このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
日本と世界の政治経済の本質を読み解く-ブロくる
片桐勇治(政治評論家) さん
日本と世界の政治経済の本質を読み解く
地域:東京都
性別:男性
ジャンル:ニュース
ブログの説明:
世界は大きく変わり、新しい時代が胎動しています。しっかりと把握していますか? この時代を読み解くには歴史を見つめ、構造を把握し、パワーの心奥を見つめ哲学を持たなくてはなりません。一緒にこの新しい時代を見つめて行きましょう! 最低週1回の更新です。
フリースペース
片桐 勇治(かたぎり ゆうじ)プロフィール
1967年生まれ。東京都出身。中央大学法学部政治学科卒。高校がミッションスクールの聖学院高校で高校・大学時代は聖書研究に没頭。
大学在学中から元航空自衛隊幹部の田村秀昭元参議院議員の秘書、爾来、元防衛庁出身の鈴木正孝元参議院議員、元防衛大臣の愛知和男元衆議院議員の秘書、一貫して政界の防衛畑を歩む。
2005年から国民新党選挙対策本部事務局次長、広報部長を歴任。2010年より保守系論壇で政治評論を行う。 yujikatagiri111@yahoo.co.jp
カレンダー
<<2017年10月>>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
カテゴリ
全て (463)
日本の政治 (400)
ザ・フナイ (10)
中東情勢 (4)
アジア・太平洋情勢 (2)
戦争の構造 (3)
世界の読み方 (14)
書評 (1)
最近の記事
10/15 22:50 10年後の日本を考える良い指標 その2 株価
10/14 23:48 10年後の日本を考える良い指標 その1 憲法
10/13 02:13 クールジャパン その2
10/12 23:51 クールジャパン
10/11 23:57 責任者出てこい!
10/10 23:57 神戸製鋼所問題
10/09 23:55 とても良いコラム
10/08 22:12 党首討論
10/07 05:07 ユリノミクス
10/06 03:31 世界は大きく変っている
ブログ内検索

RSS
クールジャパン
[日本の政治]
2017年10月12日 23時51分の記事

神戸製鋼所問題について、米紙『ニューヨークタイムズ』が、一面で取り上げたと報道されています。

「神鋼改ざん、1面トップで報道=『日本のイメージに打撃』−NY紙」(2017年10月12日 時事通信)

「新幹線の台車の一部、基準に届かず 神鋼改ざん問題」(2017年10月11日 朝日新聞)

「強度偽装、組織ぐるみで常態化 神戸製鋼『納期の重圧』」(2017年10月8日 朝日新聞)

【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい


この神鋼問題では、上記朝日新聞の記事にあるように新幹線の台車に使われた製品が基準値以下と報道されています。このことには人の命を軽視していることがうかがい知れ、これでは会社の不祥事をはるかにこえ、反社会的という部類に入るものと考えます。驚くばかりです。それが組織ぐるみで常態化していたということですから、明らかに反社会的です。

ニューヨークタイムズでは、日本のイメージに打撃があると報じられています。当然でしょう。しかし、その意味は日本人が考えている以上に深刻ではないかと考えます。以前のように世界的な日本製品というものは非常に少なくなり、名だたる企業も衰退、精彩を失っています。そういう中で、目立たない日本経済・産業の基盤となる産業や技術は健在といわれ、そんなテレビ番組がちょっと前まで連日のように放送されていました。
しかし、実際は杜撰さと虚偽に満ちた実態が今回の神鋼問題にもあり、またエアバックのタカタにもあったわけです。一方では原発事故を起こしてもいる。東芝はめちゃくちゃ、シャープは買収される。日本とは今やそんなイメージでしょうが、それが実相とかけ離れたものかと言えば、大きくかけ離れたものとは思えません。高度成長前の日本製品というのは粗悪品と言われましたが、このまま行けば、過去に逆戻りしていずれそう思われる日は近いでしょう。

このようになるのは、人的問題であると本ブログ「神戸製鋼所問題」(2017年10月10日)で申しあげました。そして、それが日本の政治にも現れていると申し上げました。同じ日本人がすることですから、分野は違っても同じように現れるのは当然です。ただ、それは右翼が言う道徳云々の欠如だとは考えません。むしろ、今年明らかになったのは、加計学園問題や森友学園問題で道徳を声高に言う右翼政治家達の道徳のなさです。そんな道徳は何の意味もなく有害なだけです。人を縛り付ける“道徳”が必要なのではなく、単に社会や人を想う心が欠如しているのだと思います。特にエリートに。それが政治にも現れています。丁寧に説明すると言って、何もしてないというのはそういうことでしょう。この本質はナルシシズムですが、だから嘘や傲慢が次から次へと出てくるわけです。政治におけるそういう所に一般も不安と怒りを感じているものと考えます。
“クールジャパン”は経済産業省が進め、第二次安倍政権で盛んに言われましたが、今や文字通り“ひんやりする日本”です。確かに安倍首相が高らかに言った“Japan is back”と日本は後退しています。第二次安倍政権以降の産業政策がいかに無実であったかがよくわかります。安倍政権に産業政策を行う能力はありません。むしろ今や有害の領域に達しています。今回の選挙の争点は明らかに第二次安倍政権の検証と評価でしょう。

ニューヨークタイムズの一面で報じられるほど日本のイメージ低下が問題となっている時に、政治において右翼・復古主義政権が信任を得たとなれば、本当に大変なことになると考えます。もはや安倍政権の失政だけの問題だけではなくなります。それは日本人の将来に深刻に関わってくる問題になります。もう少し、自分たちがどう見られているかを考えた方が良いいでしょう。日本企業が海外で商売が成り立たなくなるという状況は起こりえるでしょうし、それだけですむとは思えません。

今やそんな日本ですが、なぜか株価だけは上がります。不思議な現象です。しかし、明らかにその先は見えています。

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
★★★★

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
http://kuruten.jp/blog/tb/katagiri/393375
フリースペース

ザ・フナイ連載第25回目(2017年11月号)


第24回目(2017年10月号)


【ザ・フナイ連載掲載号一覧】

フリースペース

第23回目(2017年9月号)


第22回目(2017年8月号)

フリースペース

第21回目(2017年7月号)


第20回目(2017年6月号)


【さらに過去の号】

フリースペース

◎新刊本です! 大井幸子さんとの対談です。内容は今まで見たことのない国際情勢と世界史の分析で、これらのことが、ザ・フナイの連載に繋がっていきます。これがわからないと今と未来がわかりません! 是非、ご覧ください!

フリースペース

◎おすすめする本

アクセス数
総アクセス数: 97275
今日のアクセス: 35
昨日のアクセス: 243

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved