このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
日本と世界の政治経済の本質を読み解く-ブロくる
片桐勇治(政治評論家) さん
日本と世界の政治経済の本質を読み解く
地域:東京都
性別:男性
ジャンル:ニュース
ブログの説明:
世界は大きく変わり、新しい時代が胎動しています。しっかりと把握していますか? この時代を読み解くには歴史を見つめ、構造を把握し、パワーの心奥を見つめ哲学を持たなくてはなりません。一緒にこの新しい時代を見つめて行きましょう! 最低週1回の更新です。
フリースペース
片桐 勇治(かたぎり ゆうじ)プロフィール
1967年生まれ。東京都出身。中央大学法学部政治学科卒。高校がミッションスクールの聖学院高校で高校・大学時代は聖書研究に没頭。
大学在学中から元航空自衛隊幹部の田村秀昭元参議院議員の秘書、爾来、元防衛庁出身の鈴木正孝元参議院議員、元防衛大臣の愛知和男元衆議院議員の秘書、一貫して政界の防衛畑を歩む。
2005年から国民新党選挙対策本部事務局次長、広報部長を歴任。2010年より保守系論壇で政治評論を行う。 yujikatagiri111@yahoo.co.jp
カレンダー
<<2017年07月>>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
カテゴリ
全て (877)
日本の政治 (800)
ザ・フナイ (11)
中東情勢 (4)
アジア・太平洋情勢 (2)
戦争の構造 (3)
世界の読み方 (14)
書評 (1)
勉強会・講演会のお知らせ (3)
最近の記事
09/15 23:55 アベ氏はやはり意気軒昂
09/14 23:58 アベ氏はやはり意気軒昂
09/13 23:55 怖さがないのは野党だけなのか?
09/10 22:58 やはり偉大な大統領だと心から思う
09/08 08:48 むっつり利権屋
08/29 23:55 これから2週間が正念場 甘すぎるマスコミの報道姿勢
08/28 23:56 これから2週間が正念場 甘すぎるマスコミの報道姿勢
08/27 17:08 もはや使い物にならない宰相
08/26 23:59 トランプの致命的な失策
08/25 23:59 トランプの致命的な失策
ブログ内検索

RSS
何が目的か?
[日本の政治]
2017年7月31日 13時23分の記事

稲田前防衛相の辞任に際して、安倍首相は任命責任は自分にあると述べていました。稲田氏については、先の都議会選挙における自衛隊私兵発言、森友学園問題においては明らかに虚偽と言える国会答弁、また南スーダンについては日報問題があり、また同じく南スーダンへの武器輸出についての見解について米国国連大使(当時)から疑義がでたり、はたまたグッドルッキング発言で失笑を買ったりと、本格右翼の防衛大臣としてはあまりにもお粗末な、史上最低の防衛大臣となりました。このような問題発言や虚偽答弁が何度も指摘される政治家をいただいては、自衛隊の指揮も、士気も乱れるのは当然で、社民党の福島瑞穂氏の方がまだはるかにましであったろうと考えます。

【PR】占いシステムの開発なら経験と実績があります。


このような大臣を罷免しない首相の責任は非常に重くあります。都議会選挙での私兵発言などは、米国ならその日の内に解任されている類いの非常に問題があるものです。その大臣を罷免せず温存し、さらに任命した首相の責任と能力はやはり問題があります。そして、大臣選任で間違ったその首相が、近く内閣改造をすると言っているのですから、明らかに思考が破綻しています。日本の社会もこのようなめちゃくちゃな首相の発言をなぜ温存しておくのかよくわかりません。
さて、そのような首相の下に先日、田原総一朗氏がアドバイスに訪れました。このままだと内閣がもたないと記者団に発言している映像が出ていましたから、退陣を勧告しに言ったわけではないでしょう。明らかにこのめちゃくちゃな内閣の退陣ではなく、続投をアドバイスしていると言うことです。
そして、官邸に行って、わざわざ記者団の前を通っています。他の場所、秘密の会合でアドバイスも出来るのに、敢えて官邸を田原氏は訪れています。それは、官邸に行ったことを証明するためと考えますが、その意味は恐らくメッセージを携えている可能性が高いと考えます。安倍首相と共通の利害を持っているもののメッセージと言うことです。
天皇陛下の御退位について、田原氏は特別立法で行うと言うことの先鞭を昨年つけています。そのときもやはり官邸を訪れています。この特別立法については、以下のような毎日新聞の記事にもなり、様々な問題が指摘されました。その先鞭を付けたのが田原氏ですから、その動きは決して保守層のものではないでしょう。むしろ、戦前と同じく右翼に近いと考えます。

「陛下 退位議論に『ショック』 宮内庁幹部「生き方否定」」(2017年5月21日 毎日新聞)

田原氏がリベラルと考えるのは違うものと考えます。安倍政権に寄り添って動いていると考えるのが自然です。昨年1月の朝まで生テレビでは、自民党の区議が一般市民の代表者を装って出演したことが問題となったりもしました。その後、上記の特別立法と先日の官邸の訪問となっていくわけです。田原氏と関係するジャーナリストの動きなどを見ていると、やはり寄り添っているなと常に考えます。
恐らく、この田原氏の動きに稲田氏の辞任や蓮舫氏の辞任が関係していると考えます。そして、この田原氏の官邸訪問の内容は、戦争と推測します。または北朝鮮か、米軍に関わるものと推測します。状況としては米軍の撤退ということもあってもおかしくはありませんが、田原氏云々(うんぬん)のレベルではもちろんなく、世界的に生じていることですが、安倍政権はその流れに逆行してきました。
この世界的な状況において、戦争を警戒せよとはずっと様々なところで述べてきましたが、今の時期、このことがやはり大きな世界的な問題です。もちろん、この戦争はつくられたものです。言うまでもなく政権浮揚で外交をやっても本末転倒なので成果は上がりませんし、戦争については日本は想像以上に被害を被る可能性があると考えます。現状、日本の外交は既に孤立化の様相を深めています。そのことは報道されませんが、ザ・フナイでずっと言ってきた当然の帰結です。今の状況で、日本の政治の最良の選択は、安倍内閣の退陣しかありません。ただ退陣してもその責任の追及は向こう数年続くことでしょう。韓国の朴槿恵前政権と同じです。ザ・フナイ9月号で書きましたが、その両者は実は同じなのです。そして、それが世界の流れなのです。

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
★★★★★

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/katagiri/387690
フリースペース
フリースペース

この黒川問題を許してはなりません! この法案を自民、公明、維新が推進しています。是非、ご署名を!↓↓↓


【要請】東京高検・検事長黒川弘務氏の違法な定年延長に抗議し、辞職を求めます
フリースペース

是非ご協力を!↓↓↓


私の夫、赤木俊夫がなぜ自死に追い込まれたのか。有識者によって構成される第三者委員会を立ち上げ、公正中立な調査を実施して下さい!
フリースペース

注目です!


値千金のブログ記事:岡田晴恵特任教授、国のコロナ対応に激怒!番組出演中に声を震わす 「このままだと3月4月にピークがきます」 (2月25日)←New!
○本ブログ「この緊急時にこの政権の遅さは致命的 」(4月16日)←New!
○本ブログ「アメリカ政府が認定した当然のこと」(4月4日)
○本ブログ「朗報と考えられることと安倍政権の犯罪的な無能と愚鈍 廖複慣遑影)
○本ブログ「朗報と考えられることと安倍政権の犯罪的な無能と愚鈍◆廖複慣遑監)
「ノーベル賞受賞者が新型コロナウイルスの早期回復(終息)を予測した理由:「我々は良くなっていく」(訳文)」(3月23日 ロサンゼルス・タイムズ)
フリースペース
フリースペース



フリースペース

◎新刊本です! 大井幸子さんとの対談です。内容は今まで見たことのない国際情勢と世界史の分析で、これらのことが、ザ・フナイの連載に繋がっていきます。これがわからないと今と未来がわかりません! 是非、ご覧ください!

アクセス数
総アクセス数: 288093
今日のアクセス: 105
昨日のアクセス: 192
フリースペース

◎おすすめする本


Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved