーは、その国民の気持ちを高揚させ、共産党支配の未来に希望を抱かせる上で、極めて効果的だった。

<「2017年米中宇宙戦争勃発」のシナリオを描くアメリカ>
・なぜなら、中国の宇宙開発計画は将来の「宇宙戦争」を念頭に置いていることを、もっともよく理解しているのはアメリカに他ならないからである。ラムズウェルド国防長官の特別補佐官を務め、現在はノースロップ・グラマン・ミッション・システムズ副社長となっているリッチ・ハパー氏は「このままではあと20年以内にアメリカと中国は宇宙での戦争に突入する」との見通しを明らかにしているほど。実際、アメリカの国防総省では「2017年米中宇宙戦争勃発」とのシナリオに基づく模擬戦争演習を行っている。

<ライバル視する中国、誘い込むアメリカ>
・一方、中国の人民解放軍の幹部も、「科学技術の粋である宇宙戦争を戦える力を持たねば、我々はアメリカによってコントロールされる」と言う。それのみならず、「宇宙大戦争計画」と称して、やはり「アメリカとの最終戦争の舞台は宇宙になる」との見方を示しているのである。

・曰く、「中国は陸、海、空の領土保全に加え、これからは第4の領土である宇宙に目を向け、その開発に積極的に取り組むべきである。宇宙の資源をめぐる争奪戦での最大のライバルはアメリカとなるだろう。この戦いに勝利するため、我々は、必要な宇宙兵器の開発を早めねばならない」

<宇宙から選ばれし国家「中国」という情報操作>
・中国UFO調査協会では中国の宇宙開発を支援するための教育啓蒙活動に熱心に取り組んでいる。なぜなら、今回の友人宇宙飛行にも関わった北京航空航天大学の沈士団学長がこのUFO協会の名誉会長を務めるほど、中国では「飛碟」(UFO)や「外星人」(宇宙人)研究が政治的に認知されているからである。

<内部書類「対米全面戦争勝利戦略」の信憑性>
・このところ、北朝鮮の新聞やラジオは盛んに「アメリカの攻撃に対して大規模な反撃を準備しよう」という呼びかけを続けている。北朝鮮には100万を超える陸軍兵力に加え、470万の予備役もいる。数の上では世界第4位の軍事力と言うのがご自慢で「イラクの軟弱兵士と比べ、我々には高いモラルを維持しているので、徹底的にアメリカ軍を殲滅できる」と意気盛んな限りである。

<大地震は本当に起こる?>
<情報に対して未熟な日本>
・とてつもない大きな地震が来るかもしれない。中央防災会議では「東海地震はいつ発生してもおかしくない。東南海地震と同時発生の可能性もある。東南海、南海地震は今世紀前半の発生が懸念される」と発表している。

・地震学的に間違いないといわれているものの、根拠なき理由から、たとえ大地震が来ても自分だけは助かるという、信じる者は救われるような情報の価値とはまったく異なる次元で人は生きているところがある。

<脆弱な日本の情報機関>
・日本でも以前には「明石機関」や「陸軍中野学校」などで知られる諜報組織や情報機関と言うものがあった。ところが占領軍によって壊滅させられたのである。

・英米の諜報機関のような大組織によって世界中に張り巡らされているネットワークから上がってくる情報に基づいて政策を策定する、そういった情報サービス機関はない。

・日本版のCIAといわれる内調でさえ内実は国内情報分析で60人、海外の情報分析で80人の計120人体制なのである。例えば、日本に最も影響の大きいアメリカの情報分析にも4、5人でフォローしているという状況である。

・そこで、どういう対応をするかというと国家予算を使ってアメリカの法律事務所やコンサルタント会社と言ったビジネスの情報機関から定期的にワシントンやニューヨーク情報を買うのである。



『語られざる中国の結末』
宮家邦彦  PHP  2013/10/16



<人民解放軍の「サイバー戦」観>
・ここで、中国サイバー軍の概要について簡単にまとめておこう。各種報道によれば、中国は2003年以来、秘密裏に軍人3万人、民間専門家15万人という総勢18万人のサイバー・スパイを擁する、巨大なサイバー軍を実戦運用しているといわれる。
 中国はサイバー攻撃を最も有効な対米「非対称戦」と位置付けている。最近は中国サイバー戦能力の向上が著しく、米国は中国のサイバー軍を「米国にとって唯一、最大のサイバーテロ・脅威」とみなしているようだ。

<米国が恐れる中国版「真珠湾攻撃」>
・米国が恐れているのはズバリ、中国版の「真珠湾攻撃」だろう。冷戦終結後の湾岸戦争やベオグラードの中国大使館誤爆事件を契機に、中国側は現代戦争の重点が「機甲化戦」から「情報化戦」へ変わりはじめたことを、ようやく理解したからだ。
 情報化戦では、ミサイル、戦闘機など在来型兵器に代わり、敵のアクセス(接近)を拒否するため、緒戦で敵の指揮・統制を麻痺させる戦略が重視される。中国は初動段階でのサイバー・宇宙戦など、「非対称戦」の重要性を強く認識しているはずだ。

<対日サイバー攻撃は年間1000件以上>
・以上はあくまでシュミュレーションだが、実際に日本の政府機関や企業へのサイバー攻撃は、警察庁が把握している分だけでも、年間1000件以上あるという。また、情報通信研究機構(NICT)の調査では、2012年の1年間だけで、この種のサイバー攻撃関連の情報通信が、78億件もあったそうだ。

<「攻撃」を模索する米側のロジック>
・パネッタ長官は、サイバー攻撃には「防衛」だけでなく、「攻撃」の選択肢も必要であり、サイバー空間での「交戦規定を包括的に変更中」であるとも述べた。その直前にオバマ大統領は、「破壊的攻撃を行なうサイバー兵器」の開発を命じている。米中サイバー戦はすでに新たな段階に突入しつつあるのだ。

<「サイバー攻撃能力」の研究を>
・過去数年来、米国ではサイバー戦を「抑止」するための「サイバー攻撃」に関する準備が着々と進んでいる。日本でも、憲法上の制約があることを前提としつつ、サイバー戦「抑止」のための「サイバー攻撃能力」を研究する時期に来ている。

<「第2次東アジア戦争」は短期戦?>
・他方、だからといって近い将来、米中間で大規模かつ、長期にわたる軍事衝突が起こると考えてはならない。少なくとも、米国や米国の同盟国が中国を挑発する可能性はきわめて低い。米国は中国大陸に侵入して中国と戦うことなど考えてもいないだろう。

・先に述べたとおり、米国の関心は西太平洋地域における米国の海洋覇権が維持されることを前提とした「公海における航行の自由」の維持であり、中国大陸における領土獲得や政権交代などではないのである。
 一方で中国側、とくに中国共産党の文民政治指導者にとっても、いま米軍と戦争をする利益はあまりない。そもそも、戦闘が始まった時点で中国をめぐる多くの国際貿易や経済活動は停止するか、大打撃を蒙るだろう。これは中国経済の終焉を意味する、事実上の自殺行為である。

・そうだとすれば、仮に、たとえば人民解放軍側になんらかの誤解や誤算が生じ、サイバー空間や宇宙空間で先制攻撃が始まり、米中間で一定の戦闘が生じたとしても、それが長期にわたる大規模な戦争に発展する可能性は低いと思われる。

<実戦能力を高めるだけでは不十分>
<中国の「敗北」後に予測される7つのシナリオ>
A 中国統一・独裁温存シナリオ(米国との覇権争いの決着いかんにかかわらず、共産党独裁が継続するモデル)

サブシナリオA1 中国が東アジア・西太平洋における米国との覇権争いに勝利。

サブシナリオA2 中国が統一と共産党の政治的権威をほぼ現状のまま維持。

サブシナリオA3 第二次「文化大革命」などによる独裁強化。

B 中国統一・民主化定着シナリオ(米国との覇権争いに敗北。米国主導の民主化、中国超大国化モデル)

C 中国統一・民主化の失敗と再独裁化シナリオ(国家分裂のないロシア・「プーチン」モデル)

D 中国分裂・民主化定着シナリオ(少数民族と漢族で分裂するも民主化が進む、資源のない中華共和国モデル)

サブシナリオD1 たとえば北京を中心に漢族中心国家の統一が維持される一方、他の少数民族が民族自決する。

サブシナリオD2 サブシナリオD1で想定した漢族中心の統一国家がさらに分裂し、現存する中国各地の主要経済圏を基盤とする複数の漢族中心国家群が出現。

サブシナリオD3 分裂した中小国家群が、一部または全部で、連邦制ないし国家連合を組む。

E 中国分裂・民主化の失敗と再独裁化シナリオ(少数民族と漢族の分裂後、民主化が失敗するロシア・「プーチン」モデル)

サブシナリオE1 たとえば北京を中心に漢族中心国家の統一が維持される一方、他の少数民族が民族自決する。

サブシナリオE2 サブシナリオE1で想定した漢族中心の統一国家がさらに分裂し、現存する中国各地の主要経済圏を基盤とする複数の漢族中心国家群が出現。

サブシナリオE3 分裂した中小国家群が、一部または全部で、連邦制ないし国家連合を組む。

F 中国分裂・一部民主化と一部独裁の並立シナリオ(少数民族と漢族の分裂後、民主と独裁が並立するモデル)

サブシナリオD、Eと同様、分裂の仕方については三つのサブシナリオが存在。

G 中国漢族・少数民族完全分裂シナリオ(大混乱モデル)

(まとめ)
▼米中がなんらかの戦争ないし戦闘により衝突する場合、中国人民解放軍が米軍を圧倒し、決定的な勝利を収める可能性は低い。

▼他方、こうした戦争ないし戦闘において米軍が優勢となるにしても、中国側は早い段階から決定的敗北を回避すべく、政治決着をめざす可能性が高く、米側の決定的勝利の可能性も低い。

▼されば、サブシナリオA2、すなわち仮に中国が敗北しても、内政上の悪影響を最小限に抑え、中国の統一と共産党の政治的権威をほぼ現状のまま維持する可能性が、現時点では最も高い。

▼その場合、中国共産党の指導体制は当面、揺るがない。しかし、米中衝突という異常事態が中国国内の政治経済環境に及ぼす悪影響は計り知れず、いずれ、国内情勢は不安定化していく。

▼万一、国内の政治的安定が崩れれば、中国の分裂が現実味を帯びるだろうが、その場合でも、漢民族の連帯は強く、分離していくのはチベット、ウイグルなどの少数民族に限られるのではないか。

▼可能性は最も低いものの、実現した場合の悪影響が最も大きいのが「漢族分裂」現象であり、その場合には、民主的でない複数の漢族中小国家が生まれる可能性が最も高い。

▼複数の漢族国家が誕生するか否かは、中国人民解放軍がどの程度、軍としての統一を維持できるかにかかっている。

▼その場合、各国の軍隊の大小、装備の優劣、とくに核兵器保有の有無が鍵となる。各国軍隊の力が均衡すれば分裂は長期化し、逆に一国の軍隊が突出すれば、いずれ中国は再統一に向かうだろう。

・現在、中国では、国民の多様化した政治的、経済的、社会的利益を「誰が代表するのかが静かに問われはじめている。中国共産党が新たな統治の正統性を見出さないかぎり、正統性の第一、第二の柱に依存しつづける。そうなれば、中国共産党の統治システムはいっそう脆弱なものとなるだろう。



新版『ラルース 地図で見る国際関係』  現代の地政学
イヴ・ラコスト   原書房    2016/12/22



<「地政学、それはまず戦争をするのに役立つ」>
・「地政学、それはまず戦争をするのに役立つ」。これは1970年代末に発行されたイヴ・ラコストの著書のタイトルで、当時大きな反響をよんだ。
 現状に即して完全に見なおしたこの新版で、著者はこの直観を現代世界を読み解くカギとして使っている。著者(フランスの地政学の第一人者の1人)は現代の大きな争点について、独自のアプローチを提案する。それは、局地的な地図から世界地図まで、さまざまな地域の地図を重ねあわせることによって、そうした争点をたがいに関連付けるという方法である。

<中国:いずれは世界一の経済大国か?>
・統計によれば、中国は2009年から公式に世界第2位の経済大国になった。しかし国民の多く、とりわけ農民は、今でも非常に貧しい生活を送っている。にもかかわらずそうした状況が語られないのは、人々が今でも共産党の役人の支配下にあるからである。

<始まりは大きな地政学的動き>
<漢民族の勢力拡大:南北2000辧
・中国人は全員同じ言語を話すわけではないが(中国南部にはさまざまな方言が存在する)、そのほとんどが自らを漢民族だと認識しており、共通の文字である漢字を用いている。漢字はアルファベットと違って表意文字で、読み方は地域によって異なる。この文字の統一性は、インドとは大きく異なる点である。インドも10億人以上の人口をかかえるが、その90%がヒンドゥー教徒であることを除けば、言語的、文化的には非常に多様である。

<中華帝国がまもなく世界の中心になる>
<中国のめざましい経済発展とその地政学的理由>
・産業活動は、党の有力者とその家族が結託して中国や外国の個人投資家と取引するという、理論的に不鮮明な無秩序な方向に向かって進められた。
取引相手はとくに台湾の人間だった。

・そのいっぽうで地方の状況は非常に不安定なままで、国の管理下にある工場は失業者を出し、多くの場合労働者に賃金を払えずにいる。

<国内移住と貧困>
・国際的な研究によれば、中国では中流階級(西洋型消費・社会生活を送る人々)が3億人いるいっぽうで、公式な数字によれば1億人以上が貧困線以下の生活を送っている。これは年収882元以下を基準にしたものだが、貧困線の世界平均は年収3000元以下である。こうした貧困層の大半は、仕事を求めて田舎から都市に出てきた無数の国内移民(2000年代初頭には約4200万人)で、おもな出身地は、四川省、湖南省、河南省である。出稼ぎ先としては、広州(半数近く)と上海が多い。こうした人口の大移動は、国の政治経済を不安定にする大きな危険要素の一つである。

・人口密度の非常に高い東部地域となかば砂漠のような西部地域との違いは歴然としている。世界的な経済危機によって対米貿易が低下したとはいえ、中国はこの危機以前に経済成長の記録を達成している(最高年16%)。そうしたなかでも中国当局は綿密な出生管理を続けており、1970年代に決定した産児制限政策は2001年にふたたび「国家政策の基本」であると宣言された。しかも妊娠中絶という強制的な手段も棄ててはいない。中国の出生率は人口の自然出生率より低くなる見込みで、女性の数の不足が強く意識されはじめている。都市の人口は、1980年から2011年の間に、全体の19.7%から50%に変化した。

<農地の獲得、緊張と対立の源>
・1980年に中国の都市人口は全人口の20%以下であったが、現在は50%を超えたところだ。上海は2300万人を、北京は2000万人を超えている。かつて四川省に属していた内陸部の重慶市は、数字の上では3100万人を超えるが、これは特別なケースである。というのも、三峡ダムの建設後に長江流域が水没したため、「赤色盆地」(四川盆地)の多くの地域を行政上まとめたからである。
 多くの都市の拡張はほかの国と同様、都市化の問題を引き起こしたが、中国では都市の農村部への拡張が特別の問題をもたらした。農地は原則として集団の土地にしておかなければならないからである。各公社で指導者たち(選挙で選ばれる原則だが、実際は共産党に任命される)が土地を不動産開発業者に売ることを決めると、開発業者はその不動産を裕福な市民に売却する。この売買の際に、公社の指導者たちが利益のうちのかなりの部分をしばしば着服していることに、農民たちはすぐに気がついた。こうした土地詐欺に続いて複数の指導者に対する暴動が起こり、インタ―ネットで伝えられるようになった。
 党幹部(「赤いプリンス」とよばれる)の家族が私服を肥やす問題やその役職の問題、地方や国家のトップの座を争うライバル関係については、ますます論議されている。

<中国がアメリカを「救う」>
・1990年代から米中の経済関係は非常に良好で、何年も前から中国資本がアメリカの巨額な貿易・予算赤字を補填しているほどである。中国はアメリカに製品を売り、同国から国債を購入しており(推定1兆ドル以上)、アメリカの外貨と経済を支えている。

<国内移動者が大量に存在>
・今や豊かで工業化された沿岸各省と、大部分が農村の中央部、そしてあきらかに開発の遅れた西部各省の間には大きな格差が認められる。
 現代の中国の特徴は地方から都市へ向かう国内移動者が大量に存在することで(2000-05年に2億人以上)、一部の人はこれを社会を不安定にするリスクであると考えている。しかし当局は、人口100万人以上の都市に住む人の割合は世界平均よりもまだ5%以上低いと指摘する。
 香港を含む中国のGDP(国内総生産)は、2010年にはアメリカに次いで世界第2位であり、日本とドイツがこれに続いている。

<華僑>
・華僑がもっとも多いのは当然ながら東南アジアだが、中国人の存在に対して土着住民が激しい拒否の動きをみせることがある。とくにインドネシアでは、1965年にスハルト将軍のクーデターが起こったときにそれがみられた。中国人は当時共産主義と同一視され、地元の共産主義者とともに多数が虐殺されたのである。

<どのような大国? どのような未来?>
・中国では昔から、何百万人もの農民が不法に都市に出稼ぎにきて、非常に不安定な状態におかれている。国内移住を管轄する当局は、相応の許可をもたない人間が都市に居住することを禁止しているからである。現実に何千万人もの「密労働者」が必要な滞在許可なしに都市で働いているが、最低の賃金で、家族を呼びよせられずにいる。彼らはいかなる要求もできない。そんなことをしたら追い出されるか、労働所に収容され、それまでの貯金を田舎の家族に仕送りできなくなるからである。世界的な経済危機の影響で中国の経済成長も大幅に減速したため、「不法労働者」たちは田舎に押しもどされている。収入源を絶たれた彼らは、自分達よりもはるかに豊かに暮らしている地元の共産党の役人による支配に反発しはじめている。
 反発の声は、共産党員の労働者からも上がっている。党の有力者の親族が経営する民間企業は羽振りがいいのに、彼らが働くかつての国営工場は不振にあえいでいるからである。この不安定な社会情勢に直面して、指導者たちは社会保障制度をはじめとする改革を約束する。国の息のかかった組織は、国の統一を強化するために、中国が外国から脅威にさらされていると吹聴する。その言によれば、国際世論がチベット人を支持しているのがその証拠だ。

・ナショナリズムの高まり、社会不安、農村部での反乱、都市部の混乱など、現在の中国は何が起きてもおかしくない状況である。しかも、めざましい発展を制御しつづけることができたとしても、この国はいずれは国境を越えて力を行使したくなるのではないだろうか。中国は原材料、とりわけ石油を大量に必要とし、中央アジアやアフリカに本格的な経済攻勢をしかけている。とくにアフリカには、資材と資本だけでなく数多くの労働者も送りこんで、地元民をひどく驚かせている。
 中国の大企業は、現在はグリーンランドや北極海の鉱物資源に強い関心を示している。

<北朝鮮:横目でみる地政学的争点>
・以来、韓国は民主主義体制のもとで繁栄する国家となり(人口4900万人、2011年にGNP1兆1630億ドルで世界13位の経済大国)、隣国の北朝鮮は貧困と全体主義に沈んでいった(人口2400万人)。

・そのうえ北朝鮮が原子力研究分野でパキスタンや複数のアラブ諸国を支援したことも忘れてはならない。また、特定のテロリストグループに原子力兵器を提供すると脅していることも忘れてはならない。しかしながら、国の経済が破綻しているにもかかわらず、現在誰も体制が近々崩壊するとみている様子はない。それは直接の利益を得るものがいないからかもしれない。南北統一が実現した場合、韓国は、ドイツ経済が東西再統一時にかかえた負債よりもはるかに重い負担がのしかかってくることを恐れている。中国は、南北朝鮮の再統一がアメリカに有利に働くのではないかと危惧している。そしてアメリカは、南北統一によって韓国駐留米軍の存在意義が問われることになるだろうとみている。日本はといえば、北朝鮮のミサイルの直接の脅威にさらされているのにもかかわらず、統一された朝鮮が長期的には大国となり、経済的な手ごわいライバルになることを憂慮している。さらに北朝鮮から大量の移民が流入するリスクもかかえている。近年北朝鮮政府は、新たな核実験や、太平洋上のハワイにまで達しうるロケット弾の発射を行った。

・韓国は、北朝鮮軍が日本に到達する能力のある射程1300勸幣紊離潺汽ぅ襪鮠なくとも1000基保有しているとみている。一部の観測筋によると、中国は深刻な危機の際に北朝鮮のカードを切るかもしれないという。とくに台湾問題をめぐって米中間に強い緊張が生じた場合に、北朝鮮のミサイルの脅威は日本に向けられるかもしれない。

<日本:驚異的な成長も現在は停滞中>
・中国と朝鮮半島の北東に位置する日本のジャパンという英語名は、中国語で「日本」をリーベンと呼んだことに由来する(ジーペンと聞こえる)。この非常に古いアジアの国は、世界的に見て二つの大きな地理的特徴をもっている。第一に、早い段階でおおよそ統一された、全体として非常に単純な形状の島国国家であるという点だ。

・しかも全長3000勸幣紊旅さをもちながら、大きな文化的均質性を保っている点も、他の島国国家とは異なっている。二つめの大きな地理的・地政学的特徴は、19世紀の産業革命を自力でなしとげ、その結果、西ヨーロッパや北米と同様の「先進国」の特徴をすべてかねそなえた唯一の非西洋国家であるという点である。

<日本の危機感>
・1990年代半ばからは成長率が大幅に低下し、日本は新たな段階に入った。さらに2009年には世界的な経済危機の影響で、本格的な景気後退に突入した。原因は複雑だ。1つは、産業界の大企業が多くの生産拠点を海外に移したことである。海外拠点は人件費が安く、そう遠くない韓国や台湾、インドネシアだけでなく、より大きな市場をもつアメリカや西ヨーロッパにも広がった。また、人口の減少と老齢化による国内市場の景気停滞も原因の一つである。

<現代日本の地政学的課題>
・かつて日本の地政学野心はとほうもないものだった。現在は国境を越えた介入は少しずつ増えてはいるものの(アフガニスタンやイラクへの派兵、台湾への明確な外交支持)、日本の地政学的問題は限定的になっている。

・実際は、日本の地政学的な課題は、領土よりも国のイメージの問題だといえる。近隣諸国は日本に対して、かつての帝国主義のイメージを抱いているからである。韓国人は、日本の植民地時代や第2次世界大戦中に自国の男女が受けた扱いを忘れてはいないし、中国人は日本軍の行い、とりわけ1937年の「南京大虐殺」における残虐な行為をつねに思い起こしているのである。
 北朝鮮の問題と同政府が核兵器をちらつかせる戦略は、直接的には韓国に向けられているが、日本もとりわけ関係があるといえよう。北朝鮮はすでに、弾頭非搭載のミサイルを日本の頭越しに太平洋に撃ちこんで、自国の力を誇示しているのである。

・中国と日本の競争は、石油分野と地政学的戦略面でも表れはじめている。中国政府は今、カザフスタンと西シベリアから石油を受け取っているが、日本は西シベリアやカザフスタンから来るパイプラインがロシア連邦の沿岸地方まで、すなわち日本海側まで到達することを望んでいる。日本は広島への原爆投下の記憶がありながらも、エネルギーの安全確保のために何十年も前から原子力発電所建設の大規模計画を実現してきたが、これは福島の大惨事以後非常に問題視されている。とはいえこの原子力の民生利用計画は、日本が自力で国の安全を守らなければならなくなった場合に、簡単に軍事目的に転用できる手段でもある。

・1946年にアメリカに押しつけられた憲法によって、日本は公式な軍隊はもたないものの「自衛隊」を備えており、その艦隊は力を増しつづけている。2007年1月、防衛庁は省に昇格したが、これは日本における軍隊復活の兆しかもしれない。日本の地政学的課題は北朝鮮の挑発に限られているのではなく、中国国内で高まるナショナリズムの流れにも関係している。中国は西側諸国には軍事力をアピールし、日本に対しては、先の大戦で日本軍が犯した残虐行為を思い起こさせている。

<「日本はアジアにおけるアメリカの空母」>
・日本がロシア、韓国、中国と領有権を争っている対象は実際には副次的な存在で、いくつかの小さな島々にすぎない。しかし、日本の地政学的立場は安穏とはいいがたい。日本は、国力を増し続けている隣の中国と、日本の経済、政治、軍事面のすべてにおいて存在感を誇るアメリカとの間に挟まれているからである。中国は日本がつねに中国の意向を阻止しようとしていると疑っており(ロシアの石油資源をめぐる競争や、北京政府を苛立たせる日本による台湾支持)、日本はアジアにおけるアメリカの空母だと批判する。アメリカが、1945年以来日本が守りつづけてきた慎重な外交姿勢や軍事的立場を変えるように仕向けているだけになおさらである。こうした状況の中で、北朝鮮の核問題については中国も懸念している。

<歴史と地政学>
・1945年からナチズムに関する言及がいっさい禁止されたドイツと異なり、日本は半世紀もの間、ある問題に悩まされつづけている。それは第2次世界大戦中に日本軍が中国で行った残虐行為に関する歴史認識の問題だ。

・しかし10年後になると、この南京大虐殺や「従軍慰安婦」といったその他の非道行為を、「完全な捏造」として否定する動きが生まれた。A級戦犯が埋葬されている靖国神社へ小泉純一郎総理大臣が何度も参拝したことによって、この問題は再燃した。2005年には、日本の小学校で配られるいくつかの歴史教科書に事実を否定する記述がなされていることに対して、中国で大規模な抗議デモが起き、論争はさらに過熱した。

・中国政府はこのほかにも、この状況に乗じて、日本が主張する尖閣諸島の領有権異議を唱えた。この尖閣諸島(中国では「釣魚群島」と呼ぶ)周辺には、石油や天然ガス資源の存在が確認されている。
 何はともあれ、日中両国はパートナーシップを解消するわけにはいかない。2004年には中国は日本にとって第1の貿易相手国となり、2009年には世界第2の経済大国になっているからである。

<東日本大震災>
・2011年3月11日、巨大地震(マグニチュード9)が太平洋にある日本最大の島、本州の東海岸近くで起きた。続いてほぼ直後に大津波が起こり、巨大な波が沿岸に近い福島の町を襲った。時間がなく警報も間に合わずに、2万人以上の人が命を落とした。

・日本社会にとってこの惨事の影響は計り知れないものであった。それまで日本人は、大地震の影響をほぼゼロにするために数十年前から構築されてきた地震対策を(そして地質学者や技術者を)信頼しきっていたが、以後東京が激しい地震に襲われる危険が現実化した。

・数年前から核エネルギーを告発していた環境保護団体は、大震災以後、かつてないほどどこであれ原子力発電所の禁止を求めるキャンペーンを行なった。ヨーロッパでは、ドイツが遅くとも2022年には原子力発電所をすべて閉鎖することを決定した。風力発電や太陽光発電など再生可能エネルギーを開発するまでの間は、代わりに石炭火力発電所によって発電するという。エコロジストたちはこれまで主に化石燃料の焼却で生じる「温室効果」を批判してきたが、いまや原子力を糾弾するようになった。しかしこれは大気の温暖化を防ぐもっとも強力な方法なのである。フランスでは電気の70%が原子力エネルギーによるものだが、原子力計画は鈍り、原子力発電所の安全強化が求められている。



『核の戦国時代』が始まる
日本が真の独立国になる好機
日高義樹  PHP   2016/7/13



<イスラエルの核兵器保有>
・イスラエルはすでに核兵器を保有しているが、これまではこの核兵器を使ってテヘランやモスクワを攻撃するといった基本戦略を明らかにはしてこなかった。
 しかしながらアメリカに対する信頼を失えば、イスラエルは必ず独自の核戦略を世界に向けて発信することになるだろう。標的はイランの首都テヘランとモスクワになる。

・オバマ大統領は2009年に就任した直後、「核のない世界をつくる」と述べ、ノーベル平和賞を獲得した。だが現実には、世界の核兵器は増えつつある。オバマ大統領は結局、「核のない世界」などをつくろうとは思っていない。言行不一致の典型といえる。

<アメリカ政治の強まる不条理>
<吸収されない「国民の不満」>
・本書を書いている2016年6月の段階では、両者の支持率は拮抗したまま、11月の大統領選挙に向けて、闘いが始まっている。

・だがアメリカの政治を長く見てきた私からすると、2015年から長々と続いてきた大統領選挙をめぐる混乱は、アメリカ政治と言う火山の噴火の前兆にすぎない。新しい大統領は、本格的な噴火に遭遇することになる。

・アメリカのこうした状況から見て私は、アメリカ国民はまったく未知の人物ドナルド・トランプにすべてを掛けざるをえないと思う。アメリカ政治火山の大爆発に対処できるのはトランプしかいない、と考えられるからである。
 
・「考えられないようなことが起きている。ドナルド・トランプが大統領になった場合、我々はその状況をいかに凌いでいくか、いかに生きのびるかを考えておかねばならない」
 こうした危機感は、ドナルド・トランプが、アメリカ国家にとって最も重要な安全保障問題について経験や見識がまったくないことから生じている。
 だがアメリカはこの8年間、それこそ経験も見識もないオバマ大統領のもとで、外交、戦略上の失敗を繰り返してきた。

・アメリカの指導者たちは、世界情勢が不安定で危険なものであることは認識しているものの、効果的な対応策を誰も打ち出そうとはしていない。新しい考え方、新しい政策は、まったく提起されていない。

・アメリカのマスコミの指摘どおり、たしかにドナルド・トランプには安全保障や国際戦略についての経験や知識がまったくない。

・アメリカを企業か組織に喩えれば、社長や会長、重役たちが、正しい行動をとることができなかったために、いまや経営が危機的状況になっている。新しい経営者を選ぶのは当たり前のことである。

・ジョンソン大統領やカーター大統領に至っては、軍の首脳に相談することなくアメリカ軍最高司令官の権威を行使して直接、現地の戦闘部隊に命令を下して大混乱を起こした。
 トランプが軍人と直接、話をすると言ったのは、もちろん、そういった突飛な行動のことではない。補佐官や専門家たちを経由せずに、軍の首脳たちの判断と見識を尊重し、顔を合わせて話をする、と言ったのである。

・オバマ大統領はこう述べた。「中国経済がうまくいかなくなれば、アメリカ経済も崩壊する。中国と争うべきではない」
 こうしたオバマ政権の考え方に対してトランプは、「中国が人民元を操作し、安い製品の輸出ダンピングを行って、アメリカの経済体制そのものを破壊している」とテレビで述べた。正面切って中国を非難したのである。

<消滅する政治道徳>
・友人の共和党の政治家が、こう言っている。「誰の目にも明らかなのは、ヒラリー・クリントン政権ができれば、第3期オバマ政権になるということだ。アメリカの国民はオバマの8年間の失敗を繰り返そうとは思っていないはずだ」

・「ヒラリー・クリントンとその周辺、とくにビル・クリントングループは、中国との同盟体制をアメリカ外交の基本にしようとしている。この考え方はバラク・オバマにも共通しているが、ヒラリー・クリントンがホワイトハウスに入れば、アメリカと中国の同盟体制はより強固なものになり、危険な状況になる」

・ヒラリー・クリントンがアメリカ大統領に適していないのは、国務長官時代に外交上の過ちを繰り返したことからも明らかである。もともとヒラリー・クリントンは外交よりも国内政治に関わりつづけてきた政治家なのだ。

・ヒラリー・クリントンは犯罪的な資本家グループとのつながりが強い。核エネルギー産業とのビジネスでは、世界的なシンジケートの一員に組み込まれていると噂されている。

・その外交問題の責任者はヒラリー・クリントン国務長官だったが、夫のビル・クリントンは上海やシリコンバレーで中国企業のために講演し、莫大な謝礼金を受け取っている。

<「ビジネス国家」の危険性>
・アメリカのマスコミは、この事実を追求していないが、明らかにビルとヒラリーのクリントン夫妻は、アメリカの安全保障を外国に売るようなビジネスに関わり、多額の謝礼を受け取ったのである。

・ビル・クリントンは何度もカナダで講演を行い、サリダー・キャピタルから合わせて800万ドル、日本円にして8億円の謝礼を受け取っている。講演料の常識をはるかに超えた額である。

・このシンクタンクの調べによると、ビル・クリントンは、ウラニウム・ワンの買収の直前、頻繁にロシアで講演し、その際にはプーチンとも連絡をとっている。
 この間、ビル・クリントンがプーチンをはじめロシアの人々にヒラリー・クリントン国務長官から得た情報などを伝えたことは想像に難くない。
 ビル・クリントンとヒラリー・クリントンの公職を利用したビジネスの相手はロシアだけではない。ビル・クリントンはサウジアラビアほかの国々で講演し、そのたびに50万ドル相当の謝礼を受け取っている。

・クリントン元大統領とヒラリー・クリントン国務長官が、大統領職や国務長官の立場をビジネスに利用していることに対して、アメリカ議会からも強い批判が出ている。

・ビル・クリントンとヒラリー・クリントンが、中央アジアやアフリカ、中東の国々それぞれや、中国の指導者との関わり合いで稼ぎ出した資金は、2億ドルとも3億ドルともいわれている。日本円にして200〜300億円にのぼる。

<リベラル化しすぎたマスコミ>
・ドナルド・トランプの発言はたしかに非常識で、大統領として言うべきではないことを言ってしまい、強い反発を買っているが、アメリカの普通の人々の本音を反映しているのである。
 大統領になるための訓練を受けているとか、という点で見れば、トランプよりもヒラリー・クリントンのほうが適しているといえるだろう。
 だが、すでに触れたように、ヒラリー・クリントンは公の立場と権限を利用して、常識では考えられないような金儲けをしている。

・ビル・クリントンはこれまた「大統領」をビジネスにして、金儲けに精を出している。オバマ大統領にはこういった金銭的なスキャンダルはないものの、大統領の特別権限を盛大に利用して、一方的な政治を行ってきた。
 全米商工会議所は、オバマ大統領が就任以来、新しくつくった1000近い規制によって、ワシントンの官僚の数が20万人以上増えたと計算している。その結果、浪費された税金や時間や労力を考えると、はたしてオバマは大統領にふさわしかったか、という疑問を呈する人が大勢いる。
 
・ドナルド・トランプに対する既成政治家たちの度を越えた批判や反発は、これまでの政治体制を維持し、ビル・クリントンやヒラリー・クリントンのように、政治的な利権を確保しておきたいという思惑から来ている。

<崩壊する保守共和党>
・私が大統領選挙戦を取材するのは今度で12回目になるが、これまでの大統領候補戦のフロントランナーは、政治の基本ルール、政党のルールに従って選挙戦を繰り広げた。
 こうした常識的な選挙戦をドナルド・トランプが放棄したのは、共和党に対する不信が原因である。

・私の友人たちは、「ドナルド・トランプが台頭したのは一般党員が共和党の指導者に反発しているからで、一種の政治革命である」と指摘している。

・言葉で人々を燃えあがらせてしまうことが、ドナルド・トランプの人気を高めるのに役立っている。だが同時に、人々の対立を激しくし、憎しみを燃え立たせる結果にもなっている。
 ドナルド・トランプが使う「メキシコ移民は犯罪者で麻薬の売人」といった言葉がそのまま、ドナルド・トランプを対立の焦点に置いていると言える。
 ドナルド・トランプの現在置かれた状況は、彼の言葉が火の玉になって、人々の心に燃え移った結果である。もともとそのための準備も心構えもなかったドナルド・トランプが、アメリカを動かす人気者、ポピュリスト的政治家になってしまった。

・2016年11月のアメリカ大統領選挙でアメリカ国民は、ドナルド・トランプという、政治的にはまったく未知のビジネスマンを大統領に選ばざるをえなくなっていると私は予測しているが、共和党の指導者たちは、「考えられないことが起きてしまった」と怯えている。

<日本の真の独立へ高まる期待>
<決まらないアメリカのアジア極東戦略>
・アメリカ共和党の事実上の大統領候補になったドナルド・トランプは、外交軍事上の経験や素養がまったくないと非難されている。大統領になればアメリカ外交を、さらに弱くしてしまうという批判の声が共和党内からも起きている。

<終焉する日米安保条約>
・「日本はいつまでもアメリカに守ってほしいと思っているのか。いつになったら、自分で自分の国を守るようになるのか。その意志があるのか」

・「日本人と日本政府は、アメリカ軍にいつまで沖縄にいてほしいと思っているのか」

・日本が、日米安保条約の基本にある軍事力にかかる経費を負担するという問題が現実になりつつあるが、日本は、アメリカの要求どおりに分担金を払って日本の将来の国際戦略を形づくるか、あるいは日米安保条約に代わる新しい戦略を独自に構築するべきか、歴史的な分岐点にさしかかっている。

<浮上する「核抑止力の論理」>
・とくに北朝鮮のような、初歩的な核兵器とミサイルで恫喝してくる国に対しては、独自の核戦力を開発する用意があることを明示しておく必要がある。

・アメリカ国内には、日本に核装備させることがアメリカのアジア戦略にとって安上がりになるか否か検討するべきだ、という声が出はじめている。
 一方、日本ではアメリカの「核の傘」に守られてきたという現実を忘れた人々が、「核兵器反対」「憲法第9条を守れ」と声高に叫びつづけている。
 日本の人々は、アメリカの次期大統領になる可能性のある人物が、国民の声を代表して「日米安保条約をやめてしまえ」と主張していることを真剣に受け止めるべきである。

<「核の戦国時代」に、どうする日本国憲法>
・アメリカの力が後退するなかで、独裁者がすべてをとりしきる専制国家ロシア、中国、北朝鮮が核兵器を持ち、今後ますます侵略的な政策を露骨にしてくると思われる。そうしたなかで、まず懸念されるのは朝鮮半島である。

・すでに触れたが、ドナルド・トランプが『ニューヨーク・タイムズ』の記者や編集者と1時間20分にわたって外交、国際問題を話し合った中で、「日米安保はいらない」と述べたことから、日本では日米安保条約の将来と日本の孤立について関心が強くなっている。

・日本は国連を金科玉条のごとく尊重し、外交の基本にしているが、国連はアメリカによって設立された国際機関である。日本外交は即、国連外交だと世界中から言われているが、それはすべてをアメリカに頼っている外交という意味に他ならない。
 日米安保条約が空洞化し、アメリカが日本を見放せば、日本の国連外交は壊滅する。だが日米安保条約が空洞化することは、日本が真の独立国家として存在することを意味する。
 世界は「核の戦国時代」に入るだけでなく、予想すらできない困難な状況になろうとしている。
 だが逆に言えば、日本は真の独立国家になる機会を手にすることになる。この機会を逸してはならない。

・ドナルド・トランプが大統領にならない場合でも、アメリカの政治家たちは中国を新しい敵と見なし、アメリカ国民をまとめていくことになると思われる。

<崩壊する中国の国防バブル>
・中国の国防費の拡大は、まさに「国防バブル」と言えるほど異常なものであった。
 中国の侵略的な領土拡大は、際限のない国防費の拡大に象徴されている。中国は過去25年、四半世紀のあいだに国防費を40倍に増やした。とくに2005年から10年間で3倍半に増えているのである。

・中国はこの有力な陸軍兵力を背景に、インドと紛争を続けているヒマラヤ地域で領土侵犯を繰り返し、過去3年間だけでもインドの領土を600回以上、侵犯している。中国はインドがパキスタンと争っているカシミールにも地上兵力を送り込み、インドの安全を脅かしている。

・中国はすでに述べたように、ベトナム、フィリピン、マレーシア、ブルネイなどが領有権を主張しているスプラトリーアイランド(南沙諸島)の岩礁を埋め立てて人工島をつくり、滑走路をはじめ軍事施設を建設している。中国は国際法を無視して、中国本土からはるかに離れた公海に領土をつくるという、新手の侵略戦争を始めているのである。

・モスクワでインタビューした政治家は、シベリア地方にはすでに500万人を超える中国人が不法に侵入していると言ったが、中国による実質的なロシアの領土侵犯が行われているのは明らかだった。

・国防費のバブルが崩壊すれば、中国は、最も安上がりで効果のある核兵器をさらに増やし、アジアに新たな混乱をもたらす危険がある。

<増大する中国解放軍の不平不満>
・「人民の軍隊」を標榜する軍部の抵抗をそらすために、南シナ海での領土拡大だけではなく、さらに多くの不法な侵略行為を始めざるをえなくなる。そしてその結果は、核兵器を手にしての危険な戦争である。

<水爆をつくりつづける北朝鮮>
・国民の多くが飢えに苦しみ、政治収容所に囚人が溢れている独裁国家北朝鮮は、世界で最も貧しい国の一つである。

・長いあいだ秘密のベールに包まれてきた核兵器は、コンピュータ時代になると、製造法や部品、技術者に至るまで、ヨーロッパの闇市場で手に入れることが難しくなくなった。核爆弾に使用される核分裂物質の濃縮ウラン235や、プルトニウム239なども、比較的たやすく手に入るようになっている。

・「水爆をつくるのは、さほど難しくない」と私に言ったのは、水爆の父といわれるアメリカの物理学者エドワード・テラー博士だが、SIPRIのフランク・バーナビー博士も原子爆弾をつくることができれば、水爆をつくるのは難しいことではないと言っている。

・ところが世界では、広島に落とされた原子爆弾の数千倍もの威力を持つ水爆が、まるで通常兵器のようにつくられるようになっている。

<懸念が高まる朝鮮半島の核戦争>
・現在、キム・ジョンウンが開発を進めている水爆は、海中発射のミサイルと組み合わせた場合、まさにアメリカに国家存亡の危機的な状況をもたらすものと言える。
 北朝鮮のミサイルシステムや水爆の開発は、世界が新しい核戦争時代に突入したことを象徴している。



『日本人が知らない「アジア核戦争」の危機』
日高義樹  PHP  2015/7/22



<中国の核戦略思想は危険である>
・アメリカ国防総省は中国の宇宙兵器とサイバー攻撃に強い関心を示し、全力を挙げて対抗しようとしているが、とくにこの宇宙司令部は、中国のアメリカ本土に対するミサイル攻撃と、衛星に対する攻撃に備えることが最も重要な任務になっている。

・「中国や北朝鮮が地上移動型の大陸間弾道ミサイルの開発を強化しており、すでにアメリカ本土を攻撃できる能力を持っている」

・「宇宙戦争の帰趨がアメリカの命運を決めることになる。冷戦が終わって以来、初めてアメリカは、深刻な安全保障上の危機に直面している」
アメリカ国防総省をはじめ、宇宙戦争やサイバー戦争の責任者が強い危機感に捉われているのは、中国の核戦略が危険な考えに基づいているからだ。

・「中国は核兵器を抑止力とは考えていない。実際に使うことのできる兵器だと思っている。アメリカは核兵器を、戦争を起こさないための抑止力として使っているのに対して、中国は、戦いを有利に進めるための兵器として使おうとしている」

・「中国に対しては、ライオンがネズミかウサギを狙うときでも全力を挙げるように、アメリカの核戦力のすべてを挙げて対処することが正しい」
 シュレンジャー博士は常に、こう主張していた。博士は中国が核兵器を開発しつづけていること、通常戦争で勝てないとなれば危険な核兵器を使う意志のあることを、認識していたのである。

・こうしたシュレンジャー博士の考え方は、中国を「話せばわかる相手」としているキッシンジャー博士などと対照的だが、中国政府が進めている軍事戦略を分析すれば、中国の核兵器についての戦略構想がきわめて危険であることは明白である。すでに述べたように、中国はアメリカが最新技術を駆使して通常兵力を強化したために、通常兵力で戦えば必ず負け戦になることをはっきりと認識し、核戦力を強化したのである。

・中国は核兵器でアメリカの強力な通常兵器に対峙しようとしている。それどころか中国は、アメリカ本土を核攻撃することも考えている。そもそも中国の戦争についての考え方は、歴史から窺える戦争についての常識とは大きく違っているのである。
 人類の戦争の歴史を見ると、戦争はまず利害の対立から始まる。利害の対立の延長線上で戦争が始まっている。戦争の前には外交上の駆け引きがある。このことはあらゆる戦争の歴史が示しているが、中国はそういった歴史の範疇外にいる。利害の対立があれば直ちに武力攻撃を仕掛けてくる。

・日本は中国の無謀な核戦力に押し潰されようとしていることを認識しなければならない。現在、日本が進めている集団的自衛権の拡大といった、その場しのぎの対応策では、回避できない危機が日本に迫っている。

<中国核戦力の大増強が始まった>
・「中国政府がいかに説明しようとしても、先制攻撃に核兵器を使わないという約束はきわめて疑わしい。中国政府は核兵器を最初に使わない、また核兵器を持たない国には使わないと約束しているが、この約束は軍事的に保障されているものではない」

・アメリカ国防総省の専門家は、中国が実際に核兵器を戦争に使おうとしている理由について、三つのことを挙げている。
 まず、中国はすでに膨大な数の核兵器を製造して保有し、使う体制を整えている。アメリカやロシアが核兵器の削減を行っている最中に、中国は大量の核兵器を製造しつづけている。大量に保有していることは、核戦争を行う意図があることを示している。

 次に、中国が各兵力を強化したのは、アメリカのエア・シー・バトル、「空と海の戦い」戦略にとうてい対抗できない、つまり通常兵器だけによる中国沿岸での戦争に中国が敗れることがはっきりしたからである。中国は負け戦を避けるために核兵器を使おうとしている。
 三つ目は、中国が核兵器の効果を十分に認識していることである。日本や韓国、台湾など核兵器を持たない近隣の国々を脅かすのに、最も有効な兵器だと考えている。そういった核兵器による恫喝は、そのまま使用につながっていく可能性がある。

・「中国には広い国土がある。よって核兵器を落とされたところで、その効果を吸収してしまう。国民の多くが核爆弾で死んでも、中国人が全滅するわけではない」

<中国が宇宙戦争を仕掛ける>
・中国がさらに力を入れているのが、電磁波によってアメリカ全土のインターネット・システムを攻撃することである。核爆発が起きると電磁波が混乱して、まったく使えなくなる。中国は核兵器を先制攻撃に使うだけでなく、実際にアメリカの通信ネットワークを破壊する手段として使う準備を始めているのである。
 アメリカは、こうした中国の核戦略について強く懸念している。戦争についての中国の考え方、あるいは各国に対する数々の不法な軍事行動から見て、中国が宣戦布告をしないまま突然アメリカに攻撃を仕掛け、アメリカの通信網を破壊する可能性は十分にある。

・次に中国が力を入れているのは、これまたアメリカを見習っての航海用および時差修正用の衛星である。中国は高性能の航海用衛星「北斗」を数十個打ち上げ、上空はるか彼方から20メートルの誤差で地球上のすべての場所を指定する能力を有している。中国はさらにアメリカやロシアの技術を盗んだりして、GPSおよびグロノス航海用衛星システムを開発し、打ち上げに成功している。

・中国は技術的にも急速な進歩を遂げ、核や宇宙での戦いではもはや発展途上国であるとは言えなくなった。

<米中サイバー戦争は本格化する>
・アメリカがサイバー攻撃部隊や防衛部隊を設置したのは、中国がアメリカに対するサイバー攻撃を本格的に始めたからである。2012年、中国は上海にあるサイバー攻撃司令部を中心に、全米のコンピュータ・サーバーやアメリカ軍の戦闘司令部のコンピュータ・ネットワークに侵入した。

・中国の人民解放軍が重視するサイバー攻撃作戦の第一は、標的とする敵を確定し、敵の情報機関から情報を収集することである。そして第二に、サイバー攻撃によって集めた情報を利用して相手側の軍事行動を遅延させ、軍事ネットワークだけでなく、民間のコマーシャル活動をも混乱させる。第三は、敵側のコンピュータやネットワークに電子攻撃やレーダー波による攻撃を仕掛けて、敵の情報収集能力を破壊する。

・アメリカは中国のサイバー攻撃の拠点、つまり中国が密かに隠しているサイバー攻撃部隊や組織の所在や活動状況をすでに割り出している。中国が普通の会社として使い、サイバー部隊であることを隠している香港の司令部も割り出し、攻撃波を探知して反撃を加えたりしている。

・「中国の大規模なサイバー攻撃は台風や竜巻、地震や洪水といった自然災害よりも恐ろしく、しかも広範な地域に壊滅的な被害をもたらす」

・中国のサイバー戦争は今後ますます複雑化し、強力なものになってくると思われる。日米安保条約の18年ぶりの改定にあたってカーター国防長官が「サイバー攻撃に対抗する日米協力体制をつくりたい」と発言したのは、当然のことと言える。

・世界ではこれから、アメリカと中国の核の対立と、宇宙での戦いが深刻になっていく。アメリカと中国だけでなく、北朝鮮やイラン、さらには中東諸国を含めて、核戦争の時代が始まろうとしている。

<朝鮮半島で始まる核戦争>
<指導者が人海戦術によって人の命を簡単に奪う野蛮な国>
・アメリカが中国を相手に本格的に戦争を行うことができないのは、中国人のものの考え方が理解できないからである。戦いの相手が中国である場合、偶発的な核戦争が起きる可能性が、ソビエト相手の場合よりも何十倍も大きいのだ。

<北朝鮮が核戦争を起こす>
・「北朝鮮は、すでに核爆弾の小型化に成功している。2020年までに数十発の小型核兵器を製造する見通しである」

・中国が偶発的な核戦争を起こす危険があるのと同じ程度、あるいはそれ以上に、北朝鮮が自らの存在を賭けて製造した核兵器によって朝鮮半島で偶発的な核戦争を起こす確率は、きわめて高い。

<ロシアの核兵器が野放しになった>
・プーチン大統領は。クリミア半島を占領してから一周年にあたる2015年3月16日、「祖国に向けて」という題名のロシアテレビのドキュメンタリーの中で、「アメリカはじめ西側がウクライナをめぐってロシアに挑戦してくれば、核兵器を使うことも考えた」と述べている。プーチン大統領のもとで偶発核戦争の危険は世界に広まっている。

<イランが中東核戦争の発火点になる>
<アメリカが最新鋭の核兵器を開発する>
・アメリカが開発しようとしている最新鋭の核兵器は、B60-12と呼ばれるGPSのチップを爆弾の尾翼に埋め込んだ最新鋭の核爆弾である。GPS機能を活用し、あらゆる目標を10センチの誤差で正確に攻撃することができる。

・2008年、アメリカ国民は大きな期待を持って、アメリカ史上初めての黒人大統領としてバラク・オバマを選んだ。だがいまやアメリカ国民は、反オバマで固まりつつある。そしてオバマ大統領がいなくなることで起きる変化への期待が、驚くほどアメリカ人を元気づけている。
 オバマ大統領が間もなくいなくなる。ドルが歴史的に安定している。アメリカの石油が世界を再び動かしはじめている。この三つがアメリカ人に自信を取り戻させた。アメリカのこの変化は、これからアメリカと世界に何をもたらすのであろうか。

・共和党の大統領候補は、結局のところジェブ・ブッシュ元フロリダ州知事が選ばれるだろう。ジェブ・ブッシュは祖父の代から続く人脈を駆使し、多くの共和党の政治家を取り込み、最後に大統領候補としての立場を確立すると思われる。

・しかしながら現実には、アメリカの選挙はマスコミがつくりだす浮ついた雰囲気と宣伝、それにキャンペーンの進め方によるところが大きい。強くて正しい候補者が勝つとは限らない。その最もよい例は、あらゆる政策に失敗し、選挙戦で述べてきたことのほとんどが噓であったオバマ大統領が、二度も大統領選挙に勝っている。これもまたアメリカの現実である。
 しかしながら、世界と歴史のことを少しでも考えれば、アメリカの人々はオバマの民主党とその後継者ヒラリー・クリントンを選べないはずである。

<習近平は核の先制攻撃を考えている>
<日本の「非核ユートピア思想」は終わる>
・アメリカやヨーロッパの核兵器現実主義者は、一方的なユートピア的思想を推し進めれば、中国共産主義という異文化に基づく勢力が地球を支配し、偶発的な核戦争がいつ起きるかわからないと警告している。この主張は、オバマ大統領があらゆる外交に失敗し、アメリカの軍事力を弱体化させるなかで力を得ている。

・中国に核兵器を使わせないことが、最も重要な戦略なのである。そうした重大な問題について何も語らずに「積極的平和主義」などと言っていれば、平和主義ではなく、平和ボケだと非難されても仕方ない。

・アメリカの絶対的な卓抜した力のもとにおいて核兵器に反対するユートピア的な思考で国際社会を生きて日本は、アメリカ、中国、ロシア、北朝鮮、さらにはイランまでが加わろうとしている核の乱立の時代、いまこそ現実的な核戦争の抑止を実施する軍事戦略を考え出し、実施する必要がある。



『アメリカが日本に「昭和憲法」を与えた真相』
日高義樹  PHP 2013/7/8



<核兵器の国際管理と独自の核兵器を提唱する>
・アメリカは核戦略の三本柱としてICBM大陸間弾道ミサイル、原子力ミサイル潜水艦、それに長距離戦力爆撃機を保有し、ロシア、中国、北朝鮮、イラン、パキスタンといった敵性国家の拠点1000カ所に対して、常時、攻撃態勢を取り続けている。だが、オバマ大統領は、現在の国防費削減の強い要求の中で、この態勢を続けることはできないという悲観的な見方をしている。

・アメリカ軍事戦略の中心である核戦略を支援するために、財政負担を申し出る事自体、非常識だと考える人も多いであろう。だが、非常識であろうがなかろうが、思い切った提案をしないかぎり、NATO型の安全保障の取り決めをアメリカに承知させることはできないと思われる。

・さらに日本がやらねばならないことが少なくとも二つある。一つは核兵器を運搬する手段の開発と整備を本格的に始めることである。もう一つは核爆弾をいつでも製造できるようにしておくことである。

・核兵器というのは抑止力である。使ってしまえば本来の意味がなくなってしまう。報復を受けることもありうる。

・核のボタンに手を置くことをアメリカに要求するには、財政的な負担を申し出るとともに、「いつでも核兵器を製造する」という抑止力を使って交渉することが必要である。

・日本は自らの力で自らを守る国家として、アメリカ、中国、ロシアと交渉していかなければならない。アメリカの影響力と軍事力は急速に後退しつつある。日本が独立しようがしまいが、独自の力であらゆる国際情勢に対応しなければならないときがきている。



『いまアメリカで起きている本当のこと』
日本のメディアが伝えない世界の新潮流
日高義樹 PHP   2011/3/19



<核戦争の危機が高まっている>
・冷戦時代は、二つの超大国が核兵器を保有していたため、抑止力によって核戦争が起きなかった。だが、北朝鮮とイランが核兵器を開発し、連鎖的に中東やアジアに核兵器が拡散しようとしている。核戦争と核テロの危険が高まっているのだ。
 こうした状況の中で、日本政府の責任者がやるべきは、アメリカ政府と現実的で具体的な協力体制を作り上げることである。

・アジアで北朝鮮が核保有国になれば、韓国、台湾が当然のことながら核兵器を持とうとするだろう。インドネシアやベトナムも核兵器保有に向かうと思われる。そうした状況についてキッシンジャー博士は「世界各地で忌まわしい核戦争が起きることを予測させる」と私に言った。

・日本は三つの基本的な政策を検討する必要がある。第一は「核兵器は要らない」などというイデオロギー本位の姿勢を改め、現実政策として核問題を取り扱うべきである。二番目は、核戦争を回避するために、アメリカとどのような協力体制を新しく作るのかを考えるべきだ。三番目は、日本が独自の抑止力を持つことを考えはじめることである。核兵器反対、国連支持と言っているだけでは、世界は安全にならない。

・安全保障上の原則はもともと単純で明確である。アジアで中国、ロシア、北朝鮮に続いて、韓国、台湾、あるいはシンガポール、ベトナムといった国々が核兵器を持ち地域の安全が危うくなる場合は、日本も抑止力を持って、自国を守ればよい。

<米中友好の時代は終わった>
・中国のやり方は、安い人民元によってダンピングを続けるというものだが、この中国と闘うには、アメリカもまた対抗して保護貿易とダンピングをやるほかはない。

・「中国人は、政府が食べさせてくれさえすれば、どんな政府でもいいと思っている」中国の友人が私にこう言うが、13億の国民に十分に食べさせることができなくなる日が近づいている。これまでは、毎年10パーセント以上の国民総生産の伸びを続けながら「今日よりも明日」と国民生活を豊かにしてきたが、そうした状況が終わろうとしている。

・オバマ大統領がクリントンよりも悪い弱腰外交で中国をすっかりつけあがらせてしまった。アメリカの国民の大多数は、こうした米中関係に我慢がならなくなっている。やがて必ずや強力で毅然とした政治家が次の大統領として現れるに違いない。強いアメリカ大統領がアメリカの力を結集して、中国と正面から対峙すれば、いくつかの重大な弱みを持つ中国は崩壊する。

<中国は百年後もアメリカの軍事力に追いつけない>
・アメリカはサイバー戦争のための準備と開発にも全力を挙げている。アメリカ海軍はこのほどサイバー戦略のための艦隊司令部を設置した。アメリカと中国、北朝鮮の間ではすでにサイバー兵器を使っての宇宙戦争が始まっている。

・アメリカのサイバーコマンドは、コンピュータに対する外部からの攻撃を避けるために、さらに強力なシステムも作成に取りかかっているが、作戦担当者によれば、中国からの攻撃はすでに始まっている。アメリカ側も外部からの攻撃に備えるだけでなく、攻撃することを検討している。

・中国軍がアメリカに追いつき、アメリカと同じ兵器体系を作り出すには、まだ百年はかかるだろう。
 アメリカ人が常に新しいものを作り出し、中国がそれを追いかけるという構図は将来も変わらないはずだ。

・「普通の国であれば、人口が減少すれば移民を考える。だが、日本は単一民族である人々がしっかりと編まれた社会と独特な文化を作り上げているため、移民が入り込めない。日本が移民を考えずに人口問題を解決するには、突出した科学技術の革新が必要である」

・日本がいま最も必要としているのは、将来を見据えた産業政策である。日本には世界に冠たる優れた技術はあるが、優れた産業政策がない。

・米中衝突がもたらす日本の危機は、7百年前の蒙古襲来、元寇を超える、日本にとって国の命運を左右する難局なのである。

<世界の技術はアメリカの大学が改革する>
<アメリカの強さの秘密は、アメリカの大学にある>
・最近の国連の教育白書は世界で最も優秀な20の大学のうち、17はアメリカの大学であると指摘している。

・こうした大学が中心となってアメリカの産業技術を開発している。アメリカ技術の中核は大学であるという事ができる。アメリカの最先端の技術センターとも言えるシリコンバレーを支えているのは、スタンフォード大学とその周辺の大企業である。

・ハーバード大学は自らの政治力で議会を動かし、企業に働きかけて資金を集めている。そういった大学の在り方と企業とのかかわりが、アメリカの大学を技術ネットワークの中心的な存在にしているのである。このネットワークがアメリカの技術を常に革新し拡大し続けている。

[カテゴリ:森羅万象] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2019年8月13日 6時30分
やつらは大きな銀色の宇宙船に乗って、よその星からやって来る。女をさらって、子供を産ませるんだ。指は4本で、親指がない。女を守ろうとした男は具合が悪くなって、何日も治らないんだ。
 


『SKY PEOPLE』
超古代マヤ人から連綿と続く宇宙人との繋がり
今なぜ緊急に接触を強めているのか
アーディ・S・クラーク  ヒカルランド  2015/12/25



<古代マヤ遺跡>
・7年にわたる調査、古代マヤ遺跡を89か所めぐって集めた、約100人におよぶインタビュー、マヤ人が古代から保持していた宇宙の謎が今、明らかに!

・僕は宇宙船に拉致され、自分の「そっくりさん」を紹介されました。よその星の僕のそっくりさんが、いたのです。彼は僕とそっくりで、僕みたいに話し、僕と同じ知識を持っています。

・スカイピープルはタバコの灰のような色の皮膚をしていました。頭部のあごのところが尖っていました。腕と脚はガリガリで、大きな昆虫のようでした。

・スカイピープルは地球にやって来て、知識をもたらすのです。現在のマヤ人は宇宙からやって来たスカイピープルの子孫なのです。

・スカイピープルは16年周期で地球にやって来るんだ。もうすぐまたやって来る。2000年に帰っていったから、今度は2016年に戻ってくるだろう。

<星から来た人々ツホハニが暮らす町>
・カサ・ナ・ボロムで、私はたまたま1人のラカンドン族の男性とその息子に出会い、彼らの土地では、今も地球外生命が自由に歩きまわっていると聞かされた。彼らは地球外生命体をツホハニ(星から来た人々)と呼ぶ。

<メキシコは星から来た人々が暮らす町があった>
<「地球はいつか破壊されるでしょう」>
・夜が更けるにつれ、私はバラムに、自分の研究とオアハカ周辺を旅している理由を話した。バラムは、スカイゴッドがしばしば大晦日に彼の小さな村を訪れたことについて教えてくれた。「彼らは光の帯に乗ってやって来る」と言うので、さらに聞くと、「彼らは光に乗って空から降りてくる。帰るときも同じだ。幅の広い光の帯に乗ってやって来る」と繰り返した。

「彼らは何をしに村へやって来るのですか」
「ヒーラーから薬を手に入れるんだ。毎年そうする。わしの父親は彼らを「われわれをこの地へ導いた人々」と呼んでいた。そして、今は村人から薬について学ぶために戻って来ると言っている。大昔、地球へ来る前は、彼らはわしらの教師だった。彼らは人々に、宇宙について教えた。そして今は、放射能と汚染の危険性や気候破壊について警告し、薬を集めるためにやって来る。ジャングルへ入っていき、植物を集めることもある。地球が破壊されたときのために、植物を保存しているんだ。わしらは彼らをツホハニ、星から来た人々と呼んでいる」

・「彼らが教えてくれたんだ。マヤ語はツホハニの言葉で、彼らもこの言葉を話す。彼らは将来に備えなければならないと警告している」

・「ほとんどは人間とよく似ている。だが、人間より背が高くて、色の白い者もいる。わしらと同じ言葉を話すのだが、ヒーラーとしか話さないんだ」

・「わしは2種類の宇宙船と2つの種族を見た。1つは長いタンクのようで、ちょうどこのペンを大きくしたような形だ」彼はテーブルの上にボールペンを置いた。「とても大きかった。その中から、背が高く、色の白い男たちが出てきた。オートバイ乗りが着るような、白いスーツとヘルメットを身に着けていた。とても色が白かった。もう1つの宇宙船は円形だった。音は立てない。銀色だった。銀色のスーツを着た背の低い男たちが出てきた。わしらとよく似ていた」。そう言って、彼は胸に手を当てた。「彼らがわしらをここへ連れてきてくれたんだ」

「地球の破壊はいつ起きるのですか。それがこの星の最期なのでしょうか」

「その後5番目の世界が始まるだろう。4番目の世界は浄化され、生き残った人間にはもう一度チャンスが与えられる。ツホハニはここに住んで、この生存者が新しい世界を始めるのを助けるだろう。それが人間が地球との関係を正し、使命を果たす最後のチャンスだ」

<「僕は人体実験の実験台に選ばれたのです」>
・「いくつかタイプがあって、ほとんど人間と変わらないのもいました。僕たちと同じような姿です。僕より背が高くて、色が白いのもいました。あまり人間っぽくないものもいたけど、僕に関わる任務にはついていませんでした。彼らは頭が大きく、気味の悪い大きな目をしていました。感情が顔に出ないので、ロボットかと思ったこともあります。でも、皮膚があるんです。しわくちゃで、うろこのような奇怪な皮膚です。宇宙人が皮膚のあるロボットを作ったりするでしょうか」
「さあ、どうでしょう。背の高さはどれくらいでしたか」と私は尋ねた。
「僕の肩にも届かないくらいでした。でも、触れられると、体から力が抜けてしまうんです。とても強力です。一度反抗してみましたが、とても歯が立ちませんでした。彼らには人間の魂まで届くようなパワーがあって、人間は抵抗できなくなるのです。体からも心からも力が抜けてしまうのです。それ以後、僕は無駄な抵抗はあきらめて、その状況を受け入れました」

<なぜ自分とそっくりな「もう1人の自分」が存在するのだろう?>
・「なぜ自分が拉致されたのか、わかりましたか」
「わかりました。9歳か10歳のときのことです。僕の『そっくりさん』を紹介されたのです。あれは1963年で、まだ科学者がクローン作成実験を行うずっと前でした」
「自分のクローンに会って、どうしましたか」
「人間の生活について教えました。16歳のとき、僕は宇宙船に滞在し、僕のクローンが地球に戻りました。彼は僕になりすまして、2週間地球に滞在しましたが、誰も気づきませんでした」

「では、今後も彼と入れ替わることがあると思いますか」

「いいえ、彼は僕と同い年ですが、スペーストラベラーが暮らすよその星で生きるために存在しているのです。だから、僕にはよその世界で生きている、そっくりさんが、いるということになります。彼は僕とそっくりで、僕みたいに話し、僕と同じ知識を持っています」

<空に浮かぶ円盤/そこはさまざまな人々が暮らす空中都市だった>
・この項には、ベリーズの小さな村に住む老人ラウル・マヌエルが登場する。彼は繰り返し空の上にある場所を訪れた話をしてくれた。そこでは地球から来た人々が、スカイピープルや銀河系のあちこちからやって来た異星人たちとともに働いていたそうだ。

<突然姿を消した男性が訪れていたのは空中に浮かぶ異星人の町だった>
・「惑星ではないと思います。彼は、空に浮かぶ円盤と呼んでいます。何百人もの人々がそこに住んでいるけど、さまざまな星から来ているそうで、肌の色も人種も違う、いろんな人がいるそうです」

<「地球の上空に浮かぶ町に2週間滞在しました」>
・「最初に連れていかれたときのことを教えてください」
「それが、あまりよく覚えておらんのじゃ。まばゆい光に包まれて、空へ連れていかれたのは覚えておる。そのときはわし1人じゃった。ほんの数分後には、よその場所にいたんじゃ。奇妙な場所じゃった。どこを見ても金属ばかりでな。壁も金属で、何もかもくすんだ灰色で、触ると冷たかった。凍えるとはこういうことかと思ったのを覚えておる。わしは寒かった。とても寒かった。ハンモックもないし。どこで寝るのだろうと思った。彼らの案内で、わしは長い廊下を歩いた。1つのドアが開いて、入っていくと、そこは木や花が茂る、森のような場所じゃった。この村と同じくらい暑かった。湿った土と花のにおいがした。それから同じかっこうの2人の少年がいるところへ連れていかれ、3人で木を植えた。木はこの村で生えておる木じゃった。薬草も植えた」

・「2度3度と同じことが起こって初めて、これは現実で、わしは空の上にある場所へ行っているんだと認識した。3度目は、昼間に迎えに来た。それで、初めて昼の光の中で円盤を見たんじゃ。形はちょうどカウボーイハットかソンブレロのようで、銀色じゃった。地球の上空に浮かんでおった。はるか上空なので、地球はサッカーボールのように見えた。それはそれは高いところにいたんじゃ。そこへ行くたび、わしは彼らに植物のことを教えた」

・「他の少年たちは地球人でしたか」と私は尋ねた。
「マヤ族ではなかったな。1人はつり上がった目をしておった。1人はほとんど黒に近い、浅黒い肌じゃった。わしが気に入ったのは、とても小さな手をした少年でな。わしの手の半分ぐらいの大きさしかなかった。肌が抜けるように白く、髪の毛も白かった。目の色は光の当たり具合によって、緑にも黄色にも見えた。聞いたことのない言葉を話していたが、わしらはたがいの言いたいことがわかった。円盤の中では、いろんな言葉が飛び交っていたが、みなたがいの言いたいことは理解できたんじゃ。今でもそうじゃ。どうしてそんなことが可能なのかわからんがな。わしらは話す言葉も違えば、肌の色も違う。それでも、たがいに言いたいことはわかるんじゃ」

・「円盤は銀色の巨大なソンブレロのようでな、地球の上空に浮かんでおった。明かりはついていたが、植物の部屋以外はどこも緑がかった色じゃった。夜になって外を見ると、星に手が届きそうじゃった。宇宙というより、空に浮かんでいるような気がした。急いでどこかへ向かっているわけではなかった。円盤は丸い形をしていて、円周に沿って部屋があり、労働者が暮らしていた。そこより中心寄りの庭園の外側では、わしを連れてきた男たちが仕事をしていた。彼らは科学者だと思う。たぶん、彼らも植物学を勉強しておったのじゃろう。庭園は円盤の後方部に沿って作ってあり、リーダーたちの仕事場からはだいぶ離れておった。庭園の端に部屋が1つあり、たくさんのベッドが何段にも積み重ねて置いてあって、庭園で働く子供たちはそこで眠った」。

・「宇宙船はものすごく大きかった。3階建てになっておってな。1番上には町を運営する男たちがいた。真ん中には、食堂とくつろぐための部屋があり、一番下には庭園と休憩所があった」

<異星人たちの生活とは?/異星人の社会は共産主義だった!>
・「砂漠のようなところじゃ。地面は紫がかった灰色でな、木も生えとらんし、川もない。あるのは砂ぼこりと岩だけじゃ。風が吹くと砂ぼこりが舞い上がる。それで植物に興味を持ったんじゃろう。彼らは地下に住み、たまった地下水を利用して暮らしている。かつては地上に大規模な文明を築いていたが、地下へ移動せざるをえなくなったらしい。高度な知識を持っていたにもかかわらず、予期せぬ問題が降りかかったんじゃ。人工の照明では自然光のようにはいかず、精神的な問題に苦しむ人の割合が高かった。じゃが、今日ではもうその問題はなくなったようだ。彼らの星にも物語があるが、その多くは、昔地上で暮らしていたころの生活に関するものじゃ」

・「大災害が繰り返しあの星を襲ったと聞いた。じゃが、詳しい説明はなかった。わしが知る必要はないし、聞いたところで理解できんと思ったのじゃろう」

・「向うの世界へ行って目にしたことの中で、一番驚いたのは何ですか」
「彼らが住んでいた地下洞窟じゃな。あの星はものすごく大きい。地球の何倍もある。じゃが、荒れはてた世界なんじゃ。彼らは地下の巨大な洞窟へ移り住んだ。たとえようもないほど巨大な洞窟じゃ。それから、あの星には季節がない。気温は制御されておる。人々が暮らし、植物の世話をする場所は、いくつかの区画に分れておって、暑くて湿気の多いところもあれば、寒くて乾燥しているところもある。砂漠のような地域もある。熱帯地帯もあれば、寒冷地帯もあるが、雪は見たことがない」

・「彼らは共生しておる。私有財産というものがないんじゃ。すべてはコミュニティの所有物で、住民に分配される。わしらが結婚するように、夫婦になる。子供も生まれるが、最初の2、3年は保育所で育てられ、夫婦が交代で子供を自分の居住地区に連れて帰って夜を過ごす。コミュニティ全体で子供を育てるんじゃ。地球の父親や母親のような役割はない」

・「地球の男女にあるような、決まった役割のようなものはない。誰もが仕事を持ち、男も女もどんな仕事でもしようと思えばできる。誰もがあの星のいろんな問題の解決策を見つけようと、多くの時間を費やしておった。いつかは地上で暮らしたいと思っているようじゃが、とりあえず今は、地下での暮らしに満足しておった」
「身体的には、私たちとどう違いますか」
「目は人間より大きい。大きくて丸く、ほとんどは黒い目をしておる。青い目は見たことがない。茶色も少しおった。顔立ちは人間とよく似ておるが、目が大きくて、丸顔じゃ」
「私たちより体は小さいのですか」
「いや、大きさはさまざまじゃ」

・「彼らは楽しいことが好きでな。ゲームをしたり、地下の大きなプールで泳いだりしておった。男の子も女の子も一緒で、分け隔てはせん。子供たちは小さいといきからしっかり自立しておって、けんかもないし、怒りや嫉妬を表すところも見たことがない。酔っ払いもおらん。かみさんに暴力を振るう男も見たことがない。愛情をあからさまに表現しない。ハグやキスをしているところも見たことがない」

・「彼らは何を食べているのですか」
「宇宙じゅうから集めた野菜や果物じゃ。いろんな星から果樹を持って帰り、地下の庭園に植える。野菜もじゃ。食事はほとんど生のまま食べる。空腹そうな様子は見たことがないし、みな健康そうに見えた。人間のように老いることもない」

<スターマンはどんな硬い物体も通り抜けられる!>
<奇妙なユニフォームを着ていると思ったら、宇宙人だった!>
<スターマンは姿を自在に消すことができる ⁉>
・ケツァルコアトルはトゥーラを離れるとき、山に向かって歩いていき、山の中に入っていった。すると、その背後で山が閉じたという伝説がある。先住民の世界には、スターマンが山など強固な物体の中へ入っていったという記録がたくさんある。ペルーには、壁を通り抜けて異次元へ入っていった神の話がいくつも残っている。
 ここでは、宇宙からスターマンがやって来て、古代神殿を訪れたと報告する目撃者が登場する。スターマンには、神殿の硬い壁を通り抜け、山の中で姿を消す能力があるという。

<太古からスターマンとマヤ人は友人だった!?>
・光を放つ球体(オーブ)や生き物が、突然どこからともなく現れたという話は、いまや目新しいものではない。旅の間にもこのような報告をたくさん受けた。こうした出来事のほとんどは、UFOの出現に呼応するように起こっている。
 光を放つオーブは、先住民にはとてもなじみ深いものだ。光を放つオーブがUFOに変化したという報告はたびたびされている。アメリカ先住民の遭遇体験において、光を放つオーブが宇宙人に姿を変えたという報告も珍しくはない。

<理由なき行方不明者の50パーセントはUFOに連れ去られていた!?>
・毎年報告されるメソアメリカにおける行方不明者の数は、極秘事項とされている。1980年以降、世界中で行方不明者の報告がされている子供は、毎年2万人以上に上る。毎年世界中で200万人が行方不明になっていると推定されている。そうした行方不明者の50パーセントは、犯罪の犠牲者か、家出など意図的な失踪と考えられている。残りの50パーセント、すなわち100万人は、その失踪に何の理由づけもできないため、当局は困惑している。異星人によるアブダクションは、こうした多数の失踪者の理由づけの1つになるかもしれない。しかし、異星人による人間のアブダクションは、世界中の政府からは表向きには作り話とみなされている。だが、アブダクションの話を持つ人々が次々と出現するにつれ、証拠となる話は増え続けている。

<牛を殺した犯人は宇宙人だった!?>
・ここ数年、動物の虐殺事件が、中央アメリカと南アメリカで劇的に増えた。この地域のさまざまなコミュニティの羊飼いたちが、羊の群れが攻撃されたと報告している。襲撃者は報告によってまちまちだ。大部分のひとは、野犬など自然界に存在する天敵の仕業だと信じている。

・UFOとの遭遇と時を同じくして、動物のミューティレーションを目撃したと言う人もいる。

<パレンケを造ったのは太古にやって来たスカイピープルだった>
・「パカル王の墓のまわりには、不思議な光の球が飛びまわっています」

・遺跡には祖先たちが出没するというのだ。私が目に見えないスターピープルのことを初めて耳にしたのはパレンケだった。

・「だが、嵐はなかなかやまなかった。日が暮れてしまったのに、おれはまだ遺跡の中にいた。やっと雨が小降りになったので、おれは家に帰ることにした。そのとき、雲の中から円形の宇宙船が現れて、広場に着陸したんだ。宇宙船から3人の男が、光に照らされて姿を現した。彼らは碑銘の前で立ち止まると、光の球に姿を変えた。目で追っていると、光の球は入り口の一番上までふわふわ漂っていって、消えてしまった」。

・「でも、スカイマンは魔法を使うと言っていた。目の前で姿を現したり、消したりできるそうだ。魔法が体に悪かったんじゃないかと心配していたよ。悪魔が警告を伝えるために、やつらを遣わしたんじゃないかと言っていた」

<星から来た人々ツホハニが暮らす町>
・ラカンドン族は、マヤ人の中でスペイン人による植民地から逃れた唯一の種族だった。人里離れたジャングルの奥地に住んでいたため、スペイン人はジャングルの中へ侵攻することができず、彼らを発見できなかったのだ。ラカンドン族は非先住民文化から隔絶されていいて、今も昔のままのやり方で生活している。膝と足首の長さの白いチュニックのような服を着ている。

・カサ・ナ・ボロムで、私はたまたま1人のラカンドン族の男性とその息子に出会い、彼らの土地では、今も地球外生命体が自由に歩きまわっていると聞かされた。彼らは地球外生命体をツホハニ(星から来た人々)と呼ぶ。

・メキシコには星から来た人々が暮らす町があった。

・マヤ語はツホハニの言葉で、彼らもこの言葉を話す。

・「ツホハニと会われたとき、その姿は私たちとは違っていましたか」
「ほとんどは人間とよく似ている。だが、人間より背が高くて、色の白い者もいる。わしらと同じ言葉を話すのだが、ヒーラーとしか話さないんだ」

<グアテマラのジャングルには巨大なスターマンが潜んでいた>
・何世紀にもわたって、グアテマラのジャングルには巨人がいるという伝説が存在している。創世神話によると、地球上で最初の種族は巨人だという。

・ジャングルには今も巨人が暮らしている。

・「まだこの辺りにいるよ。ときどき村人が見かけてるもんな。村にやって来て、女をさらって子供をつくるんだ。そして、姿を消しちまう。だから、ずっと姿を見かけるってわけじゃないんだ」

<よその星から巨人はやって来た ⁉>
・「巨人はいつもこの辺りにいる。いつもこの辺の山へやって来るんだ。やつらは力が強い。わしらは決して妨害しなかった。決して山の上で夜を過ごさなかった。

・「やつらは大きな銀色の宇宙船に乗って、よその星からやって来る。ここには1晩だけしかいないこともあれば、1週間以上いることもある。女をさらって、子供を産ませるんだ。指は4本で、親指がない。女を守ろうとした男は具合が悪くなって、何日も治らないんだ。すごいパワーを持っている。言いたいことは伝えるが、言葉はしゃべらない。武器を持っていて、岩とか物を消すことができるんだ」

・「その巨人たちはよその星から来ていると言われましたか」
「ああ、巨人はスカイマンで、よその星からやって来るんだ」
「よその星から来た男たちはどんな外見をしていますか。
「巨人だ。背はこのくらいある」。彼は立ち上がって手を上げ、バンを使って背の高さを示した。それからすると、巨人の身長は2メートルから2メートル50ぐらいだろう。

・「山のてっぺんに。やつらはよその星から、音を立てない乗り物に乗ってやって来る。わしはその光を、何度も見たことがある。それを見ると、いつも女房や子供たちを家の中へ入れる。昔、やつらは女をさらっていったと聞いたからな。子供もさらっていくんだ。よその村では、去年小さな男の子と女の子がさらわれたそうだ。子供は帰ってきたが、どうも具合が良くないらしい」

・「わしらは夜は決して山へは行かない。宇宙船は明るい光を放つんだ。赤と白の光で、とても明るく輝いている。円形で、とても大きい。わしの村より大きい。銀色で明るいライトがついている」

<宇宙人は地球人女性を狙っている!>
<グアテマラの旅は危険がいっぱい>
・16世紀のスぺイン人による侵略以前、グアテマラはマヤ世界の中心だった。今日でも、グアテマラ人の大部分は、自分はマヤ人だと思っている。にもかかわらず、ラテン系民族の独裁者に支配され、メソアメリカで最も抑圧された民族になってしまった。1960年から1996年にかけての内戦で、20万人以上のマヤ人が殺された。

<「私たちは奇妙なタンクの中にさらわれた」>
・「ある日私は娘と一緒に、たきぎを集めていました。道端に沿って歩いて、小さな木の枝を拾っていたんです。すると、大きなガソリンタンクのような細長い物体が空から現れて、地面に落ちたんです。音は立てませんでした。娘も私もびっくりしました。それから怖くなって隠れましたが、ずっとタンクの方を見ていました。2人の大きな男が出てきました。私の倍ぐらいありました」。私はアンジェリーナを見た。彼女の身長は120センチあるかないかだ。

・「とても怖かったです」とアンジェリーナは続けた。「でも、彼らは私に、静かにしていなさい、危害は加えないからと言いました。その後のことは何も覚えていません。気がつくと、娘と道端にいて、タンクが地面を離れ、雲の中へ上っていくのを見ていました。その後二度と見たことはありません。

・「白人でした。とても色が白かったです。一度も太陽に当たったことがないみたいな。とても背が高く、目を覆うようなものを着けていたそうですが、顔色は白かったそうです」

<「皮膚のサンプルを採られ、宇宙人の子供を妊娠しました」>
・「ゲラルドは私を信じてくれました。聖母マリアのように処女懐胎したのだから、結婚しようって言ってくれました。私と子供の面倒を見る覚悟をしてくれたんです。2カ月後、ふたたびUFOがやって来て、そのあと、私はもう妊娠中ではなくなっていました。知っていたのはゲラルドだけです。宇宙人の子供を妊娠していたのだと、私たちは考えています。そう思うとぞっとします」

<「拉致されたことは誰にも言えませんでした」>
・そして、私が近づくと、それは地面を離れ、空の中へ姿を消しました。宇宙人は見ていません。ただ、細長い銀色のタンクを見ただけです。巨大なタンクでした。

<マヤの古代都市はやはり宇宙とつながっていた!>
<スカイピープルの身長は3メートル、歩幅は人間の3倍 ⁉>
・「他の2人に私の存在を指さして教えると、彼らは振り向いてこちらを見ました。そしてあっという間に宇宙船が浮かんでいる場所まで戻り、その下に立つと、ホバリングしている宇宙船の底から中へ入っていきました」

・「驚きましたよ!とても背が高いのです。あんなに背の高い人間は見たこともありません。2メートル50センチから3メートルぐらいあったでしょう。ワンピース型のスーツを着ていて、背中に筒のようなものが2本付いていて、1本から蒸気のような物質が噴き出していました」。

・「歩幅がとても大きいのです。足をつけるのは、立ち止まるときだけでした」。

<赤い手の輝く人々>
<輝く人々が2016年にやって来る>
・「スターピープル」のいくつかは太陽系から来ているが、全部がそうではない。シャイニングピープルによると、宇宙には67の太陽系があり、毎日何千もの宇宙船が地球を訪れているらしい。わが国の政府には、それを見るためのテクノロジーがない。シャイニングピープルは地球のあらゆる場所に住み、人々を観察し、助けていると言っている」

・「われわれと同じような姿をしている。自分がなりたいと思えば、どんな姿にでもなれるんだ。地球では人間のような姿をしている。別の星では、そこに住む種族と同じような姿になる」
「あなたはなぜシャイニングピープルと呼ぶのですか」
「彼らの本当の姿は、光の球だからだ。人間の目に見えるのは、人間の姿をしているときだけだ。それ以外は、彼らが人間の目をくらましている。だから、多くの人は彼らに出会っていることを知らない。ただ光の球を見ているだけで、生き物だと認識していないのだ」

・「『赤い手の兄弟たち』についてはいろんな話がある。スカイピープルの1つのグループで、知識を集めながら宇宙じゅうを旅していた。それで、地球のあらゆる民族の起源の秘密を知っていたんだ。宇宙じゅうの生物の住む惑星についても知っていた」

・「彼らの寿命は8000年だそうだ。彼らは言うには、この太陽系で戦争をしている惑星は地球だけだそうだ。他にも戦争をする惑星はあるが、太陽系ではない。彼らはあらゆる病気を治す知恵を地球の科学者に授けたのに、それを使っていないと言っている。宇宙には、住民がまだ暗黒時代に生き、車輪も知らない惑星もあれば、住民が年を取らない惑星もある。他の惑星よりもはるかに進歩していて、そこに住む存在は、頭を働かせるだけで、自分が選ぶどんな姿にもなれるという星があるとも聞いた。ある星にはクリスタルでできた都市があり、この星には他に光源がないので、夜になると月のように輝くそうだ」

<爬虫類タイプの異星人/目撃証言多数!>
<異臭……そして現れたうろこのある生物>
・さまざまなタイプの異星人が報告されている。多くは人間に似た姿をしているが、動物のような姿のものもいる。その中で一番目撃情報が多いのが、爬虫類タイプだ。背の高さは1メートル50センチぐらいから、3メートル近いものまである。報告によると、緑がかった茶色のうろこ状の肌、唇のない大きな口、それに赤い目をしているという。目撃者が、手と足にはかぎ爪がついていたと報告している例も多い。

<異星人は連れ去りに失敗することがある⁉>
<回転する宇宙船から降りてきたのは、赤い目の悪魔でした>
・私はよくワク・チャンのことを思い出す。彼は自分の村を離れて旅をしたことはなく、行ってみたいとも思っていなかった。だが、よその星から来た青い肌の巨人が近所の家族を拉致するのを目撃し、その体験を人に話すのを生きがいにしていた。

<スカイマンが造った古代都市が存在していた ⁉>
・グアテマラの古代都市キリグアでは、近隣の村の老人たちが、この町は昔からずっとスカイマンと接触があったと断言している。実際、この古代都市は「空王朝」によって支配されてきたのだ。

<一家全員連れ去り事件、黒幕はUFO ⁉>
・いつの時代にも、青い肌の異星人の存在は報告されてきた。ミズーリ州とアーカンソー州にまたがるオザーク高原の地下の大洞窟で、2メートル余りの青い肌の男と遭遇した人がいる。南部諸州では、いくつかの情報源から、青い肌の種族との遭遇体験が報告されている。チェロキー・インディアンの伝説によると、大きな目をした青い肌の男たちは地下に住み、夜間だけ地表に出てくるという。ホピ・インディアンにも、青い肌の星から来た戦士の話が伝わっている。スティーブンズとキャザウッドの足跡をたどる間にも、空からやって来た青い肌の人々の話を数多く耳にした。

<異星人はヒッチハイカーのフリをして人をさらう?>
<ヒッチハイカー風の宇宙人に騙された!>
・グアテマラには、最も驚くべきUFO遭遇体験の記録がいくつか残っている。特筆すべきは、その目撃話のバラエティの豊富さで、単なる空飛ぶ物体の目撃から、拉致、宇宙船の着陸、牛の虐殺、さらには奇妙な形の飛行船から現れた得体の知れない存在と接触した人の証言にまで及んでいる。

<絶滅寸前の青い巨人たちが人をさらいにやって来る ⁉>
<「背の高さは人間の2倍、頭の大きさは4倍もあります」>
・青い肌と巨大な頭を持つスペースジャイアントの話をしてくれた。青い肌をした異星人の話を聞いたのは、これが最初ではない。



『2012年 人類に終末は来るのか?』
マヤ「人類滅亡予言」の真相
大川隆法   幸福の科学出版  2011/8



<私を指導していた神はリエント・アール・クラウド>
・(ケツァルコアトル);私が地上に降りていたときは、リエント・アール・クラウドさんが、ご指導されていたと思いますね。
 だから、私がケツァルコアトルだった当時の神は、はっきり言えば、リエント・アール・クラウドですね。

<ケツァルコアトルから見た「2012年問題」>
<2012年に向けて悲劇性は高まっていく>
・(ケツァルコアトル)いやーあるいは、1999年が過ぎて2001年のアメリカでのテロ事件から2003年のイラク戦争、2008年の金融危機、そして、あちこちで大地震や津波がありました。

 また、今も、日本の大地震や津波、原発事故、アメリカのハリケーン、中国の旱魃や洪水、それからアイスランドやチリの火山噴火など、いろいろなものが同時多発的にあちこちで起き始めています。このような終末的様相は、2012年に向けて、あと1年半、かなり高まっていくと思いますね。

<終末的様相は「救世主の活動の活発化」と対をなす>
・自分達の力を超えた危機が現れたときに初めて、人は、人智を超えたものの救いを求めるようになる。神は人々が繁栄し、慢心し、堕落していくときに、そういう危機をお与えになることがある。しかし、今は、活動のフィールドが世界規模になっていこうとしているので、やはり、世界規模の危機に対応することを求められる存在が出てくるということです。

・大川総裁が日本で数多く説法し、本を出していることが、外国の人達の目には留まっていて、それが海外で翻訳され、出版され、伝道活動が進んでいる。

<2012年は「四度目の滅び」に当たる?>
・たぶん、今回の「2012年」は、まあ、私の記憶が正確かどうか知りませんが、「四度目の滅び」に当たるのではないかと思うんですよね。そして、四度目の滅びのあと、五度目の文明が生まれてくることになるわけです。
 だから、マヤの人たちは、過去の文明が、自分達の文明を含めて四度起きたことまでは認識していたのではないかと思いますね。

<リエント・アール・クラウド王>
・地球神(エル・カンターレ)の分身の一人。人々に心の世界の神秘を語った。現在、宇宙人の地球への移住に関して全権を握っている。

<ケツァルコアトル(ククルカン)>
・古くは、紀元前より、マヤやアステカなどのメソアメリカ文明で信じられていた平和の神。

・「霊言現象」とは、あの世の霊存在の言葉を語り下ろす現象のことである。これは高度な悟りを開いた者に特有のものであり、「霊媒現象」(トランス状態になって意識を失い、霊が一方的にしゃべる現象)とは異なる。
 また、外国人霊の霊言の場合には霊言現象を行う者の言語中枢から、必要な言葉を選び出し、日本語で語る事も可能である。



『「シャンバラの秘宝」Zファイル』
 (玉井禮一郎)(たまいらぼ出版)1998/6



<ブラジルからの地下都市シャンバラ>
・「ブラジルの地底世界(シャンバラ)−法華経、聖書に示される未知の存在―マヤ、インカ文明、アトランティス、ムー大陸―金星、宇宙人―地底世界(シャンバラ)の大師(メストレ)と王(サナート・クメラという650万年前に金星から天下ってきたという地球の真の王という。これらが実は深い因縁を持っている)。

「『トランス・ヒマラヤ密教入門』(たま出版)という本の中に、シャンバラの起源が1850万年前に遡りシャンバラのための最初の植民地が南アメリカの中央にあるイベス寺院であったということ」。
「古代マヤやヒマラヤやゴビ砂漠など世界各地に現存するシャンバラは、すべてイベス寺院から派生したものであるということ」。
「私が訪ねたブラジルの中央部には、そのイベス寺院の跡があること」
「その最初のシャンバラの住人たちは、金星から移住してきた人たちであること」。
「私(玉井)は、すでに法華経の『地涌品(じゆうぼん)』が地下世界と地底人の存在を暗示し、それが真実であることを知りえたことが、今回のブラジル探検行の最大の収穫であったことは述べた」。

・「同著者は、地下大空洞の世界は、幾多の迷路をたどって、地殻の表面を通じているといい、また火星、金星にも同様な地下世界があることを述べて、さらにいう、『地下世界には巨大な山があり、岩があり、処女林があり砂漠があり、寺があって驚くべき面積を占める幾多の都会があり、そこに隠される神秘は、幾百万の住民によって守られる。住民は、深遠な知識の持ち主で堅固な信仰を持つ』

・「地下住民一般は、聖都の第一郊外までしか行くことができない。少数者のみ恐ろしいヤコブの梯子をのぼって聖都に行き、そこで高等秘伝を受けた上で、中央伽藍(がらん)にはいる。伽藍は、魔法的建築の丸屋根で太陽のスペクトルのような色彩の光を絶えず吐き出し、かつ吸い取っている。伽藍の中央権威マキシマム(サナート・クメラ=上行菩薩)が厳格に君臨したまうときには、光と音を発する虹のようにして現われたまう。この地下首都がシャンバラである」。



『古代マヤ文明が日本を進化させた』 
時空を超えた宇宙人のシナリオ
高橋徹  徳間書店  1995/4



<「高度な文明を持つ銀河の航行者」マヤ人>
・マヤ人は宇宙における一種のエンジニア=工学的な技師であり、生命有機体「地球」と、そこに住む人類がDNAプログラムによって定められた進化の道筋を健全かつ順調に歩んでいけるようにサポートする使命を担っていたのだ。そして、必要に応じて、地球のあちこちを訪れた。また空間移動(テレポーテーション)やタイムトラベルといったSFのような技術も身につけていたに違いない。

・筆者自身、この見解を受け入れることでマヤに関する様々な謎が解けてきた。特に、マヤ人の手腕は、宇宙における「次元調整」、なかでも各次元における時間や周期の問題と深くかかわっている。

・マヤの神官たち・・・・・エジプトのピラミッド建設にも深くかかわりを持つ賢者および技術者集団。本書では、彼らのことをマヤ人と呼ぶ。

すでに述べたように、マヤはもともと中米のジャングルに住んでいた現地人ではなく、彼らに数多くの知恵を与え、一部はそこで地元民と同化しようとした人々のこと全般を指すのだと筆者は考える。

<ホピ族とマヤの「赤い都市伝説」>
・アメリカ・インディアンのホピ族は、南方の赤い都市にまつわる神話物語をも伝えている。この物語は、南の熱い地方からホピ族が移動するさまを描いたものだ。移動の途中で、彼らは、四つの段階構造を持つ神殿都市「パラトクワピ」を建てた。この建物の目的は知識の体系を獲得し、統合することだった。

・建設作業が終了すれば、都市を放棄し、知識に対する記念碑としてその都市を残すという命令が下されていた。しかし、この命令を忘れた住民は、次第に退廃へと向かっていく。そうした時に、部族間の競争状態が彼らを目覚めさせる。彼らは、自分たちの使命を思い出し、ついにパラトクワピという南方の神秘の赤い都市を放棄するのだ。

・この神話は何を物語るものだろうか?この「赤い都市」を建設し、そしてそこを去っていくという彼らの行動がマヤにも当てはまること、すなわちマヤ文明は滅亡したのではなく、ただそこに知識の体系を残し、去っていっただけだという見解を筆者は支持する。建物や都市に対するこだわりのなさも注目に値する。

<聖徳太子とマヤ歴が日本を動かしてきた>
<聖徳太子とマヤの神官のあいだには交流があった>
・パレンケのパカル王は、私達の言葉で言えば、一種の「魔術師」であり、同類の人々との宴会を楽しんでいたという。そのパレンケ宮殿の宴会には、中国、ジャワ、インドの魔術師、さらにはケルト地方の代表的な魔術師、マーリンも参席したという。

・これはアグエイアス博士のフイクションともナンフイクションとも受け取れる物語の中での話だが、そもそもパレンケ自体が、その石棺の蓋の図により、「宇宙人説」が頻繁に登場するくらいなので、それに比べれば、これははるかに穏便な見解であろう。



『宇宙からの愛』 チャネリングによる宇宙との交信記録
杉村和子   エルランティの光出版 1992/9



<250年後のニューヨーク>
・チャネリングによって出された意識によれば、地球ユートピア計画は、250年後のニューヨークを最後の舞台としております。

・250年後のあのニューヨークの空は、UFO、UFO、UFOで覆いつくされることでしょう。皆は争って宇宙からの来訪者を歓迎し、そして、地球と宇宙の者たちが手をとり、そこに大きな花が咲くことを期待しているのです。

・この地を中心に神の心に帰ろうとする動きが、地球だけではなく、たくさんの宇宙にある意識と共に最後の展開を繰り広げ、人類は更に新たな心の修業の段階へと移行していきます。

<苦しんでいる人が一番悪いのです。>
・いかに間違った生き方をしてきたか。肉の世界では、立派でも、どれほど神の心に反した生き方をしてきた自分であったかを見せられたのです。でも、そう簡単に気付かせていただいたわけではありません。四苦八苦と言うか、七転八倒と言うか、次々と襲いかかる苦しみに肉の私はどうしてよいか分からず、ただ「助けてほしい」一心で、田池先生を求めていたのです。

<マヤ文明>
・中米グアテマラの北部、ユカタン半島を覆うセルバと呼ばれる密林に眠るティカールの神殿、広い熱帯雨林の中にそそり立つ大建造物の群れ、また、グアテマラに端を発し、えんえんと蛇行してメキシコ湾に注ぐウスマシンタ流域に繁栄したマヤの諸都市、パレンケ、ピエドラス、ネグラス、ヤシュチラン、ボナパク、アルタル、デ・サクリフィシオス、セイバル等々・・・・。

・マヤは神聖な文字を持ち、点と横線で表わす点棒式の数字を持ち、二十進法を持っていた。そして、桁とゼロの概念を持ち、その天文学の発達はグレゴリウス暦やユリウス暦よりも正確な暦の値を出していたと言われている。
しかし、マヤの実体は、その文明の突然の消失とともに今も不明のまま謎に包まれています。

・平成2年よりUFOとか異星人からのメッセージを聞かせていただいているうちに、マヤ文明も宇宙からの来訪者が築きあげた文明らしいということに気付きました。

・アンドロメダ星雲のラビル星という星から逃亡してきた一族がユカタン半島に不時着して、その地に築いたのがマヤ文明であるというのです。

<ラビル星から地球を目指すマヤの民の意識>
・ただ遺跡としてマヤの遺跡として、今はその無残な姿を残しておりますが、かってはユカタン半島を征服し、繁栄に繁栄を重ねた私達が、ございました。しかし、私たちの故郷はこの地域ではなく、アンドロメダ星雲、ラビル星でございます。マヤは滅んだのではありません。マヤの民は連れ去られたのです。

元の私たちの故郷へ・・・・。



『まもなく宇宙人が到着します』
フランス国立宇宙研究センターがUFO目撃情報を公表!
田村珠芳   ハギジン出版   2007/5



<アルシオネ>
・この天の川銀河団の中心には、アルシオネという星があります。太陽系と同じように、アルシオネを中心に惑星がグルグル回っているんです。じつは太陽系も、このアルシオネを中心にグルグルグルッと5万2千年周期で回っている、一周しているんです。ところが、アルシオネという星は、もう6次元の世界の星なんですね。
 そこに住んでいる人たちも、私達は3次元の世界でも、彼らは6次元の世界ですから、テレパシーですべてのことを読みとったりできる存在です。
 そこからはもの凄い光が放射されています。天の川銀河団の真ン中から、ドーナツ状に光が放射されているんですね。

<一部の地球支配者達による目隠しから自由になる>
・この広い宇宙に、人類はあなた方だけではありません。あなた方の遠い祖先は宇宙からやってきて、いくつかの巨大文明をつくりました。昔も今も、宇宙と地球は交流があり、この広い宇宙では、人間だけが生きているのではありません。
 しかし、長い間人類を支配してきた存在達(秘密結社イルミナティ)は、人間を他のすべての世界から孤立させ、つながりを断つことで、人間を地球にとじ込め、他の星の住人達と交流させないようにしました。

・人間の住める世界は地球だけだ。異星人は存在しない。UFOなんか存在するはずがない。目に見える物だけが真実で、それ以外は精神がおかしくなっているのだ、と。人は生まれて死んで、肉体が亡くなれば終わりなのだ、と。
 こうした認識を広げるために、宗教や科学が使われてきました。本当は、この広い宇宙にはたくさんの友人がいて、人間にあらゆる形で話しかけ、メッセージを送ってくれています。しかし、人間は信じようとしません。虫の知らせ、第六感、夢枕に立つ、気がすすまない、嫌な予感、胸騒ぎなどは宇宙からのメッセージなのです。友人達が心配して送ってくれた伝言なのです。
 あらゆる物は光の波動でできています。波動は目に見えるものと見えないものがあり、人間は見えるものだけを信じるように教育されてきたのです。

・もう、これ以上隠しとおすことができないときがきているのです。人間が本当は光の波動からできていることを知るときが近づいています。この宇宙には光の存在がたくさんいます。恒星に住んでいる存在達は光の存在です。地球は若い存在ですが、人間は、光の存在が人の形態をとったものです。宇宙からきた存在達が人間と変わらないのは、同じ形態をとっているからです。
 しかし、人間は光の存在になるためには、今までの教育、社会システムを変える必要があります。まず、宇宙のあらゆる存在達を信じることからはじまります。

<人は霊止(ひと)であり、光の存在なのだとわかれば、宗教はいらなくなります。>
・人間が信じ、愛し、尊敬するものは唯一、この宇宙を創り、万物を動かし、あらゆることを計画し、設計した宇宙の知性というべきものだけです。宇宙の友人達は意識のネットワークを創っており、お互いに助け合っています。人間が新しい出発をするために、手を貸そうとして注視しているのです。
 人間は一日も早く、今までの束縛から抜け出して、宇宙の友人達を公式に認めて、地球へ招待しなければなりません。人間は宇宙の存在達の仲間入りをするのです。

<我々の地球は5万2千年をかけて、天の川銀河団を一周しているということです。>
・天の川銀河団にはアンドロメダも、シリウスも、琴座ベガという星もあります。これらの星の住人達、ヒューマノイド(地球人と同型人)は、5次元の世界に生きています。人間は3次元世界ですから、私たちよりも数段次元が高いんですね。
 彼らはテレパシーで会話できます。地球文明の比ではない高度な文明を持っています。彼らは食べ物も、5、6種類のテクノロジーで簡単に作り出すことができます。空を飛ぶにしても、日常的に時速4千キロで飛べる宇宙船を使っています。瞬時に移動する方法もあります。

<あなたも宇宙人に遭えますよ、まもなく!>
・その人X氏の講演を初めて聞いたのは、20年近く前のことです。

・友人が「おもしろい講演会がある」からと、誘ってくれたのです。
たしかに、その人X氏の講演は、興味のわく話でした。講演の内容は、日本には数十種類の神代文字があって、アイヌ文字、アイヌ異体文字は宇宙の文字だというのです。そして、神代文字の一覧表をくれました。

・私は講演を聞いた仲間たちとともに、また私自身のライフワークとして、神代文字の研究をつづけていました。
 日本古来の天照大神の一生を書いた物語であるホツマ伝や、はるか5万年から1万年前に、日本列島にいたアジア族の中のカタカムナ人の科学を、カタカムナ文字で記した81種の歌というカタカムナなど、独自に研究しているグループがたくさんありました。私もいろいろなグループで勉強させていただきました。

・1991年に占いの師匠から「もう教えることはない」といわれ、占い師として独立しました。1993年に「カード易占いイーチン」という本を出しました。
 人は、無意識の世界では全部わかっているのだと伝えたかったからです。
 意識している自分など小さな存在で、無意識の世界は宇宙のはてまでひろがっている。そして、世界中の人とつながっていると実感できたからです。

・すると、その人X氏から電話があって、紹介したい人がいるから出てきて欲しいというので、20年ぶりにお会いしました。
 その人X氏は、80歳くらいの品のいい老人をグランドマスターですと紹介してくれました。「これから地球がアセンション(次元上昇)していくため、指揮をとっているのです」というのです。
 ほかにも、リエゾンなる呼び名の、地球と銀河連邦との連絡員という人もいました。

・その人X氏は、ここで初めて自分のことをPICO(ピコ)と名のりました。シリウス星からきているといっていました。

<人類のルーツは宇宙にあります>
<人間は何のために生まれてきたのか?>
・人間は宇宙の彼方からやってきた。肉体をもたない魂だけが集まっている所から。魂は光となって集まり、一粒ずつ寄り集まって、大きな海のような状態になっている所から。
 人間は生まれると地球にくる前の計画や約束は、すべて忘れることになっています。今回、宇宙のさまざまな所から、地球の大転換を体験したくて光の魂達はやってきました。

・しかし、肉体を手に入れることに成功したのは、わずかな魂達でした。肉体を手に入れることのできなかった魂達は、この人達を助けたいと思い、そばで力になろうと待っているのです。
 光の魂達は、何か貢献できることはないかと、いつも探しているのです。地球は成人式を迎えるところでした。
 5万6千年の長い旅が終わり、新しい出発をしなければならない地球は、戦乱の時代に終止符を打って、次元上昇を迎えるところでした。

・地球人類は長い間の悪の支配(秘密結社イルミナティ)の中で、悪について最もよく知っており、宇宙のこの領域では、地球人以上に新しく、ひときわ強い悟りの波動レベルに達する適性をそなえた種族はいなかったのです。

・今、地球にいる人間は、この大転換期に貢献するために、この時期の地球へやってきており、身を挺して、その成果を全宇宙の利用に供するために、地球に生まれたのです。

<フリーエネルギー時代の到来>
・1940年代から、先進文明を築いているといわれるUFOが回収、研究され、新しいエネルギーや、その推進力について、重要な技術革新が生まれました。
 また百年以上前、クロチア生まれの天才的な物理学者、ニコラ・テスラも、異星人からの情報を得たといわれる、化石燃料を燃やす必要のないテクノロジーを開発しています。これを使えば、貧困と環境破壊は解決されていくでしょう。

・発電所も送電線も不要で、どこでも使用できるようになります。
 これなら、家庭用の小型のフリーエネルギー装置だけあれば、燃料代が一切かかりません。装置代だけの問題になります。さらに新しい無公害のフリーエネルギーで、砂漠を緑化していき、都市間の輸送機関や交通システムも革命的に変わることでしょう。

・フリーエネルギーについては、すでにたくさんの文献が発表されています。またホームページなどでも情報発信されています。

・今世界各地で、個人発明家や企業家などが、フリーエネルギー装置を作りはじめているのです。
 アメリカ・ネバダ州ラスベガスの女性議員 シェリー・バークリーは、フリーエネルギーに関連する特許の機密解除を求めて立ち上がっています。封印されている特許は約3千件ほどあるといわれています。

・フリーエネルギーの研究をしている人が、日本にもたくさんいます。特許もすでに百数十件以上おりています。
 日本でかつてKモータースがフリーエネルギー装置を作りましたが、そこの社長がなぜか忽然といなくなってしまったと聞いています。 
 一方で、特許はおりていても、実用化されていないものもあります。Kモータースが発明したのは、空気中からフリーエネルギーをとり出す装置で、十何年も前の発明だと特許庁の人がいっていました。



『奇蹟に出会える世界の聖地』
稲田美織    小学館  2014/7/2



<ネイティブアメリカンの「聖なる地」へ>
<7世代先のことを考えて生きる>
・ネイティブアメリカンの人々は、人類学によれば、紀元前2万3000年から紀元前1万2000年頃、アジア・アラスカ間のベーリング海峡にかかる陸の橋を渡り、東アジアに住むモンゴロイドの一部が、アメリカ大陸に出現したのだと伝えられている。ホピ族の伝説ではもっと古代からアメリカに出現したのだと伝えられている。

・自然に畏敬の念を持ち、祈りと生活が密着するネイティブアメリカンの人々は、日常すべてが聖なるものに直結しているので、彼らの言語には宗教という言葉すらなかった。そして“すべての終わりは始まりに戻る”というサイクルが永遠に続くという思想を持ち、彼らは、7世代先のことを考えて生きているのだという。土地も神様からの借り物で、空気同様所有するという概念はない。

<宇宙の中心「フォー・コーナーズ」>
・アメリカで唯一、4つの州が接する場所がある。アリゾナ・ユタ・コロラド・ニューメキシコ州が交わるその場所をフォー・コーナーズといい、ここはネイティブアメリカンの中でも伝統をそのまま引き継ぎ、未だに現代文明に飲みこまれることもなく、部族本来の生活を守り続けているホピ族の聖地である。ホピという名前は“平和の民”という意味だ。
 そして、このフォー・コーナーズの辺りが宇宙の中心と呼ばれていて、その地点から西海岸と東海岸に、またカナダから南米へと大きな十字がホピ族の移動の軌跡を表している。マヤ文明もホピと繋がっているという伝承がある。

・コロラド州にはメサ・ヴェルデというアナサジ族の遺跡がある。(中略)西暦1300年頃、アナサジの人々は、このメサ・ヴェルデから忽然と姿を消した。考古学者による様々な説が上げられたが、ネイティブアメリカンの人々は、この移動を宗教儀式的な移動“マイグレーション”であると信じている。それは、一か所に安住すると精神が堕落するので、精神・物質的な浄化を行う儀式として、ある周期で大移動することなのだという。

<自然を所有することはできない>
・ホピ居留区から南に数時間車で走った所にセドナという赤い岩で囲まれた癒しの地がある。アメリカ人が住みたい町として常に上位にあがる、美しい町。観光案内で配られている町の地図を見ると、ボルテックス・スポットと数か所に記してあった。地球のエネルギー(気)がそこから吹き出ているのだという。

<原子爆弾とホピ族の予言>
・実は彼らが神から与えられ、清く守ってきたその土地はウラン鉱石が眠る場所だったのだ。その発見以来、西洋人は自分たちで決めた法律で土地を奪い、ここから採掘されたウランによって原爆は作られ、ネイティブアメリカンの大切な聖地であったホワイトサンズで実験が行われ、その数週間後に日本に落されたのであるという。

・彼らの伝説によれば、創造主が作った第一の世界は、初めは動物とも話ができるほど調和の世界であったが、人々はいつしか傲慢になり、その結果、火(火山)によって滅ぼされた。第二の世界は、人々が神から遠ざかったことで、地球を回していた双子の聖霊が両極から離れてしまい、極が移動し、氷に閉じ込められて滅びた。

・第三の世界も、文化や文明が栄えたが、人々はまたしても利己主義になり神を忘れ、水(洪水)によって滅ぼされた。一部の敬けんな人々だけが葦の舟で救われて、地下の世界で生き延び、今私たちが生きている第四の世界に繋がった。しかし、今回も人間は物質主義にとらわれたので、創造主はまた浄化を行うのだという。

<2012年に区切りをつけたマヤの暦>
・マヤカレンダーによると、今回の時代の始まりが、紀元前3114年8月11日だったので、その終焉の日は2012年12月23日と言われていた。その翌年の2013年にはご存知の通り、伊勢神宮で式年遷宮が行われた。私は、マヤカレンダーは人類滅亡を予告したのではなくて、2012年はひとつの区切りで、それにより2013年にかけて人々の意識が大きく変わったのではないかと思っている。

<大天使ガブリエルとムハンマド>
・こうして旧約聖書は始まり、天と地とそのすべての万象が完成された。ユダヤ、キリスト、イスラム教は、この旧約聖書を根にしている。エルサレムに3つの聖地が集まっている理由は、それらが元はひとつだったからなのだと納得した。アブラハムは、ユダヤ、キリスト、イスラム教徒の先祖で、彼らは本来、大きな家族なのである。

・私たち日本人にとってイスラム教は馴染みが薄い。私自身、イスラム教の聖地を訪れた時に初めて、ムハンマドが大天使ガブリエルを通じて神から啓示を受け、それがコーランとなったと知った。キリスト教において、人類を導く霊的存在なのだと思っていた大天使がイスラム教にも関係していたことに大変驚いた記憶がある。しかもムハンマドが布教の際受けた迫害の最中、再び大天使ガブリエルに導かれ天界を巡礼し、第一天でアダムに、第二天でイエスとヨハネ、第三天でヨセフ、第四天でエノク、第五天でアロン、第六天でモーセ、第七天でアブラハムと出会い、有徳の兄弟として迎えられた。

・天界巡礼にて、聖書の重要人物が全員登場したことからも、天界ではユダヤ教、キリスト教、イスラム教がひとつの大きなものであるということがよくわかる。それが地上に降りてくると、なぜ複雑になってしまうのだろうか。



『宇宙人飛来の謎』 
(アラン&サリー、ランス・バーグ) (二見書房)  1976
宇宙考古学の解く人類の誕生



<太古神“ヴィラコチャ”>
・伝説の語るところによれば、肌の白い髭をはやした男たちがチチカカ湖の岸辺から現れ、原住民を支配して、彼らに文明の祝福を与えたという。
この話は、アズテック族の間に伝わる“善なる神ケツアルコアトル”についての伝承を想起させる。この神も、恵み深い恩寵を原住民に施そうと、東方から大高原に登ってきたという。

<白い神ケツアルコアトル>
・伝説の霧の中に隠れた、このヴィラコチャとケツアルコアトルとククルカンとは、三つの異なる文化と祖先たちのおぼろげな記憶の彼方では、同一人物とみなすことができるだろうか?



『あなたの前に宇宙人が現れます!』  
ついに来たその時 
大出現!UFO&地球外知的生命体の『超』機密解除
田村珠芳、グレゴリー・サリバン(ワンダラー)
  ヒカルランド 2011/7/30



<運命の糸に導かれてUFOの基地アダムズ山へ>
・アメリカ西北部、シアトルから約250キロ離れたアダムズ山に毎晩、UFOが見える別荘があります。

・そうした中で、ECETIを知りました。「エンライテンド・コンタクト・ウィズ・エクストラ・テレストリアル・インテリジェンス/地球外知的生命体との覚醒的コンタクト」の略称です。

・このECETIが所有する別荘が、アメリカのワシントン州にあり、毎晩UFOが見えるというのです。

・ECETIは素晴らしく感動的な所でした。アダムズ山の景観や周りの自然もとても美しく、スタッフに東京で育ったという人もいて、日本在住の私との不思議な縁を感じさせられました。

<アダムズ山の地下に、UFOの入口がある!>
・アダムズ山には地底都市の入口があります。UFOはこの付近から出入りします。別荘は山から約20キロの所にあります。

・これまで、UFOを目撃したという数多くの証言があります。飛行機や流れ星ではないと確信を持って宣言できる人が増えれば、世界は変わってきます。

・1940年代後半に「空飛ぶ円盤(フライング・ソーサー)」という言葉が生まれました。1947年、アメリカ人のケネス・アーノルドが自家用飛行機で飛行中に、上空を飛行する奇妙な物体を目撃し、「円盤状の物体が水面上をスキップするように猛スピードで移動していた」と報告しました。アーノルド氏が飛行していたのも、アダムズ山が連なるワシントン州のカスケード山脈だ。

・アダムズ山は火山で、ネイティブ・アメリカンのヤキマ族の聖地です。ヤキマ族の神話では宇宙人とのつながりが強いエリアとして描かれています。許可を得ていない一般人は登山できず、車で近づくこともできません。ヤキマ族の神話には宇宙人が登場します。目が真っ青で金髪の宇宙人です。アダムズ山付近はヒーリング・スポットであり、多くのボルティックスがあります。

・骨折や病気をしたら山へ行き、三日ほどこもると、すっかり治っていることもあるそうです。ヤキマ族と宇宙人とは友好的な交流が続けられてきたからでしょう。ECETIの別荘が建っているエリアは、妖精、小人、オーブ、ビッグフット、自然霊など、まさに八百万(やおろず)の神が集まっている場所です。

<地球に来る小さな宇宙船と地球に近づかない大型のアシュター・コマンド(母船)>
・グレッグ;宇宙連合のアシュター・コマンド(母船)は地球から遠い所にあり、我々がコンタクトしているのは、小さい宇宙船です。母船は、あまり地球に近づかないのです。



『この地球を支配する闇権力のパラダイム』
  騙されるな!光の叡智AtoZ
(中丸 薫) (徳間書店)   2006/9



<マゴッチの深宇宙の情報・宇宙連盟>
・アリゾナ州のセドナの町一帯は、特殊なエネルギーの充満するパワー・スポットとして有名です。UFOの往来が多くて、全町民が至近距離で見ているので、これを疑う人は一人もいないと言うことです。

・その赤い土壌の下には、クリスタルからなるレムーリアの都市、星とつながる古代の出入り口があると信じられているそうですが、なんといってもその中心は、ベルロックでしょう。それは、巨大な「空飛ぶ円盤」の形をした丘状の岩石層で、このベルの形をした岩石の内部になにか仕掛けがあるらしく、マゴッチさんは、1987年の2月、この丘のメディスン・ホイールに近づくと突然足の下が抜け落ち、内部に引っ張り込まれました、そこには、宇宙人クェンティンさんが待っていて、ここで本を著すための集中講義をうけます。

・各部門はあらゆる点で完全な自立管理体制をとっているが、連邦の首都ザンシウスに代表を送っている。連邦諸世界は精神面で統一されており、遥か遠く離れたガーディアン評議会と言う上部機関に導かれている。これらの諸世界は、連邦宇宙艦隊によって結び付けられている。

・マゴッチさんの1985年2月24日のコンタクト場所は、メキシコシティから68キロ離れたテオティワカンの古代ピラミッドがあるところでした。メキシコの様々な歴史的出来事を描いたナショナル・パレスの大壁画の最初に描かれているのは、大昔のトルテック族時代のある光景で、先住民に囲まれて王座に座っている金髪の青い目をした白人が、伝統的な神座統治者ケツァルコアトル(この時代、クェンティンさんはこの人物として地球にいました)です。この地でマゴッチ(「深宇宙探訪記」(加速学園出版部))さんは、通りすがりのメキシコ人のほとんどが、クェンティンさんを眺めていくのに気がつきます。

<聖地にはパワーがある>
・アメリカ合衆国、アリゾナ州フェニックスは灼熱の砂漠にありながら、大都会に成長して、膨大なエネルギーと水資源を浪費している。この大都市とホピ族居住地の中間点にセドナという小さな町がある。風光明媚な観光地区であり、多くの芸術家たちが、住むこの町の特長は、なんといっても周辺にあるヴォルテックスと呼ばれるエネルギーの渦であろう。5ヶ所ほどから発せられ、それぞれが異なる種類のエネルギーは、地中から上空に向かって発散され、あたかも大竜巻のような形をしている。これは赤外線の航空写真からも見ることができるが、人間の健康に非常に良く、霊的な成長も促すという。

・また、ベルロックと呼ばれる鐘の形をした丘(一種の巨大なピラミッド)の上空では、エネルギーを充填するために現れるUFOが頻繁に目撃されている。ベルロックに限らず、このようなパワー・スポットでは、UFOが目撃されることが多いのである。



『セドナ・スピリチュアル・ガイド』
レバナ・シェル・ブドラ   クリアサイト・ジャパン  2011/11/1



<セドナのヴォルテックス>
・人々がセドナで経験したことや、ヴォルテックスの性質や場所、特別なパワーが感じられる場所、宇宙への出入り口、時間の扉、崖に建つクリスタル寺院や地中のクリスタル都市、セドナで目撃されたUFOのことなどについてさまざまな話を聞くこともできるでしょう。

<精霊の土地>
・現在、セドナには、およそ1万8000人が住み、毎年400万人の観光客が訪れます。1995年に北アリゾナ大学が行った調査によるとセドナにやってくる旅行者の64パーセントがスピリチュアルな体験を求めているということです。

・ポジティブなパワー・スポットは、ハワイのカウアイ島とセドナで、どちらも赤い岩に覆われた土地となっています。強力なエネルギーが渦巻き、創造主が虹を生み出す場所になっているのだということです。

<セドナは狭い地域の中に驚くほどたくさんのヴォルテックスが密集している点で特別な場所>
・セドナでは多くの人が人生を変えるような経験をしています。

<ヴォルテックスはエネルギーの渦です>
・エアポートメサは、オリオン座と強い結びつきを持っています。このヴォルテックスは、また光のエネルギーが流れる天上のレイラインを通してエジプトのルクソール神殿とカルナック神殿につながっています。

・月と冥王星からやって来るエネルギーはベルロックを通して地表を通るレイラインに入り地球全体に送られます。

・この15年の間にヴォルテックスを訪れたサイキックや霊媒や占星術家の多くは、実にさまざまなビジョンを目にし、ヴォルテックスのもつさまざまな面を感じ取っています。異星人を見た人もいれば、さまざまな自然の神々や大地を守るカチーナの精霊を見たという人もいます。

<セドナ郵便局>
・セドナ郵便局の一帯は、エネルギーの状態が常に思わぬ変化を続けているため、「時空のゆがむ場所」と呼ばれます。

・郵便局の正面玄関の外にあるベンチに座ると、はっきりとエネルギーを感じ取ることができます。このヴォルテックスは、目の前の幹線道路を横切って延びており、人によっては陰のエネルギーを感じさせ、郵便局の前を通り過ぎる時に、奇妙な経験をしたと言う人もいます。

<コートハウスロックではアストラル界の寺院のエネルギーが、強く感じられる>
<セドナとレムリア文明>
・セドナに行った人の多くが、瞑想中に、地下に埋もれたクリスタルの都市やクリスタルの寺院を共通のビジョンとして見ています。

そうした地下のビジョンを見た人のなかには何の予備知識もないままセドナにやってきた旅行者も多く含まれています。このことからセドナはレムリアが海底から隆起した土地で、地下にはレムリア人の建設した巨大なクリスタルの都市が埋もれているのだと考える霊能師やエネルギーワーカーもいます。確かにセドナには海のエネルギーを感じます。地質学的に言っても、その一帯は、かって海の底でした。

<私自身も赤い岩山の上でクリスタルの寺院のビジョンを見たことがあります>



『ついに宇宙人が最終戦争後のシナリオを用意しました』
 田村珠芳   徳間書店    2011/10/31



<すでに複数の惑星に地球人が移住している>
・すでに多くの宇宙人が地球に来ています。長年、世界各地に居住しています。プレアデス、シリウス、ゼータ、オリオンなどの銀河連邦に加盟する星々から続々と集まっており、太陽系からも金星人が地球上に来ています。

・エリア51やNASAには、大勢の宇宙人が地球人と一緒に働いています。

・実に様々な種類の宇宙人がいますが、彼らを大別すると、「ウォークイン」と「ワンダラー」に分けることができます。

・ウォークインとは、宇宙人が人間の体に入り込むことを言います。宇宙人はもともと肉体を持っていないので魂(ソウル)が昇華し抜け殻となった肉体を借りることで、地球に降り立つという方法を使うことがあります。

 それに対してワンダラーは宇宙の旅人です。同じく肉体を持っていないので母体に入り込んでその星の住人として生まれ、多くのことを学び肉体の死を迎えるとまた別の惑星に飛び、別の星の住人として生まれ変わります。ワンダラーは外見上私たち地球人と変わりません。人間としての家庭を持ち仕事を持ち、普段は普通に生活しています。

・ちなみに、よく目撃される灰色の肌をした頭でっかちの小さい宇宙人、いわゆる「グレイ」といわれるタイプの宇宙人はサイボーグです。
 サイボーグというのは機械でできたロボットではなく、極めて人間に近い組成を持つ有機体で構成された「人造人間」です。
 宇宙人には肉体がないので、そのままでは人間や物体に触れることができません。そのような作業が必要な時に、グレイのようなサイボーグを使うのだそうです。



『宇宙人がアセンションを語り始めました』
田村珠芳  徳間書店   2009/8/27



<私達のDNAを操作した宇宙人>
・地球人のDNAはもともと12本あります。でも動いているのは2本だけ。あとの10本は動かないように改造されています。

・そして、一日も早く地球人が目覚め、DNAが12本活動するようになってほしいと宇宙人は願うようになります。

<ワープの入口が金星にある>
・「ロズウェル事件」1947年ニューメキシコ州ロズウェルに墜落した宇宙船と宇宙人は軍が回収したのですが、その後の情報は闇に葬られています。
宇宙人から得た情報を発表しようとしたケネディ大統領は暗殺されました。

・結局、ロズウェルに墜落した3人の宇宙人は遺伝子組み換えのロボットだったのですが、生き残ったロボットが交信して、女性1人、男性2人の宇宙人を地球に呼びました。身長170〜180センチの金髪の美しい人たちです。
私は、プレアデス人ではないかと思っています。

・今も、その人たちは金星ゲートを通って地球に来ています。今、地球と通じているゲートは金星ゲートしかないそうです。だから、プレアデスやシリウスなど、どの星の宇宙人も金星ゲートを使って地球に来ています。ゲートを通ると目的地に瞬時に到達できます。

・宇宙では歪みがあって、歪み同士をくっつけると、瞬時に移動できます。いわゆるワープです。だから何万光年離れた星にも移動ができるのです。

・「ロズウェル事件」は、アメリカではとても有名で、事件を元にして製作された『ロズウェルー星の恋人たちー』というテレビドラマは大きな人気を集めました。



『完全ファイル UFO&プラズマ兵器』 
  飛鳥昭雄  徳間書店   2005/8/31



<地球内プラズマ領域>
<地球空洞論の歴史>
・興味深い事に、チベットのラマ教では、地下王国「シャンバラ」の存在を認めており、仏陀は臨終の間際に、シャンバラは北の果てに存在すると言い残している。地球上では北の果てとは、北極であり、仏陀はプラズマ・ホールの存在と、そこから伸びるプラズマ・トンネルが亜空間と通じていることを知っていたのだろうか。仏陀はそこをシャンバラと呼び、チベット仏教はポタラ宮殿に直結する地下世界と判断する。
では、そこはどんな世界なのか。
地球内部には、プラズマの不可解な法則にある亜空間世界が広がっている。地球内部がいかに超高圧高温状態でも、亜空間にはまったく影響がない。

<帰還するイスラエル10支族>
・享和3年(1803年)2月22日、常陸国(現在の茨城県)はらやどり浜沖合に異様な金属船が漂流しているのが、発見された。船頭が漕ぎだして浜辺に引き上げて、大勢の人々が近づいて直接手に触れたり、内部を覗き込んだりしている。その船はお椀を合わせたような円盤型で、四方にあるチャン(樹脂)で継ぎ目を固めた透明の窓から内部を見ると髪の長い美しい人間が座っており、内部には見慣れぬ装飾が施されていたという。内部の壁には不思議な文字が刻みこまれ、テーブルの上には何か食べ物らしいものも載っている。謎の人間は箱のようなものを絶えず持ち歩き群衆を近寄らせなかったという。

・このことは江戸時代の見聞集『兎園小説』の中の「うつろ船の蛮女」に詳細に記されてあり、『梅の塵』(天保年間)にも、微妙な違いはあるが、同様の記述が見られる。

・この怪事件を伝える瓦版も、最近、千葉県で発見され、当時は相当広く広まった事件だったことがうかがえる。

・瓦版によると円盤船が漂着したのは、茨城県鹿島郡京舎ヶ浜と記されているが、当時は地元でも場所の名が複数以上あるのは当たり前で今も大阪駅を梅田駅と呼ぶのと同じである。



『すでに宇宙人が話しかけています』
 田村珠芳   ハギジン出版   2009/1/7
あなたの世界観がひっくり返る一冊!!!



<五次元や高次元に住んでいる人たち>
・これからはもっと多くの人が何らかの形で次元上昇していくことでしょう。魂は永遠の命を持っています。肉体のように衰えることもなく、ますます光輝いて、次元上昇していくのです。宇宙の人たちも五次元や高次元に住んでいる人もいますし、もっと上の次元にいる人もいます。ただ、上の次元の人は、三次元に降りてくると波動を荒くしないといけないので、許されないのだといいます。五次元の人が三次元へ降りて来るのさえ、大変なことのようです。
しかし、今、地球は3.5次元から4.5次元位まで上昇しているので、あとわずかな年月で5次元へ行けるそうです。
地球から五次元へ上昇したら、地球に住んでいる地球人は、否応なく五次元へ上昇せざるを得ません。肉体を持って五次元へ上昇したいなら、肉体のメンテナンスと魂のクリーニングが不可欠な条件です。

・心を無にして天地と和合し肉体と魂の和合をはかり、大創造主に感謝し、生かされていることを喜び毎日楽しく生活すること、喜びの毎日は、より幸せな出来事を呼び寄せてくれます。
喜びの活動は宇宙へ届き、その日、その時がきたら宇宙船へ迎えられ、天空から水に覆われて、しばしの眠りにつく地球に別れを告げることになるでしょう。
そして私たちは、宇宙の別荘で30年間過ごすのです。その間に『宇宙の法則』を学び、地球人は宇宙人になるのです。

・「起こる出来事は、すべて必要だから起こっているのであり、無駄なものは一切ない」

<そば屋の女将が会ったハンサムな宇宙人>
・先日、広島に行きました。
そこに、宇宙船に乗ったことのある人が、または宇宙船を見たことのある人が、たくさん集まっていました。
そして、じつはねって、大勢の人が弘法山で宇宙船に乗せてもらったと言うんです。その時に、「わらべ」というおそば屋さんの女将が、「私、宇宙人に会ったよ。ハンサムだねぇ」って言うんです。
「えっ、ハンサムだったの?」って言ったら、「背は高いし、大柄なんだよ。凄いハンサム。髪は黒くて目も黒くて彫がちょっと深いのよ」って言うんですよ。
「へえ、その人はどこからきた宇宙人?」って聞いたら、
「プレアデスから来たって言ってたよ」「ええ?プレアデスの人ってそんなにハンサムなんだ」

・また近いうちに、そのおそば屋さんの十周年記念に行くんですけど、そこで行事があるらしいんです。

その時に、もしかしたら、プレアデスの人に男でも女でもいいいけど、会って宇宙船に乗せてもらえたらいいなあと、期待しているんですけどね。



『ようこそ宇宙ZINE』
宇宙人との接触、UFO搭乗が始まった!
田村珠芳ほか   ハギジン出版   2011/5/6



<TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)で日本壊滅>
・TPPが実現すれば、日本の農業、工業は壊滅します。林業、漁業もです。環太平洋の加盟国はアメリカやオーストラリアの餌食となるでしょう。

・日本独特の社会構造を破壊することが、アメリカの長期的戦略でもあったのです。

・2001年から成長のための日本経済パートナーシップの一環として「年次改革要望書」がまとめられ、その内容が2〜3年たって、いつの間にか日本政府の政策になっているという状況が続いてきたのです。
アメリカにとって有利な改革、改正は決して日本の国益に合うものではないのです。

・アメリカがアジアを掌握しようとTPPを持ちだしてきたなら、日本は参加してはならない。二国間のFTA(自由貿易協定)やEPA(経済連携協定)で十分なのです。先のばしにしてから、その間に日本の農業や、その他一次産業を守るための例外措置を設定していくようにすべきです。
アメリカは日本の中のエージェントを使って、TPPを早期実現しようとするでしょう。すでに日本のマスコミはTPPに賛成しています。



『これから宇宙人が救いにきます』 
(UFO搭乗、あなたはできる人?できない人?)
(田村珠芳)(ハギジン出版)  2008/4



<ところで、前述のロズウェルで見つかった宇宙人といわれている人たちは遺伝子組み換えのロボットだったんです。>
・生き残ったロボットが交信して呼んだのは、私達のと同じかちょっと背の高い、170センチから180センチある宇宙人なんですが、とてもハンサム、とても美しい人たちです。
 私の見たところ、プレアデスではないかなという気がします。プレアデスの人たちは、ちょっと大柄なんです。

・今、その人たちが金星ゲートを通って、地球にきています。今、地球に来るゲートは、金星ゲートしか開いていないんです。ですから、金星ゲートを通ってどの星の宇宙人もきます。
 プレアデスも、シリウスも、みんな金星のゲートを通ってきます。金星のゲートは宇宙連合の中にある銀河連邦の人たちが交代で見張っていて、ゲートが壊されないように見守っていますから、金星ゲートだけはいつでも安定して通ることができるんですね。ゲートを通るとなぜいいのかというと、目的地に瞬時に到達できるんです。

・要するに、この宇宙には歪みがあって、歪みと歪みをくっつけると、瞬時にある場所から別の場所へ行かれるから、何万光年も通ってこなくていいんです。
いわゆるワープというんですが、ワープすることで瞬時に移動ができるんですね。この地球にも、いくつか窓とよばれる出入り口があります。
その窓は、エジプトのピラミッドの上空にもあります。アメリカの五大湖、オンタリオ湖の上空、日本ですと富士山の上空にもあります。

・そういう窓といわれている所は、安定していないので、今でも閉じたり開いたりしているんです。使おうと思ってきてみたら閉じていたというと、ほかへ回らなくちゃいけないんですね。
瞬時に動けるからどこだってよさそうなものですが、地球にはいくつも安定した窓があったんですが、かつて宇宙戦争が起こった時に、ほとんど全部閉められました。



『宇宙人がアセンションを語り始めました』
田村珠芳  徳間書店   2009/8/27



<地下へと通じる道>
田村;地底人は5次元で生活しているんですか?

彼;そう、地底王国は宇宙とも交信しているよ。宇宙人もたくさん地底へ来ている。地球の地底はすでに宇宙と交流を持っているのさ。ほとんどの惑星の内部は空洞になっています。地球もそうです。そして、地下では、宇宙人が暮らしています。

原始時代に地球にやって来て、地球の表面で暮らすにはあまりにも文明が未発達で耐え切れず、地下に下りたのです。

また、アトランティスやムーの生き残りも地底で暮らしています。

地下での暮らしはとても平和的です。

伝説では、アガルタという地底王国があると言われていますが、その首都シャンバラはとても美しい都で、一種のユートピアです。地球には地底に通じる道がいくつかあります。

日本では13ヶ所、世界では23ヶ所あります。

<通貨を発行する権利>
・日本でも、通貨を発行しているのは政府ではなく、日本銀行です。財務省が発行できるようになれば、国民から搾取しなくてすみます。しかし、財務省に通貨を発行する権利を戻すのは、ロスチャイルドが許さないでしょう。

<金融経済はオリオン文明の遺産>
・マネーの時代が終われば。魂の時代となります。

<プラズマの中でDNAが進化する>
・太陽系はすでにプラズマの近くまで来ていますが、2012年には地球はほぼ完全にプラズマの中に入り、その状態が2000年続きます。

そして、プラズマの中ではDNAがほどけて12本すべてが働くようになります。

これまでの地球人とは違う存在になります。

そして、5次元に行き、また輪廻転生を繰り返しながら6次元を目指していくのです。5次元が最終ゴールではありません。神に近づくのが目的なら、7次元から12次元を目指すとも言われています。



『宇宙人がアセンションを語り始めました』
田村珠芳  徳間書店   2009/8/27



<アセンションとは意識次元の上昇>
・私達が、生きている地球は3次元の世界です。いつまでも3次元が続くのではなく、今の時点ですでに3.5次元から4.5次元まで上昇しています。そして、5次元まで到達するのがアセンションです。

<宇宙人との対話>
・2009年5月2日、ある人の紹介で宇宙人らしい人と会いました。宇宙人と言ってもSF漫画に出てくるような奇怪な格好をしているわけではありません。見た目は、私達と同じ人間です。プレアデス、金星、シリウスなど様々な星から来た宇宙人がすでに地球で活動しているのです。この日、私が会った人は、背の高いハンサムな男性でした。年齢は私と同じくらいです。

・あまりにも当たり前の普通の人に見えたので、開口一番「宇宙人なんですか?」と質問してしまったほどです。

以下はその時の会話です。
田村;宇宙人なんですか?

彼;いや、日本人だよ。

田村;ではなぜ周りの人はあなたのことを宇宙人というのですか?

彼;過去の記憶を全て持っていて、前世も全部、記憶しているからだろう。広島に原爆が落ちた時、宇宙船に乗って地球まで見に来たら、巻き込まれた。宇宙船は見事に墜落だよ。そのまま地球で生きることにした。それに、地球人が原爆を持ったとなると放っておけない。日本人として生まれることに決めて、それからずっと日本人として生きている。



『ようこそ宇宙ZINE』
宇宙人との接触、UFO搭乗が始まった!
田村珠芳ほか   ハギジン出版   2011/5/6



<シータ・宇宙(ユニヴァース)に繋がることが重要な時代になる>
・現代では人間の意識状態に応じて脳波が変化することがよく知られています。
 通常の活動状態ではβ(ベータ)波で、リラックスしている状態がα(アルファ)波、そこからさらにリラックスした状態がθ(シータ)波であり、このθ波の状態は夢現(ゆめうつつ)つまり、まどろみの状態で睡眠に入る境にあたります。
 睡眠に入るとδ(デルタ)波になります。観音の目はθ波の状態を表わしています。そしてこの脳波の状態をキープすることによって入れる世界がシータ・ユニヴァース(シータ宇宙)なのです。

・シータ・ユニヴァースとは階層がありますが、大まかには幽体離脱的に肉体を離れて、宇宙を眺めることができる階層、次に第6階層と呼んでいる宇宙の法則の階層、さらに第7階層である宇宙の創造主の階層があります。

<ワンダラーたちはミッションで動いている>
・古くアトランティス(ポセイディア)の時代にはワンダラーたちは、“神の掟の子たち”と呼ばれ対抗勢力である“ベリアルの息子たち”との争いが行われていました。
 これは映画『スターウォーズ』で表わされた遥か昔の宇宙に起こった同様の闘いであるオリオン大戦でも繰り広げられたことです。
 それを光と闇の戦いと呼ぶ人々もいますが、私はポジティブとネガティブの戦い(陰陽の戦い)と言った方が的確なような気がします。
 これは古代のエジプトではオシリスとセトの戦いとして、そのオリオン大戦が投影されていました。宇宙では何度も同じようなことを通して、魂の成長を促している。フラクタル構造をなしているからです。

・実際には魂には死ぬということがないために、この闇の勢力は現実点ではオリオン星系の一部に隔離されて魂の学びを行っています。

<日本人の医師をしている宇宙人の驚くような話>
・あと2年で世の中は、大きく変わるよ。資本主義は崩壊し、お金は崩壊し、利権も変わり、時代の流れが変わる。本物の時代がくるんだよ。



『いつも宇宙人があなたの間近にいます』
お金、権力、物欲よさらば!!   
田村珠芳  ハギジン出版  2010/2



<間近にいる宇宙人からこんな話を聞いた>
・たまたま、あるルートから地球に住む宇宙人の方とお会いして、フォトン・ベルトは本当にあるのか聞きましたら、「フォトンはないけれども、宇宙空間はプラズマで満ち溢れている。みんな宇宙空間は真空だといっているが、そうではなく、プラズマで満ち溢れている」といっていました。そして銀河の中心から出ているのはフォトンではなく、プラズマ・エネルギーだという。

・だから今、やがて来る新しい宇宙意識の時代に備えて、私たちが、少しずつ体験しているもの、体調の変化の延長は五次元の人間になるための訓練だと思ったら、今の頭の痛いのも治せたりして大丈夫のようです。

 あまり心配しないで、宇宙エネルギーをたくさん浴びたなりに対処していけば段々それに慣れて十分に順応できる体になっていくようです。

・心配しなくて大丈夫です。じきにそんなふうに慣れてくると思います。こうして体を慣らして五次元に入れるようになると、楽しくアセンションできるでしょう。
 それで先ほどの宇宙人に、フォトン・ベルトの中に入るとどうなるかを聞いたら、要するにフォトン・ベルトではなくて、プラズマ・ベルトですが、その中に入ると、もの凄いエネルギーを私たちは、浴びながらDNAが動き始めるそうです。

・DNAの螺旋階段状の分子、ヌクレオチドというそうですが、それは現在二本しか動いていないけれども、このDNAは全部で十二本あるから、その全部が動きはじめる。そうすると、今まであなた方が超能力だと思っていたことでも、超能力でも何でもないふつうの人間の能力になっていくから、もっともっと違う世界に入っていけるということをいっていました。



『2013:人類が神を見る日』 
(半田広宣) (徳間書店)  2008/2



<プレアデス的統制からオリオン的統制へ>
・―人間が意識進化を起こすためにはプレアデス的統制の成熟を待たねばならないーとオコツトは言った。これは言い換えれば、物質とは何かという命題を解かない限り、人間は決して精神の真の目的を獲得することはできないということを意味している。

・では現代物理学がゲージ原理を用いて展開している様々な素粒子の数学的概念を意識場の構造として解釈していくことが果たして可能なのだろうか。もし、それが可能ならば、プレアデス的統制はオコツトの言葉通りオリオン的統制として変態を起こし、新しい知の体系を私達にもたらしてくれることになるだろう。それによって私達の外なる世界と内なる世界が見事な調和を持った天使人類の空間領域、そう、あの伝説の楽園へと帰還していくことができるのだ。

<2013年、人類は5次元世界を発見する>
<悪―プレアデスが進化を失っている状態>
<西暦2013年・・・・・!>
・「マヤ人たちは、この260日の暦と365日の暦に基づきながら長期計算法と呼ばれる5200年周期全体を見渡せるカレンダー・システムを持ち込んできます。さらには2万6000年やフナグ・ク・インターバルと呼ばれる10万4000年の周期のカレンダーを持っていたのです。

・「これらすべての周期が時を同じくして、実は2012年の12月23日で終わってしまうのです」「2012年で終わる・・・」・・・2012年でーこの周期が終わる・・・。その時私の全身は凍りついたようになってしまった。オコツトからの情報とマヤ人たちが持っていた意識は完全にリンクしている。私は、この時そのことを確信した。オコツトは2013年から人間の意識が変換し人の意識次元に変移すると言っていた。人間が反転した空間の形を発見し、位置の変換を行うという例のないことのようだ。私は、強烈な興奮を感じながら質問を続けた。



『UFO革命』
 横尾忠則   晶文社  1979年3月



<母船で連れていかれた太陽系外惑星   安井清隆>
・(安井)普通の日本人よりもっと立派な日本語、まるでアナウンサーみたいな日本語で、声もそういう調子でした。

・ええ、高いんです。背が私の倍ぐらい、2メートル4、50ありました。

・「もっと遠い星で、太陽系の外の星なんです。まだ地球上では確認されていないので名前もありません」

・私のことは子どもの頃から全部観察してあり、記録されてあるらしいですね。

・宇宙人の名前はチュェレイさんといいます。チュェレイさんと一緒にいた女性は、背の高さは私と同じくらい、1メートル70センチはありました。髪の毛は少し長めで金髪なんです。

・母船はものすごく大きく、何メートルなんてものじゃなく、葉巻型になっていて長い方が50マイルぐらいだとチュェレイは言っていました。ということは、岡山県の幅ぐらいはあるでしょうね。とにかく想像を絶する巨大な母船なんですね。

・母船の中を小型円盤がピューピュー飛んでいて、全体が街のようになっているんです。

・どこから灯りが出ているのかさっぱりわからないんですが、とにかく昼間の太陽光線と同じなんです。

・彼らが、植えた草や木もあり、池のようなものもありましたよ。非常に気持ちがいい場所でしたよ。

・建物は地球のビルのように四角形のものや堕円形のものもあり、その中がコンパートメントのように仕切ってあるようですね。

・この母船は、巨大な宇宙空間を飛ぶと、ゼロに近い時間で飛ぶらしいですね。その原理は、私たち地球人の知識では全然見当がつかないですね。そして、この母船の中で、時時、地球の各国の人が招待されて色々な話をすることがありますが、その内容については、詳しいことは公表できないことになっているんです。ただ彼等は、原則として地球には干渉してはいけないことになっているらしいんです。

・飲み物は、地球のコーラに似たようなものを飲ませてくれました。けれど、特別変わった味ではありませんでしたね。そのほかにも甘い飲み物はあったんですが、私は、飲まなかったんです・・・・。食べ物は、肉をやわらかくしてトロトロしたものをスプーンで食べるんです。

・リスの肉らしいんです。それとトウモロコシのようなねぎ坊主に似た穀物をくだいて、粉々に作ったパンのようなものがありましたが、これは大変おいしかったですね。味付けの感じは、いわゆる西洋料理のような感じですね。

・チュェレイ星に行く時は、その母船でチュェレイ星の近くまで行くんです。

・降りたところの風景は、どちら側が北か南か全然分かりませんでしたが、とにかく、一方に海があり、その彼方にうっすらと山が見えていました。そして、海と反対側の方は、降りた所もそうでしたけれど、わりと荒れた土地、いわゆる荒蕪地といったらいいでしょうが、そんな感じの平野のような土地が続いていて、そのまん中に街というより都市といったらいいでしょうか、かなり大きな街が見えていました。

・草はね、少し違っています。ちょうど、芭蕉の葉っぱを少し厚くしたような、あるいはゴムの木の葉のように葉の肉が厚いんです。そういう草木が沢山あり、全部の木が闊葉樹ですね。それから動物もいるんですが、皆大きいですねえ。リスが羊ぐらいの大きさに見えました。ただ全部の動物を見たわけではありませんでしたけれど・・・。

・太陽はあります。ただ地球で見るよりははるかに大きいんですが、逆に太陽の熱は地球よりも強くないんです。そして、チュェレイ星は地球のようには自転していないらしいんです。

・都市というのは、かなり大きな街でした。岡山市の旧市内ぐらいは充分あったと思います。そして、もっと驚いたことがあるんです。最初に降りた所でざっと周囲の風景を見てから、もう一度円盤に乗ってチュェレイ星をグルッと一周してもとの場所に帰って来たんですがー海や山などの風景が同じだったのに気がついたのでチュェレイに聞いたら、「そうだ、最初に降りた場所だ」というのでわかったーさっきあった都市がなくなっているんです。おかしいなあと思って、風景は同じようだけれども、あそこに見えていた都市がないのはどうしてなのかと訊いたら、笑いながら、「あれは全部円盤でできていて、今はもう他の場所に飛び去ってしまったのだ」というんです。



『宇宙が残した最後の謎』
南山宏  廣済堂文庫  2001/11



<空中都市が建設されていた>
・『マハーバーラタ』の戦いは、人間界のクル族とパンダヴァ族の抗争に神界のデーバ(善神)族とアスラ(魔神)族がからむというのが基本的構図だが、実際にはヴェーダ神話とヒンズー教神話からなるインド神話の複雑な系譜を反映して、入り組んだものが多い。「サブハーバルヴァン」編では、おそらくまだ平和共存していた時代、魔神族の設計部長、マヤがパンダヴァ族の最長老王ユディスティラのために、“サブハー(空中宮殿)”を建設してやるくだりがある。マヤは、神々の設計技師、工芸神ヴィシュヴァカルマーと並んで、ヴィマーナ(宇宙船)の設計者ともされている。

・完成したサブハーは金銀その他の金属で造られ、8000人も収容でき、空を自由に移動できる美しい巨大な乗り物だった。喜んだ王が伝承学者の賢者ナラダに自慢すると、ナラダはインドラ、ヤーマ、ヴァルーナ、クヴェーラ、ブラフマーの各神もすでに、それぞれ素晴らしいサブハーを持っていると諌める。

・インドラのサブハーは、全長1200キロもあり、白銀に美しく輝く金属製で、永遠に宙に浮かび、自由に移動でき、内部には家々や草木があふれ、豊かな生活を送れるように何でもそろっていた。出入り口は、ヴィマーナがゆうゆう出入りできる広さがあり、防御用の武器弾薬も備えていた。

・ヤーマのものも同じような構造で、ヴァルーナのものは海中も移動でき、クヴェーラのものは最も美しかったが、大きさも構造も性能も全ての点で最高なのは、ブラフマーの“サブハー”だった。難攻不落のそれが宇宙を進んでいくときの近寄りがたい威容は、まさしく太陽や月も青ざめるほどだったという。

・カンジラル博士によると、サンスクリット語の“サブハー”は、“人間が組み立てたもの”という意味で、それが金属製で多数の人間を乗せて空中にいつまでも浮かんでいることができるとなれば、“宇宙ステーション”とか、“空中都市”としか考えられないという。

・実際、ヴァナバルヴァン編では、パンダヴァ族の英雄アルジュナが、神々から聖なる武器を受け取って、使い方の訓練を積むためにインドラのサブハーを訪れたとき、内部に神々用のヴィマーナが数千機も翼を休めていたり、発着しているのを見て驚くくだりがある。映画『スターウォーズ』の宇宙要塞そっくりの場面である。

・宇宙要塞や宇宙ステーションなら、その管理や保守や整備の要員が必要だ。前9世紀ごろの賢者カウティリャの著書『アルタ・シャストラ』には、それが専門的職業としてちゃんと載っている。同書は、本来、政治経済分野の論文だが、科学技術のいろいろな話題にも触れていて、技術専門職のリストに“サウブドカ(空中都市を飛ばす技術者”という項目があるのだ。空中で戦う訓練を受けた者も陸上戦士、海上戦士などと並べて解説されている。現代ならさしずめ空軍兵にあたるだろう。

<サブハー(空中宮殿)>
・“サブハー(空中宮殿)”ばかりでなく海中にも巨大な都市が造られていた。

<超大海中都市で起きた戦い>
・ヴァナバルヴァン編には、空中都市だけでなく、海中都市まで出てくる。先ほどの続きで、アルジュナがインドラのサブハーに滞在中、魔神族退治をインドラから頼まれる。彼らは3000万人もいて、海底に建設された難攻不落の要塞都市に住んでいた。

・インドラは、自分の空水両用ヴィマーナをアルジュナに貸し与え、有能な補佐神マタリをパイロットとしてつけてやった。

・熾烈な戦いとなったが、最後にアルジュナは海水を干上がらせてしまう神々の兵器を繰り出して勝利した。負けた魔神族が逃げ去ったあと、アルジュナは海底の要塞都市に入ってその美しさに魅了された。この都市の起源をたずねると、マタリは、こう教えてくれた。もともとは神々が私用に建設したのだが、魔神族がブラフマー神に頼み込んで、居住を許可された。ところが、彼らはいったん住み着くと居直って、神々を追い出してしまったというのだ。しかし、海中の隠れ家から敗走した魔神族は、その後もしぶとく生き残って、相変わらず神々と人間を悩ませ続けたという。

・話はさらに続いて、今度は、“ヒランヤブラ(黄金の都)”と呼ばれる巨大な宇宙ステーションが登場する。その昔、善神族と魔神族が平和だった頃、ブラフマー神が二人の魅力的な女魔神(デモネス)の願いで造ってやったという空中要塞で、家並みと樹木と海水にあふれて回転するその美しさは、目も奪われんばかりだった。
 だがこの空中都市も、魔神たちがいったん占拠すると、四方の出入り口をさまざまな武器で固めて神々を寄せ付けなくなったので、その態度に神々はすっかり困惑した。

・そこでふたたび、マタリはアルジュナをたきつけて、ヒランヤブラ(黄金の都)を破壊させようとする。アルジュナは、ヴィマーナ(宇宙船)で空中要塞に近づくと、魔神族は猛烈に抵抗し、激戦となるが、最後にアルジュナは神々からもらった究極の破壊兵器でヒランヤブラ(黄金の都)を木っ端微塵に吹き飛ばし、神々にその英雄ぶりを讃えられることになるのである。

<ミサイルが全てを焼き尽くす>
・魔神族の巣窟となった“空中都市”を神々が無慈悲に破滅させる話は、最古のヴェーダ聖典に早くも登場する。西暦前3000年よりももっと古い成立とも言われる『アジェル・ヴェーダ』には、魔神族がそれぞれ鉄と銀と金で造られた3つの空中都市を持っていて、神々は征服できず困っていたという話が記されている。とどのつまり、暴風神ルドラが、最後に火の熱、月の光、ヴィシュヌ神の勇気からできた武器で3都市を焼き尽くしたとある。

・『マハーバーラタ』では、3大空中都市を破壊したのがシヴァ神となって、話がもう少し詳しくなり、『マスチャ・プラーナ』ではさらにもっと詳しく、こんなふうに記述されているー。

・魔神族の建設技師マヤと二人の魔神が、ブラフマー神に願いをたて、シヴァ神の1本の矢にだけは勝てないという条件付で、難攻不落の美しい空中都市を造った。それは、3段からなり、最下段は鉄製で地上に置かれ、中間の段は、銀製で空中に、最上段は、黄金製で宇宙に浮かべられた。

・ところが、空中都市を自分たちのものにすると、魔神族はずうずうしく態度を変え、全世界を苦しめ始めた。神々は、魔神族をどうしても制圧できなかったのでシヴァ神に助けを求めた。
 そこで、シヴァ神は、小山ほどもある特製のヴィマーナ(宇宙船)を建造させ、ブラフマーがこれを操縦して出撃した。

・マヤたちは天と空と地の3都市を合体させて反撃し、海上近くで追いつ追われつの大激戦が繰り広げられた。その過程で、建設に協力した2人の魔神は容赦なく殺されるが、マヤだけはシヴァ神から海中に身を隠すように勧められる。以前の間柄とマヤの才能を惜しんでのことだったのだろう。

・マヤは、聞き入れて、そのとおりにした。そして、合体した大宇宙要塞めがけ、シヴァ神は強力無比な1本の矢、つまりミサイルを撃ち込み、空を黄金色に染めて完全に焼き尽くした。炎上した魔神族の大宇宙要塞は、すさまじい音とともに西の海へ落下していった・・・・・。
このように、太古の高度文明は、大宇宙都市をとうの昔に達成していたーサンスクリットの古文献に描かれている不思議な“サブハー”の神話は、そのかすかな遠い記憶の残響なのかもしれない。



『銀河間トラベラー「アプ星人」との170時間』
ヴラド・カペタノヴィッチ   徳間書店  2010/6/30

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        

<兄弟愛から地球を訪れるアプ星人との出会い>
・二人とも、なで肩で背が高く均整のとれた体つき。着ているものといえば、体にぴったりと密着した、奇妙な色の極薄ニット・ウエア。なんだか、アザラシの濡れた肌のような風合いです。巨大なレンズ豆に似た堕円形の物体、マシン。

<長身のアプ星人には、全民族の特徴の融合が見られる>
・彼らは長身でした。ですが、背丈からどこの民族かを特定することはできません。唯一の特徴といえば、なで肩と大変均整のとれた体つきです。彼らは、地球上の全民族の特徴が融合されたようなルックスだといえました。

・顔の形はアラブ人に似ていましたし、目はモンゴル人です。鼻はスカンジナビア風で、顎はインド人のような印象を与えました。また、肌の色は明るいバラ色です。

<銀河系外にあるアプ星>
・「数十億年前に、アプ星人が原子を最小微粒子に分解して以来のことよ。この業績のおかげで、私たちは、最も崇高な力を手に入れることができたの。例えば、不死、プラスイオンの制御能力、その他にもたくさん・・・」

・重力除去能力で巨大な石も運んでしまう。アプ星人は太古より人類を見守って来た。イエス・キリストも地球を陽性化したアプ星人の一人だった!

・「宇宙現象のせいでアプ星人が地球に通いにくくなってから、地球時間で5億年という年月が流れた。少し前から、つまり20世紀初頭から、地球が属している銀河は陽性のゾーンに入った。

・このゾーンは私たちの船や浮遊都市の航行には好都合なんだ。もし僕たちが何の問題もなくここに来ることができていれば、地球生活の多くの問題は既に解決されていたんだよ」

・国連創設の背景にアプ星人のバックアップがあった。ルーズベルト大統領にもアプ星人の働きかけがあった。エッセネ派の拠点クムランは、太古アプ星人の科学研究所だった!

<スクリーンに映されたペルーの未来の大惨事>
・引き続き、数多くの銀河誕生の発端となったアプ星の爆発以降、この地域で過去に発生した大災害の様子が次々と映し出されました。タイム・スクリーンによる過去の映写が終了すると、今度は、今後この地方が晒されることになる天変地異の投影が始まりました。




『宇宙と人間の謎』   
 (深野一幸)(成星出版)  1998/2



<異次元からの宇宙人がいる!?>
Q.: 異次元からの宇宙人が来ているというのは本当か?

A.: 容易に信じられないが、真実のようである。宇宙は多次元構造でできており、我々の住む物質世界は三次元世界である。地球に進化した宇宙人がやって来ているが、彼らは、三次元世界からのみやってきているのではない。四次元世界にも、肉体を持った人間の宇宙人が存在し、地球にやって来ているようである。

<4次元も物質世界>
・オスカー・マゴッチが行った星は4次元の「アルゴナ」という惑星である。ただし、地球の次元と4次元は同じ空間にあるが、波動が異なるため、お互いに見えない。マゴッチのいう4次元や5次元は幽界や霊界ではない。れっきとした物質世界である。3次元から4次元への移動は、UFOに乗りUFOの波動数を上げることにより行う。波動数を上げると3次元世界が徐々に消え、4次元の物質世界から3次元の物質世界への移動は、UFOの波動数を下げることにより行う。すると、4次元世界が徐々に消え、3次元世界が現れる。



『「宇宙人と地球」の超真相!』
工学博士 深野一幸 (徳間書店) 1997/10



<オスカー・マゴッチの「深宇宙探訪記」の分析  (UFOの可視化と非可視化について)>

・「UFO可視化と非可視化」 UFOは、異次元の波動の高い材料でできているために、一般に3次元に住む我々地球人には見えない。UFOに乗っている宇宙人が、UFO自身の波動を地球次元の波動数にまで下げてくれると、3次元物質化して、一般地球人の視覚でも捉えられるようになる。さらにレーダーには映るが、目には見えない状態や目には見えてもレーダーで察知できない状態にすることもできる。4次元人間の可視化、不可視化とともに、現代の地球の科学の知識では全く理解できない情報である。また、UFOは船体の周りに自己防衛場を持っており、これをフォース・フィールドという。飛行中に隕石などにぶつかると弾き飛ばす能力がある。



『宇宙と人間の謎』 
(深野一幸)(成星出版) 1998/2



<5次元以上にも生命体は存在するか?>
・5次元以上にも生命体は存在する。以下はマゴッチの伝える情報である。

<5次元の生命体>
・4次元の宇宙人(人間)が進化して、肉体に宿ることを卒業した霊的生命体、自分の意志で肉体を持った人間になることもできる。

・宇宙の階級では、第5階級で、密度でいえば第5密度の生命体。

・コズミック・トラベラー(宇宙の旅人)とも呼ばれ、6次元のガーディアン評議会の命令で、遅れた星の宇宙進化の促進などを行う。

<6次元の生命体>
・5次元の生命体が進化した霊的生命体。ガーディアン(守護神)とも呼ばれる。昔、肉体を持った人間であったが、霊的に進化して霊的な存在となった生命体で、人間世界を指導している。

・50人のガーディアンでガーディアン評議会を構成されている。

・宇宙の階級からいえば、第6階級で、密度でいえば、第6密度である。

<7次元の生命体 >
・6次元の生命体が進化した高級な霊的生命体。

・アセンディド・マスター(高級教師)とも呼ばれ、7人存在する。

・宇宙の階級からいえば、7等級という。密度で言えば、第7密度である。

<創造主(偉大な潜在界)>
・究極の次元には、金白色のとてつもなく大きな光で、全てを包含する存在がある。

・これは、宇宙を創造し、宇宙全体を統御しており、神、宇宙意識などとも呼ばれる。



『〔宇宙人と地球人〕の超真相!』
 地球に危機が迫っている!
(深野一幸) (徳間書店)   1997/10



<地球人と関係の深い宇宙人の情報>
<1、 琴座(リラ)星人>
・琴座は、地球が存在する銀河系宇宙における人間型生命体の発祥地という。琴座(リラ)星人は、人間型の肉体を持つ最初の所属で、地球人と関係のあるシリウス星人、オリオン星人、プレアデス星人、ベガ星人、ゼータ・レチクル星人などは、みな琴座星人の子孫という。

<2、 ベガ星人>
・琴座星人と対極的な種族が生まれて発達した。これが、ベガ星人で、琴座星人を陽性文明とするとベガ星人は、陰性文明という。両者の間に争いが絶えなかった。

<3、シリウス人>
・琴座のシリウス人には、もともと肉体を持たないシリウス人(第5密度以上)がいた。超能力の意識により物質領域や非物質領域など波動密度の異なる複数の領域を作り、シリウス人の長老たちと呼ばれた。

・琴座星人とベガ星人が争っていた時代、双方を代表するものたちが統合を目指してシリウスに入植した。そのうち、ベガ星人は、物質レベルの星に移住し、霊性を否定し、支配欲の強いネガティブなシリウス人となった。

・ネガティブなシリウス人の文明が発展していたとき、琴座からポジティブなシリウス人との間に紛争が起こった。そのためにシリウス人の長老たちが介入し、紛争の移転先を推した。その移転先がオリオンである。
シリウスには、シリウスの長老、ポジティブなシリウス人、ネガティブなシリウス人と多様な意識形態が存在している。

<地球文明に大きな影響を与えているシリウス>
・地球から8.7光年の距離の大犬座にある星で、地球から二番目に近い恒星。ポジティブなシリウス人は、通常、地球人の目には見えないが、地球人の前に任意に物質化して姿を現すことができる。現れたり消えたりする存在であるため、古代人はシリウス人を神のように崇めた。

 古代エジプト王朝において、目に見えないシリウス人の意識が第三波動レベルの地球に、古代エジプトの神々(イシス、オシリス、アヌビスなど)に化身して出現した。

・シリウス人は、地球人に科学文明や文化を教え、卓越した人物に転生してきた。歴史上の傑出した人物の中にシリウス人の転生者がかなりいる。転生者は、シリウス人の魂を持って生まれてきた地球人として、ピタゴラス、ソクラテス、ヒポクラテス、オウラトンなどのギリシャの哲学者がシリウス人だという。また、古代マヤ人に対しても高度な技術を与えたのは、シリウス人だった。

<4、オリオン人>
・シリウス人の長老の介入でネガティブ、ポジティブのシリウス人がオリオンへ移動して、それぞれに新しい文明を築いた。

・ネガティブなオリオン人は、地球に来ている地球外生命体の中で、最も発達レベルの低い存在で、地球に暗黒をもたらそうとしている。

黒服の男MIB(メン・イン・ブラック)として物質化して活動する。宇宙人やUFOの存在を暴こうとしている地球人を妨害することが多い。

・ネガティブなオリオン人が、地球人の肉体に宿って、ネガティブな活動を行なう。「影の世界政府」、巨大財閥の主要人物には、ネガティブなオリオン人の魂が転生している可能性が高い。オリオン人には、ネガティブとポジティブの両方が存在する。

<5、 ゼータ・レチクル星人>
・ゼータ・レチクル星人とグレイは同じような姿をした人間型生命体であるが、発祥はやはり琴座であるという。起源は、琴座のアペックスという星だという。

・ゼータ・レチクル星人は、個人主義がはびこり、核戦争を引き起こし、地下に避難を余儀なくされた。地底生活を送るうちに、自然分娩による出産が困難になり、クローン技術が開発された。クローン技術は、生殖によらずに同一の遺伝形質を持つ個体、すなわちコピーを作る技術である。

<新人種への変革>
・ 脳の構造を変え、感情表現を抑制し、自我意識を排し、集合意識を大事にする人種。

・ 地下生活のため、体を小さく作る。集光面積を広げるために目を大きくする。栄養を食物からではなく、特定の光波を吸収して、エネルギー源になるようにする。その結果、生殖器官と、消化器官がなく、頭が大きく、大きな目をして、皮膚から光のエネルギーを栄養として、摂取する、いわゆるグレイタイプのクローン人間の宇宙人が生まれた。

・なお、ゼータ・レチクル星人の平均身長は、107センチメートルである。核戦争の爆発によりこの星は、3次元から4次元へ次元移動を起こしたという。移動した新しい場所は、レチクル座のゼータ1とゼータ2の付近であった。そのため、新アペックス人をゼータ・レチクル星人という。

現在、ゼータ・レチクル星人は、第4密度の人間型生命体であるが、クローン化により進化が止まり、種族の存亡の危機に陥っている。

・そして、これを打開するには、遺伝子操作により、感情を取り戻すことであり、それには地球人の遺伝子が参考になると、高次の生命体に教えられた。そこでゼータ・レチクル星人は、現在地球に来て、一部の地球人を誘拐し、遺伝子実験を行なっている。誘拐された人間の多くは、恐怖を体験するが、一般的にゼータ・レチクル星人に悪意はないといえる。

<6、グレイ>
・ゼータ・レチクル星人のうち一部のネガティブな存在は、肌の色からグレイと呼ぶ、したがって、グレイは、見かけはゼータ・レチクル星人と変わらず、クローンで作られた宇宙人である。

・グレイは、UFO技術は持っているが、精神性の低い邪悪な宇宙人である。グレイは地球人の遺伝子が欲しいために、UFO技術の提供などを条件にアメリカ政府と密約を結んだ。そして、アメリカ政府に地下の秘密基地を作ってもらい、地球人を誘拐して殺し(!?)遺伝子実験を行なっているという。

<7、プレアデス星人>
・プレアデス人は、琴座から地球に来て地球の霊長類の遺伝子を組み込み地球に住みやすい体に改造した後、プレアデスに定住した。プレアデス人は、第4密度の肉体を持った宇宙人で、地球人と一番良く似た宇宙人だという。精神性が高く、高度な宇宙文明を発達させている。地球人と類似の遺伝子を持つため、プレアデスに移住後も地球人を見守り続けている。プレアデス人というと、セムヤーゼというプレアデス人とコンタクトしているスイスのビリー・マイヤーが知られている。



『異人その他』 
(岡正雄) (岩波書店)   1994/11/16



<異人>

・異人もしくは外人は、未開人にとっては常に畏怖の対象であった。あるいは彼らは、異人は強力な呪物を有していると考えて畏怖したのであろう。あるいは悪霊であるとも考えたのであろう。

・自分の属する社会以外の者を異人視して様々な呼称を与え、畏怖と侮蔑との混合した心態を持って、これを表象し、これに接触することは、吾が国民間伝承に極めて豊富に見受けられる事実である。山人、山姥、山童、天狗、巨人、鬼、その他遊行祝言師に与えた呼称の民間伝承的表象は、今もなお我々の生活に実感的に結合し、社会生活や行事の構成と参加している。



『秘密結社』
綾部恒雄  講談社    2010/10/13



<異人と祭祀的秘密結社>
・メラネシア又はポリネシアの社会生活の概念となるものはいわゆる秘密結社である。

・そのようなメラネシアやポリネシアの秘密結社の考察は、その様相、変型、フォークロア化の点で、日本文化史に与える暗示はきわめて深いと述べている。

1. 異人が幾度にか、季節を定めて訪来したこと。
2. 異人は先住民より亡魂、又は死者そのものと考えられたこと。
3. 異人は海の彼方から、来るものと信じられたこと。後には、山中の叢林より来るとも信じられるに至ったこと。
4. 異人は畏敬されつつも平和的に歓待されたこと。

5. 異人は食物の饗応、殊に初成物を受けたこと。
6. 異人は海岸地に住まずして山中の叢林に住みしこと。
7. 異人はdual organization の構成の原因となりしこと。
8. 異人が土民の女と結婚する必要ありしこと。

9. 異人とその女との間に出来た子供が特殊な社会的宗教的性質を有せしこと。
10. 異人は入社式、男子集会所の起源をなしたこと。
11. 異人はその異人たることを表徴する杖、及び「音」を有せしこと。
12. 仮面が男女二つあること。女異人が山中に住むということ。
13. 異人が訓戒、悪事摘発をなし、豊作をもたらし、又はもたらさしめんことを任務としたこと。

14. 異人が季節殊に収穫季、冬至に関係したこと。 
15. 異人は季節が来ると、その出現を期待されたこと。
16. 異人若しくは神は常に村にとどまらないと信じられたこと。
17. 異人の出現の際は女子、子供は閉居したこと。
18. 異人のタブーが財産の起源となったこと。
19. 異人がフォークロア化して遊行歌舞伎団となったこと。

20. 遊行人は異装し、杖と音とを有し、饗応を強制し、或は掠奪を敢えてし得ること。
21. 遊行人が神話、神の系譜を語り、或は之を演技で表現すること。多く季節と関係して。
22. 遊行歌謡団から伊達者(man―woman)が発生したこと。
23. 彼等は民間信仰に於いては、侮蔑されつつも亦高き階級に属すとされたこと。

・すでに触れたように、岡の考察はメラネシアの社会史を範例として行われたのであるが、これらの異人にまつわる表象、状況、発展について暗示された諸項目は、アフリカの祭祀的秘密結社の成立の事情を辿ることによっても、確認することができるのである。

                      

『異人・河童・日本人』 (日本文化を読む)
(住谷一彦・坪井洋文・山口昌男、村武精一)
(新曜社)  1987/11



<異人その他><日本民族の起源>
・アメリカ大陸の神話の中にスサノオ神話と同質のものが入っているらしい。もしそうだとすれば、スサノオ神話の歴史的な遡源は3万年近くまでさかのぼってしまうことになります。

・ストレンジャー(異人)が主役を演じる。

・大人(おおびと)というようなストレンジャーがあり、山姥が暮れに市に出るとその市が終わる、という話がある。

・経済史の中で、経済的な事象の中に「市に山人、異人、山姥、鬼が出現し、何程か市行事の構成に散ずるといふ事。つまり交易の相手たる『異人』の問題が考へられる」と書いておられます。要するに、ひとつの社会の対象化するために、そういうふうな異人が出現することが、いかに重要だったかということが、このへんで、明らかにされていると思います。



『アセンションの準備はできていますか』
(希望の太陽)中丸薫の光のワークショップ
中丸薫   ヒカルランド    2011/9/30



<5次元と霊界はどうちがうか>
・(中丸)霊界と言うのは4次元以降のあの世といわれるところですね。5次元というのは、この世の5次元。例えば、クエンティンさんかミコスさんは、半霊半物質の状態と言ってもいいんですね。呼べばテレパシーで行ってすぐ来るし、だからといってあの世の人ではないんですよ。だから5次元でも半霊半物質の世界。

<日本国内にも黒い目をした闇の権力の人が5000人ぐらい入っているということです>
<地底のアガルタ・ネットワークは2500万人ぐらい住んでいます>
<アンドロメダの超科学文明についてお話ししましょう>

・(中丸)宇宙にいってきた人は、例えばアンドロメダの星に14歳ぐらいから何回か行ったとか、そのアンドロメダの母船にも案内されたというアメリカ人と会ったことはあります。

・6階建てぐらいの母船。母船と言ってもその1階だけを見ても気が遠くなるほどの広さと言っています。山あり、湖あり、川ありという大自然の風景と同時に、すごい楽園のようなきれいな花畑とか何か、ビルだとかいっぱいあった。

・そして、飛行船に乗っている女性たち5〜6人に囲まれて、女性と思っていたんだけれども、「女性ですか」と聞きましたら、「いや、私たちは、両性」、女性であり男性でありと言う関係ですね、ですから、みんな2メートルぐらいで、ほとんどテレパシーでお話をし合っている。

・そういうことで、文明の進み方というのは、アンドロメダ星でいうと、地球と比べて科学文明は1万年ぐらい、アンドロメダのほうが進んでいるそうです。技術的な面ですね、精神文明は5万年ぐらい進んでいる。これが理想なんですね。


________________________________________
■■■ 私が思うこと、聞いたこと、考えること ■■■

・世界的にネガティブな異星人は昔からアブダクション(誘拐)をしていたようです。異類混血や生体実験とその目的もさまざまな理由があったようです。異星人の子供の妊娠についても、世界的に例があるようです。現代でも中米にはさまざまな異星人がコンタクトしてきており、人間社会にいろいろな逸話を残しているようです。
 著者の訪れたメキシコ、グアテマラ、エルサルバドル、ホンジュラス、ベリーズは、UFO目撃多発地帯であり、多くの沈黙のコンタクティがいると思われます。
異星人のテクノロジーは、非常に進歩が速くて「人間の霊体や幽体を操作したり、記憶を消したり」異次元で操作ができるといわれます。アブダクション(誘拐)でも空高く人間をUFOの中に引き入れて、記憶を消されて元の寝ていたベッドに戻されるといわれます。
神のような異星人も来ているようです。また人間をゴキブリ以下に見たり、実験動物モルモット扱いにする霊格の低い異星人もいて、その種類は100種類以上といわれます。異星人からの「人類の安全確保」のためにも情報公開が必要だと指摘されています。
「黄昏に女や子供の家の外に出ている者はよく神隠しにあうことは他の国々と同じ。−遠野物語第八話」、「遠野郷の民家の子女にして、「異人」にさらわれて行く者年々多くあり。ことに女に多しとなり。−遠野物語第三十一話」という異人の人さらいは、オリオン星人のアブダクション(誘拐)だったようです。ですから、異星人といっても、アブダクション(誘拐)をする邪悪な異星人も多く存在するようです。「異類」がとくに人間の女、子供を求めたといわれます。柳田国男は当時の警察の「異人」の情報を調べなかったようです。全国的に当時の「人さらい」の被害者数や、行方不明者数は、警察しか分からなかったようです。現代においてもビッグフットやサスカッチのような「獣人」を「空飛ぶ円盤」からオリオンETグループが降ろしているといわれています。さまざまな禁断の「生体実験」をしているといわれます。青い肌をした異星人は、インドの宗教画にみられますが、『竹内文書』の「五色人」のなかの青色人の宇宙人種のようです。

・女性の学者がメキシコや中米の古代マヤ遺跡をめぐって、周辺の住民たちから、さまざまなコンタクティたちの話を約100人にインタビューしたものですが、マヤ人の宇宙人の伝承は、昔から大変豊富のようです。昔はマヤ人の部落全員が異星に移住したという伝説もあったようです。神人や異人、モンスター・タイプの宇宙人や小柄なグレイや小人、巨人の宇宙人は現代に生きる人の中に多くの体験談があります。中米ではキャトルミューテレーション(動物虐殺)やアブダクション(誘拐)が今なお多いともいわれます。そして行方不明者の追跡も十分でないといわれます。
古代マヤ遺跡周辺には、未来からの宇宙人がコンタクトしてきているようです。このような現象は世界的にみられるといわれます。グアテマラはマヤ人と異星人のコンタクト話の宝庫のようなところなのかもしれません。グレイタイプの小人から巨人まで異星人の背丈もさまざまなようです。

・ちなみに、アーディ・S・クラークの他の本は『「YOUは」宇宙人に遭っています 』(スターマンとコンタクティの体験実録)(明窓出版 2013/10/1)があります。「北米インディアンたちが初めて明かした知られざる驚異のコンタクト体験実録」とのこと。「「これまで出されてきたこの分野の本の中で最高のもの」と本国で絶賛されたベストセラー・ノンフィクションをインディアンとも縁の深い日本で初公開!」と紹介されています。

・「毎年世界中で200万人が行方不明になっていると推定されている。そうした行方不明者の50パーセントは、犯罪の犠牲者か、家出など意図的な失踪と考えられている。残りの50パーセント、すなわち100万人は、その失踪に何の理由づけもできないため、当局は困惑している」と述べられています。アメリカでも犯罪に巻き込まれている行方不明者は、子供も含めて多いともいわれます。実際にアブダクション関係がどのくらいになるのか分かりませんが、現代の大きな謎、不思議のようです。過去も含めて合計するととんでもない大きな数字になるそうです。グアテマラ内戦(1960〜1996)では、20万人ともいわれるグアテマラ先住民の虐殺があったといわれます。

・「時空間を超えてこの地球にやってきて、人類をアブダクション(誘拐)し、受精して、子孫を作りました」。それがエササニ人のバシャールだそうです。また「タウ人の遺伝子を使ってグレイを作るために主に子供を標的にして誘拐し、殺して細胞とホルモンを取りだしたのでタウ人がグレイを殺そうとしている」ともいわれます。「ロシア人はタウ人との協定を破棄し、同じ協定をリュウ座人の前衛部隊と交わしてタウ人を追い払ったと考えられている」とも伝えられます。世にも奇妙な話のようです。スター・ウォーズは陰険に陰惨に続いているのでしょうか。現代の世界の警察は、どのように対応しているのでしょうか。世界的に行方不明者数も多いといわれます。

・「2012年問題」、「2012年のアセンション(次元上昇)」について、当時多くの精神世界の書籍が出版されました。私たち一般人にとって、「2012年に実際に何が起こったか」ということはあまり関心がなかったようです。

・ブラジルの夢見の予言者、ジュセリーノ・ノーブレガ・ダ・ルースによると、「日本経済が破綻する」、「2012年は、阪神大震災が起こる」と不気味な予言をしていたそうです。夢の中に神のような人物が現れ、ビジョンを見せてくれたそうです。場所などの説明もあるそうで、その災害の予言をジュセリーノ・ノーブレガ・ダ・ルースは、災害が起こると予言される地区の役所に手紙を書いて警告したそうです。彼の予言も当たらなくなりメディアからも無視されていると語られています。

・東日本大震災で、私たち一般人は、大地震や大津波の恐さを痛感しましたので、「大都市に大地震や大津波が起こる」ことの可能性や確率の認識が、80%位の人々の常識になったようです。関係者も対策に余念がないようですが、私たちも個人的にできるだけ準備をしておきたいものです。

・「非常識と常識の違いは紙一重の差である」といわれますが、東日本大震災は、大震災の恐さを潜在意識に刻みつけたようです。ほとんどの人々にとって、この程度の大震災は初体験のことだったでしょう。仙台空港に大津波が押し寄せて来た時、「この世の終わりか」と思った震災現場に居合わせた人もいたと語られています。

・日本民族の神話の原郷「高天原(たかまがはら)」も「都市型の超巨大宇宙船」だったという説もあり、「竹内文書」の「太古、異星人飛来説」的な解釈が注目されています。そうすれば、今は、「現在異星人飛来説」ということになるのでしょうか。現在は、UFOや異星人ブームも冷めていますが、今後のマスコミ関係者の活躍に期待したいところです。

・1952年6月15日に発見された、紀元7世紀の王・パカルの石棺の蓋に彫られたレリーフが「パレンケの宇宙飛行士」等と呼ばれています。まさにパカル王が小型宇宙船を操縦している図絵で、よくUFO関連の書籍に登場し有名です。マヤの異星人たちが、当時の世界中の異星人の地球の着陸地と結んでいたことが窺われ、異星人のネットワークがあったのでしょうか。当時の聖徳太子と神人の交流の記録もあり、その時代に、宇宙連合の諜報機関が動いていたのでしょうか。なお、南米の有名なケツァルコアトルは、金髪碧眼の白人の神様で、戦後米国にグレイとともに飛来した金髪碧眼のノルディックとの相似が窺われます。世界中に金髪碧眼の白人タイプの神々の伝承があり、金髪碧眼のノルディックが太古から地球にコンタクトしていたのでしょうか。

・日本には『童子』、『鬼』の伝説が非常に多いのですが、「聖徳太子は鬼の一族と関係があった」という説もあり、鬼を異星人と見る見解もあるそうです。

・マヤの民が急に消えた理由に、様々な説がありますが、「異星に向かった」という説は、有力でした。マヤ文明と宇宙人を結びつける遺跡は多いようです。

・アンドロメダ星雲からも多くの種類の宇宙人が来ているようです。小人のグレイ・タイプや黒人タイプや様々な種類のようです。今もアンドロメダから来た巨大宇宙母船に往来しているアメリカ人もいるそうです。

・人類の滅亡とかのネガティブな未来予測よりも「250年後の素晴らしいニューヨークの世界」もパラレル・ワールドとしても考えられます。そして「遠い未来の東京」も「ヘルメスの登場」などにより“明るい素晴らしい都市”になるという説もあるそうです。タイム・トラベラーが語る「遠い未来の住みやすい東京」という報告でしょうか。昔からみると、人類も戦争の手段に訴えるよりも世界平和に尽力して、より賢くなっていくからでしょうか。

・ You Tubeやインターネットなどの米国のUFO・エイリアン関連のものを見てみますと、非常に豊富で、多くの熱心なマニアたちの存在が窺われます。

・「エルランティの光出版」のチャネラー達のその後に興味がありますが、その後の活動は知りません。

・田村珠芳さんの最近の本は『宇宙人と闇の権力の闘いが始まりました』(2016/3/1)、『日本が分割統治される人類最終戦争が始まりました:99%の日本人が知らない』(2015/11/18)です。amazonに「田村珠芳」といれますと23件の書籍がわかります。荒唐無稽で支離滅裂な内容も多いそうで、にわかに信じられないものも多いようです。予言的なことも当たっていないことが多く、興味本位に読めばよいともいわれます。「トンデモ本」も何か意味があるのでしょうか。インターネット情報によると、「(田村) 2016年には世界大戦が起きるようなタイムスケジュールを組んでいるみたいだから、2015年には世界大恐慌が訪れるでしょう。もちろん、米・日・中の三極同時クラッシュです。時期は2015年の節分以降と私はみています」という具合に荒唐無稽で衝撃的な文字と内容が踊っているといわれます。

・しかし、同じ著者の本が何冊も出版されているということは、編集者及び出版社の方で何らかの意図があり、ある程度売れているからでしょうか。世の中は理解の出来ない不思議なことも多いようです。「事実は小説よりも奇なり」なのかもしれません。

・田村珠芳さんは、異星人とのコンタクティやチャネラーなのでしょうか。グランドマスターとコンタクトがあったのでしょうか。日本でも不思議な世界の人々とコンタクトがあるという告白が時々あったりしたようです。神々や天使のような異星人とコンタクトしているという話は欧米では多いといわれます。ホワイトブラザーフッド(白色同胞団)という人々やサンジェルマン伯爵とコンタクトがあると主張している人々もいるようです。「霊界ははるか遠いところにあるのではなく地上1メートルのところにある」そうです。したがって、エスパー(超能力者)にとっては、異次元世界の宇宙人とコンタクトしたり、チャネリングすることは容易のようです。幽霊をよく見たりする霊媒体質の人々も多いようです。欧米では前世を記憶している人々も多く、前世では異星人だったというのです。「人は皆、記憶喪失の異星人だ」ともいわれます。自称シリウス星人もいるようです。

・マスター(長老)クラスは、シリウスやリラ、プレアデス等の重要な場所に瞬時に移動できるそうです。グランドマスターも様々な形態で地上の人間とコンタクトできるのかもしれません。いわゆる波動を下げれば可視になるといわれます。はたしてグランドマスターは地球で活動しているのでしょうか?!

・インターネット情報によると、「田村珠芳(たむらしゅほう)
幼少より神秘体験を重ねるも、霊気に満ちた鎌倉の母の実家で祀る「子の神」に見守られて育つ。後にこの神が木花咲耶姫と判明。己れの人生との深い関わりを悟る。OL生活、結婚、子育て、闘病、離婚などの体験を経て独立。精神世界での修行を続ける。米国催眠療法協会公認カウンセラー.中国易理文化研究会主幹.「コスモスの会」主宰。著書に『カード易占い・イーチン』(四海書房)、『運命を変える法則』(同)、『基本・四柱推命』(池田書店)、『宇宙人の伝言』(TO文庫)、『いよいよ「超霊的パワー」が世界を解放します』(徳間出版)、『宇宙連合からの啓示』(同)、『神仕組みの号砲が響き渡ります』(同)など多数」とのこと。

・南米を含め、米大陸のインディアンの伝説には、天空からの飛来した神(宇宙人)の話がとても多く、特定の学者の関心をあつめているようです。金髪碧眼の神、ケツアルコアトルは、中南米ばかりでなく、北米にも太古から現れ、ネイティブアメリカンとコンタクトがあるそうです。また小さな神々といわれる、小柄なグレイタイプの宇宙人もネイティブアメリカンとコンタクトしていたと語られています。キリストはアプ星人で、アプ星人は国際連合の設立に協力したそうです。アプ星人はまた南米にも飛来しているようです。

・神々やグレイタイプの異星人は、さまざまな生活様式をネイティブアメリカンに教えたようです。アナサジのネイティブアメリカンもマヤ人の集団失踪と同じく、異星人の空飛ぶ円盤で宇宙に移住したという説もあるそうです。ネイティブアメリカンと異星人との繋がりは、他の地球人よりも深かったのかもしれません。

・長身の金髪碧眼の白人種の宇宙人は南北アメリカのインディアン神話にはよく登場するようです。南米の神話のケツァルコアトルは現代にも現れているそうです。金髪碧眼のノルディックという人間タイプの宇宙人が、昔は白い神、ケツアルコアトルと呼ばれていたようです。金髪碧眼の宇宙人は、小柄なグレイの円盤に同乗するノルディックとして、世界中に知られています。エルダーとよばれる天使のような人間タイプのオリオン星人が小柄なグレイと共に飛来したそうです。地球では白人種と定義されている「エリエン」のルーツはオリオン星雲にあるそうです。

・ヨーロッパによく登場するウンモ星人も金髪碧眼です。「金髪碧眼の宇宙人は、ドイツのナチスが金髪碧眼のゲルマンの神々、アーリア人種として、崇拝しましたが、アルデバランの宇宙人だったようです。ナチスの人種問題も絡み現代でもタブーだ」といわれます。アルデバラン星人は、ゲルマンの諸民族とスカンジナビア人、特にバイキングの創作と管理を担当したそうです。アルデバラン星人はアーリア人の「超人」であり、ゲルマンの神々だったと述べられています。

・アメリカでは、特に一般人のUFOマニア・グループの活動は盛んで、コンタクティも多いそうです。個人の研究者やコンタクティによる書籍は昔から豊富ですが、日本に翻訳紹介されるのは少ないそうです。翻訳出版してもあまり売れないからでしょうか。アメリカのUFO関連の洋書を読むと、かなりのことが分かるといわれます。

・英語圏の本は、公用語としての英語人口が確か、20億人とも言われ、ハリウッド映画と共に同時発売されると、当たれば容易にベストセラーになるようです。洋書を見ているだけで、大きく認識が違ってくるそうです。米国ではUFO本の売れ行きはどうなのでしょうか。ビジネスにならないと関係者は、熱が入らないようです。

・中丸薫さんは、宇宙人「クェンティン」とコンタクトしていると本の中で述べています。なお、宇宙連盟の宇宙艦隊は連盟をまとめるために500Cの安全巡航速度、1000Cの緊急用速度で移動ができるそうです。光速Cは、(30万キロ/秒)の速度で、光速を遥かに超えているようです。昔の物理学では光速は、絶対超えることはできないといわれたものでした。

・金髪碧眼の白人は、オリオン星人かもしれません。南米や北米に太古飛来していたようです。彼らは神人として、伝承となり、記録に残されているそうです。アリゾナ州のセドナは、ニューエイジやUFO関連の書籍にも出てよくでてくるパーワー・スポットで、日本のテレビでも放映されたようです。

・毎年400万人が訪れる米国有数の観光スポット、セドナには、多くの日本人観光客も立ち寄っているようです。現在はどうなのか知りませんが。

・なお、フェニックス市は、「フェニックス・ライト」といわれているUFOの編隊の現象と思われる怪光でも有名。セドナに住む日本人もおり、日本人の若い女性の旅行者も多いようです。米国人にこれだけ人気のある観光地はほかにもあるのでしょうが、よく話題になるそうです。特にニューヨークの芸術家が住みたい町の代表格ともいわれます。

・「カナダのコンタクティがセドナの地から異星人と共に異星に行った」とか、米国の著名なUFO研究家の「セドナ上空にエーテルのシティが、滞空している」とかの話もあるそうです。『セドナUFOコネクション』と言う本が出版されていますが、米国の多くのUFOマニアもセドナに住んでいるようです。UFO目撃多発地帯だそうです。

・ちなみにamazonにセドナと入力すると69件のセドナに関する本が分かります。アリゾナ州セドナも「エリア51」と同じく「UFOマニアの聖地」となっているそうです。

・遥かに進化した天使的な宇宙人は、ウォークイン(憑依)やワンダラー(転生)の形で地上に登場するようなのです。また「ゲイ(LGBT等)は宇宙人による『人格転換』だ」という説もあります。

・例の小柄なバイオロボットといわれるグレイも人間の幽体(肉体)をアブダクション(誘拐)して、生体実験やインプラントをして記憶を消して、人間を元の場所に戻すそうです。あっという間に人間を空飛ぶ円盤の中に引き込む超テクノロジーを持っているようなのです。グレイは壁を透き通るようにして部屋に侵入してくるそうです。このような超テクノロジーは現代の最先端の科学者でも想像を絶するようです。

・「ゼータ・レチクル星人のグレイと、オリオン座のリゲル人の長身のグレイ、オリオン座の有翼のドラコ族、恐竜から進化した地球のレプトイド(恐竜人)等がエリア51等のアメリカの秘密基地で活動しているともいわれます。「その彼らは地球から68光年離れた惑星クイントニアに住む宇宙人で母星から「エリア51」まで45分で移動できる」といわれます。エリア51で白鳥座61番星の異星人とコンタクトしていた日本人科学者もいたといわれます。エリア51については、アメリカ政府は、その存在を一度も認めていないそうです。

・グレイには、「ビーガン。シリウスA人の遺伝子から作られたグレイ」、「ゼータ・レティクリ1。地球人監視のためリゲル人が作ったグレイ」。「ゼータ・レティクリ2。遺伝子操作で作られたグレイ。爬虫類人に奉仕」等が存在するそうです。アメリカ空軍は133種類の宇宙人を確認しているそうです。宇宙人「グレイ」の故郷もベテルギウス(オリオン座の恒星)なのだといわれます。1954年には、「ラージノーズ・グレイ」という種族が、ホロマン空軍基地に舞い降りた、と主張されています。「グレイの後に金髪碧眼のノルディックが来た。その後に、人間タイプのオレンジと呼ばれる宇宙人が来て、その後に“東洋人タイプの異星人”が飛来した」といわれます。

・アブダクション(誘拐)やキャトルミューテーション(動物虐殺)で大騒ぎをした米国のマスコミも政府の国策に協力しているようです。核兵器などの国家安全保障上の最高機密(トップシークレット)を数段階上回る『厳秘』扱いの宇宙人情報は情報公開法でも肝心のことは開示されないようなのです。最近ではクリントン大統領候補が、「自分が大統領になれば、政府の異星人情報を検討して公開したい」と述べています。

・グレイなどのおぞましい生体実験の報告もリークされたりしました。米国の陸軍特殊部隊とグレイが秘密基地内で戦闘を繰り広げたとか、色々な話が流れてきます。日本のマスコミなどに宇宙人情報をリークした米国海軍の元情報将校も、別の脱税事件の件で、警官隊と銃撃戦となり射殺されたそうです。

・宇宙人の「人格転換」であるのではないかといわれるゲイ(LGBT等)。「ゲイ(LGBT等)の結婚」も米国では大きな社会問題となりましたが、法律や裁判所では認める傾向にあるようです。「人は皆、記憶喪失の異星人だ」、「異次元に宇宙人の多い国にゲイ(LGBT等)が多い」という説もあるようです。日本でもゲイ(LGBT等)が大きな社会問題になりつつあります。ゲイ(LGBT等)のトイレの問題も真剣に議論されているといわれます。「前世が異星人だったという記憶を持つ米国人」も多いそうです。米国が秘密協定を結んだのはラージノーズグレイというオリオン星人といわれています。オリオン星人は人類に5万年進化しているといわれ、「人間の魂の交換」ができるようです。「人は皆、記憶喪失の異星人だ」、「宇宙人は科学の進んだ国に転生してくる」という説もあるようです。天国に自由に出入りし、人間への“憑依”や人間の“転生”を自由に操作するシリウス星人も近年知られ始めたそうです。パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の植民星が地球だともいわれます。

・宇宙人が関わる話は闇の権力とかの荒唐無稽な話が多く、私たち一般人には、非日常的なことばかりで、全く理解できないという人々が多いようです。ちなみに、著者(田村珠芳)は、「何とかして宇宙人と言われている人に会いましたが、そこら辺にいる普通の人と全く変わらなかったので驚いた」と述べています。

・異星人も遥かに進化の速度が凄まじいようで、UFOを使って飛来するというよりも、『金星ゲート』を使って来るといわれます。「うつろ船の蛮女」は、ウンモ星人ではないのだろうかという説もあるそうです。
プレアデスに行った日本人もいたと語られています。プレアデス星人は人類に6000年進化している種族ですが、人類に近く神でも天使のような宇宙人でもありません。プレアデス人は古代リラ星人の末裔といわれます。

・プレアデスは日本民族の原郷ともいわれ、昔からコンタクト話が多いようです。街中のコンタクティも少なくなく、ただ、マスコミ嫌いか何かで、世間に対して沈黙しているようです。オリオンやプレアデスに多くの日本人が住んでいるという法螺話もあるそうです。

・宇宙人も美男美女タイプから、ごく普通の街中の「おっさん」タイプまでいろいろのようです。この世のものとは思えない美男美女という表現もあるようですし、天狗のように顔が真っ赤なタイプもいたそうです。容貌では判断できないと述べられています。神々は憑依などで市井のひととなり普通の生活をしているので誰も識別できないとも語られています。地球上にはかなり多くの宇宙人が「同化」して住んでいるそうです。はるかに進化した宇宙人が人間の精神体に侵入してくる時代だ」そうです。

・30年前の「空飛ぶ円盤」の時代には、新聞社やマスコミもコンタクティと一緒に取材活動をしていたそうです。高次元の高等知性体、「闇の権力」と世界と日本の政治は関係があるのでしょうか。それなりの程度で関係あるらしいのですが、日本の知識人には理解できないところが不思議な点だそうです。まして私たち一般人には訳の分からない話でしょう。「米国ではフリーメーソンでないとビジネスがうまくいかない」ともいわれますし、「日本人が欧米人を理解できないのはフリーメーソンを知らないからだ」ともいわれます。

・ヨーロッパの王侯貴族や米国の支配階層を統括するフリーメーソン。「イルミナティなどのフリーメーソンに入ると『神』に会える」という与太話もあるそうですが、「フリーメーソンの主神は堕天使ルシファー」という説は昔からです。金星の神々は地球に到着するやいなや、イニシエーションのためのフリーメーソン本部を設けた、といわれます。

・「日本独特の社会構造を破壊することが、アメリカの長期的戦略でもあったのです」とありますが、日本の特殊性を巧妙に破壊して国際化をすすめ、アメリカ化して、日本合衆国を完成させる狙いがあるそうですが。あまりにも巧妙なので私たち一般人には理解不能のようです。

・「大衆をして3S(スポーツ、スクリーン、セックス)で政治を忘れさせよ」という謎のシオンの議定書もありますが、「私たちの政治意識の程度に応じて、その程度の政治しか持てない」そうです。

・異次元へ移動する“窓”“ゲート”のような“スターゲイト”のようなものはあるのでしょうか。

・英語圏では、UFO関連の書籍は約2万冊、現在、出版されているそうですし、インターネットやパソコン機器の普及で、UFO研究家が出版物を出すことが大変容易になったようです。個人が対応できる量をはるかに超えているといえるでしょう。やはり米国がこの方面でもすすんでいるようです。

・また、米国人の現実合理性志向、マネー志向(お金が動くところに価値がある)の人生態度も、UFO出版物の増大に拍車をかけているのかもしれません。異星人関連の映画・テレビ番組もジャンルとしては、大きなものになりつつあるようです。UFO・異星人に関する商業主義もますます大きくなっています。

・UFOやグレイのような宇宙人という事実よりも、注目されているのは、人間自身がウォーク・イン(憑依)やワンダラー(転生)などによって、異星人としての記憶を持って地上に誕生するようになっているらしいのです。UFOよりも「人間自身が変性しつつある」ほうが大きな現象なのでしょうか。ウォーク・インやワンダラーの現象は、米国人に多く、その体験記などもビデオなどで販売・出版されているようです。

・ちなみにWendelle C. Stevensという元米空軍の中佐でもあったUFO研究家によると英国と言えば、南米やインドなどを徘徊している「Itibi-Ra」星人が有名で、出版物もあるそうです。インターネット革命がこのUFOやエイリアンの分野でも大きな影響を持ち、既存のメディアをはるかに凌駕しつつあるようです。「kindle版」も増えてきています。

・5次元(エーテル界)に夢のような世界が存在し、高等知性体がいるそうです。人間の死後の世界、「あの世」、幽界や霊界、宇宙人のアストラル界やエーテル界も似ている世界ですが、私たち一般人は、当然知りません。「アストラル界にもアストラルの惑星がたくさんあり、アストラル界またはアストラル次元と呼ばれる世界を構成している」と述べられています。「アストラル界はとても巨大です。ここに存在する全ての世界からおよそ600億人の人間タイプの生物が集まっている」といわれます

・「人間は記憶喪失の異星人だ」そうですので、前世の記憶を持つ人は宇宙人なのでしょう。もっと詳しい物語をマスコミなどが取り上げるようにしてくれたら面白いでしょうに。「2012年のアセンション(次元上昇)の時代」を経てどのような結果となったのでしょうか。今後、どのような動きになるのか精神世界では多くの説があるようです。

・次元上昇ということは、「プレアデスの時代からシリウスの時代へ移行する」という説もあるそうです。「天国に自由に出入りし、人間への“憑依”や人間の“転生”を自由に操作するネガティブなシリウス星人の地球支配が非常に巧妙なのでしょっちゅう戦争が起こる」という話もあるそうです。「人は皆、記憶喪失の異星人だ」そうですので、前世の記憶を持つ宇宙人と一般人の区別ができない時代になってくるのでしょうか。「宇宙人と普通の人間を区別できなくなっている」時代だそうです。「はるかに進化した宇宙人が人間の精神体に侵入してくる時代だ」そうです。

・「2012年のアセンション」は、スピリチュアル界では注目の話題でした。世の中は広いので宇宙人と直接コンタクトしている人もいるのでしょう!?

・一見、荒唐無稽な話に見えることでも、よくよく勉強すれば真理に近づくこともあるそうです。「はたして当たらずと言えども遠からず」の話でしょうか。百年前の学問の状況、現代の学問の状況、百年後の学問の状況を比較すると、進化した未来は誰も予測できないことがわかるでしょう。「百聞は一見にしかず」のようです。プラズマ・エネルギーやフリーエネルギーも有力説だそうです。フリーエネルギーも昔から話題になりましたが、詳しくは調べていませんが、どうなのでしょうか。

・『ムー 2016年8月No.429』という雑誌には、「驚異の重力磁場フリーエネルギー」として「フリーエネルギー装置「マグラブ」完成」という記事が載っています。それによると「ケッシュ財団は、2015年10月16日、フリーエネルギー装置の普及版の製品化に成功し、製品の販売を開始した」とあります。もし事実とすれば、大変な出来事のようです

・「2012年に何かが起こる」という話や書籍の内容が当時は多かったそうです。20世紀に、唱えられた「世界終末予言」はめでたくも、すべて誤りとなりましたが、最近の予言者、超能力者、遠隔透視者の予言は、具体的で確度も高いそうで、無視できないそうです。「地震の予言」は、当たってもらいたくないものです。世の中は心配事が多くて、予言が多彩で不気味だと述べられています。

・心霊学では「“あの世”の出来事が時期をおいて“この世”に起こる」そうですので、「神の予言」のように必ず当たるものもあるのでしょうか。神と悪魔の対立が、宇宙の根本的な動力となっているのでしょうか!?

・プレアデス星人とオリオン星人は、相対立する原理・理念で動いているという説があるようです。

・安井(仮名)さんが30年前に向かった異星は、「とてつもなく進化した金髪碧眼の宇宙人の星」だったようです。この太陽系外惑星には、7時間で行けるようなのですが、この宇宙人の日本人のネットワークが昔からあるように窺われます。リラ星人系列というよりもシリウス星人系列の宇宙人の惑星でしょうか。天使のような宇宙人なのかもしれません。どの程度、進化しているのか分かりませんが。ちなみに、プレアデス星団の惑星にも6時間くらいで行けるようです。

・この「とてつもなく進化した金髪碧眼の宇宙人」は、太古から日本に関係してきたように思われます。40年前には、メディアにも多くのUFOマニアがいて盛んにUFO情報が報道されたようです。メディアで取り上げられないと私たち一般人には、なかなか伝わらないようです。安井(仮名)さんのほかにも、日本人がコンタクティとしていたのかもしれません。

・岡山県は、「桃太郎伝説」の鬼の話とか、「宇宙人との繋がりが窺われる伝承」が多い地域のようです。安井さんはすでに亡くなったので、詳細な情報は分かりません。

・都市型の「超巨大宇宙母船」の存在に言及したコンタクティの日本人は安井さんが最初の人だったようです。インドの叙事詩「マハーバーラタ」や「ラーマーヤナ」には、「超巨大宇宙母船」の伝承が豊富だそうです。太古の時代に「宇宙都市」を造るほど進化していた宇宙人たちですから、その後の進化は想像を絶するようです。

・チュェレイのような宇宙人も「人類の進化に干渉しない」という宇宙法に忠実なようです。エーテル界には「神々の都市」があるそうですが、都市型の超巨大宇宙母船がエーテル界に突入したのかもしれません。とてつもなく大きい葉巻型の宇宙母船が土星の輪の中で発見されたという天文学者の報告などがありますが、最先端の地球の科学者にとっては、想像もできない話のようです。

・日本にもコンタクティが多いようですが、「マスコミが嫌だ」とかの「沈黙のコンタクティ」が多数だそうです。「平家がプレアデス星人の末裔で、源氏がオリオン星人の末裔」ともいわれますので、異星人の秘密のネットワークがあるのかもしれません。米国では社会に異星人が昔から溶け込んでいるともいわれています。

・大昔から来ていたチュェレイの宇宙人は、正確にはわかりませんが、まあ例えば(八幡)大菩薩クラスの宇宙異次元の神仏なのかもしれません。が、彼らは、タイム・トラベラーであるのは間違いないそうです。彼らは、時空を超えており当然太古から日本の動きを観察していたということでしょうか。

・アプ星人の話は1962年当時の南米ペルーでのコンタクト話のようですが、南米は宇宙人とのコンタクト話の豊富な地域です。クラリオン星人も南米に異空間の秘密基地があるという話です。50年前は、日本でも宇宙人との多くのコンタクト話があったようです。

・CIAによると「小柄なバイオロボットのグレイの後に金髪碧眼のノルディックやオレンジという人間タイプの宇宙人が来て、その後に東洋系の人間タイプの宇宙人が来た」そうですが、その東洋系の中には、日本の神々もいたのではないのでしょうか。長身の金髪碧眼の白人種そのものの宇宙人が注目されておりますが、宇宙人の容姿は多種多様だそうです。黒人種のアンドロメダ星雲の宇宙人も報告されているようです。

・「異星人は、"宇宙連合"としてまとまって動いている」ようなのです。「国連創設の背景にアプ星人のバックアップがあった」ということですから、かなり人類社会にくいこんでいるようです。「イエス・キリストも地球を陽性化したアプ星人の一人だった」ということですから、かなり進化した異星人ということでしょう。国連と異星人との関わり合いはあったようなのです。キリストも大変進化したアプ星人の一人だったようです。アプ星人も“不死の惑星”のリラ星人のように。クローン技術により“不死”の技術を持っているのでしょう。

・キリストが戦後米国に来ていたとか、米軍に異星人が混じり込んでいたとかの話がかなりあり、遥かに進化している異星人が来ていたようです。キリストがはるかに進化した宇宙人だったと理解すれば、キリストの歴史的な物語は、大抵、解釈ができるそうです。

・現代においてよく話題になる爬虫類人(レプティリアン)も人間タイプは知性的な顔をしているそうです。またグレイも人間と変わらない種族もいるとマオリッツオ・カヴァーロというイタリア人のコンタクティが報告しているようです。爬虫類的異星人(レプティリアン)を創造した上位の異星人もいるそうです。「上には上の異星人がいる」ということだそうです。

・ペルーは日本と並んで有数の地震国だそうですが、遥かに進化した天使的な宇宙人は、時空を超越しているので未来の出来事がわかるようです。進化した異星人の惑星には太陽が二つある場合が多いようです。また南米やインドに出没したイチビ・ラ星人の故郷の惑星も太陽が2つあるそうです。

・世界中の多くのコンタクティの体験は、当然ながら相似してくるようです。天国に自由に出入りし、人間への"憑依"や人間の"転生"を自由に操作するシリウス星人には、未来も過去も自由にわかるようです。彼らは、時空を超えているようです。

・「少し前から、つまり20世紀初頭から、地球が属している銀河は陽性のゾーンに入った。このゾーンは私たちの船や浮遊都市の航行には好都合なんだ」そうですが、『浮遊都市』つまり『都市型の超大型宇宙母船』でこの宇宙人種族、アプ星人は飛来しているようなのです。人間がコンタクトしている高位レベルの異星人なのかもしれません。

・現代では、土星の輪の中に2000キロの葉巻型宇宙船の存在が望遠鏡で確認されているそうですが、その大きさはインドの叙事詩『マハーバーラタ』にでてくる宇宙母船のサイズです。数キロから100キロ、2000キロと都市型の宇宙母船は巨大になるようです。『マハーバーラタ』の異星人とも関連があるのかもしれません。

・人類に進化すること6千年のプレアデス星人、実験室で人類を創ったというリラ星人が3万年進化しているそうです。アプ星人は、数百万年から数十億年以上(?)進化しているようでシリウス星人系列の宇宙人種族のようです。このクラスの宇宙人が「都市型の超大型宇宙船」を運用しているようです。

・「イエス・キリストも地球を陽性化したアプ星人の一人だった」そうですが、遥かに進化した宇宙人種族は、天国に自由に出入りし、人間への"憑依"や人間の"転生"を自由に操作するシリウス星人クラスの宇宙人種族のようです。「人は皆、記憶喪失の異星人だ」そうです。

・イエス・キリストも数百回地球に転生してきて社会生活を送ったようです。「第2次世界大戦後、米国にイエス・キリストが来ていた」という話もあり、彼らは「転生や憑依が自由」なので格別驚く話ではないのでしょう。アヌンナキとかサナンダといわれる金星のマスター(長老)が活動の中心ともいわれます。サナンダは神智学ではサナト・クマーラより上位の存在として「沈黙の監視者」と呼ばれています。かってイエスであった存在は現在「サナンダ」と名乗っており、アシュタールとともに彼の宇宙船に住んでいるといわれます。

・この度の「東日本大震災」も大津波も宇宙人たちは、遠隔透視していたようなのです。米国の「FBI超能力捜査官」、「CIA未来透視部隊」等で知られるジョー・マグモニーグルが5年前に「日本の地震や津波」を未来透視をしていたので、このブログ『UFOアガルタのシャンバラ 日本は津波による大きな被害をうけるだろう』で紹介しました。

・『マハーバーラタ』の世界は、実話に基いて作られたと噂のある映画『スター・ウォーズ』の世界のようです。ハリウッド映画の「宇宙人もの」はナンフィクションとフィクションの混じった映画なのかもしれません。

・アガルタのシャンバラのような「都市型の宇宙船」は、インドのサンスクリットの古文献に見られるようです。『マハーバーラタ』の戦いは、超近代科学兵器がからむ戦争であったようです。太古に異星人の核戦争があったようなのです。インドの「マハーバーラタ」の物語は、太古の超科学の時代の物語であり、神々は、進化した異星人たちだったようです。インドラ(帝釈天)と阿修羅が対立核戦争をしたようなのです。はるかに進化した宇宙船や兵器が使われたようです。「堕天使ルシファーが天使団の3分の1を率いて、神と天使長ミカエルに反抗した“天の戦争”」が形を変えてスター・ウォーズになっているそうです。予想以上に残酷な宇宙人が大勢存在するようなので驚きます。

・シリウス人は謎の多い、地球人には訳の分からない異星人種族のようです。 パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の植民星が地球だともいわれます。「世界中でシリウス異星人が奇跡を演出している」そうです。眼に見えない神々や天使の超能力のようです。シリウス人は、“遺伝子操作か思念(?)”で人間を作ったといわれています。このこともはっきり分かりませんが、「思念」でモノを作れるともいわれています。一方では、リラ星人は、実験室でDNAから人間を作ったといわれています。リラ星人エロヒムのコンタクティであるフランスのクロード・ボリロン・ラエルによると遺伝子操作による「不死の惑星」に行ってきたそうです。リラ星人のエロヒムが「人間を実験室で創った」のを見たと報告しています。

・ 人間がぞっとするような生物をネガティブなシリウス人が作ったので、神から嫌われたといわれています。そこで神は天変地異を起こして、それらの生物種を全滅させたともいわれます。「かって、天界で戦争があり、堕天使ルシファーが天使団の3分の1を率いて神に反乱した」といわれます。それで、フリーメーソンの主神は、堕天使ルシファーだそうです。ルシファーはシリウス異星人でしょうか。シャンバラの支配者(世界の王)のサナト・クマーラがルシファーであることや、サナンダは神智学ではサナト・クマーラより上位の存在として「沈黙の監視者」と呼ばれています。

・シリウス人は、ウォークイン(人間に憑依)やワンダラーの形で人間に転生してきており、外見からは見分けがつかないといわれます。「神々や天使は、背後霊や守護霊となり人間に憑依している」ので誰も分からないそうです。また「神々も市井の人となり普通の生活をしている」ともいわれ、認識できる人はいないようです。

・ シリウス人は、テレポート(瞬間遠隔移動)で地球に降りてきている見えない天使に相当するかもしれません。だが、普通の人間には認識できません。また、「限界のない宇宙人」ともいわれているそうです。「シリウス人は、別の非物質的存在の集団であるオハル評議会の創造物である」そうです。「ネガティブ・グループのシリウス星人の地球支配があまりにも巧妙なので、しょっちゅう戦争が起こる」ともいわれます。「“透明人”とシリウスA星人が創造し、りゅう座(ドラコ)に配置したのが爬虫類人」のようです。また「竜座人(ドラコ)が遥かに進化しており、このレプティリアン型生物の交雑種がイルミナティである。交配人種であるイルミナティが地球を支配している」ともいわれます。

・「異人」は昔も今も正体不明の存在だったようです。中世のドイツの領主はほとんどが「異人」か「異人」の末裔ともいわれます。異人も昔からさまざまな人間社会との繋がりがあるようですが、詳しくは分かりません。ある意味では、異人は神だったのでしょうか。米国が秘密協定を結んだのはラージノーズグレイというオリオン星人といわれています。オリオン星人は人類に5万年進化しているといわれ、「人間の魂の交換」ができるようです。「オリオン星人は非常に階級意識の強い宇宙人だ」そうです。ネガティブなオリオン・グループは“闇の勢力”を形成しているのでしょうか。「オリオン大戦」やスター・ウォーズの原因や結果も詳しくは分からないそうです。星の系列では、オリオン星人とシリウス星人の系統の争いになるそうです。異説では、リラ星人とシリウス星人との争いとも言われています。オリオン星人とシリウス星人の関係も複雑になるようです。オリオン大戦は何億ものポジティブな人間型生命体とレプティリアンと呼ばれるネガティブなヒト型爬虫類人との間で起こったものだったといわれます。

・河童の正体が、動物ではなく異星人(グレイ)であるという説が広く支持されだしたようです。クラリオン星人のコンタクティ、イタリア人のマオリッツオ・カヴァーロによると「日本の河童はグレイの一種で、現在も海底基地にいる」そうです。河童はバイオロボットかゼータ・レチクル星人の系列なのかもしれません。また「平家がプレアデス星人の末裔で、源氏がオリオン星人の末裔」といわれます。ちなみに、キリストはアプ星人だったそうですが、シリウス星人系列のようです。

・「宇宙人がいるかどうか」を真面目に議論している学者も多くいるそうですが、現代の『地動説』『天動説』ということでしょうか。米国の公務員の守秘義務もコンプライアンスの徹底で厳格に守られているようです。
エイリアン・エンジニアリングのパソコンを使いながら、「あなたは空飛ぶ円盤を信じますか?」という時代錯誤的な質問をしているといわれます。

・「遠野郷の民家の子女にして、“異人”にさらわれて行く者年々多くあり。ことに女に多しとなり。−遠野物語第三十一話」、「黄昏に女や子供の家の外に出ている者はよく神隠しにあうことは他の国々と同じ。−遠野物語第八話」ということですが、“異人”はオリオン星人だったようです。オリオン星人は太古から人類と関係が深かったようです。「影の世界政府」といわれても、私たち一般人は、当然詳しくはありませんし、訳の分からない奇説だそうです。

・人間の死後の世界の霊界の天国。天国に自由に出入りし、人間への“憑依”や人間の“転生”を自由に操作するシリウス星人が存在するといわれています。誰でも死後、天使的なシリウス星人に出会うことができるでしょう。パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の植民星が地球だといわれます。

・天使的な宇宙人は、不可視の世界の住人で私たち一般人には訳が分かりません。が、高次元の高等知性体は、ウォークイン(憑依)やワンダラー(転生)のかたちで地球において人間の姿を装い密かに人間を観察しているそうです。

・ゲイ(LGBT等)は気持ち悪いという人が少なくないそうですが、ニューヨークやロスアンジェルス、オーストラリアなどの宇宙人が多い地域に多いそうです。いわゆる異次元の宇宙人による“人格転換”が原因だという説もあるそうです。

・両性の雌雄同体の宇宙人の話も昔から色々とあったそうです。同性愛者の結婚とかその他の同性愛者に関わる社会問題は、日本では大きな問題として表面化しておりませんが、いずれ米国のような動きが出てくるそうです。LGBTはマスター(大師)達がゲイであることが多いことも背景にあるのかもしれません。歴史上、様々な分野で尊敬されている著名なマスターたちは多くが同性愛者だともいわれます。マスター(長老)クラス以上は、シリウスやリラ、プレアデス等の重要な場所にニルヴァーナ(涅槃・天国)から瞬時に移動できるそうです。

・アンドロメダ星雲からも宇宙人がコンタクトしてきているそうです。もちろんアンドロメダの宇宙人も多種多様のようです。“闇の権力・勢力”の人々についてもマスコミに載らない限り、私たち一般人には訳の分からない話のことでしょう。グローバル化し複雑化した世の中ですので、訳が分からない話が多いのでしょうか。


********************************
・ブログ名称: UFOアガルタのシャンバラ
日本は津波による大きな被害をうけるだろう
・第2のブログ名称:UFOパラレル・ワールド

「神の国か?」「人類の原郷か?」 「天上のエルサレムか?」・・・・・・・・・
「パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の殖民星が、地球か?」、「ネガティブのシリウス星人の地球支配があまりにも巧妙なので、しょっちゅう戦争が起こるのだろうか?」
「金髪碧眼のノルディックが住んでいたアガルタのシャンバラ情報の集大成を目指す・・・・・・・・・・」「金星蛇人と火星霊人の戦争はその後どのように展開したのだろうか」
「日本民族の神話の原郷『高天原(たかまがはら)』は、『都市型の超巨大宇宙船』なのか!?」「平家がプレアデス星人の末裔で、源氏がオリオン星人の末裔なのか」
「小人族のグレイの母船に同乗する金髪碧眼のノルディックは、”悪魔の王””ルシファー”なのか?!」
「円盤は神人や異人、悪魔の乗り物なのか!?」「天使は神の秘密諜報員なのか」「神は最初のフリーメーソンなのか」
「UFOは、人類の歴史が始まって以来、最も重要な現象なのか。UFO問題とは、人間にとっての死の問題を解くことなのだろうか。UFOはフリーメーソンの創作なのか」
「全宇宙を創ったという“虹の神々”も地球に来ているのだろうか」
「イルミナティなどのフリーメーソン組織に入ると神に会えるのだろうか」「金星の神々は地球に到着するやいなや、イニシエーションのためのフリーメーソン本部を設けたのだろうか」「フリーメーソン結社はこの大地が創出されるよりずっと前から、さまざまな太陽系をめぐって、存在していたのだろうか」
「国際連合の設立に動いたキリストの星、アプ星人とは」
「人は皆、記憶喪失の異星人だろうか」
「はるかに進化した天使のような宇宙人は、人間の守護霊や背後霊なのだろうか」「セドナ上空に見えないエーテルのシティが滞空するのだろうか」

グーグルのブロガーにも書いています→UFOパラレル・ワールド



[カテゴリ:森羅万象] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2019年8月10日 19時52分
ナバホの伝説は、「稲光を伴った渦巻き雲」とともに空から降りてきた「金髪の神」について語っている。
 


「ライオンの隠れ家」
(異星人だった歴史上の偉人たち)
(ジョージ・ハント・ウィリアムスン)(求龍堂) 1999/9/1



<魔法の鍋>
・チベワ族は、また「魔法の鍋」の伝説も語り継がれている。その昔、ある偉大な占い師と数名の戦士が旅にでた。そして、ある晩、彼らは、一つの明るい光が空から落ちてきて、丘の斜面に激突するのを目撃した。次の日の朝、彼らは、その場所に調査に行った。すると、そこには、巨大な鍋が落ちていた。それは、丸い形をしていて、その表面には、いくつかの奇妙な動物の絵が刻まれていた。この「いくつかの動物の絵が刻まれた魔法の鍋」とエゼキエルが見た「四つの顔を持つ生き物」は、明らかに同じものである。

・ 神話や伝説の隠された意味を真剣に研究しようとする学徒たちの行く手には、これまでに常識では説明が困難な驚くべき真実が待ち受けている。

・ ナバホの伝説は、「稲光を伴った渦巻き雲」とともに空から降りてきた「金髪の神」について語っている。

・ ほとんど着陸していた、その物体(UFO)を見て、ホピ・インディアンの一人はこう言った。「ああ、我々は、彼らが誰であるかをよく知っている。彼らは、我々が、待ち受けている人たちなんだ」

・ 北方に住むチベワ(オジブワ)族は、「石のカヌーに乗ってやって来た小さな人々」の話を語り継いでいる。そのカヌーは、水の中に潜ることもできたという。チベワ族の長老の一人は、ある日、私にこう語った。

・ 「わしらの祖先が、湖に浮かんでいた、そのカヌーに近づくと、それは突然、水の中に潜ってしまった。わしらの祖先は、それを見て、連中が溺れてしまったものと考えた。しかし、わしらの祖先は、少し後で、その大きなカヌーが別の場所に浮かび上がっているのを見て、大いに驚いたということじゃ」

<北米インディアンの伝説が語る異星人との交流の歴史>
・ナバホ族もホピ族も、これまで、他の世界からの巨大な宇宙船や円盤を頻繁に目撃し続けてきた。しかし、彼らも、そのことを外部の者には話したがらない。数年前、直径十数メートルほどの球状飛行物体が多くのインディアンに目撃された。それはゆっくりと上空を移動していたが、やがてその形を次々に変え始めた。球形から洋ナシ型になり、長方形になり、というようにである。さらにそれは、「虹色で7つの色が混ざり合ったり、絡み合ったりしていた」という。

・ 続いて、その飛行物体は、ナバホ山の南東側に急降下して、地面すれすれのところで、停止した。多くの人々が、それに挨拶しようとして、その方向に走ったが、彼らがそこに着く前に、その物体は、静かに上昇を開始し、いつしか彼らの視界から消え去っていった。

・ そこで、起こったことは、人間が死後、速やかに地球上で、肉体を手にする必要があるとき。しかも、子供時代をのんびりと過ごす時間的余裕がないときにのみ発生することだった。言い換えるなら、次の生涯を地球上で過ごす必要があり、大人の肉体を手にする必要がある、というときにのみである。

・ ダビデが亡くなった瞬間、病気で寝込んでいたエジプトのファラオの肉体から魂が離れ、そのあとダビデの魂が入り込んだ。結局、ダビデは、死後速やかに、その「大人の肉体」の中に転生したのである。

<転生の歴史上類を見ない驚くべき出来事が発生していた!>
・ その時代において、ある特筆すべき出来事が発生していた。転生の歴史上類を見ない極めて稀なイベントである。

・ ダビデは、ゲヌバラがエジプトに誕生する直前に死んでいる。そして、ハダテがダビデの死を知るまでには、かなりの月日(約1年)が流れていた。

・ ダビデが死の床についたとき、アーモス1世もまた、ある種の発作に突然見舞われ、死の淵にあった。そして、ダビデは、そのまま亡くなったが、ファラオは回復した。しかしながら、その全エジプトの王は、その病気を境に全く別の人間に変わってしまった。彼はもはやそれまでの人間ではなく、新しい人間になっていたのである。



「光の記憶」
(ゲリー・ボーネル+高橋克彦)(ヴォイス)1999/12/1



<イルミナティ>
・ イルナミティは、お金を生み出す邪魔さえなければ、関心を持ちません。イエス・キリストが十字架に架けられようとしたのは、お金を作るのを邪魔しようとしたときでした。その時代に一生懸命にお金を儲けようとしていた支配者層は、「サダシィ」「パラシィ」というユダヤ民族です。彼らがお金を得る方法としては、神殿の中におけるマネー・チェンジャーです。ところが、イエスがやって来て、ここから出なさいといって、その彼を蹴飛ばして追い出してしまった。なぜ、イエスにそんなことができたかというと、実は、イエスは、ダビデ王の息子で、ダビデ王の所有していた神殿のある場所に出入りし、追い出すことができたのです。

・ イエスの時代にイルナミティという組織はありませんでした。お金を儲けることに興味がある人たちという共通項はありますが、組織としては、ぜんぜん違う、今は、そういう組織をイルナミティと呼びますが、2千年前は、サダシィとパラシィでした。

<イエス・キリストの直系の家族>
・ 十字軍は、中東に行って、そこを全部征服し、たった一つの家系で統治しようとした。そのたった一つの家系、すなわちイエス・キリストの直系の家族によって治められるような地域を作ろうとしたのが、十字軍なのです。スコットランドとイングランドの王様たちは、イエス・キリストの直系です。

・ イルナミティには、イエスの血族は入っていません。確かにイルナミティはホーリーグレイル、聖杯の家族からの血を欲しがりましたが、できませんでした。入っていません。

<アーサー王もキリストの家族>
・ イエスには、子供がいたんです。アーサー王もキリストの家族で、イエス・キリストを取り囲んでいた人たちと、アーサー王を取り囲んでいた人たちとは、全く同じ魂を持っています。また、すべてのヨーロッパの王族たちは、イエス・キリストの直系です。今でも存在しています。それは遺伝的にもちゃんと証明できます。



「聖書の暗号とホピ預言の超シンクロニシティ」
(刑部恵都子(おさかべえつこ))(徳間書店)2006/1/1
(2013年地球はどうなっているか?)



<カリフォルニア・ピークス>
・ セドナからホピの居留地に来る途中には、神々が降り立ったといわれるカリフォルニア・ピークス(元はビッグ・マウンテン)と呼ばれる山がある。そこには、千を超える精霊たちが住んでおり、1年のうち半分は、ホピの居留地で過ごすそうだ。ということは、ホピの人たちは、今も精霊と共に暮らしているということになる。

・ さまざまな衣装で、一つずつ異なる独特のお面を見につけているカチーナ(精霊)人形たち。宇宙人たちは、そうした姿形でホピの人々の前に姿を現して、生きるための知恵や技術を与えた。ホピの人々は間違いなく、神(宇宙人)とともに生きてきた。カチーナの人形を実際に目にして、そのことを実感できたのがとても嬉しかった。

・ 「青い空」と「月」が入れ替わったとき、人類は一度滅んでいた!!

<UFOピープルと浄化の日>
・ 長老にとって神とはどんな存在なのか。

・ UFOピープルと呼ばれる外宇宙の別次元の存在が、この惑星で何が起こっているかをすべて見つめている。いや監視しているといったほうがよいだろう。彼らは、やがて、その意図することを私達の世界に実現するだろう。

<セドナのエネルギー>
・アメリカでは、リタイアした人々が、住みたいところとして、セドナはナンバーワンに選ばれたそうだ。

・ しかし、醸し出す気というか、エネルギーは全く違っていた。ルナさんの家の居間から大きな岩山が見える。そこからかなりのエネルギーが発せられている。確かにここで生活すれば、命が蘇るかもしれない。そう見えるほど心地よい。



「光の記憶」
(ゲリー・ボーネル+高橋克彦)(ヴォイス)1999/12/1



<聖杯>
・ 聖杯というのは、ブラッドライン(血族)のことで、「もの」ではないのです。聖杯は古代の言葉で、カップ、杯ということで、それは肉体というものと似ています。「乗物、入れ物」という意味で、だから、テンプル騎士団はある種、混乱を起こさせた。聖杯を「もの」だと思わせてしまった。聖杯を杯(さかずき)だと思わせておけば、人間は、探そうとしないから。

<テンプル騎士団>
・ テンプル騎士団がイルミナティの一種の前進でした。テンプル騎士団は、聖杯を守る血族という役目を担っていますが、ある時期、テンプル騎士団がほとんどの富というものをコントロールしていました。現代においてのテンプル騎士団と全く同じ役目をしているのが、イルミナティです。ただ一つ違うのは、イルミナティにとって、聖杯は全く興味がないということ。イルミナティのたった一つの興味は、いかに富を得るかということですから、今、誰も聖杯を守っている人はいません。きっとびっくりすると思いますが、テンプル騎士団のように、聖杯を守っていこうとする血族が最終的には、今で言うマフィアになってしまった。そして、またマフィアとカトリック教会は資金の運用で表裏一体の関係を結んでいます。バチカンの銀行は、マフィアの財政的な腕なのです。

<アカシック・レコードでみるイルミナティの存在>
・ イルミナティというのは、この世界のビジネスを支配している存在です。イルミナティの中心的な信念というのは、「収益」です。いくら儲かるかということです。宗教的な関係がないとは言いません。(中心部分は、悪魔教か?)イルミナティにも霊的な信念はあります。そして、それを体現しているのが、「フリーメーソン」です。フリーメーソンが結局、米国という国を造った。いわゆる自由経済、収益というものの実験場としてアメリカ合衆国が造られました。



「秘教真義」(ヨガの大殿堂シャンバラと大白色聖同胞団の解明)
(M・ドーリル博士) (霞ヶ関書房) 1975/1/1



<第一イルミネーション>
・ 第一イルミネーション(神我一体感の悟りの第一段階)を得るまでは、どのチュラ(弟子)も肉体のままでシャンバラへ行くことが許されない。しかし、マスター(大師)の助けによって、アストラル(第4次元的)(肉体離脱)(幽体離脱)に行って、教育クラスの一員となってシャンバラの秘密の一部が明かされることがある。

・ この寺院の中には、かって地上で栄えた超古代人類の各種の記録がいっぱい入れてある部屋がたくさんある。

・ 更に別の操作ボタンを押すと10フィート(3メートル)離れたところに大きな3次元立体像が映し出される。この種の機械の小箱のある種のものは、教育用に使われている。古代人の教師が何か“物”を持って、その名称を発音する。それが段々進んで、後には、語をつないだ文として発音してくれる。シャンバラでは、この機械によって、古代に使われていた言語を学ぶことができるのである。この方法によって、誰でも、今は失われ、忘れられた言語による古代記録を解読することができるのである。別の種類の小箱では、“物”と並んで“文字”を書いて示してあるものもある。

<他の天体からの金属>
・ 聖白色同胞団の大師(マスター)からチュラ(弟子)として、許された者のみが肉体のままで入れて、ただ霊的に高く啓発した者で、時たま、肉体のままではなく、魂の肉体離脱によってシャンバラに入ることが許されるのである。

・ そこかしこ、壮麗な白い建物が点在していて、外界の最高の科学者たちが想像することもできないような働きをする機械類が設置されている。このシャンバラ空間の丁度真ん中にある大寺院は、地球に中心部にあるシュリハンの住むものに次いで古い建物である。

・ この寺院建物は、地球人には未知の「不壊不滅」の合金でできており、その合金の一部の成分元素は、他の天体から持ち込まれたものである。

<シャンバラ>
・ シャンバラは中央にある寺院から四方に数マイルも広がっている大空間である。シャンバラは、寺院の真上に浮かぶ巨大な放射物質によって照らされている。この大光球は、有害な放射線を全く投射せず、生命力を与える有益な光線のみを送っている。ここから出る放射線は、シャンバラの土地を豊沃にしているから全域が熱帯地方のようである。



「アトランティス・ブルー・プリント」
(神々の壮大な設計図) (テンプル騎士団が発見したもの)
(コリン・ウィルソン、ランド・プレマス) (学研)2002/6/1



<イエスは、反乱者だったのか>
・ イエスは、「死海文書」を描いた「エッセネ派」と呼ばれるセクトのメンバーだった。

・ このエッセネ派というのは、イエルサレム神殿を牛耳る神官たち(サドカイ派など)の堕落した教えに異を唱えた正統派ユダヤ教徒である。彼らは、抗議の為にクムランの荒野に引きこもり、敬虔な禁欲生活を送っていた。彼らの指導者は、イエスの弟のヤコブで、彼は「義の教師」と呼ばれている。

・ イエスは、その従兄弟である洗礼者ヨハネとともにエッセネ派の中で「メシヤ」と見なされていた。ここでメシヤというのは、キリスト教的な「救世主」という意味ではない。民を率いてローマに反乱し、ユダヤ的神権国家を打ち立てる政治的指導者のことである。

・ その二人のメシヤの一方である洗礼者ヨハネが殺されると、もう一人のメシヤ、イエスはそれまでにもまして、過激化し、信者集めに狂奔した。そして、ついに行動を起こすべき時が来たのと確信した彼は、神佑(しんゆう)は我にありとの信念の下、ロバに乗って、イエルサレムに入城し、ゼカリアの預言(「王はロバに乗ってくる」)を成就させた。彼は、両替商を襲撃して、神殿に暴動を起こした後、近隣のベタニアに退いて、まもなくやってくる叛乱のときを待った。

・ だが、少なくともその時、反乱は起こらなかった。ローマ人はイエスとヤコブを逮捕した。

・ロマスとナイトによれば、 福音書に記された「バラバ」なる人物こそが、ヤコブに他ならないという。(「バラバ」というには人名ではなく、『父の息子』を意味する称号なのだ)。かくして、ヤコブは、解放されイエスは、磔刑(たっけい)に処せられた。

・ その後、イエスの死体が墓から消えると、彼は死者の間から蘇ったのだ、という話が生まれた。エッセネ派は、これをメシヤとしてイエスの使命が成就する印だと信じた。こうして、「キリスト教」という新しい教えが誕生したのである。

<「天上のイエルサレム」の図>
• 「天上のイエルサレム」の図の発見によって、我々の推理は、確信に変わった。・・・・すなわち、テンプル騎士団における秘密は、彼らが発見した古代の文書に記されていたものであり、そして、その文書は、ナザレ教徒(すなわちクムランのエッセネ派)がそこに隠匿したものだったのである。

・ ロマスとナイトは、この文書にゴシック建築の秘密が記されていた、とは述べていないが、ヨーロッパ、特にフランスで爆発的にゴシック建築が建てられるようになった(80の大聖堂と500の僧院)のは、テンプル騎士団がソロモンの神殿から持ち帰った「天上のイエルサレム」のビジョンの直接的な結果であるとしている。

<テンプル騎士団>
・ ロスリン礼拝堂は15世紀半ばにテンプル騎士団が建てたもの。

・ 15世紀半ば?だがそれはテンプル騎士団がフィリップ端麗王に壊滅させられてから、1世紀以上も後の年代であるはず。

・ フランスのテンプル騎士団は1307年に捕らえられたが、その多くは、スコットランドに脱出した。

・ 具体的には、メイソンリーの儀礼は少なくともテンプル騎士団まで遡ることができる。そして、その最大のものは、当初の9人のテンプル騎士団たちが、イエルサレムの神殿の地下から発見したものに関わっているというのだ。

・ テンプル騎士団は何か特別のものを求めて、ソロモン神殿の地下を発掘していた。そして発見されたものとは、西暦70年にローマ人がこの神殿を破壊する前に、密かに隠された古代の文書であったという。

・ テンプル騎士団がイエルサレム神殿で発見した「神聖かつ重要なもの」こそ「天上のイエルサレムを描いた素描」である。

・ この素描は、1120年ごろに描かれたものである。すなわち、フリーメイソンリーが設立されたとされる年代よりも5世紀も前のものであるにかかわらず、そこにはフリーメイソンリーの象徴が書き込まれているのである。さらにロマスとナイトによれば、この素描が、テンプル騎士団が神殿の地下から発見した文書を忠実に写し取ったものであることは間違いないといえる。

・ 「死海文書」にも記された「天上のイエルサレム」もしくは「新イエルサレム」は、エゼキエルの幻視に基づくものである。



「ライオンの隠れ家」(異星人だった歴史上の偉人たち)
(ジョージ・ハント・ウィリアムスン) (求龍堂) 1999/9/1



<「スター・ピープル(異星人たち)」>
・ この本はまた、太古の昔から宇宙船に乗って地球を訪れ続けている異星人たちにもスポットライトを当てている。世界史の多くの伝説の中に登場する「スター・ピープル(異星人たち)」や「天からやって来て人々の間を歩いた神々」は、太古の迷信深い人々による「空想の産物」などでは決してない。

・ 神々は、実は聖書のあちこちで紹介されている天使たちと同様、グッドリー・カンパニーの活動とともに地球人類の進歩を援助するために、宇宙友愛連合に属する他のさまざまな惑星からやって来た異星人たちにほかならなかったのである。彼らは、我々と同じ肉体を持つ人間であり、宇宙船に乗って今でもここを訪れ続けている。

・偉大な宇宙的真理は、他のもっと光り輝く世界からやって来た「魂」たちによって伝えられ、その後には常に人々が天使たちと語り合う時代が続いてきた。しかし、その黄金時代は、決して長く続かず、彼らの影響が薄れると共に、人々は、常に堕落へと後戻りし続けた。

・ 宇宙的堕落の流入が、停止状態であった時代には、獣的かつ獰猛な「地球製の魂」たちが人民を支配した。本土が水没した後のレムリア(ムー大陸の最後まで残った部分の呼び名)とアトランティスの植民地までも、偶像・多神崇拝が幅を利かせた古代エジプト後期王朝時代においても、また古代ローマの堕落と支配の時代においても、その種の魂たちが権力を手にしていた。

・ グッドリー・カンパニーのメンバーたちは、自ら志願して地球に転生して(生まれ続けて)きた異星人たちであり、彼らは、“ワンダラー(放浪者)”という名をつけられている。彼らは、これまで、地球上で何度も何度も生まれ変り、まさにあらゆる時代を通じて、地球人類を援助し続けてきた。この地球でこれまでに、発生したあらゆる文明が、彼らの影響を極めて強く受けている。

・ テロス地方は、偉大な貿易センターであるとともに、レムリア内で、最も進んだ科学的研究が推し進められていた地域だった。ちなみに、レムリアの人々は、上空数百キロメートルもの高さまで飛行できる巨大な細長い乗物を所有していたという(但し、それで惑星間を航行するのは不可能だったようだ)。

・ 豊穣の女神として知られる古代ローマの住民の大地神テルスは、このテロスに関する言い伝えの中から発したものである。太陽の淑女の前に最初に現れた訪問者は、メルクという名の男だった。彼らの到着と共に、当時の地球上で最も進歩していた民族と金星の人々との新しい交流がスタートすることになった。

・ その昔、ある魂の集団が、人類の獣性から神性への旅を後押しするために、宇宙の彼方からやってきた。彼らは、“グッドリー・カンパニー(善良な仲間、美しい仲間)”と呼ばれる集団を形成し、今なお活動を続けている。

・ 彼らは、この悲しみの惑星に今から千八百万年ほど前に、魂のみでやって来て、人の肉体を得て、以来現在に至るまで、堕落した地球人類の教師として、まさに身を粉にして働き続けてきた。彼らは、オシリス、アポロ、メルクリウス(マーキュリー)、トートといった伝説の神々として、名を残すと共に、その後もさまざまな統治者や民族指導者に生まれ変っている。

<金星からの「光の船団」がレムリア(ムー)に到着>
・あるとき、ムー大陸の東端の地テロスに、宵の明星(金星)からの最初の交易船団が到着した。ちなみに、その地域は水没を免れ、今では、アリゾナと名を変えている。
「太陽の淑女」は、夜空から降りてきた。「光の船団」の目撃情報を基にして、八里離れた荒野へと足を向けた。彼女は、ムーの傑出した歴史家および宗教学者で、その国の君主から「訪問者たちと接触し、彼らを大きな敬意を持って、迎え入れるように言い渡されていた。
賢者たちは、興奮し、民衆は歓喜し、ムーの石造りの都市、君主は大きなどよめきに包まれていた。なぜなら、ついに「神々が人々と共に住むためにやって来た」のである!

・それは、遠い過去の時代から賢者たちによって繰り返し預言されてきたことだった。その預言が、ついに現実となったのである。さて、荒野に足を踏み入れた彼女は、ついに予告どおりに現れた「宇宙の訪問者」たちを自らで迎えることになった。宇宙船からは、ある特別な人物が降りてきた。
その訪問者たちは、金星の長老達の命令で、ムーの人々との間で、本格的な「交易」を開始するためにやって来たことを彼女に告げた。その交易とは、科学、芸術、文学および宇宙的真理などに関するアイデアの交換を意味していた。

・ イエスは、「復活」から「昇天」までの40日の間に、弟子たちの前に記録されているだけでも10回以上は、姿を現しているが、それは、彼らの心から生命の永続性を疑う気持ちを一掃するための行動だった。

・ しかし、精霊があなた方に降りるとき、あなたがたは力を得、エルサレムにおいても、また、ユダとサマリアの全土、さらには地の果てまでも行き、あらゆる場所で、私のための証人となるだろう。彼はそう言い終わると、弟子たちが見ている前で、天に引き上げられ、やがて雲に包まれて見えなくなって、また彼らが、天に昇っていくイエスを見つめていると、白い衣を着た二人の男が、いつの間にか彼らのそばに立っていた」(使徒行伝)

・ イエスは、成就した言葉を世界中に伝えるよう弟子たちに命じた後で、白い光線の中を天に昇り、やがて「星の船」の中に引き込まれた。続いて、その宇宙船は、それ自体が作り出した雲で、それ自身の姿を見えなくした。

・ 弟子たちは、そのときにも二人の天使を目撃しているが、その二人は、言うまでもなく、ガブリエルとその助手だった。

19、イエスは、マグダラのマリアに「私に触れてはいけない。私は、まだ、父のところに昇りきっていないからです」と語った。そのとき、イエスは、マグダラのマリアに触れられたくなかった。彼女に触れられることで、自分の肉体の波動が変わってしまうおそれがあったからだ。イエスの肉体は、宇宙船からの光線による「組織を完全に変化させる行程」を通じて蘇っていた。そして、その作業はまだ完全には終わっていなかった。その時点で、波動が変わると、彼の肉体は、崩壊してしまう恐れがあったのだ。

・彼は確かに、それ以前にペテロとマルコに触れている。しかし、彼らは女性特有のマイナスの磁気エネルギーを持たない男性だった。彼の肉体は、まだ、その種のエネルギーとの接触に耐えられる状態にはなかったのである。ただし、後に彼が他の女性たちに触れられたときには、すでに肉体の組成変換行程が終了しており、何の問題も発生しなかった。

20、マグダラのマリアは、墓を離れ、蘇ったイエスの体験を弟子たちに報告しに行った。

・ 聖書には、「石の上に座っていた天使」「墓の中に座っていた若者」「彼女たちと一緒に立っていた二人の男」および「墓の中に座っていた二人の天使」といった描写は、互いに全く矛盾したもののように思われがちだが、それらは単に、イエスの墓には、あるときには、二人の誰かがいて、別のあるときには、一人の誰かがいたことを語っているにすぎない。

・ そして、もちろん、一人の誰かは、マルコであり、二人の誰かは、ガブリエルで、彼と同じ宇宙船の乗組員であった、もう一人の異星人に他ならなかった。

<その天使の正体は、マルコだった>
12、他の女たちが墓の中に入り、天使の声を聞いた。ただし、その天使の正体は、マルコだった。「恐れないでください。あなた方は、磔になったナザレのイエスを探しにきたのですね。彼は生き返りました。そして、もうここにはいません。ご覧ください。彼はここにいたのです。」

13、女たちは、驚いて、そこを立ち去り、他の弟子たちに知らせに行った。その後、マルコも墓を離れ、彼の母マリアの家に戻った。

14、ヨハネが墓に着き、ペテロが、後ろからついてきた。ヨハネは、まだイエスの復活の証を見ていなかったので、急いでいた。

15、ヨハネは、墓の中に残された亜麻布を見たが、墓の中に入らなかった。しかし、後ろから来たペテロは、すぐに墓の中に入っていった。

16、ヨハネもペテロに続いて墓の中に入っていった。「そして、墓に最初に着いた別の弟子(ヨハネ)も墓に入り、そこを見て信じた。

17、マグダラのマリアも、ヨハネとペテロの後ろをだいぶ遅れてついてきて墓に戻った。彼女は、二人が去った後も、そこに一人で残り泣いた。

18、彼女が墓の中に目をやると、そこには二人の天使の姿があった。続いて、イエス自身も彼女の前に現れた。墓の中にいた二人の天使は、光の船の船長ガブリエルと、同じ船の乗組員だった。彼らは、朝早くにイエスを乗せていったのと同じ宇宙船でイエスと一緒に戻ってきていた。

<この本は、転生というプロセスの存在を大前提に書かれている。>
・ 文字通り全ての人間が常に拡大を続けるこの宇宙内のさまざまな世界を指導する魂となることを目指して、自分自身をよりよく知ることを努めながら何となく生まれ変って生きる運命にある。イエスの復活は、人類が知るべきその最も重要な真実を象徴的に示すためのものだった。さらには、「それを教えることが、イエスがこの世にやって来た最大の目的の一つだ」とまで言い切っている。

<イエスの復活が次々と確認される>
ここで、「復活」の日の朝の経緯をまとめてみたい。
1、ペテロとマルコが墓に近づいた。
2、上空の星からの細い白色光線が墓の右壁の小窓から差し込んだ。
3、地震と星に驚いて、二人の見張り兵が逃げ去った。

4、イエスが、生き返り、ペテロとマルコに話しかけた。
5、イエスが、上空の宇宙船に引き上げられた。

6、ペテロが、ヤコブとヨハネの家に向かった。
7、マルコは、墓に残っていた。(ピラトが来たので、近くの物陰に隠れた。)
8、ピラトが家来と見張り兵を連れて、やって来て、墓の入口を塞いでいた石を動かし、イエスの遺体がなくなっていることを確認した。
9、ピラトとその家来たち(見張り兵を含む)が墓から退散した。

10、マグダラのマリアが他の女たちよりも、一足先に墓にやって来て、そこが空になっているのを発見した。そこで、彼女は、すぐにヤコブとヨハネの家に向かい、そこにいたペテロと顔を合わせた。彼女は、墓の中で天使を見なかった。マルコがまだその中に入っていなかったからである。

11、マルコが隠れていた場所から出て、墓の中に入った。



「カバラの真義」
(M・ドーリル博士)(霞ヶ関書房)1978/3/1



<ハルツ山脈>
・シャンバラとは別の秘市の一つは、今ドイツとして知られているハルツ山脈のところに建てられた。建設当時はハルツ山脈は存在していなかったのであるが。別の秘市は北極の地のカナダの不毛の地に建てられた。これも原初の「市」の一つである。ここが建てられた頃は、北極地方は、氷と雪で覆われていなかった。当時の北極地区は熱帯で、いろいろな生物が多数棲息している肥沃な地だったのである。
別の秘市は、今のユカタン(中米)、アメリカの北西の今のシャスタ山のところ、今のサハラ砂漠でアフリカのアトラス山脈に建てられた。ゴビ砂漠には、第7の都市があり、東洋の文献でも説明されており、インドやエジプトでは、「白い島」と呼ばれている。

・ 7大秘市の一つである北アメリカ大陸のシャスタ山の中央部にあるそれは、山の表面にあるのではない。時間空間の支配者でないとそこへ行けないのである。

・ 7大秘市は、今日も存在している。7大秘市は、人間世界の始まりから存在してきたように、キリスト王国がこの地上に丹序して「聖なる市」が天下ってくる時まで、存在するのである。実際問題として、これらは、言葉の意味から言えば、「市」ではないのである。7大秘市のあるものは、50〜60平方マイル(130〜150平方キロ)もあるが、そこには人々が充満しているわけではなく、それらの一つ一つには数人くらいしかいないのであり、滅多に百人となることはないのである。ここにいる人々は、そこで働くことが許され、自分の進歩と世界の発達のためになすべき役割を教えられているのである。

・ 空間が一方に歪められ、いつもそこを通り過ぎるようにされるからである。第二次世界大戦中、ヨーロッパでは、ハルツ山脈の秘市の上を数百機の飛行機が通過したが、誰も「秘市」を見たものはいなかった。

<七大秘市>
・この七大秘市は、はじめは、秘密ではなかったのであるが、後代に地球へ移り住んだ魂には、秘密となったのである。七大秘市のできた頃は、地球は海に囲まれた7大陸があったのである。七大秘市は、地球上の七つの各々異なった地区に建てられたのであった。

・宇宙聖白色同胞団が、最初に建設した都市は、今、我々がシャンバラとして知っているところである。この隠地はチベットのラッサ市の75マイル(130キロ)下にあるが、ここが建設された頃は、地下ではなく、地上にあったのである。その当時、まだ、ヒマラヤ山脈が隆起していなかったのである。またその当時は、アンデス山脈もまだそびえたっていなかったのである。

・このようにして、地球上の第一の秘地は、後に秘密の地区となったのであり、チベットの地に建てられたのであり、この秘地に地球上の聖白色同胞団の人々が自分達の家を築いたのである。
このときに、他の諸秘市も建設された。しかし、「市」と言っているが、この語は、厳密な意味で使っているのではない。確かに、それらの地にも、数万人、数十万人とは住んでいないのである。しかし、古代の文献では、「秘市」と言われており、時には、別の名でも呼ばれていたのである。



「聖書の真義」(福音と預言書の秘儀解明)
(M・ドーリル博士)(霞ヶ関書房)1975/1/1



<イエス・キリストの略歴>
・ その後、アメリカ大陸(南北)に渡られ、9年間各地を経て教えを説かれる。

・ その後、北方シャンバラ(北極地方の地下、今も秘密事項)へ行かれ、3年間の長きに渡って、地球の将来と第7地球サイクルの準備をされた。

・ 満100歳の日から10日目、各地の弟子たちを集めて(魂の肉体脱出で)最後の教えを説かれた後、頭部から火炎冷火を発し、全身を火で包まれ、燃焼しつくされた。残ったものは、大きな真珠の輝く宝石のようなものだった(今も北方シャンバラにある)。

・ 地球を去られてから宇宙聖白色同胞団に行かれて、そこの大聖として、宇宙進歩のためには働かれる。

<日本にあるというキリストの墓>
・ 青森県三戸郡新郷村戸来(へらい)。ここに「キリストの墓」があるといわれている。湖の東に位置する新郷村に入ると、まず目に入るのが、「キリストの村へようこそ」という看板である。キリストの墓、左の「十代墓(じゅうだいぼ)」がキリストの弟イスキリの墓であるという。

・ 29歳の時に、自己の新しい教えの宣布に乗り出される。

・ 33歳で、十字架。3日後に復活。復活後は、いろんな形で11年間も弟子たちにグノーシス(神秘派)の秘儀を指導さる。

・ 復活後、ローマで6ヶ月、エジプトで2年間、各秘院で教えられる。

・ その後、北シナで1年間、当時そこにいたユダヤ人たちに教えられる。後、全シナを旅行してからチベットに向かわれる。

・ チベットの某秘所(超人の住むところ)、現在もあるが、外界とは、完全に遮断されており、飛行機からも見えない。某秘密の場所に5ヶ月間滞在。その間、1日2回づつ教えを説かれる。

・ 次にラッサ市付近の地下深くにあるシャンバラへ行かれ、4年半すごされ、人類向上の新しい試みをされた。

・ この時からイエスは、シャンバラの大聖がた(144人)の首長となられ、地球を去るまでその地位におられた。

・ シャンバラに4年半滞在後、別の地下天国(南太平洋の地下奥地)へ行かる。1年間に渡ってレムリヤ種族(日本人やユダヤ人の原流でもある。当時そこに幽閉されていた)を指導され、無数の魂を外界へ送り出される。

・ それから、地球中心内奥部に入られ、パレスチナ、ギリシャ、スカンジナビアの各地を回って各秘院で教えられる。

<イエス・キリストの略歴>
・ 誕生は、一般に考えられている様に、西暦紀元前6〜7年。

・ 11歳のときに、第1イルミネーション(魂の輝き。神我一体の第一段階)を得られる。

・ 12歳まで、宗教的な教師であった父ヨセフの指導を受けられた。13歳のとき、父ヨセフ、母マリアとともにエジプトに遊学。ピラミッド内で最初の秘伝を受けられる。

・ エジプトでは、アトランティスの後裔の指導を受けられる。

・ 16歳のときに、ヨセフとマリアは、イエスをエジプトに残したまま、ガリラヤに帰る。

・ その後、イエスは、師によってチベットへ送られる。

・ シャンバラで大聖に学び、20歳で第2イルミネーションを得られる。

・ 印度に行き、カシミールを中心に各地を巡回して教えを学んだりされて、25歳の時に最高の神我一体境である第3イルミネーションを得られる。

・ かくて、心・霊・肉とも完全な師としてエジプトに帰り、1年間、更に研究を続けられる。

・ その後、ナザレへ帰り、洗礼のヨハネの弟子たちに接しられる。そして、それから3年間、自分の大修業の補償をされた。



「エメラルド・タブレット」
(M・ドウリル)(竜王文庫)2005/10/1



<アメンティの広間>
・ 「アメンティの広間」は地球の隠れた空間の中で独特なものである。この世の物質的振動のオクターブの中にあるのではなく、いわゆる他の空間と異なる空間の層にある。「アメンティの空間」は、ヤーキマという積極と消極の極に直接関係がある。そして、宇宙意識からだけではなく、アイヨッドからの光でみなぎっている地球に関連しての大体の位置は、アトランティスの下にある。しかし、ここに入るには、この3次元の空間から出なければならない。

・地球上には、3次元の空間から抜け出ることのできる場所が方々にある。オクラハマの硫黄温泉、シャスタ山、南アメリカのミクトラン、チベットのシャンバラ、エジプトの大ピラミッド、ドイツの黒い森、インドのベナレス、アフリカのアトラス山脈、ゴビ砂漠、アラスカの名のついていない谷等である。

・ 「光の子等」「ウナルに住み給う者」(寺院に住み給うものという場合もある)及び、我々人間は、同時に同じ形で一緒に絶対唯一者から出て、宇宙、この地上に天降ったものであるという。「光の子等」は、32人いて、ある目的のため、そのまま「光の子」として、残り、「ウナルに住み給うもの」は、人間の球形の物質に入ったといわれている。「ウマルに住み給う者」はある目的のため、その球形の体をウナル当時まで保っていたのである。一方、人間はネガティブ(否定的な、消極的)に取り囲まれて身動きができなくなり「死」というものが登場することになった。死の法則に入って、人間は、球形体からさまざまな体系をとり、やがて現在のような体になったといわれている。

・人間のコーザル体が卵型の光輝あるオーゴエイデスといわれるものであると神智学が教えているが、通じるところがあるように思う。

・ ウナルの住民であるホーレット大師は原始物質であるエーテルで、ウナルに寺院を建てた。エーテルを形にするために「イトラン」という力を用い、彼の意思で形を作り上げたのである。これは本当に3次元の空間にあったのではなく、9次元にあったので、暗黒であった。寺院の中心に光の本体があった。そこは生命の花が永久に燃えているアメンティーの戸口であったからである。

・ 我、シャンバラの鍵を与えん。シャンバラは暗黒の中にありて、我が同胞等の住むところなり。暗けれど太陽の光に満ち、地の暗黒なれど、霊の光にて満つ。而して、我が日の終わるとき、汝らを導く。

<ケオはアトランティスの僧侶団の町であった>
・ ケオはアトランティスの僧侶団の町であった。ウナル島のちょうど反対の側の島、ウンダルには、二つの町があった。この町というよりは、むしろ島全体が一つの大きな町で、それが二つの分区に分かれていたと言ったほうがよい。

・ この島は、高く築かれた長城で囲まれており、真ん中には高い城壁で分けられていた。ケオは、ウナル島に面していて、僧侶団で占められており、一方、島の反対側はキーンといって哲学者や科学者が住んでいた。どちら側へ行くのにも、各団体の長のサインした手形すなわち許可証明をもらわねば行き来することは出来なかった。「偉大なる者等」とは、アトランティスのアデプト(超人)たちのことである。このアデプトは13人いた。トスの父トツトメはこの13人の頭であった。(彼らはグレート・ホワイト・ロッジという団体のもととなった)彼らは、アメンティーの広間への道を知っていた。

・ 古代の我が民とは、アトランティス人の集団ではなくウンダルにすんでいた一団で、科学者、哲学者、僧侶団から成っていた。彼らは、知識の源を探るのにアカシック・レコードを学んでいた。「光の子等」が時々やって来て、智慧を教えたので、彼らは更に進歩することができた。

<暗黒の同胞団は聖同胞団の正反対である>
・ 暗黒の兄弟等は、破壊し、聖同胞団は建設する黒同胞団は、今、黒ダクパスとして知られている組織を持っている。聖同胞団の超人たちが持っているような弟子たちを持っていた。彼らは、聖同胞団に似せた組織を作り、度々、人々に聖同胞団だと思わせた。人々があるものを得たり、ある力を得たりするのを助け、ついにこの人たちを自分らの手下として、逃げる手段がないようにと、押さえつけてしまったのである。彼らは、第7次元を開き、彼らの目的を成就するために、自然力を呼び込むような、ある特別な力を持っていた。彼らは、思想転移や催眠術によって、他の人々の心を支配して無秩序の中へ引き入れることができたのである。黒同胞団の力と聖同胞団の力との戦いは原始以来続けられてきた。

<エーテルを活用する住民>
・昔アンタレス(さそり座の赤色の一等星)には、エーテルを活用する住民がいて、地球に降りてきた。彼らは、星から星へと旅行する秘密を解していた。彼等は、物質と肉体を意思の命令のもとに変化させた。また、エーテルから自分の要求するものを何でも創造することができた。

・ 物質自然界の背後は、アキヤシヤの空間である。アキヤシヤの空間に入っていくことが、本来宗教の極意であって、その方法を教えるのが、ヨガである。宗教はその極意も方法をも喪失して殻になっている。

・ 物質自然界は、アキヤシヤに画かれた、その通りのものが、物質自然界に現れる。



「光の記憶」
(アカシック・レコードで解き明かす人類の封印された記憶と近未来)
(ゲリー・ボーネル+高橋克彦)(ボイス)1999/12/1



<アカシック・レコード>
・エイリアンは、オクトラス(アルクトゥルス)、アーサーメイジャー(大熊座)、ベガ、オリオン、プレアデス、アンドロメダ、カシオペアから飛来しています。そしてその異星人たちは、アカシック・レコードに記されています。

・ プレアデスとオリオンの存在は、この地球上で重要な役割をしてきました。ここ1万3千年間は、オリオンの人々は、二元性の世界を好み、プレアデスの人々は、合一の世界を好む傾向がでます。

・ 現在、地球に興味のある存在たちが肉体を持って地球上に来ています。プレアデス人やオリオン人が地球上に生きていますが、彼らは目立ちません。地球人として、転生しているわけではないのです。

<ミッシング・リンク>
・ エイリアンの人類への具体的な干渉は、神話・伝説として残っています。エイリアンの遺伝子操作の痕跡は残っています。3万9千年以上前になると半人半獣じゃないけれども、人間と動物のミックスされたもの、動物と人間のハーフみたいな存在がいたんですよ。エイリアンたちが、一種の干渉をしてきたわけです。大体2千年から3千年くらいの幅で、エイリアンたちが人類に働きかけて、色々な操作をしたりして、地球を離れてしまうということがあります。出たり入ったりするんですけど、「遺伝子操作」と改変が加えられた部分というのは、考古学者たちが、何が起きたか分からない「ミッシング・リンク」と呼ばれているところなんです。

<地球に影響を与えたエルスとメルクという存在>
・レムリアの文明に参加した存在エルス。金星から平行宇宙で来たメルクの存在。
エルスとは、レムリア文明に参加した存在で、高度の高い地球に住んでいた。黄金の巨人とも呼ばれていました。肉体の大きさからそう名付けられたのではなく、肉体から輝きだす光のせいで、つけられた名前です。エルスは、地球上に現れた最も古い存在で、現在もまだ、生存しています。英語ではエルダーというのは、「最も年老いる」「長老」の意味ですが、これはエルの音と関係します。

・メルクという存在が始めて金星の並行宇宙から来たときにも、既にエルスは地球に来ていました。メルクは、地球を訪れた初めての異次元旅行者(ビジター)でした。南アメリカおよびメキシコシティには金星からの存在が地球を訪れたことが記されている文献が残されています。特に、メキシコシティには、文献でもメルクの足跡が残っています。

・エルスがいつ地球に来たのか、あるいはどこから来たのかは、アカシックには書かれていません。彼らは、人類のアカシャの外側にいる存在ですが、地球人類との交流があるために、その部分についての情報を引き出すことができます。純粋なエルスは、未だ生存していますが、人類との相互交流はほとんどなく、チベットの最も高い地方、ペルーのアンデス地方に住んでいます。

・地球のエーテル体には、5つの「叡智の学校」というのがありますが、エルスはその学校とつながっている物理的な地球に住んでいるのです。チベット、北京、イスラエルのシナイ山、アンデスなのです。エルスは、炭素をベースにした肉体は、もう持っていません。ただ、肉体の一部に炭素を持っていて、真珠貝が真珠をかけらから作り出すように、たった一つの炭素の分子から炭素ベースの肉体を創り出すことはできます。

・現在のリビアの砂漠の中にあります。砂漠の中には、三つのテンプルシティーがありました。それがソドムとゴモラ、そしてもう一つがアンロット(アムロット)と呼ばれていたところです。アンロットには、古代の文献が残されていたのですが、風化し粉のようになっていて今は読めません。ヒトラーは、この三番目のテンプルシティーの重要性が分かっていました。ソドムとゴモラは、ヘブライの長老達の手によって、自ら崩壊させられたことも知っていたのです。

・ソドムとゴモラは、エイリアンの前哨基地でした。文明がヘブライよりもずっと進んでいたために優秀な若者たちがソドムやゴモラに流れていったので、ヘブライの長老達は、その二つの都市を破壊したのです。そして、自分達の神、エホバにその仕事をなすりつけました。

・ 日本ではホワイト・ブラザーフッドは秘密結社の一部という認識しかありませんが。本来の形というのは、「菩薩」とよばれるような人たちの存在、そのために、「菩薩」は、自分たちがそういう存在だということを明らかにしないんです。だから、秘密のまんま。

・ 信じないから。たとえば、「時」という概念は、知性が生み出したものにしかすぎないということを理解するのも大変なのに、この人は、テレポーテーションができるとかそういうことは到底人は、信じられない。

・ ノストラダムスもホワイト・ブラザーフッドのメンバーだった。聖ジャーメンも、J・L・ベーコン、シェイクスピア、レオナルド・ダ・ヴィンチとかレンブラントとか、アインシュタインもホワイト・ブラザーフッドだった。このメンバーのグループが地球と人間と神々のスピリットを保存している。

・さて、地球上に生死を繰り返していない、もう輪廻の輪から離れている存在のグループがあります。彼らは、地球と人間と神々のスピリットの智慧を守るという使命を渡されている。そのグループと言うのが、ホワイト・ブラザーフッドなんです。

・ これらの存在たちというのは、もう輪廻の輪から離れているんですけれど、まだ人類意識なんですね。人間の意識の守護神なんです。だから、この存在たちが、神道、仏教、キリスト教にも、イスラム教にも霊感を与えて、それぞれ、一つ一つがこの全体のピースを持っているんです。最後に世界的な一つの理解が得られるまで。一つのグループが他のグループを支配しないようにわざとばらばらにしたのです。

<ホワイト・ブラザーフッドの定義と役割>
・[ホワイト・ブラザーフッド、白き同胞団、白色同胞団、あるいはグレ−ト・ホワイト・ブラザー]
神道というのは、実はホワイト・ブラザーフッドから分かれて、きているんです。ホワイト・ブラザーフッドは」悪いことは何もしていない。ずっと長い間、人類に恩恵を与え続けてきて、確かにヒトラーはそういうことをしたけれど、別に情報を間違って使っただけで、薔薇十字団、フリーメーソン、テンプル騎士団、全部そこから出てきたということ。悪い子達がいたかも知れないけれどこういう組織そのものは決して悪いものではありません。
人類の意識というのもスピリットを持っています。神のスピリットがありますね。ホワイト・ブラザーフッドは、スピリットに関する智慧をずっと守り続けているグループなんです。すべての知恵を集め、そして保存しようとするのが、目的のグループ。



「アトランティスの叡智」(思考の現実化、意識の物質化)
(ゲリー・ボーネル)(徳間書店)2004/9/30



<(ホワイト・ブラザーフッドとアトランティス)>
・ 数世紀にわたりブラザー・オブ・ライト(ホワイト・ブラザーフッドとも呼ばれています)のメンバーは、アトランティス人の直系の人たちに限られていました。「叡智の道」の教えを守っていくにはアトランティスの血統が重要だと信じられていました。血統自身の構造の中にユニティの直接体験が保持されているからです。

・ ある意味、これが王制と神官の階級の始まりといえます。神官階級はたとえば、最後のシフトの直後にエジプトで花開き、世界中へと広がっていきました。ブラザー・オブ・ライトはその都度、名前を変えながら継続していきました。そして文明が変化するときに、中心的な役割を果たしてきたのです。グループの機能は変わりません。集合意識が再び受け入れられるようになるまでに「叡智の道」の大いなる教えを守ることです。

・ ギリシャやローマ神話に出てくるエピソードは、シフト後、これらの意識を保ったままのアトランティス人と霊的に目覚めていない人々との間に、起こった出来事を下敷きにしているものも多いのです。このオリジナルのアトランティスの長老達はまだ何人か私たちと共に見守り続けてくれています。

<光の兄弟・ブラザー・オブ・ライト>
・ 菩薩とは、別に「光の兄弟・ブラザー・オブ・ライト」と呼ばれる存在がいます。彼らは、「叡智の道」を守っていこうと決め、その目的に自らを捧げてきました。「叡智の道」は、「創造」とは何か、全生命という壮大な構造の中で、私達人間がどのような位置にいるのかを教えてくれます。創造の中で、私達の魂の役割を最初に理解していたのは、レムリアの人々でした。2万6千年前、彼らの文明がほとんど崩壊することになった一連の自然災害が起きたとき、アトランティスの人々とその叡智を分かち合ったのです。それはちょうど人類が1万3千年周期のユニティの時代に入るときでした。

・ アトランティスの人々は、この「叡智の道」を使って完璧に自然と調和する文明を作り上げました。レムリアの人々は、現に我々が行なっているように、地球の資源を利用していましたが、アトランティスでは、地球のエーテル体の質料から言葉による指令を下すことで、物質を生み出していました。アトランティス人が体験したユニティは、彼らの能力を拡大しましたが、レムリア人は、相変わらず必要なものを手に入れるのに、肉体を使わなければならないという考えにとらわれていました。



「人類アカシャ全史」
 (ゲリー・ボーネル+古川益三) (ボイス)2002/2/1



<ヒトラーは、ホワイト・ブラザーフッドの儀式を受けたメンバー>
・ ヒトラーは、ホワイト・ブラザーフッドの儀式を受けたメンバーです。ホワイト・ブラザーフッドは、神秘家たちが構成する組織です。ゾロアスター教よりも前に、すでに存在していました。ホワイト・ブラザーフッドは、何千年も前から存在しています。そこに招かれる人は、あるレベル以上の神秘的な理解のある人々に限られていました。ヒトラーは、そういうオカルトを学んだ人です。

<(この地球上に輪廻転生するために降りてきた最初の生命体の<エル>と呼ばれている存在)>
・800万年前の<ノア(ノアの後の文明はレムリアです)>の文明は<ロゴス>によってガイドされていました。そして、この地球上で最も古い意識生命体である<エル>がずっとヘルプしてきました。
<エル>は、まだこの地球上に存在しています。<エル>が入って最初の肉体は、何千年も生きられるようにデザインされていました。地球上の最初の魂が始めて、生命体に投影された存在たちを<エル>と言います。<エル>と<ロゴス>とでは、根本的な違いがありました。

・ <ロゴス>は、肉体を発達させ、ネット・ワークを開かれたものとしました。そして、色々な魂が肉体の中に入っていけるように引き寄せる役割をしました。
たとえば、私がオリジナルの魂だったと仮定します。そして、その私が、プレアデスからやって来て、ずっと遠くのシステムに行こうとしていたとします。私は、ライト・ボディを持っていて、そして想念が動くのと同じスピードで動いています。

・パッと下を見ると、素晴らしい光の球体が見えたとします。その光の球に、一つだけ素晴らしい光のポイントがあって、私は、それに引き寄せられています。そして、この入口に入る直前に私は、この世界に住むんだと決断して、その球体の中に入っていきます。それから、私は、<ロゴス>が投影した生命体の中に自分を入れます。
それが、この球体でのオリジナルの生命体になります。そして、これはこの地球上に輪廻転生するために降りてきた最初の生命体ということがいえるのです。それが、<エル>と呼ばれている存在です。



「アカシャの秘密」 
(ゲリー・ボーネル) (ボイス) 1996/7/1



<エロヒーム>
・ ステージの片側では、原初のキリストの魂エロヒーム(エロヒム・キリスト意識)が投影され、降下してきています。もう片側では、アーナーイエィとアーナーイースによって生み出された。非人間レベルの意識が物理的肉体を獲得しつつ上昇しているのです。「いまだ現れていない想念」の領域に住まう生命体たちが投影されて上昇していきます。

・ この領域は、パナウ、パン、ゲーヘンアーもしくは地獄と呼ばれています。上昇する下位次元の存在にもエロヒームが男性や女性の人間存在まで降下してくる。あらゆる側面と同様の数多くの意識のレベルがあります。

<パンの次元>
・パンの次元には、さまざまな存在があります。彼らは妖精、ブラウニー、ノーム(小人)、レプリコーン、トロールなどとして現れます。パンの次元は、物理的意識の宇宙の一つの側面と云うよりも並行宇宙のようなものと言えるでしょう。覚醒し、悟っているパンの住人は、人間意識との関係の中での自分達の位置をよく現しています。彼らは、人間意識の体験を非常に直近から観察し、自分たちが人類へと次元上昇したとき、どのように運命を完遂していくのかを予測しています。

<ハイヤー・セルフ>
・ハイヤー・セルフまたは、ヤムラーテーは、オーバーソウルの一側面です。それは人間にとってのメンタル体のようなもので、人間の身体は、メンタル体、感情体、物理的肉体の三つの存在から構成されていますが、メンタル体は、私達人間の一側面です。つまり、ハイヤー・セルフはオーバーソウルのメンタル体、パーソナリティの部分とも言えるでしょう。ここから「分離」、または「原罪」が始まるのです。

・ さて、ハイヤー・セルフは、オーバーソウルの一側面を表しているに過ぎないのですが、やはりその内側、それぞれ12の男性と女性の両極化された役割が存在していて、ヤムナーテーと呼ばれています。

・ このヤムナーテーは天使的な存在として集合意識の中の役割を果たしています。ヤムナーテーと5次元、6次元で対応している天使的実在と同じ能力と知恵を備えています。

・ ハイヤー・セルフの天使的存在と5次元、6次元で対応している天使的実在とは、物理的意識宇宙、および人間の意識の経験の外側に存在するのです。

・ 天使的実在の主な関心は、人間意識完成に至るプロセスの一部を担うことに向けられています。その目的に対して、援助するために、存在しているのです。そして、人間意識が超意識のレベルに再誕生するのを目撃します。それは、三位一体のソウルレベルで起こりますか、この再誕生を目撃することこそ、天使的実在に対する「報奨」となるのです。

・ 天使的実在は、さらに人間意識が物理的意識、宇宙の中で意識の階層構造を形成し始める瞬間を援助します。高次のスピチュアルな次元で、人間の意識を啓蒙しているのです。

<センター・ステージ>
・ 物理的存在としての人間の実践は、創造から大いに分離した場所にたどりついてしまいます。でも実際たとえて言うなら、私達は、家の中でも最高の場所を手に入れているのです。それはステージの中央、メビウスの輪の中心です。



「ウォーク・イン」
(ジュエレ・ウイルキンス)(ボイス)1997/11/1



<ウォーク・イン>
・ ここ20年、ウォーク・インはコンスタントに地球にやってきており、この傾向はまだ続く。最近は、ウォーク・インが増えているように感じられるが、それは多くの人々がウォーク・インだと目覚め始めたことと、この人たちがもっと大っぴらに体験を話しするようになったことが影響している。

・ 本書は、一言で言ってしまえば、ウォーク・インという体験をした女性の半世紀である。

・ ここ5年の間に私は、ウォーク・インに関する情報を蓄積してきた。そこには私自身の得た洞察やウォーク・インした人々との個人カウンセリングから得た知識、あるいはカウンシルから得た情報、また別のウォーク・インと交換した情報などが含まれている。

・ ウォーク・インに関して、まだその情報はあまり印刷物になっていない。例外は、1970年代の終わりから80年代初期に書かれたルース・モントゴメリーのパイオニア的な仕事(自動書記によるチャネリング記録)である。

・ ウォーク・インとは、「現象」というよりも生命のもう一つの自然な姿である。

<パラレルワールド(平行世界)を抜けた金色の光の世界>
・ 私は金色に輝く世界からやって来た。そこでは、愛と平和と喜びは、感情的に体験されるものではなく、ただ「そういう」状態なのだ。そこは、物質を持たないが、かわりにすべてに無限の可能性を持つ金色の光の世界である。そこでの移動は、意識の中で作られた光の乗物によって行なわれる。私達は、光の生命体であり、それぞれのユニークな輝きを見分けておたがいを認識する。そして、地球の人々もまた光の生命体なのだ。

・ 私のいた世界では、「人々」は放浪の民であり、特定の星や場所をもたず、そのときどきの課題に従って世界まるごと、次元から次元を、そして星から星を移動し、それぞれの次元にあわせて自分達の思考を壊したり、作り出したりしている。地球の人々もまたそうしているのだが。

・ 地球にウォーク・インするために、私はいくつもの次元の門を潜り抜けて来た。自分の起源は知っているが、みんなと同じように人間であり、密度の高い三次元空間に支配され、集団意識によって歪められた事実に支配されている。

<ザ・トランスフィギュレーション(変容)>
・ 人間の進化の過程においてはある情報が広範な人々の意識に向けて開かれ、インスピレーションや思いつきといった形で世界に広まっていくが、これもチャネリングの一つである。たとえば、人間が変わっていく可能性を反映しているポピュラーな文化の一つに「スタートレック」がある。このテレビ・ドラマのシリーズに「ザ・トランスフィギュレーション(変容)」と題されたものがあった。これは人間の形をした生き物が光に「変容」するというものだ。映画「未知との遭遇」は宇宙に存在するのは人間だけではなく、他にも生命を持った星があることを思い出させてくれる。

・ 映画「コクーン」では、「光の生命体」がいともたやすく人間の形を装い、地球上で生活を送る様子を描いて見せた。映画「ET」は、私達の「家に帰りたい」という熱い思いを代弁しており、また、私達は、みな本当の故郷である神の心の中へと帰っていくのだという認識を呼び起こしてくれる。

・ ウォーク・インについては、私の好きなパラマハンサ・ヨギナンダの訳した著書の中にはっきりとその実存性が証明されています。これは、インドで昔、本当に起こったことです。ある若者が死に会葬者の列が死者を火葬壇に運びました。そして、まさに火がつけられようとしたそのとき、一人の老人が駆け寄ってきました。そこで、「待て!火をつけるな!わしが、その体を使うんじゃ!」と叫んだかと思うと老人はその場にへなへなと崩れ落ち、生気を失ってしまいました。と同時に若者はむっつりと起き上がり、火葬壇から飛び降りたかと思うと森の中に走って行ってしまいました。

<ウォークイン>
・ウォーク・イン。前の魂が立ち去ったあと、その肉体に入ってきた別の魂のことです。そして、全く違った個性を持つ体に、人生の途中から住み着いた存在と云うこともできます。

・ しかし、ウォーク・インは狐憑きでもなければ、悪魔が取り憑いたわけでもありません。これは人々が思うほど異常なことではないのです。ウォーク・インたちは、太古の昔からこの地球にやってきています。今、地球とそこに住む人々は、新しい千年期に向かう転換のために、魂の目覚めを迫られています。私達ウォーク・インは、その目覚めを助けるための存在であり、私達自身、そのことを認識し始めたところです。

・ 無限の叡智が人生の最初の住人、つまりウォーク・アウト(出て行くもの)をうまく演じられない役者を選び出します。選ばれて、役者は、魂の目的に達するまで、人生を送ると、舞台を降りて、魂の故郷へ帰り、そこで、神なる源から再生するための新しいエネルギーを吹き込まれるのです。その後を継ぐウォーク・インは、成長した体をまとうことで、赤子から子供時代を経て大人になるまでの成長過程を省略することになります。これは、とても「効率の良い」誕生の仕方です。



「秘密結社」
(秦野啓)(新紀元社)2005/4/1



<州議会を始め、裁判所や警察などの議員、職員にかなりの数のメイソンがいた>
・また、アメリカ社会へのフリーメイソンリーの浸透を表す一例として、1940年代に行なわれた調査の結果があげられる。アメリカ本土48州の内、34人の州知事、上院議員96人のうち55人がフリーメイソンリーの会員であった。

・ 州議会を始め、裁判所や警察などの議員、職員にかなりの数のメイソンがいたという調査報告も存在する。
が、これは別にアメリカに限ったことではなく、ヨーロッパにおいても似たような状態である。イギリス王室を始め、ベルギーやスウェーデンの王族のほとんどが、フリーメイソンリーに入会している。そして、それらの事実は、秘密にされることすらなく、公然のものとして、扱われているのだ。その事実からも欧米では、フリーメイソンリーは、何度も述べているように「サロン」的な団体として、扱われているのが分かるだろう。

<フリーメイソンリーの現在>
・ 第二次世界大戦後以降、現在の地球上でフリーメイソンリーが最も活発に活動しているのは、アメリカ合衆国である。とはいうものの、陰謀論者が吹聴するような「アメリカ合衆国がフリーメイソンリーによって作られた国だからだ」という夢のある理解ではない。単に大戦後の米国の経済的活動が世界で最も活発だったためーというのが本当のところなのだろう。現代米国におけるフリーメイソンリーは、日本人が夢想(あるいは空想)する「秘密結社」とは程遠い姿をしている。アメリカ合衆国のフリーメイソンリー・ロッジの多くは、福祉団体や慈善団体として法人化しており、病院や福祉施設への多額の寄付を行い、祝日などには、フェスタやバザーを開催して、地域の親交と振興に寄与している。

・これは、フリーメイソンリーが本来、持っていた博愛と相互扶助の精神を拡大させていったものであるが、同時に欧米の「高貴なる者の社会的義務、ノブレス・オブリージュ」という伝統的な精神に基づいたものと見ることができる。これまで、述べてきたように、フリーメイソンリーの活動基本は「裕福層のサロン」だった。金銭的社会的に上層部に位置する彼らは、「持てる者に課せられた責任」として、福祉事業に対して出資しているのであろう。



「アセンションの道しるべ」
(新しい世界への旅は自己変容から始まる)
(リサ・ロイヤル)(ネオデルフィ社)2003/7/1



<「陰の政府」の活動>
・アメリカ合衆国の建国の父たちは、古代のシリウス星人が人類を助けるために、使ったのとよく似た方法を使っています。世界を背後から繰ろうとする「陰の政府」の活動によって、憲法が誤用されたり、ないがしろにされると、その事態にアメリカ国民が奮い立って、自立の回復につながる行動を起こすようになるでしょう。そうは思えないかもしれませんが、アメリカ合衆国憲法には、多次元的な特性があります。

<シリウス星人> シリウスは大犬座にある星で、米国では「犬星」「dog star」とも呼ばれています。地球から8.7光年の距離にあり、肉眼で見える最も明るい星。シリウス星人は琴座人やプレアデス星人と並び幼年期の地球人に深くかかわった宇宙人です。

<琴座星人>琴座は、織姫(ベガ)があることで、知られる星の星座です。本書の情報源は、そもそも地球人が琴座を起源とする人間型生命体に属する種族であるという立場をとっています。地球人の成り立ちにおいて、権威的な父親としての役割を果たした宇宙人種です。

<プレアデス星人>地球から約480光年の距離にあるおうし座の散開星団250から500の恒星があり、そのうちの9つの星に呼び名があります。地球の古代文明は、プレアデスに七つの星があると記録しています。古代ギリシャでは、これを「アトラスの七人の娘」と呼びました。プレアデスは、精神面でも肉体面でも最も地球人に近い宇宙の同胞です。今も昔もプレアデスは人々の心を引き付けて止みません。プレアデスは、日本では、昴(すばる)座として親しまれています。

<アメリカ建国の父たち>
・アメリカ合衆国の礎を築いた建国の父たちとフリーメーソン、そしてさらには太古の昔に人類を解放しようとしたシリウス星人の行動とは、共通点があります。古代の地球には、地球の支配権をめぐって争っていた二つの主要な宇宙人のグループがありました。彼らは琴座(リラ)人とシリウス人でした。現在の人類と、彼らとの間には、遺伝学上のつながりがあります。地球の古代文明において、琴座人はライオンや猫のシンボルによって、また、シリウス星人は蛇のシンボルによって表されてきました。

・ シリウス星人は、琴座人から、人類を解放しようとしたグループでした。そして、この目的を実現するために彼らは、人類に対して、さまざまな援助の手を差し伸べてきました。しかし、残念なことにシリウス星人との交際は、未成熟な人類の意識の奥深くに「神々」(つまり当時の宇宙人たち)との不平等感や被害者意識をはからずも植え付けることになりました。

・ 遺伝子工学の専門家だったシリウス星人は、遠い未来に至るまで休眠状態にとどまる遺伝子コードを人類に組み込みました。この遺伝子コードが、今まさに多くの人々の中で目覚めています。



「クラブが創った国アメリカ」 (結社の世界史)
(綾部恒雄) (山川出版社) 2005/5/1



<フリーメーソン>
・ 楽聖モーツァルトが「魔笛」の中で示したフリーメーソン精神、それを見て感動した文豪ゲーテが、『ヴィルヘルム・マイスターの修業時代』『ヴィルヘルム・マイスターの遍歴時代』を書いたことなどを列挙するまでもなく、フリーメーソン精神は多くの天才を魅了する力を宿しているといっても良い。アメリカの中でフリーメーソン結社がはたした役割がもう少し正当に評価されても良いのではなかろうか。しかし、フランクリンはその『自叙伝』のなかで自分とフリーメーソンとの関わりについてはいっさい触れていない。このあたりに秘密結社の影響をアメリカの「正史」の中に取り上げる上での難しさがあろう。

<アメリカのフリーメーソン>
・ アメリカにおいては、フリーメーソンは健在である。私(綾部恒雄)は、メイン州沿岸部でのフランス系アメリカ人調査のおり、キリスト教会よりも多いかと思われるほどのメイスン・ロッジを見かけている。サンフランシスコ、ロスアンジェルス、サンタフェ、バトンル・ジュなどのフリーメーソン・ロッジを尋ねたことがあるが、その建物の華麗さや大きさから、フリーメーソンを支える勢力はいまだにあなどりがたい力を維持していると思う。

<世界最大の秘密結社>
・フリーメーソンは世界最大の秘密結社だといわれる。会員数は、約600万人、このうちアメリカ合衆国に400万人いるとされる。

・ 儀礼的(入社的)秘密結社、この種の結社は、加入の際に入社式(イニシエーション)があり、これを通過することによってのみ正規の会員として迎えられる。多くの場合、入社的秘密結社とは、複雑な位階制度があり、人間完成のプロセスをたどる位階制度を上昇していくためには、そのつど複雑なイニシエーションを経なければならない。入社的秘密結社の目的は、そうした儀礼の意味や本質を他にもらさないことである。この種の結社に相当するものとしては「フリーメーソン」や中国の「三合会」、イスラームの「アサシン」。イギリスやアメリカの「オッド・フェローズ」、日本の「修験道」「隠れキリシタン」「真言立川流」その他がある。



「天国と地獄」
(アラン・カルデック)(幸福の科学出版)2006/8/27



<天使>
・ 従って、天使は、人間がもともと持っていた可能性を開花させて、ついに完成の域に達した姿、約束されていた至福の境地にいたった姿なのである。

・ 人間は、地上での生活だけに縛りつけられているわけではない。空間中に繰り広げられる無数の世界に属するのである。すでに姿を消した世界に属していたこともあるし、これから現れる世界に属することもあるだろう。

・ 神は、永遠の時間に中で、創造してきたし、これからも創造し続けるであろう。それゆえに、地球が存在するはるか以前から地球以外の惑星でも、我々と同じく数多くの天使が肉体に宿って、修行をしてきたのである。そして、比較的新しく生まれた我々が現在たどっているのと、同じ階層を踏破し、我々が神の手に生まれるよりもはるか前に、すでに目的に達しているのである。

・ それは地球上の我々にしてみれば、永遠の者から、至純の霊、つまり天使たちが存在していたということになる。つまり彼らが、人間だった頃の時間は無限の彼方に退いているので、宇宙開闢の頃から天使として存在しているように、我々には思われるのである。

・ 神がかって仕事をしないことはなかった。みずからの命令を伝え、宇宙のあらゆる領域を方向付けるために、常に行動においても智恵においても至純の霊人たちを従えていたのである。彼らの補佐を受けて、惑星の運行から最も些細なことに至るまで、実行してきたのである。

・ したがって、様々な職務・任務を免除された特権的な存在を作る必要はなかった。すべての霊たちが古いものも新しい者も、努力に応じて各々の境涯を勝ち取ってきたのである。全員が自らあげた成果に応じて進化してきているわけである。そのようにして、神の至高の正義が実践されてきたのだと言えよう。

<魂は平等なのに、なぜ天使と悪魔が存在するのか。天使は何ものか?>
・ 天使が持っているとされる特質をすべて備えている存在があることは、疑いのない事実であろう。霊界通信は、この点に関して、あらゆる民族の持っていた信仰を裏付けている。だが、それだけにとどまらず、明快にそうした存在の本姓を始原についても教えてくれるのである。

・ 魂、あるいは霊は最初に創られたときは、単純で無知だった。つまり、何の知識もなく、愛と善の区別ができなかったのである。しかし、みずからに欠けているものは、すべて獲得できるように創られていた。

・ すべての魂にとって、完成が目標だった。それぞれが自由意志に従い、努力に応じて、完成を目指していった。すべての魂が、同じような知識を踏破し、同じだけの仕事をする必要があった。

・ 神はすべての霊をまったく公平に扱い、いっさいのえこひいきをしなかった。というのも、霊たちは、すべての神の子供であったからである。

・ 神は霊に経験を与えなかったが、経験を得る能力は与えた。霊が悪の道へ歩みを進めるごとに、それは、霊的進化の遅れになった。そして、霊は、そのたびに報いを受け、避けねばならないことが何であるのかを学んだ。そのようにして、霊は、徐々に進化、発展し霊的な階段を上がっていったのである。そして、ついに至純の霊、つまり、天使の階級にまで至ったわけである。



「遠野物語事典」
(石井正巳) (岩田書院)2003/7/1



<マヨイガ>
・遠野では、山中にある不思議な家をマヨイガという。マヨイガは白望山(しろみやま)にある。黒い門があり、あたりは紅白の花が咲いていて、牛、馬、鶏がたくさんいる。家に上がると、膳椀の支度がしてあり、湯も沸いているのだが、人はだれもいない。

<河童(かっぱ)>
・「川には河童が多く住めり」と明示される。この話では、河童とおぼしきものの子を、人間女が産んだ話が紹介される。女が河童の子を二代や三代の因縁にあらず産んでいるともされる家。
遠野には、河童が婿入りをして、子供を生ませたという家なども残っていた。

<異人>
・「大男で、眼の光きわめて恐ろしい」人物が、人間が目をふさいでいるうちに消えてしまったという話。
「異人は山の神にて」とあり、「山の神」を異人としていることがわかる。
「遠野郷の民家の子女にして、異人にさらわれていく者年々多くあり」という話で、異人とされる者の外見や特徴は何一つ記されていない。「異人」とは、その姿形、容貌が普通の人間とは異なっている者を指していうのだろう。普通の人間が持ち得ない能力を持っていることもあったようだ。

<山の神>
・背丈は「丈高き」「背高く」。
顔色は、「顔は非常に赤く」「顔は赤く」「顔はすてきに赤く」「面朱のような」とある。
眼の光は、「眼は輝き」「眼の光かがやける」背が高く、顔が赤く、眼が輝くという点でパターン化している。

「山男」
・ 遠野郷の民家の子女にさらわれる者が多く、特に女に多いという。「女は、恐ろしい人にさらわれたが、その人は、背が高く、眼の色は凄く。生んだ子供を持ち去ってしまうものの、仲間と連れ立って食物を持って来てくれるという」。
「山里で髪の長い美しい女を撃つ」証拠として、黒髪を持ってきたが途中で眠くなり、背丈の高い男が取り返して立ち去ったと見ると眼が覚める。その男は山男だろうという。

「山女」
・「山女は、ぼろぼろの着物を着ているが、色白で長身、長い黒髪を持ち、あでやかである。幼児のいる母親でもある。飛ぶように走ったり、記憶をなくさせたりする特異な力を持つが、銃弾には倒れる。人恋しいかのように里人の前に現れるが、その特異な力や叫び声、大きな笑い声のため、里人にとっては、非常に恐ろしく、恐怖で病死する者もいる。
山女が現れる場所は、遠野地方の東にある六角牛山。白望(白見)山などの山中である。六角牛山は、女神が住んだと信じられた遠野三山の一つである。



「エンジェル・ストーリー」 
(ダイアナ・クーパー)(ナチュラル・スピリット)2005/6/1



<モロナイという大天使>
・ イスラム教の天使の階級ではモハメッドにコーランを口授した大天使ガブリエルが最高位です。イスラム教神秘主義的宗派スーフィーは、天使と強い繋がりを持っています。

・ また、モロナイという大天使は、謎の文章の刻まれた黄金の板が発見されるように働きかけました。それは、『モルモンの書』と呼ばれるようになり、モルモン教が始まったのです。

・ 人間と共に働き守護してくれる天使たちは、最も低い位の天使たちの中から選ばれた者たちです。彼らは、私達を誕生のときから守護してくれていますし、また私たちが、彼らにお願いすれば、たくさんの方法で私たちを導き、助けることができます。彼らは私達の道を滑らかにし、私達をすみずみまで癒し、直観を与え、高次のエネルギーで満たすことができます。そして、調和した生活を創造し、光を広めるために、私たちと共に働くことができるのです。

・ 天使たちは、地球での私達の守護者です。私達は、記録係でもある守護天使たちは、私たちの思考や行動を書き取り、各自のアカシック・レコードを更新しているのです。そしてそれは、カルマの神々によって管理されている。

・ 天使たちは、宇宙のいたるところで、異なるレベルでの奉仕をしています。

・ キリスト教の初期の時代の人々は、現代人がふたたび戻りつつあるように天使を受け入れようとしました。

<大天使>
・ 大天使たちは、地球を取り巻く聖域であるリトリートを持っています。私達は、浄化のため、そして必要な助けを得るために、こうしたリトリート(隠棲所)の一つに連れていってもらえるように、夜眠りにつく前に、お願いすることができます。

・ 大天使ミカエルのリトリートは、カナダのアルバータ州にあるバンフです。大天使ウリエルは、ポーランドのクラクフの南にあるテトラ山脈です。大天使ラファエルは、ポルトガルのファティマ。大天使ガブリエルは、カリフォルニアのシャスタ山です。

・ 私達は、大天使ヨフィルのリトリートである中国の中央北部、蘭州付近の万里の長城に行くことをお願いすることもできます。ヨフィルの名の由来は、「神の美しさ」です。大天使シャムエルは「神を見る者」であり、アメリカのミズーリ州にあるセントルイスにいます。大天使ザキエルは「神の正義」で、キューバにいます。

・ イランの大天使ウォフ・マトナは2500年前にゾロアスターに神のメッセージを伝えました。ゾロアスター教では、6人の大天使たちが“光の神”あるいは智の神として知られるアフラマズダを守護していると伝えられています。アフラマズダは光の円盤に乗って飛ぶといわれており、古代の彫刻のなかで、そのように表現されています。

<権天使>
・ 権天使たちは、都市や国家、多国籍企業そして、人々によって構成されるその他の巨大な組織を司り守護します。あらゆる天使の軍団と同様に、彼らは、宇宙のいたるところで働いており、地球は彼らが司るうちのごく小さな一部です。

・ そして、天使の一団を指揮する大天使たちが存在していますが、地球に最も密接にかかわっているのは、ミカエル、ガブルエル、ラファエル、そしてウリエルです。そのうち、三人についてだけが、聖書に記録されています。その三人は、「神の勇者」あるいは、「神は我が力なり」を表す名前を持つのが、ガブリエル、「神は癒し給うた」を意味するラファエル、「神に似た者」のミカエルです。大天使ミカエルは、天軍の戦士として、しばしば描かれることがあり、また孤独な旅人を守護します。

・ ウリエルの名の由来は、「神の火」です。大天使ウリエルはヘブライの神秘的伝統であるカバラを人間にもたらしました。

・ 主天使は、天界の長官で、自分たちより下位の領域に属する天使たちを見守っています。彼らは、人間にかかわることはめったにありません。

・ 力天使は、莫大な光を私達人間が、アクセスできる形にして、送ってくれます。彼らは、奇跡を起こす天使です。人々が集団での意識を高め、天使のエネルギーに波長を合わせるとき、彼らは、力天使の放つ、情報のプールにアクセスします。こうして、得た気づきはニューエイジへの意識を高める手助けとなります。

・ 能天使は、誕生と死の天使であり、誕生の瞬間に私たちをやさしく包んでくれるのは、能天使たちです。彼らは、また死の訪れる際に、私達人間の身体が光の身体へと変換されるのを喜んで手助けしてくれます。彼らは、人間が肉体を脱ぎ去った後で、アストラル界で迷ったときに導き、助けてくれます。人間のカルマの記録の総括管理者であるカルマの神々は、能天使たちです。彼らは、人類の意識を監督します。また、集団のカルマ、国のカルマ、世界のカルマ、宇宙のカルマの神々も存在します。

<天使の存在と階級>
・ 天使たちは、人間が宇宙の計画に加えられるより以前に、根源によって創造されたのだと広く信じられています。人間が創造されたとき、位階の低い天使たちの一部がお世話するために遣わされました。
・ 天使の階級については、様々な意見があります。一般には、三つの界層によって構成され、その一つひとつが、さらに三つの段階を持っていると考えられています。

1、 熾天使(してんし)(セラフィム)、智天使(ケルビム)、座天使(ソロネ)
2、 主天使(ドリニオン)、力天使(ヴァーチャー)、能天使(パワー)
3、 権天使(プリンシパリティ)、大天使(アーキエンジェル)、天使(エンジェル)

・ 天使の階級の最高位は熾天使(してんし)で、その本質は、純粋な愛です。彼らは、創造主への称賛を絶えることなく歌い続けることによって、創造のバイブレーションを維持する天の軍勢です。最も高いエネルギーを持つ存在である智天使が、このような神の力の領域を受け持つことができるのです。

・ 座天使は惑星を司り守護しています。したがって、私達の惑星である地球統括しているのも座天使です。

・ 上記の三大天使たちは、根源から直にまばゆい光を受け取り、宇宙の下位にいる者たちが受け入れることのできるレベルで伝わるような光を変換します。



「黄金の約束」(光の翼)
(私は、アーキエンジェル・マイケルです。)
(ロナ・ハーマン)(太陽出版)2003/7/5



<アーキエンジェル・マイケル>
・ しかし、相当な時間がたって、あなたおよび数多くの他の存在たちに、大きなホールに集合するようにとの召集がかかります。このホールは、最も荘厳にして、神聖な集まりのためにだけに使用されるものです。あなたは、感激の思いに圧倒されます。なぜなら、そこにはあなたも知っている大天使たちや、他の多くに偉大な存在たちがいるからです。あなたが以前一緒に旅をしたり、仕事をした強力で偉大な存在たちがいます。記憶も定かでないずっと昔にあなたを創造した存在もいます。私、アーキエンジェル・マイケルもいます。美しい地球の女神もいます。さらに、はるか彼方の文明や宇宙からやって来た極めて重要な代表者たちも数多く列席しています。

・大いなる任務と責任を担った光り輝く存在が、その場に集まった存在たちに向かって、話を始めます。あなたは、地球という名の惑星における「神聖な実践」の一部として、他の多くの存在たちと共に選ばれたことを知らされます。ただし、あなたが用意すればという条件です。私アーキエンジェル・マイケルは、天使界のガーディアン(守護者)として、この実践の責任者となって、あなた方を導き守るという任務を与えられることになっています。あなた方は、「アーキエンジェル・マイケル光の軍団」と呼ばれることになります。

・ <アストラル界>4次元の世界の別称。7つの局面に分かれており、下部の1,2の局面は、非常に暗い状態であり、上の局面に行くにつれて光がましてゆく。コナン・ドイル({コナン・ドイル、人類へのスーパーメッセージ})によれば、アストラル界の第7局面の後に「サマー・ランド」があり、これは普通、人間が天国と考えるような場所であると言う。

<エーテル界>4次元、5次元と続く高次元の世界を意味する。

<あらゆる年齢層のグループが議論しています>
・ あなたは、寺院の中を、そして、大きなホールの中を歩きながら、精妙にしてかけがえのない、芸術作品や贅を尽くした家具に見とれます。開かれたままのドアの前を通ると想像しえる限りの主題について、ディスカッションが行なわれているのが、耳に入ってきます。あらゆる年齢層のグループが議論していますが、ただ一人の人が教えているのではなく、すべての人が意見を交換し、分かち合い、話に貢献しています。どこからともなく、甘美な音楽が流れてきます。いろいろなグループが次々と声を上げてハーモニーを作り出し、見たことはあるが名前をもしらないような楽器の演奏をしています。それが、すべて融合して、共鳴する波動の波を作り出し、あなたの存在の核心に触れてくるのである。

・ あなたは庭に出ます。庭で咲く花々の美しさと香り、そして精妙なまでに美しい庭の造りに、あなたはうっとりと見とれます。クリスタルのように透明な水が空気をなごませ、ひんやりとさせてくれます。そしてある創造物のすべてにあなたは、清いやすらぎを感じ、一体感を味わいます。あなたの心臓は、喜びのあまり爆発しそうです。なおも歩き続けると、目の前に素晴らしい眺めが広がっています。すべてがきらきらと、太陽に輝き、光を放っています。この場所こそ、永遠の時を過ごしたい場所だとあなたは確信します。あなたも協力して、創造したこの不可思議な場所こそ、あなたの故郷だと思います。

<ビジョン・クエスト>
<大天使ミカエルの語る天国>
・あなたの故郷・天国を一瞥すると、これらの素晴らしい創造物を体験することが、どのようなものかを想像してみてください。それは限りない多様性を持っていて、固定することがなく、自由に流れていくものであり、完璧で調和がとれています。大きなホール、寺院、庭、噴水の水、すべてのものが太陽の光の中で、きらきらと輝き、あまりにも明るく純粋であるために、数えきれないほどの宝石のような色を放っています。それぞれの色に名前をつけることはもちろん、描写することすらできません。
人々は、男性も女性も皆、美しく、人生の最盛期にあります。それらもきらきらと輝き、兼好で生き生きしていて、このうえなく平安と愛と喜びを放射しているために、彼らを見ると思わず、微笑がこぼれてしまいます。彼らが様々な仕事を楽しそうにしている表情をじっと見つめているだけで、こちらも元気がでてくるのです。

・あらゆる年齢のこどもたちがいますが、みんな元気よく、騒がしく、楽しそうに遊んだり、勉強したり何かを作っています。愛情が一杯で、忍耐強い大人たちに守られながら、子供たちは遊んだり学んだりしているのです。しかも老衰した人や、病気らしき人は、どこにも見当たりません。



「聖徳太子信仰」
 (金治勇)(春秋社)1980/10/1



<(キリスト教徒の拡大と太子信仰の相似性)>
・ この天寿国曼荼羅の繍帳は、太子の滅後、まもないころ、おそらく推古天皇在世中に出来上がったものとしなければならない。そうすると生ける永遠の太子を見出し、太子信仰の萌芽を生み出したものこそ、橘大郎女(たちばなのおおいちつめ)、その人であったといってよい。ちょうどマグダラのマリヤが復活のキリストを発見し、それがキリスト信仰の出発点となったように。

<太子信仰の萌芽を天寿国曼荼羅帳銘文の上に見た>
・推古天皇29年12月21日に太子の母孔部間人(あなほべのはしひと)母后が崩じ、翌年2月22日に太子が崩ぜられたことがわかる。太子妃橘大郎女は悲しみのあまり天寿国曼荼羅の製作を思い立ち、推古天皇の協賛を得て、これを作ったというのである。

<キリスト教の急速な普及の導火線となったのは、マグダラのマリヤとその他の婦人であった。>
・ いずれにしても最初にイエスの復活を見て、それを信じたのはマグダラのマリヤその他三人の女たちだった。この場合の復活は、霊的復活ということではなく、霊肉共なる復活を意味する。ペテロの驚いたのも無理はない。イエス・キリストの復活信仰はここから出発したのである。イエスの死によって大きな打撃を受け、意気消沈していたペテロが伝道に立ち上がったのは、イエスの復活に出会ったからであった。

・イエスの復活に出会うことによって、イエスこそは、まさしくキリストに相違ないことを確信した。そこからキリスト教が生まれた。したがって、イエスの復活がなければ、キリスト教はなかったといってもよい。復活のイエスは、永遠のキリストである。キリスト教徒は史上のイエスを信仰しているのではない、永遠の命のキリストを信仰しているのである。史上のイエスは永遠のキリストの受肉とみる。そのような信仰の導火線となったのが、マグダラのマリヤとその他の婦人であった。

<太子信仰の萌芽>
・ 太子信仰は、太子の滅後まもなく起こった。

・ 時代が下るに従って、不可思議な評伝、予言の物語に加わって、太子は、全く超人的な聖者となった。その他、平安時代から鎌倉、室町時代にかけて、おびただしい太子像が作られ、各地に太子堂が建てられ、人々は、競って、太子の霊前に額づいた。

<日本書紀>
・「日本書紀」を始め、その他の多くの太子伝に記す太子の伝記や伝承は、大きく潤色されたものであって、それをもって、直ちに歴史的事実と見るわけにはいかない。

<天寿国曼荼羅>
仏典には、天寿国などという浄土はどこにも見当たらない。それで、学者によっては、これを無量寿仏の西方浄土にあてる説、弥勒菩薩の兜率天(とそつてん)に当てる説、あるいは、維摩詰(ゆいまきつ)の妙喜浄土とみる説、その他諸説があるが、まだ定説となるものはない。

・ 太子信仰は、太子が必ず浄土に往生されたに違いないという確信が表され、それだからこそ、図像によって、太子往生の状を見たいと願っているのである。

・ 太子信仰の広がりの過程、これは、奇しくも、イエスの復活を最初に発見したのが、マグダラのマリヤとその他の婦人であったことに符合する。イエスの死後三日目の明け方、マグダラのマリヤとほかの婦人がイエスの墓へ行くと、天使が降りてきて、墓穴をふさいだ石を転がし、「あなたがたの探しているイエスは、もうここにはおられません。よみがえられたのです。来て、納めてあった場所をごらんなさい。そして、急いで弟子たちにこのことを告げなさい」と言った、と「マタイ伝」には記されている。

・ また、「ルカ伝」によると、女たちがイエスの死体に塗るための香料を持って墓の側まで行くと、入口の石がすでに取りのけられていたので、不思議に思いながら中に入ってみると、そこにイエスの死体はなかった。どうしたことかと途方にくれていると、輝いた衣の天使が二人現れて、「あなた方は、なぜ生きている方を死人の中で捜すのか。主はここにはおられません。よみがえられたのです。すでにガリラヤで、十字架にかけられてのちに三日目によみがえるといわれていたではありませんか」と告げた。彼女はなるほどそうであったと思い出し、急いで弟子たちに報告したが、容易に信じてもらえなかった。しかし、ペテロだけは墓のところに走って行って、穴の中にイエスの死体を包んでおいた連麻布だけが残っているのを見て驚いたとのべている。



「テンプル騎士団とフリーメーソン」
(アメリカ建国に到る西欧秘儀結社の知られざる系譜)
(マイケル・ベイジェント+リチャード・リー)(三交社)2006/5/1



<テンプル騎士団の業績>
・ここ数年間というもの、イギリスでは、テンプル騎士団がいつも話題に取り上げられ、論議の焦点になっている。

<近代金融業の元を築いたテンプル騎士団の経済活動>
・歴史家たちは、西ヨーロッパの経済機構の発明発展をユダヤ人の金貸しと、イタリアの大商人一族や彼らの組合に帰すのが常である。
ところが、実際には、ユダヤ人金貸しの果たした役割は、テンプル騎士団と比べると小さく、テンプル騎士団が、後にイタリアの大商人一族が、真似た機構や手順をもっと早くから確立していたのである。事実、現代の銀行業務の起源は、テンプル騎士団に遡ることができる。テンプル騎士団の絶頂期には、西ヨーロッパの有する資産のかなりの部分を彼らが取り扱っていた。彼らは、商業的な発展や拡張には不可欠である信用貸し制度や配賦の概念の発明者であった。彼らは、20世紀の商業銀行の業務を実質的にすべて行なっていたのである。

・教会の法規では、キリスト教徒が金貸し業を営んだり、融資金の利息を取ったりすることを禁じられていた。この禁止命令は、テンプル騎士団などの少なくとも表向きは敬虔な宗教組織には、特に厳格に適用されたと考えるのが、常識である。ところが、テンプル騎士団はおおぴらに金融業を営んで利息を取っていた。ある例では、負債の遅延支払金の利息を年率60%で、賦課しており、これはユダヤ人の金貸しに許された利率より17%も高い値であった。教会規則によって定められた金融業の禁止令に対しては、語義論とか婉曲語法を巧みに操って言い逃れていた。



「秘密結社の世界史」
 (海野弘) (平凡社新書)2006/3/11



<映画「Xファイル」でもみられた「謎の組織」の実態とは!?>
・ ウンベルト・エーコの「フーコーの振り子」(1988)(文芸春秋)でもテンプル騎士団の陰謀が扱われている。

・ いわゆる「秘密結社小説」が大ベストセラーになっている。

・ ダン・ブラウン「ダ・ヴィンチ・コード」(角川書店)は、映画にもなった。

・ 「イエスの血脈と聖杯伝説」(マイケル・ベイジェント、リチャード・リー、ヘンリー・リンカーン)(柏書房)、(レンヌ=ル=シャトーの謎)、「マグダラとヨハネのミステリー・二つの顔を持ったイエス」(リン・ピクネット・クライブ・プリンス)(三交社)。この二冊が「ダ・ヴィンチ・コード」の主な種本。

<マグダラのマリアの伝説>
・ <レンヌ=シャトー>セオリーをざっと説明すると。マグダラのマリアの伝説が中心になっている。マグダラのマリアは、娼婦であり、罪深い女とされているが、実はそれはカトリック教会の陰謀だと言うのだ。実は、彼女は、キリストと結婚して、その子供を宿し、フランスに逃れたというのである。そして、フランスのメロヴィンガ王朝は、彼女の子孫の血脈であるという。その血脈は、シオン修道院という。テンプル騎士団と密接につながっている秘密結社に受け継がれた。聖杯というのも、その聖なる血のことだという。

<スカル・アンド・ボーンズ>
・ モーガンやロックフェラーなどの大財閥もスカル・アンド・ボーンズと深いつながりがあるらしい。アメリカの政財界では、多くのボーンズマンが重要な役割を果たしている。

・ スカル・アンド・ボーンズは、アメリカ東部のエスタブリッシュメントの秘密クラブであり、イルミナティの新世界秩序のための組織だと言うことになる。

・ CIA(中央情報局)もまた、スカル・アンド・ボーンズと関係が強く、イェール大学の色が濃いといわれている。そして、ジョージ・W・ブッシュ政権は、多くのボーンズマンを含んでいる。

<結社の国アメリカ>
・スカル・アンド・ボーンズには、毎年15人の入会が認められた。新しく入ったメンバーは、ナイト(騎士)と呼ばれた。メンバーは、ほとんど20から30の名門の家柄から選ばれていた。アメリカには、貴族はなかったが、それに代わるエスタブリッシュメントがひそかに選ばれていた。スカル・アンド・ボーンズは、そのための装置として、働いたのである。ボーンズのメンバーは、一つの<クラス>を形成し、その中で互いに結婚し、姻戚関係を作り上げていった。

<ボーンズマン>
・メンバーは、ボーンズマンといわれた。ボーンズマンは政治経済的なネットワークを形成していった。資金の源泉であるラッセル・トウストの財政は、ジョン・B・マツデンのジュニアが管理していたが、彼はブラウン・ブラザーズ・ハリマンの共同経営者であった。

・これは、1933年に、ブラウン・ブラザーズ・アンド・カンパニーとW・A・ハリマン・アンド・カンパニーが合併してできた大企業である。マツデンのこの社の上司は、プレスコット・ブッシュであった。ジョージ・ブッシュはその息子であり、現大統領ジョージ・W・ブッシュは、孫である。そして、三代のブッシュは、みなボーンズマンであった。

<スカル・アンド・ボーンズ>
・ブッシュ父子という二代の大統領を出したとして、突然注目されたのが、スカル・アンド・ボーンズである。髑髏骨とX字形に組み合わされた骨と言えば、海賊旗の印であるあのおどろおどろしい名<スカル・アンド・ボーンズ>については、アメリカのエリートたちの秘密結社だ、という説から、とんでもない、イェール大学の無邪気な学生クラブにすぎないという意見までもある。

・スカル・アンド・ボーンズは、1832年、イェール大学にウィリアム・ハンティントン・ラッセル将軍とアルフォンソ・タフトによって、組織された。アルフォンソ・タフトの息子は、ウィリアム・ハワード・タフト大統領である。

<テンプル騎士団の旗>
・ また、この旗は、かってテンプル騎士団の旗でもあった。

・ スカル・アンド・ボーンズはイェール大学で創立されたのではなく、ドイツにあった結社が、移されたもので、そのドイツの結社とは、イルミナティに他ならない、と陰謀史家たちはいっている。



「聖徳太子の大預言」 (未来記と未然紀)
(飛島昭雄+山上智) (徳間書店)1998/6/1



<聖徳太子の大預言>
・ 「未来記」と「未然紀」は「合わせ鏡」となっており、2冊で、対になっている。

・ 私は、世の人々に言う。神の世界が存することを誤ってはいけません。今から、昔千年のことを知っているのに、なぜ、未来千年の出来事を知らないことがあるでしょうか。と、聖徳太子は語っている。

<聖徳太子の謎>
・ 聖徳太子ほどその名が万人に知られている反面、実像が知られていない人物もない。日本最高の政治家であり、記録が数多いにもかかわらず、出生の謎、死亡時の謎、秦氏との関係の謎、多人数の言葉を同時に聞き分ける能力の謎、法隆寺の謎など、あまりにも多くの謎のベールに包まれているのだ。

・ 歴史的事件の預言である「未然紀」と比べ、「未来記」のほうは、霊的側面が強い。

<予言と預言>
「未来記」と「未然紀」はどちらも聖徳太子の預言書であり、前者の正式名称を「日本国未来記」、後者を「未然本紀」という。
「未来」も「未然」も、まだ起きていない将来のことを指し、その時代を事前に書に記してあるため、両者は、共に預言書となる。
現代の私達は、予言と言えば、すぐに超能力と結びつけ、予言と預言の意味も同じと思いがちだが、予言と預言の意味は全く違う。
前者は、予知であり、ほとんど第六感や、予知能力に負うところが大きい。そのため、勘違いもあれば、間違いもあり、当然だが、思い過ごしも起こりえる。

だが、後者は、“預かる言葉”と書く。預言者が、誰から言葉を預かると言えば、それは、天界の神以外にはない。よって、この本では、予言ではなく、預言が使われる。
なぜなら、聖徳太子は神から未然に知るための導きを受けていたと、「未然紀」の中に記述されているからである。



「預言者」 (高平鳴海と第666部隊)
(新紀元社)1998/10/1



<聖徳太子>
・ 聖徳太子は、生まれてから4ヶ月に早くも言葉を操り、人の挙動を察したといわれています。普通の赤ん坊のように泣き騒ぐこともなく、その容貌には、はっきりと貴人の様が表れていました。また、その体からは、絶えず芳香が放たれていて、太子を抱く者の衣服に染み込んだ香りは、数ヶ月も消えることがありませんでした。聖徳太子の死から400年も経った後、太子廟に入った法隆寺の僧もこの芳香を嗅いだと伝えられています。

・ 太子は、2歳になった年の春(2月15日)、曙の東の方に向かって手を合わせ、「南無仏」と唱しました。誰に教わったわけでもなく、彼はこの行為を7歳になるまで、ずっと続けたとのことです。

<聖徳太子の謎は、多くの学者が指摘する問題>
・ 聖徳太子(572〜621)年
聖徳太子という名前は、実は、彼の死後に天皇から贈られた名前でした。彼は、馬小屋の前で、出生したために、厩戸(うまやど)皇子と名づけられています。
ところで、厩戸というと、キリスト教のイエスを連想するのではないでしょうか。イエスも馬小屋で生まれているのです。実は出生に関して、聖徳太子とイエスの間では共通する部分が少なくありません。聖徳太子が本当に馬小屋の前で、生まれたのかどうか定かではありませんが、この逸話から生まれた背景について以下のような説があります。
偉人である太子とイエスが同一視されたとすれば、当時の中国で信仰されていた景教の影響があったと思われます。景教で語られるイエスの生誕の話が聖徳太子の伝説に取り入れられたのです。

・ 聖徳太子とイエスの関連性は他にもあります。イエスの母マリアは、夢に出てきた天使ガブリエルによって神聖受胎を告げられましたが、同様に聖徳太子の母である、穴穂間人皇女(あなほべのはしひとのひめ)も以下のような体験をしました。

・ 欽明天皇32年(571)の元旦の夜、夢に金色に輝く僧侶が現れ、「我に救世の願あり。しばらくはそなたの胎に宿る」と告げたのです。皇女は、「どなたでしょうか」と尋ねると、僧侶は、「西方の救世観護薩」と名乗りました。皇女が了解すると、菩薩は喜んで口の中に飛び込んでいきました。驚いて、皇女が目覚めると、喉の奥に何かを飲み込んだような感触がはっきり残っていたというのです。太子は、その後に生まれました。



「古代ユダヤ人と聖徳太子の秘密」 
(先代旧事本記)が明かす“真の日本建国者”の実像
(月海千峰)(げっかいちほう) (日本文芸社)1994/6/1



<聖徳太子は、法隆寺夢殿で神のお告げを受けていた>
・ 聖徳太子は、法隆寺夢殿で神のお告げを受けていた。

・ 古代ペルシャのミトラ(バール)信仰。ペルシャと日本の交流はユダヤ人によって行なわれていた。

・ 弥勒菩薩は、バール神だった。

・ カバラによっても証明される「弥勒菩薩=メシア」

・ 聖徳太子には、「うまやどの皇子」のほかに「豊聡耳皇子(とよとみみのおうじ)」といったメシアを感じさせる別名がある。

・ 太子の逸話には「一度に何人もの話を聞けた」というものがあるが、この話は「先代旧事本記」によると、「太子は、当時日本にあった七つの主要言語をすべて話せた」とされている。

・ 太子千年の預言書「未然本記」(みぜんほんぎ)の謎

・ その「未然本記」にまつわる経緯は、「先代旧事本記(せんだいくじほんぎ)」に以下のように記されている。

・ 「未然本記」は、推古(すいこ)天皇に山背王子(やましろのおうじ)が献上した。

・ しかし、この書には、題もなく、いつ書かれたのか、何が目的で書かれたのか全く分からない。

・ 天皇は、聖徳太子が亡くなって四年目に、この書に接して、大変喜び、部屋に戻って何度か読んでみるが、やはりよく分からない。

・ そこで、秦河勝(はたのかわかつ)を召して、何が書かれてあるのかを質問するが、河勝は分からないと答える、次に当時12歳だった、鎌足(かまたり)を呼んで、「貴方は、少年であるが、日夜、太子の給仕をし、太子も大変、賢いものだと言っていました。何か、この書に心当たりはありませんか」と尋ねた。

・ 鎌足は、「夢殿で、給仕をしておりますと、常に殿下の所に神人が侍って、さまざまなお話をしておられましたが、この書を見ますと、そのことが書いているようでございます」と答えた。

・ 天皇は、鎌足に書を渡し、解説するようにと命令する。

・ 鎌足は、神頼みしかないと思い、身を清め好物を断って、部屋に籠もり一心に祈っていた。すると一人の神人が現れ、鎌足の心眼が開ける。そしてこの書は、千年の予言書だと悟るのである・・・・

・ 「未然本記」は、聖徳太子の千年期の予言の書とされ、ノストラダムスの予言と同じように、その予言がよく当たったという研究書も出版されているようだ。

<丹後には、昔から鬼族が多く住んでいた>
・ 「かぐや姫」とは、太子の祖母で、その舞台は丹後だった。丹後には、昔から鬼族が多く住んでいたという。
・ 浦島太郎伝説の玉手箱には、三種の神器が入っていた?

・ 聖徳太子の母、穴穂部間人は、混血だった?
・ 聖徳太子は「ユダヤ丹後王朝」の皇子だった?

・ 丹後王朝は、ユダヤの神を信奉していた。
・ ユダヤの神、バール神とスサノオノミコトは同一か。

・ スサノオノミコトとは、三貴神の一人で、出雲王国の開祖である。また、バール神は、頭に牛の角を生やした雷雨の神(天候神)なのだが、スサノオノミコトも別名、牛頭(ごず)天王と呼ばれ、牛の角を生やした鬼神であり、嵐の神でもあった。

・ モーセは、バール神を信仰していた。
・ モーゼの像には、頭に角が見える。

・ 伊勢の海人に伝わる蘇民(そみん)はユダヤ人だった。
・ マレー経由で日本に辿り着いたユダヤ。

・ 聖徳太子の側近、秦氏の謎。秦氏はシルクロードを経て渡来したユダヤ人か?

・ 聖徳太子とユダヤを結ぶものとは?

<聖徳太子は長身で瞳は紫であった>
・はじめに「先代旧事本記」の中から聖徳太子の側近だった秦河勝(はたのかわかつ)は太子の姿に関して述べている部分を紹介しよう。

・ 殿下は、身長が七尺二寸(約2メートル16センチ)。容貌は至って巌(おごそ)かであり、人柄は、気高く、黒目の部分は杜若(かきつばた)のように紫である。

・ 耳の縁は豊かで、眉から口元まで届き、歯は、白玉のようである。

・ その行いは、例にかない、未然(未来)を知ることができ、壁の外が明るいか暗いかまでも分かられる。

・ 尺の単位の正確な取り決めは、江戸時代以降に行われたはずだから、この頃は大雑把な勘定であったに違いない。しかし、それを考慮しても、1メートル80センチ近くはある。長身だったようで、瞳は紫色(ブルーか?)をしていたというのである。

・ ちなみに、近年、法隆寺の釈迦如来の台座から鼻の長い西洋人のような肖像が出て、話題になったが、この「先代旧事本記」の聖徳太子像と二重写しのようで、これこそ真実の姿のように見えてならない。

・ 聖徳太子と聞いて、ぱっとイメージするのは、あの旧一万円札に描かれた像である。この像は、中国原産のものであるともいわれているようだ。



「異次元の旅へ」
(ガイドやスピリットたちの出会い。体外離脱が導くもの。ヘミング・ワークのすべて)
(藤崎ちえこ)(徳間書店)2005/12/1




<色とりどりの花々のあるガーデン>
・ 彼とは、しばらく会話を楽しんでいました。それ以上に私の印象に残ったのは、永遠にまぶしい太陽の光のもとに広がる美しい、色とりどりの花々のあるガーデンでした。光は本当にまぶしいのです。これは地球の私達の風景と全く変わりませんでした。一体ここは地球からどのくらいはなれているのでしょうか。まだ、私は、同じ銀河系内にいるのでしょうか。

<女性ばかりの知性体>
フォーカス42。知的生命体は、現れました。今度は確実に女性のようです。
<地球の核へ>

<フォース34,35>
ここで、知的生命体がテレパシーを送ってきた。
ボールのようなエネルギーをはることで、他の生物が近づいてくる。

<ついに宇宙人と会う>
振り返ってみると、そこに土気色をした小さな人がいたのです。いや人というよりは、まるで、E.T.のように顔が大きく、顔から下の体が小さいのです。でも彼はとても友好的で、友達として接してきているのがわかるのです。まるで、私のことをずっと前から知っているかのようでした。
突然、記憶が途切れ、気がつくと、素晴らしい西洋風のガーデニングがなされた庭に辿り着きました。気がつくと、さらに庭から白い西洋風の建物の廊下に移動していました。そして、大きなカーテンが風に揺れています。そのカーテンのゆれがおさまると、目の前に先ほどの生命体が立っていたのです。

<異次元のフォーカス区分>
・(フォーカス27) 癒しと再生のためのもの。3次元での物質を高次元の精神世界でも見ることができる。
プランニング・センターという次の人生の計画を立てるセンターがある。
疲れた魂を癒すヒーリング・センターがある。
魂たちが獲得した情報を持ち寄る「宇宙図書館」。

(フォーカス34,35)他の惑星に住む知的生命体と出会える場所。
(フォーカス15) 妖精だけの国がある。

<体外離脱の世界>
<フォーカス21からフォーカス27>
(フォーカス21) あの世に旅立った人たちと会える可能性がある。白い世界。霧のかかったような世界。

<4次元的世界>
(フォーカス23) 各自の思いが創り出した世界。(サマー・ランド、精霊界のことだろうか?)

(フォーカス24〜26) 信じ込みを持つ人々、地球でたくさんの思いや執着を残している人たちがいるところとされます。

(フォーカス27)
天国のような場所。地上での輪廻転生の中間生をすごす。一時的な休憩所といったほうがよいでしょう。

<モンロー研究所は、「対体離脱」を勧める研究所>
・バージニアのモンロー研究所の創始者ロバート・A・モンローは、41歳で突然体外離脱を経験した。
彼はモンロー研究所を立ち上げ、ヘミングという、特別な音を作り、これをステレオヘッドフォンで聴くと、体外離脱や異次元のビジョンを見るといった不思議な体験が起きたと言う。その人のエネルギーが上昇して、より高い意識に目覚めると言うことが起こる。
この音を使い、宿泊型のワークショップを1971年に開催し始めた。

・ 通常「次元」と呼んでいるものをさらに細かに分けて「フォーカス」という単位をつけた。

<3次元フォーカス10〜15>
・ フォーカス10は、肉体は眠り、意識は覚醒している状態。
・ フォーカス12は、ガイドと会話ができるところ、人には、誰でも10人ほどのガイドがついている。

・ フォーカス15は、時間と空間の制限のないところ、過去や未来の自分の姿を見ることができる。「こういう未来にするために今から変わろう!」未来は自分で変えることができる。


________________________________________
■■■ 私が思うこと、聞いたこと、考えること ■■■

・人間タイプの異星人に関しては、「民に知らせるべからず」という思想が貫徹されているといわれます。「ロズウェル」での宇宙船墜落事件も米空軍の「気球墜落説」によって、70年以上も封印されているといわれます。また、UFO飛来ブームも今は低調のようですし、UFOウオッチャーのマスコミ関係者も活発に活動していないようです。オウム真理教事件が超能力等のUFOの放送を自粛させたともいわれます。金髪碧眼の人間タイプのノルディックは、小柄なバイオロボットのグレイよりもはるかに地位が高いそうですが、核兵器などの国家安全保障上の最高機密(トップシークレット)を数段階上回る『厳秘』扱いのため関係者は誰も言及しないようです。

・歴史上の偉人たちは、異星人だったという説は、注目に値します。 小柄なグレイの宇宙船と思われるが、現代では、グレイの宇宙船の着陸の実写ビデオがテレビで放映されるほど、色々な情報が、直接にリークされています。米国の連続テレビ映画「ロズウェル」(星の子供たち)でも、インディアンの居留区と異星人の交流が描かれ、「星の子供たち」が、次第に異星人に変性していく過程が描かれていました。グレイも「人間化」しているという説もあるようです。日本における河童や異人の豊富な伝承は、昔から宇宙連合がひそかに飛来してきたことが窺えます。ホピ・インディアンの伝承の中には、小柄な異星人グレイとの交流があるようです。

・かなりの数の地球人が異星に行っているという説もありますが、北米インディアンも異星に消え去った者も多いのかもしれません。北米インディアンと異星人の交流といえば、米国の連続テレビ映画「ロズウェル」(星の恋人たち)を思い出すといわれます。映画「コクーン」など人間タイプの異星人の映画も多くのファンを魅了したといわれます。金髪碧眼のノルディックと小柄な宇宙人グレイは、太古から世界中に出没していたようなのです。「人が変わる」という現象は、外見からは判断できない現象ですが、「変わった人」は、色々と存在しているようです。「はるかに進化した宇宙人が人間の精神体に侵入してくる時代だ」そうです。

・「転生」を操作できるのは、ジョージ・ハント・ウィリアムスンによれば、シリウス星人だといわれます。誰でも死後、霊界や幽界で天使的な宇宙人に遭遇するようです。転生は、現在生きている大人の人間に憑依や人格転換の形で起こることもあるようです。そして、全くの別人になるのでしょうか。インドでは、多くの例が報告されているようです。

・イエスの生涯には、色々な諸説があるようです。イルナミティとは、お金を儲けることに興味のある人たちといわれます。2千年前の事は、チャネラーにしても正確には分からない事でしょう。イルナミティとは、純粋な資本主義者たち、資本主義の精神のことなのでしょうか?キリストについても非常に多くの説があり、キリストは磔刑に処せられなかったという話もあるそうです。映画「ダ・ヴィンチ・コード」でも有名になったイエスの血族にまつわるストーリーも、多いといわれます。

・欧州の王室とイエス・キリストとの血族とのつながりもキリスト教徒には興味を引く事柄だといわれます。イルミナティの正体も歴史上の大きな謎です。熱狂的なファンの非常に多いスパー・スター、[イエスに子供がいた]というストーリーもまことしやかに伝えられているそうです。
英国伝説のアーサー王の取り巻き連中は、異星人だったのでしょうか?英国の伝承にも多くの異星人の痕跡があるようです。英国の伝承のマーリンという魔法使いは、異星人であるという説もあるようです。大陸型のフリーメイソンリー組織と、英米系のフリーメイソンリー組織の違いとは何なのでしょうか。「イエスは磔刑されていない」という有力説もあるといわれます。

・アメリカ・インディアンと異星人のつながりについては、多くの伝承があるようです。アリゾナ州のセドナは、ボルテックス・エネルギーで有名な地で、アメリカ人の人気観光スポットといわれているようです。また、セドナではUFOがよく目撃されているといわれます。熱狂的なファンの非常に多いスパー・スター、[イエスに子供がいた]というストーリーもあるといわれています。 フリーメーソンの下にイルミナティという組織があるとか、その逆とか、諸説があるようです。

・「聖杯(ホウリィ・グレイル)」を「乗物」と解釈すれば、UFOや宇宙船のことではなかろうかという説もあるようです。「アーサー王物語」も異星人との関係が窺われるという説もあるといわれます。イルミナティに関する評論、書籍も多いようですが、決定的なものはないようです。「聖杯を求めて」とは、どのような意味なのでしょうか?アーサー王物語とかの騎士伝説には、よく「聖杯」が登場するのですが。イルミナティは、UFOに関係しており、「イルミナティのUFOは、タイム・トラベルができる」という記事がどこかにあったように思いますが?そういえば、小柄な  宇宙人グレイもタイム・トラベラーだという説もありましたね。高等知性体とのコンタクトも昔からあったようなのですが、秘密結社を通じて秘密が守られたようです。イルミナティの背後には、高等知性体、異星人の存在があるという説もあります。イルミナティとロックフェラー財閥とかの関係を説く謀略本も多いようです。「米国ではメーソン結社員でないとビジネスがうまくいかない」といわれますので、誰でも自分の利益のために結社員となり秘密は守られるようです。また現代では「何も秘密はない」という話もあるようです。シャンバラへのコンタクトは、超近代科学的な異星の文明へのコンタクトらしく思われます。例の小柄な異星人が、人類に先行して3万年程度の超科学を持っているといわれていますが、それ以上の異星人になると、どの程度進化しているのかよく分かりません。米国政府と秘密協定を結んだオリオン星人は、人類に5万年進化しており、「人間の魂の交換」ができるそうです。神程度の宇宙人は、どれくらい進化しているのでしょうか?数十億年以上なのかもしれません?

・「異星人は人類の進化に干渉をしてはならない」という宇宙法があるといわれていますが、3万年進化した文明を理解し導入するのは、不可能なことかもしれません。ちなみに、立体テレビはいつできるのでしょうか?目に見えない異次元の神々の都市も超現代的な都市なのかもしれません。そこで、神々や魔女や女神たちが何をしているのか不明です。そもそも魔女がいるのかどうかも分かりません。「UFOは、異次元瞬間移動ができる」といわれますが、どのような亜空間に瞬間移動して現れるのでしょうか。人間も幽体離脱、アストラル・トリップして、夢の中で異次元世界に入れるといわれております。米軍もエリア51などでエイリアンの超テクノロジーを入手、研究しているそうですが、現代の最先端の科学者にとっても理解不能なテクノロジーなのでしょうか。シャンバラは、「都市型の超巨大宇宙船」の内部のことだという説もあるようです。ヨガが発達したインドは、今もシャンバラとつながりがあり、シャンバラの住民が飛来しているといわれます。シャンバラはエーテル界に突入した都市規模の超巨大宇宙船なのかもしれません。

・テンプル騎士団と異星人、異人とのつながりがあったといわれます。欧米におけるキリスト教の普及は、どのような背景があるのでしょうか。近年では「イエスは磔刑されていない」という有力説があるそうです。欧米における、キリスト教への民衆の熱狂は、昔も今も強烈のようです。
ゴシック建築が急速に普及した理由が「天上のイエルサレム」の素描が原因であるという説は、フランスでは、どのような評価をうけているのでしょうか?例えば、日本における仏像、仏閣の普及は、中国からの伝来だとする説が強いです、その発祥をたどると謎が多くなるといわれます。「天上のイエルサレム」の素描は、エーテル界のシティを描いたものでしょうか。エゼキエルは、天使に連れられて「宇宙旅行」をしたともいわれ、『天上のイエルサレム』は、異星のシティを描いたのかもしれません。

・「地球は、シリウス星人の殖民星だ」「人間は、記憶を失った異星人だ」といわれてもピンとこないものですね。『宇宙友愛連合』に地球が参加できるのは、何百年後か分からないそうですが?「『宇宙友愛連合』に加わるには、地球はレベルが低すぎる」といわれても何がなんだかわからないものですね。しかしながら、宇宙連合は現在でも米国やその他の国に何らかの形でコンタクトしているそうですが。シリウス星人が、人類の発生に関与しているという説があるようです。太古の人々は、天使と交流していたといわれます。『転生』や『憑依・人格転換』を自由に操作できるのは、死後の世界『精霊界』で人間が遭遇できるかもしれないシリウス星人なのでしょうか。遥かに進化した宇宙人はワンダラー(転生)やウォークイン(憑依)などのかたちで人間社会に登場してきているようなので、私たち一般人には理解不能な話です。アンタレスにエーテル質量を統御できる宇宙人種族がいて、全宇宙に拡散したそうです。宇宙の彼方からやって来た「魂」によって、人類の進化が始まったといわれています。米国の連続SFテレビ映画に「ビジター(訪問者)」というのが、ありましたが、実際の「ビジター」は、核兵器等の国家安全保障上の最高機密(トップ・シークレット)を数段階上回る『厳秘』に守られて、正確な情報は、公開されていないといわれます。昔は、「金星蛇人と火星霊人」という異星人のパターンでしたが、現代は、チャネラーなどからの情報によりプレアデス人とかアルクトゥルス星人、リラ星人、シリウス星人というように具体的に名前が分かり始めてきたようです。映画「Xファイル」の「謎の組織」のように正体不明な組織と関係があるのでしょうか。堕天使や天使のような目に見えない異次元の話なので私たち一般人には訳の分からない話が多いようです。

・イエスを上空に引き上げた宇宙船の船長の大天使ガブリエルの正体とは、進化した異星人だったようです。イエス・キリストはアプ 星人で非常に多くの転生をしているそうです。アプ星人は現代では南米にも飛来しているようです。「イエスは宇宙人だった」という説が有力になりつつあるといわれます。映画にもなったベストセラーの「ダ・ヴィンチ・コード」でも分からないイエスとマグダラのマリアの謎とは、多くの説があるようです。大天使ガブリエルは異星人だったといわれます。キリスト画に多く見られるUFOとの関係は、実際にあったといわれます。ちなみに、著者のジョージ・ハント・ウィリアムスンは、「ほぼすべてのインディアンの部族が空から来た人たちとの交流の歴史を語り継いでいる」という事実から、刺激を受けて、異星人研究に没頭したといわれているようです。光の船の船長ガブリエルとは、アプ星人だったのでしょうか?異次元、テレポーテーションの観念が一般の人々には、理解できないので、イエスの復活は、謎とされてきたようです。例の小柄な異星人グレイも壁を透き通るように部屋に新入してくるように異次元通過ができるようです。「イエスは、宇宙人だった」という説が、かなりの説得力を持つ時代となりつつあるようです。テレポート(瞬間移動)の技術も人間には奇跡以外の何物でもないですが、宇宙人には「それほど難しくない技術だ」と指摘されています。異次元世界は、人間の夢の世界のようだといわれます。

・直径100キロの都市型超巨大宇宙船がエーテル界かアストラル界に突入した状態なのかもしれません。サンフランシスコのシャスタ山には、このような不思議な話が昔から多いですが、「眉唾物」とされていることが多いといわれます。直径100キロの宇宙母船はプレアデス星人の話で報告されているようです。カラとなった「秘市」の住民たちはどこへ行ったのでしょうか?おそらく、伝染病で滅亡したのか他(異星)に移動したのかもしれません。M・ドーリル先生もシャンバラの命で、アメリカ合衆国で、ブラザー・オブ・ホワイト・テンプルを創立され、これから2千4百年も続く第7地球サイクルの準備を始められたといわれます。異次元の聖白色同胞団は、人類の進化に関係してきたといわれます。

・「アリゾナ州のセドナ上空に、目に見えない異次元のエーテルのシティが滞空している」という米国の著名なUFO研究家がいるそうです。北方シャンバラとは、どこを指すのでしょうか?「日本にもキリストが来た」とか、「キリストの墓がある」とかの説もあるようです。ホワイト・ブラザーフッド(白色同胞団)とのコンタクティもいるらしいのです。『竹内文献』という古代日本にかんする記録からこの説(キリスト来日説)がでたようであり、数冊の書籍が出版されているようです。イエスは、シャンバラで修業されたという説もあるようです。今も、欧米人のチャネラーの間では「夢の中で、アストラル・トリップ(幽体離脱)をして、クリスタル・シティでキリストに出会った」という体験話が絶えないといわれます。世界中に「自称イエス・キリスト」が数百人いるといわれます。イエスは、シャンバラで学んだという話も、現実性があるといわれます。「ダ・ヴィンチ・コード」などのようなブームもあり、諸説がありますが、「イエス・キリストは、異星人だった」という説が増えてきているといわれています。異次元は、幽体離脱や夢の中で普通の人は、行けると指摘されています。

・昔の人は、シャンバラを求めて、洞窟探検やトンネル探検をよくしたものだそうですが、現代人は、異次元にあることの理解が深まっています。例の小柄な異星人グレイも異次元を行き来でき、テレポートができるようだとの報告があるようです。シャスタ山は、よくオカルト文献に出てきます。「見えない世界」の「思念」で物質を形作る超人の世界は、我々には理解できないでしょう。最近では、死後の世界の「精霊界」というものが、いわゆる天使のいるアストラル界やエーテル界と似ていることが認識されだしたようです。7大秘市の住民たちは、「光の子等」によって、より高次元の世界に向かったのかもしれません。7大秘市の住民たちは、より高次元に向かったか、地球や他の異星に「転生」したり、地球上の人間に「憑依」したりして、消えたのでしょうか。

・太古から続けられている神と悪魔の戦いというところでしょうか。「黒同胞団の力と聖同胞団の力との戦いは原始以来続けられてきた」そうですが、今も続いているようなのです。お互いに不死の限界のない連中の争いのようです。地球上でもいろいろな現象に現われているかもしれないのです。アンタレスにはホワイト・ブラザーフッド(白色聖同胞団)の本拠地があるといわれていたようです。インドで発達したヨガは、昔、アキヤシヤの空間に入っていくための手段であったようですが、現在は、それ自体が忘却されているようです。現代物理学もエーテルの秘密を解くことができないでいるといわれます。核兵器などの国家安全保障上の最高機密を数段上回る『厳秘』で守られた異星人情報は、マスコミ関係者も手を出せないようです。

・地球上における異星人ネットワークもあるようですが、高等知性体であるために秘密は保たれているようです。異星人はとうに地球を訪れていて、地球人社会にまぎれ混み、密かに地球と我々の文明を監視・調査し普通の人として社会生活をしているといわれます。見えない世界の存在は、想像できませんが、チャネラーのチャネリングで、「あの世」「エーテル界」の状況が伝わってきます。目に見えない異次元の金星には壮大な文明があり、エイリアンが霊界のように都市を築いているそうです。

・ヒトラーの目指したテンプルシティーとは、どのようなものだったのでしょうか?ゲリー・ボーネルのヒトラーに関する説明は、驚くべきことが多いようです。絵描きだったヒトラー伍長の第3帝国の総統への大出世は歴史上、大きな謎だそうですが、目に見えない異次元の超人たちに人格転換を受けたという説もあるそうです。「ヒトラーは堕天使ルシファーに憑依されていたのだ」という説もあります。キリスト教や仏教、イスラム教に比較するとホワイト・ブラザーフッドの存在の認識は広汎とはいえないようです。

・ホワイト・ブラザーフッド、白色同胞団の本拠地は、アンタレス(さそり座の赤星の一等星)に存在するといわれたことがあります。ナチスのヒトラーがホワイト・ブラザーフッド(白色同胞団)の一員だったという説もあるそうです。ヒトラーとホワイト・ブラザーフッドの関係を注目するよりも、ヒトラーは、黒魔術師、暗黒同胞団の化身と見なした方が、理解がすすみ、共感を得るだろうと思いますが。「歴史上の偉人には、異星人が憑依していた」という説もあります。遥かに進化した異星人は、ウォークイン(憑依)やワンダラー(転生)のかたちで地球上に現われるそうです。薔薇十字団など西洋オカルト秘密結社は、ホワイト・ブラザーフッドに起源があるようです。「異星人や高等知性体が、太古より人類を助けている」という主張は多くなっているようです。天国に自由に出入りし、人間への“憑依”や人間の“転生”を自由に操作するシリウス星人は、ホワイト・ブラザーフッド(白色同胞団)と関係していると窺われます。

・世界中の神話は、どこかに共通性があるのでしょうか。思考の現実化、意識の物質化という考えは、人類にはありませんが、エーテル界では、当然だという報告があるようです。アトランティスとレムリアの文明については、チャネラーにより、諸説があるようです。目に見えない異次元の世界は、時空を超えているので「あの世」が「この世」を規定しているといわれています。ゲリー・ボーネルのヒトラーに関する説明「終戦時のヒトラーは影武者だった」というように、信じられないような話が多いといわれます。

・ヒトラーは、魔人、人の顔をした悪魔という説が、オカルト界では、多数説でしょうか。ネガティブなシリウス人が憑依したという説が強いようです。ゲリー・ボーネルは、終戦時と、大戦後のヒトラーについて、非常に特異な説明をしているようです。ヒトラー伍長をドイツ国の首相、総統にした影の力は、堕天使、魔王たちなのでしょうか。「ヒトラーは堕天使ルシファーに憑依されていたのだ」という説もあります。「悪玉と善玉の一人二役を演じる魔神」とか、かって善玉の一員だったが何らかの理由で悪玉に寝返ったとか、ファンタジー物語によくあるストーリーかもしれません。チャネリング情報で、原初の太古の状況を説いたのは、ブラヴァツキー夫人が最初といわれています。

・「人は皆、記憶喪失の異星人だ」そうですが、無数の転生を経てきているのが普通の人のようです。シリウス星人もネガティブなグループとポジティブなグループの両方が存在し、宇宙でで、対立抗争、戦争の原因となっているのでしょうか。ゲリー・ボーネルのチャネリングは、例えば、ヒトラーが、ホワイト・ブラザーフッドに関係しており、大戦終結後も生きていたというように、霊体やウォーク・イン(憑依)が自由にできる異星人を仮定、前提にしないと理解不能な話が多いようです。またヒトラーが何ものかに憑依されていたので、あれほどの魔力でドイツ民族を狂わせたのだとする説も少なくはないようです。天使的な実在とは、天国に自由に出入りし、人間への“憑依”や人間の“転生”を自由に操作するシリウス星人のことのようです。
・米国のスチュワート・アウワードロウによると、カイパーベルト・エイリアンが「世界政府」を目指していると指摘しています。
 「実は10年にわたりそのカイパーベルト内で、惑星級サイズの「物体」が相次いで発見されている。しかも奇妙なことに、物理法則に逆らう動きを見せている。スワードロウ氏がいうには、この「物体」はすべて宇宙船で、他の銀河の星、あるいはパラレル・ユニバースに点在する超先進文明を誇るエイリアンたちによって操られているものらしい。
1990年代にすでに70種類以上の異なる種族のエイリアンが地球を訪れていると告げた。しかもこれらは地球人種と敵対する性質のエイリアンばかりで、2002年から2003年にかけての最終報告では、その種類も217に跳ねあがっている。
「インセクトイド(昆虫型エイリアン)」「ライオンピープル」「シリアン(シリウスA)」「キーロット」といったグループに分けることができる多様なエイリアンが、カイパーベルトに集結しはじめているというのだ。これをスワードロウ氏は「カイパーベルト・エイリアン」と呼ぶ。
しかもカイパーベルト・エイリアンは、南極の地下に拠点を置くナチス第4帝国ともつながっている可能性が高いらしい。
1938〜1944年にかけ、ナチスは南極大陸の地下に巨大基地を造って、研究プロジェクトを展開していた。一帯はベース211、あるいはニューベルリンと呼ばれていた。
この基地で、時間旅行や次元間移動の研究が行われていた。ナチスが共同作業のパートナーとして選んだのが、カイパーベルト・エイリアンなのだ。
 きわめて近い将来、カイパーベルト・エイリアンと第4帝国、イルミナティがひとつになって、全地球規模の管理システムの構築が試みられることは間違いない」と指摘しています。

・憑依現象は、日本でも多くの民間伝承、民話があるようです。「地球人は記憶を失った異星人」だそうです。太古のウォーク・インによって、人類は、進化してきたという説もあります。遥かに進化した宇宙人は、ウォークイン(憑依)やワンダラー(転生)の形で人間の体に入りこみますので、識別は不能のようです。ウォーク・イン現象に注目する人たちも増えているようです。ウォークイン(憑依)やワンダラー(転生)の形で地球の社会に現われる宇宙人は識別ができないようです。「死後の世界(アストラル界やエーテル界)」は見えませんが、誰でも「死後の世界は存在する」という認識が広まっています。「光の生命体」は、米国のSF映画にも登場しましたが、一段上位次元の生命体のようです。

・米国のテレビ映画「スタートレック」シリーズは、膨大で、多くのファンを持っていますが、SF以上の印象を視聴者に与えているといわれます。インドは「転生」物語が豊富で、その膨大な人口から「世にも不思議な物語」が多いようです。ウォーク・イン(憑依・人格転換)は、狐憑きでも悪魔憑きでもないそうです。最近では、米国に「あの人は、人が変わった」といわれるような人格転換を受けたウォーク・インが増えているのかもしれません。ウォーク・イン(憑依・人格転換)やワンダラー(転生)を自覚する人々が米国では増えているといわれますが、この現象は、高次元に存在する天使クラスの異星人にできる業なのでしょうか。“人間を遺伝子操作か思念(?)で創った”といわれるシリウス星人は、ウォーク・インやワンダラーを容易にできるといわれております。人格転換の典型的な例は、ゲイ(LGBT等)でしょう。ゲイができる原因は、医学的にも全く分からず、原因不明と云われています。日本でもゲイが社会問題化するでしょうか。米国と同様にフリーメイソンリーの歴史は、英国にも多大な影響を与えているようです。英王室のフリーメイソンリーの実体も、マスコミ報道では分からないようです。

・「フリーメーソンがUFOを製作した」という少数説もあり、異星人とフリーメイソンリーを結びつける論説もあるようです。非フリーメイソンリーしか、書籍の出版ができないので、フリーメイソンリーの実体は、なかなか分からないようです。こうして、フリーメイソンリーは現代の謎となるようです。「テンプル騎士団が、財政的に欧州を支配し、金融業もできたのも、多額の寄進が原因だったという。キリスト教会などや他の宗教団体も多額の寄付が、基盤をささえている」ようです。現在のブッシュ大統領もフリーメイソンリーの一派である“エール大学のスカル・アンド・ボーンズ”の会員であるので、現在の米議会のフリーメイソンリーの会員数の多さが注目されるといわれます。米国においても異星文明を研究する学者は、トップ・シークレットを数段上回る、「厳秘」により、全く不明のようです。核兵器などの国家安全保障上の最高機密を数段階上回り、大統領にも知らせる必要がないということでしょうか。50年間秘匿されていた、グレイの情報も最近では、リークされだしているのですが。アメリカ合衆国の憲法は、フリーメーソンの影響と、4次元的な意味合いがあるそうです。

・チャネリング情報に異星人の情報が入ってくるのは、現代の特徴でしょう。しかし、「陰の政府」というものがあるのでしょうか。リラ星人とシリウス星人の対立は、スター・ウォーズの原因となっているのでしょうか。米国には、シリウス星人がウォーク・イン(憑依・人格転換)やワンダラー(転生)の形態で飛来しており、その数は、非常に多いといわれています。

・フリーメーソンやイルミナティと異星人を結びつける説は少数だがあるようだ。フリーメーソンの謎は、異星人の謎と似ているのかもしれません。現代のような時代で、秘密結社は、何を隠しているのでしょうか。秘密は何もないとかいう説もあるようです。米国にはフリーメーソンの関連書籍が10万冊あるといわれても、誰も1冊に明快にまとめたものはないようです。多くの元合衆国大統領を始として、政財界に隠然たる勢力を持つフリーメーソン。フリーメーソンは、謎の多い組織なのでしょうか。日本人が米国人を理解できない理由としてフリーメーソン組織への無理解があるようです。アメリカ合衆国は、フリーメーソンの国だそうですが、なかなかその実体はつかめないようです。フリーメーソン組織は、日本ではメジャーな組織ではないですが、欧米ではメジャーな組織のようです。「フリーメーソンを知らずして欧米人を知ることができない」とも言われていますが、日本人には、馴染みがないようです。日本国憲法の”結社の自由”と何か関係があるのでしょうか。地上に現れた小柄なグレイもある意味では、堕天使、悪魔なのかもしれません。

・アラン・カルデック(仏、1804〜1869)。19世紀後半で、「霊との対話」が、4百万部のベストセラーとなり、ラテン世界では、2千万人もの支持者がいたといわれています。オカルト、心霊の分野は、青少年が最も関心を持つ分野だそうです。人は、宗教的なよりどころがないと生きていけないのでしょうか。オウム真理教事件も見ても、人が「いかに宗教に弱い」かがわかります。また、キリスト教のメリットを説く説もあります。それによると、キリスト教のほうが、色々と個人的にメリットが多く、「得をする」というのです。天使についても諸説あるようです。天使体験を語るチャネラーが、増えており、カルト(熱烈な支持者)を形成することもあるようです。

・グレイ・タイプのエイリアンと人間タイプのエイリアンが百年前に、遠野地方に飛来していたのでしょうか。異類混血によって中間種を創り、だんだん人間化してきているようだが。そういえば、「河童はエイリアンだった」という主旨の日本映画もありましたね。『遠野物語』の著者、柳田國男は、これらは農民の作り話ではなく、みな事実だと言っています。明治時代にエイリアンのアブダクション(誘拐)があったということでしょうか。柳田国男は当時の警察の「異人」の情報を調べなかったようです。河童はエイリアンだったのでしょうか。純粋な動物タイプと、人間と交流できる種族もいたようです。明治時代における「異人」の正体も判りません。異人はオリオン星人だったのかもしれません。「遠野物語」の内容と「六角牛山」におけるUFO目撃は、何か関係があったのでしょうか。“山男”や“山女”は、実在したのか、単なる民衆の「作り話の伝承」なのでしょうか。UFOと異人のつながりが窺われます。
 1910年の民俗学者の柳田國男の「遠野物語」の初版刊行から100年以上。民衆の「作り話」にしては、人々の根強い関心を引くようです。何か怪奇現象と関係があるのでしょうか。あいかわらず、100年以上前の「遠野物語」の関連書籍の出版物は多いようですが異星人/エイリアンと結びつけるような本格的な書はまだないようです。神隠しや人さらいなどもエイリアンのアブダクション(誘拐)があったのではないでしょうか。多くの大宗教の勃興発展には。“天使”が関与した話が世界中で多いようです。

・欧米で“天使”を感じる人が増えているのは、「新時代の兆候」でしょうか。見えない“天使”が我々を助けているといわれても、我々には理解不能でしょう。しかし、目に見えない異次元の世界は実在するようです。カリフォルニア州のシャスタ山は、色々な不思議なストーリーによく出てくるようです。天使と対立する"悪魔"も多いので、世に災いは絶えないようです。堕天使の魔王ルシファーがフリーメーソンの主神であるといわれています。巨大な組織を司る大天使もいるようです。日本で、天使といえば「如来」クラスの神仏でしょうか。見えない天使を感じる人が増えているのが、現代の特徴でしょうか。

・見えない天使が、人間社会や、国家、民族の黒子、インサイダーとして、働いているのでしょうか?太古、人類は、神人や天使と自然に交流していたといわれていますが、現代に入って、その兆候が同じように現れつつあるといわれています。預言者の言う人類が「高次元」「新時代」に突入し始めているのでしょう。力天使が「奇跡を起こす」といわれていますが、これはシリウス星人のことではないでしょうか。「シリウ異星人が、世界中で奇跡を起こしている」といわれたことが一時ありましたが。天使体験をしている人が増えているのが、現代の特徴だという人もいるようです。天使は、高次元の異星人で、死後に会えると信じられているようです。例の小柄な宇宙人グレイも神の世界に近づいているのかもしれません。おそらく、数十万年進化すると、神々の世界に近づくのかもしれません。映画「Xファイル」が現実味を帯びてきますね。

・かなりの数の人間タイプの異星人が地球に来ているとも報告されています。最近の情報では、グレイ・タイプのほかに9種類の異星文明種族が、これまでに地球を訪問しているといわれていますが、トップ・シークレット(最高機密)を数段階上回る秘密区分レベルで特別厳秘されているので、マスコミ関係者も情報を入手できないようです。「アストラル界やエーテル界にあるというシティ」もイメージがつかないようです。ウォーク・イン(憑依現象)やワンダラー(転生現象)によるチャネリング情報は、貴重です。見えない天使を感じる人が増えているのが、現代の特徴でしょうか。高次元にあるという天国の諸状況も、詳細は不明ですが、チャネリング情報で流れてくるようです。

・「アストラル界やエーテル界にあるというシティ」もイメージがつかないようです。ウォーク・イン(憑依現象)やワンダラー(転生現象)によるチャネリング情報は、貴重です。いわゆる死後の世界の“精霊界”アストラル界、エーテル界は、われら凡人が永久にとどまりたいような世界であるといわれています。「情報公開法」も問題にしない、トップ・シークレット(最高機密)を数段階上回る高い秘密区分レベルで特別厳秘されているイーブ人の故郷星レティクル座の連星系を巡る惑星とは、今もコンタクトがあるのでしょうか? 月刊誌「ムー」の2006年8月号の記事“UFO極秘プロジェクト「セルポ」の謎”は、その後の米軍とエイリアンの交流が窺われます。米軍がグレイの惑星に留学生を送ったといわれます。エイリアンとコンタクトしている米軍は当然ながら異星航路に向かい、別の惑星に到達していると思われます。

・チャネリングに関する“霊通・霊道”の5冊の本を出版し、大天使ミカエルのチャネラーであるという米国人がいるといわれます。大天使ミカエルのチャネリングは調べれば多いのかもしれません。
聖徳太子の不思議な伝記が、太子信仰を生んだようです。聖徳太子とイエス・キリストの類似性は、よく歴史家から指摘されるようです。聖徳太子は、“鬼の一族”だったのでしょうか。“童子”とか“鬼”は、ある意味では、異星人を現していると言う見解もあるといわれます。

・聖徳太子が、謎の“鬼の一族”であったと言う見解は、大変興味深いものです。“鬼の一族”というのも、正体不明で、歴史の中に埋もれています。キリスト教が急速に広まった理由も歴史の謎でしょう。印刷術ができたからという説もあるようです。聖徳太子信仰の過程もキリスト教徒の発端の逸話と似て、女性の働きがあるといわれます。聖徳太子の逸話とイエス・キリストの逸話が似ていることの指摘が多いようです。だが、後世で、日本書紀あたりから、かなり逸話が脚色されたということもあるらしいのです。「天寿国は、何なのか?」それは仏教史でも分からず、歴史の謎であるようです。

・古代から中世に至るフリーメーソンの系譜には、高等知性体、異星人が関与していたのかも知れません。サッカー、アメリカン・フットボール等のスポーツ観戦以外に、「秘密結社、フリーメーソン、キリスト、テンプル騎士団」などの関心が欧米では高いといわれます。フリーメーソン、UFO、異星人、イルミナティを結び付ける説もあるようです。「UFOはフリーメーソンの製作で、イルミナティのUFOはタイムトラベルができる」という話もあるようです。それは、単なる空想の産物でしょうか。また、日本には「秘密結社小説」という範疇の小説があるのでしょうか。スカル・アンド・ボーンズのメンバーであるボーンズマンは、政財界で隠然たる勢力を持っているのには、驚かされるといわれます。フリーメーソン。彼らはどんな神秘体験を経験したり知識を得ているのでしょうか。なぜ、米国で、フリーメーソンなどの結社が盛んになったのでしょうか。三代のブッシュ一族は、ボーンズマンであったそうです。

・古い形態のように思える「一族主義」「同族主義」「同属主義」が案外、米国の上流社会には、受け入れられているのかもしれませんね。フリーメーソンは「世襲」ということも大きなポイントといわれます。欧米の社会歴史の底流に流れる、キリスト教、フリーメーソン、テンプル騎士団の流れは、大きな力を持っているようですが、日本でも色々な政治結社があり、例えば、自民党も結社としての生態は、案外米国流なのかもしれません?米国は、”クラブ”の作った国ともいわれ、フリーメーソン組織など、秘密結社が非常に多い国のようです。フリーメーソン自身は、秘密を語らないため、その謎は、外部には、伝わらないといわれます。単なる社交クラブばかりではないようですが。スカル・アンド・ボーンズは、フリーメーソンと関係があるようですが、ブッシュ大統領家の件は、偶然の一致ではすまされないようです。テンプル騎士団は、欧州では、現在、話題の中心になっており、「ダ・ヴィンチ・コード」などのブームの背景になっているといわれているそうです。

・米国では、異星人情報は、トップシークレット(最高機密)を数段階上回る高い秘密レベル(アバブ・トップシークレット)で、特別厳秘されているにもかかわらず、当然のことながら、一部の情報関係者は、その全貌を知っているようです。神から預かる言葉を“預言”というようです。モーゼの預言などが有名のようです。現代版に言えば、異次元からの知性体からのチャネリングと言うことでしょうか。聖徳太子は、チャネラーかコンタクティということになるのでしょうか?色々な預言で似ているところは、「世の終末」の預言といわれます。聖徳太子は、鬼の一族で、この世の者ではなかったのかもしれません。

・聖徳太子の息子が虐殺されたり、歴史的にも隠ぺい工作をする勢力があったのかもしれません。鬼一族同士の争いでもあったのでしょうか。
聖徳太子の逸話も歴史的に隠蔽しようとする勢力があったようですし、謎が多いといわれます。聖徳太子の鬼一族説もあるようです。聖徳太子は、鬼族と関係があったという説が、少なからずあるようです。日本の昔の鬼族は、異星人と関係があるようでした。日本の「鬼」のグループには、美男美女が混じっていたといわれます。人間タイプの宇宙人も交じっていたといわれます。雑誌“ムー”の2006年8月号には、「UFO極秘情報があり、エイリアンの惑星「セルポ」に人間の留学チームが送られ、その事実がインターネットで、リークされている」というものでした。このようなリーク(情報遺漏)が、今後増えるでしょうか。「UFO極秘プロジェクト」(惑星セルポへの留学生とは?)の記事は驚くべきものです。

・「先代旧事本記(せんだいくじほんぎ)」に見られる聖徳太子と神人の関係は、何なのでしょうか。 「古代ユダヤ人と聖徳太子の秘密」 
(月海千峰)(げっかいちほう)(日本文芸社)(1994/6/1)
(先代旧事本記)が明かす“真の日本建国者”の実像という本によれば、
「聖徳太子は、テレポーテーションできる神人か異星人と交流していたのでしょうか?
 かぐや姫は、異星人で、迎えの異星人の宇宙船に乗って、月に帰ったという、SF映画がありました。つまり、聖徳太子は、異星人の混血か、末裔ということでしょうか。日本とユダヤのつながりを主張する説も多いようです。ユダヤ人は、セム族でリラ星人系列、日本民族もどちらかと言えば、リラ星人系列と言う意味ではつながりがあるのでしょうか。聖徳太子のイメージは、旧1万円札で、日本人の目には、焼きついているのですが。聖徳太子は、異星人との混血だったのでしょうか。体外離脱で、異世界を体験できるのでしょうか?

・「異次元の旅へ」(藤崎ちえこ)(徳間書店)(2005/12/1)
(ガイドやスピリットたちの出会い。体外離脱が導くもの。ヘミング・ワークのすべて)によると、モンロー研究所の試みも数冊の書籍で日本に紹介されているようです。誰でも夢の中で、催眠中に異世界を見ることができるようです。夢や、体外離脱体験で小説を書くと成功するといっている評論家もいました。体外離脱の世界も普通の人間には、分かるようで分からない世界のようです。体外離脱で死後の世界、異次元を体験できるといわれます。アストラル・トリップ(幽体離脱)は、誰でも夢の中で経験していることなのかもしれません。だが、普通の人は、朝起きると記憶にないそうです。太古エジプトには、宇宙船や異星人の存在を示す絵画や伝承が多いといわれます。異次元の体験は、人間の死後の世界に行くと分かるのですが、そのような異次元の世界に転生(ワンダラー)や、人間憑依(ウォーク・イン)が自由にできる高等知性体、異星人、神々や天使が存在するようですエーテル界やアストラル界は、「人間には見えない世界」だ。

********************************
・ブログ名称: UFOアガルタのシャンバラ
日本は津波による大きな被害をうけるだろう
・第2のブログ名称:UFOパラレル・ワールド

「神の国か?」「人類の原郷か?」 「天上のエルサレムか?」・・・・・・・・・
「パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の殖民星が、地球か?」、「ネガティブのシリウス星人の地球支配があまりにも巧妙なので、しょっちゅう戦争が起こるのだろうか?」
「金髪碧眼のノルディックが住んでいたアガルタのシャンバラ情報の集大成を目指す・・・・・・・・・・」「金星蛇人と火星霊人の戦争はその後どのように展開したのだろうか」
「日本民族の神話の原郷『高天原(たかまがはら)』は、『都市型の超巨大宇宙船』なのか!?」「平家がプレアデス星人の末裔で、源氏がオリオン星人の末裔なのか」
「小人族のグレイの母船に同乗する金髪碧眼のノルディックは、”悪魔の王””ルシファー”なのか?!」
「円盤は神人や異人、悪魔の乗り物なのか!?」「天使は神の秘密諜報員なのか」「神は最初のフリーメーソンなのか」
「UFOは、人類の歴史が始まって以来、最も重要な現象なのか。UFO問題とは、人間にとっての死の問題を解くことなのだろうか。UFOはフリーメーソンの創作なのか」
「全宇宙を創ったという“虹の神々”も地球に来ているのだろうか」
「イルミナティなどのフリーメーソン組織に入ると神に会えるのだろうか」「金星の神々は地球に到着するやいなや、イニシエーションのためのフリーメーソン本部を設けたのだろうか」「フリーメーソン結社はこの大地が創出されるよりずっと前から、さまざまな太陽系をめぐって、存在していたのだろうか」
「国際連合の設立に動いたキリストの星、アプ星人とは」
「人は皆、記憶喪失の異星人だろうか」
「はるかに進化した天使のような宇宙人は、人間の守護霊や背後霊なのだろうか」「セドナ上空に見えないエーテルのシティが滞空するのだろうか」

グーグルのブロガーにも書いています→UFOパラレル・ワールド



[カテゴリ:森羅万象] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2019年8月9日 17時56分
回答者のごく少数だが、長身で色が白いか、または金色や茶色をした型、背の低いものや青くずんぐりした型、イエティ型(ヒマラヤにいるといわれている毛に覆われた謎の生き物)などのエイリアンと接触したと語った者
 



『アメリカ大統領はなぜUFOを隠し続けてきたのか』
ルーズベルトからオバマまで秘密の歴史
ラリー・ホルコム   徳間書店   2015/9/8



<戦後の歴史はUFOと共にあった>
・地球を観察した宇宙人は、この惑星には部族間の紛争に明け暮れる原始的な社会が存在することを即座に理解するのではないだろうか。
 さまざまな場所に多数の防空部隊が配備されている。第2次世界大戦中には、我々地球人は5000万人以上の同類を殺し、1700もの都市を破壊した。そして莫大な資金を投入し、大量破壊兵器を開発した。

<宇宙人がこの惑星を好戦的だと判断してもおかしくはない。>
・UFOに関する極秘のデータが存在する証拠を知りたい人には、情報公開法(FOIA)を利用すれば閲覧が可能な、NSAのUFO最高機密文書156をお勧めする。どのページもまともに読めるのはほんの1行程度であとは塗りつぶされている。大部分が修正されたCIA最高機密文書もある。判読できるのはほんの数語だ。私の知る限り、NRO(アメリカ国家偵察局)は修正済みの文書を公開したことさえない。

・大統領在任中の8年間、アイゼンハワーがこうしたUFO問題の中枢にいたことは間違いなく、おそらく、一部で信じられているように、地球外から来た生命体との第一種接近遭遇に関わっていたのである。

<大統領がなぜ秘密裏にホローマン空軍基地を訪れたのか>
・1955年初頭、この女性の父親はニューメキシコ州にあるホローマン空軍基地で働いていた。そのとき、アイゼンハワー大統領が非公式に飛行機で基地を訪問するという噂が基地内に流れた。基地の職員は、公式な挨拶の機会は予定されていないし、大統領を見かけたとしても手を振ったり、ぼうっと見ていたりしてはならず、いつもどおり任務を続けるように命じられた。

・父親の話によると、安全ルールに従って背中に陽を受けながら柱を登り、一番上にたどりついてみると、格納庫の屋根でタールを塗っていた男たちが駐機場のほうを指さし、走りだすのが見えた。また、搭乗員たちがトラックに飛び乗り、走り去っていくのも目にした。いったい何が起きたのかと向き直ると、2つのパイ皿が合わさったような銀色の円盤がこちらに近づいてくるのが見えた。父親は瞬きするよりも速く地面に降りると、電源施設に向かって走りだした。一度足を止めて見上げると、不思議な飛行機もまた動きを止め、空中をホバリングしていた。

・ホローマンで働く者たちの間には、基地で見たものは一切口外してはならないという不文律があった。

・今までに紹介した3つの小さなエピソードが、しっかりと裏づけていることがある。1955年2月に、ジョージア州に滞在してウズラ猟をしていたはずのアイゼンハワー大統領は、間違いなくその合間を縫ってホローマン基地を秘密裏に訪れていたのである。

<ポデスタに期待される役割>
<オバマ政権――情報開示の幻想>
・2009年のオバマ政権の誕生以来、UFO研究者の多くが真の情報公開への期待に胸をふくらませた。これはオバマ政権の移行チームで共同議長を務めていたジョン・ポデスタが情報公開への便宜を図ってくれると期待したからだ。だが、この期待は幻想に過ぎなかった。

・覚書には続けてこう書かれている。「それら(円盤)は中心が盛り上がった丸い形状をし、直径約50フィート(約15メートル)。各機に、人間の形をしているが身長は3フィート(約0.9メートル)しかなく、表面が滑らかで金属的な光沢のある衣服を着用した乗組員の遺体が残されていた。どの遺体も、高速機のパイロットやテストパイロットの対Gスーツに似た方法で体をきつく締めつける衣服を着用していた」

・とはいえ、情報コミュニティで確たるポジションを手に入れ、UFO情報が頻繁に入ってくるレーガン大統領陣営で副大統領として8年仕え、その後、諜報活動に強い大統領として就任した父ブッシュは、ことによるとUFOについて政府が実際に知っていたことを最も知り尽くしていた(現在も最も知り尽くしている)存命中の人物の1人ではないかと私は見ている。

<ベルギーUFOウェーブ事件>
・“ベルギーウェーブ”という名で親しまれるこの事件は、UFO学の中でも見過ごせない事件だ。というのは、目撃情報が発生した期間の長さ(1989年11月から1991年にかけて)、数え切れないほど出現するUFOを何千人もが目撃していること、そしてベルギー空軍が保有するF−16戦闘機が迎撃しようとレーダー確認を試みたことや、ベルギー政府や空軍がこの事件にオープンに対処して国民の協力を呼びかけたことなどから、この事件は他の事件とは一線を画している。
 
・ことの始まりは1989年11月29日、三角形をした平たい巨大な物体が音もなくベルギーの田園地帯上空を横切っていくのを、ベルギーの各地で30人以上が目撃した。底辺部に灯りが点灯したこの巨大な飛行物体を見たある目撃者は、大地を照らすスポットライトのようだ、と形容した。その様子を大勢が見守るなか、この物体は音もなく町から町へと移動していった。
 こうした目撃情報がやがて続々と入るようになり、それが1991年まで続いた。

・この出来事で注目すべき点はまたもや、UFO(あるいは一部で“UAP”と呼ばれる未確認空中現象)は、それが軍事システムであれ、平和的使用であれ、原子力関連施設に間違いなく興味を示している様子だったことだ。

<三角形の飛行物体目撃情報>
・ハドソンヴァレー目撃事件と、ベルギーで起きたUFOウェーブ事件には多くの共通点がある。ハドソンヴァレー事件は1981年12月31日に始まり、1986年まで続いた。この4年あまりの間に、同じ三角形の物体を目撃したという報告が5000件以上も寄せられた。

・1983年3月24日の晩、ヨークタウンの警察の電話は、巨大な飛行物体を目撃した町の住人からの問い合わせでパンクしそうになった。巨大な物体が空に浮かぶ様子を見ようと、人々はタコニック・ステート・パークウェイに車で押し寄せた。中でも興味深いのは、同じような姿の飛行物体を、同じニューヨーク州にあるインディアン・ポイント原子力発電所の守衛も目撃していたことだ。短時間だが、その物体が原子炉にわずか30フィート(約9メートル)まで近づいたときには、警備監督者は空軍に出動要請をしかけたらしい。守衛の見当では、物体の長さは1000フィート(約300メートル)ほどだったという。かくして、原発施設に興味を持つUFOがここでも目撃されたというわけだ。

・FAAがUFO関連問題によそよそしい態度をとり続けていることは、UFO研究者の間で語り草になっている。その典型的な例が、シカゴ・オヘア空港で目撃されたUFO事件だ。オヘア空港のユナイテッド・エアライン搭乗ゲート上空を、1機の円盤が15分以上ホバリングしていた。その後、急発進して信じられないスピ―ドで飛び去った円盤がたち込めていた雲に穴を開けたので、地上からその穴越しに青空が見えたことも報告されている。FAAはそんな出来事があったことを否定しようとしたが、そのうち、FAA職員と空港職員との間の交信録音テープが公開されると、そうもしていられなくなった。
 この場合、混雑度では世界でも屈指の空港の上空で応答装置のない飛行体がホバリングしているところを、パイロットや整備スタッフをはじめとする数百人が目撃している。それなのに、FAAはその出来事を闇に葬ろうとした。

・政府内部のそのまた奥にある、合衆国大統領でさえ手のだせない領域に、UFO目撃事件の開示を強い力で押さえこんでいる権力者グループがいる――。

<CIAによる検閲がかかったヴィクター・マルケッティ本>
・ヴィクター・マルケッティはCIAの元職員で、UFO研究家とはみなされていないが、UFOの隠蔽工作について、本や雑誌・新聞記事で正々堂々と意見を述べている人物だ。

・彼の本ではUFO問題にふれている部分はわずかしかないが、政府とCIAが著作に起こした訴訟によってかえってその真正さを証明されているから、彼の考え方を知るのは重要である。1979年に刊行された雑誌記事の抜粋を以下に紹介する。
・地球外生命は間違いなく私たちに接触、あるいは地球を訪問しているが、合衆国政府は地球上にある他の国家権力(原文ママ)と共謀して、この情報を一般には知らせないようにしている。
 この国際的な陰謀の目的は、世界国家間の安定を維持するためで、また、それぞれの国民に対して制度化された支配を維持することにある。したがって、地球外に生息する生命体の存在……しかも我々よりも明らかに卓越した知性と技術力を備えた生命体が存在することを政府が認め、その全貌を一般市民が知ったら、地球の伝統的な権力構造の基盤(原文ママ)が侵されることになる。そうなれば、政治や司法のシステム、宗教、経済や社会的機関は、一般市民にとって無意味なものになる。国家の寡頭政治体制は無政府状態に陥り、現在の文明も崩壊するだろう。
 このような極端な結論は必ずしもすべてに当てはまるわけではないが、それはおそらく大国の“支配階級”が抱く恐れを正確に反映するものだろう。その指導者たち(とりわけ諜報ビジネスにかかわっている者)は、これまでずっと政府の行き過ぎた秘密主義を、“国家の安全保障”を維持するのに必要なものついて擁護してきた者たちである。

<合衆国空軍士官学校>
・というわけで、50万ドルを費やしたコンドン・レポートが公表されたものの、その中で、UFOは何かありふれたものを見間違えたのだと決めつけられ、あるいは、コンドンがメディアに向けて言った言葉を借りれば“ばかばかしい限り”以外の何ものでもないとされていた。当然ながら、ペンタゴンはもろ手を挙げてこのレポートを歓迎したのだが、まさにそれと同じ時期、コロラドスプリングスでは空軍傘下にある士官学校が学生に対して、少なくとも4種類の地球外生命体が地球を訪れた可能性がある、と教えていたのである。

<UFO極秘情報とケネディ暗殺との関係>
・ここで、改めて事実関係を整理してみたい。

1 スタントン・フリードマンが暴露したとおり、ドナルド・H・メンゼルには2つの顔があった。メンゼルの表の顔は有名な科学者であり、天文学者であり、教授であり、容赦ないUFO否定派だった。裏の顔では、きわめて高いレベルの機密委任許可を与えられていた。多くの政府情報機関の下で機密性の高い仕事をしていた。極秘中の極秘グループ、マジェスティック12(MJ-12)の創設メンバーの1人でもあった。そして、ジョン・F・ケネディ大統領とはファーストネームで呼び合うほど親密で、直接助言ができるほどの間柄だった可能性が高い。

2 1963年11月12日にケネディ大統領は、NASAとホワイトハウスに対してUFO情報の提出を要請する書簡をCIA長官宛に送っている。大統領はまた、ソ連と合同で行う宇宙開発のプログラムを始めることをの望んでいた。複数の資料から読み取れるのは、秘密を守ろうとする者たちには、大統領のこの行動が受け入れ難かったことだ。また、大統領とドナルド・メンゼル博士とがかなり親交が深かったことがごく最近になってわかった。

3 ヴァーノン・ボウエンが執筆した『空飛ぶ円盤大全』は、前述の極秘グループMJ−12が実在していたことを裏づけている。その余白に書き込まれている手書きのメモもまた、ドナルド・メンゼルがMJ-12の一員であることをさらに裏づけており、コラムニストのドロシー・キルガレンの記事が引用されたことも、ケネディ暗殺事件陰謀説とのつながりを想起させる。

4 “焦げた”覚書は実在し、ロバート・ウッド博士が保管している。これはコピーではなく原本だったので、鑑定のために科学検査が行われた。この文書と、関連する通し記号をふったページはウッド博士のウェブサイトで信憑性レベルの高い資料として評価されている。

5 コラムニストのドロシーキルガレンはUFOまたは空飛ぶ円盤に関心があった。彼女は、UFOについてイギリスで行われた調査の内部情報をマウントバッテン伯爵から得た可能性がかなり高い。彼女が書いた空飛ぶ円盤に関する記事で、ハーバード大学の教授が学生に向かって、他の惑星にも生命体がいることを証明できると語ったことにふれたくだりが、ヴァーノン・ボウエンの原稿に引用された。その原稿の余白に書かれた手書きの文章から察するに、この教授はほぼ間違いなくドナルド・メンゼルであり、だとするとキルガレンはメンゼルと面識があったことになる。キルガレンはケネディが暗殺された後に書いたある記事で、この先自分が書くことが、この暗殺事件の真相を暴露することになるだろうと述べている。その数日後、彼女の死体が発見された。着衣の乱れはなく、マンハッタンの自宅でベッドの上に横たわっていた。検視の結果、死因はドラッグとアルコールを混ぜて摂取したためと診断された。彼女の死はいまだに謎に包まれている。

・オズワルドの単独犯なのか、それともこの暗殺の陰謀には他に狙撃者がいたのか、という問題は、ここではあまり重要ではない。争点となるのはその動機であり、邪悪なたくらみの秘密を守るために暗殺が計画され、その実行を命じたのが政府機関であったという説が事実かどうかが問われている。とても愉快とは言えない疑問だが、これまでに挙げた事実に照らして考えれば、ぜひとも問わなくてはならない問題である。さまざまな事実を結びつけるべきかどうかの判断は、読者にゆだねたい。さらに詳しい調査が行われることを、私は切に願ってやまない。

<アメリカ政府とUFO現象の深い関係>
<空飛ぶ円盤は実在する>
<空軍も政府も隠し続けているUFO情報>
・エメネガーと共同制作者のアラン・サンドラーは、カリフォルニア州サンバーナーディーノにあるノートン空軍基地に行き、空軍関係者とこのドキュメンタリー作品の科学的なテーマを話し合ったあと、施設の職員が2人を電子傍受を完全にシャットアウトした個室(クリーンルーム)に案内した。その部屋でエメネガーは、UFOをテーマにしたドキュメンタリーを作る意志があるかどうかと訊かれた。そう訊かれても、当時持っていたUFOの知識はといえば、せいぜいスーパーマーケット
のレジ近くに置かれるタブロイド紙の記事程度のものしかなかった。エメネガーとサンドラーはその場で、1964年にニューメキシコ州のホローマン基地にUFOが着陸し、その模様を撮影したフィルムが600フィート(約180メートル)ほどあることを教えられた。空軍士官のポール・シャートルによれば、その映像をドキュメンタリー用に提供できるとのことだった。驚きながらも、2人はUFOの歴史をたどるドキュメンタリーを作り、その衝撃的なラストにホローマン基地への着陸の映像を使うことを即断した。
 エメネガーのこのエピソードが、私の頭にこびりついた。
 UFO目撃情報はどれも、自然界の物体や現象である、というこれまでの公式見解を政府みずからが覆し、地球外生命体存在説を現に認めたことなど、あとにも先にも聞いたことがない。
 それよりさらにショックだったのは、こんなことが起きたというのに、私には驚愕の新事実としか思えないこの出来事を、著名なUFO研究家たちも含めて、みんながあっさり無視していることだった。
 
<“エイリアン・アブダクション”宇宙人による人類誘拐事件>
<人類誘拐事件の謎>
・UFO研究という複雑なテーマにはいろいろな側面がある。そのため、作家や研究者は特定の対象に的を絞る必要がある。そうしなければ、研究対象があまりに広範囲に及んでしまうせいで、研究の価値が下がってしまうかもしれないからだ。私が幼い頃の興味の対象は、当時は「空飛ぶ円盤」と呼ばれていたものの目撃事件だった。以来ずっと興味の対象は変わらず、本書のテーマにもなっている。目撃事件こそUFO現象の核心であり、そこから関連するテーマが数多く派生している。

・UFOについて研究する者なら誰もが知っているように、UFO現象の中にもさまざまなテーマがある、聖書やそれ以前の文書には、古代の宇宙飛行士と呼ばれる地球外生命体の存在がほのめかされており、ピラミッドやイースター島、最大の謎とされるプマ・プンク(ボリビアの世界遺産ティワナク遺跡に残るピラミッド構造の建造物)といった数々の伝説もある。

・複雑なUFO研究のキーワードとなるテーマは、そのほかにもたくさんある。UFOに関するテーマ全般の中で、私が最も重要とみなすのは、“エイリアン・アブダクション”(エイリアンによる人類誘拐事件)である。

<エイリアン・アジェンダ――キャスリーン・マーデン著>
・ラリー・ホルコムに、これまでに認識されたエイリアン・アジェンダ(異星人のもくろみ)をテーマとする本に寄稿する原稿を依頼されたとき、最初に頭に浮かんだのは“体験者”が語っていた、最もよく見られるタイプのエイリアンから伝えられたアジェンダについての話だ。私は最近、誘拐事件の被害者の共通点を突き止めるために1年がかりの調査プロジェクトを完了したばかりだが、それも認識されているエイリアン・アジェンダへの理解を深めるのに役立った。

・調査に参加した体験者は、数種類のエイリアンと接触した、と述べている。身長3フィート半から4フィート(1から1.2メートル)の“グレイ”(大きな頭部と灰色の肌を持つエイリアン)、4フィート半から5フィート(1.3メートル〜1.5メートル)の長身の“グレイ”、カマキリに似た昆虫型、爬虫類型、人間型(北欧人種やアヌンナキ<地球人のルーツとされる、後期バビロニア神話に登場する神々>、後期ハイブリッド型など)。回答者のごく少数だが、長身で色が白いか、または金色や茶色をした型、背の低いものや青くずんぐりした型、イエティ型(ヒマラヤにいるといわれている毛に覆われた謎の生き物)などのエイリアンと接触したと語った者もいた。最もよく見られるのは非人間型のグレイタイプのエイリアンだ。事例報告によれば、グレイと昆虫型は、人類に対する人体実験や教育に関して協力して活動を行っていると思われる。認識されているアジェンダすべてに紙面を割く余地はないので、アブダクションにまつわる最も肯定的な体験談は北方人種型(知的で慈愛に満ち、情け深い)に関するもので、最も否定的な体験談は爬虫類型(冷酷で無神経)に誘拐された人々が語った報告とだけ述べておこう。
 この論文では、アブダクションの被害者から聴取した、グレイのアジェンダに的を絞りたいと思う。

・グレイが人間とまったく異なるという点についてよく考えてみてほしい。
 彼らのコミュニケーションの手段はテレパシーである。伝え聞いた話によれば、身体の構造は地球人とは違い、哺乳類に属する種ではないと考えられる。堅い壁を通り抜け、施錠された建物にも自在に出入りできる能力があるという。外見から判断するかぎり、彼らは古代から存在する、高度に進化した種のように思われる。あまりにも人間とはかけ離れているために、対面コンタクトは不可能なのかもしれない。あるいは、彼らは人類に対して責任を取りたくないのかもしれない。

<UFOと大統領と隠蔽の歴史  本書の最後に思うこと>
・私は50年以上にわたってUFO目撃情報を研究し、調査を重ねてきたが、本書執筆にあたってあらためて知った新事実の中で、何よりも意外だったことがある。1948年から53年にかけての空軍の内部では混乱と内輪揉めが絶えず、その方針も(あるいは方針がないにせよ)支離滅裂で無軌道で、一貫性がなかったことだ。

・その一方で、私が不満に思うのは、空軍と軍部全体がUFO問題についてこれまでにあまりにも粗末な対応をし、それをいまだに続けていることだ、世界中の国々(イギリス、フランス、ベルギー、ロシア、スペイン、南米大陸の国々など枚挙にいとまがない)の政府がすでに記録を開示しているというのに、アメリカ合衆国は孤立した姿勢を保っている。あたかも、砂に頭をつっこんで目の前にあることを見まいとする愚かなダチョウのように。

・アメリカではUFO問題は最高機密、それも水爆よりも優先順位の高い機密事項として区分されたテーマであることを、スミスはアメリカ軍の高官から聞かされた。空飛ぶ円盤は存在する。

<政府は一刻も早く地球外生命体の存在を認めるべきだ>
・本書は私が人類史上最も魅力的だと思うテーマについて、これまで50年以上にわたってこつこつと調査してきたことをまとめたものだ。

・私たちが持つ知識を洗いざらい開示すべきだと私は言っているわけではない。最高機密のままにすべき、国防に大きな影響を及ぼす先端技術も中にはあるだろう。私が提唱したいのは、我が国の政府はせめて、地球外生命体の存在を認めるべきであるということだ。

・残念ながら、我が国は今も交戦中の国家である。だから、国家秘密のセキュリティは我が国の防衛にとっての要なのである。



シャンバラのグレート・マスター直伝!
『地底の楽園[アガルタ神秘文明]へのナビゲーションガイド』
カルロ・バルベーラ  ヒカルランド   2013/6/20



<宇宙の神々が暮らす街・シャンバラ>
<グレート・マスターのイニシエーションを通じて、地球の中心部へ>
<シリウス起源/非常に高い周波数で振動する驚異的生命体>
・エーテル的な街であるシャンバラは、地底文明の最も優れた象徴といえます。この街は、太陽の周波数で振動しています。街では、独創的なアイディアが生まれ、ガイアの進化を促す宇宙プログラムの教育が行われています。シャンバラには神的な生命体が暮らしています。彼らは、他の惑星の住人で、非常に高い周波数で振動する驚異的生命体なのです。太陽意識の霊知を備え、ダイナミックで変身能力のある肉体を活用しています。彼らはガイアの植民のみならず、太陽系全域で植民地を築いているのです。
 また、彼らは人類の創造者でもあります。シリウス星からやってきた宇宙の神である彼らは、今もなおオリオン座との絆を大切にしています。それはひとえにオリオン座が、彼らの祖先である太陽族の故郷であるからです。

・こうした神的生命体の中には、ガイアを縦断した教育者たるマスターたちがいます。彼らは、シャンバラのアストラル界における天使団の代表者なのです。

<地底最古の巨人エルデル族/ガイア土着の全生命体を誕生させた宇宙の移民たち>
・地底界の巨人たちといっても、様々な民族が存在します。外観の特徴も民族毎に異なりますが、特異な共通点といえば、そのずば抜けた長身です。2.5メートルから5〜6メートルに達することもあります。
 以下に記すのは、地底最古の民族であるエルデル族に関する情報です。彼らは巨人族全てとガイア土着の全生命体を誕生させた民族なのです。

・彼らはこの惑星の先住民族であり、時の始まり以前に他の太陽系からやってきた宇宙の移民です。彼らの形態と人間の形態を一般的な科学知識に基づいて比較すれば次のようなことが言えるでしょう。彼らには男女の性差があり、長身で筋肉質、皮膚の色は微かに青みを帯びた暗褐色です。顔は丸みを帯びて広く、黒い長髪の生え際が目立ちます。また、皮膚は若干透けていて、血管を流れる青い液体が、皮膚の色素に青い濃淡を与えているのです。

<世界の王/人類を含む地球全土の意識を統括する者>
・アガルタの伝説は、その驚異的な君主の伝説と一体化しています。君主は超人であり、人類を含む地球全土の意識を統括しているのです。

・金星の神々は地球に到着するやいなや、イニシエーションのためのフリーメーソン本部を設けた、と。神々の現在の住まいは、シンボリックに古代名称を用いてシャンバラと呼ばれている。

<シリウスに繋がるスターピープル的ルーツ/世界の王はサナット・クマラと共に金星から来た>
・世界の王の神話には、次のような言及があります。王はクマラ方と共に金星から降りてきた、と。また、この神人の一団はシリウス星と繋がりがある、とも。
 昨今、地底文明の研究は、UFOの研究とクロスオーバーするようになった、とO・C・ヒューニゲンは1957年の著書『地底界から空へ、空飛ぶ円盤』で述べています。



『地底の楽園{アガルタ神秘文明}へのナビゲーションガイド』
シャンバラのグレートマスター直伝!これがヴリル・パワーだ
カルロ・バルベーラ     ヒカルランド   2013/6/30



<ホピの警告―世界が見舞われる恐ろしい災難/第3次世界大戦を勃発させる国々>
・第3次世界大戦を勃発させるのは、古い歴史を誇る国々(インド、中国、イスラム諸国、アフリカ)で、光(神聖な叡知と知性)を最初に受け取った民族です。
 アメリカ合衆国は、核兵器と放射能によって、その国土も国民も滅びます。ホピとその郷里のみが、避難場所となるオアシスとして残ります。対空避難所などの安全性には何の根拠もありません。

・「物質主義者のみが避難所を設けようとする。穏やかな心を持つ者は、すでに堅牢な生命の避難所にいる。悪には逃げ場などない。イデオロギーに則った世界分断に与せぬ者たちは、黒人であろうが白人であろうが赤色人であろうが黄色人であろうが、別の世界で生活を再開できる。彼らは、皆ひとつであり兄弟である」

・「戦争は物質とスピリチュアルな戦いとなるであろう。スピリチュアルな生命体は、物質的なものを根絶やしにすると、一つの力、すなわち、創造主の力のもと、一つの世界と一つの国家を築き上げるためにここに残ることになろう」

・こうした時代は間もなく訪れる。サクアソフー(青い星)であるカチナが広場で踊り仮面を取った時、そうした時代がやってくるのだ。カチナは青い星の象徴だ。星は未だ遠く見えないが、間もなく姿を現すことになろう。この時代は、ウウチム祭で歌われた歌で予示されている。

・ホピの予言では光を最初に受け取った民族が第3次世界大戦を引き起こす、と言われています。つまり、中国とパレスチナ、インド、アフリカの民です。戦争が始まれば、アメリカ合衆国は“灰の瓢箪(ひょうたん)”によって滅びます。灰の瓢箪は河川を煮えたぎらせ、大地を焼き尽くしながら落ちてくるのです。その後、大地には植物が何年も生えなくなり、どのような薬も効かない病が生じます。

・これは原爆か核の話としか考えられません。他にこのような現象を引き起こす武器はないのですから、核シェルターなど、使い物にはなりません。“穏やかな心を持つ者は、既に堅牢な生命の避難所にいる。悪には逃げる場などない。サクアソフー(青い星)のカチナが広場で踊り、仮面を取るとき、大いなる試練の時がここに訪れる”からです。

・ホピはまた次のような予言もしています。
『亀の島(アメリカ合衆国)は二度か三度ひっくりかえるかもしれない。そして海は手と手をつなぎ、空と出会うかもしれない』
 これは“ポールシフト”についての予言のようです。つまり地球の回転軸が移動してしまうのです。



『宇宙人大図鑑』  
(中村省三) (グリーン・アロウ社)   1997/2



<バーンサイド事件、英国、1980年11月13日>
<宇宙人の身体的な特徴>
・ 宇宙人は男女のカップルで、2人とも身長1メートル65センチ程度だった。どちらもブロンドの髪の毛を肩まで垂らしていた。肌の色が異常に白いことを除けば、2人の宇宙人は人間にそっくりだった。しかも、その宇宙人たちはこの世のものとは思えないほど美しい顔立ちをしていた。

<アダムスキー事件、米国カリフォルニアの砂漠、1952年11月20日>
<宇宙人の身体的な特徴>
・宇宙人は身長165センチ程度で、肩までの長さの金髪をしていて、滑らかな肌で、髭がない。人間によく似ていて美しかった。

<服装>
・スキースーツのような服を着て、腰に幅の広いベルトを巻いていた。底に奇妙なマークのついた靴を履いていた。

<宇宙人の行動>
・宇宙人は身振りとテレパシーを用いてアダムスキーと意思疎通をした。その宇宙人は、自分を金星人だと自己紹介した(アダムスキーは彼にオーソンという名前をつけている)。



『UFOコンタクティー  ジョージ・アダムスキー』
久保田八郎  訳   中央アート社    2010/12/10



<サイレンスグループの正体>  <ジョージ・アダムスキー>
(訳注;UFO研究家やコンタクティーを脅迫し、UFO研究界を混乱させるサイレンスグループ(暗躍団体)の正体は何か?これはアダムスキーが語る初公開の秘話!)

・スペースブラザーズ(友好的な異星人)の教え(ティーチングズ)の促進活動に関する私の公的生活を通じて、私の所へ多くの機関がやってきた。そのなかにはFBI(連邦捜査局)、CIA(米中央情報局)、AFI(空軍情報局)、国務省、その他の政府機関の人がいる。この特殊な人々が私を黙らせようとしたことはない。サイレンスグループには多くの面があり、その多くを私も大衆も知っていないと思うのである。

<サイレンスグループとは何か>
・サイレンスグループは、一体何なのか、誰がやっているのか?キーホーが言っているように、ありそうな非公式なグループがあるし、アメリカの各情報部よりももっと極秘にされた公式なグループもある。

・私を沈黙させる目的でやって来た人たちは、宇宙人ではないことを私は確実に知っている。彼らは、地球人なのだ。

<なぜサイレンスグループは暗躍するのか>
・つまり資本家は、地球人類のあいだに、平和と理解をもたらすかもしれないような出来事を恐れているのであり、一方、戦争ともなれば投資の対象となり、ある種の投資家は十分儲かるのである。ところが今や、世界中の無数の人が個人的なコンタクト事件について話し合っているのだ。

・別な惑星から人間が来る事実を認めるならば、現代の地球の経済システムに甚大な影響を与えることになる。万人がはるかに大きな影響を受けるだろう。サイレンスグループはこのことを知っており、あらゆる手段を用いて、これと闘っているのであり、同時に表面から巧みに姿を隠しているのだと思う。

<三人の怪しい男が来た>
・『空飛ぶ円盤は着陸した』を出版してまもなく、3人の男が私の所へ来た。

・彼らが、何に関係しているのかまったく分からなかったので、私は、重要書類の一部分を渡さなかった。私が強迫されたことは事実であり、彼らは出て行く前に、UFO、宇宙人問題をしゃべるのはやめろと命じ、さもなければ私のあとをつけて、監禁し、キイをすててしまうぞと言った。

・彼らは、UFO問題のすべてをオカルトと呼ばれる心霊の分野に投げ込んで、世界中のまじめな人々の心に不信感をうえつけようとしているのだ。



『地球一切を救うヴィジョン』
白峰    徳間書店     2008年11月30日



<英国王室だけが知っている人類のルーツと四国古代ユダヤ王朝>
・それがどうやら四国の話で、古代ユダヤ王朝の末裔がそこに住んでいたという内容です。世界の人類史の発祥も紛がってしまう。それをいちばん恐れたのが英国王室でした。輝かしい大英帝国の歴史が完全にひっくり返ってしまうわけですからね。

・神武天皇以前には、フキアエズ(葺不合)王朝というのがあったんです。その王朝は四国の剣山を中心に存在していました。
 秘密結社のイルミナティは「光り輝くもの」という言葉を起源としておりまして、その起源は約6000年前です。人類の霊的覚醒を目指す集団です。彼らは、古代の錬金術師であり、神や天使ともコンタクトをとれる。本来は天皇と共に歴史をつくった「ひとつの光の存在」なんです。しかし、そうした解釈が広まると困る人たちがいて日本でも歴史を論ずるときには、神武天皇以降だけを扱っているのではないだろうか。

・イルミナティの歴史は古代神武天皇以前のフキアエズ王朝が続いた歴史と重なる。その流れを引き継いだ石工集団が近世となって、フリーメーソンという形で残ったんです。フリーメーソンは、三次元世界の管理人といった立場です。
 現在では金融工学を利用した市場原理主義の勢力がメーソンよりもいばっています。いずれ世界恐慌一歩前になれば、本来の日本が復活して再生するでしょう。



『地球を支配するブルーブラッド 爬虫類人DNAの系譜』
スチュアート・A・スワードロー   徳間書店   2010/6/18



<エイリアン集団紳士録>
<アルデバラン   ゲルマン人とバイキングを創作・管理>
・典型的なアーリアン型で金髪で青い目を持つ。薄い茶色か中ぐらいの茶色の髪で、目がヘーゼル(はしばみ)色の人もいる。この集団は、ゲルマンの諸民族とスカンジナビア人、特にバイキングの創作と管理を担当した。強い関心を持って、こと座文明の再創造を支援している。よくノルディック人と混同されることがあるが、ノルディック人は、もっと背が高く傲慢である。

<アルクトゥルス  ローマ帝国建設を手伝った精神性の高い種>
・非常に精神性の高い種である。原始的な形態の宇宙旅行技術(地球より発達しているが、シリウス人ほどハイテクではない)を保有している。白いローブを着た聖職者層が支配している。

<くじら座タウ>
<グレイ種を目の敵にし、ソ連と協定を結んだ>
・この人間のような生物は、グレイ種を目の敵にしている。宇宙のどこであろうとグレイを発見したら叩きのめすと誓っている。遥か昔にリゲル人がくじら座タウ星系の侵略準備を整えようとしていた。タウ人の遺伝子を使ってグレイを作るために、主に子供を標的にして誘拐し、殺して細胞とホルモンを取り出した。タウ人は自らの種が滅ぼされる前に、グレイたちを追い出した。地球までグレイを追って来た彼らは、1950年代にソ連と協定を結び、基地と自由に領空を飛行する権利を得た。彼らの目的は、ソ連が世界支配の座を占めるのを手伝い、(スラブ人にはタウの遺伝子がある)、グレイを滅ぼし、侵略勢力と取引することだった。

・最近になってロシア人はタウ人との協定を破棄し、同じ協定をりゅう座人の前衛部隊と交わしてタウ人を追い払ったと考えられている。くじら座タウ人は、イプシロンのエラダナス星系で大きなコロニーを保持している。祖国の大気と重力の関係で、密度の高い身体を持っている。身長は、およそ170センチである。

<りゅう座人(ドラコ) このレプティリアン型生物の交雑種がイルミナティ>
・地球の月は、永劫の昔、レムリア大陸への入植の時代に、軌道上に設置されたりゅう座人の宇宙船である。分断して征服することを画策する彼らは、リゲルとともに海を沸騰させたり、大地を焼き焦がしたりしたように、暴虐さで有名である。
 りゅう座人は、地球に巨大な地下基地、金星にコロニーを持っている。地球には二番目の月が配置されている。1997年にヘール・ボップ彗星に隠れて到達した。そこにいるのは、純血爬虫類人である。交配人種であるイルミナティは地球の支配を行っている。

<プレアデス   こと座からの避難民、長身金髪のノルディック>
・ノルディック、背の高い金髪とも言われる。元々は、こと座(リ−ラ)文明からの避難民であるが、7つの恒星と15の入植済みの惑星からなるプレアデス星系の存在である。

・1959年に米国政府がリゲル人に騙されたことに気付いた後、技術格差を埋めるためにプレアデス人が招聘された。だが、過去、彼らは、ヒトラーの人類浄化政策を画策し、仏教を堕落させた。チベットに広大な地下基地を持っている。

・プレアデス人は、ローブを着た白い姿で現れる非物質的存在が率いる最高評議会の指揮下にある。プレアデス人の一集団(アトランと言われる)が、アトランティスに入植した。小柄で青い肌をした集団がプレアデス人と一緒に行動している。

<爬虫類人(レプティリアン)支援のシリウスB星人が作った仏教思想>
・こうした宗教の蔓延は、地下の爬虫類人たち(主にチベットの地下に集まっている)が、意図的にコントロールしていた。

・この爬虫類人を支援していたのが、仏教思想を開発したシリウスB星人であり、その他に爬虫類人支配下でこと座(リーラ)文明を再生させようと企むこと座人(リーライアン)の裏切り者集団もいた。奇妙な相棒だ。

・エジプトは、爬虫類人の神々は、オシリスとイシスとして知られていた。エジプトの万能薬的な効力を持つ神々には、極めて多様な合成物(半人半獣)が含まれていた。

・これはアトランティスの交配実験を懐古する気持ちがエジプトの文化になって表われたといえるが、爬虫類人の乗っ取りに向けてエジプトの文化を準備していたシリウス星人普及させたものである。

・アトランティス人は、昔からのこと座の信仰体系に揺るぎない愛着があったため、爬虫類人が文化的な拠点を築くまでに数千年の時間が必要だった。

<「透明人」とシリウスA星人が創造し、りゅう座(ドラコ)に配置した爬虫類人>
・その生物(透明人)は、私の思考に直接働きかけ、完全にテレパシーで交信してきた。もはや人間が存在しなくなった遠い未来から来たこと、そして、その生物種は、この現実界に由来するものではないことを伝えた。さらに、その生物種は、遠い過去に旅をして戻り、ある品種を作り(これは爬虫類人のことだ)、人間をテストするために敵対させたと伝えた。

・また、シリウスA星のシリウス人の協力を得て爬虫類人を作り、りゅう座(ドラコ)に配置したとも語った。シリウス人は、別の非物質的存在の集団であるオハル評議会の創造物である。シリウスの二連星システムは、決してこと座文明に吸収されたことも、こと座の植民地にもなったこともない。



『シークレット・ドクトリンを読む』 
(ヘレナ・P・ブラヴァツキー)(出帆新社)  2001/5



<第4根幹人類と第5根幹人類の文明と崩壊>
<彼ら(レムリア人)は、途方もなく巨大な都市を建築した>
・次第に、人類は、第4根幹人類が真に出現する前に、彫像(泥人形)ともいうべき肉体の中に入り込んでいった。“選ばれた者たち”のハイアラーキーを除いて、人類は邪悪と罪の中に落ちていった。選ばれた者たちとは、“意志とヨーガの子たち”に従者たちと弟子たちのことで、後に“火の霧の子たち”と呼ばれるようになる。

・アトランティス人(約8メートル10センチの高さ)が出現して、彼らは巨人で身体的な美しさと力は絶頂に達した。進化の法則によれば、彼らは周期の真ん中に現れる第4亜人種だからだ。



『FBI超能力捜査官マクモニーグル』
「遠隔透視」部隊の現実  (並木伸一郎・宇佐和通)学研2007/2



<幽霊のハンス>
・幽霊もよく見る。亡くなった妻の母も会いにきた。陸軍時代、ドイツでも幽霊を見た。長旅を終えて新しい宿舎に着いた夜のことだ。洗濯をしようと地下に行ったが、どの部屋が洗濯室なのか分からずうろうろしていると、年老いたドイツの男性と出くわした。ドイツ人だと分かったのは、民族衣装を着ていたからだ。

・彼に『洗濯室はどこです』かと尋ねると『ああ、こっちだよ。ついて来なさい』といわれ、『ここだよ』と、部屋まで案内してもらった。私は、礼を言って洗濯を始めたが、目をあげると、彼の姿はもうなかった。

・私は、ドアと彼の間に立っていたから、彼が出て行くのに気付かないはずはない。不思議に思って、あちこち探したが見当たらなかった。

・同僚たちの部屋に向かう途中で、ふと当り前のことを思い出した。そこは情報関係の建物で、ドイツ人が出入りできるわけがないのだ。部屋に入って、『あのドイツ人は誰だ?』と聞くと『ああ、それは幽霊のハンスだよ』と、あっさりいわれた。部隊では有名な幽霊だったようだ。悪さをしないが、頻繁に姿を見せるという。

・現れたり消えたりしながら、アメリカ兵とのコミュニケーションを楽しむらしいのだ。その建物に取り付いているのだろう。ドアを開け閉めすることや、あるいは皆がいる部屋に入ってきたり、ポーカーをしているテーブルの脇でじっとしていることもあった。兵士の一人が怒って灰皿を投げつけたら、灰皿はハンスの体を通り抜けて壁に当たった。



『神々の予言』
(ジョージ・ハント・ウィリアムソン)(ごま書房)1998/9



<クリスタル・シティー>
・「カタストロフィー以後の70年は、およそ次のようなものとなるだろう。理想的な都市が地球上に立ち並ぶであろう新時代は、瞬間的には訪れない。キリスト再臨以後の地球、つまり、激しく破壊された地球を新時代の輝かしいものに変えるためには、およそ70年にわたる努力の積み重ねが必要となる。70年という期間は、決して長いものではない。その期間が過ぎたとき、地球は完全に浄化され、そこには、クリスタル・シティー、すなわち理想的な都市が、あちこちに立ち並ぶことになる。そしてその頃には、宇宙旅行も頻繁に行なわれるようになるだろう。そのとき地球は、惑星間友愛同盟への加盟を果たし、宇宙連合議会の一員としての地位も手にすることになる。そうなれば、近年増え続けている宇宙人来訪の理由を、より正しく理解できることにもなるだろう」。



『神々の予言』
(ジョージ・ハント・ウィリアムソン)(ごま書房)1998/9



<神になった「シータ・ユニバース」のエルダー>
・彼らは、物理的な世界に住む、物理的な肉体を持った生命体ではあったが、厳密に言えば、今の我々のような三次元の世界のみで生きる生命体ではなかった。彼らは、種族全体で、はるか遠い昔から、時間と空間を超越した存在になることを目指していた。つまり、惑星や太陽系といった物理的な世界に束縛されない、非物理的な存在になることを夢見ていたのである。彼らは、時空を超越することにより、自分たち自身が神になるための方法を探究していた。
 そして結局、この地球が、彼らの住みついた最後の世界となった。なぜならば、地球にやってきて間もなく、彼らは、その創造的な想念パワーに磨きをかけ、ついに物理的な束縛を完全に克服するに至ったためである。

・ 彼らは、神になった。時間と空間を完全に超越した彼らに、地球や銀河に縛られている必要は、もはや全くない。彼らは、自由になったのだ!
 彼らは「シータ・ユニバース」すなわち「八番目の宇宙」あるいは、「想念宇宙」の一員となったのである。
「エルズ」と呼ばれるようになったのは、その「シータ・ユニバース」への到達によってである。それより前は、単に「サイクロップス」と呼ばれていた。「エルズ」または「エル・レース」という呼び名は、彼らが物理的な束縛から自由になるために用いた手段に由来する。

・彼らは、「直角位相シフト」の理解と、その有効利用により、地球や銀河系宇宙を離れそこを後の人類に開放した。「直角位相シフト」、そうなのだ、{エル(L)}という文字、まさに「直角」なのである。
 そして、現在この地球には、ここに最初に住みついた彼らに由来する単語が、数多く残っている。彼らの別名「エルダー・レース」の「エルダー(elder)」も、その一つである。「エル」はもちろん、{L}を意味し、「ダー(der)」は、「由来する(derive)」の短縮形である。

<地球に留まった宇宙人の使命とは>
・ 地球の惑星上には、一つ目の偉大なエロウヒム(神)の存在があり、彼の放射する波動が地球全体を覆っている」
 クスミ師が、あの偉大な種族、エルダー・レースの一員について語っていることは明らかである。1956年の時点で、もはやエルダー・レースのほとんどはこの地球にはいなかったが、彼らの一部はなおもここに残り、地球の教師、聖者、賢者たちに対するメンターとして活動し続けていた。

<ムー大陸の賢者たちは宇宙人であった>
・人類に先駆けて地球上に住んでいた最古の生命体。

・十億年前の地球。この地球が十分に冷え、生命体の居住が可能になったとき、宇宙の彼方から、ある種族がやってきた。彼らは、我々と違い“真の人”の種族だった。
彼らは「サイクロップス」すなわち「一つ目族」として知られる種族で「秘密の資料」のなかでは「エル(L)・レース」または{エルズEls}として紹介されている。

・彼らは時間のあらゆる巨大な周期に乗り、常により快適な宇宙の住みかを求めて、限りない星の道を旅してきた「巨人」だった。
今でも彼らは、時空の別の次元の旅を続けている。「神の種族」あるいは「エルダー・レース」との呼ばれている。その種族こそ、我々に先駆けての地球に住んだ、最初の生命体である。エルダー・レースの一部の人々は、真のサイクロップスだった。つまり、目が一つしかなかったのである。その他の人々は、我々と同じように二つの目を持っていたが、それには別に「心眼」というもうひとつの目を発達させていた。彼らの身長は、平均3.7メートルもあり、男性と女性とに分かれてはいたが、今日我々が理解しているような性別とは異質のものだった。

・彼らは、地球にやって来る前に銀河系宇宙内のあらゆる空間を旅し、そこに存在した数限りない太陽や惑星をことごとく自分たちの影響下においた。彼らは、ある天体が居住可能な状態になるや、他の生命体に先駆けていち早くそこに住み、やがてその天体を去るときはいくつもの巨大な都市からなる彼らの地底王国と膨大な資料を残していくのが常だった。
 宇宙の歴史その他に関する情報を満載したその資料は、小さなクリスタルに記録されて、ある種の電磁場に囲まれた状態で保存されているが、後にその天体に住んだ敏感な人によって感知され、ときおり日の目を見ている。



『[UFO宇宙人アセンション]真実への完全ガイド』
ぺトル・ホボット × 浅川嘉富   ヒカルランド   2010/7/21



<これが宇宙人基地「シャンバラ」だ!>
◉「シャンバラ」とは「違うセキュリティーアへのゲート」という意味で、UFOの基地

◉チベットの地下にある「シャンバラ」も同じようなもの

◉その基地には複数の星の連盟から宇宙人が来ていた

◉それぞれの文明の代表者たちは美しい人間の姿をしていた

◉疑似物質で作られた基地は、マインドによって自在に変化する

◉目的は土地の浄化や高波動化、人間の意識にポジティブな考えを投射

◉半物質の宇宙人のまわりには光が放射され、かげろうのよう

◉絶滅にそなえて地上の生物をほかの惑星に保存

・レプティリアンの多くの種族は、おおむね友好的です。怖いどころか、波動の高い知性的な存在です。また地球において固定された姿で現れる生命体は、宇宙からではなく、パラレル・ワールドから来ているのです。パラレル・ワールドは遠い世界ではなく、こちらの世界との行き来は難しいものではありません。

<UFOは波動を変更するテクノロジーで自在に姿を変えている!>
<UFOはパワースポットを利用して物質化し、われわれの前に出現する。>
・UFOに乗る宇宙人たちは私たちよりもかなり進んだ存在であり、人のエネルギーフィールドを介して、遠隔的にこちらの考えを知ることができます。

<アルクトゥルス星から来る宇宙人がミステリーサークルを作っている!>
・私の経験では、人間の姿であれ、ほかの姿であれ、その姿が固定されている場合には、その生命体はパラレルワールドから来ています。パラレルワールドは遠い世界ではないので、こちらの世界との行き来はそれほど難しくありません。一方、別の星から来ている生命体の場合、その本当の姿は形を超えた存在です。

<ホボット氏が訪れた3.5次元に存在する宇宙人の基地>
・私はUFOの基地へ行ったこともあります。
 先ほど触れた通り、私がサンクトペテルブルク大学でリモートヴューイングのプログラムに参加したとき、アフガニスタンとの国境に近いタジキスタンの寒村にUFOにコンタクトをとるために行ったことがあります。そのときはコンタクトに成功し、数週間後にUFO基地から招かれました。

・最初にUFOとコンタクトした後、その近くにいるスーフィー(イスラム教神秘主義者)のグループに招かれ、そこにしばらく滞在していました。そこで私は彼らから、いつどこへ行けば基地へ行けるのかを聞き出したのです。彼らはそこをパワースポットと見なしており、力のあるスーフィーはそこにいる生命体とコンタクトをとることができました。
 そして、3週間ほどした後、私は基地へ招かれたのです。それはUFOにコンタクトした地点から80キロほど離れた場所であり、ある山脈の谷のところにありました。基地の近くまではあるスーフィーに連れていってもらい、基地の内部には私1人で入りました。

・基地のあるエリアの中に入ると、ある程度まで拡張した意識状態に入ります。それはちょうど夢のような状態です。私のUFO関係の経験から、その体験は物質と精神の間の領域で起きているものだと考えられますが、現実的な体験であることは間違いありません。

<その宇宙人基地は神秘主義者スーフィーたちから「シャンバラ」と呼ばれていた!>
・一部が地上で一部が岩山の中でした。それは標高4000メートルのとても行きにくいところにあります。また、周辺の人々には神聖な土地と見なされているため、誰もそこへは行きません。ただし、その地方にいるスーフィーたちは、そこを「シャンバラ」と呼んでいました。彼らはそこを神聖な場所としてそう呼んでいたのです。

 シャンバラとは「違う世界へのゲート」という意味ですが、実はそれはUFOの基地でした。ちなみに、スーフィーは(一般にイスラム教神秘主義者とされているが)実際にはイスラム教徒ではありません。

・とても進んだ文明から来ており、それは1つの星ではなく、複数の星による連盟から来ているようです。その基地には少なくとも7つの文明からの7人の代表者がいました。その中の1つがアルクトゥルスです。あと、ネット(網)と呼ばれる文明の代表者もいました。

(浅川)私たちの知っている星はほかにありましたか?

(ホボット)シリウスBです。アルクトゥルスやシリウスBの人々とはそのときだけでなく、これまでに何度か会っています。



『エノクの鍵』
宇宙の仕組みを解明し、本来の人間へと進化させるための光の書
J・J・ハータック  ナチュラルスピリット  2010/9/25



<アルクトゥルスという中間ステーション>
・そして、アルクトゥルスから移動して、異なる光の密度に属すると思われる基盤目状のモザイク模様が連なる場所に案内されました。

・メタトロンは私を聖なる父のところへ連れて行きました。私は、純粋エネルギーの放射領域に私を連れて入ることのできる存在はメタトロンをおいて他にはいませんでした。そこで私は、たなびくような白髪をたたえ、愛と歓びにあふれた表情をうかべた古代よりの無限なる意識の姿を間近に見たのです。いかなる言葉をもってしても、永遠なる父、ならびにその父によって教えられたことの神聖さを言い表すことはできません。私たちの意識の時間帯の辺縁には、「神の右手」を讃えるために置かれた、星の真珠をつらねたロザリオがあります。その真珠のひとつであるこの惑星地球に奉仕するために、私が職服を脱ぎ捨てて脆くはかない束の間の肉体をまとった理由を知らせるために父は私を呼び寄せてくれたのです。そこで、私は、光である神の存在を前に、神をこう褒めたたえました。「おお主よ、栄光と名誉と力を受くるに値うYHWHよ。万物をつくり、歓びに応えて永劫の時がつくられた方よ」。

・すると、神の光の王座に臨席し、そのそばをぐるりと囲んでいた24人の光の長老たちが、「コドイシュ、コドイシュ、コドイシュ、アドナイ、ツェバヨト(聖なるかな、聖なるかな、聖なるかな、主なる神よ)」と神を讃えて歌う姿が見えたため、私は、頭を垂れました。私には父の右手にか、子なるイエス・キリストの姿も見えました。そして、メタトロンは、こうした光の主たちが父のそばにすわるに、ふさわしい存在で、あることを教えてくれました。なぜなら彼らは、定期的に父のもとを離れて外に向かい、エロヒムの世界として知られる別の光の世界をつくる職務をあえて選んでいるからです。

・私は、父の玉座の前でエノクの一部として楽園の子たちの宇宙に奉仕するという自分の務めを教えられました。楽園の子たちは、光の評議会を交替で組織し、新しい宇宙を創造するための光の戒律や炎の投影によって記される法令を、評議会において24人の光の長老たちから受け取っています。それから、私は、教導者であるエノクとメタトロンから、地上にいるときには、偽りの権力の差し出す食べ物を口にしないこと、自分の子孫を霊的に堕落した種子たちと結婚させないこと、堕落した思考とエネルギーに仕える者たちによる偽りの礼拝に加わらないことなどの注意を受けました。

・しかし、私の存在理由は、すべての人々が跪き、父の位階ある聖師団が出現する時が差し迫っていることを認められるようになるまで、父の地上における地位を高めるということです。そして、その結果、神の世界が天国に在るのと同様に地上にもたらされることになるのです。

・私は、それ以外にも幾多の領域へ連れて行かれ、父のあまたの館が、新しい天の領域と与えられて地上世界の誕生に向けて、どのように開かれつつあるのかについての教示を授かりました。



『宇宙人はなぜ地球に来たのか』
韮澤潤一郎     たま出版   2011/2



<宇宙人の大半は人間型>
・米陸軍の一等下士官によると「私が1989年に退役した時に、すでに57種類の異星人が軍の目録に記載されていた。その大半は人間型で街を歩いていても誰も区別がつかないということです。これは生物学者を悩ませるでしょう。明らかに宇宙には二足歩行のヒューマノイド(人間型宇宙人)が多いということです。グレイタイプは三種類あり、私たちより背の高いのもあります」

<史上最大の事件が起きる>
・空軍基地でのケネディと宇宙人の会見を半年前にアレンジしたのがアダムスキーだった。そして、ケネディが乗り込んだ葉巻型UFOにはアダムスキーも同行していた。
大統領は着陸していた船内で数時間の会談を終えて地上に出たが、アダムスキーはそのまま離陸し、土星に向かった。このときの宇宙旅行については、いわゆる『土星旅行記』として残されたが、その中には、ケネディの名はなく、「アメリカ政府の一高官」とだけ記されている。旅行記によれば、9時間で土星に到着し、それから4日間にわたって各惑星の代表者が出席した太陽系会議などが開かれたとなっている。

<なぜ宇宙人たちは協力しているのか>
・エリザベス女王の遠縁で、イギリス軍の最高司令長官だったマウントバッテン卿の私邸の庭に1950年代にUFOが着陸してコンタクトを試みたことがあった。
UFOが着陸した時、私邸の侍従が外にいて、金髪で体にぴったりとした青いウェツトスーツのようなものを着た人間型宇宙人に会っている。しかも円盤型UFOの中に招かれた。しばらく離陸して飛行したという。

・しかし、このことを侍従から詳しく聞いていて、当時からUFO問題に精通していたマウントバッテン卿自身は特にUFOに関する政治的側面に関与し、マリリン・モンローやケネディ大統領の死に影響を与えたといわれ、1979年にアイルランドにあった自分の別邸近くで殺されている。



『2012年にパワーをもらう生き方』 セドナUFOコネクション
リチャード・ダネリー  徳間書店   2009/9/17



<導く者=アルクトゥルス星人との接触>
<本書を書くインスピレーションとなったのはアルクトゥルス星人である>
・1992年の夏、私は、セドナのドライ・クリーク周辺でよくキャンプをするようになった。私のガイドが近くにいるときに感じるのとよく似たエネルギーを、よくその辺りで感じたのだ。何日もそこで過ごすうちに、その辺りをしばしば訪れている数人の人たちが、アルクトゥルス星人の一団が乗った高次元の光の船(宇宙船)がその谷の上空に浮かんでおり、彼らのことを知りたい人なら誰でも、テレパシーによる交信ができるような態勢を整えている、と主張するのを聞いたときも私は、少しも驚かなかった。



『アルクトゥルス・プローブ』
(銀河連盟と現在進行中の調査、及びその物語)
(ホゼ・アグエイアス著)(たま出版) 1996/5



<天王星の謎>
・「『アルクトゥルス統制』として私達に知られる時代のあいだ、私の心の中の純粋さを通して、アルクトゥルス・プローブはいくつかの影響力を維持することができた。牛飼い座の変則者と定則者に対して、私はちょうど鍵穴のようなものだった。その鍵穴を通して、さまざまな実験、知のパターン、肉体化が、受容的でそれを望む3次元体に与えられた。テレパシー的な信号という手段を使っていた天王星人もまた、天上の砦である天王星そのものを『シャンバラ』、『ユートピア』、『新しいエルサレム』といった名前で呼んで、私の存在を通してそれら天王星の回想を生き生きと保ち続けた」。



『異星人遭遇事件百科』 
(郡純)(太田出版)(1991年)



<衝撃を与えたクーパー氏の証言>
・元米海軍の情報部員のウィリアム・クーパーの証言には不正確な所がある。ラゾフスキー博士が、その正確さを保証するクーパー証言のMJ−12項目を、補足をまじえながらまとめてみよう。その内容は要約すると以下の骨子からなる。

1、1953年合衆国政府はロックフェラー財閥の秘密協力のもとに対UFO特別戦略セクションを設立した。
2、セクションの名称は、MJ−12。本部はメリーランド州某所。本部のコードネームは「カントリークラブ」である。
3、50年代半ばMJ−12は、宇宙種族と極秘協定を結んだ。
4、極秘協定の相手方はオリオン座人。種族名は通称“ラージ・ノーズ・グレイ”である。

5、協定の内容は以下の通りである。
・異星人は地球上で生物実験をおこなう情報を許される。
・合衆国政府は実権を秘密裏に援助する。
・実験の対象は野生動物、家畜のみならず人間を含むものとする。
・合衆国政府は実験の援助とひきかえに異星人の先進的なテクノロジーの提供を受ける。UFOの推進原理も含まれる。
・異星人は生物実験および自らの存在を地球人に知られないために必要な措置をとる、(誘拐対象者の記憶の抹消措置を意味する)



『宇宙の古代遺跡』 
「月・火星他文明の痕跡」「宇宙の謎と不思議」を探求!
深沢久夫 編著  Gakken   2008/10



<火星のオリオン・ミステリー>
<宇宙文明の存在を示唆するものか?>
・古代火星文明の建設者と古代地球文明の建設者には密接な関わりがあった――この仮説の証拠として、火星のシドニア地区とイギリスのエイブベリー地区の符号を紹介したが、さらに壮大な規模の符号が存在する
ことが明らかになっている。
地球において符号の対象となるのは、ギザの三大ピラミッドだ。これらがオリオンの三つ星の配置と一致しているという説は、ピラミッド研究家のロバート・ボーヴァルが著書『オリオン・ミステリー』で明らかにしている。

・古代エジプトのピラミッドはオリオン信仰をもとに建造され、オリオン座の南中高度と一致する約1万年前がその時期にあたる、というものだ。

 実は、オリオンの三つ星の配置と一致する地形が、火星にも存在する。それはタルシス三山と呼ばれる火山群で、いずれも裾野の広がりの直径が400キロ、高さが20キロを超える巨大な山塊である。この三山を構成するアスクレウス山、パボニス山、アルシア山の配置が、アルニタク、アルニラム、ミンタカと呼ばれるオリオンの三つ星の配置とぴったり一致する。

・ということは、火星のタルシス三山は、ギザの三大ピラミッドの配置とも一致するということになる。つまり、北から南へ、クフ王のピラミッドがアスクレウス山、そしてメンカウラー王のピラミッドがアルシア山という具合に対応しているのだ。

・火星のタルシス三山と地球の三大ピラミッドが同一の配置にある。この符号は、単なる偶然の一致なのだろうか?いや、そうではない。偶然でないことを示す傍証が、数多く存在する。たとえば、エジプトのピラミッド建設の基礎となった数的最小単位キュビト(1キュビト=約42.65センチ)だが、これは火星の円周距離2万1333キロの5000分の1に当たる。

・また、ギザの三大ピラミッドが、Φ比例(黄金分割)やπ(円周率)e(自然対数の底)を基本として配置・建造されていることはよく知られている事実だ。これらの定数が、火星のD&Mピラミッドやほかの構造物群の配置や構造にも見られることは、別項においてすでに述べたとおりである。

・こうした火星と地球、さらにはオリオンの三つ星との符号――そこには、火星と地球を結ぶ壮大な宇宙文明の存在が感じられる。

・では、火星と地球を結ぶ宇宙文明の建設者は、オリオンの三つ星を大地にしるすことによって、何を表現しようとしたのか?そこにはどのような叡智が隠されているのだろう?

・これについて、エジプト学者ナイジェル・アップルビーが意味深長な指摘をしている。アップルビーによれば、ギザの地下には失われた超古代文明の叡智を保管した「記録の宝庫」が存在するという。そして、オリオンの三つ星がギザの大ピラミッドの真上にくるとき、シリウスの真下にくるのが、その「記録の宝庫」なのだという。

・火星と地球を結ぶ宇宙文明、失われた超古代文明、そして失われた叡智――にわかには信じがたい話ばかりである。しかし、火星ピラミッドの真の意味が解明された暁には、すべての謎が解けるに違いない。地球の古代文明の鍵を握るものこそ、火星なのである。



『あなたはいまスターシードとして目覚める』
限りない愛を受ける存在    シリウスの超叡智3
パトリシア・コーり   徳間書店    2011/9/30



<四つのマスター種族とは>
・地球では白人種と定義されている「エリエン」のルーツはオリオン星雲にあります。テクノロジーが進化した彼らの文明は、銀河系間の移動といった難題を克服して遠方への宇宙旅行さえも可能にしました。

・オリオン星雲の中心星から数えて5番目にあたる彼らの星は、太陽光の量も少なく、比較的低温です。その厳しい物理的条件を考えると、彼らは、最もデリケートな遺伝物質を人類のマトリックスに組み込んだと言えるでしょう。色素が少ないために肌が抜けるように白いのでラ―の強い放射線からほぼ完全に身を守る必要があったのです。

<あなた方はもはや孤独な存在ではない>
・「エイリアン・ネイション(異星人国家)」つまり惑星間の提携、移動、文化交流、遺伝子混合のための連邦機関においては、地球人の知らない交流や取引が行われています。物質宇宙は生命であふれ驚異に満ちているのです。そして、地球と同様に光の存在と闇の勢力の間で、さまざまなレベルにおいての戦いが断続的に起こっています。

・考えてもみてください。異世界の生命体がこれほどまで、かたくなにあなた方の前に姿を現そうとしないのは実に不思議だと思いませんか?
 その一方で、地球のオーラ体のすぐ近くまで母船に乗って旅してきたグループもいます。この生物の原型は、タイム・トラベラーであるジーン・ロッデンベリー(訳注;SFシリーズ『スター・トレック』を生み出したテレビ・映画プロデューサー)によってあなた方に紹介されましたが、彼がSF物語という形で表現した銀河連邦の活動が決してフィクションなどではないのです。

<つまり彼らはあなた方の苦しみを理解しているのです>
・多次元宇宙の内のパラレル・ユニバース(並行宇宙)から異次元を旅して地球にやってきた意識を持った存在は、あなたと一緒にそして、あなたの内側で活動しています。物質領域では多次元宇宙とはまったく違った人生の展望としてドラマが繰り広げられているのですが、あなたが物質次元から上昇するにしたがって、物理的な現実が無時間性において結晶化された思考の投影のホログラムであり、魂のトレーニングの場であることを認識するようになるでしょう。



『NASA秘録』
秘密組織が隠蔽する宇宙の人工遺物
リチャード・ホーグランド / マイク・バラ  学習研究社 2009/7



<月面着陸捏造説の黒幕>
・「それ[地球外生命体]との直接の遭遇は、今後20年は起きないと考えられる(知的生命体の技術が地球に到達できるほど、われわれのそれをしのいではいない、という前提である)。ただし、そのような生命体が残した人工物が、[NASAによる]月や火星、金星などの探査によって発見される可能性はある」

・NASAが初期の探査で発見し、隠蔽したのは、ブルッキングズ研究所が予測したような人工遺物、それもはるか昔、太陽系をまたぐ高度な文明が月面に残した驚愕すべき人工物だったのである。

・本書の分析に基づけば、NASAの月探査計画はスタート当初から、一種の「エイリアン探索」とそれにつづく「人工物の採取」計画だと考えていい。

・ところが、2年後の1963年9月20日、ケネディは国連総会で、アメリカとソ連は月探査の“レース”を中止し、協力しあおうじゃないかと提案した。
 この豹変は、アポロ計画に裏の目的があったことを露呈したに等しい。つまり、主目的はソ連に勝つことではなく、気の遠くなる歳月、月面で発見されるのを待ちつづけた超高度なテクノロジーの遺物を見つけて地球に持ち帰ること、さらにそれをソ連と共有することだったのだ。が、なぜか奇妙なことに、国連でのこの提案からわずか2か月後、ケネディ大統領は暗殺された――

・さて、発見物を隠蔽せよとそそのかした者たちは、われらがテクノロジーの時代のパイオニア、宇宙科学とロケット工学の先駆者でもあった。そしてその多くが秘密の過去をもっていた。理性的思考や社会通念から逸脱した発想をするドイツ人、エジプト人、イギリス人、アメリカ人だ。そんな“過激分子”はNASAのなかで大きく3つのグループに分けられる。本書では彼らを「魔術師」「フリーメイソン」「ナチ」と呼び、別個のグループとして扱っていく。

・この3つのセクトは、著名な人物に率いられ、さほど著名でない者たちによって支えられている。そして人類の宇宙開発計画に、それぞれ勝手な計略を重ねているのだ。彼らは古代宗教や神秘主義の異様な教義を信奉しているくせに、教養とは真逆の理性的な科学、実権主義の象徴としてNASAを喧伝する。

・それでもアポロ計画が17号でいきなり打ち切られたのは、月面に存在する人工物の数やタイプがはっきりし、アポロの乗員が標本を持ち帰ったからにほかならない。
 打ち切りの理由は膨らむ予算などではなく、アポロの秘密のミッションが首尾よく完了したからなのだ。それが歴史に残る月旅行が突然休止された真の理由であり、以後30年以上、ひとりとして月面に到達しなかったおおもとの理由である。

・最初のルナ・オービター(月周回衛星)が撮影した写真で、何もかもが――人工遺物の存在、その規模、太陽系で一か所とは限らないこと、つくり手はなぜ姿を消したかが、はっきりした。
太陽系をまたいで、とてつもなく強大かつ高度な文明が存在し、忽然と消えて、NASAの原始的な探査で再発見されたのだ。その文明は、太陽系をつつみこむ一連の大変動によってかき消えてしまった。

<ケネディ暗殺、陰謀説>
・ケネディが「大統領と報道機関」で触れた“秘密結社”は当初、ケネディの過激な考えにも目をつむっていた。ソ連がケネディ案を拒絶しつづけるとふんだからだが、ここにきてフルシチョフが突然態度を変えた。ケネディがどうしてもソ連に情報・技術を伝える気なら、あるまじき隠蔽を強要した権力は、ケネディを抹殺する以外にない。

・軍と諜報組織が共謀して暗殺したかどうかは、とりあえず問題ではないだろう。犯人はオズワルドひとりかどうかが最大のポイントであり、もしふたりめの狙撃手がダラスのディーリー・プラザにいたとすれば、陰謀による暗殺ということで決まりだ。

・あの朝、リー・ハーヴィー・オズワルドがテキサス学校教科書倉庫にいたこと、大統領を狙撃し、その銃弾が致命傷になったらしいことは疑いの余地がないと思われる。では、陰謀説が唱えるように、暗殺犯はオズワルド以外にもいるのだろうか?

<秘密組織の陰謀を暴く>
<エジプトの神々――イシス、オシリス、ホルス、セト>
・エジプトでは、この物語と星をからめて、オリオン座はオシリスを、牡牛座はセトを、獅子座はホルスをあらわし、巨星シリウスは生命と養育の女神、オシリスの妹にして妻たるイシスの化身とされている。

<NASAのオシリス崇拝>
・しかし、いくらオリオン座/オシリス、シリウス/イシス、獅子座/ホルスが古代エジプト人にとって重要だったにせよ、それがアメリカ合衆国が公式に行う月探査の象徴に使われるとは、いったいどういうことだろう?しかもプロジェクトの名称はギリシアの“太陽神”アポロだ。なぜ、たとえば、ギリシアの月の女神アルテミス(ダイアナ)ではないのか?

・答えは単純明快――“アポロ”は、じつは、“ホルス”だからだ。これはギリシア神話や、それに先立つエジプト神話から派生した物語を詳しく調べてみればわかる。ホルスはアポロ同様、太陽の神なのだ(奇妙なことに火星も支配しているが)。

・シリウスは、オリオン座/オシリスとともに、エジプトの神話体系の中核に位置するだけではなく、古代エジプトの暦の要でもある。

〈解説  並木伸一郎〉
<NASAが画策する火星と月探査に秘された陰謀の内幕を大胆かつ詳細に暴露した超大作>
<かつて火星に超古代文明が存在したのではないか、という仮説>
・ホーグランドによれば、NASA内部では真実を公開しようとする一派と隠蔽しようとする一派が対立しているからだという。それが本書の主題――。

・肝心の情報隠蔽工作の理由について、ホーグランドはこう語った。
「NASAが、地球外文明の遺産を発見したからだよ。その真相を隠すため、さまざまな陰謀を張りめぐらせてきたんだ」

・なお、本書には載っていないが、ホーグランドらの調査で、月や火星ばかりでなく、最近では土星や木星の衛星にも異常構造物が発見されている。もちろん、遺物をのこしたのは、地球人ではない。異星人である。それもただの異星人ではない。

・ホーグランドも指摘しているが、それは創造神とでも呼ぶべき、超人たちである。この人類の種を地上に蒔いたとされる偉大なる存在は、地球の多くの文明で神々や英雄として記憶され、エジプトやシュメールなどの古代儀式によって崇拝され、『聖書』にも、「神とその天使」として記述されている。そのクリエーターの正体は、ゼカリア・シッチンの研究で主張される第13番惑星ニビルから飛来した神アヌンナキなのか、ロバート・テンプルの研究で発覚したシリウス星系から飛来したという水陸両棲の知的生命体ノンモなのかはわからない。

・だが世界各地に残る神話・伝説、そして降臨してきた神々の存在を丹念に調べていくと、必ずこうした異星人飛来仮説に到達してしまう。もしかしたら、彼らが太陽系を創造し、火星や地球に文明を興してきたのかもしれないのだ、と。

・では、NASAの真の目的が地球外文明の遺産の独占であるとすれば、その首謀者は誰なのか。そのヒントになるのがNASAにうごめく秘密組織の存在だ。NASA内部には、いまなおナチや秘密結社が君臨する。本書では、その絡み合った人脈が興味深い内容で、具体的な証拠とともに明らかにされていく。彼らこそが古代の叡智、古代宗教、そして神秘主義など、オカルト的な教義の信奉者たちであり、現在のNASAを牛耳っているのだ。
 これまでのホーグランドの著作はNASAが公開した画像に主眼があったが、本書はついにその虚飾にまみれた本丸に切り込んだ点で評価されている

・水面下で、NASA内部の公開派と隠蔽派の駆け引きが進行中と見て間違いないだろう。

・もし、ホーグランドが主張する異星人とのコンタクトが現実のものとなれば、遠くない将来、地球文明は危機的状況に陥ることになる。われわれは、それを、ただ手をこまねいて見ているしかないのだろうか・・・。



『秘密結社の世界史』
海野弘   平凡社   2006/3/11



<ナチと秘密結社>
<ヒトラーとオカルティズム>
・1970年代から、ヒトラーの第三帝国がオカルティズムに影響を受けたという陰謀史観が大流行する。その代表がトレバー・レブンズクロフト『運命の槍』(1973)であった。ヒトラーは魔術師であったといった本がやたらに出た。なぜナチとオカルティズムが急にブームになったかは興味深い。

・19世紀末のドイツ・オーストリアでは、ブラヴァツキー夫人のデオゾフィ(神智学)が、“フェルキッシュ”(民族的)といわれる傾向と結びついて、独特のオカルト結社を生み出した。“フェルキッシュ”はパン・アーリア民族主義で、印欧語・ゲルマン語を話すアーリア民族を中心に据え、反ユダヤ主義であった。テオゾフィとアーリア民族主義の結合によって、<アリオゾフィ>が生まれる。この<アリオゾフィ>から、国家社会主義、ナチの反ユダヤ主義が流れ出す。

・金髪碧眼のゲルマン人こそ選ばれた民であるとしていた。

・トゥーレというのは極北の地ウルティマ・トゥーレでゲルマン人の原郷であるとされている。彼らは選ばれた人間、超人であり、世界を支配する運命を持っているといわれる。

・カール・ハウスホーファーは日本にいた時、緑竜会という禅的な秘密結社に入っていたという話もある。緑竜会は、チベットのグリーンメンという結社につながりがあったという。ドイツのヴリル協会は、1926年から1942年までの間、チベットを訪ね、グリーンメンと接触し、1929年にはチベット僧を迎えて、ベルリンにグリーンメン協会をつくった。

・もっとも、ナチをめぐるこれらのオカルト結社はヒトラーとともに消滅したわけではなく、その伝統は生き続けているらしい。トゥーレ協会、ヴリル協会は、アトランティスやUFOを秘儀に持ち込むことで、第二次世界大戦後の陰謀史観を生み出し、現代のテレビ・ゲーム風の秘密結社の起源となっているのである。なにしろ地球外からきたエイリアンの秘密結社がこの世を操っているようなのだ。

・マイケル・ベンソンは『秘密結社の内部』でケネディ暗殺にヴリル協会が関係していた、という仰天セオリーを紹介している。それによると、1936年、ワルトワルド(黒林)で墜落した空飛ぶ円盤を発見し、それを修理し、ヴリル協会やSSの協力によって、ドイツ製の最初の空飛ぶ円盤ハウネブ1号として、1939年に飛ばすことに成功し、エイリアンとの接触に成功したという。

・さて、元アメリカ海兵隊員ケリ・ソーンリーは、ヴリル協会が今も世界に陰謀を企んでいるという。彼によれば、ケネディ暗殺犯人とされるリー・ハーヴェイ・オズワルドはヴリル協会の操り人形で、体内にマイクロ・チップを埋めこまれ、ヴリル協会に操作されている。
 ソーンリーは1959年、カリフォルニアの海軍基地でオズワルドに出会った。その後、海軍をやめたソーンリーはニューオーリンズに行き、そこでオズワルドと再会した。

・ケネディ暗殺が起き、オズワルドが犯人とされたとき、ソーンリーも仲間ではないかとFBIに疑われている。ニューオーリンズの地方判事ジム・ギャリスンは、この二人がCIAに雇われたれた秘密工作員ではないかとしている。
 取り調べを受けたソーンリーはとんでもないことをしゃべりまくった。オズワルドはヴリル協会に操られており、ケネディ暗殺はナチの陰謀であるというのである。マイクロ・チップなど、まるでSF映画みたいである。1992年には
自分もオズワルドの共犯であるとテレビのワイドショーで告白したそうである。
 1960年代になってヴリル協会の名が、SF的秘密結社として再生する。ナチのオカルト結社が解禁されたのである。

<イルミナティ・パラノイア>
<イルミナティのその後>
・たとえば、ジョン・コールマンは、フランス革命、ロシア革命につづいて、イルミナティの第三の世界陰謀がアメリカで進行中であるという。彼によるとイルミナティの中心には「三百人委員会」があり、世界を支配する<新世界秩序>をつくろうとする「ワン・ワールド政府」を組織している。

<フリーメーソンとユダヤ人>
・つまり、イルミナティ陰謀説は、フリーメーソンとユダヤ人を巻き込んで、現代に甦ったのであった。イルミナティが現代の陰謀史観で一種のはやりなのは、便利だからかもしれない。メーソンやユダヤ人を直接攻撃するのは現代ではさすがにやりにくい。イルミナティという空想的な敵なら攻撃しやすいのだ。
 フリーメーソンはできるだけ公開化して、秘密性を薄め、社会的な認知を求めている。ユダヤ人については、イスラエル建国以来、あからさまな攻撃はしにくい。イルミナティは一種のエイリアンのようなものであり、地球人の敵としてもかまわない。

<イルミナティとエイリアン>
・イルミナティの起源について壮大な幻想をくりひろげてみせるのはディヴィッド・アイクの『マトリックスのチルドレン』(2001)である。彼はイルミナティの祖先をアヌナキだとする。アヌナキは古代シュメールの神々の種族であり、実は宇宙からやってきたエイリアンであるらしい。彼らはニブルという星に住み、45万年前に地球にやってきた。ニブルの王はアヌであったが、彼は二人の息子エンリルとエンキを宇宙船で地球に送った。彼らはメソポタミアに着陸した。そして人間をつくり、高度な技術を教え、シュメール文明が生まれたという。
 
・このような説は、人間が原始人から進化してきたという考えに対立し、超古代にエイリアンから高度な技術、文明を与えられていたが、それを失ってしまったというものである。ベストセラーになったグラハム・ハンコックの『神々の指紋』もその一種であった。

・しかし、アヌナキは人間をつくり、文明をあたえただけでなく、人間を支配し、奴隷化しようとしているという。ディヴィッド・アイクによれば、イルミナティはそのための陰謀組織であるという。ジョージ・オーウェルが『1984』で描いた監視国家こそ、その秘密を暴いたのであり、人間を見張っている、見えないビッグ・ブラザーこそ、アヌナキだ、というのである。アヌナキの血脈はイルミナティのネットワークに流れ、今につづいているという。



『恐怖の世界大陰謀』
 デーヴィッド・アイク  三交社  2008/12



<共通の神話>
・「神々」と人間の異種交配は、世界のどの地域でも常に繰り返されてきたテーマだ。シュメール・タブレットからとった旧約聖書の話でも神の息子たち(正確には神々の息子たち)が、人類と異種交配して、ネフィリムと呼ばれる混血の血統を作ったとある。「ネフィリム」という語は、「降りてきた者」「天から落ちた者」と訳すことができる。

・英語のANGELは元来は「使者」という意味であり、それがここまで述べてきたような非人間生命体やレプティリアンなどと結びついたのだ。『旧約聖書』のギリシャ語版である『七十人訳聖書』では、「神々の息子たち」が「アンジェロス(天使)」と訳されている。

・「ノア」の血統は爬虫類と人間の混血種だ。自分がノアの末裔だと主張する人々が多数いるが、これはつまり、自分は爬虫類である監視者アヌンナキの子孫だと言っていることになる。「死海文書」では、ノアは「天から{落ちてきた}天使の子」に似ていて、「その受胎は監視者と・・・・、そしてネフィリムによるもの」だと書かれている。

・このノアや、大洪水に関する様々な言い伝えに出てくる者がレプティリアンの「神」から警告を受けたというのも、彼がレプティリアンとの混血種だったとすれば、筋が通る。一般の人々は真の意味を知らないはずはないのに、なぜ「ノア」の血統が数多くの団体から非常に重要視されているのかも、これで理解できる。

・「エノク書」はローマ・カトリック教会では禁書とされた。ローマ・カトリック教会は血と肉を持った天使が存在し、堕天使が物理的な肉体で人間と異種交配をしたという初期のキリスト教の教義を否定しようとしたのである。これは、一般の人々に真実を知らせないようにするためだった。対してフリーメイスンたちは、一貫してエノクを自分たちの伝説上の創始者のひとりとみなしてきた。「エノク」という名自体も「秘儀を受けた者」という意味だ。

・古代ヘブライ語で書かれた「ノア書」とそこから派生した「エノク書」には、人間とは違う奇妙な子の誕生について記されていて、これがのちに有名な「大洪水」のノアとなる。
・人間には似ておらず、まるで「天使の子」のようだったという。レメクの息子ノアは白い肌に金髪で家全体を「太陽のように照らす」輝く目をしていたと書かれている。きらめく瞳と光かがやく体をしたレプティリアンはクレド・ムトウが書き著した古代、現代のアフリカの言い伝えにも登場する。

・金髪碧眼にレーザーのような瞳を持った存在は、神秘的な人々ないし神々」の姿の表現として、今日に至るまで数千年にわたって世界中の文化に見ることができる。



『日本人が知らない『人類支配者』の正体』 
船井幸雄・太田龍  ビジネス社 2007/10



<なぜ、『聖書』から異星人に関する記述が削除されたのか>
<イルミナティもフリーメーソンも力をなくしている>
・アヌンナキは地球人をエゴの塊にした存在なのですが、レプティリアンにもつまらないことを教えたのかもしれません。これは「惑星X」といわれている二ビル星のアヌンナキという人種のことですが、アヌンナキがレプティリアンと一緒になって地球人を奴隷にしようと考えたという説もあります。

・(船井)アヌンナキはシュメール神話に登場します。「アヌンナキ」とは、「天から降り立った人々」という意味であり、別名エロヒムまたはネフィリムともいわれる。『旧約聖書』によれば、生命の創造はエロヒムが行ったと書かれています。エロヒムとはヘブライ語で「天空より飛来した人々」という意味です。それがいつの間にかゴッドに置き換わってしまったのです。

・言語学者のゼカリア・シッチンによると、「シュメール文明の粘土板」に書かれていた文字の解析結果によれば、「宇宙人アヌンナキが30万年前に地球人類を創造した」ということです。彼らは、約44万年前に地球に降り立ち、その後30万年前に地球での金採鉱の労働者として人間を創造しました。そのとき、遺伝子操作や体外受精の技術を用いていたといわれています。
 
・つまり、人類創造は神ではなくこの宇宙人アヌンナキが行ったというのです。宇宙人アヌンナキが『旧約聖書』の「創世記」における神(複数形)と呼ぶ原型です。聖書でいう神とは「宇宙人アヌンナキ」のことを指しているようです。
 また、宇宙人アヌンナキの故郷は二ビル星という太陽系の惑星であり、現代の科学の定説では未発見の星です。

・だからレプティリアンによる教育と訓練を受けた地球人の動きもこれから変わりそうなので、大きな流れとしては心配不要と思っています。フリーメーソンやイルミナティの動きも、そんなに心配しなくていいですよ。



『シークレット・ドクトリンを読む』」 
(ヘレナ・P・ブラヴァツキー)(出帆新社)  2001/5



<第4根幹人類と第5根幹人類の文明と崩壊>
<彼ら(レムリア人)は、途方もなく巨大な都市を建築した>
・次第に、人類は、第4根幹人類が真に出現する前に、彫像(泥人形)ともいうべき肉体の中に入り込んでいった。“選ばれた者たち”のハイアラーキーを除いて、人類は邪悪と罪の中に落ちていった。選ばれた者たちとは、“意志とヨーガの子たち”に従者たちと弟子たちのことで、後に“火の霧の子たち”と呼ばれるようになる。

・アトランティス人(約8メートル10センチの高さ)が出現して、彼らは巨人で身体的な美しさと力は絶頂に達した。進化の法則によれば、彼らは周期の真ん中に現れる第4亜人種だからだ。



『カルト・陰謀 秘密結社 大事典』
アーサー・ゴールドワグ  河出書房新社  2010/10/9



<エリア21、ステルス飛行物体、マジェスティック12、異星人による誘拐、神の宣託>
・エリア51はさまざまな名称で知られている。グルーム湖、ドリームランド、居心地の良い空港、ネリス試験訓練場、パラダイス・ランチ、ザ・ファーム、ウォータータウン・ストリップ、レッド・スクエア、「ザ・ボックス」、そしてもっとも味もそっけもない名称は空軍飛行検査センター第3派遣隊である。エリア51はネヴァダ州ラスヴェガスの北約200キロにある極秘の軍事基地で、ここからもっとも近い街は約40キロ離れたところにあるネヴァダ州レイチェルだ。

・エリア51には、宇宙人の死体を解剖した医療施設や、生きている宇宙人を尋問する取調室がある。UFO研究者のなかには、施設を実際に運営しているのは宇宙人だとほのめかしているものさえいる。グレイ、ノルディック、インセクトイドなどと呼ばれている生命体(異星人)が、実質的に支配しているこの地球を搾取し、人間からDNAを採取していたとしても、私たちの政府はなす術なく、見て見ぬ振りをしている、と彼らは主張しているのだ。

・『蒼ざめた馬を見よ』(1991)の著書で、超陰謀理論家のミルトン・ウィリアム・クーパー(1943−2001)は、UFO、外交問題評議会、『シオンの長老の議定書』、エリア51はすべて同じものの一面だと述べている。彼は国防長官ジェームズ・フォレスタル(1892−1949)はベセスダ海軍病院の16階の窓から突き落とされた死亡した、と語っている。彼は、仲間であるマジェスティック12(宇宙人に関する調査、および接触・交渉を秘密裏に行ってきたアメリカ合衆国政府内の委員会)のメンバーが異星人の侵入者と結んだとんでもない取引に反対した後、「退行期うつ病」で病院に監禁されたのだという(クーパー自身、大勢の人が納得できない理由で、アリゾナ州アパッチ郡の警察に殺されてしまう)。

・話をクーパーに戻そう。彼によると、ジョン・F・ケネディを暗殺したのはリー・ハーヴェイ・オズワルドではなく、(なんと)大統領のリムジンの運転手だった――なぜなら、運転手が実はゼータ・レティキュラ星からやって来た宇宙人であることをばらすと脅されたからである。宇宙競争がインチキだというのは、すでに月には基地があったからである(それが1970年代以来月に人間が行かなくなった理由だ――テレビで月面を歩く光景を放映すれば、宇宙人の存在が暴かれてしまうだろう)。また数多くの火星探査機がうまく作動しなかったのは、火星がすでに南フロリダくらい発展していて、そこに住んでいる住民たちが自分たちの存在をずっと隠しておきたいと願っているからだ。三極委員会が設立された目的は、アジア、ヨーロッパ、北アメリカの関係を改善することではなく、宇宙人と交流するためだった。

・では、ゼータ・レティキュラ星人に内通した、地球の反逆者とはいったい誰なのか?今までに陰謀理論家について多少読んだことがおありの方なら、答えを聞いても驚きはしないだろう。それはイリュミナティ、フリーメイソン、キリスト教の敵である大富豪(世俗主義者とユダヤ人)などといった、極秘裏にロシアのボルシェヴィキを援助したり、アメリカの憎むべき連邦所得税をごまかしたり、2001年9月にツインタワーを倒壊させ、ペンタゴンを攻撃してひとつの世界を樹立しようとしたりしてきたグループである。晩年のクーパーは、自らが数多くの書物で取り上げ、暴露してきた宇宙人の侵入は実際には起きておらず、それは故意に流されたニセ情報の格好の見本だ、と考えるようになった。イリュミナティが、まず陰謀理論家を利用して、地球外生命に関する嘘の噂をばらまき、宇宙人よりはるかに恐ろしい自分たちの正体を一般人の関心から逸らしていたというのだ。

・実際に、空飛ぶ円盤のファンが、エリア51――具体的にいえば、ハイウェイ375の南西に置かれた距離標識29から30の間にある、伝説の黒い郵便箱に群がり始めた。その場所には、グルーム湖に向かって伸びる舗装されていない道路がある。ボブ・ラザーという名の男性がここで目撃できるかもしれない信じられないものについて人々に語り始めたときから、見物客が現れるようになった。1989年11月、ラザーはラスヴェガスのテレビのトーク番組に出演し、極秘施設S−4で自分が携わっていた仕事について話し始めた。その施設は、干上がったパプース湖の近く、エリア51の南約15キロにあり、彼はそこで山腹にある格納庫に収容された7機の空飛ぶ円盤を目撃したのだ。話はそれで終わりではなかった。彼はその空飛ぶ円盤の1機の推進システムの構造を解析する作業を手伝っていたのだ(彼が「スポーツ・モデル」と呼んでいる宇宙船は、反重力エンジンで動いていて、燃料にはかなり不安定なエレメント115と呼ばれる物質が使われていることがわかった。後に、ラザーはこの宇宙船の模型を売り出した)。

・彼はMIT(マサチューセッツ工科大学)やカリフォルニア工科大学で研究していたと話しているが、どちらの大学の記録にも彼の名前は残っていない。ラスヴェガスに来る前、彼はロスアラモスで働いていたが、上級科学者ではなく技術者で、S−4格納庫やエリア51で働いていたと確証できる記録は何もない。ラザーは、政府が自分の信用を傷つけるため、在職していた痕跡を消したのだ、と反論した。1990年には、悪事に手を貸した罪を認めた(彼は売春宿の経理を手伝っていて、盗撮するためのカメラをそこに取り付けていたのだ)。1993年には、映画界に自分の伝記――まず映画化される見込みのない話――を売り込もうとしたりしたが、現在は、ニューメキシコで隠居生活に近い暮らしをしているが、会社も経営し、車を水素燃料で動かす装置の開発にもいそしんでいるという噂もある。

<フィリップ・コーソー>
・フィリップ・コーソー(1915――1998)は、勲章も幾度か授与されたことのある元陸軍情報将校だったが、晩年には、ロズウェルに関する体験について驚くべき事実を詳しく語り始めた。彼は1947年にカンザス州フォートライリーで勤務していた、という。そのとき、彼はロズウェルからオハイオ州のライト・パターソン空軍基地に運送する積荷を検査する機会があった。そのなかに、ゼラチン状の液体中に防腐処置を施された異星人の死体が入っていたのだ。「異星人は4つ足で、人間のような姿をしていた……奇妙な顔つきをしていて、指は4本……頭は電球のような形をしていた」と彼は述懐している。後に、ペンタゴンの海外先端技術部勤務を任命されたとき、彼はロズウェルで回収された人工物を検査するよう命じられた。その任務の驚くべき意味に気づいた彼は、人工物の構造を分析するために、防衛関連企業の研究開発部門にその物質を「まいた」と書いている。現在、使われている光ファイバー、集積回路、レーザー、暗視ゴーグル、そしてケプラー(芳香族ポリアミド系樹脂)はこの残骸から開発された技術のほんの一部だ――分子ビーム電送機、(思考を機械に伝える)サイコトロニック装置は相変わらず機密扱いになっている。



『NASAアポロ計画の巨大真相』 月はすでにE.T.の基地である
コンノケンイチ  徳間書店   2002/12



<アメリカはUFOテクノロジーをすでに手にしている>
・「UFOの推進テクノロジーを、ついに人類―アメリカ合衆国が手に入れることができた」

・考えてもみてほしい。この技術こそ世界の歴史のなかで、もっとも懸命に探し求められてきたテクノロジーなのである。こうみれば、この開発のために費やされてきた資金には制限などあろうはずはない。UFO情報が政府によって『超極秘』とされ、固く秘守されてきた最大の理由の一つが、今回の『重力制御テクノロジーの完成』という大成果につながったのである」

<ペンタゴン上級将校による暴露本!>
・驚かされたことは、米国防総省の上級将校フィリップ・J・コーソーが、ロズウェル墜落UFOの国家的な研究を暴露した本を1998年に出版したことだった。 
 本書はロズウェル事件の真偽どころではない、コーソーの職務体験を基にした「墜落UFOの収獲」の方法を述べているからである。
 アメリカではベストセラーの上位を続け、『サンデータイムズ』も「ロズウェルの墜落がUFOであることを証言した、もっとも位の高い人物の本」と絶賛している(邦訳『ペンタゴンの陰謀』中村三千恵訳 二見書房)。

・フィリップ・コーソーは21年間にわたり米陸軍の情報将校を務め、アイゼンハワー政権時代には国家安全保障会議スタッフなどの要職を歴任、常日ごろから国防に関わる機密に接し、そのため極秘のUFO情報も握っていた。

・つまり、UFOの極秘情報に関わる者でも「54-12」から命じられた範囲だけしか知らず、全体は分からないようになっている。それにコーソーの本の内容も準じているからである。コーソーの本も、アポロ計画やNASAには何も触れていない。

<暴露本に見る恐るべき真実>
・「軍は二つの戦争に巻き込まれることになった。ソ連と異星人との戦いである。異星人の方がソ連よりも、はるかに大きな脅威だった。そこで相手のテクノロジーを逆手に取り、軍需産業に恩恵を与え、宇宙関連の防衛システムを築き上げることだった」

・「これには異星人テクノロジーがふんだんに盛り込まれている。レーザー、加速粒子ビーム兵器、『ステルス』技術を搭載した戦闘機など、そのかげで冷戦終結をもたらすことができた」

・「二番手に甘んじるのはイヤだとばかりに、どこも密かにロズウェルの兵器開発に明け暮れ、ペンタゴンでは異星人テクノロジーの開発戦争が繰り広げられていた」

・「検視報告書に述べられたEBE(墜落UFOから発見された生命体で、通称『グレイ』と呼ばれる)は、生物というよりも、長期の時空飛行専用に設計されたヒューマノイドと考えるべきかもしれない。察するところ、彼らは食料も排泄物処理施設も必要としない。肌を通して科学物質を処理し、排泄物を利用するロボットかアンドロイドにすぎない」(註・1980年代、アメリカで「キャトル・ミューティレーション」といわれる年間2万頭も上る牛の大量虐殺事件が起こった。牛の体内からすべての血が抜き取られ、切り口はレーザーで切り取ったように鮮やかだった。これはグレイの栄養素を得るためだった)

・「しかし、宇宙船本体はそのままノートンに残され、ノートン空軍基地はさながら空軍とCIAが管理する異星人テクノロジー博物館のようになった。宇宙船を複製する実験と推進システムの応用実験は今なお続けられている」

・コーソーは出版後に心臓麻痺で突然死したが、UFOの真実を暴露することは身の危険さえ生じるのである。

<実用化されたUFOテクノロジー>
・コーソーが手掛けたという、UFOテクノロジーは次のようなものである。

▼映像倍増管・・・・・後の「暗視装置」になる
▼スーパーテナシィ・・・・後の「光ファイバー」
▼レーザー切断装置・・異星人たちの2万頭に上る家畜虐殺に使用された
▼分子を圧縮した合金
▼集積回路および超小型ロジックボード
▼移動式原子力発電機・・・・・アポロ宇宙船に使用された
▼ガンマ線照射食品・・・・・どんな食品も常温保存できる
▼グレイのヘアバンド・・・・第3の脳・誘導システム

▼加速粒子ビーム兵器・・・電子を刺激する強力光線「SDI迎撃ミサイル」に応用。
▼電磁推進システム・・・・・ステルス機に使用。
▼劣化ウラン発射体・・・岩窟深くで爆発する弾頭、湾岸戦争で使用。

・アメリカ(ユダヤ勢力)はロズウェルUFOテクノロジーを利用することによって、現在の世界一極支配を作り上げたのである。



『ペンタゴンの陰謀』
(新兵器開発に隠された驚愕の事実)
(フイリップ・J・コーソー著)  (二見書房)  1998/2



<ペンタゴン(米国防総省)とエイリアンとの交渉>
・ロズエル事件のファイルより開発可能なテクノロジーのリスト「暗視装置、光ファイバー、驚異の繊維、スーパーテナシティ・ファイバー、レーザー、分子を圧縮した合金、集積回路および超小型化したロジックボード、イオン小型原子炉、ガンマ線照射食品、第3の脳誘導システム、粒子ビーム兵器、電磁推進システム、ケプラー防弾チョッキとステルス機、劣化ウラン発射体等」である。

・ロズウェル事件で回収されたシリコンウェーハーは、回路の小型化を可能にし、15年後には、初のマイクロ・コンピューターを生みパソコン革命をもたらした。パソコンもレーザーもUFOの超テクノロジーから生まれたといえる。

・著者は、1960年代の2年間、中佐としてペンタゴンの陸軍研究開発局の海外技術部に籍を置いた。

・「私はそこで、二重生活を送っていた。普段は、兵器研究者として、そしてその裏では、私は情報将校として、トルードー中将の相談役を勤めていた。私に託されたファイルには、陸軍の最高機密がぎっしりと詰まっていた。1947年7月、ニューメキシコ州ロズウェル郊外で空飛ぶ円盤が墜落し、ロズウェル陸軍航空基地第509大隊が残骸の回収に当たった。ファイルにはそのときの残骸や情報が収められていた」。

・「大きさは子供と変わらない。といっても子供ではない。こんな大きな風船型の頭をした子供がどこにいる?容貌は人間と似ているがとても人間には見えない。両目は黒くて大きかった。鼻と口はことのほか小さく、切れ込みのようだといってよい。耳は顔の両側がへこんでいるにすぎない。皮膚は灰色がかった茶色で、髪は生えていなかった」。

・「異星人が食料や排泄施設を必要としなかったのは、ロボットかアンドロイドのような存在だったからだ。つまり、宇宙飛行や目的地での任務遂行のためにわざわざ作られたのだ!?」、「ロズウェル事件から50周年にも米空軍はあらためて事件を否定する発表を行なっている」。

<政府はさらなる隠蔽を行なう>
・「1962年に国防省補佐官は、報道陣を前にしてこう言った。『未確認飛行物体の情報が国家の安全保障にかかわることであれば政府は、国民はおろか、議会にも通告しない』」。



________________________________________
■■■ 私が思うこと、聞いたこと、考えること ■■■

・現代においてもビッグフットやサスカッチのような「獣人」を「空飛ぶ円盤」からオリオンETグループが降ろしているといわれています。日本でも、獣人の「UMA ヒバゴン」の事件がありました。「昭和45(1970)年7月、広島県比婆郡で、最初に軽トラックの男性が目撃、その3日後には、農家の男性の前にも現れた。頭部が大きく、全身が毛に覆われていて猿のようだったが、身長が160センチほどあったという。その後も周辺で相次いで目撃されたため、ヒバゴンと命名され、大騒動となった。地元自治体には、類人猿係が創設されたが、昭和50(1975)年3月に廃止され、「ヒバゴン騒動終息宣言」が出された」という事件です。その事件の前後に周辺では頻繁にUFOの目撃事件があったといわれます。この事件もオリオンETグループが仕業かもしれません。空飛ぶ円盤から獣人の「ヒバゴン」を降ろしていたようなのです。「オリオン大戦」やスター・ウォーズの原因や結果も詳しくは分からないそうです。スター・ウォーズのオリオン大戦は、これは何億ものポジティブな人間型生命体とレプティリアンと呼ばれるネガティブなヒト型爬虫類人との間で起こったものだったといわれます。

・オリオン人は、地球と直接的なつながりを持つと指摘されています。
オリオン座は「神の故郷」ともいわれますが、『闇の勢力』も経由地にしているようです。セム系氏族が北極星、北斗七星信仰、ハム系氏族がオリオン、シリウス信仰であることを明らかにしてきたそうです。
我が国の神社の大半がスサノオやニギハヤヒ、つまりバールやミトラを祭祀し、その系列神を祭神とした物部氏の神社で、オリオン信仰だといわれます。人間の同性や異性相互の「魂」の交換をオリオン星人は可能のようです。「オリオン・グループと呼ばれる一団は征服に関心を寄せる」といわれます。「オリオン人は宇宙連合に属していない。彼らは、彼らだけの連合を作っている」そうです。堕天使ルシファーもオリオンからやって来たそうです。ルシファーもグレイ(ゼータ星人)を作り神に反抗したとも言われています。
「現代的な解釈ですと堕天使ルシファーとかリラ星人のサタン(悪魔)という言葉は、遺伝子科学者の研究集団の名前だ」とも伝えられています。ルシファー一派は、現代でもおぞましい「生体実験」をしているといわれます。「獣人」をオリオンETグループが、禁断の「生体実験」しているのかもしれません。政府の中に政府があってアメリカ大統領といえどもコントロールできないといわれます。アメリカ空軍は133種類の宇宙人を確認しているそうです。アメリカ政府は、テロスや他の地底政府の存在を古くから知っており、特に1950年代以降、テロスやシルバー・フリートの情報に詳しいといわれます。

・1954年には、「ラージノーズ・グレイ」という種族が、ホロマン空軍基地に舞い降りた、と主張されています。米国が秘密協定を結んだのはラージノーズグレイというオリオン星人といわれています。オリオン星人は人類に5万年進化しているといわれ、「人間の魂の交換」ができるようです。アイゼンハワー大統領が、ホロマン空軍基地でラージノーズグレイと秘密協定を結び、それ以後宇宙人情報をアバブ・トップシークレットに指定したといわれます。それは5万年も進化している異星人の超テクノロジーには敵わないからだそうです。情報公開法も形式的なもののようです。とくにNRO(アメリカ国家偵察局)が、今ではあらゆる秘密工作に関与しているといわれます。局員は、当然ながら、生涯秘密を守ることを誓約しているようなのです。

・オバマ政権も情報公開には、前例を踏襲せざるをえなかったようです。アバブ・トップシークレットは異星人からの要請なのかもしれません。当初、人間型宇宙人は超テクノロジーの適用を拒否したといわれます。それでラージノーズグレイの密約したようです。フットボール球場のような巨大なUFOの目撃は、頻繁にあったようです。アメリカ空軍などは、異星に当然ながら、向かっているようです。

・ケネディ大統領は宇宙人情報を公開しようとして、宇宙人も関係する諜報機関の秘密の部隊に暗殺されたという説もあるようです。オズワルドの単独犯ではないという説も少なくないようです。

・「金星の神々は地球に到着するやいなや、イニシエーションのためのフリーメーソン本部を設けた、と」いわれます。フリーメーソンと進化した宇宙人の繋がりに言及した書籍は少ないようです。「また、彼らは人類の創造者でもあります。シリウス星からやってきた宇宙の神である彼らは、今もなおオリオン座との絆を大切にしています。それはひとえにオリオン座が、彼らの祖先である太陽族の故郷であるからです」ということで、オリオン星人とシリウス星人の繋がりが窺われます。「日本の知識人が欧米人を理解できないのはフリーメーソンを知らないからだ」そうです。欧米では「メイソン結社員でないと商売がうまくいかない」ともいわれています。「シリウス人は、別の非物質的存在の集団であるオハル評議会の創造物である」といわれます。神々や天使団のことについては、私たち一般人には、理解不能なことがほとんどのようです。

・米国が秘密協定を結んだのはラージノーズグレイというオリオン星人といわれています。オリオン星人は人類に5万年進化しているといわれ、「人間の魂の交換」ができるようです。「奇妙なことに、オリオン人はかっては琴座からの移民である人間らしい存在だったが、その後レプティリアンに征服されてしまった」といわれます。「シリウス人はオリオン人と交戦していた。この敵対関係は今でも続いている」そうです。オリオン星人も様々な種類がおり、シリウス星人にも多様な種族がいるようなのです。オリオン座は「神の故郷」ともいわれますが、『闇の勢力』も経由地にしているようです。「トールホワイト」とよばれる2メートルから3メートルの白人種のオリオン星人も報告されているようです。トールホワイトと米政府はコンタクトがあるようです。地球では白人種と定義されている「エリエン」のルーツはオリオン星雲にあるといわれます。

・金星蛇人と火星霊人の対立・戦争もあったようです。「中世の我が国民に大きな影響を及ぼした勝道、空海、親鸞、日蓮らの御聖人方が、金星人、すなわち明星天子と会っているという事実がある」といわれます。「金髪碧眼のマスター・レイス(支配人種)が火星より地球へとやって来て、古代伝説の神々(gods)となった」そうです。
「往古、かの尊い釈尊が、明星天子にあったという事実、また、イエス・キリストと金星との関わり、その記録が歴然と存在している」といわれます。アヌンナキとかサナンダといわれる金星のマスター(長老)が活動の中心ともいわれます。「キリストの転生歴を持つ金星のマスター(長老)、サナンダと宇宙母船上で会見したという日本人がいた」そうで驚きます。現在、サナート・クマラは公式的には金星に戻っていますが、引き続きシャンバラに焦点を合わせていて、今でも私達の惑星を援助しているそうです。

・アシュター(銀河連合の総司令官と呼ばれる存在)という存在がよく米国のスピリチュアルな本で言及されます。アシュター・コマンドというのは、現在、地球周辺の宇宙空間に滞空しているUFO艦隊の司令官アシュターならびに、主サナンダ・クマラという霊的な導きの下に存在する「光の偉大なる聖職者団(グレート・ブラザー/シスターフッド)の空挺部隊だそうです。かつてイエスであった存在が現在「サナンダ」と名乗っており、アシュタールとともに彼の宇宙船に住んでいるといわれます。

・ケンタウルス座アルファ星(アルファ・ケンタウリ)からは、人間タイプの金星人の末裔がきているといわれます。「ケンタウルス座α星の私たちの恒星系は7つの惑星から構成されています」というケンタウルス座メトン星の人間タイプの宇宙人が知られています。

・アガルタに関するチャネラーの本(『地底の楽園[アガルタ神秘文明]へのナビゲーションガイド』)が出版されています。第3次世界大戦の予言は、21世紀になるまでに、『米ソの核戦争』などで、マス・メディアをにぎわせたものです。ところが21世紀になり第3次世界大戦の予言がすべて誤りとなり、さすがにマスコミも沈黙しました。近年になって第3次世界大戦の予言がそろそろ出始めています。

・米ソの冷戦時代が終わりソ連や東欧が解体されました。ロシア発の第3次世界大戦は可能性としては低いようです。イスラエルとアラブ諸国の戦争から第3次世界大戦が始まるというイルミナティの警告が不気味です。また、現在は戦争を繰り返してきた中国発の第3次世界大戦の可能性が懸念されています。大虐殺で社会主義化した中国が、資本主義化する過程で大混乱がおこり、13億人という莫大な数の民衆を喰わせられなくなり内乱が起こり、米中核戦争を仕掛けるというものです。

・はるかに進化した宇宙人の予言は「中国は2015年から2030年の間に4つの国に分割される可能性もある。とくに内乱の可能性が強く、それが引き金となって第3次世界大戦へと進むかもしれない」というものです。しかも一度では終わらず、100年ぐらいの期間を経て二回目も中国発の核戦争となるようです。イルミナティの「人口削減計画」というものがあるそうです。宇宙人は一般的にタイム・トラベラーだそうですので、彼らの未来予測には現実味があります。米国のマクモニーグルの未来透視に「23世紀と24世紀における2度の大戦で人類の人口が6分の1に大激減する」というのがあります。

・「小柄な宇宙人グレイも人類の未来から来た」という説もあったそうです。人類が核戦争を繰り返して、あのような姿になるそうです。実際に、バイオ・ロボットだといわれる小柄なグレイ(大柄のグレイもいるそうですが)は、スター・ウォーズを繰り返して、退化して、あのような姿になったそうです。なんだかハリウッド映画『猿の惑星』を連想させます。インド神話の猿の神様は「ケンタウルス座α星人」ともいわれます。動物タイプの宇宙人が3割も存在しているようです。

・秋山氏という日本人が、日本で宇宙人とコンタクトして、UFOでカシオペア座方面の惑星に連れて行ってもらったそうです。金髪碧眼の異星人が多い、はるかに進化した美男美女が多い惑星だったそうです。彼らは、『都市型の超巨大宇宙母船』を全宇宙で運用しているようです。シャンバラは異次元に突入した都市型の超巨大宇宙母船なのかもしれません。シャンバラには、パスカルなどの不死になった地球の偉人がいるともいわれます。サナトクマラは、シャンバラと金星を行ったり来たりしているマスターで、彼は、百戦錬磨の戦士だそうです。それ以上にはるかに進化すると霊界や幽界に似たパラレル・ユニバース(並行宇宙)に住みウォークイン(憑依)やワンダラー(転生)の形をとり地上の人間の姿を装い、普通の人として社会生活をしているそうです。

・「神々は憑依などで市井のひととなり普通の生活をしている」ので誰も識別できないということのようです。「人は皆、記憶喪失の異星人だ」と述べられています。

・その昔、人民解放軍には「戦争狂人」といわれる将軍たちがいて真剣に米中戦争のシナリオを作っていたそうです。人民解放軍の戦争シナリオは、「13億人を喰わせることができなくなった時に、内乱が起こり、そこで対外戦争を起こし、米中核戦争で結果として人口を半減させる」というものです。核戦争後も共産党の独裁政権が続けば、7億人も喰わせることができなくなります。再度、核戦争をして人類の人口が激減《6分の1》するというものです。人民解放軍は、米軍と通常兵器で戦闘をしてもすぐに核兵器を使うと公言しているそうです。また細菌兵器や化学兵器も使うことでしょう。聖戦の台湾進攻の懸念が昔から言われています。中国の歴史を見れば戦争を通常の政策の変形に使っていたことが窺われます。マクモニーグルの未来透視に「23世紀と24世紀における2度の大戦で人類の人口が6分の1に大激減する」というのがあります。つまり24世紀まで中国の共産党一党独裁体制が続くということでしょうか。

・軍事専門家でないので、核兵器について詳しくはありません。が、インターネット情報によると「史上最強の核爆弾は、ロシアが1961年に実験した、50メガトンの『ツァーリボンバ』という核爆弾だそうです。広島に落された核爆弾『リトルボーイ』が15〜20キロトンなので、その2500〜3300倍の威力です。計画では100メガトンの核爆弾を作る予定が、威力が高すぎて実験する場所がないということで、威力を抑えたそうです。当時で100メガトンなので、現在の技術を使えば、もっと威力の高い核兵器を作ることは、技術的に可能だと思います。しかし、現実には、そのような核兵器は研究・開発されていません」とのこと。

・私たち一般人は、核兵器というと『広島や長崎の焼野原』を思い浮かべますが、現在の核兵器は次元を超えた破壊力で、平和一本槍では、らちがあかないようです。原爆を持たなければ核兵器を撃ち込まれないといっても一方的に向こうから打ち込んでくるのですから。後進国は、先進国と違って使える兵器として核兵器を考えているそうです。欧米に比べて核シェルターがほとんどないという日本の現状では、100年単位の計画で税金を有効に使ったらよいと思います。しかし、核シェルターよりも地震・津波のシェルターが先のようです。津波のシェルターも十分ではないのですから。いつ起こるかわからない荒唐無稽な事態に、限られた税金を一切使わないという考え方が主流だそうです。

・税金の無駄遣いを厳格になくしていく、毎年の税金を効率的に使うということでは、焦眉の急でない核シェルター建設は無駄遣いだそうです。が、核シェルターがないので一方的に核の恫喝を受け、核の投射を受ける可能性が高いのではないのでしょうか。オバマ大統領の広島訪問がありましたが、平和主義で平和を唱えていても、現実的に核大国が周辺にある以上、被爆のリスクは避けられないといわれます。平和主義者も数十年、平和を唱えていましたが、拉致事件ですら解決できませんでした。被害者もその家族も高齢化しており、拉致事件はどうなるのでしょうか。この程度の問題に数十年もかかっているようでは政治家の非力が窺われます。

・ウィキペディア(フリー百科事典)によると、「日本における人口当たりの核シェルター普及率は、0.02%という現状である。(全人口に対し、何%の人を収容できるシェルターが存在するかを基準として)これはスイス・イスラエル100%、アメリカ82%、イギリス67%などと比べても極端に低い」とのこと。冷戦時代に米ソ核戦争に怯えた各国の民衆の感度の違いでしょうか。

・ブラジルの夢見の預言者ジュセリーノ・ノーブレガ・ダルースは「2043年、世界人口の8割以上が消滅する」と預言を受けています。どのような原因でそのようになるのか分かりませんが、そろそろ「人類滅亡の予言・預言」が増えてきそうです。「人類は細菌で滅びる」という説もあり、心配性には不安な未来のようです。ジュセリーノ・ノーブレガ・ダルースも預言があまりに当たらなくなり、今では「過去の人」だそうです。

・未来透視で有名なアメリカのジョー・マクモニーグルも「人口はとても少ないとすでに述べた。理由を探る過程で、大戦争が過去に少なくとも2回あったことが感知できたが、直接の原因ではないだろう。6百年以上も昔の暗黒時代、密かに作り出された細菌によって世界中に恐ろしい伝染病が蔓延したのだ」「西暦3000年は税金もなく、戦争もない。国際法廷の下した決定はすべての人が尊重する。どうやら23世紀と24世紀に起きた大戦の名残のようだ」と不気味な遠隔透視をしています。マクモニーグルの未来透視に「23世紀と24世紀における2度の大戦で人類の人口が6分の1に大激減する」というのがありますが、そのような遠い未来を透視している人はいないようです。

・しかし、今世紀には第3次世界大戦は起こらないが23世紀と24世紀に大戦が起こるというマクモニーグルの未来透視なのです。そのころには世界中で核兵器が拡散しているからでしょうか、印パ核戦争の懸念もあり、人口大国の中国が大戦を仕掛けるからなのでしょうか。共産党独裁では経済が回らなくなりますし、分け前の分配・再分配がうまくいかなくなります。が、近代国家の要件の一つ、民主選挙が中国で実現できたら核戦争の危険は減るといわれます。

・中世ヨーロッパではペスト菌が蔓延して、全世界で8500万人、当時のヨーロッパ人口の3分の1から3分の2、約2000万人から3000万人が死亡したと推定されています。これには奇説があり、「当時UFOが霧状のペスト菌をばらまいていた」というものです。宇宙人が引き起こした細菌戦争なのかもしれないという奇説だそうです。それは魔女狩りなどに対する異星人の回答(人口削減)なのかもしれません。「恐ろしい病気や細菌をばらまく天使もいる」そうですので、「天使は崇拝してはならない」そうです。

・アメリカ・インディアンのホピ族は、昔から宇宙人とコンタクトがあったようです。そこでホピ族の予言は以前から注目されています。小柄なグレイ・タイプから金髪碧眼のノルディックという人間タイプの宇宙人と昔から交流があったようなのです。ハリウッド映画にもアメリカ・インディアンと宇宙人の関わり合いを描いたものがあるそうです。ホピ族の聖地、アリゾナ州のセドナの上空には「エーテルのシティ」が滞空しているという著名なUFO研究家がいるそうです。神々の都市なのでしょうか。

・「宇宙人の思われる金髪碧眼の白人は、この世のものとは思えないほど美しい顔立ちをしていた」と報告されているようです。金髪碧眼の白人タイプの人間型宇宙人は、よく報告されているようです。「金髪碧眼のマスター・レイス(支配人種)が火星より地球へとやって来て、古代伝説の神々(gods)となった」といわれます。金髪碧眼のイメージは、神々や天使のイメージのようです。

・「グレイが来て、その後に金髪碧眼のノルディックが来た。その後に東洋人タイプが来た」と米国の異星人の報告書にはあるそうですが、その後の情報は、よく管理されているようです。日本にも昔から異人の伝説が多いのですが、バイオロボットらしい河童(グレイ)とともに飛来していた異人の正体とは、オリオン星人ともいわれます。

・サイレンスグループは「メン・イン・ブラック」[MIB]たちのことですが、ハリウッド映画『メン・イン・ブラック』{MIB}では、地球を監視して警察行動をとる「宇宙警察」「宇宙連合」のイメージではありましたので、目撃者やコンタクティを脅迫する「悪者」とは違っていたようです。実際にメン・イン・ブラックの一部にはオリオンの宇宙人が混じっていたようです。オリオンの宇宙人は、ネガティブな宇宙人で非常に評判が悪かったようです。

・「異星人はとうに地球を訪れていて、地球人社会にまぎれ混み、密かに地球と我々の文明を監視・調査し社会生活をしている」そうです。200年前ほどから、否、太古から継続して、低層4次元に潜む、ネガティブなシリウス星人やサタン(悪魔)とよばれる人間タイプのリラ星人の末裔が、フリーメーソンやイルミナティなどの『秘密結社』などを通じて、人間を観察しているのでしょうか。昔から宇宙人が米軍に紛れ込んでいたという話は多いようです。現代は、CIAなどの諜報機関に情報が完全に封印されているようです。

・現代風に言えば「闇の勢力」といえそうですが、マスコミも牛耳る様な強力な組織の実体については、私たち一般人には、理解不能なことが多いようです。新聞社も黙らせるような「あまりに強力すぎて勝負にならない」のでしょうか。現代の「神様情報」もメディアに載らないそうです。「シリウス星人の地球支配があまりにも巧妙すぎて、地上では戦争が絶えない」という話もあるそうです。

・相手がネガティブな高等知性体では、初めから勝負にならないのではないのでしょうか。お金が関係しているのかどうか分かりませんが、宇宙人の有名なコンタクティ、アダムスキーですら現代でも一部では「詐欺師」「ペテン師」扱いを受けており、資料も改竄されて、歴史の闇に消されそうです。アバブ・トップシークレットの国家政策に従う商業主義では異星人問題はお金にならないといわれます。

・ネガティブな宇宙人による仕業でしょうが、異星人問題は想像や常識を遥かに超えることが非常に多いので、ネガティブな高等知性体の仕業ゆえに私たち一般人には、到底理解できないもののようです。メディアも国策に協力しましょうということのようです。

・宇宙人情報は、全て核兵器などの国家安全保障上の最高機密(トップシークレット)を数段階上回る『厳秘』扱いで、私たち一般人にとってはほとんどメディアにも載らない恐ろしい情報ですが、元々はサイレンスグループの仕業でしょうか。現代でも学会ではタブー視され、お金や刑罰も関係する国家機密でもあり、下手をすると学者生命が絶たれることもあるそうです。

・[メン・イン・ブラック [MIB]]に関してなのか、欧米では、コンタクティが関係する殺人事件や命を狙われた事件があったそうです。日本でも昔から「異人殺し」という伝説もあったようです。

・インターネットの『ウィキペディア』によると「ジョージ・アダムスキー(英: George Adamski、1891年4月17日 - 1965年4月23日)は、コンタクティ(「宇宙人と会見した」と自称する者の総称)の元祖として知られるポーランド系アメリカ人。彼が撮影した空飛ぶ円盤は、いわゆる「空飛ぶ円盤」の典型的なイメージとなった(後の未確認飛行物体UFOにおいても「アダムスキー型」と呼ばれる形状の報告がある)。宇宙人と空飛ぶ円盤との遭遇体験を書いた本はベストセラーになった。しかし現在では、彼の写真は模型を使ったトリック撮影であり、本はかつて彼自身が書いたSF小説(年譜を参照)を元にした創作だったとする説が広く知られている(と学会の著書などを参照)」ということだそうですが。アダムスキーは現代でも「インチキ扱い」のようです。

・宇宙人との遭遇話は、「詐欺師扱い」されることもあり、「マスコミがうるさいので話さない」というコンタクティもいるそうです。異星人の末裔による地上のネットワークでもあるのでしょうか。

・「UFOは、フリーメーソンの創作」という説もあるようです。UFOとフリーメーソンをめぐる議論は、多くあります。フリーメーソンの一派のイルミナティは、UFO搭乗員と結びついているというのです。イルミナティの空飛ぶ円盤は、勿論、タイム・トラベルをできるというのです。それを指摘する書籍も出版されております。「神は最初のフリーメーソンだ」といわれます。

・書籍の多くは、フリーメーソンが、歴史の進展に果たしてきた役割を大きく評価しております。やはり、フリーメーソンは、UFOに搭乗する宇宙人や、超人たちとつながりがあると考えるのが正解でしょう。アメリカ大統領も関係するフリーメーソンは、その陰のトップクラスについては、やはり国家最高の機密なのかも知れません。見えない堕天使たちの動きは誰も分からないといわれます。

・UFOにしても国家安全保障上の最高機密(トップ・シークレット)の数段階上の厳秘(アバブ・トップシークレット)扱いということですから、関係する公務員は、情報公開ができないのでしょう。日本の公務員もそうなのかもしれません。そうとすれば、民間の商業報道関係者の活躍に期待するしかないでしょう。第二の日本テレビの矢追ディレクター(UFO番組の演出者として有名だった)は出ないのでしょうか。

・「遺伝子操作か思念(?)で人間を創った」といわれている天使的な宇宙人、シリウス星人と「人間を実験室で創った」というサタン(悪魔)と呼ばれるリラ星人が宇宙を2分してスター・ウォ−ズを展開しているようなのです。サタンも堕天使ルシファーも遺伝子科学者の集団の名前だったそうです。

・「月以前の人々」と言われたかもしれないシリウス星人は、天国に自由に出入りし、人間への“憑依”や人間の“転生”を自由に操作しているという米国のチャネラーの報告があります。パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の植民星が地球だともいわれます。

・月と地球の間の異次元に存在するといわれるニルヴァーナ(涅槃・天国)や月世界については、まだ現代科学では認識不能だそうです。「月」については多くの奇説があるようです。「イルミナティの円盤はタイム・トラベルが可能で、米軍の将軍とレプティリアンが同乗していた」という与太話があるそうですが!?

・「超太古、日本は空飛ぶ円盤(天の磐船)が飛び交う地球の中心だった」という『竹内文書』の記述は、よく知られています。とてつもなく進化した種族がいたようなのです。「竜座人(ドラコ)が遥かに進化しており、このレプティリアン型生物の交雑種がイルミナティである。交配人種であるイルミナティが地球を管理している」といわれます。欧米イルミナティは、日本のイルミナティは竜座人階層の下等な種の末裔であると主張しているといわれます。「イルミナティ・エージェントが第三次世界大戦を引き起こす」という不気味な予言もあるようです。

・17世紀にパリを徘徊した薔薇十字団員は、「天の周辺に住む神的な一団である。彼らは、分身の術を備えていて、意のままに姿を変えて現れることができる。また彼らは、自分の望む場所に移動することもできる。その他、団員は占星術によって地震を予知したり、都市の疫病の流行を遅らせたり、空中を歩いたり、どんな病気でも治すことができる」といわれましたが、マスターやアデプトと呼ばれる非常に進化した、神の様な宇宙人が、地上に出てきたようなのです。ヨーロッパ世界には、そうした超能力を持つミステリアスな人物に出会ったという説が無数に残っているそうです。シリウス星人でも人間の姿を装い、地上に出てきたのでしょうか。

・17世紀に、「目に見える姿と目に見えない姿」で、パリ市内に存在したといわれている薔薇十字団員の真の正体は、「宇宙連合の飛来」を意味するのでしょうか。17世紀の前半期、ヨーロッパに大旋風を巻き起こした薔薇十字団は、1648年頃、再び忽然とその姿を消してしまったそうです。

・「第2次世界大戦後、元ナチスの大佐が空飛ぶ円盤に乗っていて米国に着陸した」とか「小柄なグレイの宇宙船に同乗する金髪碧眼のノルディックはナチのようだった」とかナチと異星人の結びつきを示す話はいろいろとあるようです。また、ドイツのナチスが「空飛ぶ円盤」を開発していたという本も数冊あるようです。ナチスはアルデバランの宇宙人とコンタクトを取っていたとも言われます。ノルディックとオレンジは、両方ともプレアデス星座の“アルテア4・5”から来ているといわれています。

・アルデバランの異星人、ゲルマンの神々は「超人」ともいわれ、ヒトラーも非常におそれていたそうです。ヒトラーは「誰もいない部屋の中を指差し、彼ら(超人)がそこにいる」と側近に叫んだそうです。異次元の見えない「超人」たちをヒトラーは感じていたのかもしれません。フランスのナポレオンと「赤い人」とのつながりのように、超人や異人と関わり合いは世界中に伝説があるようです。

・「ユダヤ人のホロコスト」についても多くの謎がありますが、金髪碧眼のノルディックというプレアデスの異星人が仕掛けたという説もあるそうです。プレアデス星人のイメージとかけ離れていますが、異種交配の結果なのでしょうか。プレアデス星人は人類に6000年進化している種族ですが、人類に近く神でも天使のような宇宙人でもありません。「米国政府がリゲル人に騙されたことに気付いた後、プレアデス人が招聘されたが、過去ヒトラーの人類浄化政策を画策し仏教を堕落させた」ともいわれます。

・アイゼンハワー大統領の後のケネディ大統領の暗殺事件については現代でもいろいろな説や本があるようです。「ケネディ暗殺はナチの陰謀だ」という説では、金髪碧眼のノルディックなどの異星人グループが背景にあったのでしょうか。「ケネディ大統領登場は、宇宙人情報を公開しようとして暗殺された」という説もあるそうです。前のアイゼンハワー大統領が異星人と「秘密協定」を結んだからだともいわれています。

・またアイゼンハワー大統領の前でグレイというエイリアンが空中浮遊を見せたり宇宙船や超テクノロジーを公開したりしたそうです。あまりの超テクノロジーに驚愕して、異星人情報を国家安全保障上の最高機密(トップ・シークレット)の数段階上の厳秘(アバブ・トップシークレット)扱いにしたともいわれます。米国が秘密協定を結んだのはラージノーズグレイというオリオン星人といわれています。オリオン星人は人類に5万年進化しているといわれ、「人間の魂の交換」ができるようです。1954年には、「ラージノーズ・グレイ」という種族が、ホロマン空軍基地に舞い降りた、と主張されています。

・そしてケネディ大統領も金星人のコンタクティのアダムスキーの紹介で、スペース・ブラザーの異星人と会見したともいわれています。また、国防総省(ペンタゴン)に金星人か異星人が住んでいたともいわれています。当時はメン・イン・ブラックも暗躍しており、異星人情報を研究する者は殺されるともいわれていた時代でした。ここでいう金星というのは副金星、異次元の金星、アストラル界にある目に見えない金星のことのようです。また別の宇宙から金星を経由してきた異星人だという解釈もあるといわれます。

・チェンジリングとは、「取り替え子」という意味です。ヨーロッパの民話で、妖精が人間の子供をさらった後に置いていく妖精の子供。転じて嬰児交換の意味でも用いられます。「取り替え子」の例は、昔から多くあり、異星人の直接的な末裔の存在は、特定のネットワークで知られているそうです。異人の子どもを産んだり、預かったり、昔はさまざまな子供に関わる現象があったようです。それから異星人同士が、さまざまな理由から子供を交換して育てるような神話もあったようです。日本でも異人の「人さらい」や「神隠し」が少なくなかったようです。正確な事件の数字はわかりませんが、どのくらいあったのでしょうか。

・中世のドイツの領主は殆どが「異人」か「異人の末裔」ともいわれています。もともと人間にも超太古から多くの異星人のDNAが混じっているそうです。神の子と人間の女が交わって人口が増えたともいわれています。旧約聖書にはネフィリムという神の子と人間の女の間に生まれた存在があります。ネフィリムは巨人ともいわれますが、原初の神の様な存在は、とんでもなく大きく、想像もできないような巨人、大きさだったともいわれています。現代では3メートル位の宇宙人のコンピュータが最も速いともいわれます。「はるかに進化した宇宙人が人間の精神体に侵入してくる時代だ」そうです。今は見えない宇宙人(天使)の時代なのかもしれません。

・巨人は3メートルくらいではなく8メートル、数十メートルくらいはあったという説もあるようです。遺伝子操作などや異類交配で徐々に人間サイズになったのでしょうか。一寸法師のようなサイズの異星人も存在するようです。チリで発見されたという数センチのエイリアンのミイラもあるようです。10センチくらいの人間の伝承もあったようです。

・「『ノア』の血統は爬虫類と人間の混血種だ。自分がノアの末裔だと主張する人々が多数いるが、これはつまり、自分は爬虫類である監視者アヌンナキの子孫だと言っていることになる」そうです。つまり自称「ノアの末裔」という存在が欧米に多くいるようなのです。爬虫類的異星人(レプティリアン)の人間タイプがイルミナティといい、その超能力は想像を絶するようです。現代に神か悪魔のような存在が人間として生まれてくるのでしょうか。やはりDNAが大きく違うのでしょうか。「イルミナティは宇宙人の集団なので強力なのだ」そうです。クラリオン星人のコンタクティ、イタリア人のマオリッツオ・カヴァーロによると「爬虫類的異星人(レプティリアン)も人間タイプは知性的な顔をしている」といわれます。

・「一般の人々は真の意味を知らないはずはないのに、なぜ『ノア』の血統が数多くの団体から非常に重要視されているのかも、これで理解できる」そうですが、「知る人ぞ知る」で、「ノア」の血統という存在が欧米といわず、世界中にも存在するそうです。私たち一般人には、理解不能な話が多いようです。

・なぜ『ノア』の血統が数多くの団体から非常に重要視されているのでしょうか?『ノア』の血統は、チャネラーが多く『神(高等知性体)の声』が聴けるからなのでしょうか。異星人は特定の人間を選んで、向こうからコンタクトしてくるといわれています。コンタクティたちは昔から異星人と何らかのつながりがあったからでしょうか。

・「2012年、アヌンナキは地球に戻ってくる」という説もあったそうです。すでにアヌンナキは低層4次元に潜んでいるのでしょうか。「『旧約聖書』によれば、生命の創造はエロヒムが行ったと書かれています」ということなのですが、このエロヒムは、リラ星人だそうです。サタン(悪魔)と呼ばれるリラ星人とか、神と悪魔の正確な概念分離が理論的に混乱しているようです。琴座の宇宙人から人間的な生命体が生まれたとも言われますが、リラ星人を創った異星人もいるそうで複雑なようです。プレアデス人は古代リラ星人の末裔といわれます。

・サタン(悪魔)とかルシファー(堕天使)(魔王)は、現代的な解釈だと「遺伝子科学者」の一団の名前だそうです。ゼータ・レチクル星人のグレイを部下として金髪碧眼のノルディックがアブダクション(誘拐)をしたりしてナチスのように「生体実験」をしているのでしょうか。おぞましい生物がいるエイリアンの研究所のダルシー秘密地下基地が話題になったりしました。当時はキャトルミューテレーション(動物虐殺)も頻発していたようですし、アブダクション(誘拐)の被害者も増加していたようです。おぞましいモンスター・タイプの生物の生体実験の話の番組は米国の多くのテレビの視聴者をとらえたようです。

・リラ星人とコンタクティでは、フランス人のクロード・ボリロン・ラエルが有名で、何冊もの書籍を著し、「ラエリアン・ムーブメント」という協会が日本も含めて世界中で活動しているそうです。彼の著作は無料で協会のインターネットで読めるようです。

・『シークレット・ドクトリン』の著者、ヘレナ・P・ブラヴァツキーは、神智学の膨大な情報を残しました、彼女がロンドンで出会った神人とのコンタクトから多くの知識を得たようです。現代風にいうとブラヴァツキー夫人は異次元の異星人とのコンタクティであったということになりましょうか。

・第2次世界大戦後、マクモニーグルがバハマで見たフットボールのグランド三つ分はありそうな大きな円形の物体UFOは、『悪魔の船』だったのでしょうか、それとも“神々”でも搭乗していたのでしょうか。巨大な空飛ぶ円盤の目撃談は少なくないようです。

・このようなアストラル界の住人が人間の姿を装い地上の人間とコンタクトする幽霊の話は、日本でも昔から多いようです。アストラル界の住人を幽霊として、変性意識状態で知覚するようです。

・空飛ぶ円盤や異星人とのコンタクトを通じて超能力がつく場合があるそうです。異星人そのものが超能力を持っている場合が多いようです。
「ドイツ語は悪魔の言葉」だそうですが、悪魔だったら幽霊でもでるのでしょうか。霊能力者は、通常、人が見ることのできない幽霊も見れるでしょうが、『幽霊のハンス』は、当時の米軍部隊内でも有名だったと語られています。アストラル界の存在で幽霊としてか見えないような存在が人間の姿を装い地上にワンダラー(転生)やウォークイン(憑依)やその他の形態で出てくることは「アバブ・トップシークレット」のようです。人間の背後霊や守護霊も宇宙人が憑依したものかもしれません。

・『幽霊のハンス』は、ヒトラー・ナチスが崇拝したという金髪碧眼の『アーリアの超人』たちとは関係がないのでしょうか。アルデバランの異星人が異次元から現れたのかもしれません。ナチスは、金髪碧眼のゲルマンの神々を崇拝したそうです。幽霊ハンスは、ゲルマンの神々だったのでしょうか。異次元視力が発達した人か意識の変性状態でないと幽霊は見えないのかもしれません。普通の人でも幽霊との遭遇話は世界的に多いようです。アルデバラン星人はアーリア人の「超人」であり、ゲルマンの神々だったようです。アルデバラン星人は、ゲルマンの諸民族とスカンジナビア人、特にバイキングの創作と管理を担当したそうです。

・「フリーメーソンなしにアメリカの自由と独立はありえず、フリーメーソンなしに合衆国はありえない」と言われております。「ジョージ・ワシントン・メソニック・メモリアルホール」がワシントンにありますが、1923年ジョージ・ワシントンがフリーメーソンだったことを記念して建てられたこの建物の中には、フリーメーソンの記録が保存され、フリーメーソンだった歴代大統領の名前も記されているそうです。ブッシュ大統領もエール大学のスカルズ・アンド・ボーンズというフリーメーソンの組織に学生時代から加入しているそうです。フリーメーソンでない大統領は、数えるほどしかいないそうです。フリーメーソンに関する書籍も10万冊以上あり私たち一般人が、分析するのが困難なようです。

・『神々の予言』のカタストロフィーが何を指すか分かりません。核戦争なのか、隕石の衝突などの色々な説がありますが、その後、宇宙連合が大挙して地球にくるというシナリオです。地球は、現在では<宇宙連合>に参加できない遅れた状態ということになるのでしょうか。やはり「終末論」は、この種の話にはつきもののようですし、遠い未来の話なのでしょう。

・グレイの巨大母船に同乗しているといわれている人間タイプの異星人エルダーは、神の種族なのでしょうか。エルダーとよばれる天使のような人間タイプのオリオン星人が小柄なグレイと共に飛来したそうです。オリオン座は「神の故郷」ともいわれますが、『闇の勢力』も経由地にしているようです。グレイの母船に同乗するエルダーと呼ばれる人間タイプの異星人と、神の種族「エルダー・レース」とは、同種の種族なのでしょうか。「やがてその天体を去るときはいくつもの巨大な都市からなる彼らの地底王国と膨大な資料を残していくのが常だった」ということは、異次元の都市の存在を窺わせるものでしょうか。

・ロシアは昔から異星人や河童に似た妖怪や、異人の豊富な伝説があります。現代でもロシアの諜報機関は、宇宙人とコンタクトがあるようです。「最近になってロシア人はタウ人との協定を破棄し、同じ協定をりゅう座人の前衛部隊と交わしてタウ人を追い払ったと考えられている」とのこと。やはり、オリオン星人系列のほうがより進化しているのかもしれません。タウ星人はその後、どうなっているのでしょうか。異星人同士の争い、殺し合いは続いているようです。アバブ・トップシークレットは、異星人側からも要求されているのかもしれません。米国も長身のグレイのリゲル人に騙されたとかの与太話もあり、私たち一般人には、理解不能なことが多いようです。ロシア軍も異星人の案内で異星に向かっていることでしょうか。ロシアもイスラエルも「エイリアン・テクノロジー・リバース・エンジニアリング」を実践しているのでしょうか!?

・「とある米軍基地に行けば神に会える」とか「イルミナティなどのフリーメーソンに入れば神に会える」という与太話があるそうですが、「高次元の異星人=神々」と考えれば、神々とのコンタクティやチャネラーもいるのでしょうか。神々は憑依などで市井のひととなり普通の生活をしているので誰も識別できないともいわれます。

・アヌンナキという宇宙人も神々に近いともいわれ、天国に自由に出入りし、人間への“憑依”や人間の“転生”を自由に操作するシリウス星人は、“天使的な宇宙人”ですが、天使や神々を創った造物主とか6次元以上の話になると普通の人では理解できないことが多いようです。
大本教のように神々が人間に憑依して、新興宗教ができて、大教団になる例も少なくなく、神々の現世界への顕現が窺われます。アセンションの時代ですから、多くのチャネラーやコンタクティの本が出版されてもよいと思いますが。

・「ケネディ大統領は宇宙人情報を公開しようとして極秘の諜報機関に殺された」という与太話があるそうです。米軍基地内でのアイゼンハワー大統領と宇宙人とのコンタクトはよく知られているようです。アイゼンハワー大統領は、エイリアンの超テクノロジーのあまりの凄さに驚いて、異星人情報を国家安全保障上の最高機密(トップ・シークレット)の数段階上の厳秘(アバブ・トップシークレット)扱いにしたともいわれます。ケネディ大統領が会見したのは人間タイプの宇宙人で、情報が公開されることは大きな問題だったようです。

・韮澤潤一郎さんは、UFO問題でテレビによく出たりして有名人ですが、今後も活躍が期待されます。「たま出版」の本は、『艮の金神と出口なおの霊言』(2016/7/26)、『UFOからの黙示録 〜稀有で劇的なUFOを目撃した著者が描く現代の神話〜』(2015/6/9)、『日本沈没最終シナリオ  〜世界地図から日本の国名が消える日〜』(2015/7/2)等があります。

・「宇宙人情報は米軍から始まり米軍で終わる」と言われますが、宇宙人情報は「核兵器などの国家安全保障上の最高機密(トップシークレット)を数段階上回る『厳秘』」扱いのため、マスコミでもリスクをとる人が少ないそうです。メディアも政府に協力して、自主規制しているかのようです。

・肉体的な要素の強いプレアデス星人は人類に6千年進化しているそうですが、アルクトゥルス星人は、次元的にもっと進化しているようです。どのくらい進化しているのでしょうか。地球では白人種と定義されている「エリエン」のルーツはオリオン星雲にあるといわれます。米国が秘密協定を結んだのはラージノーズグレイというオリオン星人といわれています。オリオン星人は人類に5万年進化しているといわれ、「人間の魂の交換」ができるようです。オリオン座は「神の故郷」ともいわれますが、『闇の勢力』も経由地にしているようです。

・アリゾナ州のセドナは、UFO目撃多発地帯で、それを目的の観光客も多いそうです。が、周辺地域には米軍基地もあり米軍も動いていますので、「UFO異星人」が核兵器などの国家安全保障上の最高機密(トップ・シークレット)を数段階も上回る『厳秘』扱いのため、事件も起こっているようです。何事も『君子は危うきに近寄らず』でしょうか。セドナはパワースポットで多くの異星人に関する逸話があるようです。日本からの観光客も多く、日本人で住んでいる人々も増えているそうです。米国ではUFOや宇宙人に関するペイパーブックやブログが豊富に出されていますが、量が膨大で個人的には整理ができないようです。「UFOの洋書を読めばかなりのことが分かる」ともいわれます。

・「死後のトンネルはアルクトゥルスの次元の扉の通過」なのでしょうか。臨死体験は、古今東西共通した事項が記録されています。死後、光のトネンルに向かって飛行すると言うのも共通しています。このトンネルこそ、5次元のアルクトゥルス星の次元の扉と言うのです。アルクトゥルスには、高次元の天使が住んでいて、私たちの死後の世界を案内するようです。アルクトゥルス星人も地球に飛来しているらしく、米国人のチャネリングによく登場します。それによると、次元が一層高いところに存在しているようです。死後の世界も徐々に、明らかになってきているようです。死後の世界との交信は、イタコとよばれる日本人の巫女もやっていましたが、欧米でも、真剣に研究所で研究されているようです。

・火星や金星と違った意味で、天王星は、謎の多い星のようです。アルクトゥルス星人も人類の進化に関して、重要な役割を果たしているそうです。天王星人に憑依されたコンタクティもいるようです。シャンバラは異次元に突入した都市型の超巨大宇宙母船なのかもしれませんが、いろいろとその他にも伝説があるようです。

・「アルクトゥルス  ローマ帝国建設を手伝った精神性の高い種」ということですが、クラリオン星人のコンタクティ、イタリア人のマオリッツオ・カヴァーロによると「爬虫類的異星人(レプティリアン)も人間タイプは知性的な顔をしている」そうです。「アセンディド・マスター(高級教師)がガーディアンより、さらに進化した霊的存在の生命体。7人存在し、7色の虹のように輝いているといわれますが、「上には上の次元の異星人が存在する」ようです。そしてガーディアン(守護神)――昔、人間であったが、霊的に進化し、霊的存在となった。人間世界の指導をしているようです。

・キャトルミューティレーションで殺された牛は1万5千頭以上とも言われています。 多くのマスコミやUFOマニアや関係者がキャトルミューティレーションと小柄な異星人グレイとの関与を認識しているといわれます。米軍の特殊部隊とエイリアンが戦闘をしたとか、いろいろな情報が流れてきて、エリア51もハリウッド映画などでよく取り上げられたようです。関東地方ほどの広大な基地の中にある『エリア51の謎』は、砂漠の中に埋もれていくようです。

・「“四つのマスター種族”のうち、地球では白人種と定義されている“エリエン”のルーツはオリオン星雲にあります」ということで、彼らが“神人”のようです。神人とか異人とか異神とか定義も色々とあるようです。そしてネガティブなオリオン・グループは“闇の勢力”を形成しているのでしょうか。特にオリオン星人は色々な種類が存在しているようです。また「オリオン星人は非常に階級意識の強い宇宙人だ」ともいわれます。

・宇宙人間の争いや対立は、過激でよくスター・ウォーズをしたようなのです。最も大規模なスター・ウォーズは「オリオン大戦」と呼ばれているらしいのです。「オリオン大戦」やスター・ウォーズの原因や結果も詳しくは分からないそうです。このスター・ウォーズによって、宇宙の一部が壊されたともいわれます。「あなたはプレアデスの鎖を結ぶことができるか。オリオンの綱を解くことができるか」(旧約聖書、ヨブ記38章31節)という謎の文句がありますが、プレアデス星人も大規模なスター・ウォーズに巻き込まれたことがあったようです。オリオン大戦は何億ものポジティブな人間型生命体とレプティリアンと呼ばれるネガティブなヒト型爬虫類人との間で起こったものだったといわれます。

・「タイム・トラベラーであるジーン・ロッデンベリー(訳注;SFシリーズ『スター・トレック』を生み出したテレビ・映画プロデューサー)によってあなた方に紹介されました」ということですが、『スター・トレック』は、真偽は分かりませんが色々な逸話があるようです。単なるSF映画とはいえないような内容だそうです。ハリウッド映画の映画人と異星人とのコンタクトがあったのかもしれません。

・あのハリウッド映画『スター・ウォーズ』も実際の逸話を脚色したともいわれます。「米オンライン映画チケット販売大手のファンダンゴが、同社を利用する映画ファン1000人を対象に、2015年公開予定の映画に対する期待度についてアンケートを行った結果、10年ぶりのシリーズ新作となる『スター・ウォーズ フォースの覚醒』が断トツの第一位」に選ばれた」そうです。そして新作も公開されました。やはり根強い人気があったようです。映画『スター・ウォーズ』は実話を脚色して制作されたという噂もあったといわれます。

・米国のマスコミも米国政府の秘密保持の国策に協力しているので、過去60年間、公的な宇宙人情報が公開されていないそうです。そのかわりにコンタクティやチャネラーにより、様々な宇宙人情報がもたらされています。

・「小柄な宇宙人グレイが最初に来て、その後に金髪碧眼の白人種のノルディックがきた。その後に赤毛のオレンジと呼ばれる人間タイプの宇宙人や東洋系の宇宙人が飛来した」とのことです。金髪碧眼の異星人がよくメディアに載りますが、東洋人タイプの宇宙人がより秘密的なのかもしれません。スイスの有名なプレアデス星人のコンタクティのビリー・マイヤーによると「プレアデス星人のいう日本民族発祥のとある惑星もある」ようです。またアンドロメダ星雲からの黒人種の宇宙人の話もあるようです。爬虫類人(レプティリアン)の話には驚かされるようですが、金髪碧眼の白人種は、宗教画などの天使のイメージがあるようです。肌も白くて、まさに日本人にとっては「白人」というイメージのようです。「爬虫類的異星人(レプティリアン)も人間タイプは知性的な顔をしている」そうです。

・「進化した宇宙人が遺伝子操作などで人類を創った」という話も真っ向から否定する学者が少なくなったことは、少しは世の中の常識も変化し始めたのかもしれません。リラ星人のエロヒムが「人間を実験室で創った」といわれます。リラ星人エロヒムのコンタクティであるフランスのクロード・ボリロン・ラエルによると遺伝子操作による「不死の惑星」に行ってきたそうです。現在の教科書を全面的に書き換えなければならない話です。

・『NASA秘録』は600ページ余りの大著ですが、月や火星に人工物があったようです。「NASAは異星人が人間タイプで驚いている」そうですが、従来は異星人の存在は全て公式には否定してきたようです。NASAと米軍のエイリアンのコンタクト・チームはまったくの別組織で動いてきたようです。人類の月着陸についても多くの書籍が出版され、公開派と隠蔽派が対立したようです。月や火星の謎の人工物と思われるものが、よくオカルト雑誌に載っています。

・amazonに「NASA」といれますと417件が検索されます。ほとんどが、公式発表の内容の本のようです。当時「NASAが月の人工物やUFOを隠蔽している」という本は少数派だったようです。爬虫類的異星人(レプティリアン)やイルミナティはNASAには無縁の話のようです。NASAは昔からUFOやエイリアンの存在を当然のように否定してきました。

・米国の宇宙飛行士もフリーメーソンが多くて、近年ではUFOの存在を認める発言をした宇宙飛行士もいるそうです。グレイのような異類異形は目立ちますので、注目されますが、人間タイプの異星人は街中では分からないそうです。「宇宙人と普通の人間が区別できなくなっている」そうです。「人は皆、記憶喪失の異星人だ」という理由です。

・ケネディ大統領の暗殺にも色々な説があるそうで、一説には「ケネディ大統領は異星人情報を公開しようとしてサイレンス・グループに暗殺された」という話もあるそうです。amazonに「ケネディ大統領」といれますと777件の書籍が分かります。テレビ時代に、公然と暗殺されたケネディ大統領は、多くの有識者の関心をひくようです。

・「NASAのオシリス崇拝」という話もあるようですが、オリオン星人がメン・イン・ブラックなので米国に飛来したようです。「オシリス・カルト」があるともいわれます。またイシスやオシリスなどのエジプトの神々が人間社会に溶け込んでいるという奇説もあるそうです。誰も信じない与太話だそうですが。幽霊の形態やウォークイン(憑依)やワンダラー(転生)、その他さまざまな形態で進化した異星人は地球を観察しているようなのです。神々は人間の精神体に憑依したりしますと誰も識別できないようです。はるかに進化した異星人、神々が低層4次元にきているらしいのですが、誰も分からないそうです。見えない堕天使グループが、怖ろしいともいわれます。

・「平家がプレアデス星人の末裔で、源氏がオリオン星人の末裔」という奇説もあります。「遠野郷の民家の子女にして、“異人”にさらわれて行く者年々多くあり。ことに女に多しとなり。−遠野物語第三十一話」、「黄昏に女や子供の家の外に出ている者はよく神隠しにあうことは他の国々と同じ。−遠野物語第八話」ということで、遠野の農民を恐怖に陥れた「異人」もオリオン星人だったようです。オリオン星人は昔から人間社会と深く関わりがあったようです。柳田国男は当時の警察の「異人」の情報を調べなかったようです。

・米国に飛来したメン・イン・ブラックもオリオン星人ともいわれ、低層4次元かアストラル界にでも去ったのでしょうか。メン・イン・ブラックには、物凄い超能力があったそうです。ちなみに、オリオン星人は人類に5万年進化しているといわれ、「人間の魂の交換」ができるようです。そして米国が秘密協定を結んだのはラージノーズグレイというオリオン星人といわれています。

・「第2次世界大戦後、元ナチスの大佐が空飛ぶ円盤に乗っていて米国に着陸した」とか「小柄なグレイの宇宙船に同乗する金髪碧眼のノルディックはナチのようだった」とかナチと異星人の結びつきを示す話はいろいろとあるようです。また、ドイツのナチスが「空飛ぶ円盤」を開発していたという本も数冊あるようです。ナチスはアルデバランの宇宙人とコンタクトを取っていたとも言われます。

・アルデバランの異星人、ゲルマンの神々は「超人」ともいわれ、ヒトラーも非常におそれていたそうです。ヒトラーは誰もいない部屋の中を指差し、「彼ら(超人)がそこにいる」と側近に叫んだそうです。異次元の見えない「超人」たちをヒトラーは感じていたのかもしれません。フランスのナポレオンと「赤い人」とのつながりのように、超人や異人と関わり合いは世界中に伝説があるようです。

・そして、アバブ・トップシークレットによってアメリカ合衆国大統領にも知らせなくてもよい異星人の情報システムを作り上げているともいわれます。『ペンタゴンの陰謀』によるとエイリアンとの交渉により、超ハイテクノロジーが、異星人から米国に渡ったといわれています。著者は、アイゼンハワー政権下の陸軍中佐として国家安全保障会議のスタッフを務め、退役後、ジョエームズ・イーストランド並びにストラム・サーモンド上院議員の攻防スタッフを勤めました。内部関係者の暴露本というよりも一種のリークかもしれません。この本は、研究開発に当たった軍当事者が解説した本で、ベストセラーになったそうです。また「ペンタゴンに人間タイプの異星人が住んでいた」という話もあるようです。

・テレビ映画の「Xファイル」の中で、すでに地球人が異星に行っている様に思わせる場面があったそうです。が、米軍関係者は、当然ながら、グレイの故郷の星に行っているだろうと思われますし、そのような雑誌の記事も日本で報道されました。(2006年8月号の月刊誌「ムー」の記事「UFO極秘プロジェクト“セルポ”の謎」 イーブ人の故郷星レティクル座の蓮星系を巡る惑星)

・フィリップ・コーソーの本によって、米国の「エイリアン・テクノロジー・リバース・エンジニアリング(宇宙人科学技術工学)」の実態が米国民に広く知られたようです。この種の本には真偽のほどは分かりませんが、荒唐無稽な話も多いようです。宇宙人の進化のスピードは、人類のそれよりもはるかに速いそうですので、宇宙人のテクノロジーは、格段と進化していることでしょうか。「竜座人(ドラコ)が遥かに進化しており、このレプティリアン型生物の交雑種がイルミナティである。交配人種であるイルミナティが地球を支配している」といわれます。

・地球製のUFOが完成されているという話もあるそうです。エリア51などの情報は、ハリウッド映画などでリークされた形で全世界の人々の潜在意識に刻み込まれました。CIAの広報戦略でハリウッド映画に刷り込ませて、大衆に別の重要な情報を隠す手法のようです。金髪碧眼のノルディックのような人間タイプについては、リークした海軍の元情報部員(クーパー氏)は税金問題で警官隊と撃ちあいをして射殺されたともいわれています。メディアも何らかの理由で異星人情報には消極的だそうです。そこが国家安全保障上の最高機密(トップ・シークレット)の数段階上の厳秘(アバブ・トップシークレット)扱いの恐ろしさでしょうか。メディアもアバブ・トップシークレットに協力しているようです。

・米軍は宇宙連合とコンタクトしてから60年以上が経っており、異星にも大挙して向かっているものと思われます。またロシアも異星人とコンタクトがあるようです。ロシアはタウ星人と当初コンタクトがあったそうです。米国やイスラエルがシリウス星人と通商協定を結んだとかの情報もあるようです。日本では翻訳出版されていない貴重な情報の洋書も多いそうです。エイリアンの超科学や超テクノロジーは米国の1人勝ちのようです。日本にも昔は宇宙連合の先遣隊のようなものが来ていたそうですが、どうなのでしょうか。

・異次元世界からの高等知性体の影響力を認識する人々も増えてきているようです。アセンションの時代ですから世界的に沈黙のコンタクティが増えているのかもしれません。「パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の植民星が地球だ」そうです。が、「シリウス星人の地球支配があまりにも巧妙なので、しょっちゅう戦争が起こる」ともいわれているそうです。

・リラ星人のコンタクティ、フランスのクロード・ボリロン・ラエルによると「リラ星人のエロヒムが、人間を実験室で創った」と報告しています。リラ星人は人類に3万年進化しているそうです。が、どのようにして人間の精神を創るのか私たち一般人は、想像できません。グレイもバイオ・ロボットとかゼータ・レチクル星人だとかいろいろな説があるそうです。リラ星人のサタン(悪魔)や堕天使ルシファーは、遺伝子科学者の集団の名前だそうです。彼らも秘密裏に地球に来ているのかしれません。堕天使ルシファーもオリオンからやって来たそうです。グレイには、「ビーガン。シリウスA人の遺伝子から作られたグレイ」、「ゼータ・レティクリ1。地球人監視のためリゲル人が作ったグレイ」、「ゼータ・レティクリ2。遺伝子操作で作られたグレイ。爬虫類人に奉仕」などがいるそうです。グレイのようなバイオロボットを作れる高等知性体には、人類は対等にコンタクトできないともいわれます。


********************************
・ブログ名称: UFOアガルタのシャンバラ
日本は津波による大きな被害をうけるだろう
・第2のブログ名称:UFOパラレル・ワールド

「神の国か?」「人類の原郷か?」 「天上のエルサレムか?」・・・・・・・・・
「パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の殖民星が、地球か?」、「ネガティブのシリウス星人の地球支配があまりにも巧妙なので、しょっちゅう戦争が起こるのだろうか?」
「金髪碧眼のノルディックが住んでいたアガルタのシャンバラ情報の集大成を目指す・・・・・・・・・・」「金星蛇人と火星霊人の戦争はその後どのように展開したのだろうか」
「日本民族の神話の原郷『高天原(たかまがはら)』は、『都市型の超巨大宇宙船』なのか!?」「平家がプレアデス星人の末裔で、源氏がオリオン星人の末裔なのか」
「小人族のグレイの母船に同乗する金髪碧眼のノルディックは、”悪魔の王””ルシファー”なのか?!」
「円盤は神人や異人、悪魔の乗り物なのか!?」「天使は神の秘密諜報員なのか」「神は最初のフリーメーソンなのか」
「UFOは、人類の歴史が始まって以来、最も重要な現象なのか。UFO問題とは、人間にとっての死の問題を解くことなのだろうか。UFOはフリーメーソンの創作なのか」
「全宇宙を創ったという“虹の神々”も地球に来ているのだろうか」
「イルミナティなどのフリーメーソン組織に入ると神に会えるのだろうか」「金星の神々は地球に到着するやいなや、イニシエーションのためのフリーメーソン本部を設けたのだろうか」「フリーメーソン結社はこの大地が創出されるよりずっと前から、さまざまな太陽系をめぐって、存在していたのだろうか」
「国際連合の設立に動いたキリストの星、アプ星人とは」
「人は皆、記憶喪失の異星人だろうか」
「はるかに進化した天使のような宇宙人は、人間の守護霊や背後霊なのだろうか」「セドナ上空に見えないエーテルのシティが滞空するのだろうか」

グーグルのブロガーにも書いています→UFOパラレル・ワールド



[カテゴリ:森羅万象] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2019年8月8日 18時25分
まず、白い服を着た人が大勢見えました。怖い顔の人なんか一人もいなかった。
 


「死後の生」 (死者は何を見たか)
(ジェフリー・アイバーソン) (NHK出版)1993/9/1




<憑依>
・1985年7月19日、北部インドの僻地の村シャルフプーラで、スミトラという名の若い既婚女性が死んだ。ところが家族が葬式の手順を相談しているとき、スミトラは突然、生き返った。そして、自分はスミトラではない、周りの人間は誰一人知らない、と言い出した。自分はシバだと言い、シバのことを色々と語った。シバは、1985年5月17日、つまりその二ヶ月前に死んでいた。スミトラはどうやらシバの霊に取りつかれたらしい。

<暗いトンネル>
・ その次に気がついたときは、僕は、ふわふわ漂っていて、僕の体がずっと下に見えるんです。それから自然に暗いトンネルの中へ引き寄せられていって、中をハイハイして登っていきました。トンネルを登っている間は、時間の感覚はまったくないんです。でもとうとうてっぺんまで、上りつめたんです。そこはものすごく、明るいんです。

・ まず、白い服を着た人が大勢見えました。怖い顔の人なんか一人もいなかった。ぼくには、死んだ家族なんてまだいなかったから、その人たちの中に知り合いがなかったんだと思います。それから金色の道が見えてきたので、そっちへ行くと、神様が現れて、テレパシーか何かで話しかけてくれました。するといきなりぼくと神様が一緒に金色の道を滑り出したんです。すごくいい気分でした。そのうち止まったとき、やはりテレパシーみたいにして、神様に家へ帰りたいかと聞かれました。帰りたくないって答えたんですが、お前にはまだ人生でやるべきことがあるから、帰りなさいと言われました。すると僕は病院に戻っていたんです。そのときは、三ヶ月間ずっと昏睡状態だったそうです。

・ モース医師がとりわけ大切にしている一枚の絵は、白血病で死んだコーリーという名の幼い男の子が描いたものだった。その子どもは、自分が死んだ後、どうなるのかを知っていた。自分は死んだら光の橋を渡って「水晶のお城」に入り、そこで暮らすのだといい、ピカピカの光に囲まれたディズニーのお城のような高い優雅な城を描いた。水晶と明るい色とで、出来上がったそのお城には、神様と呼ばれるおじさんがいる。自分はそこへ何度も行ったことがあるのだと言った。

・ 4年間病気と闘って7歳になったとき、コーリーとその母親は、治療の続行を拒否する決心をした。「先生。心配しなくていいよ。ぼくは、水晶のお城へ行って神様と相談してきたんだからね」と少年は言った。

・ 三度目にプールの底に沈んだとき、意識がなくなりました。そして、私は、空中へ上がっていったんです。

・ その次に気づいたときは、黒い道があって、私は、そこを歩いていました。どういうわけだか、小さな鹿がいて私と一緒に歩いているんです。そのうち、とても美しい庭に出ました。すごい大木が一本あって、川が流れていて、木のそばに子供が遊んでいました。その子たちの衣装は、トーガを思わせるようなものでした。古代ローマの人が着たような、ゆったりとした服です。その子達が私を見て、こっちにおいでと呼んでくれました。私は、行こうとしたんです。でも途中まで来たとき、壁かあるいは何かの力にぶつかったような感じで・・・・どんなものかうまく説明できませんけど、次の瞬間には、私は、真空に吸い取られたように、引き戻されてしまったんです。気がついたら自分の体に戻っていました。

・ 天使は、こう言ったんです。「もし私がいい人生を送るなら、死を恐れる必要はどこにもないって」

・ 少女は、モース医師に臨死体験をこう語った。世界が暗くなりだんだん恐ろしくなった。向こうから金髪の女の人がやって来て、それからあたりが明るくなった。エリザベスという名のその人は、自分を助けに来てくれたのだと言い、天国みたいな場所へ連れて行ってくれた。そこには、ほかの子供も大人も大勢いた・・・・・・。

・ 死んだばかりの人もいたし、生まれ変るのを待っている人もいた。彼女は、そこで、家族がどうしているかを見せてもらったそうです。

・ それからキリストじゃないかと思う人に会って、そこで一緒に暮らしたいかどうかをたずねられた。彼女はそこにいたいと答えたのだけれど、「おまえは、母親の手伝いをしなければならない身だから」と言われて、それで、自分の体に返されたのだそうです。

<窓の下のテニスシューズ>
・ 心臓発作で一時は死んだように見えた中年の女性が、その間、体外離脱をして病室の天井近くに浮かんで、医師や看護婦が彼女の命を救おうとして、必死で手当てをしている様子をながめていた。彼女は、それから窓の外へ出て病院の裏手へ回り、そこでおかしなものを見つけた。ある窓の外側の窓枠の下の小さな張り出しに、テニスシューズが片方だけ載っていたのである。

・ 意識をとりもどした彼女は、すぐにそのことを病院の職員に告げた。テニスシューズは、実在し、拾われて、彼女のもとへ届けられた。

・ 臨死体験を報告する多くの人が、同時に体外離脱体験が起きたことを語っている。

・ そこまできたとき、私は、もうこれですべて見たなと思いました。すると次の瞬間には、私達は、宇宙空間に向かっていました。そして、地球かどうかは、定かでありませんが、全く光の世界に着いたんです。そこの人々は、私を案内しているキリストによく似ていました。それに、彼らは、私達二人を実際に見ることができた。それはこの人たちが初めてだったんです。非常に進化した人たちで、キリストの教えるような愛し方ができる人たちだった。

・ 地震やハリケーンなどの自然災害がどんどん激しくなっていくところも見たし、私の理解できない大爆発が起きるところも見ました。当時は、1943年で、ヒロシマやナガサキ以前でしたが、地球に素晴らしい平和が訪れるところも見ました。そして、そのとき、キリストにもう帰るようにと告げられたんです。

・ 意識がなくなっていくのがわかりました。気がついたときは眼を開けて、実際の自分の眼を開けて、自分の指にはまった指輪をながめていました。するとまた意識が遠のいていき、そのつぎに目覚めたときは、12月24日の朝になっていたというわけです。

・その後また別の世界へ連れて行かれました。しかし、着いてみると、そこはどんなことがあっても、入りたくないような場所だった。それはおびただしい憎しみと敵意と独善と知ったかぶりの充満しているところは、ほかに知らなかった。そこの人間たちは、相変わらず殺し合いをやったり、何かみだらなことをセックスの喜びからではなく、ただ、憎しみと怒りからやっていた。しかし、その場所でさえ、高い次元の人々は、愛を示し、いやしい人間たちの心を変えようとしていたんです。

・ 次に行ったところは、精神と知性の部屋と呼びましょう。より高い学びのセンターでした。生まれて初めて聞くような、たとえようもなく美しい音楽が流れていました。

・ 次は、研究所の建物へ案内されました。私は、医学部進学過程で化学と生物学を勉強していたものですが、その場所で扱われていた道具がまったく理解できなかった。ところが、それから10年後、つまり1953年ごろ「ライフ」誌を読んで総毛立つような気がしました。1943年の最初の原爆研究室の写真が載っていたんです。

・ ヒロシマの何年か前です。そこに写っていた道具の一つは。あそこで扱われていたものだったんです。それから図書館へ行きました。リッチモンドのビジネス街のビルを全部合わせたより、まだ広いようなところだった。全世界のあらゆる聖典が収められていました。キリストは、みんなが、色々な宗教を学ぶことを少しも心配していませんでした。しかし、それなら私の宗旨などは問題じゃないでしょうか。パブティスト派、メソジスト派、長老派は救われるけれど、カソリックはどうもだめ、ユダヤ教ではまったく、見込みなしという具合ですから。

・その後、彼(キリスト)は、自分の側を離れないようにと言いました。するとまた私達は、病院の外にいて、また超スピードで移動していたんです。やがて、ニューヨークかシカゴかサンフランシスコかは分からないが、大きい水域の側の都会に来ました。
一面、光の海だった。ちょうど夜の飛行機から見えるような具合です。いつも見ているのとおなじようなものが見えました。だが、よその世界を見ているような感じもした。繁華街の通りには、肉体を持った普通の人間もいましたが、そうでない人もいた。
普通の人間も兵士も水兵も一般市民もいたが、みんな酔っているように見えました。彼らは、体の周りにてっぺんが開いた電場を持っていて、他の肉体のない人々が彼らを導こうとしていました。

・ほかの光景もありました。兵器工場が24時間ぶっ通しの三交替制で働いていました。肉体のある人間が流れ作業をしていて、他の人々がそのそばに立って、工場をどうやって動かしていくかを教えようとしていました。もちろん、ビクスバーグで出会った男に、私が見えなかったのと同じで、普通の人間には、彼らが見えも聞こえもしないわけです。

・死んでやってきた人たちが迎え入れられる場面も見ました。死人たちがその後どうなるかが決められるところもありました。とりわけ、心に残ったのは、自殺者が調べられる場面で、そういう行いが自分を愛してくれる人をどれほど悲しませるかが、言い聞かされていたことです。

<キリスト世界が神の世界だろうか>
・ある米軍下士官見習いの魂がイエス・キリストという添乗員に連れられて、あの世へパッケージツアーに出かけた。兵士は自分の人生のパノラマを見た後。この世の過去と未来の黙示録的な幻を見る。そして、この世へ戻るために自分の体を求めて陸軍病院内を探し回り、ようやく自分の指輪をはめた手を見つける。その手が突き出していた、シーツには、どうやら死体が包まれているらしかった。これは、私がアメリカで取材した臨死体験の中でも、とびきり不思議な話である。その兵士は、現在精神科医である、ジョージ・リチー。

・ リチーは、1943年の12月下旬、両肺におよぶ肺炎に倒れた。20歳でキャンプでの基礎訓練を終えたばかり、24時間たたないうちに脈も呼吸も血圧もなくなり、軍医が死亡を認定した。その後、ある看護兵が、死体が動いたように思い医師を説き伏せて、心臓にアドレナリンを注射させた、医学的には、その処置が彼の命を救った。

・ 死後、天国か地獄かに行くもとの決まっています。どちらにも往かない宙ぶらりんの状態があるなどとは、誰からも聞いたことがなかった。私は、そこに座り込み、その自分の体を眺めていました。そんな不安な絶望的な気持ちで座っていると、やがて部屋の上の方がどんどん明るくなっていくんです。
気がつくと私は、ベッドのずっと上のほうへ跳ね上がっていました。病院の壁は消えている。そのとき突然、目の前に私の全人生がパノラマのように浮かび上がってきたんです。

・それから、突然、あたりの光の中からなんとも言えない不思議な光が現れました。それはキリストでした。だが、ステンドグラスなんぞで、見るようなキリストの姿とはまったく違う。このうえなく、力強い体だが、人間の形はしていない。何かまわりのまばゆいばかりの明るさの中から浮きたつような姿でした。私はそれまで経験したことのない絶望的な愛情を感じました。話はふつうの話ではなく、純粋なテレパシーでした。



「時のない地球」 
(ピーター・コロシモ) (大陸書房)1973/1/1



<アパッチの神ネプトゥーヌス>
・アリゾナに住むアパッチ・インディアンは、ティアワナコには過去の伝説上の彼等の祖国があるといい。それを見たこともないのに「髭の白人」の像の話をするのであった。

・ 髭の巨人と三叉これは、白い神のバラユーチャを表したものである。そして、それはポセイドンのつまりネプトゥーヌスの属性ではなかったか。

・ 多分、インディアンの幾種族は、大昔アトランティス帝国の一部があったのだろう。

・ アトランティス人は白人であった。今日でも、その数少ない正当な子孫は白人である。ティアワナコ文明が開化したところに住むチチカカのウロス族がそうである。最初の移民の子孫であるアルゼンチンの原住民もそうである。アルゼンチンのネグロ川のパタゴニア族を調査したところ、ここの人々は、ブラジルのミナス・ゼライスの有名なラゴア・サンタの人々と同種族の白人である。

・ アメリカの老古学者ハイアット・ヴェリルは30年間中南米の失われた文明の研究に身を捧げた。彼は小説「光のかけ橋」の中に意志によって現れたり消えたりし、とても超えられないような岩だらけの谷を渡してくれるイオン物質で作られた「光のかけ橋」を通って到達することができる先インカの町について書いている。最後まで、(彼は80歳で死亡した)ヴェリルは彼の本が単なる伝説ではないと言い続けた。そして、残された彼の奥さんもそう言っているのである。



「失われた惑星文明」
 (ジョン・A・キール) (大陸書房)



<チムニー・ロックの“光る人間”>
・ チェロキー・インディアンには、ノースカロライナのチムニー・ロックという小山のあたりに出現する奇妙なものに関する伝説がある。白人も時々、その奇妙なものを見ている。

・ 1806年、人々は、なんとも異常な事ながら、幾千とも知れぬものが空中にいるのを見た。7月31日のことで「形は人間と同じようだが、光り輝いて見え、チムニー・ロックの上にも、そのまわりにもいっぱいいた」

・ ある夫人の証言では、「私は、まっすぐチムニーの方を見ていたのです。空には、チムニー・ロックの南の方から、まわり一面にお化けのような白いものがびっしりむらがっているのに気がついて、それこそびっくり仰天しました。みんなまっ白でギラギラ光る衣服を身につけて(衣服としか言いようがないのですけれど、ずいぶん薄いもののようでした)見ただけで目が痛くなったほどです。それだけで、私は、びっくりしてしまいましたが、どういうものか不快な感じが残りませんでした。

・ チムニー・ロックは、このおかしな惑星に数知れずあるおかしな場所のひとつにすぎないのだ。



「コズミック・ヴォエージ」
  (コトニー・ブラウン)  (徳間書店)1997/3/1



<地球には確かに昔から各種の異星人が来ている>
・「 中でも、我々の歴史と文明に重要な関わりを持っているのは、グレイと呼ばれる連中と火星人の種族・・・・・・・」

・ グレイ族は、別に邪悪な存在ではなく、彼らは物質的であると同時に、非物質的存在でもあり、サブスペース(亜空間)を通じて組織されている汎銀河連合の一員として、我々人類を陰から助け、導いてくれている・・・・・。

・ 火星人の一部は、グレイ族の助けで、地球に移住し南米の先住民に混じって生活しているが、肉体、精神両面の適応技術のおかげで、見分けはつかない。

・ 別の火星人グループは、ニューメキシコ州の地下洞窟に隠れ住んでいるが、法的にはアメリカ市民だ。火星移民の問題は、将来アメリカ政府の直面する重大課題になろう。

・ 銀河連邦―アブダクティの報告に基づく現存のUFO文献には、しばしば「銀河連邦」と呼ばれる地球外生命の組織について言及している。それは、銀河系スケールであることを除いては、どこか国連に似た組織のように思われる。



「超古代文明の謎」 
(佐治芳彦) (日本文芸社)1997/1/1



<高天原は太陽系外宇宙のプレアデス星団にあった>
・ 竹内文書によると、まず『記紀』系神話にある「天孫降臨」が超古代に行なわれ、しかも降臨した神々の「高天原(たかまがはら)」に相当するのが、太陽系外の宇宙にある星だったということ。これがまず衝撃的である。
 その「星」については同文書は、「火玉国」などと記しているが、私はかって、その星をプレアデス星団内の一惑星と仮定したことがあった。それは、同文書を公表した竹内巨麿(きょまろ)の南米ボリビアの古代遺跡と神代文字についての言及と、現地のインディオの伝承などからの推論だった。その後、人類の母星をプレアデス星団だとするアメリカの研究者なども現れた。

・ つぎに、その降臨した神々はテレポートしたのではなく、「天空浮舟(アメノウキフネ)」という宇宙船を利用したこと、この恒星間宇宙船を持つ彼ら(神々)の科学技術から地球第一期文明、黄金時代がもたらされた。

・ 文明変亡の原因が大異変と戦争にあった。つまり、大異変―社会混乱
―戦争(内戦・反乱)−滅亡という「竹内文書」の文明パターンは、現在の私達にとっても大きな示唆・教訓を与えずにはおかない。

<ゾロアスターがイメージした壮烈な宇宙戦争>
・ 復活思想、審判思想(最後の審判)、メシア思想、ハルマゲドン思想など、すべてゾロアスター教から出ている。また、イスラム神秘思想(天使論など)、大乗仏教の菩薩思想、密教の護摩と拝火思想もゾロアスター教起源である・・・・。

・だが、私がここで取り上げたいのは、宇宙創生以来の「光と闇」「善と悪」の二元対立に象徴される壮大な銀河スケールの宇宙戦争のイメージが、この宗教に最も顕著にうかがえることである。
光と闇、善と悪を代表する神と悪魔の元に、多くの天使や魔物が戦い続ける。人間は、光と善の最高神アフラ・マツダの被造物である。最初の人間「マヌ」は人間そのものを意味する(マン)。
だが、彼自身、個の小宇宙であって、大宇宙の戦いと同等の戦いを内身にかかえている。

・ ただ、4期にわたる宇宙戦争という発想と人類は4度壊滅したというマヤの伝承や、アトランティス時代以前にも数回、破滅があったとソロレに語ったエジプトの神官の超古代の記憶との類似性に注目したい。



「仮説宇宙文明」
 (プリンズリー・トレンチ) (大陸書房)



<エデンの園>
・ エホバは元来マルス(火星)の神であった。

・ エデンの園は火星(の異次元)にあった。

<二つの「創世記」>
・「創世記」の第一の創造の話は「黄金時代」の建設のことである。そして、第二の創造の話は、地球上の動物として、化学合成的肉体を有する人間―第二のアダムを「エホバ」が作り出す話なのだ。

<オリンポスの神々とは?><空の人々><銀河系宇宙人>
<空の人々の訪問>
・ キクロプス(一つ目)とは、伝説に言う不死の民族であり、人類に先立つ「神の民族」もしくは、「先遣民族」であった。

・ 神々や女神たちが天から降りてきて人間と交わるというギリシア神話全体を貫いている概念は、ギリシア神話に限ったことではない。

・ 世界のあらゆる国々の民族が天から降りてきた神々のことを言い伝えている。北米のインディアンたちもまた遠い昔のある時代、天から降りてきた「白い神」のことを語っているのだ。

・ オリンポスと地上の間を二輪車で行き来する女神ケレス。

・ ヘブライ語では、エホバという言葉はいろいろな形で出てくる。すなわち、イスラエルの神エホバ、アドナイ(主なる神々)、エホバ(複数)名たるエホバ、老いたるエホバ、万民の主エホバ(軍神)、エホバ・エル・シャッダイ(アブラハムと聖なる神)等である。

・ 「空から来るヘビ族」とは、グレイ・タイプや爬虫類人種の異星人たちのことだろうか!?

<混血人間時代の始めより>
<エロヒム系とエホバ系>
・ 「創世記」には二つの創世物語が収められている。それは、エロヒムによって創り出された、銀河人アダム1の創世記と、エホバ(サタン)の創造物たる地球動物人間アダム2の創世記である。この2種類のアダムの系図を対照してみた。

エロヒム系(「創世記」第5章)
アダム1――セツ、エノス、カイナン、マハラレル、ヤレド、エノク、メトセラ

エホバ系(創世記第4章)(第二次創世、化学合成地球動物人間)
アダム2――カイン、エノク、イラデ、メホヤエル、メトサエル
さらに、このアダム2系列の混血系として次のものが挙げられる。
ラメク、ノア、セム、ハム、ヤペシ

・ エロヒム系は非常に長い歴史を持つものとする。一方、エホバ系はあまり長くなく、その起こりはおそらく十万年以上前ではないと考えられる。

・ エホバは、自意識とか理性とかいったものはない、つまり人間ではない「半獣族」を作ろうとしたに違いない。しかし、この創造に関係した者すべてが驚きあわてたのは、そのアダム2が予期に反して「人間」の仲間入りをしてしまったことだ。

・ エロヒム系とエホバ系の血が混じって、ラメクが生まれた。すなわち、ここから混血人間が始まるわけである。つまり、創世記で主なる神がヘビに向かって予言したように、ヘビ族と動物人間との血が交わり始めたのである。

<楽園の4本の川>
・ 4つの運河によって、うるおされている天の園についての説は、スカンジナビア人、そしてギリシア人の間でさえ残されている。

・ その著書「アトランティス」の中でドネリーは、ホメロスを引用してこう述べている。

・「それはスカンジナビア人の言う聖なるアスゴールであった。その実り豊かな大地は、4本の乳の川でうるおわされ、その川は東西南北に向かって別々に流れていた。それは、『幸せの住む所、至福の丘』であって、それはシナイ人やタタール人のいうチエン・チャンである。その『天がある山の国』『魔法の国』は4つの永遠の泉によってうるおわされている。それはセイロン人やチベット人の言う『丘に囲まれた楽園イラ』であった。

・それは賢く心正しき人の永遠に住むところだという。それは仏教徒のいうシネルである。その頂上にはタウルチサすなわち至上の仏たるセクラの住居があり、そこからは別々の方向へと4本の聖なる川が流れている。それは、ヒンズー教徒の言う『天なる土地』スラブラッタであった。それは黄金の山メルの頂上にあって、ジャンバドウイパの中心たるプラーマの都市であり、その四面から4本の川があふれ流れている。」



「輪廻を超えて」(もう一つの現代の神話)
 (J・ラドン) (人文書院)1996/7/1



<誰もが肉体の中にアストラル体を持っている>
・誰もが肉体の中にアストラル体を持っている。夢を見たり、「肉体を離脱する」旅が生じるときに体を抜け出すのが、このアストラル体である。肉眼には見えないこの身体は、実際に存在し、平均50〜60gほどの重ささえある。肉体の老化とともに、このアストラル体にも、同じような特徴が見られるようになる。ときには手足を切断した場合などの例外もあるが、この場合アストラル体がまだ無傷の状態であるため、手足を失った人は自分の四肢が存在し続けているように時折「感じる」ことがある。

・老齢のために死んだ人々には、最初にこちらに到着した時点では、たいてい今まで通りの老いた身体をまとっている。だが時がたつにつれて自分をうまく操作できるようになり、若々しいころの活力に満ちた状態を取り戻していく。同様に乳幼児として死んだ若者もやがて青年となり、望む限り、その状態でいられる。当然、地上に戻って新しい肉体とアイデンティーを獲得する者も多い。

<精霊界の建物>
・ ある理由で新しい建物が必要だということが大多数の者たちによって決定されると「高次の」領域の相談役の意見を聞いて合意を得る。

・ 建築家たちは、彼等の心を集中させることによって、自分たちがすでに決めた設計上の諸要素を具体的な形にするための「想念の型枠」を建てるのだ。この想念の型枠は、もやか、霧でできた建物のようにうっすらと見えるだけだが、眼をこらせば十分見ることができる。

・ これで最終的な形が完全だと全員が納得すると、彼らは心の力を使って高次の領域の魂たちに呼びかけ、生命の息吹を送ってもらう。

・ これで、事実上、建物は生きたものとなる。建物が鼓動したり脈打ったりするわけではないが、おぼろげな輪郭がはっきりして頑丈な形と実質が備わるのだ。仮の姿である最初のもや状の型枠は消え去り、美と輝きと脈動が合体して新しい作品が形作られるのである。仕事は完了し、建物はできあがった。美しく完璧なその姿は時を経ても損なわれることがないので、こちらでは建物は想像以上に長持ちする。建て替えは、変更を希望する者が多いときにだけ行なわれる。

<領域3>
・魂の身体に食物は必要ない。したがって農業や食料品店、料理からレストランにいたるまで無数の地上的な仕事は、不必要になる。しかし、園芸はこちらでも大いに愛用されている。

・ あらゆる種類の芸術が心から楽しまれており、特に音楽は、万人に喜ばれている。

<領域3では、地上と同じような生活が引き続き営まれている。>
<領域3の仕事>
・ こちらの建築方法は、地上のやり方とは、大分違う。工事に必要な道具、たとえば、シャベルやトラクター、ハンマー、金づちなどは使わない。板もコンクリートもトラック、鋼鉄の梁もクレーンもいらない。ここでのあらゆる活動は、本来心の力を使って行なうものだからである。

・ 私達の「物質的な」大殿堂の建設でさえ、心の働きに基づいて行なわれる。だがそのためには、教育や知識、研究、設計が不可欠であり、これらに心の働きが加わって、はじめて建造物は、完成するのだ。

<領域2>
・ 領域2は、怒りや苦しみや混乱に対処しようと試みる悩める者たちによって作り出された、より暗い場所のことだ。もし諸宗教で言う地獄のようなものがあるとすれば、これらの区域がそれに当たるだろう。これらの区域は、熱くなく不気味に冷たい。

<領域3>
・ 領域3は、光と美の諸領域のうちの最初の界層で、みなさんのほとんどが死後この領域へやってくる。これは喜びと意義と美の世界である。領域は全部で7つあり、その最高に位置するのが、神、女神、ヤハウェ、アラー、ブラフマン、グレイト・スピリットあるいは、「全存在を包括するもの」の領域である。

・ 自分の属する領域よりもさらに高い領域を認識するには、訓練を積んだ上で、道案内役のガイドを獲得しなくてはならない。

・ 領域3の自然環境は、息をのむような美しさで、これまであなたが地上で楽しんできたどんな美をも超越している。それでいて、少しもけばけばしさを感じられず、見る者の眼に完全に調和して美しい。



「天使の灰の中から」 
 (アンドルー・コリンズ) (翔泳社)1997/12/1


<歩く蛇>
・ 紀元前5000年〜4000年の古代イラクにいたウバイド人の墓から見つかった「トカゲのような像」の一つ。母親だけでなく、母乳を吸う子供も蛇のような特徴を持っている。つまりこの像は、トーテム的なマスクをかぶった人間ではない。ウバイド人にとって蛇のように見えた民族が存在したことを示すと思われる。これらの「歩く蛇」は、いったい誰なのか?彼らは、どこからやってきたのか?

<ライオンの頭をつけた神>
・これは、地下にある暗いミトラス神殿でかって崇拝された「神秘的なライオンの頭を持つ像」によって最もよく具現されている。この翼を持つ神の等身大の像は、人間の男性の身体を備えている。

<ミトラス教のライオンの頭をした神は、いったい誰、あるいは何なのか?>
・その「ライオンの頭をした」神は、それが備える最も一般的な属性から見ると、後世の古文書が「コスモクラーター」と称しているものと同じだといえる。コスモクラーターとは、「世界を創出し治める力」を占星術的に明らかにした具現であり、天球のダイナモの全車輪が果てしなく回転して生み出される力である。

・ 「ライオンの頭をした神」は「分点の歳差運動を支配している力の具現」と信者にみなされているという。つまり、「ライオンの頭をした神」は、2万5920年の歳差運動のサイクルを通じて、天体の動きを制御していると信じられているのだ。

<「ライオンの頭をした神」は、時間の支配者>
・ 「ライオンの頭をした神」は、ズルワン教における悪の原理、アーリマンを示すと考えられている。「ライオンの頭をした神」は、運命の支配者及び無限の時間の支配者としての立場から、イランの宗教における悪の原理に降格させられ、彼の本来の役割は、ズルワンが担うことになったのである。


<ライオンの頭をつけた神>
・イランの神話で獅子座の時代にまつわる地球規模の出来事をさらに密接に結びつけるものがある。アンラ・マンユの主な動物形のひとつはライオンである。

<(アンラ・マンユ=闇と悪を意味するアーリマン)>
・ゾロアスター教の最初の千年紀は、紀元前9630年に始まるという。ササン王朝期のものとされる、アヴユスタ文献ではまた9000年(3×3000)という期間はアフラ・マズダとアンラ・マンユが世界の支配権をめぐって戦った期間とされている。

・ ライオンの頭をしたコスモ・クラーター。ローマ人のミトラス信仰において、宇宙の時間をつかさどる者。イランのズルワン教で、邪悪な霊とされるアーリマンとも同一視される。1万1500年前の歳差運動のサイクルに従い、この神は、獅子座の時代に由来するのだろうか!?



「ライオンの隠れ家」
 (ジョージ・ハント・ウィリアムソン)(求龍堂)
(異星人だった歴史上の偉人たち)1999/9/1



<ジョージ・ハント・ウィリアムソンは、シリウス星人のコンタクティーとしても知られている。>
・この本の著者(1926〜1986)は、マヤ・エジプト他の古代史研究の世界的権威。象徴学の大家としても知られ、人類学者、老古学者、正教会司教、マルタ騎士団最高幹部、冒険家、そして作家と多彩な顔を持ち、そのすべての分野で傑出した才能を発揮した。「神々のルーツ」「アンデスの封印」「ソーサーズ・スピーク」「ロード・イン・ザ・スカイ」他、多数の著書を持つ。ナスカの地上絵と異星人の関連性を世界で初めて指摘したことでも知られている。


<北米インディアンの伝説が語る異星人との交流の歴史>
・ 北米インディアンの伝説や、宗教的儀式およびシンボル類の多数が、宇宙人たちが新世界(南北アメリカ大陸)のさまざまな場所に定期的に訪れ続けてきたことを如実に物語っている。チェバー川の洞窟(前6世紀)やグランド・キャニオンの洞窟(後13世紀)に描かれている太陽円盤は、宇宙からの訪問者たちの乗物である「空飛ぶ円盤」の絵なのである。
北米大陸の東部に住むインディアンたちの伝説にも「スター・ピープル」や「上の人々」が頻繁に登場してくる。南ダコタ州に住むマンダン族の人々は、宇宙が「上の世界」と「我々が住んでいる世界」と「下の世界」の三つの世界で構成されていると信じている。

・ ナバホ族の伝説は、「稲光を伴った渦巻き雲」とともに雲から降りてきた「金髪の神」について語っている。

・ ナバホ族もホピ族もこれまで、他の世界からの巨大な宇宙船や円盤を頻繁に目撃し続けてきた。しかし、彼らも、そのことを外部のものには、話したがらない。数年前、直径十数メートルほどの球状飛行物体が多くのインディアンに目撃された。

・ 北方に住むチペワ(オジブワ)族は、「石のカヌーに乗ってやって来た小さな人々」の話を語り続けている。そのカヌーは、水の中に潜ることもできたという。

<光り輝く魂たちの目的が間もなく果たされる>
・グッドリー・カンパニーは、今なおさまざまな場所に住むさまざまな個人として地球上を歩いている。

<同じ転生パターンが繰り返えされる>
<なおも仕事を続けるグッドリー・カンパニー>
・イエスの昇天後もグッドリー・カンパニーは、地球上で繰り返し生き続けてきた。歴史に名を残す人物として、生きた者もいるが、ほとんどの場合は、歴史が記録するのを忘れた人物として、生存した。しかしながら、彼らが、アトン(唯一神)のもとで、行い続けてきた仕事は、宇宙的には決して忘れられることがない!

<グッドリー・カンパニーは、12,3世紀の北米大陸にまとまって転生した。>
<光の船団、水没を続けたレムリア大陸の地に再び飛来>
・近隣の惑星からの「光の船団」もまた飛来し、1万年ぶりに再びその地をおとずれていたのである!

・ 米国南西部のその地域は、今日のインディアンたちの間では、「太陽からの人々の大地」あるいは、「ライオンの大地」として知られている。そして、実はアリゾナという地名自体がライオンと極めて深い関係がある。アリゾナの「アリ」はヘブライ語で「大人のライオン」という意味なのである。テロスに「光の船」でやって来たメルクは、ツタンカーメン、アロン、聖マルコ、聖ゲオルギウスなどとして生きてきた後で、またもや「光の船」で戻ってきた。

<金星からの「光の船団」がレムリア(ムー)に到着>
・ムーとその植民地に住んでいた偉大な魂の多くは、最期を間近に控えたアトランティスに転生した彼らは、やがて訪れる“夜明け”のための準備を押し進めていた“グッドリー・カンパニー”のメンバーたちだった。“光の仕事人”としても知られる彼らは、すでにいくつもの文明といくつもの生涯を渡り歩き、いくつもの天変地異とも関わり続けてきた。

・地球の全生涯を通じて、グッドリー・カンパニーの面々は、無限なる父の意思に基づいた遠大な計画を遂行すべく、群れをなして転生を続けてきていた。新しい都での統治を開始したアクナトンの周囲には、誤った教えを一掃することで、世界を大改造しようとする彼の巨大事業を援助すべく、特に偉大な魂たちが集合していた。

・ カトーは、偉大な芸術家であり、石や貴金属に細工を施す名人だった。アクナトンの治世下で発生した一大芸術革命は彼の先導で押し進められた。この大芸術家は、後に傑出した哲学者で、グランド・マスター・メーソン(訳注=フリーメーソン団の最高位)でもあった。孔子としても生きている。彼はまた、その昔、第四王朝のファラオ、クフ王であったこともある。

<グッドリー・カンパニー>
・グッドリー・カンパニーのメンバーたちは、自ら志願して地球に転生して(生まれ変って)きた異星人たちであり、彼らは“ワンダラー(放浪者)”という名を付けられている。彼らは、これまで地球上で何度も生まれ変り、まさにあらゆる時代を通じて地球人類を援助し続けてきた。この地球上で、これまでに発生したあらゆる文明が、彼等の影響を極めて強く受けている。
この本は、また太古の昔から宇宙船に乗って地球を訪れ続けている異星人たちにも、スポットライトを当てている。世界中の多くの伝説の中に登場する「スター・ピープル(異星人たち)」や「天からやって来て人々の間を歩いた神々」は、大昔の迷信深い人々による妄想の産物などでは決してない。それらの神々は、実は聖書のあちこちで紹介されている天使たちと同様“グッドリー・カンパニー”の活動と地球人類の進歩を援助するために宇宙友愛連合に属する他のさまざまな惑星からやって来た、異星人たちにほかならなかったのである!彼らは我々と同じ肉体を持つ人間であり、宇宙船に乗って今でもここを訪れ続けている。

<ライオン(訳注;真実という意味)の隠れ家の扉が開かれようとしている>
・その昔、ある魂の集団が、人類の獣性から神性への旅を後押しするために宇宙の彼方からやって来た。彼らは、“グッドリー・カンパニー(善良な仲間、美しい仲間”と呼ばれる集団を形成して、今なお活動を続けているが、その事実を明らかにすることが、本書の第一の目的である。
彼らは、この悲しみの惑星に、今から1800万年ほど前に魂のみでやって来て、人の肉体を手にして、以来現在に至るまで、堕落した地球人類の教師として、まさに身を粉にして働き続けてきた。彼らは、オシリス、アポロ、メルクリウス(マーキュリー)、トートといった伝説の神々として、名を残すとともに、その後もさまざまな統治者や民族指導者に生まれ変っている。バール、バッカス、モロクなどの邪神たちは地球製の魂たちであり、黄金時代の終焉とともに歴史の表舞台に登場し、人民を従えた者たちである。


「外宇宙からの訪問者」
 (レイモンド・E・ファウラー) (集英社)1979



<グリーンの世界>
・ 次にベティがかいま見たのは、グリーンの世界だった。都市がある。植物も、しかしベティはそれらをどう表現したらいいか分からない。ピラミッドも今まで見たものと違っている。さらに当惑するものにベティは、引き合わされる。それが、不死鳥。これが一体何を意味するのかUFO研究30年のレイモンド・ファウラーをはじめベテランの調査官たちは、頭を抱え込んだ。過去のあらゆる第三種接近遭遇においても、この巨鳥、声、イエスキリストの例は見当たらない。これまで、論理的な広がりを持っていた催眠による逆行記憶回復が思わぬ壁に突き当たったのだ。

<エレメンタル・ボディ>
・ 私たちの深い潜在意識であり、3つの低次元の身体である精神体・感情体・肉体のための青写真を保持している。エレメンタル・ボディは肉体という器をつくる上で、私たちを助力し、肉体を維持し、新しい活力を与えてくれる。人間がエレメンタル・ボディに対してネガティブな思考パターンを送るようになった結果、肉体的な欠陥や病気や不快感などが生じたのである。健康と健全な思考パターンをエレメンタル・ボディに送れば、光に満ちた完璧な身体の創造に喜んで手を貸してくれる存在である。

<グレート・セントラル・サン>
・ 私たちが所属する銀河系の共同創造神(複数)の故郷。

<エロヒム>
・ 創造主の思考の資質を代表している七人の偉大な存在。アーキエンジェル(大天使)は、創造主の感情を代表している。



「聖なる探求」(私はアーキエンジェル・マイケルです)
 (ロナ・ハーマン) (太陽出版)2004/6/1



<アストラル界>
・4次元の世界の別称。七つの局面に分かれており、下部の1,2の局面は非常に暗い状態であり、上の局面に行くにつれて光が増してゆく。コナン・ドイル(『コナン・ドイル“人類へのスーパーメッセージ”』)によれば、アストラル界の第七局面の後に「サマーランド」があり、これは普通人間が天国と考えるような場所であるという。

<アストラル体>
・アストラル界に存在する時の身体。

<エーテル体>
・肉体に比べてより精妙な物質から成り立っている目に見えない身体で肉体・精神体・感情体のための青写真を持っている。別名「アストラル・ライトボディ」とも呼ばれている。



「家畜人ヤプー」 
 (沼正三) (幻冬舎アウトロー文庫)1999/7/1



<飛行島>
・「実は、どちらも蓄童を空中に飛ばせるためである。この飛行島の人工重力圏では、重さ15キロ以内の物体には簡単に飛揚装置が取り付けられる。それが羽根と光輪である。羽根は正式には双小翼といい、揚力は皆無だが重力盤の作用を消去する振動を合成する。そうすると軽くなって、光輪のヘリコプターの牽引力だけで浮揚できる。この光輪は、白人用の光傘と外見は似ているが、作用はまったく異なる物で、名称も輪状翼(アニユリツト)という。この装置を使用するためには、ヤプーの体重を幼児並の15キロ以下に減少させねばならない。そこで、縮小機に掛けて作り出されたのがペンゼル、すなわち飛揚蓄なのである。

・あたりは一面の柔らかな芝生で、ふと身を倒して、両手で葉末をなで回してみたいような衝動にかられる。飛行場らしい建物もなかったが、遠く前方には例の中央山が傲然とそそり立って白く輝き、その手前には山岳を削り成した城が見える。高さは千五百メートルにも及ぼうか。上空からながめた時とは違って、のしかかってくる絶壁の威圧感。しかも、単なる自然の壮観ではなく、膨大な人力の加工を暗示して、ブルーゲルの描いた『バベルの塔』の絵の持つ迫力を見せていた。―この飛行島全体の基盤にひそみ、これらの山々自体を造成した人工こそ真に驚異に値するものだったが、ここでは、それと自然に同一化して山々を削ったわずかの機械力だけが人為と見えていた。それですらピラミッドや巨大ダムを児戯視せしめる規模を示しているのである。

<「高天原」諸景>(飛行島着陸)
・クララのほうは、麟一郎どころではなかった。期待に満ちてタラップを降り立つ・・・
―まア! 空一面のバイオリン!
ドイツ語の成句に「天空一面にバイオリンがぶら下がっている」という表現がある。飛び切りうれしい恍惚状態を指す言い方だ。今彼女は降り立った瞬間、天から聞こえる音楽にふと眉を上げて、この成句どおりの光景を見たのである。肩に小さな羽根をはやし、頭上に光輪をいただいた、裸の童形の天使たちが、小さなバイオリンを連ねて歓迎の合奏をしている。子供の頃から教会でなじみの模様さながらなのだ。
「いつ聴いてもいいものねェ。クララ、これは蓄童(ベンゼル)といってね、ここの名物、アンナお得意の奏楽隊よ。ヤプーでもこんなに可愛い顔がよくもそろうものなのねェ」

・ 天使の絵はなぜ裸の幼児で表現されるのか、クララは今それを悟った。ヤプーだから裸なのだ。縮小されているから幼児に見える。去勢されているから性別不明と思える。しかし、なぜ縮小されているのか。なぜヤプーのくせに光輪をかぶっているのか。それは、クララにはわからなかった。

<高天原は、飛行島であった。>
・ 「クララたちは『竜巻号』がこの重力圏にはいると同時に、その振動を受けて島を見ることができるようになったのだ。振動といっても、島全体が一緒なので、ちょうど地球の自公転運動が地上では感知できないように、五官にも感じない。
 空中列車は、旋回しつつ下降してゆく。中央山の中腹にある氷瀑(ひょうばく)、氷湖、外輪山脈との間の環状盆地にある密林、碧たん、桃園、外輪の七峰のうち三つまでがそれぞれ一大城門に削り成されている豪快な斧鉞の跡、その外側に渺茫と広がっている環状平原の、あるいは広潤な田野となり、あるいは管理の行き届いた山林となり、あるいは豪華な都邑(とゆう)を作る有様、所々に湖をたてつつ、周辺部のいちばん外側を取り巻く幅1キロの環状湖へ流れ入る七筋の川は、森の樹種でも、芝生の上の建物の色彩でも、尖塔の様式でも、花壇の配置でも、流域ごとに異なる七様の景観を提供している。極地の氷河、砂漠のオアシス、いったいどこまでが人工、どこまでが天然なのか?いや、全部が人間の工作物に違いないのだが・・・・・」

<浮力盤の機構>
・ 浮力盤の機構は、20世紀科学の用語では説明しがたいが、島の中心部(中央山の岩盤内)の振動素子結晶体から送られる高速四次元微震動が、地球重力遮断に重要な役割を演じていることはいっておかねばならない。島全体が、その上のあらゆる物を含めて、微妙な振動を付与されている。そしてその振動のゆえに、飛行島は人間の目に見えない存在に化しているのだった。島の上空に来て、閉鎖空間であるその重力圏に入り、島の固有振動を自分も付与されない限りつまり、島の外や島の下(地上)からでは見えないのである。扇風機の羽根が回っている時に向こう側が透けて見える、あの理屈である。4次元振動によって3次元世界から視覚的に離脱するのだと表現してもいいだろう。

<「高天原」諸景>
<飛行島(ラピュータ)着陸>
・ 見よ、1万メートルの高度から地面を俯瞰する視界の中ほどに、突然新世界が現出したのだ。中央には雪をいただいたその頂上がK2の峰よりも高い円錐状の高峰、それを円周状に囲んで七つの峰を持つ山脈、その周辺の平野、その外側を完全な円周となって取り巻く湖水、・・・・・人口とは思えない大規模な一大自然が、すぐ目の下に浮かび出てきたのである。
 これが、飛行島(ラピュータ)「タカラマハン」だった。
直径百キロの大円盤を想像されたい。その面積は琵琶湖の12倍、関東平野に匹敵する。厚さはいちばん薄い部分で1キロ、中央は盛り上がって、最後部では厚さ5キロに達する。周辺部から望んで高さ4千メートルの高山なのだが、島の底面自体が地表からずっと離れて海抜5千メートル以上の高度にあるのだから、その山頂は、K2をはるかに超えた1万メートルの高峰になるわけだった。
 土壌と岩盤から成る地殻部は、数百メートルの厚さに達するが、その下に百メートルの厚さの引力盤は地球の重力を遮断し、斥力を利用して島を浮揚・推進させる基盤部で、されば島上の諸物に代って安定させるための引力盤が必要であった。



「琉球神話と古代ヤマト文学」
 (永藤靖) (三弥井書店)  2000/8/1



<スサノヲ>
・ところで、我々はこれと対照的な神として、古代ヤマトのスサノヲを措定することができる。スサノヲは、一方では樹木を植え、クシナダヒメを救助する豊穣神であり、善神であったことは確かである。その意味では、南島のマユンガナシに適応する神であったといってよい。ところが、記紀ではスサノヲは多くの場合、悪神として性格づけられているのが露骨に見える。このことはちょうどマユンガナシが五穀のために来訪するのと同じであるといってよい。というより本来持っているはずの来訪神の機能の一部を肥大化し、善神の部分を消去し、アマテラスに敵対する神として記紀の編纂者は、変更したのである。

・ 海を統べるスサノヲは、本来、水平的な世界像を持った神であったろう。水平的な世界像によって、この神は来訪神としての機能を持つに至ったと考えてよい。これに対し、アマテラスは天上的なむしろ垂直的な神として、シャーマンのもとへ降臨・憑依するのである。

・ 来訪神は、シャーマンによって駆逐されなくてはならない。すなわち、天照大神として国家神として祭祀されていく過程で、スサノヲは障害のある邪悪な神として措定されなくてはならなかった。天つ罪を犯した犯罪者とは、豊穣神であった神のネガティブな表現である。

<ミロクとサーカ(シャカ)>
・これも南島の「火」の起源伝承で、「ミロクとサーカ(シャカ)」という型の話として南島全土に広がっている。勿論、このミロクは、未来に出現して、衆生を救う仏教の弥勒、サーカは、釈迦から出ていることは、自明である。ミロクは、未来神、来訪神であり、この世に果報をもたらして、ミロクユー(ミロク世)を実現してくれる民族神の面影を持っている。

・ 南島は、このような来訪神の信仰が色濃い。豊年祭において、西表島の吉見や石垣島の川戸のマユンガナシ等も異形の風貌を持つ神として知られている。これらの神は、遠来からの来訪神であり、ニライ・カナイから豊穣をもたらしてくれる神として祭祀されるのである。この伝承である龍宮のミロクも、これらの神々と同一次元のものと考えてよいだろう。

<ニライ・カナイの火>
・ 沖縄本島の始まり、島建ての際に、島に人間が現れ国をつくる。しかし、島には火はなかったという神話がある。火はシマの<外部>ということは、海の彼方の龍宮からもたらされたというのである。また、ここに「龍宮」は、南島の神話にしばしば登場するニライ・カナイ、あるいはニルヤ・カナヤと呼ばれる海の彼方にある世界と共通するものである。

<マユンガナシの原郷>
・ 確かに五穀をもたらしてくれた世界は、ニーラスク(ニライ・カナイ)という海の彼方の異界であり、またその地が、マユンガナシの故郷でもあった。ということは、果報も豊穣も毎年毎年、ニーラスクからやってくるのであり、その世界とのつながりは、年毎に更新されなくてはならないのであろう。言い方を変えれば、現実世界は、異界という<外部>との縁をきることができない。というよりも南島の人々は、逆にニーラスクの側から現実を見ているのであろう。現実は、ニーラスクの上にのっている仮の世界に過ぎないということを充分に自覚していたのである。

・そして、マユンガナシに扮する男が、戊戌年の男ではなくてはならないという伝承は、戌(犬)という文字を類似する「戊」の文字を重ねたまでで、「犬」という記号そのものを強調する神話的な意味があったにちがいない。おそらく、犬は、高木智見が述べているように「地下世界への案内者、穀物や天と意志疎通を図る」ことのできる仲介者的、境界的な存在であった。ニーラスクは海の彼方の祖霊のいる世界であり、地下世界へと通じる洞窟(ガマ)と深く結びついているのもこのことを明示しているのであろう。(アカマタ、クロマタはこのガマから現れる)。



「堕ちた天使たち」(悪霊・悪魔の物語)
 (ロバート・マッセロ) (心交社)1996/2/1



<輝ける天使ルシフェル>
・ 天国にいたとき、彼の名は、ルシフェル(「光を身に負う者」)で、神の最も美しい天使だったが、このような人もうらやむような身分でありながら、ルシフェルは満足していなかった。
神に近い位置にいることに過大なプライドを持っていた。やがて、ルシフェルの驕りは、神でさえ主人として持つことに我慢がならなくなった。自分の運命は自分で決めたくなって謀反を企てたのだ。反旗を翻して、同じように不満を持っていた天使たちを集めた。最高の権威を手に入れるための戦いを挑んだ。神は、戦いのために大天使のミカエルを司令官に指名した。

・さて天では戦いが起こった。ミカエルとその御使たちとが、龍と戦ったのである。龍もその使いたちも応戦したが、勝てなかった。そして、もはや天には彼等のおる所がなくなった。この巨大な龍、すなわち、悪魔とか、サタンとか呼ばれ、全世界を惑わす年を経たヘビは、地に投げ落とされ、その使いたちも、もろともに投げ落とされた。

・ 天から落ちたルシフェルは、もうルシフェルではなく、サタンという新たな名前(ヘブライ語で「敵対者」の意)で呼ばれ、地獄を支配するようになった。一緒に地獄に落ちた天子たちは、サタンの子分の悪霊となった。人間を誘惑し、堕落に導くことに新たな生きがいを見出した。
まともな仕事のない悪霊たちは、その「激しい怒り」を彼等の誘惑をはねつけるだけの知恵のない罪深い人間を見つけて、ぶつけることにしたのだ。
悲しいことに、このような愚かな人間が不足するということが一度もなかったのは、世界の歴史が証明するところである



「宇宙連合 大計画の道」(人類・宇宙のユートピアへの進化)
(円想作+康普全)(たま出版)1997/2/1



<天使>
・ (6次元〜9次元に存在する神のために「幼神」といえる。)だが、悪魔と同様に誤って解釈されているようであります。天使とは、すなわち、「邪神」であります。この他にサタンも同様に邪神です。つまり、悪魔と違い「苦悩」や「苦痛」を与えないのです。先ず先に人間を楽しくさせるのです。これは様々な「認識」や「真理」を与え、まず快楽を与え続けるのです。そして色々な快楽の中から「これは試しであることを悟り、真実を学びなさい」ということを教えているのです。つまり楽しむだけ楽しむのです。それはやがてエスカレートしていずれ報いとなり淘汰現象として現れるのです。「人生苦あれば楽あり、楽の後は苦あり」なのです。

<天使と悪魔の意外な真実>
・ 天使と悪魔はまた正しく解釈されていないのも現状です。しかし、これは宇宙創造主が人類に分からぬように「封」をしていたため明確にできなかったのです。
悪魔(5次元〜43次元に存在する)は、今の宗教では大変に嫌われて「忌」しいものとされているのが悪魔であります。実を申しますと、この悪魔は他ならぬ「正神」なのであります。驚かれると思いますが真実なのです。つまり悪魔は先に苦しみを与え、耐えた者だけに「楽」を与えるのです。
人間には「陰心」と「欲」があります。そのために厳しい正導からそれようとする人が多いのです。つまり、楽を求めるのです。その中で悪魔は、人々に苦を与え、それでも分からない人には重い罰を与えるのです。ですから、人間にとってみれば、苦しいだけで、何も良いことがないように感じられるのです。よって悪魔とは、「悪くて」「忌しいもの」とされてしまうのです。人間の我がまま、「楽をしたい」などという気持ちが修行を怠らせた結果、「苦悩」「苦痛」などを罰として与える正神は悪魔と定義づけたのです。したがって、悪魔という語と化身したときの恐ろしい姿は、そのまま人間の陰心の表れなのであります。

<正神とは>
・ 試練のちかいであり、「苦」を先に経験させ、耐え抜いてきた人のみに後で、「楽」をあたえるものであります。もちろん、守護、指導は行ないますが、あくまでも正導に導かれる人のみです。

<邪神とは>
・ご褒美の違いであり、「楽」を先に与え、なぜ「楽」なのか、また、「楽しい」のかを学ばせ、その中から真実を見つけさせるのです。
しかし、「楽」にどっぷり浸って真実を知ろうとしない人には後に苦しみ(楽しんだツケみたいもの)が待っているのです。しかし、ともに魂の進化発展のために存在する意識生命体なのです。しかるに、両方の神仏とも人類を試しているのです。

<邪導の道とは、「ユートピアの道」>
・つまり神の厳しい指導だけでは、人間は、気付けることも少なく、やがて滅んでしまいますので、そうならないうちに他の方法を訴え、明るい未来の真理・真実を明かし、人類に夢と希望を与えるものであります。
もっと分かりやすく申しますと、正導の導きは厳しいムチであり、邪導の導きは厳しいムチを与えられて疲れてしまった人類へのアメであります。しかし、初めからアメを与えてしまいますと修行にならず、堕落しますので、あえて時を見計らったのです。
よって「邪導」とは、真理・真実であり、邪導の道とは、「ユートピアの道」ということになります。

・しかるに、従来の正神による指導は、苦導の道であります。神は正導であっても常に苦痛が伴い、あまりに厳しく時には死に至るときもあるのです。しかし、神様は人間に対し、「死んでもやりなさい!」と言うときもあり、「死んでも転生して生まれ変ればよい」という考えなのです。これは、神仏は肉体を持っていないために肉体存続の素晴らしさが全く理解できないのです。よって正導とは、苦導なのです。

・しかし進化した宇宙人はユートピアという楽園、つまり従来の場ではない所に住んでいるのです。すなわち、楽をしているのです。したがって、邪導とは、「楽」であり「ユートピア」であり、「宇宙の真理」、「真実」なのであります。これからの地球は、正導の導きを悟りながら邪導の道へと進み進化した他星人達の指導を受けていくものであります。

<宇宙の進化には正導の道と邪導の道がある。>
<正神と邪神>
・「正導」とは、正神による博愛思想、陽心思想の悟導、教育であります。現在の地球における代表的な正神は、次のようであります。
1、 十次元、宇宙創造主
2、 47次元  円大神
3、 96次元 大宇宙創造主「悟」

・ 正神の指導、教育は大変に厳しく、苦しいものが多く、人間にとってみれば、苦悩、苦難、苦痛となるのです。従って、「正導」とは、苦導であり、正導の道とは、すなわち修業の道であるということです。しかるに現在の地球は、修行の場でありますので、なおさら苦しいのであります。しかし、正神にしてみますと、やはり博愛と陽心の思想なのです。つまり、「いじめてやろう」とは思っていないということです。あくまでも正しき成長を願う愛そのものの表れであります。これが「正導」の真の姿なのです。

・「邪導」とは、正導に対し、相対するものが「邪導」であります。何か「邪導」などと申しますと悪いイメージを持ってしまいそうですが、ここでいう邪導とは、少し違っています。これは、「先覚型神仏」、「意識生命体」、「人間型意識生命体先覚者」であり博愛思想、陽心思想、人類救済アピール思想の指導・教育であります。ごく簡単に申しますと、先覚型神仏とは、弥勒菩薩神、始原神集団、399次元の「無」、進化惑星シータ星人、超超進化惑星人のアンドロメダ星人たちであります。
つまり、神仏を超越している他星人とそれらの人間と完全調和している弥勒集団、そして、399次元の大宇宙意識である「無」の指導によるユートピア的指導・教育であります。

<エーテル界へのキリストの出現>
・エーテル(ギリシア語でアイテル)は、天上世界を構成する実質のことをいう。月より下の世界が、土・水・空気・火から構成されているのに対し、天界にはエーテルが充満しているというのがギリシアの自然科学の見解だった。

・エーテルは、精神界と物質界を仲介するものであり、ここでいうエーテル界は、地上に属する天界というべきものだ。エーテル界は、二次元世界で、空の青が終点になっている。地球は、上方から、生命エーテル、化学エーテル、光エーテル、熱エーテルに包まれている。
最初に熱エーテルがあり、太陽系宇宙の気体状態期に光エーテル、液体状態期に音エーテル=化学エーテル、そして現在の固体状態期に生命エーテルが発生した。

・ 第5文化期(1413〜3573年)において、20世紀以後に人々は「アストラル界におけるエーテル的な姿のキリスト」を知覚体験するようになるというのである。



「ゴルゴダの秘儀」(シュタイナーのキリスト論) 
(西川隆範) (アルテ)2004/3/1



<ゾロアスターの個我>
・ 「マタイ福音書」のイエスが亡くなって、その身体の中に生きていたゾロアスターの個我が「ルカ福音書」のイエスのなかに移ったことは、すでに述べた。
イエスが、30歳になったとき、ゾロアスターの個我は去って代わりに、キリストが入ってきた。ゾロアスターの個我は、すでに亡くなっている。「マタイ福音書」のイエスのエーテル体と結びつき、新しい身体を形成する。これが「マイスター・イエス」と呼ばれる存在である。

・ローゼンクロイツはキリストの個我のコピーを受け取った人物ともいわれている。ローゼンクロイツは、のちにサン・ジェルマンという名でも知られるようになる。

・ 七人のマイスター(菩薩)は、繰り返し転生しつつ地上で活動している。そのほかに、マイスターが5人おり、彼らは精神界にとどまって、地上には下らないとされる。この計12人が「叡智と感受の共鳴の導師たち」と名づけられるアデプトたちで、ホワイト・ロッジと呼ばれる場に結集しているという。12人の菩薩たちの本体は、精神界にあって、キリストを中心に輪をなしている。



「アガルタ(虹の都)」
 (R・E・ディクホフ)  (密教科学社)1961/1/1



<天上界におけるハイラルキー>
・ベテルギューズ遊星帯のどこかに存在する年老いた神々は、彼ら自身たちのために天上界におけるハイラルキーなるものを組織した。その代理とともに、この悠久な年代に地球の内部にトンネルを穿つことに成功した。これらのトンネルは、タイタンのトンネルとしばしばいわれているものである。

・火星からやって来た年老いた神々とその代理人たちは、かのタイタン人つまり巨人労働者をどこから導入したかについては語っていない。しかし、もちろん彼らはどこからどのような方法で、タイタンを連れてきたか、どこでどのように彼らを使役したかについて知っている。これらの巨人タイタン族は、遊星ウラナス(天王星)から来たもので、その父ララヌス神の御名にちなんで名づけられる。創世記の記述によると巨人タイタン族は、地球の内部に住んでいて地球の表面には住んでいなかったと記されている。

<人間のような手足を持った蛇やクロコダイルに似た生物>
・火星の超人科学者達は、悠遠の太古に宇宙空間を越えて飛来したのであったが、当時火星人は、彼らに対峙し挑戦していた敵を持っていたのである。それは、金星人であって、火星人と同様、宇宙旅行に関する原理について理解していた。そして、金星人は火星から飛来してきた半神半人の超人たちより、少し送れて、地球に到着した。彼らは、人間のような手足を持った蛇やクロコダイルに似た生物であった。この爬行生物については、聖書創世記の中にも人類の敵たる老いたる蛇、直立歩行し、言葉を語り、智慧と判断力を持つ蛇として描写されている。

<エジプトの死者の書>
・「私は、昨日の子孫であり、地球のトンネルに私は出生を与えた。そして私は、自分に予定された時に出現したのである」。また、「私は“ラ(Ra)のトンネルにいつでもいけるように夜をそこから運び去った」。我々は、またエジプト人が崇拝している地下王国の神オシリス神を除外することはできない”



「世界の奇書 総解説」(自由国民社)1992/11/1
「哲学的人類史」(インド起源説の原点)(ファーブル・ドリブェ)


<シナルシー>
・ 本書が後代のオカルチストの東方神話の原点の一つになったのは、19世紀後半のサン・チーブ・ダルヴェードルによるところが大きい。彼は、「ユダヤの使命」という著書で、ファーブル・ドリブェの人類史をほぼ全面的に踏襲しただけではなく、ラム帝国は、現在も存在していると主張した。つまり、イルシュの反乱後、ラム帝国の中心は地下にもぐり、世界各地のシナルシー派を密かに指導、支援してきたというのである。これがインドか中央アジア奥地に入口があるという地下王国アガルタである。このアガルタの消息を伝える「インドの使命」もまた世界の奇書の一つと言えよう。

・シナルシーは、アナルシー(アナーキー)の反対語で、ラム帝国とアガルタの統治形態である。これは、ファーブル・ドリブェの二権分立に、経済・生産従事者の組合(資本家+労働者)を加えた三権分立であった。サン・チーブ・ダルヴェードルは、ヨーロッパにおけるシナルシー革命を精力的に唱え、その下ではアガルタと連帯することを訴えた。このようにして、東西の協調と世界の救済が実現されるはずである・・・・・・。このシナルシー革命の余波は第二次世界大戦中ドイツ占領下のフランス政治の裏面にも及んでいるという。

<ラム帝国>
・アトランティスに対する決定的勝利を収めたラムは、インドを中心にイラン、アラビア、カルデア、エジプト、エチオピア、リビアにまたがる世界帝国を確立するのである。ファーブル・ドリブェによれば、古代インドの叙事詩「ラーマーヤナ」には、このラム(ラマ、ラーマ)の事蹟を歌ったものであり、劇(ドラマ)の起源はラムの功績を讃える祭儀であったという。



「カリスマへの階段」
 (コリン・ウィルソン) (青土社)1996/3/1



<ジョセフ・スミス>
・モルモン教は、ヴァーモンド州生まれの農夫の息子ジョセフ・スミスにより1805年に創始された。スミスによると、モロニという天使が1823年9月21日の夜に現れて、アメリカの原住民の歴史が刻まれた黄金の板一揃いが埋まっている場所―ニューヨーク州パルミラから6キロの丘の中腹―を教えてくれた。スミスが最終的にこれを発掘するのは、1827年のことになる。最初の弟子―農夫マーティン・ハリス―が寄付した50ドルで余裕ができると、スミスは銀の眼鏡「ユイリムとトウミム」の助けを借りてこれを翻訳し、1830年に「モルモン経」として出版した。黄金の板は、天使モロニへ戻されたので、スミスのほかにこれを見た人間はいない。

・ただし、スミスは、その一部を紙に書き写し、弟子ハリスに命じ、これをアントンというニューヨークの学者に鑑定させたところ、文字は本物との回答が得られたと言う。)「モルモン経」の一部の「レヒの書」は弟子ハリスの妻により悪魔の作として火に投ぜられた。
「改良エジプト語」で書かれた「モルモン経」は、5世紀にバベルの塔からやって来たヤレド人の入植からアメリカの歴史を述べると語っている・・・・・イエス・キリストは十字架で死んだ後にアメリカに現れて福音を説いた。
誰もスミスも詐欺師と信じて疑わない。



稲生物怪録(いのうもののけろく)絵巻集成 
 (杉本好伸) (国書刊行会)2004/7/1



<魔王の山本(さんもと)五郎左衛門>
・稲生物怪録(いのうもののけろく)絵巻は、「実話」を絵巻物にしたといわれているが、異次元から魔王の山本(さんもと)五郎左衛門が登場したり、超常現象を体験した平太郎の側に冠装束をした人の半身が現れたりしている。これこそ「産土神」と云われている。



「2002年 悪魔の大降臨」 
(早川弼生) (学研)1996/9/1



<悪魔の叡智を継承したヒトラー>
・ナチスの創立者は、デートリッヒ・エッカルト。彼は黒魔術に精通する悪魔崇拝者として暗黒の秘密結社「トゥーレ協会」に君臨した闇の帝王であった。ナチスは、トゥーレ協会の公然活動部門として設立された団体なのだ。
「ヒトラーに続け。私はヒトラーに彼らと交信できるような手だてを授けた」これは、臨終にあたって、エッカルトがつぶやいた言葉だが、この“彼ら”というのも、もちろん“サタン”であることは、歴然としている。
その証拠にエッカルトは、死の3年前、「反キリストの器にして魔王ルシファーとともに世界を栄光に導く男が来る」という悪魔の啓示を受けたと言う。

・その彼が、ヒトラーに悪魔学を教育しているのである。ヒトラーの悪魔性について、彼の側近である、ナチスのベルリン大管区長官ヘルマン・ラウシュニングは、こう語っている。
「疑いもなくある種の力がよぎる。まったく悪魔的といえるくらいの力が彼をよぎるのだ。ヒトラーの政治的諸計画は、その背後にある思考、人間が宇宙と魔術的な関係にあるという彼の信念を理解しない以上、了解不能なのである」。

<聖書の言う「新しい天と新しい地」の降臨によって人類は霊的に進化する>
・この新しい天と地とはいったい何だろう。そのヒントは、このとき、天から下りてくるという聖なる都「新しいエルサレム」にある。もしかしたら、これは異次元空間へと新人類を乗せて旅立つ巨大な“マザーシップ(母船)”を描写しているのかもしれない。あるいは、また、地球それ自体がそっくり異次元空間へと転送されてしまうのかもしれない・・・・・・。



「アリス・ベイリー入門」(エソテリシズムとは何か)
 (土方三羊) (アルテ)2001/10/1



<ハイアラーキーは、過度の悪に対する抵抗勢力である>
<ハイアラーキー>
・シャンバラが意志のセンターであるのに対して、ハイアラーキーは愛と知恵のセンターである。

1、 ハイアラーキーは、人類と過度の悪の間の壁になっている。宇宙的な源から発する過度の悪が押し寄せて破壊するのを防ぐには、ハイアラーキーの熟練の手段とシャンバラの認可が必要である。
2、 ハイアラーキーは、絶えず、すべての形態の意識様相を目覚めさせる仕事に従事している。
3、 ハイアラーキーは、人類が許す限りにおいて、世界の出来事を方向付けている。
4、 認識されている以上に、ハイアラーキーは、周期的に開花する文化とその結果である。文明を指導し統御している。
5、 ハイアラーキーは、シャンバラからのエネルギーとその結果としてのフォースを受けて指導している。
6、 ハイアラーキーは秘境的な「神の火」を受ける。
7、 ハイアラーキーは、人々にイニシエーションの準備をさせる。



「不思議な世界の歩き方」 (超能力者・霊能力者に学ぶ)
 (布施泰和) (成甲書房)2005/8/9



<シャンバラと京都の鞍馬山の伝説>
<異星人は、地球人の進化に干渉しないと言う宇宙の定め>
・シャンバラにはピラミッドがあって太陽と相対して「磁流」を放出している。そこには宇宙の真理を体験した「アデプト(超人)」が暮らしていて、覚醒した人が地上に現れれば、その人に援助を送り、魂の意識を進化させる手助けをするのだという。

・地下王国アガルティは網の目のように空洞や通路があって、世界各地の地上と通じている。その地下への八つの入り口は秘密になっているが、北極にあるという巨大な穴から地球内部に入れるのではないか。
シャンバラの王サナートクメラは650万年前、空飛ぶ円盤(天車)で地球に降臨した。その場所は、中央アジア高原とも京都の鞍馬山ともいわれている。

<鞍馬山と金星人>
・ 宇宙人たちは、地球の内部に空洞があって、シャンバラの存在を知っているが、シャンバラに一目置いている。シャンバラの指示がない限り、地球に対して勝手な行動が許されない。それほど、シャンバラは地球にとっても宇宙にとっても大きな存在。

<シャンバラへの憧憬>
・シャンバラは、チベット密教に伝えられる不可視の王国の中心地であるとされている。一説によると、雪山に囲まれた八葉の蓮の花が開いたような地形であり、その蓮華の中心にシャンバラ王の住むカラーパ宮殿があるのだそうだ。各花びらに相当する盆地には1000万の街をもつ国が12あり、96の小王国があり、約9億6000万の街があることになる。

・また、一説によるとアガルタは、四つの運河に区切られ、七つの都市が栄えている。その中心には、ひときわ壮麗な首都シャンバラが美しい湖に囲まれてそびえたっている。そこに住む人々は、ヴィマーナと呼ばれる空挺に乗って、都市の間を移動するだけではなく、宇宙の彼方にある遠い星への行くことができると言う。アガルタは、世界の大洪水を生き延びた賢者たちが今なお住んでおり、地球外の高度な存在、宇宙人や天使たちと常に接触を持ち、協力して地球人の精神的進歩と魂の浄化を図っていると言う。もちろん、こういった話は伝説の域を出ない。

<横尾忠則(画家)とUFO>
・そのような横尾も実際に円盤に乗ったことはないようだ。ただし、夢の中では、UFOに乗って地球外惑星に行ったり、地球の内部に入ったりしたと主張する。「夢とは思えない」ほど実に生々しい体験であったと横尾は言う。

・地球外の惑星はともかく、地球の内部とはどんな所なのだろうか。横尾は、地球の内部にはアガルティという地底王国があり、ヨーガの説く最高中心としてのシャンバラとは、その首都の名前であると言う。「シャンバラには誰でも行くことはできません。本当に選ばれた者だけが、アストラル体で往くことが許されるのです」。



「大予言事典・悪魔の黙示666」
 (高橋良典)(学研)1982/11/1



<フリーメーソン>
・ユダヤ人の世界制覇のための道具であり、その世俗的活動は、世界制覇という真の目的を達成するための隠れ蓑であるというのである。そして、地下におかれた秘密司令部直轄の超秘密結社“イルミネ団”(政治面を担当)と“薔薇十字団”(科学面を担当)こそが、真のフリーメーソンであり、この2つの超秘密結社が、世界制覇の陰謀の両軸を担っているとも言われている。

・ユダヤ側では、この陰謀説を前面否定しており、フリーメーソン側でも「フリーメーソンは、世界的有力者の単なる一大サークルにすぎない」と主張している。が、アメリカ独立戦争、フランス革命、第1次世界大戦、ロシア革命、第2次世界大戦、イスラエルの国家再建等々、歴史的な大事件のほとんどにフリーメーソンが、何らかのかかわりを持ち、人類の歴史を裏から繰ってきたことは確かだとみられている。

<サン・ジェルマン伯爵>
・ 18世紀のヨーロッパで活躍した有名な錬金術師。<不死の人>という評判をとった。

・ しかし、別の説では、彼はイエスの復活を目撃した<不死の人>といわれ、「マタイによる福音書」に記された「死を味わない者」の一人だと見られてる。

・ よく聞いておくがよい。人の子が御国の力を持ってくるのを見るまでは、死を味わない者が、ここに立っている者の中にいる。(第16章28節)

<死を味わない者とは?!>
・この説によれば、サン・ジェルマンは、イエスの12弟子の一人で、イエスの再臨まで2000年以上も生き続けることを命じられた奇跡の歴史の証人ということだ。
いずれにせよ、サン・ジェルマン伯爵は、過去2000年の謎を秘めた人物である。その彼が、近いうち日本に姿を現したとき、あなたはどのように彼を見つめるだろうか。



「宇宙連合 大計画の道」(人類・宇宙のユートピアへの進化)
 (円想作+康普全)(たま出版)1997/2/1



<異次元の認識も現代科学では、少しづつ進んでいるようだ!?>
・プラス次元―高次元といい「波動次元」と表現します。4次元以上。

・マイナス次元―真次元といい「物質次元」と表現します。3次元以下。

・ さらに波動次元のことを、つまりプラスの高次元について「神仏の世」と呼びます。そして、物質次元、つまりマイナスの真次元のことを「人間型意識生命体の世」と呼ぶのです。

・ この物質次元のマイナスに行けば行くほどに、進化した人間型意識生命体、すなわち超人類とか進化惑星人といわれる宇宙人の世となるのです。

<複雑なる宇宙の姿。硬像について>
1、 各次元に対し、プラス、マイナスにそれぞれ103の硬像があります。ただし、神仏の世には存在しません。

2、 現象の影であります。これは実在界(地球では、5次元大霊界)の現れの影が写っているのです。

3、 現象の深さであります。実在界の結果の深さの表れの現象であるのです。

4、 実在界の違い。地球の実在界は、5次元ですが、他星人の実在界は5次元とは限りません。

5、 実在の深さの違いによる現象であります。これは現象の深さと似ています。

6、 98次元。「悟」の隠れ道であります。これは高次元意識生命体「悟」の遊び場であり、仕事場であり、キャンパスであります。

7、 悟の描いた迷路であります。宇宙の人間型意識生命体、神仏の修業の場であります。したがいまして、宇宙は、簡単に解き明かせないように「悟」によって調整されているのです。

<浦島太郎のような現象、ウラシマ効果はないという説もある>
・このワープ航法を用いますと光速を超えるなどという非現実的なことはせずとも宇宙のはるか彼方への飛行は、可能なのです。
このワープで航行しますと、トピ船内の時間経過は何ら変化は、なく「ウラシマ効果」なる奇妙な現象は、全く起きないのであります。すなわち、有名な物理学者であるアインシュタイン博士自慢の「特殊相対性理論」は、全くの誤りであることが分かるのです。
「多次元」「多硬像」を認めることにより、「宇宙の謎」に「UFOの謎」「進化した宇宙人の謎」などが氷解し、少しづつではありますが、理解できるようになるのであります。

<トピ船のワープ航法>
・従来の仮説、推測では、UFOは「光速を超える」とか、「異次元を飛行する」などと言われてきましたが、どうも的確な答えとは申せません。
 つまり、彼ら進化した他星人のトピ船には、地球人の考えるエンジンというものはなく、「次元跳躍装置」と「硬像通過装置」があるのです。もちろん、通常の空間(つまり地球上では3次元空間)を移動しているときは、磁力エンジンを使用します。この次元と硬像を飛び越えることで何百万光年離れた所にもわずか数分という「時間」で到達できます。これが「ワープ航法」というのです。



「大脳と意識の変革論」 (超高意識への上昇)
(當山開楽+康普全)(たま出版)1998/3/1



<チャネリングは、右脳と関係している>
・さて、人間は、まず大脳覚醒の中で最も先に右脳が覚醒します。右脳の覚醒は、幼児期から始まり、30〜40歳でピークを迎えます。右脳が覚醒しますとまず宇宙とのつながりができます。これまでになかった種々の現象が出てきます。これを覚醒反応といい、ほとんどの方が、これからこのような反応を体験します。先を行く者である私達は、皆様の指導的立場として、種々の真実を伝えていき、より安全に右脳が覚醒していくことを指導教授しているのです。

<ミステリー・サークルとは>
・ミステリー・サークルは、間違いなくトピ船(地球人はUFOという)の飛翔の形跡であり、地球において「何かをした証し」であります。そのほとんどが、実験的や研究的なことであり、地球人に合った水や食物の選定や摂取のためのデータ集めのためであります。

<弥勒の世への移行は、肉体・波動体の浄化が最優先する。>
・ミロク(弥勒)の世への移行は、波動の世界ではすでに行なわれており、そこでの生活を無理なくできるように、肉体・波動体の進化があります。トピ船への乗船は、まず、肉体・波動体の完全浄化が最優先であります。

・ 全アンドロメダ星人の超博愛力によりバックアップされています。

・ ここで言う全アンドロメダ星人というのは、シータ星人も含めた方々であります。何故かと申しますと、シータ星人も、ルーツは、アンドロメダ星人なのです。家族で言えば、兄弟みたいなものであります。

<宇宙創造主の苦行から大宇宙意識の楽行へ>
・大宇宙連合の教えは感謝を基本としている。意識変革を楽しむには、これまでの常識を捨て去るしかありません。
・大宇宙の進化の流れは惑星の統治者すら代える。

・大宇宙には、数多くの惑星があり、それを統治する者がおります。統治する者とは、大宇宙より使わされた神仏であり、神仏型意識生命体であります。地球には、宇宙創造主という神が存在し、統治しておりました。

・ 宇宙創造主の地球の支配は終わりを告げる。

・ 宇宙創造神から始まり、円大神・弥勒菩薩へと進み、大宇宙連合へと託される。まさに大宇宙の計画に添って世は進み、前進、前進とひたすらに歩み続ける。

・ 「大宇宙連合大アンドロメダ星人」の意図的支援と協力!!

・ 宇宙には、多くのワンダラー博愛者がいます。宇宙連合そのものが、博愛を持った連合であります。21世紀は、地球星も宇宙連合の仲間入りを許されます。

・ 地球星も宇宙連合の力により育てられ、大進化をしております。

<シータ星人>
・ 宇宙連合太陽系のリーダーの任を預かる金星人の集団で、はるか古代より地球に飛来したり、人類の意識改革を促したりして、地球人類に警告や様々なメッセージを送っている。非常に利他愛にあふれ博愛精神の持ち主たちで、高い水準の科学文明テクノロジーを保有しています。大淘汰、ポールシフトが終わり全て落ち着いたら、私達地球人と共に新しい地球に移住する予定の人たちであります。

<トピ船>
・宇宙連合が使う宇宙船。宇宙艇の総称です。トピとは、「無限なる宇宙」という意味です。

<トピ通信>
・アンドロメダ星人からの単発的通信のこと。


________________________________________
■■■ 私が思うこと、聞いたこと、考えること ■■■

・他人の霊魂が人に取り付いて、悪さをしたりすることは、日本や欧米でも観測されており、キリスト教会では、「悪魔祓い」(映画にもなっていますが)も認めているようです。信じられない現象ですが、「多重人格」なども実例が報告されているようです。死後の世界では、信じられないような世界が開けていると言われています。あの世が、現世に影響を与えているという説もあるようです。臨死体験から、神や天使の実在を信じる人々が増えてきているようです。

・死後の世界を知れば、肉親の死に直面しても暗くならないといわれます。「死後の世界」を知れば、自分の死の恐怖がなくなるそうです。現代では、“死後”に高次元の異星人、つまり天使や神々と遭遇すると言う説が多数説となっています。子供たちの臨死体験は、表現に限界があるようです。「前世を語る子供たち」という本もありますが、臨死体験で幽体離脱(体外離脱)体験をする子供たちも多いようです。トーガという服装は、「死後の世界」にも「上位次元の異星人の世界」にもよく出てくる服装の表現のようです。 「(トーガ)。古代ローマ市民が着用した外衣。半円形または楕円形の布をからだに巻くように袈裟(けさ)がけに着る。のち男子の専用となって階級により色・着装法が定められた」。(アウトオブボディ(体外離脱)は、夢の中でもおきるようです。夢自体が対外離脱の一種かもしれません。より高次元の神々の存在は、私たち一般人は、理解できません。

・“精霊界以上のより高次元の光の存在”は、よく指摘されるストーリィのようです。タイム・トラベル的な記述もいろいろなところで見られるのが特徴でしょうか。いわゆる地獄でも高次元の天使は、救いの手を差し伸べているようです。<死後に入る“精霊界”は、人間の社会生活と大体同じと言われていますが、もちろん大きく違うところもあると言われています。異星人ものや「死後の世界」の記述では、タイム・トラベルはあるといわれています。天界の音楽は、想像を絶する程度に華麗なようです。<キリストが案内した都市とは、アストラル界かエーテル界にある都市なのでしょうか。死後に行くエーテル界やアストラル界の都会の状況は、想像に絶するもののようです。そして、あなたもいずれはその世界に向かう運命なのです。死後の世界のサマー・ランド(精霊界)と神智学で言うエーテル界やアストラル界は、同じようであり、死後の人間や高次元の異星人(天使)などがいるといわれます。風景は地上と同じであると言われていますが。

・太古に南北アメリカ「に白い神」つまり異星人が、天空から飛来していたようです。たくさんの伝説が、その事実を物語るといわれます。

「失われた惑星文明」(ジョン・A・キール) (大陸書房)の本の中のチムニー・ロックの現象は、シリウス星人のワンダラー(転生)やウォーク・イン(憑依)現象に関係しているのかもしれません。RV(リモートビューイング)(遠隔透視能力)「千里眼」「天眼通」のことのような超能力のメカニズムは不思議なものです。

「コズミック・ヴォエージ」(コトニー・ブラウン)(徳間書店)(1997/3/1)の本におけるSRV 科学的遠隔透視による宇宙をあるようです。「宇宙人もの」の情報は、米国から日本へ流れてくる情報量自体が減少したようです。米国や日本のUFOマニアたちの活動は、どうなっているのでしょうか。出版活動も低調のようです。

・「高天原(たかまがはら)」は、異星にあるか、エーテル界に突入した「都市型の超巨大宇宙船」なのか、定説はないが、異星に存在するとする説は、無理のない推論でしょうか。「光と闇」「善と悪」の二元対立に象徴される壮大な銀河スケールの宇宙戦争のイメージは、スター・ウォーズが大規模にあったという話につながるようです。大天使ルシファーが、天使団の3分の1を率いて、神に反乱を起こした天の争いは、形を変えて地球に波及してきているのでしょうか。「大規模なスター・ウォーズのオリオン大戦は何億ものポジティブな人間型生命体とレプティリアンと呼ばれるネガティブなヒト型爬虫類人との間で起こったものだった」といわれます。
昔の「火星人」「金星人」という言葉の代わりに現代では「プレアデス異星人」「リラ星人」「オリオン星人」「シリウス星人」という具体的な星座の言葉が使われだしたようです。

・「金星人」や「火星人」とは、「金星を基地としている宇宙人」「火星を宇宙基地に使っている異星人」という意味であると言う説もあるようです。金星や火星の異次元に存在するという説もあるようです。地球人の眼から、異類タイプの異星人が見えないように隔離されているという説もあるそうです。グレイと人間の混血種が、登場し、覇を争うと予言されているといわれます。セイロン人やチベット人の言う『丘に囲まれた楽園イラ』とは、「シャンバラ」のことを指すのでしょうか。異星のどこかに楽園があるという伝説は、世界中にあるといわれます。

・転生を自由に操作できるのは、天使クラスの異星人であるシリウス星人であるといわれています。進化した異星人が、ウォーク・インやワンダラー現象を起こせるのでしょうか。誰でもアストラル体で、幽体離脱をして、夢の中で異次元に行けるようです。エーテル界やアストラル界の都市とはどんなものでしょうか。そして、そこに住む異星人は、どれだけ進化しているのでしょうか。精霊界では、思念エネルギーで、エーテル質量から建造物を造れるといわれているようです。エーテル界やアストラル界の不思議な現象は想像を絶するようです。「死後の世界の描写は、当然ながら、著者が違っても、内容は一致してくる。死後に出会う天使が、高次元の異星人である」といわれます。通常は人間タイプなんだけれど、一皮向けば爬虫類人だったという米国の連続テレビ映画が昔放映されたようです。

・顔形を自由に変えることができる異星人もいるようなのです。神々が動物などに変身できるという概念は、人間にとり想像を絶するでしょう。だが、シリウス星人は、「人間を思念(?)で創った」と言われるほど、念力が強いようです。一方、リラ星人は、「実験室で人間を造った」といわれています。神々が動物の姿をしているSF映画もありましたが、種々の情報から、モンスター(怪物)・タイプの異星人・天使・神々も多いといわれています。3割の動物タイプの中には犬頭人の宇宙人もいるといわれます。神々が動物に化けたりすることは世界中の神話にあるようです。「シリウス星人は、人間がぞっとするような生物を作り、神話などに登場するが、これが神に嫌われる原因になった」といわれます。われわれ人類がイメージする人間タイプの神様に会う前に動物に変身したといわれている神々や天使に遭遇するのでしょうか。シリウス星人の事実に触れたのは、ジョージ・ハント・ウィリアムソンが最初ではないでしょうか。著者のシリウス星人の研究は高く評価されているようです。北米インディアンのナバホ族は、「金髪の神」を信じていたといわれます。

・ライオンのような顔をした異星人もいたのでしょうか。「シリウス人は、高度な知性を持つ猫のような生物を創作した。この猫のような存在は、ライオン人間と呼ばれた」といわれます。シリウス星人は、人間がぞっとする、嫌悪を感じるような生物を創ったので、神に嫌われたといわれます。絵画で見られるモンスター・タイプの生物は、シリウス星人の遺伝子操作などで造られたのでしょうか?モンスター・タイプの異星人と人間タイプの異星人は、結局はそりが合わず、よく戦争をするようです。まるでスター・ウォ−ズの世界ですね。「人間を遺伝子操作か思念(?)で創った」といわれているシリウス星人は、謎だらけの異星人のようです。グッドリー・カンパニー(善良な仲間、美しい仲間)の異星人は、フリーメーソンと関係があるようだです。フリーメーソン結社はこの大地が創出されるよりずっと前から、さまざまな太陽系をめぐって、存在していたのであるといわれます。
米国はフリーメーソンの国といわれていますが、いわゆるグッドリー・カンパニー(善良な仲間、美しい仲間)の異人が多い国なのでしょうか。グッドリー・カンパニーとフリーメーソンは関係があり、その背景にはシリウス星人がいると言えましょうか?“転生”を自由に管理できるシリウス星人は、地球人に転生してきているようです。あなた(地球人)は、“記憶を失った異星人”だそうです。宇宙友愛連合の異星人は、地球人類を救うために太古から来ているといわれます。グッドリー・カンパニーのような転生を操作できるシリウス星人は、我々人類の死後の世界にも登場するのかもしれません。グッドリー・カンパニーとは、転生を自由にできるシリウス星人のことではないのでしょうか?地球上で、ウォーク・イン(憑依)とかワンダラー(転生)と云われている現象を演出しているのは、シリウス星人だといわれます。「グッドリー・カンパニー」のような転生を操作できる天使クラスの異星人と、宇宙船に乗ってやって来る異星人の二種類があるといわれています。

・ 「日本神代文字」 吾郷清彦)(大陸書房)における日本神代文字は、異星文明の文字ではないのでしょうか。異星文明の文字、例えば、グレイの文字は、どのようなものでしょうか。

・メン・イン・ブラックは、異星人だったといわれていますが、1947年のロズウェル事件の「グレイのUFOの墜落」を「気球の墜落事故」と事件を隠蔽した米軍は、情報を公開していません。いくらかのリーク情報があるのみといわれます。その後の情報によれば、「米軍関係者を異星に派遣していた」とか「人間タイプの異星人が来ていた」とかにマスコミ情報は変わってきています。「異星人の安全確保、保護」という大義名分で、70年後の現在でも、情報は厳重に「封印」されているようです。

・死後の世界では、食料は必要ではなく、思念エネルギーで大抵のことができるといわれているようです。 精霊界では、思念エネルギーで、エーテル質量から建造物を造れるといわれているようです。エーテル界やアストラル界の不思議は、並みの人間では想像できません死後の世界と言われている精霊界は、神智学でいう高次元の異星人の存在するエーテル界に似ているといわれます。死後の世界の描写は、当然ながら、世界的に内容は一致してくるそうです。死後に出会う天使が、高次元の異星人であると言えるようです。レプタリアン(爬虫類人)の伝説は多く、米国の連続テレビ映画にもなったり、デーヴィッド・アイクという英国人が大部の著作に書いています。

・映画「Xファイル」では、顔かたちを自由に変形できる異人が出てきたことが思い出させます。顔形ばかりでなく、姿形を自由に変えることができる異星人もいるといわれます。神々が動物などに変身できるという概念は、人間にとり想像を絶する話です。だが、シリウス星人は、「人間を遺伝子操作か思念(?)で創った」と言われるほど、念力が強いようで、宇宙人の中では、最強の種族の一つなのかもしれません。どれだけ進化しているのか分かりません。例えば数十億年以上一方、リラ星人は、「実験室で人間を造った」といわれており、人類に3万年程度進化しているといわれます。

・宇宙人には動物タイプは3割ほど存在するともいわれます。モンスター・タイプの異星人も多いのかもしれません。神々が動物の姿をしているSF映画もありましたが、種々の情報から、モンスター(怪物)・タイプの異星人・天使・神々も多いといわれています。神々が動物に化けたりすることは世界中の神話にあるようです。

・「シリウス星人は、モンスタータイプの生物を作り、神話などに登場する。が、これが神に嫌われる原因になった」といわれます。そこで神は地軸を動かして、地球に大異変を起こし、それらを壊滅させたといわれます。しかし、今なお、底層4次元にモンスター・タイプが生存しているともいわれます。われわれ人類がイメージする人間タイプの神様に会う前に動物に変身したといわれている神々や天使に遭遇するのでしょうか。「ナチスの中枢部はレプティリアンの関与する真の歴史を知っていたのだ」という説もあります。「レプティリアン自身もコード化された コンピュータープログラムで、決められたことを実行しているに過ぎないのです」といわれます。「オリオン星雲で60万年続くオリオン戦争で、これは何億ものポジティブな人間型生命体とレプティリアンと呼ばれるネガティブなヒト型爬虫類人との間で起こったものだった」といわれます。スター・ウォーズが今でも大宇宙のどこかで起きているのかもしれません。

・映画「未知との遭遇」では、米軍関係者がグレイの大型母船に乗り込み宇宙の彼方へ飛び去っていく場面がありましたが、実際に米軍はグレイの星に留学生を送った話もあったようです。大きな話題を呼んだ「Xファイル」では、米軍関係者の師弟が、グレイの星に行ったような場面が出てきました。「大衆をスポーツとセックスとスクリーン(映画)・・・・・で、真理の追究を忘れさせろ」というユダヤ・シオンの議定書のような世の中の動きで、時々、「宇宙人もの」のハリウッド映画も放映されますが、20年前に比べると、情報管理がうまくいっているようですね。確かに米軍関係者が異星に行っているのでしょうか。

・ 「外宇宙からの訪問者」 (レイモンド・E・ファウラー) (集英社)(1979年)において、1967年のベティ・アンドレアソンの誘拐事件では、「グレイたちは、鍵で閉じられたドアを開けることなく「浸透するように」、現れたといわれている」。これは、グレイが異次元を自由に行き来でき、人間の「肉体」というよりも「霊体」とか「幽体」を自由に操作できるのではなかろうかという疑問が生じるそうです? 著者のレイモンド・E・ファウラーは、「UFO・惑星間の訪問者たち」「UFO調査官の手引き」などのベストセラーがあり、J・アレン・ハイネック博士と並んでUFO科学研究の権威者であるといわれます。
1967年グレイに誘拐されたベティ・アンドレアソンが、見たという大きな怪鳥は、幻覚だったのでしょうか?

・アストラル・トリップ(幽体離脱)で目に見えない異次元の世界を体験することもあるそうです。小柄な宇宙人グレイの世界は、公開されていません。現代人にとっては、理解不能な世界で、グレイ自身が異次元を自由に移動できることも驚きではないでしょうか。グレイが「人間化」しているという話もあるようです。西洋では、死後の天国のことを「サマーランド」と呼んでいるようです。内容が荒唐無稽だそうです。「飛行島の全部が人間の工作物に違いない」とあるが、「人間」とは、「超人」か「神人」「人間タイプの異星人」の部類に属するということでしょう。エイリアン・エンジニアリングは想像を絶します。米国ではフットボール球場3個分の巨大な宇宙母船が報告されており、その他の形の超大型宇宙母船も目撃されており、直径100キロの宇宙母船もあるといわれます。「地球の月は、永劫の昔、レムリア大陸への入植の時代に、軌道上に設置されたりゅう座人の宇宙船である」と言う話には驚くばかりです。

・「家畜人ヤプー」(沼正三) (幻冬舎アウトロー文庫)(1999/7/1)は、フィクションですが、興味深い内容です。
「異世界」や「異星文明」「異星文化」「異星文字」などの実際の情報は、ほとんど皆無といえましょう。現代では、「グレイ」という宇宙人のイメージが一般化しているといえましょう。SFの世界ですが、飛行島の世界のSF小説なので面白いようです。異世界は、SF小説などやSF映画で、表現されますが、異星人の異世界は、なぜか正確・詳細には伝わってはこないようです。日本神話の原郷「高天原(たかまがはら)」は、日本民族の原点なのですが、巨大な宇宙船だったのかもしれません?
1956年に出版された「家畜人ヤプー」という戦後最大の奇書を上回る「奇書」が出版されることを期待したいものです。本書を上回る奇書は、70年たった現在でも出ていないそうです。あなたは戦後最大の「奇書」を読んだことがありますか?日本神話の原郷の「高天原」は、都市型の超巨大な宇宙船だった可能性もあるといわれます。

・異次元にも多くの異星人が存在するということは、米国の大著「ウランティア」という本に詳しいといわれているようです。戦後最大の奇書といわれている「家畜人ヤプー」(沼正三)(幻冬舎)が語る想像の世界も異次元ものなのかもしれません?
「天津神々が住む天上界」“高天原(たかまがはら)”がアガルタのシャンバラのような都市型の超大型宇宙船であったというSF小説(当時はSM小説といわれた)については、HPの中でも触れたことがありますが、著者の空想にしては、なかなかリアルな点があるようです。1956年から発表されたこの小説は、「あの世」「シリウス圏」を描いたともいわれ、当時、「気色悪い本」として、評判を読んだものだったそうです。

・70年前の作品とは、思えない内容で、シリウス星人を描いたSF小説では、嚆矢といえるものでしょう。“高天原(たかまがはら)”に住む天津神々は、シリウス異星人ということになるのでしょうか?「事実は小説より奇なり」ですから。アガルタのシャンバラが「高天原(たかまがはら)」だという説もありますよ。
やはり、70年たっても「家畜人ヤプー」を超える奇書は現れないようですね。

・神話「高天の原」は、シャンバラのように都市型の超巨大宇宙船であったという説もあるようです。ネガティブな面を持つスサノヲは、ネガティブなシリウス星人に措定されるのでしょうか。ニライ・カナイは稲をはじめとする五穀の原郷の地といわれます。海の彼方の「ニライ・カナイ」と「龍宮」とは、関係があるのでしょうか。スサノヲの正体もよく分かりません。「スサノオ命は絶対神ヤハウェにほかならない」という奇説もあります。「多次元同時存在の法則によればスサノオ命はギリシア神話のポセイドンである」という怪説もあるといわれます。太古、琉球に「火」をもたらしたのは、異星人だったのでしょうか? ニライ・カナイは稲をはじめとする五穀の原郷の地は、海の彼方というよりも異星だったようです。ニライ・カナイは、プレアデス星座かオリオン星座にあったのでしょうか。ルシファー(魔王)についても多くの見解があり、謎だらけのようです。堕天使ルシファーもオリオンからやって来たそうです。このルシファーの反乱も、超科学兵器や宇宙船で戦う「スター・ウォーズ」であったという説もあるようです。「現代的な解釈ですと堕天使ルシファーとかリラ星人のサタン(悪魔)という言葉は、遺伝子科学者の研究集団の名前だ」といわれます。

・天使的な宇宙人は天国に自由に出入りし、人間への“憑依”や人間の“転生”を自由に操作するシリウス星人のようです。「シリウスのテクノロジーは、アヌンナキによって地球にもたらされた」そうです。ネガティブ・グループのシリウス星人の地球支配があまりにも巧妙なので、しょっちゅう(頻繁に)戦争が起こるともいわれます。

・このような悪魔の理解は、さまざまな説があるようです。悪魔を悪者にしない説は、全く少ない見解だと思われます。正神と邪神の真実と導きの違いも難しい概念のようです。「 邪神というと悪いイメージで、正神といいますと人類を守護してくださるものだと思いがちであります。しかし、真実は全く違います」という説も難しいもののようです。邪神といってもどんな恐ろしいことをしているのか不明です。よく「シリウスの邪体霊」「オリオンの邪体霊」といわれますが、色々な解釈があるようです。シリウスの心霊攻撃によって太陽神や天使たちは、地下にもぐったともいわれ、宇宙全体の神々の有様にも諸説あるようです。

・クロード・ボリオン・ラエルというフランス人がリラ星でキリストに会ったとか、キリストが登場する宇宙人ものの書籍は多いようです。世界中に「自称イエス・キリスト」が数百人いるといわれます。キリストは、欧米人の最大の関心事の一つのようです。「オシリスは、エジプトの死者の国の主宰者であるが、その本体は太陽神である。太陽神といえば、アポロがそうであり、アマテラスも太陽神といわれている。世界の神々は共通性がある」といわれます。

・多くの神話や伝説に出てくる地下王国とは、異次元世界を指しているようです。「金星蛇人 対 火星霊人」の争いと昔は言われていましたが、現在ではオリオン星人とか、シリウス人、プレアデス人とかの具体的な宇宙人の名前がでてきています。巨人族の神話、伝承も多いが、彼らは現在どこにいるのでしょうか。「トールホワイト」とよばれる2メートルから3メートルの白人種のオリオン星人も報告されているようです。トールホワイトと米政府とは繋がりがあるといわれます。それ以上の背丈の巨人族もいるらしいのです。
地下王国アガルタは、異星や異次元世界の伝承なのでしょうか。インドには、多くの謎を解く鍵があるといわれます。

・多くの宗教の教祖には、天使や神との神秘体験があるといわれます。 末日聖徒イエス・キリスト教会(モルモン教会の正式名称)は、日本でも米国の青年たちが熱心に布教活動をしており、街中で見かけた人も多いでしょう。日本においても米国人のテレビタレントなども輩出しているようです。

・ 日本に“魔王”が出てきたり、“産土神”が描かれるなど、まさしく稲生物怪録(いのうもののけろく)絵巻は、「世にも不思議な物語」で、驚きです。この神変変異もどこまで事実を正確に伝えているか分からないけれども、ある事実なら、大変貴重な記録といえましょう。どこまでがフィクションで、どこまでがナンフィクションなのか不明の伝承のようです。

・ヒトラーは、高次元の異星人に人格転換、憑依を受けた悪魔もどきなのでしょうか?「ヒトラーは堕天使ルシファーに憑依されていたのだ」という説もあります。ヒトラーは、異次元の異星人とチャネリング(交信)ができたのでしょうか?ヒトラーという現象は、新興宗教の教主などに見られる憑依現象だったのでしょうか?ヒトラーとホワイトブラザーフッド(白色同胞団)の繋がりを指摘する者もいるといわれます。現代でも白色同胞団のコンタクティがいるそうです。

・シャンバラは、ピラミッドを造ったともいわれるオリオン系のシリウス星人と関係しているのかもしれません。シャンバラはエーテル界に突入した都市型の超巨大宇宙船だともいわれます。横尾忠則氏の著書には「私の直感と宇宙人」「導かれて、旅」「見えるもの、観えないもの」「芸術は恋愛だ」等多数があります。かって新聞社やメディアが空飛ぶ円盤に熱中した時もあったそうです。

・イルミナティなどのフリーメーソンにはいると神に会えるという与太話もあるそうですが。もし人がフリーメーソンなら、彼自身、自分の利益のためにフリーメーソンを語らないという事実があるといわれます。リラ星は、“不死の惑星”だそうです。するとサン・ジェルマンは、リラ星から来たのでしょうか?それともシリウス人なのでしょうか?

・"不死の人"とは、リラ星(琴座)の"不死の惑星から"というフランス人のクロード・ボリオン・ラエルの「リラ星訪問記」を思い出させます。日本にも昔から異星人、異人の伝承は多くあり、赤顔の高い鼻のイメージの天狗ばかりではなく普通の「人間化」した天狗や「人間化」した鬼もいたといわれます。「異人」はオリオン星人だったようです。

・異次元の概念は私たち一般人には理解不能のようです。浦島太郎の民話も異星に行って帰ってきた話のようです。遠い星ほど短時間でいけるというパラドクスがあるようです。米軍はエリア51でエイリアンの超テクノロジーを入手しているといわれます。

・ミステリー・サークルとUFOの関係はよく報告されているそうです。
アンドロメダ星人の情報は、非常に少ないようです。「地球はレベルが低すぎて宇宙連合に入れない」という説もあるといわれます。しかしながら、宇宙連合の動きを伝えるチャネラーもいるようです。異星人はとうに地球を訪れていて、地球人社会にまぎれ混み、密かに地球と我々の文明を監視・調査し社会生活をしているといわれます。


********************************
・ブログ名称: UFOアガルタのシャンバラ
日本は津波による大きな被害をうけるだろう
・第2のブログ名称:UFOパラレル・ワールド

「神の国か?」「人類の原郷か?」 「天上のエルサレムか?」・・・・・・・・・
「パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の殖民星が、地球か?」、「ネガティブのシリウス星人の地球支配があまりにも巧妙なので、しょっちゅう戦争が起こるのだろうか?」
「金髪碧眼のノルディックが住んでいたアガルタのシャンバラ情報の集大成を目指す・・・・・・・・・・」「金星蛇人と火星霊人の戦争はその後どのように展開したのだろうか」
「日本民族の神話の原郷『高天原(たかまがはら)』は、『都市型の超巨大宇宙船』なのか!?」「平家がプレアデス星人の末裔で、源氏がオリオン星人の末裔なのか」
「小人族のグレイの母船に同乗する金髪碧眼のノルディックは、”悪魔の王””ルシファー”なのか?!」
「円盤は神人や異人、悪魔の乗り物なのか!?」「天使は神の秘密諜報員なのか」「神は最初のフリーメーソンなのか」
「UFOは、人類の歴史が始まって以来、最も重要な現象なのか。UFO問題とは、人間にとっての死の問題を解くことなのだろうか。UFOはフリーメーソンの創作なのか」
「全宇宙を創ったという“虹の神々”も地球に来ているのだろうか」
「イルミナティなどのフリーメーソン組織に入ると神に会えるのだろうか」「金星の神々は地球に到着するやいなや、イニシエーションのためのフリーメーソン本部を設けたのだろうか」「フリーメーソン結社はこの大地が創出されるよりずっと前から、さまざまな太陽系をめぐって、存在していたのだろうか」
「国際連合の設立に動いたキリストの星、アプ星人とは」
「人は皆、記憶喪失の異星人だろうか」
「はるかに進化した天使のような宇宙人は、人間の守護霊や背後霊なのだろうか」「セドナ上空に見えないエーテルのシティが滞空するのだろうか」

グーグルのブロガーにも書いています→UFOパラレル・ワールド




[カテゴリ:森羅万象] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2019年8月7日 16時17分
伝説的なオシリスの時代で、当時エジプトは、人間の形を採る神々が、直接統治していたという。
 



「イエスの血統」  (レクス・デウスと秘められた世界史)
(T・ウォレス=マーフィー、M・ホプキンス) (青土社)2006/4/1



<神々は、人間の形を採り地上を徘徊していた>
・ ピラミッド・テキストには、(テプ・ツェピー最初のとき)への言及が頻繁に登場する。<最初のとき>と訳されるテプ・ツェピとは、伝説的なオシリスの時代で、当時エジプトは、人間の形を採る神々が、直接統治していたという。

・ エジプトの知識のあらゆる部門が、最初の時点で既に完成していたように見える。

・ これらの知識は、他の場所で、発展したものを入手したが、あるいは、同じエジプトではるか太古に覚えた未発見の文明から受け継いだかのいずれかしかない。

・ ピラミッド・テキストに見出される高度に洗練された知識の起源を説明しようとして、様々な仮説が、提唱されてきた。アトランティスの生き残り説、未発見の超古代エジプト文明説、あるいは、遥かに先進的な文化による侵略の結果であるとする説―いわゆる「支配民族説」。


<ピラミッド・テキストは、最古の宗教文献の集大成である。>
・エジプト学における最高権威である学者の意見によれば、ピラミッド・テキストがこれまで、発見された中で、最大の宗教文献書であることは、間違いない。

・ ピラミッド・テキストは、現存するエジプトの宗教、葬祭文書の最古の集大成である。彼の翻訳のおかげで、これらのテキストは、現在のところ、聖なる知識すなわち、「秘教的叡智」の最古の集成と見なされるに至った。

・ それをみると、そこに書かれているのは、明らかに極めて複雑かつ高度に発達した星辰崇拝であるーすなわち、死せるファラオは、死後に天に昇り儀礼によって、再び星々と再結合するのだ。

<ピラミッド・テキスト>
・レクス・デウス(イエスの血統)伝承の真のルーツの探求は、古代エジプトに始まる。
1881年2月28日、エジプト古物局長ガストン・マスペロ教授は、ウナス王のピラミッド内部を探検し、ヨーロッパ人として初めて、ピラミッド・テキストを本来の場所で観察した。

・ グノーシスと呼ばれる聖なる知識がこのテキストが作られたよりも遥か古い時代において既に非常な高みに達していたことを深く理解できるようになったのである。

・ ガストン・マスペロによれば、これらのテキストのほとんどは、エジプトの先史時代にまで遡る極めて古い伝承を文字化したものであり、「出エジプト記」に書かれた出来事が起こる2千年以上前、新約聖書よりも3千4百年近くも前のものであると言う。



「宇宙の彼方より」(金星人ダイアンの言葉)
(ダナ・ハワード)(宇宙友好協会)



<宇宙船の船団>
・ 遠くの方へ投影されたビジョンを見た多くの人々は、我々の引力圏を丁度超えたところに、宇宙船の船団があると陳述しています。それには、エーテル的なものではないのですが、彼らは自分の思うとおりに、物質化したり、非物質化したりできるのです。このことは、神秘学を学んだものは、それでも了解できます。

・ この地球上でも、多くの人が、この素晴らしい技術をマスターしました。またこれによって、進化した遊星における人々は、複体投影(トウィン・プロジェクション)を完全に行なうことができるのです。

<対の肉体(トウィン・ボディ)>
・ 円盤問題は、1955年4月9日、かの美しきダイアンが、ロスアンジェルスの小さな教会に姿を現したとき、解決されたというべきでしょう。彼女は、明らかに、地球的な肉体ではなく、対の肉体(トウィン・ボディ)、あるいは、地上の肉体と完全に相似を成す肉体で現れました。空中高く浮遊する宇宙船からか、あるいは、はるか、彼方の彼女の故郷の星からか、ともかく、テレポーテーションされてきたのは、明らかでありました。

・ ここで、一寸疑問が起こります。あの美しいダイアンは、金星から直接、彼女の複体が移行してきたのではないかということと、あるいは、宇宙空間にある宇宙船から投影された像ではないのかということです。私の著書「ダイアン」(彼女は、金星からやってきた)を読まれた方は、高空に観察された四つの見慣れぬ飛行物体が、ダイアンがロスアンジェルスの教会に現れた週に、砂漠にある私の家に接近したことを思い出されるでしょう。これらの物体は、パーム・スプリングにある地上観測隊の隊員によって観られています。

<テレポーテーションされた体>
・テレポーテーションされた体は、肉体のあらゆる性質、習慣を持っているが、よく調べてみると、血液や骨や筋肉でできているのではないことが明らかになってきました。それにもかかわらず、それは歩いたり、話したり、歌ったり、踊ったり普通の肉体でできることは、何でもできるのです。実際、肉体よりはるかに強くて、力を持っています。しかし、ダイアンは次のように言っています。「我々は、時間的に無限に渡って、複体を維持することはできません」。テレポーテーションの場合、一つのテレポートされた体は、創造された精妙なる材料で覆われています。

<テレポーテーションの科学>
・真の霊体は、それが、全体の要素となるまで極く精妙な粒子に練られているので、変容や変移が可能なのです。それは、神から来て神に帰ります。進化した遊星では、体がきわめて精緻微妙なので、彼らは、意のままに現れたり、消えたりできるのです。それゆえ、テレポーテーションのできる体は、完全な肉体でも、完全なエーテル体でもなく、それらの混合物とも言うべきものなのです。テレポーテーションの科学をマスターした人は、同時に両方の体で、活躍ができるのです。一方の、体(肉体)はその領域にそのまま残っているのです。何百万マイル離れていようとも、対の体(トウィン・ボディ)、すなわち、完全な主観を持ったもう一つの体が、宇宙のどの部分にでも出現することができるのです。この二つの体は、外見は全く同じものに見えます。それは、肉体が精妙体に材料を貸し与えているからでしょう。

<テレポーテーション(遠隔移動)>
・テレポーテーション(遠隔移動)とは、何でしょうか。進化した遊星で行なわれるテレポーテーションとは、私達地球で言えば、輸送に当たるものです。しかし、結論に行く前に、人間の様々な体について、学ばなければなりません。肉体は何でしょうか。霊体とは、また、対の体とは、何でしょうか。霊体はなぜ変容し、かつ変移することができるのでしょうか。いかなる体が、テレポーテーションできるのでしょうか。肉体は、物質でできています。それは、何年もかかって徐々に成熟し、やがて次第に損傷し崩壊します。物質でできている物は必ず死ぬのです。

・しかし、再び霊質でできたものに生まれ変わります。肉体の生活は、物質的遊星に属し、より精妙な体は、エーテル圏に属しています。肉体は、物質界に閉じ込められていますが、霊体はエクトプラズマで覆われています。このエクトプラズマが物質界に現れるときには、外套を借りなければなりません。



「神々の大いなる秘密」(E・V・デニケン)
(宇宙考古学が解き明かす異星人の足跡)(三交社)2004/3/1



<神々は核兵器さえ用いた。>
<古代の核戦争と神々の無慈悲>
<人間と神々=天人とは、別種の生きものである。>
・ インドの文献に描かれている飛行船は、我々の現在のテクノロジーのはるか先を行っている。それらは、地球の廻りを飛行し、しかもたやすく月に到達し、時、所を選ばずに、空中に静止し、我々には想像すらできない自在なエネルギーを持っていた。

・ アルジュナの見た無数の兵器は、母の胎内にいる子供ですら、一人残らず、殺すだろう・・・・・生まれた子供たちが全員死んだのは、このせいである。→致死性の放射能に言及した個所は、多い。

・ 古代に地球上で、例えば、インド大陸などで、「核戦争」があったという宇宙考古学的な見解が多い。

<様々な天上都市>
・それらの天上都市は、インドラ、ブラフマー、ルドラ(シバ)、ヤマ、クベーラ及びヴァルナに率いられていた。これらの天上都市は、集合的にサブハという名称を与えられている。これらは、広大な広さを持ち、地球から見ると、銅や金や銀のように輝いていた。これらの地域には、あらゆる種類の食べ物をはじめ、大量の水、庭園や川、居住区域や集合ホールがあった。そして、当然のことながら、宇宙船団の格納庫や恐ろしい武器庫も備わっていた。

・ これらの都市の一つは自転しており、「ヒランヤオウラ(黄金都市)」と呼ばれ、もともとは、ブラフマー(梵天)によって、建造されたものであった。他の二つの都市は、それぞれ、ガナカーラ、ケカラと呼ばれた。ここには、時を越えて、デーモンと呼ばれる邪悪な生き物が住み着いていた。悪魔たちは、邪悪な人間たちの見方をした。最高神インドラの天上都市に対する見方は、あいまいである。というのは、インドラは、これらの都城の破壊を命じたのだから。

<彼らは本当に宇宙に出かけたのだ!>
・何千年か前、宇宙のどこかで起こった事件を語るこの途方もない、物語には、さらにアルジュナがこの宇宙居住区の隅々を訪ね、「天人」たちの持つありとあらゆる兵器のテストを見せられたことが語られている。訓練プログラムは、天人たちの贅沢な悦楽とともに、満5年も続いた。アルジュナは、天人用の音楽で、「人間世界には存在しない」楽器の演奏法さえ教えてもらった。

<すべての鍵は、神々=地球外生命体が握っている>
<我々の祖先は、なぜ天からやってくる神々について、絶えず語ったのか?>
<スペースバトルと神々の操る超絶兵器>
・ 一方、天上でも地上とは、別の戦いが起こっていた。天人たちが、地上軍のどちらかに味方するようになると、神々もまた、互いに戦闘を開始した。そこには、大小さまざまな天上都市の描写が見られる。

<神々のスペースシップと天上都市>
・戦場で人間たちが、血を流しながら、死んでいくときに、神々は、自らのヴィマーナに乗って飛び回るが、巨大な宇宙都市で、優雅な生活を満喫していた。

・アルジュナの到着したインドラ(帝釈天)の天上都市は、思わずうっとりするような魔法の都、シッダスとチャラナスにとっての活力回復の場所であった。・・・・アルジュナは、天上庭園を目にしたが、そこからは、今にも、この世ならぬ音楽が聴こえてくるようであった。天空を見上げると、そこにはもはや太陽も月も光届かず、火も見えなかった。しかし、すべてのものが、自らの光で輝いていた。彼はまた、そこに何千という天の乗物、自由にどこにも移動できる宇宙船が、それぞれの地点で留まっているのを見た。それから、彼は万というこれらの乗物があらゆる方向に移動しているのに気がついた。地球からは、星と見えるもの、それは、実際は巨大な機体であった。

・「マハーバーラタ」のヒーロー、アルジュナは、確かに外宇宙に出かけたのだ。

<宇宙戦争と神々の超絶兵器>
<インドの太古の宇宙船ビマーナのテクノロジー>
・ 鳥よりも軽く飛行し、月まで往復できた。

・ 三角形で、大きく、三層からなり、三人のパイロット(バンドゥーラ)が操縦した。格納式車輪を備え、金に似た軽金属でできていた。

・ 世界最古の大叙事文学「マハーバーラタ」の梗概

・ 「ラーマーヤナ」と並ぶ古代インドの大叙事詩「マハーバーラタ」の基本主題は、遥かな昔、北インドに起こった二つの王家の争いである。

・ マハーバーラタは、地上のすべての人間が、敵対する両派のいずれかに与(くみ)したと語っている。最後の戦いは、クルクシェトラ平原で行なわれ、すさまじい戦闘が繰り広げられた。恐るべき「神々の武器」が用いられ、人間には、それを防ぐすべがなかった。

・ 赫々たる勇武の戦士たちが、次々に倒れていった。その間、18の「大軍団」を皆殺しされたのであった。現代の計算によると、これは約400万の兵士に相当する。



「内宇宙、外宇宙への旅」(元NASA科学者兼飛行士の魂の記録)
(ブライアン・オレアリー)(廣済堂出版)1997/6/1



<UFOに遭遇>
・宇宙飛行士たちもまた、有人宇宙飛行の歴史を通じて、UFOに遭遇してきたとされている。ハイネックとバレーの著書にもある元NASA(米国航空宇宙局)関係者の証言が載っている。一番最初の出来事はほんの数年前のことで、次のような引用から明るみに出たものだが、結局NASAにもマスコミでも無視されてきた。「ヒューストン、こちらディスカバリー。まだ、UFOが見えている」この断片的な記録は、スペース・シャトルの1989年3月の飛行の際の通信で、ハム無線の愛好家が傍受したものだ。

<精神的苦痛>
• 芸術家、催眠術師、そしてUFO誘拐事件の権威である作家のバッド・ホプキンズは、誘拐体験者(アブダクティ)たちに面接した結果、ある共通パターンを発見した。女性たちが、エイリアンに人工授精されて妊娠し、三ヵ月後に胎児を抜き取られているのだ。彼は、そのベストセラー「イントルーダー」で、エイリアンが男性や女性から中間雑種を作る方法の可能性について書いている。「二つに一つだろうね。一つは、(アブダクションの報告が、)新しい、これまで認められていなかった世界的な心理現象だという説、現実ではあるけれども、物的証拠を抜きにしたただの仮説だ。あとの一つは、実際の出来事、そのままの正直な報告だよ」ホプキンズは、誘拐体験者たちが、多くの精神的苦痛をこうむっていると説いている。

・ UFOの謎の背後にある事実は、我々には、分からない。しかし、政府が大衆に対して、その性質は、不明ながら、何らかの秘密を隠しているのは、確かだ。ただ、我々には、情報が憶測、偽情報の区別がつかない。となれば、推測する以外、どうしようもないのである。

・ にわかには、信じがたい深読みで、大統領の秘密政策という説もあまりに見え透いているが、二つを合わせて考えると、妙に真実味が出てくる。カーター元大統領が、大統領選キャンペーンに、当選したらUFO情報を公開すると公約しながら、それを守らなかったのも、これで説明できてしまうかもしれない。リアを含む何人かの研究家は、ジョン・F・ケネディの暗殺は、UFOの秘密を公開されるのを防ぐためだったと考えている。政府のUFO隠ぺい工作について、歯に衣着せず公言してきたアリゾナ州立大学の物理学者ジェームズ・マグドナルドは、下院の証言台に立った後の1971年、不可解な状況で謎の死を遂げた。自殺だったのだろうか?

・ トルーマンからブッシュにいたる大統領たちは、こうしたこと(異星人)について多くを知っていながら、沈黙を守るように誓わされたらしい。

・ リアの報告の中には、エイリアンといわれる生物の意図は、人類全体にとって脅威だという。ぞっとするような解釈もある。政府内の情報共同体が、秘密を守ったのは、このためだった、とリアは、言う。しかし、ことは計画通りに運ばなかったようだ。「民主主義を守ろうとして」とリアは述べている。「政府は、我々国民をエイリアンに売ったのだ」。また彼の推測では、戦略防衛構想“スター・ウォーズ”は、旧ソ連の核攻撃に対するものではなく、実は、エイリアンの攻撃に備えるためのものだったというのだ!

・1950年以後、UFO情報は、明らかに“最高機密以上”の扱いを受けてきた。中央情報部(CIA)が握っているといわれる情報資料、また情報処理を支配するその権力は莫大なものだ。

・ いわゆる“政府の漏洩(リーク)文書の中には、”政府の中の政府“とエイリアンの協力関係について、最高機密が記されている。

・ パイロット兼実業家ジョン・リアの集めた未公開のレポートには、政府がとったと思しき機密保持手順の概略が載っている。リアによれば、1964年エイリアンは、地球人誘拐を秘密にする見返りとして、彼らの有する技術情報の提供に同意している。このプランは、政府の思惑通りにいかず、1979年にはついに武力対決が起きて、特殊部隊に多数の死者が出たといわれている。

<政府は、重大情報を隠している>
・一方、政府が、大規模な隠蔽工作を続けているという主張は、ますます信憑性をおびてきているようだ。ハイネックが指摘するように「私にはまったく考えられないことだし、わが国の政府のように情報活動にこれだけ金をつぎこむ組織なら、誰かが、必ず関心を示すはずだ。私なら、(隠ぺい工作の)証拠を探すより、この角度から攻める」

・ ペンタゴンが、50年前に起こった運命的なロズウェル事件以後、情報に蓋をして以来、アメリカ政府は、UFO関連の情報を隠匿、隠蔽するため、科学者や軍関係者で、構成される委員会を繰り返し組織してきた。サイン、グラッジ、ブルーブック、そしてコンドン・レポートといった政府お抱えのプロジェクトはすべて大衆や科学者をUFOから遠ざけようとする計画だった。それでも、最近になって、UFOの真の姿を記載した正規のものとおぼしき政府資料が、情報公開法のおかげで、公開され始めている。



「エイリアンの夜明け」 
(コリン・ウィルソン) (角川春樹事務所)1999/3/1



<コンセンサス・リアルティ>
・我々が、コンタクティーやアブダクティについて感じているような懐疑もコンセンサス・リアルティの一部である。しかし、コンセンサス・リアルティは変化する。1950年ヨーロッパや米国の全人口のうちUFOの実在を信じていた人間の割合は、ほんのわずかだった。今では、その数は、50%以上になる。UFO現象の波及がこの面での我々のコンセンサス・リアルティを変えたのだ。それが、この現象の目的の一部であるように思える。
もちろん、UFOの存在を信じる人々が、自分たちが信じているものが、いったい正確には、何なのか、はっきり決めることができれば、これは、もっとずっと簡単になるのだが。

・ シリウスからやって来た実体のある金属宇宙船なのか、別の次元からの半固体の宇宙船か、それとも幽霊やポルター・ガイストといっしょに分析されるべき、テッド・ホリディのいうゴブリン宇宙からのサイキックな乗物なのか。

・多くの研究者は、このUFO現象を長年研究した結果が、結局、これは、説明を寄せ付けない現象だという感想を持つに至っている。

・それから14ヵ月後、ホプキンズは、“ダン巡査”“リチャード巡査”と署名のある手紙を受け取った。それは、この二人が1989年11月30日午前3時30分にナイトガウンを着た一人の女性がマンハッタンのアパートから“三人の醜いが人間のような生き物”に連れられて、漂い出てくると、上空に止まっていた大きな卵形の宇宙船に入っていったのを目撃したと書かれていた。宇宙船は、赤っぽいオレンジ色に変わり、それから飛び去ってブルックリン橋近くの川中に飛び込んだという。ホプキンズは、喜んだ。これが、リンダのアブダクションの紛れもない証拠であり、地球がエイリアンたちによって侵略されているという決定的証拠に思えたのだ。

<作家バッド・ホプキンズのアブダクティーの研究>
・1989年11月30日の朝、リンダは、ホプキンズに電話をしてきた。その日の早朝、小さな灰色の肌をした一人のエイリアンがベッドに近づいてきたので、彼女は、相手に枕を投げつけたが、そのあと身体がマヒして動かなくなったという。二日後、催眠術をかけると、リンダは、そのとき3人のグレイたちに窓辺まで連れて行かれ、身体が宙に浮いて、UFOまで、漂っていったと語った。船内で、台の上に寝かされたあと、彼女は、彼らの言葉で話をしたことを思い出した。彼らの一人が、リンダの鼻を調べた。それからいかにも優しいしぐさで、彼女の髪に指を通し、頬に触れ、家族の具合はどうかと聞いた。その直後、気がつくと自分のベッドにいた。



「UFOとポストモダン」
(木原善彦)(平凡社新書)2006/2/11



<エイリアンと陰謀の物語>
・ ひょっとすると数百万人の人々がアブダクションされ、インプラントされている。

・ EBE「地球外生物的存在」は、合衆国政府と秘密協定を交わしている。EBEは自由にミューティレーションとアブダクションを行なうことができ、またニューメキシコ州ダルシーに秘密基地を建造することが許可された。それと引き換えに合衆国政府はハイテク技術と兵器を与えられた。

・ EBE「地球外生物的存在」が協定に違反し、使える技術や兵器を合衆国に与えなかった。

・ 1979年、ダルシー基地内の人間を救出しようとして、合衆国の特殊部隊の兵士66人が殺された。(「ダルシーの大虐殺」)

・ 人類を家畜化しようとするEBEと合衆国政府は、既に戦争状態にある。

・ 「スター・ウォーズ計画」の通称で知られる戦略防衛構想(SDI)は、ソビエト連邦を仮想敵とするものではなく、実はエイリアンと対決するためのものである。

<エイリアンと陰謀の物語>
<秘密の歴史>
<エリア51の基地でエイリアンを目にしたという学者も現れた>
・ グレイ・タイプのエイリアンは、アメリカ合衆国の機密文書の中では、「地球外生物的存在」(EBE)と呼んでいる。

・ 円盤は、反物質を利用した原子炉の動力で反重力場を発生させて飛行する。

・ ロズエルを含め、既に複数の墜落円盤が回収され、生きたエイリアンと合衆国政府が接触している。

・ ロズエル事件をきっかけに、トルーマン大統領が「マジェステック12」という秘密組織を作り、その後もエイリアン関係の問題には、この組織が中心となってあたることになった。

・ J・F・ケネディ大統領は、エイリアンの存在を公表しようとしたため暗殺された。裏で手を引いていたのはMJ12だ。

・ EBEたちは、遺伝子操作によって、人間とエイリアンのハイブリッドを作るための、ある種の素材を牛から得るために、ミューティレーションを行なっていた。

・ EBEは、消化器官が衰える遺伝子障害に苦しんでいる。




「人類と地球のアセンション」(だからこれからこう生きよう)
(船井幸雄)(徳間書店)2006/1/31



<アセンションを予告するチャネラー>
・8次元には、4百数十万、7次元には、約2万、6次元には、1億数千万の霊魂がいて、残りの大多数の霊魂は、5次元(霊界)と4次元(幽界)にいるという。あの世は、ピラミッド状の階層社会になっている。

・ 8次元(如来界)、天使長ミカエルのほかに、ガブリエル、ウリエル、サリエル、ラグエル、パヌエル、ラファエルという七大天使がいる。

・ この太陽系(霊団)には、約400億の人間の霊魂が存在しているそうです。これだけの数の霊魂が、「この世」、すなわち3次元世界と、「あの世」の間を行ったり、来たりしているということです。

・ 井出さんは、天上界からのメッセージを送ってくる天使長ミカエルから与えられた「ひらめき」を言葉として、ノートに綴り、それをもとに2000年8月から「心の眼」という著書を刊行したということです。

・ アセンションした集合意識「ハトホル」からのメッセージをケニオンさんが受信し、それをヴァージニア・エッセンさんが、まとめたのが、「ハトホルの書」(ナチュラル・スプリット)です。ハトホルというのは、古代エジプトの豊饒の女神の名前ですが、この名前は、集合意識ハトホルから来ているということです。

・ 集合意識ハトホルは、シリウス(大犬座にあり、地球から最も強く光って見える恒星)にある時空の扉を通って、別の宇宙からやって来たという。金星を故郷とするサナート・クマラというアセンションした大師の要請を受けて、地球のアセンションを手助けするためにやって来たということです。

・ アセンションとは、精神世界では、次元上昇を意味する。近い将来、地球と地球人類の位相が現在の3次元から上位の次元に移ると予言されている。

<アセンションの時代>
・ この世界は、現世である3次元世界から9次元まである「あの世」は、4次元から9次元の世界まであるという考え方。

・ 4次元(幽界) 自己保存の想念が強く、エゴ中心の世界。

・ 5次元(霊界) もちつもたれつの世界で、まだ損得のある世界。損得勘定に支配されている。

・ 6次元(神界) 自分に厳しく人には優しくすることができる存在たちが、住む世界。

・ 7次元(菩薩界) 慈悲の心、愛の心が先にたつ世界。

・ 8次元(如来界) 大自然の真理、正しい生活と心のあり方。法の大綱を説く存在のすむ世界。

・ 9次元(宇宙界) 救世主(メシヤ)と称されている存在が住む世界。法の大綱を説くが、ほかの天体の零団と連携した仕事をしている。
エル・ランティー、エル・カンターレ、インマニエル・イエス・キリスト、モーゼがいるところ。



「カルマ・転生・そして黙示」
(ダビデの星が語る大叙事詩へのプロローグ)
(ニーニョ・ベルダー)(コスモ・テン)1989/7/1



<いたこ>
・ よく世の中に霊媒とか「拝み屋」とか「いたこ」とかいって、神の使いとして働く方々がおられますが、あの方々は、一様に「自分が幽体離脱して、自分は、意識がなくなり、自分の肉体を神に貸して、しゃべらせている」と言います。ですから、自分の肉体に戻ったとき、何をしゃべったかを覚えていない・・・・・と、よく申します。

・ しかし、私は、違うのです、私は、私の肉体にいながら、私を神にお貸ししているのです。あの方が入っても、私は、意識を失うことはありません。それでいて、私は、「あの方」に体を貸し、私がしゃべっているように、「あの方」がしゃべられるのです。ですから、すぐれた霊覚者(天使)といわれる方は、自分が神に使わされた者であることを、はっきり自覚しております。意識を失わずして、自らを神と同一の存在として、この世に神の御心を照らしているのです。

<真の天使(霊覚者)とは>
・私が、黙想し、波動をその方に合わせるだけで、もうその方は、私の中におります。以前は、そのような状態になるまでに、かなりの時間を要しました。しかし、最近は、時間が短くなるばかりか、「想う」だけで、瞬時にして、その方は、入っておられるのです。日増しに、それが強くなるのです。そのような時は、私は、目覚めたまま(夢を見ているような状態ではなく)、はっきりと自覚したまま(私がこの世にありながら)「あの方」の言葉を、私の口を通して、語り伝えることができるようになったのです。



「秘教真義」 
(M・ドーリル博士)(霞ヶ関書房)1975/1/1



<地球内奥部と青色人>
・ その人たちは、セートンが今まで見てきた人々の中でも最も活気に満ちた人であった。身長は、約5フィート(150センチ・メートル)で、衣服を身に着けておらず、皮膚の色は、特有の青色をしており、丁度、ピカピカに磨いた金属のような皮膚であった。彼らの皮膚色も不思議なものだったが、最も不思議なのは、その顔だった。

・その容貌は、鮮明でハッキリしており、堂々とした広い知性的な顔を持っていたが、その顔には、目が一つも無かった。両眼のあるべきところは、滑らかな皮膚だけであった。彼らは、セートンに何らの反感も反応も感じさせなかった。むしろ、セートンは、彼らから深い平和と調和の感じを受け取るとともに、彼らから、注がれた、清い愛情が自分の琴線にふれるのを感じた。



「ヨガの真義」
(M・ドーリル博士)(霞ヶ関書房)1975/1/1



<秘教真義>
・ 第1イルミネーション(神秘一体感の悟りの第一段階)を得るまでは、どのチェラ(求道者)も肉体のままでは、シャンバラへ行くことが許されない。しかし、マスター(大師)の助けによってアストラル(第4次元)的(肉体離脱)に行って、教育クラスの一員となって、シャンバラの秘密の一部が明かされることがある。

・ シャンバラへアストラル的に行った人は、どんな方法で教えられるのですか?

・ 秘教伝授のためにグループが集められた時、一人の大師によって、彼らはシャンバラの洞窟へと導きいれられる。このような目的に使うためにシャンバラには、洞窟がたくさんある。



「宇宙語・宇宙人」
(ジョージ・ハント・ウィリアムスン)(宇宙友好協会)



<収穫者>
・ 過去においては、円盤の大挙出現ということはきわめて稀ではあったが、やはりなかったわけではない。たとえば、中世のクメール族は、ほとんど一夜のうちに、地上から姿を消してしまった!クメール人の起源は、不明だが、インドシナのカンボジアに土着して、ヒンズー教と仏教の素晴らしい文明を発展させていた。最近、宇宙人が教えてくれたことだが、クメールの首都アンコール・ワットが住む人もなく荒廃してしまったのは、大宇宙船が彼らを一人残らず、インドシナから連れ去ってしまったからであるという。

・ 1700年代のポルトガル人の日記にブラジルのマット・グロッソの奥地に残る古代の巨大な廃墟のことを書いたものがよくあるが、このギリシャ風の大都市から莫大な数の住民が突然にどこかへ移住させられてしまったらしいことは、あらゆる点でハッキリしている。彼らが、徒歩で立ち去ったのではないとすれば、それならば、何かの痕跡が発見されるはずだ。やはりクメール人と同じように宇宙船で運ばれたものに違いない。このような例には、色々とあるのだ。



「ノストラダムス大全」 (誤解と誤訳の400年を検証する)
(ディヴィッド・オーヴァソン)(飛鳥新社))1999/1/1



<鳥の言葉>
・ つまり、鳥の言葉で話しかける者は、いまだ身体に宿りながらも、冥界にも出入りできる立場にある人間で、霊をそれと見分ける力の持ち主だった。

・ フリーメーソン思想にもとづくオペラを作ったモーツァルトとシカネーダーは、「鳥の言葉」の何たるかをとてもよく心得ていた。

・ 錬金術師のフルカネッリによれば、鳥の言葉とは、「ものごとの奥義を伝え、極意を明かす言葉だ」という。インカ族は、それを会議術と呼んだ。外交官が用いたからである。

・ 緑の言葉を教わった人間が予言をなす話がでてくるのは、北欧神話だけに限らない。古典文学では、この鳥語の秘密を知り、予言を口にする際に、それを使う卜者や予言者を称し、テイレシアスという名前が広く使われる。

<天使語も緑の言葉>
ノストラダムスが自らの韻律法を形容するのに使った単語も、緑の言葉の法則に従って選ばれたものである。

<イニシエーションと鳥の言葉>
・ノストラダムスはある手紙で、言わずもがなのことを述べている。すなわち、四行詩を奇妙な言語、彼の言い方を借りれば、ごつごつした言語で、書いたことを認めているのである。
隠語の世界では、この言語には多くの異名がある。占星術師や錬金術師の間では、もっか「緑の言葉」の名で通っている。しかしまた、「鳥の言葉」という通称もある。

・「鳥の言葉」のルーツは、古代神話にある。高次の霊界に入り込むことーと鳥の言葉はつながりがあるといわれる。この話は、天球の音楽にもやや似て、イニシエートつまりドラゴンの皮をまとった人間にしか聞こえないのかもしれない。

・ 緑の言葉は、なぜ鳥の言葉ともいうのか。簡単に答えれば、秘伝の照応体系で、知性とコミュニケーションに分かれての領域とされる天界の言語だから、ということになるかもしれない。



「太陽の秘儀」 (偉大なるヒーラー、神の癒し)
(キリアコス・C・マルキデス) (太陽出版)1999/11/18



<透明なヘルパー>
・サイキックとノエティックな次元に生きる、私達の肉眼では見えない師たち。また、物質界に住み、体外離脱をして、この次元や他の次元において、人間の手助けをする師たちも含まれる。

<ノエティック界>
5次元、ノエティック界では、時間も空間も超越される。ノエティック界にいる人格は、一瞬のうちに長い距離を移動するし、そして、時間を越えて、移動することも可能である。

<ノエティックの高次元>
イデアの世界、物質の原型(アーキタイプ)の世界。原因と法則の世界であり、現象の世界の基礎を作る。

<ノエティック体>
現在の自己意識のある人格を構成する三つの体の一つ。想念の体。ノエティック体は、5次元のノエティック界に存在する。そのイメージは、残りの二体と同じである。ノエティック体の中心は頭のチャクラである。

<サイキック界(4次元)>
・ サイキック界(4次元)。サイキック界では、空間は超越される。サイキック界にいる人格は、一瞬のうちに長い距離を移動することが可能である。

<サイキック体>
・現在の自己意識を持つ、人格を構成する三つの体の一つである。これは感情と感性の体で、その中心となるチャクラは、ハート・チャクラである。サイキック体は、4次元であるサイキック界で生きる。そのイメージは、あとの二体、肉体とノエティック体と同じである。

<神との一体化>
・自己が輪廻転生を繰り返し、物質界の経験を全うした後、最後の進化過程で、経験する神との一体化。

<体外離脱><幽体離脱>
・意識的に自分の体から抜け出て、サイコ・ノエティツクの次元に意識を持って存在し、再び体が戻る能力。この状態の間に経験したことは、記憶に残る。

<エレメンタル>
・ エレメンタル、思考概念が形をとったもの。どんな感情でも想念でも人間が作り出したものは、エレメンタルである。それを作り出した人間から独立した自分の姿と生命を持つ。

・ カルマ(因果)、カルマの法則、人間のすべての行動、想念と感情を合わせたもので、その人の次の存在状態を決めるもの。人間は、自分のカルマを築いていくことに対して、つまり運命に対して、絶対的な責任がある。神との一体化を会得したものは、カルマを超越したことを意味する。

・ 現在の人格。普通、個人の人格として知られているもの。ノエティック体、サイキック体、肉体で構成される。現在の人格は、私達の一番低いレベルでの表現であり、絶えず、進化過程にあり、永遠の人格と一つになろうとする傾向を持つ。

・ 彼はたとえば、スーツを着ているように見えることがある。物質を自由自在に作れるのだ。地上の人間と波動を合わせることにより、概念とか意味を吸収することができ、イメージの力を使い、自分を物質化して、人間のように見せかけることができる。そして、コーヒー・ショップに座り、一杯飲みながら、その土地の言葉をしゃべるかもしれない。

・ 自分を人間の想念の波動と合わせることができるので、何でも人間が知っていることは、自分も知ることができる。

・ 私達が、この星を破滅させないようにと思っているはずだ。何世紀にも渡って、彼らは、地球を訪ねてきて、人間は、彼らを天使や神として見ていたのだ。彼らは、私達人間に似ているが、進化の段階は、遥かに高い、彼らは悪と言う考えももはや超越してしまっているんだ。

<火星人>
・ 火星人は、時には濃密な物質の肉体はあるけれど、私達とは、違うんだ。火星に住む人間は、私達よりもずっと進んでいる。もう物質を繰ることができる。自分の意志で物質化したり非物質化したりできるんだ。

<彼らは、物質化や非物質化の達人>
・ 火星人は、地球に来るとき、肉体を置いてくる。彼は地球の電離層内に入ると、想念を用いて欲しいものは、何でも作り上げることができる。私達の目には円盤にように見えるものも作れる。地球で自分を物質化しようと思ったら、人間の形をとることができ、その際、着ている服が自分の身体の一部のように見えることがある。凝縮されたエーテル・エネルギーがそのような印象を与えるのだ。

<彼らは、物資化や非物質化の達人>
・ 彼らは、進化レベルの低い者たちの手助けをしている。注意して欲しいのは、私達の惑星のすべての存在が、同じ進化レベルにいるわけではないということだ。進化の進んだものは、遅い者を進化できるように手伝うのだ。そして、すべての存在が神との一体化において、私達の太陽系はもはや存在理由がなくなり、いつかは崩壊する。太陽系のすべての惑星も同じ進化のレベルにないことも注意を向けて欲しい。

・ たとえば、火星に住む存在が進化の最も進んだ者たちかもしれない。彼らは、その惑星と対になっているノエティック次元に住んでいるかもしれない。結果として、彼らは、私達の太陽系のどこにでも、そしてさらに他の太陽系でも、銀河系のどこにでも行けるであろう。私たちを訪ねてくるETも、他の太陽系から来ているのかもしれない。彼らは、私たちを触発して、進化する手助けをしているのかもしれない。

・ 私達が、理解できるようにするために円盤というような物質の形をとって、自分たちを表現するのだ。私達の太陽系に入り、地球から物質を集め、人間的な形態をとって現れるのだ。



「宇宙の知的存在」
 (ジャック・ベルジュ) (大陸書房)



<異人来訪譚>
(伝説などの奇妙な来訪者を異人という)
・ 霊魂の不滅について尋ねてみると、決して死後生存というようなことはないと彼らは答えた。彼らの貴重な知識をどうして人間にあかしてくれないのかと尋ねると。そのようなことをしたときは、特別な法理があって、最も重い罰を科せられるのだと答えた。彼らは、3時間にわたってとどまった。

・ ファチウス・カルダーの来訪者は、中世時代を通して出現していた。一連の来訪者たちの最後の例であるようだ。これらの来訪者たちの特徴は、人間と話ができたということ、いかなる形においても天使であるということを宣言していないこと、何かお告げの類を伝えに来たのではないことである。

<中世の光の魔人>
<奇妙な来訪者>
・イタリアの数学者ジェロラモ・カルダーノの父、ファチウス・カルダーノは、1491年8月13日に経験した異常な出来事について、次のように詳細に語っている。

・ 「20時ごろ、いつもの礼拝を終えたとき、トーガ(古代ローマ市民の外衣)に似た絹の服を着て、キラキラ光る長靴をはいた7人の男が私の目の前に現れた。彼らは、甲冑を身に着けていて、この甲冑の下からは、目を奪うばかりに美しい深紅色の下着がのぞいていた。その中の二人は、他の者たちよりも高貴な身分であるように見えた。特に他の者を圧して威風堂々たる一人は、その顔が濃い赤色をしていた。彼らは、自分たちは、40歳になると言ったが、いずれも30歳より上には見えなかった。何者であるのかと私が尋ねると、彼らは、自分たちは、一種の人間で、空気で作られており、我々のように生きて死ぬものだと答えた。彼らの寿命は我々よりも長く3百年も生き延びることもできるということだった。」



「楽園」(追想の彼方へ)
 (真野隆也)  (新紀元社)1996/8/1



<シャンバラ王国と住民の姿>
・この国の住民は、サンスクリット語で会話していて、大抵の人は、純白の長衣を着て、頭には白い布を巻いている。収穫も順調で彼らは、飢えることを知らず、病気に悩まされることもないという。

<サンスクリット>
・中期インド語の民衆語(プラークリット)に対する「雅語」の意味。日本では、「梵語」ともいう。古代インドの哲学、宗教、文学、科学の言語であり、民衆語が流布した中世以降にもインド文化を代表する言語であった。

<マハトマ>
・ ロシア生まれのマダム・ブラバツキー(1831〜1891)という霊能力者が、登場し、社会をおおいに賑わしたのである。彼女は、19世紀最高の神秘思想家といわれ、アメリカでは、“神智学協会”を設立し、東西神秘思想を結合した“新思想を”提唱した。彼女自身が語るところによると、彼女の霊能力はシャンバラの賢人マハトマから授かったものであり、マハトマからの使命として、“神智学運動”を実践しているということだった。



「エイリアンの夜明け」 
(コリン・ウィルソン) (角川春樹事務所)1999/3/1



<このとき彼は別の惑星に送られていた>
・ 1953年9月、アンジェルッチは、トランス状態に陥り、それが一週間続いた。このとき彼は別の惑星に送られていた。そこには、不老不死をもたらす神の酒や食べ物で暮らす高貴なエーテル体の人々がいた。そこで、アンジェルッチの本当の名前は、ネプチューンで、男の師の名は、じつはオリオンであり、女の師のほうはリラという名だと聞かされる。

・ 1952年9月23日、またもや同じことが起こったー夢のような感覚、そして巨大な半球体のシャボン玉のようなものの出現。それにはドアがついていた。中に入ると、座り心地の良い椅子に腰掛けた。ぶーんと、うなるような音がして、周囲の壁から音楽が聞こえてきた。気がつくと、彼は宇宙空間から地球を眺めていた。

<アンジェルッチの神秘体験>
<アンジェルッチは、アブダクティ(誘拐現象)で突如として、空飛ぶ円盤ビジョンの福音伝道者になった人物だ>
・ アンジェルッチは、1952年5月23日、夜勤明け車で帰宅途中、意識がぼっとなって、夢を見ているような感覚に陥り、その後、地平線上に赤い楕円形の物体を見た。その物体は、突然、上昇し、二つの緑の光球を放ったが、そこから声が聞こえてきて、アンジェルッチに恐れることはないと告げた。

・ 超自然的な美しさの一人の男と一人の女の姿を見た。

・ テレパシーの声の説明によると、このUFOは、一隻の母船からやって来きているのだが、実を言うと彼らには、空飛ぶ円盤は必要ない。“エーテル”的存在だからだ。UFOはただ、人間の前に形として現れるために用いているにすぎない。宇宙法によって、着陸し、人間の運命に干渉することはできない。しかし、地球は今、大きな危険にさらされている。

・ アンジェルッチは、伝道者になり、UFOの福音を説いて回ったが、人々は、彼の努力をひどく嘲笑した。あるとき、UFOを見たあとに、再びあのエーテルの体の友人が現れて自分の名前は、ネプチューンだと、告げ、地球の問題と未来の救済についてさらなる洞察を与えた。



「世界の不思議大全」
 (泉保也) (学研)2012/8/1



<天使の世界は3群9位階からなる>
<第1群><人間界と直接的なかかわりを持つことはほとんどない>
1、 熾天使(セラフィム)天使位階の最高位。神を賛美する歌を歌い続けるのが主たる役割。
2、 智天使(ケルビム)記録係であると同時に、主天使たちを統率する役割。
3、 座天使(トロンズ) 神の決定の配剤を考えるのが任務。

<第2群><宇宙を統御し、絶対神の世界と人間の世界を厳しく分けるのが主任務>
4、 主天使(ドミネイションズ) 智天使の指導を受けて森羅万象にかかわる命令を下す。神の権力と栄光を表す天使。

5、 力天使(バーチューズ) 神の力を用いて地上界に奇跡現象を起こす。能天使と協力して、宇宙の物理的法則を保つ役割を果たす。

6、 能天使(パワーズ)  自然界の法則が正常に働くように手助けする。悪魔の軍勢に対する勝利の天使でもある。

<第3群><直接、人間に働きかける役割を担う。いわゆる守護天使>
7、 権天使(プリンシパリティーズ) 国の運命を左右し、その興亡を司る。
8、 大天使(アークエンジェルズ) 神の啓示を人間に伝えるほか、天国の戦士役も勤める。ミカエル、ガブリエルなど。

9、 一般の天使(エンジェルズ)信仰心が厚く、善良な子供たちを守護する。

・ 天使の総数は、3億165万5722といわれている。



「UFO事件の半世紀」
 (キース・トンプスン) (草思社)1998/4/1



<異星人情報は国家最高機密だろうか>
・ 天上界と地下世界の住人は、存在するのだろうか?

・ コンタクティーとアブダクティと天使、シャーマンの他界への旅と臨死体験とUFOを結び合わせるパターンは、何か?

・ 異星人問題の明快で決定的な解答を追及できるのだろうか?

・ エイリアンは、人間の女性に混血児を産ませて、それを「取り上げている」との見解がある。

・ チャネリング(交信)情報の増大。

・ エイリアンが私達にとって「異種交配」をしているという話。

・ 身長が1メートル20センチほどで大きな黒い目をしたヒューマノイド。

・ フロリダ州ガルフ・ブリーズ(人口約6千人)でのUFOフラップ。

・ UFO現象を忘れ無視している大衆の関心を呼び起こすための企画。

・ アダムスキーが出会った神聖で天使のようなエイリアン。

・ UFOで通過儀礼を受ける(イニシエーション)

・ 映画スター・ウォーズのダース・ベェイダは、悪魔のようなメン・イン・ブラックだろうか?

・ 自分の分身ないしダイモ。ラテン語では、守護神といい、キリスト教徒は、守護天使、スコットランドでは、分身、ノルウェー人は、生霊、ドイツ人はドッペルゲンガー、分身)と呼ぶ。(このドッペルゲンガー現象も多く報告されているようだ。)

・ 米国UFOネットワークの主要目標は、合衆国国内の各部に地方支部長を置くことだった。

・ スイスのマイヤーが備蓄しているプレアデス異星人に関する3000ページ以上に及ぶメモや論述は、マイヤー自身の知的能力をはるかに超えている。

<UFOは、人類の歴史が始まって以来、最も重要な現象>
・ UFOは、いかがわしい金儲けの手段になったこともある。

・ 米国映画「インデペンデンス・ディ」「コンタクト」「メン・イン・ブラック」などで、相当広汎な民衆が、UFOや異星人のイメージを持った。

・ コンタクティやアブダクティの体験も多く、出版された。

・ みどりの小人―欧米では、漫画に描かれている宇宙人は、必ず緑色で小柄なことである。

・ UFOは、人類の歴史が始まって以来、最も重要な現象。

・ 英国のミステリー・サークル(農場象形文字)は、UFOの仕業という見解が強い。

・ この世と平行して存在する異次元世界をイメージするものもいる。

・ ギリシア神話では、入口、敷居、通路は特定の神の管轄になっている。その神とは、ヘルメスである。

・ ヘルメスは、神の使いの子供としてのイメージである。



「宇宙人・謎の計画書」
 (ロビン・コリンズ) (二見書房)1982/7/1



<女神イシスからの贈り物>
・ 韓国の済州島に伝わる伝説に、昔々、箱(あるいはUFOか)に乗ってやってきた、天空から飛来した“3人の妖精の王女”が、この島に穀物を贈り物としてもってきた、という話がある。チュンムーン村に近いチェオンジュ湾で、この妖精たちは、水浴びをしたというし、伝説によれば、済州島の中央部にあるハラ山にもかっては天人がよく訪れていたという。
韓国の伝承にみられる穀物の贈り物と共に、「箱に乗って天から下ってきた妖精の王女」というのは、日本の美しい女神“天女”の伝説に似ている。

・古代に多くの土地で、小麦やトウモロコシなどの穀物がエジプト(宇宙の?)女神イシスからの贈り物とされている。古代ギリシアではデメテル(ある種の果物や野菜の女神)、古代ローマでは、トウモロコシの女神ケレスとして知られる。小麦、大麦などの穀物の由来がいまだにわからないというのは、きわめて興味深いことだ。初期の伝説では、ケレスの乗った二輪戦車は、スピードの速い“翼のある竜”の群れに引かれていたとある。



「宇宙語・宇宙人」 
(ジョージ・ハント・ウィリアムスン) (宇宙友好協会)



<放浪者・ワンダラー>
・“思念の子”が世に教化するため初めて地球に来たさい、同道したのが、この特別の集団だった。長老である、“思念の子”と共に地球を訪れた小アバタル、つまり霊魂は、14万4000人にのぼるという。

・ 宇宙機の乗員も、放浪者も共に“太陽十字の騎士団”という集団に所属している。太陽十字の本来の意味は、光が強いため、太陽を中心として光波が十字状に放射しているように見える光学現象のことである。月でも同じような現象が起こるが、これは月十字という。

・ 中世の武者修行者のように、冒険を求めて諸国を遍歴する騎士のように、放浪者は、太陽系の色々な惑星を遍歴する太陽十字の騎士の武者修行者なのだ。

<放浪者・ワンダラー>
・ 最近になって、本来は地球人でない人たちが、相当数地球に住んでいることを示す証拠が、続々と集まりつつあるのだ。

・ 宇宙には、普通の人と異なって遊星から遊星へ、太陽系から太陽系へと移り歩く特殊な階級、集団の人々がある、という意味である。

・ これらの放浪者が、地球に来るのに宇宙船を使ったのではないとすれば、いったいどうやって来たか?地球行きを志願して、地球に生まれ変わったのである。別の言葉で言えば、地球に生まれたのだ。



「地球に来た神人」 
(ロベール・シャルー)  (大陸書房)1984/1/1



<空飛ぶ白い女神>
・ 中米ホンジュラスでは、神話は変わるが、その主たる特質は変わらない。すなわち、地球外から来訪した神々、そして、「空飛ぶ機械」である。
伝説は語る。たとえようもなく美しい白い肌の若い女性が空から来て、ケアルコキンの町に降りた。そこで、彼女は、不思議な姿をした人間や動物の装飾を施した宮殿を建てた。
・ ・・・ある日、自分の美しさが衰えつつあるのを悟って、女神は、その領土を息子たちに分け与え、宮殿の一番高い露台まで、空飛ぶベッドに乗った自分を運ばせた。まもなく、彼女は、美しい鳥の姿になって、空の果てに消えうせた・・・・

・ ペルー、ボリビア、コロンビアーインカ古代王国には、「宇宙船」をはっきりと示した画像があって、特にチアワナコのプエルタ・デル・ソルにあるものに顕著である。ここにはまた、「空飛ぶ機械」を用いた神々の話がある。プラコチャは、プエルタ・デル・ソルに見られる「空艇」と密接に結びついている。人類の最初の母オレホナは、「太陽より輝かしい船」で金星からやって来たーとペルーの歴史家は述べている。

<空飛ぶ神話>
・ あの時には、飛来した「世界の導師」たちは、おそらくはその惑星間宇宙船の形状ゆえに、竜とか空飛ぶ蛇とか呼ばれたのだ。小人、小妖精、コリガンなどは、グイヨンという名で代表される。

・ ケルト神話では、グイヨンは、秘儀に通じた小人であり、人間の知識の化身であり、「時間、空間を通しての永遠の思考法」の発明者である。彼は古代ケルト人が「ケル・グイヨン」すなわち「グイヨンの都市」と呼ぶ「銀河」からやって来た。その父ドンは、カシオペア星座に住んでいる。

・ グイヨンは、アゼザル、プロメテウスのように宇宙飛行士であった。ただ、彼ははるかに小さかった。それは、人種的相違であるかもしれない。また、それがアトランティスとムーとの戦争の理由の一部であるかもしれない。おそらくは、アトランティス人は、大きく、ムー人は小さかったのだろう。イースター島には、巨人像が見られる。

・ アゼザルの真の正体については、「エノク」に、天使=宇宙飛行士たちの着陸後、次のように書かれている。「ここに、彼らの指揮者たちの名がある。サヌヤザー、ウラカバラメエル、アキベエル、タミエル、ラムエル、ダビエル、アズケエル・・・・・アザゼル、アラゼアル」(第7章9)

・ この地球外生物たちは、地球の女たちと同棲し女たちに呪術や魔術を教えた。「アザゼルはまた、人々に剣、ナイフ、盾、胸当て、鏡・・・の作り方を教えた」(第8章1)

・ アザゼルとは、人類に対しての偉大な秘儀伝授者であった。

<メタトロンとアガルタ>
・ルネ・ゲノンによれば「世界の王」すなわちメタトロンなる存在があって、神の力と人類の間の仲立ちをしており、これは「エノク書」のアゼザル、キリスト教徒のいう聖ミカエルに該当するという。
メタトロンの影ミカエルの暗き力は、悪い意味でのこの世の霊、サマエルすなわちサル・ハオラム(サタン)によって代表されている。謎に包まれた、メルキゼデクも「世界の導師」である。インド人の言葉によれば、1890年に「世界の王」はナラバンチ僧院に現れこう予言したという。「アガルタの住民は、その洞窟から出て、地表に現れよう」

・ 神智学者によれば、「シャンバラのヒスイ宮殿には4人の世界の導師」が住んでいる。彼らは、金星人で、闇の勢力の住むアガルタの地下神殿に対抗して「空中」神殿を拠点としている。

・ 一方、地下神殿にも、白魔術の印の下に信者たちがいる。オッセンドフスキは、アガルタは必ずしも地下世界を意味していないという。それは、邪道に落ちた世界の好奇心から賢者を守るために、6千年前から、そうなったのだと言っている。

<大宇宙兄弟組織>
・地球上には、1年に1度、さまざまな科学的問題を討論するために科学者たちの集合するロッジ(秘密結社などの集会所)がある。この地球の過去、現在の状態について、これら秘儀参入者たちは、現在の官制科学を代表する現代科学者より、多くのことを知っている。
しかし、彼らもまた、地球の未来については、何ら明確な知識を持っていない。彼らは、ただ推測するだけである。

・ この地球上のロッジのほかに大秘儀参入者たちのために太陽上に別のロッジがある。彼ら大秘儀参入者たちは、地球の過去はもとより未来についても明確な知識を持っている。しかし、この両ロッジともに、「大宇宙兄弟組織」を形成する完全に進歩した知的存在たちからなる、大宇宙組織体の一機関にすぎない。これら完全なる知的存在とは、地球の最も偉大な天才とも比較ならぬほど、進歩していて、それは彼らが、人類より、はるかに古い“第一原理”から生まれているからである。



「宇宙連合の飛来」 
(喜多要光) (大陸書房)1975/1/1



<宇宙の彼方>
・ 太陽系には、12個の惑星があるが、この太陽系の周りにも12個の太陽系がある。(空飛ぶ円盤同乗記)

・ このように宇宙人は、宇宙連合に加入して、地球を救助するためにやって来ている。彼らは、わが太陽系の12個の星々のみでなく、いろいろな太陽系からもやって来ているのだ。たとえば、サガファリス太陽系、トレソトン太陽系、第22太陽系、サファニアン太陽系などである。

・ このサファニアン太陽系の人々を筆頭にして、各々の太陽系の人たちは、多数の円盤と、人員を投入しているのである。

・ 「サファニアン太陽系から200機、トレソトン太陽系から500機の円盤編隊が来ています。第二の月“フォウサー”の近くには、1万4000機もいます」(宇宙交信機は語る)

・ こうして宇宙の同胞は、この地球が1日も早く宇宙連合の仲間入りをするように働きかけてくださっているのである。

<天国に住む土星人>
・ 地球人として生まれ変っている土星人でアメリカに住んでいる者もいる。土星の建築様式は、我々の想像を絶したものである。遠くから見れば、都市は白く見えますけれども、その中を歩いたり、乗ったりして、通過しますと、各建物やその他一切は、白色を呈しています。それは息の詰まるような体験でした。建物の幾何学的な構造があまりに美しいからです。それは、我々がこれまでに教えらてきた「天国」そのものであると言えるでしょう。人々は、一大家族として、住んでいますが、この地球上の兄弟姉妹よりももっと優れた生き方をしています。 (空飛ぶ円盤とアダムスキー)

<人間は、シリウス太陽系から集中された念波により、修養のため、苦しむ囚人として地球に送られてきた>
・ 人間は、シリウス太陽系から集中された念波により、修養のため、苦しむ囚人として地球に送られてきた。人間の精神は、神によって創られた聖なるものである。けれども、その肉体の重さという物理的な制約を受ける。だが、彼はその肉体を少しずつ、変化発達させて、制約を軽減してきた。人間には、思念を通じて物を創造する力が、授けられているのである。そのようなわけで、人類は、天使と獣、双方の性質を備えている。肉体を通じ、教訓を学ばなければならない。そして、より、高い段階にまで、追求向上する資格を得るためには、まだまだ苦痛、苦悩、悲惨等をよくよく知る必要がある。

・ このように我々は地球大学に入学して、勉強している最中であり、生徒だけでは、どうにもならない、時代に来ていて、多くの教師等が地球に到来し、我々を導いてくれているのである。

<地球文明と宇宙人>
<シリウス星人の地球入学>
<ジョージ・ハント・ウイリアムスン博士の研究>
<ダーウィンの進化論ではどうしても猿〜人間のへの進化過程が解らないのである。>
・ 地球独特の生物の進化が進んでいる頃、神の子と呼ばれる霊魂の大群が、地球に移住してきて、ある形の肉体に宿ったものが人類である。人間が他の哺乳動物と根本的に違うのは、そのためである。類人猿の一種が大気圏外からやって来た霊に利用されて、人間の原形となったことは、間違いない。この原形が、しだいに進化、繁殖して、ついに今見るようなさまざまな民族にまで分化していった。人間は、肉体の段階での経験を積み重ねるためであった。



「宇宙人飛来の謎」
 (アラン&サリー、ランス・バーグ) (二見書房)1976/1/1
宇宙考古学の解く人類の誕生



<太古神“ヴィラコチャ”>
・ 伝説の語るところによれば、肌の白い髭をはやした男たちがチチカカ湖の岸辺から現れ、原住民を支配して、彼らに文明の祝福を与えたという。
この話は、アズテック族の間に伝わる“善なる神ケツアルコアトル”についての伝承を想起させる。この神も、恵み深い恩寵を原住民に施そうと、東方から大高原に登ってきたという。

<白い神ケツアルコアトル>
伝説の霧の中に隠れた、このヴィラコチャとケツアルコアトルとククルカンとは、三つの異なる文化と祖先たちのおぼろげな記憶の彼方では、同一人物とみなすことができるだろうか?

<<アカシア>
・シャンバラの彼らは、母なる自然の記憶―アカシアーのなかに、地球の歴史を読む。ブラバツキー女史もシャンバラに憧れた人間の一人だった。(彼女は、シャンバラに行ったことがあるというが、真相はどうか?)また、彼女とともに、近代神秘学を創始したシュタイナーの主著が「アカシア年代記により」だった。

・ なお、シャンバラについての伝承は、インド・チベット・ネパール・中国だけではなく、ロシアにもある。ロシアの一部の人々は、「白い湖の国」の近くにシャンバラがあるという。この白い湖は、さまよえる湖ロプノールであるとされている。もちろんロシア人は「シャンバラ」とは呼ばない。「ベロヴォディイェ」(白い湖の国)と呼んでいるという。この太古から人類をさまざまな方法や手段で導いてきたすぐれた聖者の共同体とも言うべきシャンバラ。彼らが、地下道を経て、シャンバラに隠棲したのは、古代の核戦争の退避のためだった可能性もある」



「超古代文明の謎」 
(佐治芳彦) (日本文芸社)1997/1/1



<マハトマ>
・地球の地下が長大なトンネルによって結ばれていたという伝説がある。それが地球全域を結ぶもとであったかどうかは、疑問としても、中南米には、その一部とされる長大なトンネルがあることが知られている。シャンバラへの通路も、そのトンネルの一部であろうか?

・ さて、シャンバラは、マハトマと呼ばれる賢者たちによって治められている。シャンバラは「賢者共同体であり、科学都市でもある」と言う人もいる。UFOは、シャンバラから飛来すると信じている人もいる。

<人類の徳、知性が創った聖なる地底の楽園・シャンバラ>
・シャンバラは、トマス・モアの「ユートピア」やフランシス・ベーコンの「ニュー・アトランティス」、あるいは、「太陽の都」のように理念的に創られた「創ろうとした」ものとは、違って現実に存在していたし、または存在している(しかも到達した人もいる!)と信じる人々が近代に入ってからも絶えない。たしかに、サンスクリットの文献やチベット仏教の文献に見られる。シャンバラは、地球の大湖沼時代、中央アジアにあった内海の一つに浮かぶ小島だったらしい。そして、それは、現在も砂漠の奥の人知れないオアシスの中に(その地底に)残っているとも言われている。

<直観文明>
<相事象学>
・自然や宇宙は、根源的な存在ではない。それの背後(内外、環境)には、「天然(アマノ)」がある。直観とは、人間の細胞内にあるアマの身代わりであるアマナが、カムナ(環境の潜象)に感応することによって生じる。

・ カタカムナ人は、宇宙(森羅万象)に潜むモトガタ(相事象現象)がアマとカムとの複合系の潜象(ナニヌシ=主)であることを直観していた。
・ 彼らは、あらゆる現象の根元にあるアマ(天然=始元量)の存在を直観し、現代の自然科学とは、別系の「直観物理」を生み、それにもとづき高度文明を展開した。

・ カタカムナ人―彼らはいずこから来たり、いずこへ去ったのだろうか。

<超古代日本に現れた『カタカムナ文明』とは?>
・ 人類文化は10万年前から数万年前にかけて、一つの頂点に達した。だが、それも人類が国家形成の道をたどり始めるにつれて、退化した。カタカムナ文明は、当時の日本列島の住民(カタカムナ人)が生み出した、その頂点的なものである。それは、また日本民族と日本文化の原型というべきものだった。



「秘密結社の世界史」 
 (海野弘) (平凡社新社)2006/3/11



<イルナミティとエイリアン>
・イルナミティの起源について壮大な幻想を繰り広げて見せるのは、ディビッド・アイクの「マトリックスのチルドレン」である。彼は、イルナミティの祖先をアヌナキだとする。

・アムナキは、古代シュメールの神々の種族であり、実は宇宙からやってきたエイリアンであるらしい。彼らは、ニブルという星に住み、45万年前に地球にやって来た。ニブルの王は、アヌであったが、彼は二人の息子エンリルとエンキを宇宙船で地球に送った。彼らはメソポタミアに着陸した。そして、人間をつくり、高度な技術を教え、シュメール文明が生まれたという。
 このような説は、人間が原始人から進化してきたという考えに対立し、超古代にエイリアンから高度な技術、文明を与えられていたが、それを失ってしまったというものである。ベストセラーになったグラハム・ハンコックの『神々の指紋』もその一種であった。

・ しかし、アヌナキは人間を造り、文明を与えただけではなく、人間を支配し、奴隷化しようとしているという。ディビッド・アイクによれば、イルナミティはそのための陰謀組織であるという。ジョージ・オーエルが『1984』で描いた、監視国家こそ、その秘密を描いたのであり。人間を見張っているビッグ・ブラザーこそ、アヌナキだ、というのである。アヌナキの血脈は、イルナミティのネットワークに流れ、今に続いているという。



「地球に来た神人」 
 (ロベール・シャルー)  (大陸書房)1997/10/1



<知られざる導師たち>
・ エジプトでは、ボナパルトは、「ミスライム」の名で知られる極秘の組織である「ルクソール結社」で秘儀伝授を受けている。彼は、薔薇十字会伝統の「大将軍」の称号を受けたという。

・ 「パリの伝統によれば」とユタンは、述べている。「皇帝ナポレオン一世は、かの有名な“チェイルリー宮の赤い小人”に会っている。小人は、彼に、彼の歴史上の使命を明かした上、権力欲に心を任せることがあれば、待ち構えている危険についても告げた」

・ ナポレオンの使命は、「大主権者」として、政治的宗教的なヨーロッパの統一をもたらすことであった。しかし、彼の個人的な野心を知ったとき、「知られざる導師たち」は、その支持の手を引っ込めてしまった。

<ナポレオンと薔薇十字会>
・ボナポルト将軍は、そのエジプト遠征の間、テンプル騎士団の伝統を受け継ぐマルタ騎士団の軍事ロッジに入会を許可された。この結社の団長は、当時ホンペッシュの名で知られていたが、彼はあのサン・ジェルマン伯爵(数世紀生きたといわれる謎に包まれた18世紀の神秘的な人物)に酷似しており、神智学者C・W・レッドビーターは、目を惑わされることなく、確かに彼こそ「トランシルバニアの導師(サン・ジェルマンは、トランシルバニアの皇子だったという説がある)」と認めている。

・ 従って、ボナパルトとサン・ジェルマンとが個人的に直接に接触したということは、非常に限られた者だけに許されるテンプル騎士団の秘儀伝授が、サン・ジェルマンからボナパルトに伝えられたと考えられる。



「UFO超地球人説」 
 (ジョン・A・キール)  (早川書房)1976/10/31



<エプシロンからやって来た軍隊が、すでにポルターガイストに形を変えて、ここにいる>
・ 1950年代初期の現代的UFO接触者伝承にあっては、オリオン星座が地球の接収を計画している「邪悪な宇宙人」の故郷として、頻繁に引用されている。

・ 「あるUFO乗員が、自分に『エプシロンからやって来た軍隊が、すでにポルターガイストに形を変えて、ここにいる』と知らせた」と主張した。(有名な接触者(コンタクティー)アーサー・ブライアント)

・ エプシロンは、オリオンの三つ星のうちの中心的な星である。聖書などの多くの古代の著作は、オリオンは、悪意のある軍隊を隠し持っているが、一方では、プレアデスは「いいやつら」の故郷であるということをほのめかしているように見える。

<人類に最も近い特徴を持つといわれるプレアデス星人>
・もし空飛ぶ円盤が実際に地球外宇宙船として存在しているのだとしたら、プレアデスは、その発進地としてかなりの可能性を持つかもしれない。

・ 人類学者たちは、完全に隔絶された南アメリカの種族たちやオーストラリアの原住民たちが、プレアデスに関する多くの伝承を持ち、その星座をちょうど古代の中東やヨーロッパの文化がそうしたように、セブン・シスターズ(すばる七星)と呼んでいることを発見して驚いた。

・ この独立した民間伝承の多くがプレアデスは“空の民族”の故郷であると主張しているのである。北米インディアンの種族たちもプレアデスに関する同様な伝説を持っており、古代の人々に名づけられ、知られていた星や星座全体の内から、すばる星、セブン・シスターズを何度も選んでいるのを見るのは、興味あることである。

・ ヨブ記の第38章第31節に、次のようななぞめいた陳述がある「あなたは、プレアデスの鎖を結ぶことができるか。オリオンの綱を解くことができるか」



「失われた惑星文明」 
 (ジョン・A・キール)  (大陸書房)



<モルモンの書>
・ それから、6年後、スミスは箱を掘り出すべく指示を受けた。スミスは、山腹を掘って、まさにモロニが言った地点で箱を見出した。蓋をこじ開けると、幾枚かの金の薄版と一緒に、「ウリムとトンミム」という呼び名で知られるようになる結晶体で装飾された装具も出てきた。それから、3年を彼は金板面の異体字の翻訳に費やした。

・ 1830年3月に、出版され、これが「モルモンの書」で、古代北アメリカの歴史書である。翌月、ニューヨーク州ファイエットで、モルモン教会は、6人の会員をもって正式に発足した。

・ 大きな宗教は、たいてい同じような創始のしかたをしている。マホメット(570−632)は、アラブの一介の商人にすぎなかったが、40歳のときに幻影を見、そして、会話を重ねた使者なる者たちの導きによって、イスラムの宗教を組織し「コーラン」を書くまでにいたったのである。

・ もっとも近年になってからできた宗教、たとえば、7日目再臨宗(セブンスディ・アドヴァンチスツ=土曜日を安息日とするキリスト再臨派)や神証宗(ジホウヴァス・ウイトニス=絶対平和主義を説くキリスト教の一派)なども開祖は、超自然のものと話をしたとされ、また予言も行なって、あとでその真実が証明されている。

<超常現象の体験者>
<モルモンの書>
・1821年9月21日、ニューヨーク州パルマイラ近くのジョセフ・スミスという18歳の農家の少年が、何者かの訪れに目を覚ました。現れた人物は立っていたが、足は、床についていなかった。「この上ない、純白の」長い寛衣を身にまとったその人物の周りには、光が差し、「顔からは電光が発するかのように見えた」。モロニと名乗ったその「神なる存在からの使者」は、少年の名を呼びかけて、彼が大業を果たすべく選ばれたことを告げた。その後、モロニは、たびたび出現するうちに、秘密の箱の埋まっている正確な場所をジョセフ・スミスに教え、指示があってから掘り出せと言った。

<小人が住んでいる一郭>
・ いくらもたたぬうちに、ヘレンは、火星語を話すことを覚えた。自動書記のほうも、未知の符号が盛んに現れるようになった。

・ ラミーとかエシネイルとかの名を持つ火星人たちも仲間入りするようになった。まもなく、ヘレンは、髪が長く指も長い異人たちが頻繁におとずれては、天外の惑星へ心霊旅行に案内するようになった。

・ 彼女が到着したのは、「地球の住民とはおよそ違う人たちが暮らしている一郭」であった。一番背の高いのが、3フィートで、大多数は、それより1インチか2インチ低かった。この1898年における小人たちは、低くて長くて窓も戸口もない簡単な家に住んでいたそうで、各家には狭いトンネルが10フィートばかり地中にあり、屋根は平坦で煙突なのかどうか、筒がついていたとのことである。

<超人類とオーストリアのある少女の体験>
・ヘレン・スミス嬢は、1892年3月から自動書記によるメッセージを受けるようになった。やがて彼女は、失神状態に陥って、イタリア人らしいアクセントのある男の声で、ものを言うようになった。

<超人類の幻影を見たり、訪問を受けたりしたと主張する人々>
・ その浅黒い顔の男は、ヘレンの生命の一部のようになってしまった。彼女が完全に覚醒して、独りでいるときに限って、彼は突然現れたり消えたりした。彼女の知らぬ異国語で話しかけてくることも、しばしばあった。彼は、名をアスティンといい、火星からやって来たのだと、重々しく語った。時々、彼は故郷の火星に彼女を少なくとも幻覚の中で案内した。大抵の場合、彼はきれいに縫い取りした寛衣を着ていた。スミス嬢は、ついには火星で見た乗物の話をするようになった。車輪も馬もついていない乗物で、人々は、その中で、飛び回っているように見えたという。



「ヒトラーの謎」(ナチ第三帝国の秘密) 
(J・ブレナン) (大陸書房)1979/10/1



<レムリア最良の血族は、シャンバラの島へと移住した>
<神秘の国トゥーレへの探求>
・ 何百万年か前、白い氷の世界となってしまったという。伝統の人類の揺籃の地、最初の王国を見出すことのできるその地こそトゥーレであった。

・ このトゥーレ大陸には、おそらくハイパーボリア人が住んでいたと思われる。

・ トゥーレに住むことができなくなると初期人類は、古代レムリアへ移動した。また、失われた大陸の中で、最も有名なアトランティスにも殖民した。

・ 地殻大変動(それは地球の自転の遅れによることもあった)というものを原因等にして初期人類は、現れては死滅した。ときには、大洪水によって、何百万人も死ぬこともあった。

・ たとえば、その文明の末期、レムリア最良の血族は、シャンバラの島へと移住した。今、そこは、荒涼たるゴビ砂漠の人知れぬ、オアシスとなっているが、当時は、水に囲まれた島だったのだ。

・ アトランティス人を代表する美しい黄金色の第4人類は、すでにその優越件を握ろうとしていた。レムリア大陸自体は、火山爆発によって打ち砕かれたしまった。

・その巨人族、美しい黄金色の第4人類は、秘教伝統の伝えによるところによれば、「罪を負って臭く」なったという。

・ 第5人類は、今日我々の知っている人類である。この人類は、新たに隆起したヨーロッパ大陸に分布し始めていたのであるー。

<第三の「卵生」人間>
・さらに永劫のように長い進化の過程を終え、第三の「卵生」人間が現れ、第二人類は絶滅した。第三人類の初期は、末期でも、はっきりと差異があった。初め、この人類は、雌雄同体だったのだが、後に両性に分裂し、こうして、初めて男性と女性とが現れることになる。

・第三の人類が進化した第四の人類は我々の知っている人類とはなはだ近似している。眠っていた理性は、目覚めた。意識も持つようになる。最初にして最も基本的な道具―すなわち言語も完成して、両性も完全に分離された。

<霊気性の影のような第一人類>
・第二の人類は、初期の段階では、第一の人類と外観は、あまり変わらなかった。ただし、この二つの人類とは微妙な差があって、この相違によって、第二の人類は進化の道を進むことになる。こうして、確かに肉体というものを備えるようになったが、それは現在の我々のような濃密な組成の肉体とは、比べなくもない。その時代の人類―「汗から生まれた人間」と呼ばれるーは、現在の人間よりもずっと大きく、霧でできた巨人のようであった。
地球上に死というものはなかった。霊気性の影のような第一人類は、この第二人類の子孫たちの中に吸収されていった。

<神秘の国トゥーレの探求>
・ トゥーレの島は、かって存在した。トゥーレは、消えうせた文明の魔術の中心であったと考えられた。

・最初の人類は、エネルギー組織として、作り出されたものでその構成要素は、彼らを創造した地球外生物のエッセンスから抽出されたものである。この人類には、肉体といえるようなものは、なかったし、思考力もなかった。彼らを造った創造者たちは、コーハンと呼ばれ、月と結びついた。こうして、人類は、始まった。最初の人類には、心のない影のような存在だった。これは失敗作といえよう。創造者たちも困惑した。考える者を造り出すことが目的だった。だが、時間は無限にある。最初の影人類には、性がなかった。子孫を殖やそうとするような意識は全くなかったが、それでも彼らは繁殖した。



「謎の白鳥座61番星」 
(ロビン・コリンズ) (二見書房)1975/1/1



<ジョナサン・スウィフトの謎>
<ガリバー旅行記は実体験か?>
・UFO研究者たちの論議の的になっているものに、ジョナサン・スウィフトがどんな方法で火星の二つの小惑星―フォボスとダイモスーを知っていたかという問題がある。スウィフトがこの二つの小惑星のことを書いたのは、ワシントンの海軍天文台がそれを発見するよりも151年も前なのである。この謎は、「ガリバー旅行記」の中の「ラピュタ渡航記」を詳細に分析すれば解かる。

・スウィフトは、「ラピュタ渡航記」のなかで、「空飛ぶ円盤(あるいは空飛ぶ島)」とその住民のことを詳しく描いている。1708年2月に書かれたこの物語によれば、ガリバーに火星の衛星のことを教えたのは、この島の住人たちなのである。
スウィフトがこの物語を書く前にUFOを見学してきた“誰か”がいたに違いない。

・“空飛ぶ島”は「なめらかできらきら輝く」「巨大な不透明体」で「その住人は、自由にその島を上昇させたり、下降させたり、あるいは前進させたりすることができる(らしく)また、その“島は少しの間じっと止まっていることもできるらしかった”
どれもが、現在、目撃されているUFOの特徴と同じではないか?



「宇宙人・謎の計画書」 
(ロビン・コリンズ) (二見書房)1982/7/1



<火星からやって来た赤髪の人々>
SF作家のロバート・ハインラインは、生涯をかけた仕事として、赤髪の人間について研究を行なっている。彼の説によれば、歴史全体を通じて、赤髪の人間が世界の指導者の中で占める割合は、全人口に占める割合よりもずっと高いという。数ある例のうちで注目すべき赤髪の指導者は、イエス・キリストとモハメッドである。

・メッカへの巡礼をすませたイスラム教徒は、“ハジ”の尊称を得た証として、ひげや時には、髪を赤く染めることを許される。染毛をすませると名前の前に“サー”とおなじようにハジの称号をつけて呼ばれるようになる。ハインラインは、さらに続けて次のようなことを明らかにしている。それは赤髪の人の顔の骨格が他の人々とは、異なることだ。だから、もしかすると赤髪の人たちは、他の惑星からやってきたのかもしれないということだ!おそらくは、火星から!

<マリアには、異星人の訪問があった>
・アラビア語で書かれた聖書外典の一部が新しく発見されたが、それによると“ベツレヘムの星”は地上数メートルの空中を飛行する“光の球(宇宙船か?)”である、と記されている。また、幼子キリストをくるんでいた産着は燃えることがなかった、とも書かれている。この産着は、地球上以外の惑星で作られた人工合成繊維だったのかもしれない。

・ キリスト誕生の知らせは、明らかに宇宙人によって、マリアに伝えられた。17世紀に翻訳されたと思われる古代の聖書外伝の一部は次のようなことを明らかにしている。

・ ・・・処女マリアは以前から天使たちの顔を見慣れており、このような天上からの光も彼女には珍しいことでなかった。だから、天使(宇宙人?)が目の前に現われても恐れることなく、強い光(UFOか?)に驚くこともなかった・・・。

<第二の天国は蛇つかい座2番星か>
・イスラムの伝承では、イエスの住んでいたところは、“第二の天国”となっている。そしてまた、伝道者のヨハネがヘビ使い座(または海へび座、さそり座といった同じような形の星座)から、やって来たとするなら、キリストも蛇つかい座からやって来たと考えられないだろうか?“第二の天国”とは、バーナード星ないしはヘビつかい座70番星の2番目の惑星のことかもしれない。いやもしかすると太陽系の二番目の惑星、金星のことを示しているのかもしれない。

・キリストが地球以外の惑星からやって来たこと、そして恐らくは、異星人との接触を保っていたことを示す記録は、その他からも見られる。次にあげた引用は、聖書外典(大いなる神のしもべヨセフの書)からとったものである。

・ イエスは、12歳のとき、既に天文に関する知識を持っていた。しかし、イエスの知っていたことは、当時の天文学者たちにはまだ発見されていなかったことである。

・主イエスは、それに答えて、天球の数、天体の数を彼に告げた。また、天体のなしている三角や四角の形、60度離れた二つの天体の位置関係、それら天球が前進したり後退したりする運行の状態、その大きさ、いくつかの予言、さらにその他のことなども告げた。しかし、これらはすべて人類の知恵ではとても分からないことばかりだった。

<キリストはどこからやって来たのか?>
キリストは、自分が地球以外の天体からやって来たことを暗示するような謎めいたことばを幾つか残している。その中の5つの例を次にあげてみた。
「それは、私がどこから来たのか、またどこへ行くのかを知っているからである。しかし、あなた方は。私がどこから来て、どこへ行くのかを知らない」(新約聖書ヨハネによる福音書第8章14節)

「あなた方は、下から出た者だが、私は、上から来た者である。あなた方は、この世の者であるが、私は、この世の者ではない」(同書第8章23節)
「私には、また、この囲いにいない他の羊がある」(同書第10章16節)
「私の父の家には、住まいが沢山ある」     (同書第14章2節)
「私の国は、この世のものではない」     (同書第18章36節)

<キリストの12使徒は宇宙人だった!>
一つの新説として、キリストの12使徒は宇宙人だった(使徒の一人ヨハネに関係のある昔のシンボルとして、銀の聖杯に刻まれた“翼のある蛇”があった)という考え方がある。新約聖書『ヨハネによる福音書』で、キリストが、「わたしが世のものでないように、彼らも世のものではありません」と述べているのは、12使徒たちが異星人だ、と暗示しているのだろうか?ギリシアのアトス山の修道院に保存されてある14世紀の素晴らしいフレスコ画は、驚いたことに鋭くとがった突起物のついた「空飛ぶ円盤」を眺める聖ヨハネを描いている。

<ファティマは異星人の地球訪問か?>
・これまで、5世紀を振り返ってみただけでも“聖母マリア”の“幻”が数回現われているが、これは宇宙人の地球訪問だったかもしれない。1407年から順にあげると“岩の聖母マリア”(スペインのサラマンカとシウダード・ロドリゴの間で現れた!)
“グアダルーペの聖母マリア”(メキシコのグアダルーペ)“聖母マリア”(フランスのルルド)“光のマリア”(ポルトガルのファティマ)、“白衣のマリア”(エジプトのカイロ)などである。

<天空に浮かぶ黄金の都市>
・昔のUFO研究の中には、“空飛ぶ城塞”あるいは“空中楼閣”のような、これまで説明のつかなかった多くの謎が登場してくる。
空中楼閣の記録は、紀元3、4世紀ころの年代記などに記されてあるが、2千年前の中国の道教の教えの中に、明らかにUFOに関する遠まわしの推論が少なくとも二つは、発見できる。最も古いものでは、紀元前3千年ころのバラモン教の聖典『リグベーダ』に、魔法の力で天空に浮揚するヒランヤプーラの“黄金の都市”についての奇怪な記録がある。

・ 新約聖典の「ヨハネの黙示録」第21章にも“純金”で作られた“天から下ってくる都市の話が出てくる”この天空にある都市は、“透き通ったガラス”のようで碧玉(へきぎょく)、サファイア、めのう、エメラルド、縞めのう、赤めのう、かんらん石、トパーズ、ひすい、紫水晶、真珠のようなあらゆる種類の光の輝く宝石で飾られているかに見えた。



「やはりキリストは宇宙人だった」
 (レイモンド・ドレイク) (大陸書房)1977/8/1



<エーテル界>
・ヒンドゥーの哲学者が説いたところによれば、絶対者なる至高神が、原初宇宙に充満した光波原動力の各種ばらばらな振動をとりさばき、きわめて微妙な物質の活性的空間であるエーテル界をまとめあげたところ、その分離物質によってできた恒星界から、さまざまな振動を持った光が再びエーテル界に飛び込んできた結果として、微妙な調和がとれるようになった。その振動光のうち、地球のような惑星に到達していた各種のものが、われわれ具形生物界の住民にとっては、感知できない光、つまり不可視光体だの、エネルギーだの色々な物質を構成するものになっていたのだ。だいたいこういうことである。

<神、光あれと言い給いければ光ありき>
・宇宙の各層実在「界」における現象のすべてが、原動力たる光から生じたものであることは、確からしい。創世記の原著者たちは、何か特に偉大な文明の知得者(どこかから来た宇宙人)にこの根本原理を教えられたのかもしれない。

・ 第一の創世記の原典で、神を指す言葉は「エロヒム」であり、これは「エル」の複数形である。つまり、「神々」を意味したものだが、1961年にこの事実が明らかにされるまで、「聖書翻訳者」たちは、「全宇宙を知ろしめる唯一の神」という意味と判断していた。「神々」なるエロヒムは、銀河系を通り抜けて地球までやってきた移住者たちと関係を持っているのである。シリウスの惑星あたりから来たかと思われる。その移住者たちは、おそらくエーテル界に属する存在だったであろうが、その子孫たちが数えきれぬほどの幾年月にわたって地球に住んだ結果、少しずつながら次第に体内固有の緒振動が減速し、人間の肉体をそなえたレムリア人としての形を現すようになってきた。

<両性具有の堕天使>
・オリエントに発した最初の神秘学説の説くところでは、地球上第一番目の人類は、太陽から来た両性具有者であり、その次は、木星から来た愚鈍な化け物みたいなもの。3番目は、レムリア人であり、金星と火星から飛んできた両性具有の堕天使たちで、これが1000年間地球に住んだ結果として、男性部分と女性部分がそれぞれ分かれた存在になってしまった。4番目の人類は、月と土星からやって来たアトランチス人であり、5番目の私たちの先祖なるものは、水星から来たものであるという。

・ ナバホ・インディアンもヒンドゥー人もアイルランド人も、その他古来の人類の大部は昔の四つの時代を信じ、その古いものが天災かなにかで滅びては、そのつど、次期の人類が長い苦しい努力によって、新しい文明を築き上げてきたのだと信じていた。

<エデンの園は火星にあった。>
<人類は水星から飛来した?>
・アテネの歴史家アポロドウスは、「世界を支配した第一人者は、天空から来たものであった」と書いており、紀元前200年代ころに教養のあるギリシャ人は、地球を最初に統治したのが、星から来た天界人であったと、まだ信じていた。つまりアダムをはるかに先駆けるインドの巨人アシュラ魔王の信仰と同じようなものを持っていたのである。

・ ヘシオドスの著した「労働と日々」は、この地球がかってクロノス(サタン)の支配下にあって温順な気候にめぐまれ、神々と暮らしをともにしていた男たちが、食料も自給できる黄金時代をたのしんでいたことを描き出している。ところが、クロノス(サタン)とタイタンとが、ゼウス(ジュピター)に対して、抗争を起こし、その影響で地上には、天災が起き、銀時代に入る。ことに、ゼウスは、女というものを創り、奇妙な話がつながることになるパンドーラを地上に送り込んだ。こんなからくりをしておきながら、人類の邪悪さが気にくわないと、ゼウスは、洪水を起こした。これが青銅時代の初めとなり、巨人類の発生などを生じ、とうとう私達の時代の鉄時代になったというわけである。

・ 「ベールを取ったイシス」では、最初の人類は、アダム・カドモンと直接のつながりがあり、あらゆる神性というか、神通力を持っていたそうである。アダム・カドモンは両性具有の神人である。


________________________________________
■■■ 私が思うこと、聞いたこと、考えること ■■■

・「はるかに進化した宇宙人が人間の精神体に侵入してくる時代だ」そうです。「あのグレイも壁を透き通るようにして部屋に侵入してくる」といわれます。 「グレイ」は人間の無意識の中に入ってくると指摘されています。したがって「神」が人間に憑依した場合、人間が認識できない場合がほとんどなのかもしれません。
「神が憑依しないと人間は何か大きいことができない」ともいわれます。「知る人ぞ知る」話ですので、現代の神話についても私たち一般人は、理解できません。「ヒトラーは堕天使ルシファーに憑依されていたのだ」という説もあります。「人は皆、記憶喪失の異星人だ」といわれますので、「人間化した宇宙人」や「宇宙人化した人間」のパーソナリティーが多いそうです。オリオン星人は、エジプト文明など地球に文明をもたらした異星人だとしても知られていると指摘されています。オリオン座は「神の故郷」ともいわれますが、『闇の勢力』も利用しているそうです。オリオン人は、地球と直接的なつながりを持つといわれます。オリオン星人は昔から人間社会に同化してきたのかもしれません。神が憑依して新興宗教の教祖になったりします。しかし、神人が現れても、普通人の姿だと誰も識別ができないといわれます。神人や異人の地上のネットワークがあるのかもしれません。宇宙人情報を公開すると主権が危うくなるともいわれます。

・人間の形を採る神々の実態は不明といわれます。イエスの血統は、テンプル騎士団やフリーメーソンなど、西欧文明の底流に触れていくことになるそうです。ところで、映画「ダヴィンチ・コード」の反響は大きかったそうです。太古のエジプトは、オリオン星人と結びつきが強く、そのようなSF映画も作られたといわれます。

太古エジプトと、異星人を結びつけるSF映画は、少なくないといわれます。エジプトとオリオン星人との結びつきは深いようです。「イエス・キリストは、異星人だった」という説は、多いし、説得力があるといわれます。オリオン座は「神の故郷」ともいわれますが、『闇の勢力』も利用しているそうです。オリオン人は、地球と直接的なつながりを持つといわれます。日本でも平家がプレアデス星人の末裔で、源氏がオリオン星人の末裔といわれます。異人も昔からさまざまな人間社会との繋がりがあるようですが、詳しくは分かりません。明治時代の『遠野物語』の「異人」はオリオン星人だったのかもしれません。日本でもテレポーテーションの伝承や民話が少なからずあるといわれます。

・「河童や北海道のコロポックルが、例の小柄な異星人グレイの変種だった」と言われれば、その可能性は、否定できないと指摘されています。
テレポーテーションの仕組みは、「時間と空間を超越している」4次元の異次元通過を含んでいるそうです。UFOは、異次元瞬間移動ができるといわれています。テレポーテーション現象は、幻覚、幻視であり、昔の人は幽霊を見たと思ったのかも知れません。「人が消えたり現れる」現象は、伝承には、少ないが、ある」といわれます。例のグレイもテレポーテーションができるらしいといわれます。テレポーテーションの仕組みは、不明です。

・「人類の進化には干渉しない」のか、人間タイプの異星人の情報は、リーク情報のみで、国家最高機密以上の扱いを受けているようです。人間の霊体や幽体、つまりアストラル体、エーテル体は、人間の死後、始めて人間が認識できる、状態であるといわれているようです。テレポーテーションや「物質の非物質化」、また、UFOが現れたり、消えたりするテクノロジーは、異星人によれば、それほど、難しいテクノロジーではないといわれます。それは、人類の技術とあまりにかけ離れているテクノロジーなのでしょう。リラ星人は、「実験室で人間を造った」といわれます。リラ星人は、人類に3万年進化しているといわれています。グレイも人類の未来の姿、リラ星人系列だという説もありました。グレイも核戦争のスター・ウォーズを繰り返したとも伝えられています。
この数十年前に出版された本は、異星人がテレポーテーションして、現れたと記録報告されており、当時のベストセラーになったようです。テレポーテーションできる異星人が飛来したと言う記録は、多くの読者に感動を持って迎え入れられたようです。誰でも夢の中で、アストラル体で、アストラル・トリップ(幽体離脱)(体外離脱)ができるといわれています。
「地球人類の進化には、異星人は干渉してはならない」という宇宙法があると指摘されています。

・異星人の問題が「国家最高機密以上の扱い」を受けるのは、米国が5万年進化したエイリアンのテクノロジーを入手できれば、「無敵」となるからだといわれます。また、「5万年進化した異世界」に突入できる可能性があります。異星人の存在を認めているのは、「サッカーに強い」ブラジルの政府だけだそうです。世界中の政府は、異星人の来訪を「国家最高機密」以上の扱いをしているのでしょうか。それとも異星人側の「命令」なのでしょうか?映画「Xファイル」では、米軍関係者が、異星に行ったように思わせる場面がありましたが、彼らは、地球に戻ってきているといわれています。謎は、深まるばかりのようです。
「異世界の都市」、「異星の都市」は、映画「スター・ウォーズ」でも想像され、映画化されたようです。また、神々(異星人)の世界では、「破壊」と「創造」が繰り返されたようです。インドの太古の「スター・ウォーズ」は叙事詩「マハーバーラタ」に見られ、中国太古の「スター・ウォーズ」は、「封神演技」に見られるといわれます。それには、核兵器以上の兵器も窺えるようです。映画「インディペンデンス・デイ」のようのエイリアンの母船も超大型化していますが、太古人類に文明を与えた神々(異星人)は、どこに去ったのでしょうか。

・エイリアンが発進した星は、プレアデス、リラ、シリウス、オリオン、アルクトゥルス・・・・・とか色々な説があるようです。 宇宙戦争と地上の戦争が平行して起こるストーリーもあったといわれます。「太古、神々(異星人)が、飛来し、人類に文明を与えたが、核戦争で、滅びるということを繰り返している」といわれます。インドの太古の大叙事詩の「マハーバーラタ」に記録される大戦争は、地上の戦争と平行して天空の戦争(スター・ウォーズ)が、起こっており、これは、中国の「封神演技」と同じ、ストーリーでしょうか?
 人類の歴史を検討すると「平和の時代」よりも「戦争の時代」のほうが長かったと言う指摘もあるようです。つまり戦争が正常な状態で、平和が異常というロシア風の逆説になるらしいといわれます。映画「スター・ウォーズ」と同じことが、宇宙と地上の両方で、平行して戦われたというストーリーは、異星人の戦争と、地上の戦争が相似していることを示しているようです。何かネットワーク、繋がりがあったのかもしれません。つまり「地上の戦闘に、神々(異星人)の超近代的な兵器が投入された。核兵器の放射能で、生まれてきた子供が全員死んだ」という伝説もあったようです。インドの太古の宇宙船ビマーナは、性能などが、驚異的な異星人のテクノロジーであることが、再確認されているようです。米国の有人宇宙船とUFOの遭遇は何冊かの書籍となり出版されています。

・「UFOとNASAの関係は、微妙だ。なにせ、国家最高機密以上の扱いを受けてきたのだからだ」といわれます。異類との血の濁り、中間雑種の存在が、スター・ウォーズの原因となるといわれます。太古から異類とか、異星人との血の交わりはあったようです。米国大統領とエイリアン問題とは、密接に関係していると指摘されています。「米国大統領も手玉に取れる「米軍」は、「軍紀」という厚いベールで隠されていますが、「米軍」こそが、UFO問題の核心を握っていると私は、推測しています」と指摘しています。“米軍”ウオッチャーの情報を期待しましょう。アイゼンハワー大統領が、グレイ・タイプの異星人に会ったということは、よく引用されている事実のようです。映画「Xファイル」の中では、「米軍関係者」が異星に行ったようなイメージを与える場面もあるようといわれます。
つまり大衆にパニックを与えないために「核兵器以上の国家安全保障上の最高機密」以上の扱いとなるといわれます。

・何十年も明らかに“最高機密以上”の扱いを受けてきた情報は、民衆には届かないようです。映画「Xファイル」でも放映されましたが、CIAや国家保安局、メン・イン・ブラック、軍の諜報機関、謎の集団が暗躍し、銃殺や爆殺が平然と行なわれる、フィクションのスパイ映画のように怖い話になるといわれます。昔から言うように「知りすぎたら殺される」という映画ストーリーのようですか?怖いですね。どこまでがフィクションで、どこまでがナンフィクションなのか不明の伝承のようです。米国のマニアや研究者は、「エリア51」等のグレイの情報を掴みとろうとしているようです。す。情報公開法でどれだけ、エイリアンの情報が公開されるのでしょうか。UFO・エイリアン情報は、“最高機密以上”の扱いを受けてきているそうで、情報公開法からも守られているといわれます。「人類を家畜化しようとするEBE”地球外生物的存在“とアメリカ合衆国政府は、既に戦争状態にある」と言う「とんでも本」もありますが、大衆とマスコミは、サッカー試合に夢中といわれます。

・「最近残念に思うのは、マスコミがUFO問題をあまり報道しなくなったということです。UFO問題、異星人問題は、60年以上の歴史があるのですが」と指摘されています。米国の作家でエイリアンの物語で、ベストセラー作家になった人もいるようです。それでも大衆の関心は高いのかもしれません。大衆はテレビ映像に大きく影響されるといわれます。小柄な異星人グレイの超科学は、人類のそれに3万年から5万年程度進んでいるといわれています。異星人によるアブダクション(誘拐)の研究の書物もかなり多いようです。「人間の肉体を誘拐するというよりも、異次元の人間の「霊体、幽体」を誘拐するという状況もあるようだが詳細は不明」といわれます。エイリアンのアブダクション現象は、現在、どうなっているのでしょうか。アメリカ合衆国の大統領も会ったといわれている異星人グレイの情報は、リーク情報以外、核兵器以上の“国家安全保障上の最高機密”として、60年以上、完全に封印されているようです。

・「大衆は、野球やサッカーなどのスポーツで、政治を忘れさせろ」というユダヤ・プロトコルが、想起させられます。EBE「地球外生物的存在」とアメリカ合衆国政府が“戦争状態にある”と言われても、我々にとっては、意味不明なことでしょう。1947年7月ニューメキシコ州ロズウェルで起こった墜落事件から70年以上がたちました。その間、「未知との遭遇」「Xファイル」とか、色々な映画にグレイ・タイプのエイリアンが登場しました。連続テレビ映画の青春エイリアンものの「ロウェル」をあったといわれます。異星人の存在は、核兵器以上の“国家安全保障上の最高機密”なので、大衆は何も知る必要はないようですよ。

・4次元、5次元は、精霊界、霊界ともいわれ、「夢の世界」(サマー・ランド)で、俗人は、そこから上の世界には、行きたくないという世界だそうです。チャネラーのチャネリング情報が世界中で増えてきているようです。異次元の様相も諸説あるようですが、特に人間が死後行くといわれている、4次元5次元は、高等知性体、異星人が存在するといわれている、アストラル界やエーテル界と非常に似ているようです。あなたも憑依現象を体験したことがありましょうか。日本の「いたこ」の実体、歴史も注目される事実のようです。チャネラーの世界は興味深いものです。

「秘教真義」(M・ドーリル博士)(霞ヶ関書房)(1975/1/1)の「セートンがであった青色人とは、人間の霊体や幽体のことではなかろうか」といわれます。コンタクティーの報告では、このような形の知性体の報告もあるようです。 世界中を結ぶ地下王国のトンネルとは、異次元の宇宙航路のことでしょうか?位の高い異星人は、マスターと呼ばれますが、地上にもさまざまな形態で現れてきているのでしょうか??多数の住民が円盤の大型宇宙船で、異星に消え去ったという伝説があるといわれます。

・「徳間書店」から出版された「超シャンバラ」の口絵にもブラジルのマット・グロッソが、インナー・アースへのトンネルの入口として載っているといわれます。「ノストラダムスは古い時代の人で記録が疑わしいものが多いが、若い人たちの間では、関心が最も強い題目・テーマであるという調査もあった」といわれます。若い人たちには、「占い」や「運勢占い」への関心が強いからでしょうか。ノストラダムスの背後には、例のフリーメーソンなどの闇の力があったのかもしれません。ノストラダムスの予言は、若い人たちの間では、根強い人気があったようです。「鳥の言葉」とは、グレイタイプのゼータ・レチクル星人の言葉かもしれません?
“グレイ”がタイム・トラベラーなら、人類の未来を知っているのかもしれません。いわゆる5次元では、時間も空間も超越されているといわれます。

・カルマの法則のように我々の人生は、定まっているのでしょうか。カリフォルニア州のシャスタ山の異次元にある、光の地底都市。徳間書店からシャンバラ・ファン待望の「超シャンバラ」(ダイアン・ロビンス)が、出版されました。シャスタ山関係の本は、異星人とアメリカ大陸の繋がりを連想させます。「幽体離脱で、あなたもシャンバラへ行ける」といわれます。「夢の世界が一種の異次元の世界の体験であろうか。あなたも、今夜、夢の中でアストラル・トリップをするのかもしれない」といわれます。カルマの法則からは、なかなか抜けることができないようで、運命論者も増えているようです。人間の体は、いくつもの、異次元生命体でつつまれているらしいのです。神々が「市井の人」となり超能力を誇示せず、普通の生活をしているともいわれます。「人は皆、神様だ」という見解もあるようです。

・進化の程度がはるかに高い、超人や神人が地球を訪問しているのでしょうか。地球上に彼らが自由に出没できるとしたらそれは、奇跡でしょう。異人の消失現象、テレポート現象は、地球人には、把握されていないようです。「異次元の我々の目に見えない、「非物質化の世界(エーテル界、アストラル界)」は、我々が死後の「霊の世界(精霊界)」を見ることができないのと同じで、理解できないが、実存するらしい」といわれます。人間の進化に干渉しないという宇宙の法があるといわれます。

・「宇宙の知的存在」(ジャック・ベルジュ) (大陸書房)において、
「地上に降りてきたのは天使・異星人たち」なのでしょうか。米国のメン・イン・ブラックは、異星人であったといわれていますが、当然、人間とテレパシーで話ができたようです。「人類の進化には、介入しないという宇宙の法理は、多くのコンタクティによっても報告されている」そうです。「異星人の寿命は、人間をはるかに超えて長寿だ」そうです。リラ星人のように不死の惑星もあるらしいのです。フランスの伝承によく出て来る「赤人の正体」は、テレポーテーションができる異星人だったようです。

・インドとサンスクリット語とシャンバラの結びつきは、あるといわれます。「インドは、異星人情報の宝庫であるとも言われている。現代でもシャンバラからの異星人が、到着して徘徊しているという書籍情報もある」といわれます。ブラバツキーの背後には、超人が存在したのでしょうか。現代でもブラバツキーのコンタクティがいるそうで奇妙な話です。神々のいるといわれているエーテル界やアストラル界は、人間の死後の世界、精霊界に似ているといわれます。

・エーテル界の神々の世界を垣間見た人間がいるのでしょうか。それとも、アンジェルッチの幻視、幻覚なのでしょうか?異次元のエーテルの世界の異星人は、われわれ地球人には想像を絶するようです。物質を非物質化できる超科学は、異星人にとっては、それほど高度な技術ではないといわれています。

・天使のような異星人は、見えないけれども、現実社会に影響を与えており、死後に彼らに会えるといわれています。「ゼイ・リブ」というエイリアンの映画がありましたが、まさに「彼らは存在する」ということでしょうか?シリウス星人は、「力天使」のクラスに相当するのかも知れません。天使の階位の情報は、どのような経路(チャネリング等だろうか)で、人間に伝わったのでしょうか。

・エイリアンが私達にとって「異種交配」をしているという話は、将来の大異変を暗示しているのでしょうか。膨大な資料の書籍から、マイヤー事件は、事実だといわれます。映画の影響は、何といっても一番大きいようです。あなたも生涯忘れられないようなUFO映画をご覧になりましたか。最も重要な問題ですが、日常生活では、全く関係がないので、何も知らない方がよいのかもしれません。

・異星人が人類の生活の仕方を指導したといわれます。といわれます。“太陽十字の騎士団”もフリーメーソンの一種なのでしょうか。「フリーメーソン結社はこの大地が創出されるよりずっと前から、さまざまな太陽系をめぐって、存在していたのである」とも伝えられています。
14万4000人と云う数字は、聖書などにも出てきますが、一説では“古代リラ星人”の数字でもあるといわれています。ワンダラーとかウォーク・インの世界は、我々地球人にとって、理解不能の世界のようです。この本は、数十年前に出版されましたが、内容は先端的だといわれます。日本にもある天女伝説などは、世界中の異星人伝承に見られるようです。

・ 「地球に来た神人」(ロベール・シャルー)(大陸書房)(1984/1/1) の指摘する「古代インカの宇宙船を操縦するパイロットの図絵」は、有名なようです。高等な異星人は、現代ではワンダラー(転生)やウォーク・イン(憑依)の形で、自由自在に地球人に変身してきているといわれています。現代では多くの書籍でシャンバラの伝承について触れられているといわれます。シャンバラは、エーテル界に突入した都市型の超巨大宇宙船なのかもしれません?米国に根付いているフリーメーソンなどのロッジでは、現代でも活動が活発といわれます。太古から異星人、神人が地球に飛来して、人類を指導してきたという伝承は、近年では、米国の「メン・イン・ブラック」が異星人であるという伝説につながるといわれます。映画「スター・ウォーズ」の話こそ、現在でも広大な宇宙で起こっていることなのでしょうか。

「宇宙連合の飛来」(喜多要光) (大陸書房)(1975/1/1)で指摘のあるように、地球が宇宙連合に加入できるのは、何百年後になるのでしょうか?土星の都市とは、アストラル界にある都市のことではないでしょうか。「転生(ワンダラー)」を異次元から自由に操作できる天使クラスの異星人が存在すると思われます。現代では、火星や金星も米国の人工衛星などで写真が撮られていますが、コンタクティのいうのは、異次元の都市のことではないのでしょうか。目に見えない異次元の金星や火星に都市があるそうですが。「地球にシリウス星人の囚人が送られてきた」というのは、英国がオーストラリアに囚人を開拓団として送ったのと似ているのでしょうか?「人間を実験室で造った」というリラ星人のことは、出版もされているようですが、「遺伝子操作か人間を思念(?)で創った」といわれているシリウス星人のことは、多くが謎のままのようです。ダーウィンの進化論もアインシュタインの相対性理論も古臭いのでしょうか。シリウス星から「神の子」と呼ばれる霊魂の大群が、地球に移住してきたといわれます。南米を含め、米大陸のインディアンの伝説には、天空からの飛来した神(宇宙人)の話がとても多く、少数ではない学者の関心をあつめているようです。

・異星人の謎は、現代の最大の謎の一つでしょうか。シャンバラの伝承と日本民族の「高天原」の伝説とは、似通っているところも多いようです。UFOによる亜空間の異次元のジャンプ飛行などによって、プレアデス星座には、約6時間で到着するとも言われています。現代では、もっと短時間で行けるといわれます。シャンバラは、異星文明のエーテル界に突入した都市型の超巨大宇宙船なのかもしれません。日本民族の原郷の「高天原」も“都市型の超巨大宇宙船である”と言う説もあるようです。カタカムナ人とは、史料も少なく、相事象学会などが研究しているようですが、不明なことが多いようです。私には、シリウス星人系列の異文明だと思えるのですが、アマとは、エーテルのことでしょうか?日本人のルーツは、プレアデス星人だとか、リラ星人だとか、シリウス星人だとか色々な説がありますが、現代においてもその関係は、つながっているといわれます。

・イルナミティの正体は、かなり解かりずらいようです。フランスの“チェイルリー宮の赤い小人”の正体も、後世には、詳細には伝わっていないようです。地球に異星から“神人”、異人が来ているのでしょうか。謎に包まれた異人と異星人、フリーメーソンは、ヨーロッパ中世から色々な伝承を残しているといわれます。フリーメーソンと謎の異人たちは、諸説ありますが、正体は、“地球を定期的に訪れている異星人”つまり現代風に言えば、UFOにまつわる“メン・イン・ブラック”といえるのでしょうか。フリーメーソン結社はこの大地が創出されるよりずっと前から、さまざまな太陽系をめぐって、存在していたのであるといわれます。

・ポジティブなシリウス星人とネガティブなシリウス星人がいるとも言われています。ポルターガイストとは、目に見えない異次元の話なのでしょうか。「プレアデスの宇宙船の実写写真は、スイスのビリー・マイヤーが撮影し発表しました。日本でも写真集が発売されました。日本人の原郷は、プレアデス星座だという説は、昔からあり、多くの伝承や民話が残っているようです。しかしながら、スメラミコトはシリウスからやってきたといわれます。

・世界的に大きな勢力を持つイスラム教も、始祖マホメットと天使との遭遇が始まりのようです。膨大な宗教関連情報は、テレパシーなどで伝えられるといわれました。天使との遭遇体験で教祖が目覚めた宗教団体は世界中にあるようです。地球上から異世界へ行くのは、異星人の指導による「体外離脱」によってもいけるようです。スウェーデンのスウェデンボルグのガイドの案内による「異星旅行」は、大変有名なので、ご存知の方も多いといわれます。これも、シリウス星人によるウォーク・イン(憑依)の例だったのでしょうか。イルージョン(幻覚)ができるのは、火星人、すなわち現代風に言うとシリウス星人だといわれていますが。

・「異世界、異星からの異星人が人類を創造した」という説を強力に否定する説はなくなったようです。現代の人類は、第四の人類と似ているといえるといわれます。雌雄同体の宇宙人もよく報告されているそうです。最初の人間は、巨人であって、それが、進化して現在の人類になったと指摘されています。創造者たちは、コーハンと呼ばれたそうです。ヒトラーやナチスは金髪碧眼のゲルマンの神々、アルデバランの宇宙人に動かされたといわれます。「米国政府がリゲル人に騙されたことに気付いた後、プレアデス人が招聘されたが、過去ヒトラーの人類浄化政策を画策し仏教を堕落させたと伝えられています。

・英国でもUFO研究は、盛んなようですし、色々な現象や事件が起きているといわれます。英国も昔から宇宙人とのコンタクティが多かったようです。火星人から転生してきたと主張する欧米の人々もいるようですが。キリストは宇宙人だったという説が現代では有力です。イエス・キリストはアプ 星人で非常に多くの転生をしているそうです。アプ星人は現代では南米にも飛来しているようです。UFOがローマ上空に現れてからキリスト教が急速に広まったという説もあるようです。4世紀にローマ上空に現れたUFOの大群を描いたフレンツェ派の画家マゾリーノ・ダ・バニカルの作品もあったそうです。金星の葉巻型大型宇宙船と小型の宇宙船を描いたものでしょうか?「宇宙人もの」のマスコミへの露出度も低くなっており、時折、「ハリウッド映画」でとりあげられますが。異星人問題も現代のタブーで、「国家安全保障上の最高機密」で、大衆は、知る必要のない空想物語になったのかもしれません。
「私には、また、この囲いにいない他の羊がある」という言葉は、キリストが異星人の住む天体からやってきたことを本当に言っているのでしょうか。世界の怪奇現象、超常現象は、異次元の異星人が関与しているのかもしれません。キリストとUFOの関連は、多くの絵画があるようです。ポルトガルのファティマで現れた“聖母マリア”は異星人だったのかもしれません。キリストは、ヘビ使い座2番星からきたという説もあるようです。

・都市型の超大型宇宙船の記録はインドの古文書などに多く見られるようです。アガルタのシャンバラが、“都市型の超大型宇宙船”であるという説もあるといわれます。ヒンズーの神々も“空飛ぶ船”で地球に飛来したといわれます。我々も死後エーテル界に到達できるといわれています。夢の世界か、またはその一種であるようです。ヒンズーの神々によって使われた”空飛ぶ船”を描いたインドの18世紀の絵画には、空には、中・大型UFO”空飛ぶ船”が見られるようです。現代の”空飛ぶ船”の情報は、巨大化しているといわれます。人類の発生は、光の世界である「エーテル界」にあるらしいのです。シリウス星人は、人間を遺伝子操作か思念(?)で造ったといわれているようです。人類の進化にも諸説あるようです。異星人が、人類を創造したという説は、多数説になりつつあるといわれます。人類の誕生には、神々(進化した異星人)の創造力があったといわれます。


********************************
・ブログ名称: UFOアガルタのシャンバラ
日本は津波による大きな被害をうけるだろう
・第2のブログ名称:UFOパラレル・ワールド

「神の国か?」「人類の原郷か?」 「天上のエルサレムか?」・・・・・・・・・
「パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の殖民星が、地球か?」、「ネガティブのシリウス星人の地球支配があまりにも巧妙なので、しょっちゅう戦争が起こるのだろうか?」
「金髪碧眼のノルディックが住んでいたアガルタのシャンバラ情報の集大成を目指す・・・・・・・・・・」「金星蛇人と火星霊人の戦争はその後どのように展開したのだろうか」
「日本民族の神話の原郷『高天原(たかまがはら)』は、『都市型の超巨大宇宙船』なのか!?」「平家がプレアデス星人の末裔で、源氏がオリオン星人の末裔なのか」
「小人族のグレイの母船に同乗する金髪碧眼のノルディックは、”悪魔の王””ルシファー”なのか?!」
「円盤は神人や異人、悪魔の乗り物なのか!?」「天使は神の秘密諜報員なのか」「神は最初のフリーメーソンなのか」
「UFOは、人類の歴史が始まって以来、最も重要な現象なのか。UFO問題とは、人間にとっての死の問題を解くことなのだろうか。UFOはフリーメーソンの創作なのか」
「全宇宙を創ったという“虹の神々”も地球に来ているのだろうか」
「イルミナティなどのフリーメーソン組織に入ると神に会えるのだろうか」「金星の神々は地球に到着するやいなや、イニシエーションのためのフリーメーソン本部を設けたのだろうか」「フリーメーソン結社はこの大地が創出されるよりずっと前から、さまざまな太陽系をめぐって、存在していたのだろうか」
「国際連合の設立に動いたキリストの星、アプ星人とは」
「人は皆、記憶喪失の異星人だろうか」
「はるかに進化した天使のような宇宙人は、人間の守護霊や背後霊なのだろうか」「セドナ上空に見えないエーテルのシティが滞空するのだろうか」

グーグルのブロガーにも書いています→UFOパラレル・ワールド





[カテゴリ:森羅万象] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2019年8月6日 20時50分
次の万博では、第4次産業革命後の日本を存分に表現してほしい。そこに「三度目の日本」の姿があるだろう。
 

『三度目の日本』  幕末、敗戦、平成を超えて
堺屋太一    祥伝社   2019/4/27



<本当の危機がやってくる>
・今、日本人は三度目の「敗戦」状態にある。
 近代に入って約150年、日本は二度の「敗戦」を体験してきた。「敗戦」とは敵国に国土を破壊され、占領されることだけをいうのではない。一国の国民または住民集団が、それまで信じてきた美意識と倫理観が否定されることをいうのだ。
 その意味での「敗戦」を、日本は二度経験した。幕藩体制が崩壊を余儀なくされた1860年代と、太平洋戦争に敗れた1940年代の二度である。いずれも手痛い「敗戦」を喫したが、日本はそれを乗り越え、短時間で立ち直った。そして、二度目の敗戦から70年を経た現在の2010年代、三度目の「敗戦」と言うべき状態に直面している。
私が考える「敗戦」とは、価値観が大きく変わることだ。

・さらに価値観を分解すると、構成する要素は二つであることが分かる。それは美意識と倫理観である。「何が美しいのか」という美意識、そして「何が正しいか」という倫理観、この二つの要素によって、世の中の価値観は成り立っている。
この価値観が変わるとき、世の中はがらりと変わる。

・私は、2017年から2026年までの10年の間に「二度目の日本」が終わると考えている。

<「二度目の日本」は、こうして行き詰まった――私たちは今、ここにいる>
<日本の転換期は1989年>
・今の日本、すなわち「二度目の日本」は、1989年(平成元年)ごろから、明らかに行き詰まりを見せてきた。それは高度経済成長の行き詰まりであると同時に、規格大量生産が行き詰まった、ということを意味している。

<第4次産業革命の時代に、日本は生き残れるのか>
・今、アメリカに「アメリカ・ファースト」を掲げるトランプ大統領が現われ、イギリスはEU離脱という事態になっている。
 これはいったい何を意味するのか?
 まさに「規格大量生産の時代が終わった」ことを示しているのだ。

・第4次産業革命が起きれば、多様で安価な製品の生産が可能な時代になる。ビッグデータの活用でマーケットの個性を抽出、選別し、3Dプリンターでそれぞれのマーケットに合った、違いのある製品を作ることができる。つまり水平分業が必要なくなるのだ。
 したがってアメリカ、イギリスという大国が、孤立主義、一国繁栄主義の流れに向かっているのは当然だろう。その第4次産業革命の潮流のなかで日本がどうやって生き残るか、それが問題である。

<2020年代には、団塊の世代が後期高齢者になる>
・あのころ、もっと対策を立てておけばよかったと思うが、すでに遅い。2020年代には「団塊の世代」が75歳以上の後期高齢者になっていく。彼らは日本を繁栄させてきたが、年金や医療費などの社会保障費は膨大な額になり、その繁栄を食いつぶして去っていくだろう。

<戦後官僚主導の5つの基本方針>
・その後「官僚主導」は40年も続いている。そこでは、五つの基本方針がある。以下に列挙しよう。

1 東京一極集中
2 流通の無言化
3 小住宅持ち家主義
4 職場単属人間の徹底

5 全日本人の人生の規格化
私たちの世代(昭和10年生まれ)は浪人が多くて、東京大学の学生は浪人組が7割くらいいたものだった。今は、浪人などをするのは怠け者や不良であって、入れる大学へストレートで切れ目なく入れ、ということになった。
そして次に、学校を卒業したら、ただちに就業しろ、学校にも通わず就業もしないニートは「不良である」と言い出した。

<はがきの名文コンクール――日本人の願いは内向きになった>
・戦後、官僚が5つの基本方針の下に進めた「さまざまな政策」を見てきた。その結果、現在の日本人の生活は、安全・安心・清潔・正確・平等の5点を得た。だが、その代わりに、楽しみがなくなった。

<明日の夢がない>
・まず驚いたのは、若者の間に広がる「物欲の低下」だ。

・第二に、若い世代に「未来への夢」が乏しい。

<「低欲望社会」という危機>
・最も気がかりなのは、40歳にして一度も結婚を経験していない男性の急増である。
 私は1975年(昭和50年)当時、40歳で結婚未経験だったが、きわめて珍しい存在だった。

・「欲ない、夢ない、やる気ない」、「ない」の三つに共通する頭文字は「Y」だ。この{3Yない社会}こそが、現代日本の最大の危機であり、「三度目の敗戦」の大きな断面である。

・しかし最も重大な問題は、この日本国内での「3Yない社会」の社会風潮だ、と私は考えている。

・本章では、戦後官僚主導が五つの基本方針の下に進めてきたさまざまな政策を検証した。そこで分かったことは、こうした政策の結果、現在の日本は、夢もなければ冒険しようとする気も湧かない「低欲望社会」になってしまったということである。この憂うべき事態を、どこかで変えなければいけない。いま、2019年の日本は、敗戦的現実を認めて「三度目の日本」を創っていかなければならない。そのためには、やはり倫理観と美意識、すなわち世の中の価値観を変えなければならない、と私は考える。

<なぜ晩婚化と少子化が進んだのか>
・日本人は男女とも教育年齢が伸びた。2016年度の大学・短期大学への進学率を見ると、男性56.6%、女性57.1%。半世紀前の1966年度が、それぞれ約20%と10%だったのに比べれば、格段の伸び具合である。日本人の過半数は大学教育を受けるようになったのだ。
 このように教育年齢が伸びると、晩婚化が進む。

・日本では恐ろしいスピードで進んだ少子化現象の結果、労働人口も減り、福祉が立ち行かなくなってしまった。だから、もはや「二度目の日本」、戦後の官僚主導が行き詰っている、と言ってよいだろう。

<「天国」日本は、夢と冒険のない社会>
・現在の日本は天国のような国である。犯罪は世界一少ない。清潔で、交通機関の運行も世界一正確である。汚職や経済事件も、世界基準で見たら、きわめて少ない。それを日本は世界に誇ってよい。

・たしかに交通事故の数は減った。かつては年間1万6000人いた交通事故の死者が、今は3000人台である。

・何より日本は企業家が減っている。主要先進国で、日本の創業率が最低であり、国内の事業所の数が減少している世界唯一の国だ。
 しかも創業者の約4割が60代なのである。つまり「定年退職して何かやるか」というような人が多く、若者は起業することが少ないのだ。
 高齢者が元気だということは喜ばしい現象だが、創業率が最低で全体の事業所数は減少しているのだから、若い世代の起業は激減しているわけである。若い世代が夢を持てない、冒険もしない社会になってしまっているのだ。

・日本という“天国”は、多様性と意外性を失い、次に高齢化によって崩壊しつつある。これこそ「第三の敗戦」である。

<「三度目の日本」を創ろう――2020年代の危機を乗り越えるために>
<「天国」に「地獄の嵐」を>
・さて「第三の敗戦」がすぐ目の前に迫っている日本を、どう変えたらいいか。
 私はある段階で、日本国民が「天国はやめよう」ということに気づかなければいけないと思う。
「では天国をやめて、地獄へ行けと言うのか」と、問われるかもしれない。誤解を恐れずに答えれば、そのとおりである。

<「楽しみ」を正義に>
・そこで私は、「三度目の日本」の価値観として、「楽しみを正義にしよう」と提唱したい。
 多様な楽しみがある社会は、何から始まるのだろうか。

・こうした「強引な自由化」を「三度目の日本」にできるだろうか。それを達成するためには、どうしても官僚主導を止めなければならない。今は官僚がことごとく施政に関わっているから、急に止められるかどうか、難しいところである。
 アベノミクスでも、成長戦略の一環として「岩盤規制」を緩和し、官僚主導から政治主導へ変えようと改革を試みている。たとえば国家戦略特区から官僚主導の規制を外そうとしているが、現実にはなかなか進まない。

<日本に巣くう「官僚体制」>
・繰り返し述べよう。これまで「一度目の日本」は「強い日本」を目指して軍備の増強に走り、「二度目の日本」は「豊かな日本」を目指して経済成長をし、「所得倍増計画」を推進した。「三度目の日本」は「楽しい日本」を目指そう、ということを私は言いたい。
 そのためには、官僚主導を止めることが第一条件である。
 ところが、これに絶対反対なのが、実はマスコミである。先述したように、日本のマスコミは官僚と報道機関の複合体「官報体制」であり、「官僚の言うことをそのまま報道する」という姿勢を貫いている。

<マスコミの情報源は官僚>
・マスコミは官僚から情報を得る。官僚が取材相手なのだ。そして、その官僚の最たるものが警察である。だからマスコミは警察の言うとおりに報道し、取材の見返りに警察寄りの報道をする。
 警察が何を嫌うかといえば、「自由化」である。自由化で取り締まりの対象がなくなれば、警察の権限がなくなるからだ。現在、警察が最も反対しているのは、いわゆる「IR(統合型リゾート)法」だろう。
 この法案は「カジノ法」とも呼ばれるように、カジノの併設を含む商業・観光施設を、区域を限定して認定するものだ。警察は、カジノを自由化したら、自らの権限が大幅に削がれるのではないか、と考えている。だから「賭博中毒になる人が増える恐れがある」「マネーロンダリングが行なわれる」など、IR法に後ろ向きな情報を警察がマスコミに流している。

<誰が官僚主導を断ち切るか>
・いずれにしても、問題は戦後の官僚主導をどこでどう断ち切るか、だ。政治主導をどう復活させるか。政治主導とは「民主導」とも言っていい。政治家がバカにされている現状では、優秀な若者が政治家になりたがらない。それでも、官僚の手から主導権を奪還しなければ、「楽しい日本」を作ることはできない。官僚は心配性だ。事前にあれこれ心配し、それを吹聴して対象法案や対応予算、組織を作る。
「一度目の日本」は黒船がやってきて、薩長の非官僚過激分子が暴れた。「二度目の日本」はマッカーサーがやってきて、戦前の官僚体制を破壊した。さて、「三度目の日本」は、誰がどんな方法で官僚主導を毀すのだろうか。

<第4次産業革命後の世の中>
・これからの日本の未来はどうあるべきか。そして「三度目の日本」をどのように創るべきか。その前提は「二度目の日本」を構造的に支配してきた戦後の官僚主導が崩れることである。どこから崩れてゆくか。私は、五つの局面があると思う。
一つは少子高齢化。
二番目は地方行政の破綻。
三番目は大不況。

今、われわれの目に見えているのは以上の三つだ。では、まだ見えていないけれども、やがて顕在化するものは何か。
 四番目は国際情勢だろう。

・そして最後の五番目は、第4次産業革命である。あるいは、これが最初かもしれない。
 第4次産業革命とは、分かりやすく言えばロボットとドローン、自動運転、そしてビッグデータによる変化だ。これらの技術は第1次産業革命における蒸気機関、第2次産業革命の電力や内燃機関に相当する。

・第3次産業革命は、規格大量生産革命。部品の大量生産と組み立て、そして「1労働者1作業」の労務管理である。
 ではこれから、ロボットとドローンとビッグデータで、どういう社会変化が起きるか。このことはまだ誰も議論していない。技術の変化が認識されただけで、どのような社会変化をもたらすかがまだ分かっていない。せいぜい、人間のする仕事が大幅に減る、大抵のことは自動化する、という程度である。

<上達するという楽しみ>
・推理すれば、恐ろしく余暇時間の長い時代が出現するだろう。

・今は多様な「楽しみ」がないから、みんなスマホでゲームをやっている。ほとんどの電子ゲームは偶然性で成り立っているので、上達することがない。また博打も偶然性で勝敗が決まるから、さほどの上達がない。運頼みは人間の向上心も阻害するものだ。
「IR法」について述べた折、私は競馬や株式相場を賭博の範疇に入れた。だが、競馬は情報収集によって上達するから、その意味においては博打ではない、とされている。株式相場も情報取集で上達するから博打ではない。

<人生に何を遺せるか>
・人間は、何かが上達したとしても、それを誰かに認めてもらわなければ、やはり意欲が湧かない。

<「三度目の日本」の姿>
・東京オリンピック・パラリンピックの後、2020年代こそが日本の危機だ。高齢化、少子化による人口減少に伴って、地方の過疎化、耕作放棄、空き家激増の問題もさらに深刻化するだろう。団塊の世代も2025年には全員が後期高齢者となり、年金、医療費の支出も増大する。
 国際的にみても、世界経済は伸び悩み、資源や食糧が供給過剰気味になる。輸入国の日本にとってはありがたい面もあるが、全体的に経済を冷え込ませるだろう。
 このとき、戦後の官僚主導が築いた、「東京一極集中」をはじめとする「五つの基本方針」の弱点が露わになる可能性が高い。2020年以後の危機を乗り越え、いよいよ「三度目の日本」を目指さねばならない。
 そんな2020年代に、東京以外の地で大規模な万博を開催するのは効果抜群だ。

・また、2025年の大阪万博は「いのち輝く未来社会のデザイン」がテーマとされている。しかし、万博で大事なのはテーマよりもコンセプトである。私は、「第4次産業革命を成し遂げた日本」が本当のコンセプトだ、と考えている。
 第4次産業革命とは、ロボットとAIの発達による技術革新だけではない。それによって、人類の思考が深まり、楽しみが拡がることだ。第4次産業革命は、いったいどのような社会変化をもたらすのか。人間は時間があれば、より深く考える生物である。次の万博では、第4次産業革命後の日本を存分に表現してほしい。
 そこに「三度目の日本」の姿があるだろう。



『公務員の未来予想図』
10年で激変する!
人口減少時代を公務員はどう生き残るか?
生駒市長 小柴雅史   学陽書房  2018/10/11



<急激な社会変化>
・オックスフォード大学の研究結果では、AI(人工知能)の発展により、将来なくなる可能性のある職業として、行政事務員(国・県市町村)が例示されています。

・近い将来、公務員の代名詞でもあった終身雇用や年功序列は確実に崩壊し、AIやITの発展に伴い職員数も減っていくでしょう。しかし、AIやITを活用した新しいサービス、市民力を活用した新しい街づくりを進め、変化に対応した新しい自治体を立ち上げる大きなチャンスでもあるのです。

<10年後、自治体は「消滅」と「新生」のどちらの道を進むのでしょうか>
・これからの自治体、公務員が胸に刻んでおくべきキーワードとして、私は「リーダーシップ(始動力)」「稼ぐ力」「常識を破壊する突破力」「自治体3.0を実現する協創の力」と確信しています。

<人工知能・ロボットの進化により、公務員の仕事が消滅する!>
<日本の労働人口の「49%」が人工知能(AI)やロボット等で代替可能になる>
・その中には、AIやロボット等による代替可能性が高い100種の職業がピックアップされており、国や自治体の行政事務員も含まれています。現在の自治体職員の仕事は、10年後、20年後にもあるとは限らないのです。

<実証実験がものがたる提携業務自動化の数々!>
・今後、AIやロボット、ITは急速に発達し、自治体における定型業務がなくなっていくことは確実です。

・経済産業省では、国会答弁の作成を含む行政事務における人工知能利活用を研究しています。

<AI・ITに負けない公務員の仕事とは何か?>
・このように、公務員がこれからの時代に生き残っていくには、人間にしかできない仕事に特化し、現場に入り、専門性に磨きをかけることが不可欠です。

・これからは、行政が持つ情報やデータは行政だけのものでしょうか。市民や事業者に提供されるのが当然になり、それを活用した新しい公共サービスが生まれてくる時代となります。

<少子高齢化・人口減少の中、公務員数は一気に減少する!>
・人口維持するための合計特殊出生率が2.07といわれているので、今後1.44が維持されるとしても、2世代続けば、子どもの数は半分以下になります。
 少子高齢化と人口減少により、行政ニーズの増大と、自治体の財政への悪影響及びそれに起因する職員数の削減というトリプルショックが自治体を襲います。

<想像を絶する少子高齢化のスピード>
・100年後の2115年には、日本の人口は約5000万人になると推計されています。
 一方、高齢化問題に関しては、「2025年問題」という言葉があります。団塊の世代が後期高齢者となり、社会保障費が大きく増加すると予想されるのが2025年頃です。2016年の高齢化率は27.3%ですが、2025年には30.0%になり、数年のうちに後期高齢者数が前期高齢者数を追い抜くと予想されています。

・その後の2042年には、団塊ジュニア世代が70歳前後となり、高齢者数が3935万人とピークを迎えますが、団塊ジュニア世代の子どもたちの世代は「第3次ベビーブーム」といわれるような顕著な出生数の増加は見られなかったため、現役世代の負担は極めて重くなるのです。

<確実に進む公務員数の減少>
・地方公務員数は、1994年度の328万2492人をピークとして、2017年度には274万2596人まで減少しています。

・1つは、少子高齢化と人口減少による行政課題やニーズの増加・多様化です。

・国や県からの財政支援も昔ほど手厚くないので財政が悪化し、人件費を下げるため公務員の数は減少していきます。

<身分保障の砦である終身雇用や年功序列はまもなく崩壊する!>
・公務員を目指す受験生は、公務員をやめてもやっていける人材になる覚悟を求められる時代なのです。

<公務員の終身雇用が必ず崩壊する理由>
・私は公務員の終身雇用はこの15年くらいを目途に崩壊すると見ていますが、それにはいくつかの理由があります。
 第一に、単純にそれだけ多くの公務員を雇用し続けることができない財政状態になることです。

・第二に、AIやITの普及や外部委託の増加により、職員がやるべき業務が大きく減少することです。

・第三に、今後の急激な社会変化や市民ニーズの多様化・専門化に対応するには、プロジェクトごとに外部から専門家を登用する必要があるからです。

<年功序列はこうして崩れる>
<過度な同質性をあえて崩していくことがどうしても必要>
・ベテラン職員の知見が役に立たないケースが増えてくるのです。

・逆説的になりますが、公務員は、制度的に安定した地位を保障されているからこそ、それを土台に新しい挑戦をし、現場に飛び出して、地域を活性化していく使命があると考えるべきなのです。

<自治体業務全体の民間委託が加速度的に進む ⁉>
・以前、「行政に任せることは最小限にして、市場メカニズムを活用する方が効率的、合理的」という「小さな政府」論がブームとなりました。今後、第2次の「小さな政府」論が大きな議論になると考えています。

<「行政にしかできない業務」とは何か、が問い直される>
・「公務員でなければできない業務とは何か?」
AIなどによる抜本的な業務の効率化が進んでいくと、当然出てくる議論です。

・しかし、生駒市をはじめ、いくつかの自治体では、市民課の住民票交付や各種証明書の発行など、個人情報を扱う窓口業務をすでに外部委託しています。そもそも、個人情報を取り扱う業務も民間事業者のIT技術を使わないと運営できないのですから。すべてを行政で行うという幻想はとっくの昔に終焉しています。

<米国サンディ・スプリングズ市の衝撃>
・米国のジョージア州に新たにできたサンディ・スプリングズ市は、消防と警察以外の業務をすべて民間業者に委託したことにより、市役所の職員はなんと9人。

・しかし、AIの発展も視野に入れながら、業務の大部分を外部委託するという選択肢は持っておかなければなりません。

<庁舎がなくなる!公用車もなくなる!>
<自治体の庁舎がなくなる理由>
・そして、働き方改革の流れの中でテレワークを利用した柔軟な働き方が進むことから、「全職員が、決められた時間に決められた出向き、同じ空間で仕事する」という常識が一気に崩れます。

・単に財政が厳しいとか、職員が減るから、という理由だけではなく「協創」を進めるために、自治体の庁舎内にコワーキングスペースを開放したり、民間のスペースに自治体の機能を置くことが当たり前の時代になるのです。

<シェアリングエコノミーと行政の素敵な関係を創る>
・最近のトレンドの1つに「シェアリングエコノミー」があります。
 生駒市も子育てシェアの株式会社AsMamaと全国で初めて協定を締結するなど積極的な活用を図っています。

・そうなれば、自治体も庁舎だけでなく、公用車をはじめとする行政保有資産を民間企業や市民とシェアすることが可能です。

・行政が大きなコストをかける必要はありません。

<役所から紙の山が消える ⁉>
・役所といえば、高く積み上げられた「紙の山」が代名詞。
 しかし、そんな光景も近い将来見られなくなるかもしれません。ITや音声認識などの発達により、紙媒体による事務作業や記録の合理性が低下するほか、オフィスの業務環境の改革によって、そもそも「自分の机・棚」という概念が消滅し、紙を積み上げる場所がなくなるからです。

<インタ―ネット利用者数の爆発的な増加>
・2016年のインタ―ネット利用者数は、1億84万人で、人口に占める普及率は83.5%となっています。
 行政の世界では、残り16.5%の市民がいる限り、紙媒体を完全にはなくすことはなかなか難しいのですが、市民のITリテラシーの向上を受け、行政による情報発信や市民とのコミュニケーションにITを利用することが増えています。

<働き方改革が電子化を促進し、オフィス環境を一変させる!>
・今、急速に進行している働き方改革も、行政の電子化と強い相関があります。
 例えば、家や出先でも仕事ができるテレワークの導入は、介護や育児世代の働き方改革の柱になる重要な取り組みですが、そのためには無駄な紙の使用をやめ、可能な限り情報を電子化し、システム上で共有することが必要です。したがって、資料は電子化され、決済も電子決済となるので、役所や倉庫から紙の山はなくなっていきます。

・実際に、2013年度に55.3%だった国の各省の電子決済率は、「世界最先端IT国家創造宣言工程表」や、それに基づく「電子決済推進のためのアクションプラン」などの取り組みにより、2016年度には91.4%と大きく進展しました。この流れは一部の自治体にすでに普及しており、今後は多くの自治体で電子決済が導入されていくはずです。

・また、働き方改革の大きな要素として「働く環境の整備」があります。総務省やいくつかの自治体では、フリーアドレスの採用による職場レイアウトの合理化はもちろん、大型ディスプレイプレイを活用して、テレワークにも対応した効率的な打合せの実施などの取り組みが進んでいます。
 このように、ITを活用することで、紙がなくなるのみならず、公務員の職場環境は改善され、業務は効率化していきます。

<こんな業務でも紙の書類が消えていく!>
・政府が普及を進めているマイナンバーカード。生駒市でも普及に尽力し、全国800近い市・特別区の中で第8位の交付率となっていますが、日本全体で見ると交付率はわずか10.7%。

・前述したエストニアでは、15歳以上の国民全員に電子IDカードが交付されているので、各種証明はオンラインで取得できます。

・紙の書類が消えていくことは政策決定過程の変容をももたらす可能性を秘めているのです。

<オープンデータで公共サービスは市民がつくり出す時代になる!>
・「自治体の力だけで、多様化する地域課題や市民ニーズのすべてに応えることは不可能な時代です」

・最近は、行政が公開したデータを市民主体で活用し、地域課題や市民ニーズに応えるサービスを整備していく“Civic Tech”の動きが活発になっていきます。

<オープンンデータが自治体の政策づくりを変える>
・生駒市でも2017年にオープンデータのポータルサイトを立ち上げ、現在は269のデータセットが公開されています。
 オープンデータの意義として、行政がやっていることを「見える化」して、透明性と市民からの信頼性を高めることが挙げられます。

<こんなにある! オープンデータの活用事例>
・生駒市の給食の献立データからは、奈良先端科学技術大学院大学の学生の力によって、生駒市発の「4919(食育)」というアプリができています。

・人気のカレンダーアプリ「ジョルテ」とのコラボも実現しています。人気のカレンダーアプリ「ジョルテ」に、生駒市のイベント情報などを提供することで、地域オリジナルの情報を組み込んだ、生駒市カレンダー」がジョルテで利用できるようになりました。

・したがって、これからの公務員は、ITによる行政からのサービスや情報の提供に対応し、活用できるITスキルを持つことが当然となります。

<公務員試験はなくなり、公務員の副業が当たり前になる>
<公務員は根強い人気だが………>
・これから公務員になる人が、同じ組織で定年を迎えられるかどうかは誰にも保証できません。

・逆に、公務員を辞めても食べていけるだけの専門性やリーダーシップを身につけていく公務員こそが、これからの地域の発展や激しい変化に柔軟に対応できるのです。

<公務員の人気はなくなるのか?>
・終身雇用でなくとも、しっかりと成長し、自分の将来を切り拓いていくことができる、と感じてもらえるような自治体の人気は、今後も下がることはありません。

<ワーク・ライフ・コミュニティの時代が来る!>
・市役所にこもらず市民に積極的に会うために地域に飛び出していた職員は、素敵な人とたくさんつながっています。

<公務員試験はなくなり、「公務員志望」「民間志望」は死語になる!>
<「公務員試験」廃止の自治体は増え続けている!>
<公務員試験受験者には民間企業のことも知ってほしい>
・このように、行政機関と民間企業の垣根は低くなりますし、相互理解が進むことで官民を超えた連携や社会への付加価値の創造が進展することから、「民間企業志望」「公務員志望」という言葉は死語になっていくし、そうしなければなりません。

・だからこそ、官民の壁を低くして、官民どちらでもしっかり活躍できる人材を効果的に活躍させる環境整備が進むと考えられるし、確実にそのような労働環境が整備されていくと見ています。

<リボルビングドアでの採用が増え、公務員の転職が当たり前になる!>
・リボルビングドアとは「回転扉」。公務員からNPO法人の職員、そして民間企業へ、といった業種の壁を越えていろんなキャリアを積んでいくことです。

<ベテラン職員にしかできない業務は減っていく!>
・公務員の常識にとらわれない外部人材の方が効果的な取り組みをつくり出し、実施できる可能性も高くなります。

<民間企業でも活躍できる公務員を目指せ>
・終身雇用を保証できないこれからの自治体にとっては、採用した人が辞めても食べていけるように、成長や挑戦の機会を提供する責務を負っています。

・入庁して2、3年こそが勝負と考え、若手職員が1人でしっかりとプロジェクトを立ち上げ、進行管理や各種調整・折衝の経験を積むようにしなければなりません。

・他の世界でも活躍できる人材を育てられる組織には優秀な人材がどんどんやってきます。

<自治体が公務員の副業を推進する!>
・「公務員は副業してはいけない」と長年信じ続けられてきました。
 しかし、地方公務員法をはじめ、どの法律を読んでも、公務員が副業することを禁止する規定は見当りません。

・生駒市は、すでに副業を解禁し、奨励しています。

<生駒市が副業を推奨する理由>
・市町村職員自身が「一市民」として、しっかり地域に飛び出し、活動に汗を流さないと他の市民に対して説得力がないからです。

・生駒市では、そのような誤った認識を打破し、公務員が地域活動を気持ちよく行えるよう、地域活動を行って報酬を得ることが可能となる基準を定め、その基準に沿って任命権者が許可を行う、とあえて明確にして公表したのです。

<「組織」に属しつつも「個人」で勝負できる職員になる!>
・わかりやすい例でいえば、私は、各地域から依頼を受けて講演できるような職員をたくさん増やそう、と思っています。

・公務員は税金から給料をいただいていますが、本業をしっかりとやっていれば、他の活動から謝礼や報酬をもらうことに何の問題もなく、むしろ、推奨されるべきです。

・自分の専門性を磨き「個人」として勝負する要素が強まっています。

・「スーパー公務員」とも呼ばれる一部の自治体職員は、すでに、各自治体などに属しながらも、日本中、世界中の関係者とつながり、地域内と外を結ぶ独自の活動を展開しているのです。

<「専業公務員」は少数派になる!>
・本業以外の時間を活用した公務員の「副業」に加え、将来的には、本業として、公務員も、公務員以外の仕事もやる「兼業」「複業」も出てくるでしょう。

<「半〇半△」の生き方を見習おう!>
・「半農半X」という生き方があります。塩見直紀さんが提唱している生き方で、自分や家族が食べる分の食料は小さな自給農でまかない、残りの時間は農業以外で自分のやりたいことに費やすという生き方です。

・まず、「仕事を複数持つ」ことについては、塩見さんのように半分が農業であっても良いですし、半分が会社勤めであっても良いと思います。地方公務員法の改正など制度的な手当が必要になるかもしれませんが、将来的には週に3日は公務員をしながら、週2回は、例えば、NPO法人、英語教室、農業、お店の経営、講演や執筆活動などに従事することなども考えられます。
 育児や介護が大変な時期は週3日でもOKという柔軟な働き方ももちろんありでしょうし、複数の自治体で働く公務員も出てくるかもしれません。

・公務員も民間企業やNPO法人などで週1、2日働くような働き方は増えてくるでしょう。

<「ワーク」と「ライフ」と「コミュニティ」の境界がなくなる!>
・市町村から、従来のワーク・ライフ・バランスを超えた「ワーク・ライフ・コミュニティのハーモニー」を実践していくことが、豊かな人生をすごすうえでも、地域のまちづくりにおいても大切になるのです。

<自治体は経営だ!稼ぐ自治体が台頭する>
<コストカットだけではない「真の行政改革」が始まる!>
<コスト削減だけではもう対応できない!>
・しかし、これからの時代、高齢化に伴う急激な社会保障費の増加に対応するには、行政コストの削減に加え、しっかりと「稼ぐ」自治体になることが必要です。

<まずは、いままでの町づくりにプラスアルファを!>
・稼ぐための基本となるのは、今まで力を入れて取り組んできた分野に一層の磨きをかけることです。

・地域の強みの裏にある隠れたチャンスを活かした取り組みを考える方が効果的です。

<ふるさと納税だけではない新しい寄付のしくみが広がる!>
<ふるさと納税は自治体のプラスになっているのか?>
・最大の課題はふるさと納税といいながら、ふるさとを出て他の地域で活躍する人が地元に恩返しする制度になっていないことです。誰でもどこにでも寄付が可能なことから、単に返礼品のお得感で寄付先を選ぶ制度になっているのです。

<市民に寄付を求めることがタブーという風潮を打ち破る!>
・具体的には、市外の人ではなく、市民に対して寄付をお願いする必要があります。

・あくまで市民の自由意思に基づいてなされる以上、いただいたご寄付をしっかり活用できれば何の問題もないはずです。

<金融ツール、経済的インセンティブを活用しよう!>
・最近では、特定の社会課題を民間活力で改善して社会的コストを削減し、その一部を事業者が受け取る社会的インパクト投資(SIB)なども浸透してきました。

<一石四鳥の取り組みとして空き家対策が進化する!>
空き家対策の効果 々睥霄圓琉緡堵颪削減される!
空き家対策の効果◆〇勸蕕得ぢ咾療焼促進!
空き家対策の効果 地元工務店への経済効果!
空き家対策の効果ぁ仝把蟷饂裟任料加

<自治体が電力会社や民間サービス事業を立ち上げる!>
<生駒市が自治体電力に取り組んでいる理由>
・どのような地域でも電力事業という産業を持つことのできる時代になっているのです。

・利益が生じた場合も株主配当をしないので、収益を生駒市の地域課題に充当したり、新しい市民サービス事業に活用することが可能となります。

<生駒市が図書館を直営し、正職員を採用し続ける理由>
・何も考えずに外部委託する自治体は「稼ぐ」という観点からは失格です。

<すべての自治体に国際化対応が求められる!>
<新興国のインパクトはますます大きくなる!>
<新興国のインパクトは人口とGDPの急増から!>
<新興国は日本の発展と停滞を注視している>
・彼らは、日本の戦後の目覚ましい経済発展と、少子高齢化や人口減少に苦しむ現在の両方を注視し、日本の成功と失敗の両方から多くの教訓を得ようとしています。

・外国との付き合いは、自治体でも十分可能です。

<観光客は海外から直接招聘する!>
<急増する海外からの観光客をターゲットにする>
・外国人観光客をメインターゲットにする戦略が断然効果的です。

<「何もない」が最大の武器になる>
・外国人は日本人と比べて、長い時間と多くのお金を観光に費やします。

・今後は、日本中のどの町が観光都市になってもおかしくない時代なのです。

<世界を相手に物を売る!>
<伝統工芸品と伝統文化を一体で売り込もう>
・新興国の資金力の高さもさることながら、日本の伝統文化に対する評価が海外でも高い証拠です。生駒市の特産品である茶せんも、ルーブル美術館をはじめとする世界各地で評判となっています。

・着地型の体験型観光と、地球の特産品の販売は、車の両輪のようにつながりがあっているのです。

<日本の日常生活品は外国人にとって宝の山>
・外国人観光客を地域の文房具屋さん、雑貨屋さんなどへ案内することは、観光のコンテンツとしても十分成り立つし、地域で買い物をしてもらい、お金を落としてもらう手段にもなります。

<語学力、プレゼンテーションよりも大切なもの!>
・国際化というと、まず語学力と考える人が少なくありません。確かに語学力は大切ですが、近い将来、AIの発展により、音声認識や翻訳の機能は目覚ましい進化を遂げることから、語学力の重要性は徐々に小さくなっていくでしょう。

<はっきりと主張する方がコミュニケーションは円滑に進む>
・伝えるべきことがあれば、しっかりと主張し、時には反論して考えを改めてもらうことも重要です。

<新しい時代の公務員として生き残るために>
<市民に汗をかいてもらう「自治体3.0」を目指そう!>
・市民を「お客様」ととらえ、ニーズに応え続けようとする自治体を2.0とすれば、行政でないとできない業務以外は、市民や事業者、専門家を「まちづくりの担い手」ととらえ、ともに汗をかいてまちづくりに取り組むのが「自治体3.0」です。

<「自治体3.0」の担い手は市民!>
・市民に汗をかいてもらってまちづくりを進めた方が、要望に応え続けるまちづくりよりも市民満足度や定住希望確率の向上につながります。

<生産性を上げるところからすべてはスタートする>
<仕事はどんどん捨てよう>
・若いうちに「捨てる訓練」をOJTで積んでおくことです。

<新時代の公務員・自治体とは ⁉>
・生駒市では、2015年からの10年間で後期高齢者の数は約1.7倍になり、典型的な「2025年問題」のまちになります。

・社会の急激な変化はピンチでもありながら、チャンスにもできるのです。



『日本の未来100年年表』
洋泉社MOOK   2017/10/19

人口減少時代を勝ち抜く鍵は先を見通す力にある!
2025年 ロボット手術で人類はがんを克服
2030年 地方から銀行が消える  2031年 年金制度が破綻
2040年 日本が先進国でなくなる 
2045年 AIが人間の能力を追い抜く
2065年 女性の平均寿命が90歳以上
2100年 平均気温が4°C上がる 2117年 60万人が火星に移住
<これからニッポンで起こること>
<2019年 日本の労働力人口に変化が表れる!>
・高度外国人材が永住権を取得 日本人の雇用が奪われる⁉
・育児以外にも、労働力率が下がるシーンがある。それは親の介護だ。これは性別や独身・既婚を問わず、誰もが直面する問題である。日本人の平均寿命は延びており、これに伴い高齢者の介護問題は避けては通れない。法整備が進められているものの、介護のために休職を余儀なくされることも考えられる。
<2020年 記念すべきオリンピックイヤー>
<2020年 自動運転車を実用化>
・エウロパに無人探査機打ち上げ
・労働力人口が6589万人に減少
・ジェネリック数量シェア80%以上に
<2020年代後半までに>
・国内原発の半数が廃炉
<2022年 衆院選にアダムズ方式適用>
・高校で「歴史総合」が必須科目に
・ドイツで原発全廃
・インドが人口世界一に
<2025年 農政が変化し農業が成長産業に>
・農業人口は減るが農業産出額は上向く ⁉ 農業とほかの産業との融合も起きている

・これまで農業は成長産業になり得なかったのは、零細兼業農家の存在にほかならない。「農政トライアングル」は彼らを必要として保護政策をしてきた。ただ、これを支えた零細な兼業農家が大量離農することで、このトライアングルは徐々に弱体化するはずだ。その結果、農政は産業政策としての色合いを増してくるだろう。
<2025年 ロボット手術と放射線、抗がん剤治療が組み合わされる>
・負担が少ない治療法を確立、人類はがんを克服する?
・新設住宅着工戸数は約67万戸に減少
<2026年 地域から首都郡へと人口流出が加速 ⁉>
・地方自治体は人口減少で不要となるのか
・確かに地方には多くのシャッター商店街が存在する
・地方の中核都市が成長し地方で起業する人が増加
<2030年 18歳人口減少と「高大接続改革」の進展>
・人生で3回の高等教育が当たり前になる ⁉
・今後10〜20年で約半数の仕事がAIやロボットで代替可能だという試算が、国内外で出されていることをご存知の方も多いかもしれない。

<2030年 地方銀行の淘汰が加速 ⁉>
・銀行の数自体が減っていき金融機関の再編が本格化する
<2030年 再生医療の国内市場規模が1兆円に>
<2030年 農家から“農業法人”へと転換が進む>
・農業従事者数が半減し、「スマート農業」が一般化する
・農作物の品種改良においてもバイオテクノロジーのさらなる進化により成熟し、ゲノム編集が容易に行われ、現状栽培が困難なエリアで生育可能な新品種の開発が盛んになる。
<2031年 少子高齢化により社会保障制度が崩壊か>
・厚生年金の積立金が枯渇 ⁉ 制度自体が破綻する?
・社会保障制度は、国民生活を守るべき大切な制度である。少子高齢化が進む現代では、支出が年々増える傾向にある。この財源を確保するべく、年金の受給年齢の引き上げや、高額療養費の見直しなどの制度改正が繰り返し行われているため、未来予測をするのが難しい分野だ。
<2033年 不動産業界の未来は決して暗くない?>
・日本の空家率は3割強になる ⁉ 空き家率上昇は住宅供給過剰が原因 ⁉
・2033年、空家数は約2170万戸、空き家率は30.4%に上昇
・将来は大都市圏への人口集中傾向が顕在化
<2033年 超高齢化社会の新たな希望>
・認知症や神経障害が克服され、健康寿命は100歳に届く ⁉
(惑星探査に遺伝子を改変する)地球外の惑星でも生存できるように遺伝子操作された宇宙飛行士が探査に派遣される――。こんな未来はSF小説の中だけではなく、実際に可能となるかもしれない。
<新医療にも副作用克服の課題あり>
・荒唐無稽とも思える話から始めたが、もちろんこのような「デザイナーズベビー」は倫理的にも法的にも禁止されている。ただ、再生医療や遺伝子治療はもはや日進月歩で、その躍進ぶりはとどまるところを知らない。
<遺伝子治療で認知症がなくなる ⁉>
・iPS細胞では免疫反応を起こしにくいタイプの細胞を利用することで、2015年10月に加齢横斑変異症の治療に応用、初めて移植手術を成功させた。術後1年を経て、がんなどの異常が見られず、iPS細胞を使った世界初の治療となったのだ。
<臓器再生が可能に医療の新時代が到来>
・まず、遺伝子診断によるオーダーメイド医療、オーダーメイド創薬が将来、格段に進歩する。患者個々人の疾患により適した医薬品が遺伝子診断によって、より安全に正確に使われるようになるだろう。
・再生医療の分野では、iPS細胞に限らずES細胞や間葉系幹細胞を使った治療が進んでいく。これら幹細胞からは、肝臓や膵臓、骨格筋、心筋、血液、神経、皮膚といった組織の細胞を文化させることができるから、脊髄損傷といった重傷の患者の身体機能を回復させることができるようになる。
 前述した神経変性疾患であるパーキンソン病は、すでにドーパミン神経の前駆細胞をiPS細胞で作り出し、それをモデル動物のサルに移植しての治療が行われている。この研究者は、サルでの成功により次はヒトでの治験に進むとしているから、近いうちにパーキンソン病も遺伝子治療で治るようになるかもしれない。
 さらに技術が進歩すれば、生体外で各臓器や組織などの生存を長期間維持させ、移植に使うことができるようになる。
 クローン技術が可能になれば、ブタなどのヒトに近い実験動物をつかってヒトの臓器を成長させたり、胚発生の機構を使ってヒトの肝臓を作ったりするようになる。また、血液を作り出したり、神経系の機能を再現することができるようになるかもしれない。
<2035年 生涯未婚率が男性で約3割、女性で約2割に達する>
<2037年 少子高齢化、人口減少時代を迎え、鉄道には厳しい時代に>
・リニア中央新幹線が大阪まで開通するも、その先は不透明?
<2040年 国境を越えた地球規模でのマネー革命が始まった>
・仮想通貨はグローバルマネーとして通貨と同等に扱われるようになる⁉
<2040年 日本が先進国から転落する危機に!>
・豊かさを手に入れた世界は資本主義の行き詰まりに陥る
・豊かさを手に入れた世界は資本主義の行き詰まりに陥る。人口減少時代に突入するなど経済が好転する兆しが見えない。果たして、日本経済の未来に明るい兆候が表れるのは、いつになるのだろうか。
・(低成長が続く日本は1人当たりのGDPに注目)今の内閣が掲げる働き方改革は労働時間を減らし、能率のよい仕事環境を作り生産性を上げていこうというものである。しかし、コスト効率の悪いサービスまで過剰サービス状態となり、生産が上がっていない。日本の企業の利益率はアメリカのそれと比べても低いままである。
 このような状態の中、先進国の中でも祝日の一番多い日本は、高度成長時代に比べて労働時間が30%も減少しているといわれている。生産性の上がらないまま働く時間が短くなり、成長も鈍化していくのであろうか。いずれ日本は先進国から転落する日がくるのではないかと心配している。
<2045年 シンギュラリティによって完全自動運転車が実現!>
・人々の自動車への関心がなくなっていく ⁉
・2045年、AIが人間の能力を追い抜く
<2050年 バーチャル空間がどんどん現実に近づいていく>
・体に装置を埋め込む「裸眼VR/AR」が実現 ⁉
・世界の子ども人口(4歳以下)の約40%をアフリカ大陸が占める
・2050年、日本の人口が9707万人に減少。日本の高齢化率(65歳以上)が38.8%

<2050年 ついにヒトを超える人工知能が登場 ⁉>
・技術のブレイクスルーにより汎用型AIが誕生する ⁉
・世界の人口は97億人、65歳以上の人口は2015年の2.6倍の16億人に
<2056年 世界の人口が100億人に到達>
<2060年 原子力や水素自動車は爆増するのか?>
・再生可能エネルギー減の成長がピークを迎える
・2060年、日本の人口が8673万人に減少
・2060年、生産年齢人口(15〜64歳人口)は2010年度比45%減の4418万人に
・2060年、65歳以上の有権者の割合が46.7%に増加
・2060年、国民1.2人で高齢者1人を支える「肩車型」に
<2065年 女性の平均寿命が90歳以上に、高齢化率が4割になる>
・人生100年時代に突入? 超長寿社会がやってくる。
・(いびつな人口ピラミッドが意味するものとは?)
その理由は、人口ピラミッドにいくつかの山、つまり、いくつかの人口規模が多いコーホート(世代)があるためである。これが、いわゆる団塊の世代、および団塊ジュニアであり、全世代の中で突出して人口が多い、その結果、これらの世代が老年人口に達するとき、一挙に高齢化が進むように見えるのである。
・老年人口は2115年には、1943万2000人になると見込まれている。2015年の同人口の規模が3386万8000人である。このことは、今後100年の間に老人人口でさえも、現在のおよそ3分の2にまで減少することを意味しているのだ。
・(超高齢化社会の到来。90歳超の高齢者が増える)人口推計によれば、死亡中位仮定で2065年に女性の平均余命は91.35歳、高齢化率は約4割となる。
・例えば2017年に公表された最新の生命表によると、75歳まで生きた男性は、平均してさらに12.03年、つまり、平均して87歳くらいまで生きる可能性があると見込まれている。さらに驚かされるのは、100歳に達した男性でさえ、平均的にあと2.18年程度生きると見込まれていることだ。人は我々が思うよりも長生きする可能性があるのだ。
・出生率が1.3に近づき子どもの数が人口の約1割に
・2155年、さらなる少子化によって0〜14歳の年少人口は、520万人まで減少し続ける。
・2065年、日本人の8人に1人が外国に由来する人々からなる。若年層に広がる国際化の潮流。
・日本は、移民を受け入れるべきか、規制すべきか。さまざまな意見はあると思うが、日本が年間75万人の外国人を受け入れることができれば、人口は増加に転じるとの推計もある。
・(周囲に外国に由来する人が当たり前のように存在する)2015年の国勢調査では、外国籍人口は177万5446人(総人口比1.4%)だった。しかし、もともとは外国籍であったものの後に日本国籍を取得した帰化人口や、両親のうち、いずれかが外国籍である国際児人口を推計した研究によると、これらの人々を合わせた外国に由来する人口は332万5405人(総人口比2.6%)と、国勢調査の倍近くに達すると見込まれている。
・さらに同研究から、外国に由来する人口の将来的な推移を推計した結果を参照してみよう。これによれば、2040年には726万732人、2065年には1075万6724人になると見込まれている。
・2065年に日本の総人口はおよそ8800万人になるとされていたことから、両者を比較可能なものとすれば、将来的には8分の1くらいが外国に由来する人口によって占められることになる。
・今、なぜハーフのタレントやスポーツ選手が多く活躍しているかといえば、日本がすでにこうした人たちを多く抱える社会になってきているためであるということができる。
<2065年 世界の人口は103億人、65歳以上の人口は2015年の3.2倍の19億人に>
<2065年 高速道路の料金徴収が満了>
<2100年  上昇し続ける世界の気温>
・100年後には4.8°Cも上がり氷河や海氷面積が激減 ⁉
(気候変動と地球温暖化問題のこれから)世界がこれから追加的に温室効果ガスの削減に努力しなかった場合、2100年の世界平均気温は3.7〜4.8°Cと大幅に上昇するとの予測や、今世紀末には穀物生産量が50%以上減少するという予測が約2割を占めるなど、2100年が心配になる研究結果も多く示されている。
(温暖化が日本に与える影響とは)日本にはどのような影響が出ると予想されているのだろうか。先ほど紹介した報告書をもとに作られた「2050年の天気予報」では、穏やかな四季を持つ国、日本とは思えない未来を描き出している。
・東京の真夏日連続50日、熱帯夜60日
・熱中症など暑さの影響で亡くなる方約6500名
・京都の紅葉の見ごろはクリスマスごろ/沖縄のサンゴの白化が深刻化
・上陸時の風速が65メートル、沿岸部に5〜10メートルの高潮をもたらすスーパー台風の襲来
(気候変動への対処は世界的に大きな課題)このように、気候変動問題は人類が直面する大きな課題のひとつだ。そのため、国際的な取り組みも議論されている。「国連気候変動枠組み条約」には、世界190か国以上が参加し、毎年締約国の会合を行っている。
・パリ協定が成立したのには理由がある。実はパリ協定のもとでは、自国の目標は自国で決めるうえ、達成できなかったとしてもとりたて罰則はない。

・しかしすでにアメリカのトランプ政権は、パリ協定からの離脱を表明した。国際的な温暖化対策はまだまだ前途多難な状況にある。
 とはいえ、明るい兆しも見えてきた。再生可能エネルギーが世界では大きく価格が下落しつつあることだ。太陽光や風力発電など温室効果ガスを出さないやり方でエネルギーを手にすることができるようになれば、社会の発展と温暖化対策を両立することができるようになるだろう。
 とはいえ、明るい兆しも見えてきた。再生可能エネルギーが世界では大きく価格が下落しつつあることだ。
・2100年、世界の人口は112億人、65歳以上の人口は2015年の4.2倍の25億人に
・2100年、イスラム教が世界人口に占める割合で世界最大の宗教に
・2100年、日本の人口が約8300万人で世界30位に(2015年11位)
<2115年 日本の人口は約5000万人に!>
・将来の日本人の総数は、ある程度の確度で100年後まで数値を導きだすことができる。
・日本の将来の推計人口で最も引用されるのが、「2065年に日本の総人口が8808万人に減少する」という数字、現在の人口の7割近くになるわけです。
・次に、外国人の国際人口移動については、例えば今後、中長期的に年間75万人を受け入れたと仮定しましょう。すると2115年には総人口が1億5753万人と、今よりも約3000万人ほど増えると見込まれています。しかし、これが年間50万人の場合には、総人口は減少すると見込まれています。現時点では年間15万人くらいですから、5倍以上を受け入れないと日本の総人口は増えないことを意味しています。
・毎年100万人を受け入れているというアメリカでは、経済成長率の3分の1くらいは移民による経済効果といわれています。75万人というと、今のドイツくらいです。このように大きな変化があれば日本の人口は増えますが、このハードルはかなり高いと言わざるを得ません。
・結論としては、日本の人口は、ほぼ確実に減ると見てよいでしょう。出生率の改善だけでは追いつかず、移民をドイツ並みに受け入れるといった、かなり大きな変化が起きない限り確実に減少します。これは、現状を踏まえて推計した、かなり確度の高い未来の日本人の姿といえるでしょう。
・(老年人口(65歳以上))2015年の3387万人からさらに増え続け、2042年の3935万人でピークを迎え、2065年時点では3381万人となる。それでも日本人の4割近くが高齢者になる。
・100年後の日本の人口は現在の半分以下まで減少する。
<ライフスタイルの変化による出生力へのマイナスの影響をゼロにすることは可能だ。 是川夕>
<出生率が人口増減のターニングポイント>
・政府は少子化対策と称して、さまざまな政策を打ち出していますが、人口増加を意図しているのではなく、どちらかというと時代や環境の変化に即した対策として打ち出しているものがほとんどです。
 例えば、共働き夫婦への子育て支援とか、晩婚化・未婚化の対応などといったように、現代のライフスタイルの多様化に合わせた政策だと理解すべきです。
<人口減少そのものを問題と捉えると本質を見誤る>
・実は、かつて日本での人口問題といった場合、それは人口減少ではなく増加のことでした。この研究所も、そもそも人口増加の問題を研究するため、1939年に世界で最も初期に設置された機関だったのです。今でも世界人口は増え続け、いずれ100億人を突破するといわれています。
人口増加は環境破壊や食料危機、紛争などを引き起こしますが、人口減少については世界規模で見ると先進国の微々たる問題。地球規模で見れば人口爆発が起こっていて、こちらがメガトレンドです。
<日本にとっての適正人口はどのくらいなのか>
・工業化が発達する以前は、その時代の人口が上限であって、社会がそれ以上は養うことができないため増えませんでした。工業化の発達以前はほぼ横ばいでしたが、より多くの人口を養うことができるほどの豊かさを手に入れたことにより、初めて人口爆発が起きたのです。人口減少時代に突入した日本では、その減少幅に合わせて最適化した国の運営が求められるのではないでしょうか。
・また、人口減少には「よい減り方」と「よくない減り方」の2通りあると、個人的には思っています。よくない減り方は、死亡率が上昇して人口が減少する場合です。ソ連崩壊後のロシアがそれに近く、崩壊に伴う社会的混乱によって平均寿命が縮んでしまったといわれています。そういう形で人が死ぬのは、明らかによくない。今の状況では、全員が天寿を全うしても減っていく「よい減り方」の社会であり、何ら不幸な事態が起こっているわけではありません。「問題」ととらえることの方が問題ではないでしょうか。
<2117年   100年後、私たちの宇宙ははるかに広がっている>
・60万人が火星に移住、宇宙の拠点になる ⁉
・21世紀末には月への旅行も一般的に
・(今世紀中に知的生命体がいる天体を発見 ⁉)系外惑星系という言葉をご存じだろうか。太陽系以外にも存在する、太陽系のような惑星系のことである。望遠鏡や観測技術の進歩によりその発見数は激増しており、その数は1200個を超えている。
<世界の人口問題1、 世界では毎分20人が難民となっている>
・毎年増加する一方の難民だが、そこには戦争や宗教の対立、人種差別など人類が抱える問題が山積みの現状だ。日本は島国だから無縁と思いがちな難民問題について、その実態をここで解説する。もはや対岸の火事ではないのだ。
<戦争を避けるために避難する人々>
・近年では争いが起きた国内にとどまる、あるいは国境を越えずに避難生活を送っている。
<爆発的に増加し続ける世界各国の難民>
・国連ではUNHCR(国連難民高等弁務官事務所)を立ち上げ、世界128か国がこの救済に乗り出している。援助支援対象者は世界に広く分布しており、北アメリカで759人、ヨーロッパで約274万人、アジアで約3147万人、南米で約837万人、アフリカでは2137万人、オセアニア約2300人、無国籍に至っては約371万人と膨大な数に膨れ上がっている。
また難民の数は年々増加する一方で、2016年を見ると新たに約1030万人が避難を余儀なくされている。これは毎分20人相当の人が、避難民となっていることを示す。
<世界の人口問題2、移民は年々増加し続け国民の約30%を占める国も>
<混同されやすい難民と移民の区分け>
・2015年の移民人口国別ランキングの2位となっているドイツでは労働力不足を補充するために「ゲスト労働者政策」を掲げ、トルコからの移民を家族ごと受け入れた過去がある。
・一方、人数ではなく人口に対しての外国人比率が高いのがスイスだ。
・結果、スイスでは人口に対する外国人比率が高く、2015年24.6%。実に毎年、8万人以上の人々が移民としてやってきている。

『怖すぎる未来年表』
2100年までに日本と世界で起こること
未来予測研究倶楽部  Gakken 2018/5/22



<はたして人類の未来は明るいものなのか>
・人工知能が人間を超えるシンギュラリティへの到達は、わずか27年後に迫っている。これらのテクノロジーについて理解しておかないと社会から取り残されてしまうかもしれない。

<日本に女性リーダーは登場するか>
・世界経済フォーラムは男女平等の度合いをジェンダー・ギャップ指数という指標で表しているが、2017年では日本は調査対象144か国中の114位という不名誉な結果である。たしかに日本では、仕事という面だけを切り取っても、女性の非正規雇用が多く、男女の賃金格差が大きい。そして政治の世界を見ても、女性の議員や閣僚の数が、男性に比べて圧倒的に少ないのである。

<2019〜2029年>
2019年 天皇譲位と改元
(消費税10%に増税)経済は立て直されるか?

(線虫によるがん発見が実用化)早期発見の可能性が飛躍的に高まる?

2020年 TPP発動で日本の産業に打撃も。TPPに参加すると、日本の農業を守るには新たに3兆円が必要となるという。雇用も340万人に減少し、食料自給率も13%に激減するとされている。

(東京五輪は無事開催されるのか?)期待とともに不安も一杯。猛暑の東京2020。

(改憲が現実になる?)高いハードルを越えられるか。

(自動運転車の実用化が目前に)法整備や安全確保は間に合うか?

2021年 文化庁が京都に全面移転。省庁再編の可能性も。

2022年 24時間営業のコンビニが激減?深夜営業は割に合わない ⁉

(尖閣問題で中国との緊張が高まる?)実効支配50年は無事に迎えられるか。

2023年 量子コンピューターの実用化なるか。同時に行える計算の数は天文学的なものになり、現在のスーパーコンピューターを大きく凌駕するという。

2024年 超高齢化社会の到来。75歳以上が4人に1人。

(中国がGDP世界1位に)中国にも憲法があるが、憲法よりも上位に中国共産党が君臨している。

(インドが人口世界1位に)インドが中国を抜いて世界1位になり、14億人を突破すると予測されている。

(多くの大学が消滅の危機に!)多くの私立大学は国から補助金をもらっている。その数は2015年で566校だ。これは、実に9割以上の私立大学が補助金なしでは経営が成り立たないことを示している。

2025年 サラリーマンの保険料が高負担に。保険料が収入の3割を超える?

(介護難民が全国で700万人に)外国人介護士が切り札に。20万人以上になった留学生は、介護現場にとって強い味方だ。

(認知症患者が700万人規模に)認知症患者のうち60%は、家族によって介護されている。

(1万円札がなくなる?)現金が姿を消す日も近いか。

2026年 建築やインフラの老朽化危機。高度成長期の産物が寿命を迎える。

2027年 北朝鮮の政権が崩壊か?多くの難民が国外に流出することが予想される。

(リニア中央新幹線の開業)地方の過疎化も加速させる?

(輸血用血液の不足が深刻に)病院に行っても手術ができない?

2028年 週休3日制がスタンダードになる?週休3日制は結局のところ公務員と大企業に恩恵をもたらすだけで、中小企業には無縁どころか、他人が休むために負担を強いられるのではないかという危惧もある。

(国の借金が1400兆円に!)それでも国が破綻しないのは、借金の94.5%が国内で買われている国債だからだ。

(富士山大噴火の可能性)気象庁が富士山を常に観測し、データを公開していることからも、富士山は要注意の火山だとわかる。首都圏の機能も麻痺?

(バーチャル俳優が活躍)コンピューターで作られたキャラが演技する?

<2030〜2039年>
2030年 IT技術者が大幅に不足!原因として最初に挙げられるのは、理系人口の少なさだ。また、待遇が十分によいとはいえないことも、人材不足の原因のひとつだ。

(スマート農業が一般化)重労働から解放される!2020年には308億円の規模。TPP問題も解決か。

(スマートフォン無料化が実現?)人間の能力を拡張する必須ツール。

(うつ病が世界で最多の疾病に)早急な取り組みが必要不可欠。

(大手銀行が次々に破綻する?)あなたの貯金が危ない ⁉

(再生可能エネルギーが2割超に)エネルギーは足りるのか?

(交通事故死者数ゼロ実現なるか)世界では死者数3倍の予測も。

(再生医療が全盛に)iPS細胞がひらく医療の未来

(再生医療によるアンチエイジング)すべての組織が移植できるようになる?

(日本が有人月面探査開始)基地建設も可能になるか?

(地球外生命体発見 ⁉)太陽系内をくまなく探せ!

(外国人観光客6000万人超え)組織犯罪者の入国も懸念される。犯罪を防ぐためには、諸外国に精通した専門家や外国語が話せる警官を増やすなどの対策が必要になってくるだろう。

2031年 北海道新幹線が全線開通。地元を活性化させられるか?

(国産牛がWAGYUに負ける?)オーストラリア産牛肉がさらに安価で高品質に。

(韓国が強力ミサイル200基配備)射程距離は500キロ!

2033年 空き家が3割越で犯罪者の巣窟に?空き家が多い主な原因は、人口減少の中での住宅の過剰供給だが、じつは固定資産税の制度にも問題がある。住宅を取り壊して更地にすると、固定資産税は6倍にも跳ね上がるのだ。

(健康寿命が100歳に?)再生医療などの技術も進歩し、健康維持の智恵も蓄積されているだろう。

(タイムマシンが完成!?)科学者の中にも、タイムマシンは可能だと考える人は多くいる。時間の本質をとらえ、操作できる?

2035年 日本が未婚大国に。独身者が15歳以上の半数を占める?

2036年 地磁気逆転が起こる ⁉ IT社会がメチャクチャに?

(小惑星アポフィスが地球に超接近)軌道変化で衝突もありうるか ⁉

2037年 コンピューターと脳をつなげる技術が実現?記憶機能が拡張できる?

2038年 世界中のコンピューターが誤作動する?2000年問題とは比較にならない危機。

2039年 死亡者数がピークに。2030年、死亡者数は160万人に達し、2039年には、167万9000人でピークを迎えるという。火葬場が足りなくなる?

<2040〜2050年>
2040年 日本の自治体の半数が消滅?地方の人口減少を止められるか。全国1800市区町村のうち49.8%の存続が危うくなる。

(仮想通貨が通貨として認知される)儲かるチャンスと背中合わせのリスク。 ハイリターンだがハイリスク。

(ガソリン車が姿を消す?)電気自動車が市場を席捲!

(食料自給率の低下)日本の農業の生き残る道は?TPPによるさらなる危機。食料自給率の低下は国力の低下、ひいては国の存亡の危機につながる。

(核融合で安全な原子力発電が実現?)無限に近いエネルギーを得ることが可能になる。

(夏の北極海から氷がなくなる?)北極海が漁場となり、北極海航路がひらける。

(人工子宮が完成?)不妊や妊娠リスクを回避。

(人工光合成の実現?)生命の神秘を人間の技術で再現。

(紙の新聞がなくなる?)ニュースのデジタル化がいっそう進展。

2041年 テレパシーを科学的に実現 ⁉ 脳に直接情報を送る技術が目前に

(100万円で宇宙旅行?)2041年宇宙の旅へ!

2042年 日本の高齢者人口がピークに。団塊ジュニア(1971年から1974年に生まれた人達)が高齢者になる。

2044年 桜島が大噴火する ⁉ 130年かけて溜まったマグマ。

2045年 シンギュラリティの到来。人工知能が人間を支配する?

2046年 様々な国や都市が水没の危機!温暖化による海面上昇の恐怖。

2048年 年金制度崩壊?今すぐ根本的な対策を!年金が赤字になっている大きな要因として、年金未納者が約4割いることが挙げられる。

(南海トラフ巨大地震の可能性)犠牲者は32万人以上。被害総額は220兆円。

(魚介類のほとんどが消滅?)海洋汚染と乱獲で、魚が食べられなくなる!

(ベデルギウスが超新星爆発 ⁉)大量の放射能が地球を襲う!

2050年 肩車型社会の到来。若者1人が高齢者1人を支えることに!とにかく少子高齢化社会に対応するには、社会の制度を一度、すべて根本から見直す必要がある。

(日本の国土の6割が無人に)地方の人口減少の果て。人の住んでいない場所が増えると、治安や国防の面で、大きな問題となる。

(中国が世界の覇者になる?)21世紀の新たなる「帝国」

(がん予防薬の登場)がん克服のときは近づいている!

(トランスヒューマン思想の実現?)人類は新たなステージへ ⁉

(宇宙エレベーター完成?)ロケットなんてもう古い?

<2051〜2100年>
2053年 日本の人口が1億人を割る!働ける人間が目に見えて減っていく。15歳から64歳の生産人口の減少も深刻だ。

2055年 寒冷化がピークで食糧不足に!?地球は小氷期に突入している?地球温暖化の危機が叫ばれている中、じつは地球は寒冷化に向かっていると、多くの気象学者が警鐘を鳴らしている。

(世界人口が100億人を突破)限りある資源の争奪戦が始まる。現在、世界人口は73億人ほどだが、これが37パーセントも増えるのだから、水・食料・エネルギーの不足が深刻化する危険性がある。

(第3次世界大戦勃発か!?)ハイテク兵器が跳梁跋扈する。2055年に世界人口が100億人を突破すると、各国で水や食料、エネルギーの争奪戦になる。それがもとで、第3次世界大戦が勃発する可能性は否定できない。

2060年 日本が経済小国に転落!世界のGDPランキングで日本は3位だが、これが2060年には9位に転落し、中国のGDPの12分の1以下になっているという予測もある。しかし、1人当たりのGDPで見ると、日本にも希望はある。

(果物の産地が変わる)温暖化は名産品にも影響!

(火星への移住者100万人?)地球に代わる安住の地となるか。

(野生動物が1頭もいなくなる?)自然破壊が動物たちを絶滅に追いやる。

(何でも3Dプリンターで作れる?)物流をも変えてしまうのか。

2061年 ハレ―彗星が地球に最接近 ⁉ 76年ぶりに戻ってくる「凶兆」の星。

2062年 クローン人間の誕生?識者の間では、クローン人間誕生は、2062年頃の中国になるという観測がある。

2065年 8人にひとりが外国出身者に。国籍別で見ると、2015年の時点では中国が最多で32万人、2位がベトナムの11万人、3位がフィリピンの10万人、4位がブラジルの9万人となっている。

(石油資源が枯渇する?)1970年代には、「石油はあと30年で枯渇してしまう」と騒がれていた。

(アマゾンの熱帯雨林が砂漠化?)世界最大のアマゾンの熱帯雨林が伐採によって50年後の2065年には消失し、砂漠化すると警告。

2070年 アルツハイマー病の手術が可能に? もう認知症は怖くない?

2074年 スーパー台風が大量発生(風速80メートル以上)。台風は年々強大化しているが、その原因は地球温暖化にあるという。

2075年 超火山イエローストーン大噴火⁉ 人類滅亡のシナリオもあるか。

2100年 日本の人口が5000万人以下に。出生率が比較的高く1.60人になった場合は6485万人、比較的低く1.12人になると3795万人、中間の1.35人で4959万人。

(殺人熱波が日本を襲う?)2100年には最大で世界の4分の3の人々が熱波による死の脅威に直面し、仮に削減に成功しても、2人に1人は、熱波の中で1年のうちの20日を過ごさなければならないという。

(絶滅動物が復活?)クローン・マンモスが未来を闊歩する。

(イスラム教が最大勢力に)キリスト教が信者数首位から転落!

(サンゴ礁が絶滅する?)海の宝石を守れるか。

(不老不死が現実に!?)人間が追い求めてきた究極の目的。

<「デルファイ調査」とは>
・アメリカのランド社が開発し、1964年に発表した、デルファイ法という技術予測の手法がある。
 新しい科学技術による製品がいつ出現し、人々の生活や産業構造にどのような影響を与えるかを予測する手法である。
 各分野の専門家にアンケートで、直感的意見や経験的判断を求め、集計結果を再度アンケートとして回答者に送って、その意見を集計する。



『未来を透視する』
(ジョー・マクモニーグル) FBI超能力捜査官
(ソフトバンク・クリエイティブ)2006/12/21



<気象変動>
・来るべき気象変動により、2008年からこの台風の発生回数は増えていくと私は、予想している。とくに2011年は過去に例を見ない台風ラッシュとなり、大規模な暴風雨が吹き荒れる深刻な年になるとの透視結果が出ている。この台風ラッシュは、2012年にずれこむかもしれないが、可能性は低い。嵐の増加を促す地球の温暖化は、現在も急速に進行中だからである。

・2010年から2014年にかけて、また、2026年から2035年にかけて、平均降雨量は年々560〜710ミリメートルずつ増加する。現在から2010年にかけて、また、2015年から2025年にかけては、380〜530ミリメートルずつ減少する。現在から2010年にかけて、また、2015年から2025年にかけて、平均降雪量は300〜550ミリメートルずつ増加する。



『未来を透視する』   ジョー・マクモニーグル
ソフトバンク・クリエイティブ    2006年12月26日



<日本の自然災害>
<2010年、長野で大きな地震が起きる>
・透視結果を見てもうろたえず、注意程度にとらえてほしい。ただし、最悪の事態に備えておいて、何も起こらないことを願おう。こと天災に関しては、透視は間違っているほうがありがたい。

<今後、日本で発生する大地震>
2007年  高槻市  震度6弱
2008年  伊勢崎市 震度6弱
2010年  長野市  震度7
2012年  伊丹市  震度6弱
2018年  東京都  震度6弱
2020年  市川市  震度6弱
2037年  鈴鹿市  震度7

・噴火や地震にともなって海底では地盤の隆起や沈降が起きる。そして、膨大な量の海水が突然動きだし、衝撃波となって陸地の海外線へと進行する。

・遠洋ではあまり目立つ動きではないが、浅瀬に入ると、衝撃波は巨大な津波となって陸地を襲い、都市部などを徹底的に破壊してしまう(波の高さはときには30メートル以上になることもある)。

・内陸へと押し寄せる力がピークに達すると、今度は海に戻り始め、残された街の残骸を一切合財引きずりこんでいく。警告もなしに、突然襲ってくれば被害はとりわけ甚大となる。

・幸い日本には、優良な早期警戒システムがあるのだが、海底地震が発生して警報が発令されてから、津波が押し寄せる時間は、残念ながらどんどん短くなっている。

<日本を襲う津波>
2008年夏   11メートル
2010年晩夏  13メートル
2018年秋   11メートル
2025年夏   17メートル
2038年初夏  15メートル
2067年夏   21メートル

・日本は津波による大きな被害を受けるだろう(なお、波の高さが10メートル以上に及ぶものだけに限定している)。北海道の北部沿岸の都市部は特に津波に弱い。徳島市、和歌山市、浜松市、鈴鹿市、新潟市、石巻市も同様である。このほかにも津波に無防備な小都市は数多くある。

<土地>
・気象変動とともに、日本の土地問題は悪化しはじめる。沿岸部での海面上昇と、暴風雨の際に発生する大波によって、低地の村落と小都市の生活が脅かされるようになる。堤防や防壁といった手段は効力を発揮しないため、2012年から2015年のあたりまでに多くの人が転居を余儀なくされるだろう。



『未来の年表』 人口減少日本でこれから起きること
河合雅司   講談社   2017/6/14



<呑気な人々>
2020年 女性の半数が50歳越え
2024年 全国民の3人に1人が65歳以上
2027年 3戸に1戸が空き家に
2039年 火葬場が不足
2040年 自治体の半数が消滅
2042年 高齢者人口がピークを迎える

・「少子高齢化に歯止めをかける」と口にする国会議員、地方議員は数知れない。全国各地の議会や行政の会議で、認識不足や誤解による議論が重ねられ、どんどんトンチンカンな対策が生み出されている。

<“論壇”の無責任な議論>
・たしかに、目の前にある人手不足は、機械化や移民による穴埋めで幾分かは対応できるかもしれない。だが、日本の労働力人口は今後十数年で1000万人近くも少なくなると見込まれる。そのすべてを機械や外国人に置き換えることにはとうてい無理があろう。

・最近は、悲観論が語られることを逆手に取ったような論調も多くなってきた。人口減少を何とかポジティブに捉えることが、現実を知らない聴き手にはウケるのかもしれない。「人口減少は日本にとってチャンスだ」、「人口が減ることは、むしろ経済成長にとって強みである」といった見方がそれである。

・あまり知られていないが、この社人研の推計には続きがある。一定の条件を置いた“机上の計算”では、200年後におよそ1380万人、300年後には約450万人にまで減るというのだ。

・この“机上の計算”は、さらに遠い時代まで予測している。西暦2900年の日本列島に住む人はわずか6000人、西暦3000年にはなんと2000人にまで減るというのである。ここまで極端に減る前に、日本は国家として成り立たなくなるということだろう。それどころか、日本人自体が「絶滅危惧種」として登録される存在になってしまいかねないのだ。
 要するに、国家が滅びるには、銃弾1発すら不要なのである。

<「静かなる有事」が暮らしを蝕む>
・言うまでもなく、人口が激減していく過程においては社会も大きな変化を余儀なくされる。それは、時に混乱を招くことであろう。
 日本の喫緊の課題を改めて整理するなら4点に分けられる。1つは、言うまでもなく出生数の減少だ。2つ目は高齢者の激増。3つ目は勤労世代(20〜64歳)の激減に伴う社会の支え手の不足。そして4つ目は、これらが互いに絡み合って起こる人口減少である。まず認識すべきは、社会のあらゆる場面に影響をもたらす、これら4つの真の姿だ。

・最近メディアを賑わせている「2025年問題」という言葉がある。人口ボリュームの大きい団塊世代が75歳以上となる2025年頃には、大きな病気を患う人が増え、社会保障給付費が膨張するだけでなく、医療機関や介護施設が足りなくなるのではないかと指摘されている。
 だが、問題はそれにとどまらない。2021年頃には介護離職が増大、企業の人材不足も懸念され、2025年を前にしてダブルケア(育児と介護を同時に行う)が大問題となる。
 2040年頃に向けて死亡数が激増し、火葬場不足に陥ると予測され、高齢者数がピークを迎える2042年頃には、無年金・低年金の貧しく身寄りのない高齢者が街に溢れかえり、生活保護受給者が激増して国家財政がパンクするのではと心配される。
 少子化は警察官や自衛隊員、消防士といった「若い力」を必要とする仕事の人員確保にも容赦なく襲いかかる。若い力が乏しくなり、国防や治安、防災機能が低下することは、即座に社会の破綻に直結する。2050年頃には国土の約2割が無居住化すると予測される。さらに時代が進んで、スカスカになった日本列島の一角に、外国から大量の人々が移り住むことになれば、武力なしで実質的に領土が奪われるようなものだ。

<国家を作り替えるために>
・では、われわれはこの「静かなる有事」にどう立ち向かっていけばよいのだろうか?
 出生数の減少も人口の減少も避けられないとすれば、それを前提として社会の作り替えをしていくしかないであろう。求められている現実的な選択肢とは、拡大路線でやってきた従来の成功体験と決別し、戦略的に縮むことである。日本よりも人口規模が小さくとも、豊かな国はいくつもある。

・日本最大のピンチと私が考える「2042年問題」(高齢者の激増期)を乗り越えるための提言と言ってもよい。われわれが目指すべきは、人口激減後を見据えたコンパクトで効率的な国への作り替えである。本書刊行時の2017年から2042年までに残された時間はちょうど25年。国の作り替える時間としては、それは決して「潤沢な時間」ではない。未曽有の人口減少時代を乗り越え、豊かな国であり続けるには、1人ひとりが発想を転換していくしかない。

<人口減少カレンダー>
2016年 出生数は100万人を切った
2017年 「おばあちゃん大国」に変化。「65〜74歳」人口が減り始める。
2018年 国立大学が倒産の危機へ。18歳人口が大きく減り始める。
2019年 IT技術者が不足し始め、技術大国の地位揺らぐ。世帯数が5307万とピークを迎える。
2020年 女性の2人に1人が50歳以上に。出産可能な女性数が大きく減り始める。
2021年 団塊ジュニア世代が50代に突入し、介護離職が大量発生する。
2022年 団塊世代が75歳に突入し、「ひとり暮らし社会」が本格化する
2023年 団塊ジュニア世代が50代となり、企業の人件費がピークを迎え、経営を苦しめる
2024年 団塊世代がすべて75歳以上となり、社会保障費が大きく膨らみ始める。3人に1人が65歳以上の「超・高齢者大国」へ
2025年 ついに東京都も人口減少へ。東京都の人口が1398万人とピークを迎える。
2026年 認知症患者が700万人規模に。高齢者の5人に1人が認知症患者となる。
2027年 輸血用血液が不足する。手術や治療への影響が懸念されるようになる。
2030年 百貨店も銀行も老人ホームも地方から消える。団塊世代の高齢化で、東京郊外にもゴーストタウンが広がる。ITを担う人材が最大79万人不足し、社会基盤に混乱が生じる。
2033年 全国の住宅の3戸に1戸が空き家になる。空き家が2167万戸を数える。老朽化したインフラの維持管理・更新費用が最大5兆5000億円程に膨らむ。
2035年 「未婚大国」が誕生する。男性の3人に1人、女性は5人に1人が生涯未婚になる。
2039年 死亡者数が167万9000人とピークを迎え、深刻な火葬場不足に陥る。
2040年 全国の自治体の半数が消滅の危機に晒される。団塊ジュニア世代がすべて65歳以上となり、大量退職で後継者不足が深刻化する
2042年 高齢者人口が約4000万人とピークを迎える。
2045年 東京都民の3人に1人が高齢者となる。
2050年 世界人口が97億3000万人となり、日本も世界的な食料争奪戦に巻き込まれる。現在の居住地域の約20%が「誰も住まない土地」となる。団塊ジュニア世代がすべて75歳以上となり、社会保障制度の破綻懸念が強まる。
2053年 総人口が9924万人となり、1億人を割り込む。
2054年 75歳以上人口が2449万人でピークを迎える。
2055年 4人に1人が75歳以上となる。
2056年 生産年齢人口が4983万6000人となり、5000万人を割り込む。
2059年 5人に1人が75歳以上となる。
2065年〜外国人が無人の国土を占拠する。総人口が8807万7000人で、2.5人に1人が高齢者となる。
2076年 年間出生数が50万人を割り込む。
2115年 総人口が5055万5000人まで減る。

<日本を救う10の処方箋>
【戦略的に縮む】
1・「高齢者」を削減。新たな年齢区分で計算する。増え続ける「高齢者」の数を減らしてしまうのだ。
2・24時間社会からの脱却
3・非居住エリアを明確化
4・都道府県を飛び地合併
5・国際分業の徹底

【豊かさを維持する】
6・「匠の技」を活用
7・国費学生制度で人材育成

【脱・東京一極集中】
8・中高年の地方移住推進
9・セカンド市民制度を創設

【少子化対策】
10・第3子以降に1000万円給付

<2018年 国立大学が倒産の危機へ>
・18歳人口が急減し始め、定員割れは当たり前。学生の募集を停止する流れが加速する。

<すでに40%超の私立大学が定員割れ>
・母校が消滅する――そんな「大学淘汰の時代」が、いよいよ現実となりつつある。
 日本の大学進学者は、高校新卒者もしくは受験浪人が大多数を占めるので、「18歳人口」を見れば、おおよそのパイは見当がつく。そして「18歳人口」というのは18年前の年間出生数をみれば分かる。

・わずか15年ほどで20万人近くも減る—―。仮に、半数が大学を受験するとして、10万人の減である。入学定員1000人規模の大学が、100校も消滅する計算である。

・三重中央大学、聖トマス大学など、廃校や学生の募集停止に追い込まれた大学もあるが、「倒産」の流れはさらに加速していきそうだ。日本私立学校振興会・共済事業団の「入学志願動向」によれば、2016年度に「入学定員割れ」した私立大学は前年度より7校増え、257校となった。すでに全体の半数近い44.5%が学生を集められない事態に陥っている。要するに、私立大学が半減してもおかしくないということだ。

<2050年 世界的な食料争奪戦に巻き込まれる>
・日本が人口減少する一方、相変わらず世界人口は増え続けて約100億人に。

<増え始める耕作放棄地>
・農地面積は1961年には608万6000ヘクタールを数えたが、2015年は449万6000ヘクタールにまで減った。荒廃農地の抑制や再生がこのまま進まなければ、2025年の農地面積が420万ヘクタールに落ち込むとの推計を、この資料が明らかにしている。農業就業者も減り、農地面積も減ったので収穫量は当然落ち込む。

・国連推計は2030年以降の世界人口も予想しているが、2050年には97億3000万人、2100年には112億1000万人と見積もっている。

・このように、品目別に見れば例外は存在する。だが、国家単位で食料確保を考えたとき、2050年頃の日本が世界的な食料争奪戦に巻き込まれることは避けられない。

<日本は実は水の輸入大国>
・日本にとっての不安材料はもう1つある。食料と並んで深刻さが懸念される水不足問題である。

・「バーチャルウォーター」という考え方がある。食料を輸入している国が、もしその輸入食料をすべて自ら生産したら、どの程度の水を要するかを推計した量だ。環境省によれば、2005年に日本に輸入されたバーチャルウォーターは約800億立方メートルで、日本国内の年間水使用量とほぼ同水準だ。しかもその大半は食料生産に使われている。
食料自給率の低い日本は、食料を輸入することで、本来、食料生産に必要であった自国の水を使用せずに済んでいたのである。これを単純化して言えば、日本は“水の輸入大国”ということだ。
 ある国が水不足に陥り、農産物の収穫量が落ち込んで輸出する余力がなくなれば、日本は立ちゆかなくなる。海外の水不足や水質汚濁に無関係でいられない理由がここにある。



『超高齢社会の未来 IT立国 日本の挑戦』
小尾敏夫・岩崎尚子   毎日新聞社   2014/12/27



<人類が経験したことのない少子・超高齢・人口減少社会>
・少子・超高齢・人口減少社会である日本は、いまだかつて世界が経験したことのない未知の世界が広がっている。日本では65歳以上の高齢者人口は過去最高の25%を超え、4人に1人が高齢者になった。増え続ける高齢者の質は大きく変わっている。8割は元気な高齢者と言われるアクティブ・シニアだ。

・2030年には約8割の高齢者が介護不要で自律的に暮らせるようだ。

・高齢社会が進む一方、今後日本の総人口は長期にわたって減少し、2060年には約8600万人にまで減少すると推測される。

・未曽有の人口構造の変化は、2025年がターニンフポイントとなる。戦後の象徴とされる1947年〜49年生まれの“団塊の世代”が75歳以上になる年だ。

・世界に目を転じれば、高齢化率は世界規模で上昇しつつある。2060年意は世界人口の約5人に1人が高齢者になる。

<日本は2007年に国連で定められた世界初の“超高齢社会”に突入>
<国家財政破綻危機の2025年問題>
・高齢者の約8割は就業意欲があるのに、そのうちの2割しか仕事に就けない厳しい現状である。

・介護の面を考えると、厚生労働省の試算で、2025年に50万人の看護師、4〜6万人の医師、100万人の介護職員が必要といわれている。

<高齢化と情報化が同時進行する新複合社会時代の幕開け>
・1980年代のICT革命以降、ICTは人々の生活に密接に浸透してきた。近年ICTは、財政悪化や労働人口の減少、地方の疲弊、企業統治などの成長の制約条件の社会課題を解決するためのツールとしてその地位を確立している。

・世界で唯一の超高齢社会に突入した日本の情報社会の将来は、ユーザー(消費者)がいかにICTを駆使し、供給側はいかにICTでネットワーク化された社会を構築し、ユーザーに優しいより豊かな情報社会を形成することができるかが課題となる。

・65歳以上のインターネット利用状況は、平成20年末から23年末で約1.6倍と年々増加傾向にある。

・また高齢者にとってオンライン・ショッピングも当たり前のものになり、行政手続きも役所に行っていたものが一部、自宅でオンライン申請ができるようになった。電子政府サービスの普及である。今後は、ICTサービスや商品が無用の長物とならないよう、高齢者はICTリテラシー(習得度)を身に付けなければならないということだろう。

・さらに医療や年金などの社会保障の負担が、現役世代に重くのしかかり、個人格差が広がり地域社会やコミュニティ意識が希薄化するおそれもある。こうした社会背景において、ICTはパラダイムシフトをもたらす原動力の一つとして期待されている。時間や距離といった制約を越えて積極的な利活用を促すことにより、将来的に高齢者の生活を変革し、活力を引き出すエンジンになるとも期待されている。いよいよ、情報化と高齢化が融合する人類史上初めての新複合時代の幕開けである。

<解消するか、デジタル・デバイド(情報利活用格差)>
・既に60歳代の団塊の世代は8割がインターネットを使える調査結果もあり、シニア世代の本格的デジタル経済が間もなく始まる。

<政府が超高齢社会対策に乗り出す>
・今後、特に2025年問題の解決策として、下記の諸点を重点分野にした対応が急がれる、と報告された。
1.在宅医療・介護を徹底して追及する
2.住まいの新たな展開を図る
3.地域づくりの観点から介護予防を推進する

<高齢者雇用が地方創生の鍵>
・2020年には約8割の高齢者が介護不要で自立できるといわれている。つまり元気なアクティブ・シニア層が増えるということだ。このアクティブ・シニア対策が喫緊の課題となっている。少子高齢社会の中でますます生産労働人口が縮小する。経済成長の制約となっていた生産労働人口の減少を解消するのはどうしたらよいのか。

・最近多くの企業が導入し始めている取り組みは、
1.高齢者の退職年齢を上げる、
2.フレキシブルな働き方を提供し、働きやすい環境を作る、
3.クラウドソーシングなどを利用して、インターネットを使い、適材適所の仕事を依頼する、
4.テレワーク(在宅勤務)を推進する、などがある。

・高齢化に加え、少子化も深刻な日本では、今後の労働力が懸念される。地域の過疎化や就労機会が減少すれば、少子高齢化が進む地方では地域経済そのものが疲弊する。こうした問題を解決するのが、“テレワーク”だ。在宅勤務で日本を変えるというスローガンのもとで、さまざまな取り組みがスタートしている。

・テレワークのメリットは、満員電車に揺られて通勤する必要のない、働く時間や場所の制約がない点にある。もちろん会社に勤める他の社員や職員と同様の成果を挙げなければならないし、同等の拘束時間や仕事のクオリティも追及されるだろう。しかし、時間や場所に縛られないテレワークの働き方は、働く意欲があっても、体力的な理由から通勤が困難な高齢者や、出産、育児、介護に時間が必要な就業者が仕事をすることができることから、今後成長が期待される分野である。

・また、多くの人材を確保することが難しい中堅・中小企業にとっては、全国各地から人を募集できるので、有能で多様な人材を幅広い範囲で確保することができ、さらには生産性向上につながるともいわれている。この他、テレワークによって、家族と過ごす時間や自己啓発や趣味の時間が増える等、生活にゆとりが生まれ、ワークライフバランスの向上にも効果があるだろう。

・実際にはまだ大企業を中心に1割の導入に留まっているテレワーク制度であるが、高齢者の社会参加や社会貢献に加え、ワークライフバランスの観点から有効な施策となる。資本金50憶円以上の企業では25%の普及である。働き方だけではなく、新しい高齢社会モデルを構築するための地域振興や規則改革を同時に進めることも検討しなければならない。

・また高齢者の起業も盛んだが、数少ない成功事例の一つが福島県上勝町で行われている“いろどり“事業だ。高齢者の自立支援策、日本料理を飾り付ける草花を、地域の植物をよく知る高齢者が収穫し、全国の料亭に、タブレット端末を利用して販売する”葉っぱビジネス“が注目を集めている。

<総務省「ICT超高齢社会構想会議」>
・高齢者が自ら会社を興し、地域に還元し経済を潤す。高齢者は生きがいを見つけ社会貢献ができる。こうしたモデルが日本全国で展開できれば、地方創生は現実のものとなる。筆者の小尾が委員長を務めた総務省の研究会で視察した東京都三鷹市では自治体が高齢者の起業を応援しているケースだ。NPO「シニアSOHO普及サロン・三鷹」が中心となって活動している。この他、地域支援マッチングのアブセックや孫育て工房で地域ケアのBABAラボをはじめとする高齢者の自立支援地域プロジェクト事例は急増中である。
 問題は日本全国で展開される数多くのプロジェクトが政府の支援や特区モデルを離れた時、プロジェクトが自立し、独り立ちできるかが勝負である。

<人類は“シルバー・ツナミ(津波)”で滅亡するリスクがある>
・“シルバー・ツナミ”とはピーク時に24億人に膨れ上がる高齢者集団が津波のように押し寄せてくる、との比喩的な表現である。スピーチの続きだが、「世界で最初に“シルバー・ツナミ”に襲われるのは日本であり、我が国の対応次第で世界の歴史が変わるかもしれない」と述べた。

・全てを書き終え、次の四つの分野にわたる優先的課題解決の必要性を理解することができる。

第1に、雇用問題である。深刻な労働力不足が将来起きるが、高齢者、そして女性の活躍こそ日本再生の王道である。特に、アベノミクスが目指す“女性が輝く社会”の推進は超高齢社会において必要不可欠であり、一歩でも前進することを望みたい。残念なことに、日本の女性の社会進出は、先進国中、韓国に次いでランクが低いのが実情である。

・第2に、シルバービジネス3000兆円市場(2050年)への企業努力である。

・第3に、日本の経験や教訓を後に続く世界各国に紹介していく国際貢献の責務を忘れてはならない。

・最後に、電子政府など行政の役割である。今後の研究課題だが、高齢者に優しい電子政府の推進が経済活性化の鍵を握ることを証明する必要がある。

・電子政府がフルに活動すれば、日本政府は経費の3割をカット可能との試算がある。



『世界一訪れたい日本のつくりかた』  新観光立国論
デービッド・アトキンソン 東洋経済新報社  2017/7/7



<日本は「世界一訪れたい国」になるポテンシャルがある>
<「日本には世界に誇る底力がある」>
・2013年に1036万人だった訪日外国人観光客は、わずか3年後の2016年には2404万人にまで激増しました。

・しかし、ここから2020年に4000万人、2030年に6000万人を迎えるためには、今までとは次元の異なる、さらに高いレベルの戦略が必要になります。

<観光はもっとも「希望のある産業」である>
<観光で稼ぐのは「世界の常識」>
<「5つ星ホテル」が足りない日本>
・このホテル問題が非常に深刻だということは、世界のデータを見れば明らかです。ここでさらに分析を進めていくと、『5つ星ホテル』の重要性が浮かび上がります。

・国別にインバウンドの外国人観光客数と「5つ星ホテル」数の相関関係を見てみると、相関係数は68.1%。集客にも大きな影響があることがうかがえます。

・しかし、それより注目すべきは、外国人観光客が落としてくれるお金、国際観光収入との関係です。
 もちろん、高いホテル代を支払ってくれる観光客が来れば来るほど単価が上がりますので、人数より収入が先行して増加するのはあたりまえなのですが、それでも計算してみると、5つ星ホテルの数とその国の観光収入との間に、なんと91.1%という驚きの相関関係が見られました。
 ここから浮かび上がるのは、観光戦略の成否は「5つ星のホテル」によって決まると言っても過言ではないという事実です。

<世界の観光収入の16.5%を稼ぐアメリカ>
・いつも申し上げているように、外国人観光客をたくさん呼ぶことも大事ですが、国際観光収入を上げていくことが「観光立国」になる最短ルートです。観光客1人あたりが落とすお金を最大化していくことで、観光を大きな産業へと成長させることができ、そのお金が社会へ還流するというモデルです。

・その最たる例が、アメリカやカリブ海の島国、タイなどです。
 アメリカは、国際観光客数で見ると世界一のフランスに及ばず第2位というポジションで、全世界の国際観光客数に占める訪米外国人観光客の比率は6.7%です。しかし、国際観光収入で見るとフランス(第4位)に大きく水をあけて、アメリカは世界一となっています。

・アメリカはなんと、6.7%の観光客から、世界の観光収入の16.5%を稼いでいるのです。
 つまりアメリカは、もちろん観光客数も多いのですが、それ以上に外国人観光客にお金を落とさせているのです。なぜアメリカは外国人観光客にここまでうまくお金を落とさせているのでしょうか。
 それを分析していくと、先述した観光収入と「5つ星ホテル」の数の関係がカギのひとつとなっていることがわかります。

・アメリカにはなんと755軒もの「5つ星ホテル」があります。これは全世界の「5つ星ホテル」の23.3%を占め、断トツの世界一です。外国人観光客1人あたりの観光収入で見ると世界第6位。この高い水準は、高級ホテルの圧倒的な多さが生み出している可能性があるのです。
 一方、観光大国のフランスには、「5つ星ホテル」は125軒しかありません。なぜ世界一外国人観光客が訪れているにもかかわらず、1人あたりの観光客収入が世界第108位なのかという疑問の答えのひとつが、このあたりにあるのは明らかです。

<日本には「5つ星ホテル」が足りない>
・ちなみに、外国人観光客1人あたりの観光収入が世界第46位の日本には、Five Star Allianceに登録されている「5つ星ホテル」はわずか28軒しかありません。世界第22位です。

・ここで注目すべき国はタイです。タイを訪れる外国人観光客が落とす金額の平均は、世界第26位。ドル換算で、日本より物価がかなり安いにもかかわらず、日本の第46位よりもかなり高い順位なのです。
 その理由のひとつはやはり、「5つ星ホテル」の数です。日本の28軒に対し、タイには110軒の「5つ星ホテル」があります。

<日本に必要な「5つ星ホテル」数はいくつなのか>
・では、日本にはいったい何軒の「5つ星ホテル」が必要なのでしょうか。
 2020年の4000万人、2030年の6000万人という目標を、世界平均である「5つ星ホテル」1軒あたりの外国人観光客35万5090人で割ると、2020年には113軒、2030年には169軒の「5つ星ホテル」がなくてはならない試算となります。
 外国人観光客が2900万人訪れているタイに110軒、3200万人訪れているメキシコに93軒あることから考えると、まったく違和感のない数字ですが、今の日本にはその3分の1にも満たない数しかないというのは、かなり深刻な事態ではないでしょうか。

・「高級ホテル」を常宿にしているような富裕層たちは、プライベート・ジェット機で世界を飛び回ります。「5つ星ホテル」が世界一多いアメリカは、1万9153機と断トツですが、他にもドイツ、フランス、イギリスなど、世界の「観光大国」が並んでいるのです。
 一方、日本はどうかというと、57機しかありません。

<日本は航空交通インフラが不足している>
・WEFによると、日本の航行交通インフラのランキングは世界第18位で、他の観光大国に比べてやや低く出ていることです。その要因を見ると、1000人あたりの機材数が少なく、空港の密度が薄いことが見えてきます。
 これは、一般のイメージとは真逆ではないでしょうか。人口比で見ると、実は日本は「空港が少ない国」なのです。この事実と、プライベート・ジェット機の受け入れが少ない点は、無関係ではないでしょう。

・同様に、クルーズ船の受け入れ体制を充実させることも大切です。
 日本は陸上交通と港湾インフラのランキングが世界第10位ですが、それは鉄道のすばらしさを反映した順位で、港湾の質だけで見ると第22位にとどまります。2020年の4000万人のうち、500万人をクルーズで誘致するという政府の計画を実現するためには、このランキングを高める必要があるでしょう。

<ホテルの単価向上は2030年目標達成に不可欠>
・前著『新・観光立国論』でも、日本には世界の富裕層たちが宿泊して、そのサービスに満足してお金を落としていく「高級ホテル」がないということを、データに基づいて指摘させていただきました。
 日本国内で「高級ホテル」と呼ばれているニューオータニや帝国ホテルは、たしかに品質の高いサービスを提供していますが、一方で世界の高級ホテルと比較するとあまりにも「単価」が低すぎるのです。

・2020年の8兆円、2030年の15兆円という観光収入の目標を達成していくためにも、これまで日本の観光業がほとんど意識してこなかった、1泊10万円以上を支払うことに抵抗のない「上客」への対応をしていく必要があると申し上げているのです。

<日本のホテルが抱える2つの大問題>
・ここから見えてくるのは、日本のホテル業がはらむ2つの大きな問題です。
 まず、1泊10万円以上を払う「上客」をどう招致して、どういうサービスを提供すればよいかがわからないということです。日本のホテルは長く、日本の観光市場だけを向いてきたので、このような「上客」が世界にはたくさんいるという現実すら把握していないところも多いようです。
 もうひとつは、日本のホテル関係者の多くが、高級ホテルとは「施設のグレードが高い」ホテルのことだって思っていて、ハードとソフトと価格の関係を十分に理解していないという問題です。

<IRこそ「価格の多様化」の最終兵器>
・このような「上客」対応の観光戦略を進めていくうえで有効な手段のひとつが「IR」(カジノを含む統合リゾート)です。
 なぜならIRは、足りない85軒の「5つ星ホテル」をどうファイナンスして、建てたあとそれが成立するようにどう観光客を誘致するかという課題の解決策になりうるからです。IRについては、この視点から真剣に考えるべきだと思います。

・IRとは、高級ホテル、国際会議場、高級ブランドなどを扱うショッピングモール、シアター、コンサートホール、アミューズメントパーク、そしてカジノがすべてひとつにまとまった超巨大リゾート施設のことで、日本政府も観光戦略の一環として本格的に導入を検討しています。
2016年12月の国会でIR推進法が通貨したのも、まだ記憶に新しいことでしょう。
 マカオやシンガポールの観光収入が際立って高いのは、この{IR}によって世界の「超富裕層」にしっかりとお金を落とさせているからです。

・つまり、「IR」というのは、まったくお金を落としたくない観光客から高品質なサービスを受けるためなら金に糸目をつけない「上客」までさまざまな層が楽しむことができる、「価格の多様性」を実現した観光施設だと言えるのです。

<「カジノなしのIR」が非現実的なわけ>
・このような話をすると、「IR」の機能は非常に素晴らしいのでぜひやるべきだが、そこに「カジノ」があるとギャンブル依存症の増加や治安悪化が懸念されるので、「カジノなしのIR」をつくるべきだと主張される方がいますが、それは不可能です。
 マリーナベイサンズのようなIRの豪華な施設の建設費、それを運営していくための費用は、実は全体敷地面積のわずか5%未満のカジノフロアの収益がたたきだしています。カジノは、いわば超巨大リゾートの「集金エンジン」なのです。

・だったら、「カジノ」に頼らなくても運営できる、適切な規模のIRをつくればいいと思うかもしれませんが、それでは「価格の多様性」をもつという観光戦略を推進できるような設備にはなりませんし、何よりも国際競争に勝つことができません。



『デービッド・アトキンソン  新・所得倍増論』
潜在能力を活かせない「日本病」の正体と処方箋
デービッド・アトキンソン    東洋経済新報社   2016/12/22



<日本は先進国でもっとも生産性が低く、もっとも貧困率が高い>
・皆さんが学校でこんなに熱心に勉強して、塾にも通って、就職してからも毎日長い時間を会社で過ごし、有給休暇もほとんど消化せず、一生懸命働いているのに、「生産性は世界第27位」と言われて、悔しくないですか。先進国最下位の生産性と言われて、悔しくないですか。私は、悔しいです。日本はこの程度の国ではありません。やるべきことをやり、潜在能力をいかんなく発揮すれば、「所得倍増」「GDP1.5倍」は必ずや実現できます。

・もうひとつは、経営者と政府との間に、意識と方向性、モチベーションの大きな乖離が生まれており、その認識がいまだに不十分だということです。安倍政権は日本が抱えるさまざまな問題を解決しようと、「GDPを増やしてほしい、賃金を上げてほしい、頑張ってほしい」と仰っています。しかし、現状では経営者にとって国の借金問題や貧困率は他人事です。年金問題、医療費問題も定年後の労働者の問題であって、経営者の問題でもありません。仮にGDPが安倍政権の目標である600兆円にならなくても、経営者にとっては何のリスクもありません。だからこそ、アベノミクスの効果はまだ十分に出ていないのです。

<なぜ生産性はこれほど低いのか>
・生産性の問題は、国にとってきわめて深刻な問題のひとつです。
 日本は、1990年、世界第10位の生産性を誇っていましたが、今では先進国最下位です。労働者ベースで見てもスペインやイタリアより低く、全人口ベースでは世界第27位です。1990年には韓国の2.4倍も高かった生産性が、今は1.04倍まで低下しています。

・なぜ、そうなったのでしょうか。これにも、2つの原因があると思います。ひとつは、日本は世界ランキングに酔いしれて、実態が見えていない傾向があるということです。厳しい言い方をすれば「妄想」に浮かされているのです。
 日本は、一見するとすばらしい実績を上げているように見えます。たとえば世界第3位のGDP総額、世界第3位の製造業生産額、世界第4位の輸出額、世界第6位のノーベル賞受賞数――枚挙にいとまがありません。
 しかし、これらすべては日本の人口が多いことと深く関係しています。本来持っている日本人の潜在能力に比べると、まったく不十分な水準なのです。潜在能力を発揮できているかどうかは、絶対数のランキングではなく、「1人あたり」で見るべきです。それで見ると、1人あたりGDPは世界第27位、1人あたり輸出額は世界第44位、1人あたりノーベル賞受賞数は世界第39位、潜在能力に比べて明らかに低すぎる水準です。

・分析してみてわかるのは、日本型資本主義は1977年以降、基本的には人口激増による人口ボーナスの恩恵を受けながら伸びてきた経済モデルだということです。1990年代に入ってから、日本型資本主義の基礎であった人口増が人口減に転じたことで、日本経済のあり方を全面的に変える必要がありましたが、いまだにその意識は足りないと感じます。だからこそ、経済は停滞したままです。

<経営者の意識を変えれば問題は解決する>
・このような状況であれば、人口増がストップすれば、GDPは増加しづらくなります。経営者は自然に増えるGDPを効率よく捌くのではなくて、本当の意味での賢い経営戦略によってGDPを上げていかないといけません。今までの受け身の経営では、賃金は上がりませんし、600兆円のGDPも実現できません。
 生産性を上げるのは、労働者ではなく経営者の責任です。世界一有能な労働者から先進国最低の生産性を発揮させていないという日本の経営の現状は、いかに現行の日本型資本主義が破綻しているかを意味しています。この経営者の意識改革は、喫緊の課題です。
 幸いにも、日本人労働者の高スキル比率は世界一高いという事実があります。質が最高であるにもかかわらず、先進国の中で生産性が一番低いということは、「伸びしろ」がいくらでもあるということです。
 とりわけ、日本とアメリカの生産性の格差のうち、45%は日本人女性の年収の低さに起因していることが本書の分析でわかりました。移民を迎えるかどうかを議論する前に、女性社員の働かせ方を含めた、労働者全体の生産性問題を早急に見直すべきでしょう。

<政府が経営者に「時価総額向上」のプレッシャーをかける>
・海外の分析では、特に1980年以降、上場企業の経営者にプレッシャーをかけて株価を上げさせることで、GDPを増やせることが証明されています。
 これまで日本の経営者、マスコミ、政府までもが、上場企業の時価総額を拡大させることに積極的ではありませんでした。特に、経営者は株式相場という、他者による評価を徹底的に否定してきました。

・そこで日本政府に求められるのは、経営者が自らGDP増加に貢献しない場合、経営者という職を失う危険性を感じさせることです。それには公的年金などを通じて、経営者に対して「継続的に時価総額を増やせ」と迫ることが必要でしょう。従来のシェアホルダー・アクティビズムを防止する立場から、逆に政府自体がシェアホルダー・アクティビズムの政策を実施することです。

<GDPは1.5倍の770兆円に、平均所得は倍増>
・日本はこの20年間、「日本型資本主義の」の下で損ばかりしています。これを変えることによるマイナスの影響は、もはやないと思います。
 日本はまだまだ、「成熟国家」ではありません。海外で立証された理論通りの経営をすれば、GDP770兆円、輸出額160兆円、農産物輸出8兆円という素晴らしい経済の繁栄が持っています。所得倍増も、決して夢の話ではありません。とくに女性の所得は、計算上2倍以上の増加率になります。税収も75兆円の増加が見込まれます。

<表面的に見るとすごい国、日本>
<高いセ世界ランキングの原動力は何か>
・このような世界ランキングでの高い評価がゆえ、その原動力を説明しようと、マスコミは技術大国、勤勉な労働者、社会秩序、教育制度、完璧主義、職人気質、ものづくりなどを取り上げてきました。しかし、「これだ!」という決定的な解説には、いまだに出会ったことがありません。

<日本経済の実績を「人口」と「生産性」に分けて考える>
・技術力や国民の教育など、ベースの部分では大きな差異のない先進国において、GDPランキングは主に「人口」に左右されます。これは動かしがたい事実です。

<先進国GDPランキングは98%、人口要因で説明できる>
・そこで、あらためて日本の生産性を見てみましょう。
 先進国のGDP総額の順位はアメリカ、日本、ドイツ、イギリス、フランス、イタリア、カナダ、韓国、オーストラリア、スペイン、オランダ、スイス、台湾、スウェーデンと続きます。これはあくまでも、1人あたり生産性が2万5000ドル以上の国に限定したランキングです。
 このランキングに出てくる国のGDPと人口の相関をとると、実に98%という高い相関係数が見られました。

<中国は人口で世界第2位の経済大国になった>
・ここには大事なポイントがある気がします。日本の一部マスコミは「中国の繁栄はバブルで、やがて崩壊する」「中国の経済成長には実体がない」などと批判していますが、これは日本人の多くが、「経済大国=技術力や勤勉さ」など、その国の人々の資質や社会が影響していると勘違いしているからでしょう。
 中国の14億人という人口は揺るぎない事実です。そして「経済大国=人口」ということをふまえれば、中国の経済の「絶対量」が日本を追い抜かして世界第2位になるのは当然です。

<潜在能力の発揮度合いは「1人あたり」で見るべき>
<実はイタリア、スペインより低い日本の生産性>
・実際、国連が各国の「労働人口比率」と、そのうちの実際に仕事に就いている人の比率を出していますので、それを用いて、各国の特殊要因を調整することができます。この数値で各国のGDPを割ってみると、日本の労働人口1人あたりGDPのランキングは「第27位」よりもさらに低下します。先進国の中では、イタリアやスペインを下回って、一流先進国とは言い難いギリシアより多少上になるくらいでした。

<日本の生産性は全米50位のミシシッピ州より多少高い程度>
・日本の生産性は、アメリカの全50州の第49位と第50位の間、ミシシッピ州より少しだけ高いくらいです。

<輸出額は世界第4位、でも1人あたりで見ると「世界第44位」>
・なかでも、世界から「技術大国」という評価を受けているドイツと比較するのが妥当だと思われます。
 そうなると、先ほども申し上げたように、日本の人口はドイツの1.57倍なのに、輸出額はドイツの48.3%しかありません。1人あたり輸出額で見ると、日本はドイツの3分の1ほどです。他の欧州各国の1人当たり輸出額も、日本とアメリカのかなり上をいっています。

・テレビでは「日本の技術は世界一」だとふれまわっています。さらに、「ものづくり大国」として単純に技術力が高いだけではなく、日本人の給料も先進国の中でかなり割安になっています。さまざまな面で優位性がありますので、理屈としては輸出額がかなり高い水準にあるはずです。

・しかし、現実はそうなっていません。マスコミや評論家の皆さんが声高に主張されているように、日本が世界に誇る技術大国であれば、このようなポジションであるはずはないのです。ひとつだけはっきりと断言できるのは、「日本の技術は世界一」という意識と、輸出額という現実の間にはあまりにも大きなギャップがあり、多くの日本人はそのギャップが存在することにすら気づいていないということです。

<研究開発費は世界第3位で、でも1人あたりで見ると「世界第10位」>
・では、少し視点を変えて、「1人あたり」で考えてみましょう。日本の1人あたり研究開発費は1344.3ドルで、世界10位。ドイツの1313.5ドルイドとほぼ同じとなっています。アメリカは1人あたりで見ると世界第5位です。

<「移民政策」は、やるべきことから目を背けるための言い訳>
・高学歴の移民は、移住する国の経済が成長して、その豊かな社会の中で自分が自国より出世できる、社会的地位を得ることができる国を好みます。では日本がそうかと言うと、さまざまな問題があります。まず大きいのは、言葉の問題です。日本語は苦労して習得しても、日本以外ではほとんど使うことのない言語です。社会制度もかなりわかりづらいです。では、そのような高いハードルを上回る魅力が日本の労働市場にあるのかと言うと、これも疑問です。

<日本の生産性が低いのは経営者の「経営ミス」>
・高い潜在能力を持つ日本が生産性を高めることができなかったのは、はっきり言って「経営ミス」だと私は思っています。労働者が自ら進んで生産性を上げるということはほぼあり得ず、生産性向上は、経営者によってなされるのが常識だからです。そういう努力を怠ってきた日本の経営者が、人が足りないからと、社会に大変な負担となる移民を増やし、経済を支えようと考えていることには、まったく賛同できません。
これはどう考えても、1990年からの経営ミスに続く、致命的な経営ミスになる可能性がきわめて高いのです。

・未開拓の労働市場とは、女性の活用です。今の経営者は、男性が減っている分を女性で補填しているだけで、生産性を高めようという意識は見受けられません。それは女性に払っている給料が上がっていないことからも明らかです。うがった見方をすれば、経営者は生産性の低い今の制度を維持しようとして、やるべきことを避けている印象すら受けます。移民政策もその延長線であれば、それはあまりにも無責任な選択であると感じます。

<「失われた20年」は十分予想できた>
・繰り返しになりますが、GDPは「人口×生産性」ですので、人口が増えず、生産性も改善されなければ当然、GDPは伸びません。人口が増えている国や、生産性が上がっている国と比較すれば、相対的に悪化していきます。
 つまり、「失われた20年」は、実ははじめから予想できたことなのです。

<政策目標は「上場企業の時価総額」>
・では、どのように東京の生産性を上げていくべきでしょうか。東京の生産性は、首都に集中している大企業、上場企業などの影響が大きいことは言うまでもありません。まずはこのあたりの生産性をどれだけ上げることができるのかがカギとなってきます。もちろん、そこには本書で非効率さを指摘してきたメガバンクなども含まれます。

・私は、公的年金の活用こそが、この問題を解決するもっとも有効な手法だと考えています。
 安倍政権になってから、公的年金は運用を見直し、株式の比率を高めてきました。現状では海外株が多いですが、国内株比率をもっと上げていくこともできるでしょう。ここで大切なポイントは、せっかくの公的年金の資金を、株を買い支えて株価を維持するために使ってはもったいないということです。

・政府は、GPIF(年金積立金管理独立行政法人)のファンドマネジャーに対して、運用利回りを上げるようなプレッシャーを徹底的にかけていくべきです。そうすると、そのファンドマネジャーは年金を投資している各企業に対して、もっと時価総額を増やすようにプレッシャーをかけます。コスト削減や配当の引き上げだけでは株価は継続的には上がりませんので、拡大型経営戦略の下で積極的な投資を行うことによって株価を上げる努力を強制するのです。

<株価と設備投資の関係を示す4つの理論>
・1990年以降の日本の株式市場は、先進国の中でもっとも上がっていない相場です。世界全体の時価総額と日本の時価総額を比べると、日本の占めるシェアはどんどん縮小する一方です。

<日本の「潜在能力」をフルに活用するには>
<日本人女性は、もっと「同一労働」をすべき>
・生産性と密接な関係がありながらも、繊細なテーマがゆえ、あまり議論の俎上に乗らないもの。
 その筆頭が、男女の給料ギャップの問題です。海外との生産性ギャップのかなりの部分は、女性の賃金の低さで説明できます。日本では女性の労働参加率は上がっているのに、その賃金はほとんど上がっていません。これは、海外と比べても顕著な日本の特徴です。

・このように女性全体の収入や、男性に対する女性の収入比率がほとんど上がっていないにもかかわらず、日本では女性の参加比率だけは向上しています。労働者全体に占める女性比率が上がっているにもかかわらず、1人あたりの収入が増えていないというのは、非常に奇妙な現象です。
 男性の労働者が減っているかわりに女性の労働力が期待されている、あるいは、全体の労働者を減らさないために積極的に女性労働者を採用しているとすれば、女性の年収が上がらないというのは、まったく理屈に合いません。
 特に不可解なのは、女性の非正規労働者です。2005年の日本の労働者数は5008万人。2015年は5284万人と、10年間で276万人増加していますが、そのうち219万人は女性の非正規労働者の増加分です。これだけ多くの女性労働者が増えたにもかかわらず、日本の1人あたりのGDPは大きな改善を見せていません。逆に、女性参加率が高くなればなるほど、海外との生産性ギャップが拡大しています。これは、働く女性自身の問題ではなく、経営者の問題です。

・このように、アメリカの生産性が日本よりも大きく改善している理由のひとつに、アメリカ人女性の相対的な生産性改善があることは明らかです。細かく計算してみると、相対的な生産性改善のうち、なんと67.2%が女性の生産性改善によるものでした。

<女性に「甘い」日本経済>
・ただ、断っておきますが、私は日本の生産性が高くないことの「犯人」が女性たちだなどと言っているわけではありません。かといって、女性たちがやっている仕事が正しく評価されない、もっと給料を上げるべきだと言っているわけでもありません。これまでの分析でも、男女間の収入ギャップを、単純な給料水準の「差別」ととらえるのは妥当ではないことは明らかです。
 私がここで強調したいのは、日本社会の中で、女性に任されている仕事が、そもそも付加価値が低いものが多いのではないかということです。

・いずれにせよ、女性にも男性と同様の福祉制度を導入した以上、女性も同一労働をするという意識改革が必要です。この福祉制度を男性だけで維持するのは、限界に近い計算となっています。女性の生産性向上は不可欠なのです。
日本で女性の労働者は全体の43%を占めています。その女性たちの生産性が高くないのであれば、日本の「第27位」という低い水準を説明できる大きな要因になります。私の試算では、日米の生産性の差額の45%は、女性の生産性の違いによって説明できます。



『「0から1」の発想術』
大前研一  小学館  2016/4/6



<なぜ「0から1」を生み出す力が重要なのか>
<一個人が世界を変える時代>
・言い換えれば、現在の世界は「一個人のイノベーションによって変化する世界」な