このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
日本と世界の政治経済の本質を読み解く-ブロくる
片桐勇治(政治評論家) さん
日本と世界の政治経済の本質を読み解く
地域:東京都
性別:男性
ジャンル:ニュース
ブログの説明:
世界は大きく変わり、新しい時代が胎動しています。しっかりと把握していますか? この時代を読み解くには歴史を見つめ、構造を把握し、パワーの心奥を見つめ哲学を持たなくてはなりません。一緒にこの新しい時代を見つめて行きましょう! 最低週1回の更新です。
フリースペース
片桐 勇治(かたぎり ゆうじ)プロフィール
1967年生まれ。東京都出身。中央大学法学部政治学科卒。高校がミッションスクールの聖学院高校で高校・大学時代は聖書研究に没頭。
大学在学中から元航空自衛隊幹部の田村秀昭元参議院議員の秘書、爾来、元防衛庁出身の鈴木正孝元参議院議員、元防衛大臣の愛知和男元衆議院議員の秘書、一貫して政界の防衛畑を歩む。
2005年から国民新党選挙対策本部事務局次長、広報部長を歴任。2010年より保守系論壇で政治評論を行う。 yujikatagiri111@yahoo.co.jp
カレンダー
<<2018年03月>>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
カテゴリ
全て (553)
日本の政治 (490)
ザ・フナイ (10)
中東情勢 (4)
アジア・太平洋情勢 (2)
戦争の構造 (3)
世界の読み方 (14)
書評 (1)
最近の記事
09/17 21:41 現在の日本に牽制はない
09/15 01:10 ちょっとした異変
09/14 00:00 千載一遇のチャンスを逃したというより最悪の選択
09/13 19:49 千載一遇のチャンスを逃したというより最悪の選択
09/12 10:00 今さらながら
09/03 00:00 良い社説
09/02 23:05 良い社説
09/01 00:00 内政も外交も失敗しているから
08/31 00:00 内政も外交も失敗しているから
08/30 05:37 考えられるポイントは明らかに拉致問題ではない
ブログ内検索

RSS
自民党はひどい言い訳
[日本の政治]
2018年3月14日 15時32分の記事

森友学園問題にかかわる財務省の公文書改ざん問題について、自民党の言い訳は度が過ぎているのではないでしょうか?

【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい


先ほど、フジテレビの『直撃LIVE グッディ!』で、籠池氏が昭恵夫人から「いい土地ですから、前にすすめてください」という言葉をもらったということに関して、出演していた自民党の和田正宗氏が、昭恵夫人にぴったりくっついている人にきいたが、そんなことを昭恵夫人は一言も言っていないので、昭恵氏の犯罪の蓋然性がないから、国会の招致は必要ないと述べていました。
そもそもこんな和田正宗なる人物がいかに国会議員であろうと、昭恵氏のそばについている人に聞いたことを根拠に昭恵氏の国会招致の必要性についての判断を国民は聞きたいと思っているわけではありません。『和田さん、あなた何様?』と言えるレベルの発言で、良くこんなのが議員としてテレビに出ているなと思ってしまうレベルです。

この文書改ざん問題、ポイントはこの改ざんによって誰が得したかということ、それも去年、この問題が焦点となっている時にということです。時期が重なっているわけで、そこに合理的な理由が明らかにある訳ですし、その改ざんで利を得たものがこの改ざんの首謀者と考えるのがもっとも合理的であるわけです。そうなるとそれは明らかに自民党も利得者、安倍首相(自民党総裁)も、昭恵夫人も利得者なのです。これらはこの改ざんによって追求を逃れることができたわけです。自民党はこの問題において支持率を大きく下げずにすんだわけです。そもそも自民党自体が、今回の問題の利得者ですから、当事者であるわけで、和田氏のように他人事のようにテレビに出たり、言い訳すること自体、すでにあり得ないことであるわけです。自民党は明らかに今回の犯罪的行為における当事者の一つなのです。そのことははっきりしています。

では改ざんしたものは何らかの利を得たのか? 改ざんを命令されたものは自殺をし、理財局の佐川氏は辞職しています(遅すぎますが)。財務省はこの改ざんによって実は何も得をしていません。

こう考えると得をしたものが財務省を管理するものですから、普通に考えて自民党、昭恵夫人を含めた安倍政権がこの改ざんにおいて国会で証人喚問を受ける立場であるのが筋というものです。これが現在、行なわれなくてはならないことです。
この和田氏も事情を知っていると自らテレビで告白していますから、証人喚問をすべきでしょう。昨年の昭恵夫人喚問とは既にステージが違っているわけです。既にこの文書改ざんという国家を揺るがす大罪についてまず証人喚問などをしなくてはならないわけです。その結果、自民党がろくでもないとか、ここまでくさっているのかと、そのように思われても仕方が無いレベルですし、それほど大きな問題であるわけです。言い逃れようとすればするほどさらに問題は大きくなっていきます。

そして、この森友問題は右翼政権下において右翼勢力が国有地を私物化した案件です。だから、これだけの人々の名前が隠されていたわけです。稲田朋美氏は弁護士として籠池氏とずっと関わっているわけで、この森友問題が籠池氏の単独の案件でないことは既に明らかです。そして、大阪府の認可についても疑惑があるわけで、明らかに右翼勢力が束になって国有地を私物化したわけです。だからこそ、改ざんされた原本に右翼の大御所・平沼氏や鴻池氏の名前があるわけです。日本会議の名前まで出てくるわけです。結局、そういうことを隠すために公文書の改ざん、国会での虚偽答弁があったと考えるのが自然であるわけです。そして、今やそのような疑惑の真相を国民が知らなくてはいけないわけです。これは明らかに国政を国民が判断する上で必要なものなのです。
そのような時に、この自民党の和田某のような人物がテレビにのこのこ出てきて、自分の判断で昭恵夫人の国会招致は必要ないということを聞きたいとはほとんどの国民は思ってはいないでしょう。そんな戯言は意味が無いからです。こんなチンケなことをいう人物を出すようでは自民党の先も明らかに短いと考えます。

この番組では希望の党とこの和田氏二人だけでしたが、自民党と安倍政権を擁護したいという姿勢がはっきりと見て取れます。フジテレビだから当然の行為ですが、これは明らかに偏向しています。

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
★★★★★

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
http://kuruten.jp/blog/tb/katagiri/404718
フリースペース

講演会のお知らせ!

8月から月1回、計4回のにんげんクラブでの講演会が決定しました! 詳細は以下のバナーをクリックしていください!



ザ・フナイ連載第34回目
(2018年8月号)

【ザ・フナイ連載掲載号一覧】

フリースペース

33回目(2018年7月号)


32回目(2018年6月号)

フリースペース

第31回目(2018年5月号)


第30回目(2018年4月号)


【さらに過去の号】

フリースペース

◎新刊本です! 大井幸子さんとの対談です。内容は今まで見たことのない国際情勢と世界史の分析で、これらのことが、ザ・フナイの連載に繋がっていきます。これがわからないと今と未来がわかりません! 是非、ご覧ください!

フリースペース

◎おすすめする本

アクセス数
総アクセス数: 151170
今日のアクセス: 44
昨日のアクセス: 126

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved