このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
日本と世界の政治経済の本質を読み解く-ブロくる
片桐勇治(政治評論家) さん
日本と世界の政治経済の本質を読み解く
地域:東京都
性別:男性
ジャンル:ニュース
ブログの説明:
世界は大きく変わり、新しい時代が胎動しています。しっかりと把握していますか? この時代を読み解くには歴史を見つめ、構造を把握し、パワーの心奥を見つめ哲学を持たなくてはなりません。一緒にこの新しい時代を見つめて行きましょう! 最低週1回の更新です。
フリースペース
片桐 勇治(かたぎり ゆうじ)プロフィール
1967年生まれ。東京都出身。中央大学法学部政治学科卒。高校がミッションスクールの聖学院高校で高校・大学時代は聖書研究に没頭。
大学在学中から元航空自衛隊幹部の田村秀昭元参議院議員の秘書、爾来、元防衛庁出身の鈴木正孝元参議院議員、元防衛大臣の愛知和男元衆議院議員の秘書、一貫して政界の防衛畑を歩む。
2005年から国民新党選挙対策本部事務局次長、広報部長を歴任。2010年より保守系論壇で政治評論を行う。 yujikatagiri111@yahoo.co.jp
カレンダー
<<2016年02月>>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
2829     
カテゴリ
全て (679)
日本の政治 (614)
ザ・フナイ (11)
中東情勢 (4)
アジア・太平洋情勢 (2)
戦争の構造 (3)
世界の読み方 (14)
書評 (1)
最近の記事
09/18 23:56 誰の得になるのか? そこがポイントで、その意図は一目瞭然
09/11 05:48 東アジアの歴史的分岐点――選択すべき方向は決まっている
09/11 05:23 東アジアの歴史的分岐点――選択すべき方向は決まっている
09/03 05:55 消費税増税をしたけれど失敗した国・日本
09/02 23:55 ディバイド・アンド・ルール(分断統治)
09/01 05:49 問題なのは思考
08/31 23:55 問題なのは思考
08/16 23:49 積年の構造
08/15 23:55 天皇陛下の全国戦没者追悼式でのお言葉
08/14 23:55 問題なのは最低賃金の格差ではない
ブログ内検索

RSS
シリア情勢の変化を考える
[中東情勢]
2016年2月3日 23時51分の記事

シリアの和平会議が現在行われています。今後の趨勢を注視する必要があります。
1月31日、シリアの首都ダマスカスの南部で、自爆攻撃などによる爆発が相次ぎ、60人以上が死亡したテロ事件が発生しています。大変に痛ましい事件ですが、ここにシリアの情勢の変化が同時にあるものと考えます。

「ISISによる自爆テロで60人超死亡、一方で和平協議も本格化」(2016年2月1日 Newsweek)

【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい


このテロ事件で犠牲者が多く出たことは本当に痛ましいことです。しかし、この事件が「テロ」となったのは、ある程度、社会が安定してきていることをも示唆するものと考えます。フランスや米国などで発生した「テロ事件」が、「テロ」と呼ばれるのは、その事件が発生した社会の情勢が平和であるからです。今までシリアは戦争状態であったわけで、その状態において今回と同種の爆発事件が発生しても、それはテロとは呼ばれなかったことでしょう。アラブの春以来、混乱を極めてきたシリアの情勢は、ここ半年で大幅に安定化に向かっていると考えます。
実際、トルコから欧州へ向かう難民もシリアからよりも、むしろ現状はアフガニスタンなどからの難民の方が目立ってきていると報道などを見ると考えられます。
シリア情勢はまだまだしっかりと安定化をはかる努力をしなくてはならないと言えますが、いずれにせよ、最終的な目的はシリアが安定化し、トルコや欧州へ向かった難民が母国へ帰り、復興へと邁進することであることは間違いありません。そのためには日本も大いに協力すべきでしょう。平和への仲介を成し遂げることができて初めて世界に認められる国家になっていくものと考えます。このような外交姿勢が、今の日本で非常に欠けているものと考えます。

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
★★★★★

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
http://kuruten.jp/blog/tb/katagiri/346068
フリースペース
フリースペース
フリースペース

◎新刊本です! 大井幸子さんとの対談です。内容は今まで見たことのない国際情勢と世界史の分析で、これらのことが、ザ・フナイの連載に繋がっていきます。これがわからないと今と未来がわかりません! 是非、ご覧ください!

フリースペース

◎おすすめする本

アクセス数
総アクセス数: 204768
今日のアクセス: 121
昨日のアクセス: 130

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved