このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
日本と世界の政治経済の本質を読み解く-ブロくる
片桐勇治(政治評論家) さん
日本と世界の政治経済の本質を読み解く
地域:東京都
性別:男性
ジャンル:ニュース
ブログの説明:
世界は大きく変わり、新しい時代が胎動しています。しっかりと把握していますか? この時代を読み解くには歴史を見つめ、構造を把握し、パワーの心奥を見つめ哲学を持たなくてはなりません。一緒にこの新しい時代を見つめて行きましょう! 最低週1回の更新です。
フリースペース
片桐 勇治(かたぎり ゆうじ)プロフィール
1967年生まれ。東京都出身。中央大学法学部政治学科卒。高校がミッションスクールの聖学院高校で高校・大学時代は聖書研究に没頭。
大学在学中から元航空自衛隊幹部の田村秀昭元参議院議員の秘書、爾来、元防衛庁出身の鈴木正孝元参議院議員、元防衛大臣の愛知和男元衆議院議員の秘書、一貫して政界の防衛畑を歩む。
2005年から国民新党選挙対策本部事務局次長、広報部長を歴任。2010年より保守系論壇で政治評論を行う。 yujikatagiri111@yahoo.co.jp
カレンダー
<<2018年08月>>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
カテゴリ
全て (878)
日本の政治 (801)
ザ・フナイ (11)
中東情勢 (4)
アジア・太平洋情勢 (2)
戦争の構造 (3)
世界の読み方 (14)
書評 (1)
勉強会・講演会のお知らせ (3)
最近の記事
10/01 00:22 米国大統領選第1回討論会
09/15 23:55 アベ氏はやはり意気軒昂
09/14 23:58 アベ氏はやはり意気軒昂
09/13 23:55 怖さがないのは野党だけなのか?
09/10 22:58 やはり偉大な大統領だと心から思う
09/08 08:48 むっつり利権屋
08/29 23:55 これから2週間が正念場 甘すぎるマスコミの報道姿勢
08/28 23:56 これから2週間が正念場 甘すぎるマスコミの報道姿勢
08/27 17:08 もはや使い物にならない宰相
08/26 23:59 トランプの致命的な失策
ブログ内検索

RSS
総裁選後の調整局面の可能性
[日本の政治]
2018年8月14日 23時43分の記事

現状の日経平均株価の動きを見ていると、自民党総裁選後に大きな調整局面が来ると考えられるのではないでしょうか?

【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい


8月13日、日経平均株価が440円ほど下落しました。結構大きな下落幅で、その下落はトルコリラ急落の影響と報道での解説が主流でした。

「株価 440円下落、“トルコショック”でほぼ全面安」(2018年8月13日 TBS)
「13日東京株終値 日経平均、下げ幅400円超 トルコ市場急落で」(2018年8月13日 FNN)

しかし、翌日の14日は一転498円の上げで、前日の下げ幅より大きい上げ幅となっています。普通に考えればトルコショックは大したことないということになります。ほとんどこじつけの理由なのか、もしくはトルコショックなんてないということなのか。日経平均株価についての上げ下げの解説理由の90%はこじつけでは無いかと思うことがよくあります。

13日の下げと14日の上げ、何か違和感を感じるのは私だけではないでしょう。13日の下げはそれほど違和感はないのですが、14日の上げにやはり違和感を感じるわけです。
金の相場や原油先物などいろいろと指標を見ていますが、最近のトレンドは皆、下がっています。しかし、なぜか日経平均株価だけが上がっています。上がっているというよりは高止まりで、それ以上に上がるかといえば、上がるわけではなく、2万2千円台で止まっているわけです。そして、2万2千円を切ると、即座に2万2千円に戻すが、それ以上は上がらない相場になっているわけです。
この動き、どうにもこうにも、その意味と実勢が理解できないのですが、普通に考えて2万2千円台に価格維持されて、固定相場になっているとしか考えられません。
日経平均株価は今や政治銘柄と言う人は非常に多いわけで、その心は安倍政権の支持率を維持するために価格が維持されていると考える人がかなりいるといことです。そうなると以下の赤旗の記事のように、その政権維持のために公的資金が66兆円も使われているということになるわけです。この赤旗の記事と同様に多額の公的資金が株式市場に投入されていることは、7月1日のTBS『サンデーモーニング』で寺島実郎氏も述べています。私は共産党とは何の関わりもありませんが、この記事はとても良い記事です。
私は政権維持のための公的資金投入ということだけではなく、富の移転という側面が確実にあるものと考えます。

「公的マネー投入 株価つり上げに66兆5000億円」(2018年8月8日 しんぶん赤旗)

証券会の知り合いに話を聞くと、現在の日経平均株価の実勢は1万4千円前後ということをよく聞きます。昨年の暮からそう聞きます。実に8千円も割高なわけですが、これが調整されないのは、政府系によって買われていて固定相場になっているからです。公的資金66兆円も投入されていれば当然、そうなるでしょう。
また私の知り合いのファイナンシャルプラニングをしている人々の中には、このことをわかっている人がちゃんといて、安倍政権批判をすると露骨に嫌な顔をします。つまり、安倍政権での株価維持が崩れると困るからですが、それはご自分の商売の問題であって、利己的な理由に基づいているわけです。そのような人が結構いると思いますが、公的資金とは国民のお金ということであり、またその資金運用は最終的には政府を信任した国民の責任・損失になるもので、利己的な理由で判断されてもまったくもってこまると思うわけです。そういうのを自分勝手というと思います。

話はずれますが、為政者も個人もこのような勝手な論理を隠すために国防とか、経済のためとか、お国のためなどという修飾がつくのは昔から変わりません。まずこのような言葉を見たら徹底的に疑い、検証をする必要があるのもまた歴史が示すところと考えます。イージス・アショアなど明らかにおかしいのではないですか?

話を戻しますと、まだ告示はされていませんが、すでに今は自民党総裁選の只中であるわけで、そのような状況で上述のように日経平均株価が不自然な動きをしているわけです。ただ、このような価格維持を長く持たせるためのお金は無尽蔵とは言えないと考えます。そうなると安倍3選が決まれば、当面は安倍政権の懸念材料が消えますから、総裁選後に調整局面が来る可能性は大いにあると考えます。総裁選後の半年は状況をよく見るべきであり、もし総裁選後に調整局面が来た場合、それまで自民党が与党・総理の座を維持するために公的資金が株式市場投入され、私的に乱用されてきたことを状況が証明するものと考えます。  

話は全然違いますが、ビットコインは、もともと価値がないものに、資金を呼び込むために宣伝をし、高値に釣り上げるという仕掛けをし、高値で投資した人々の資金量が一定程度を超えたら、仕掛けた人が一気にお金を抜いて、資金回収をしているようにしか見えません。こういうのを詐欺というのかもしれまえんが、内実などをしっかりと見つめる必要があるものと思います。

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
★★★★★

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:


フリースペース
フリースペース

この黒川問題を許してはなりません! この法案を自民、公明、維新が推進しています。是非、ご署名を!↓↓↓


【要請】東京高検・検事長黒川弘務氏の違法な定年延長に抗議し、辞職を求めます
フリースペース

是非ご協力を!↓↓↓


私の夫、赤木俊夫がなぜ自死に追い込まれたのか。有識者によって構成される第三者委員会を立ち上げ、公正中立な調査を実施して下さい!
フリースペース

注目です!


値千金のブログ記事:岡田晴恵特任教授、国のコロナ対応に激怒!番組出演中に声を震わす 「このままだと3月4月にピークがきます」 (2月25日)←New!
○本ブログ「この緊急時にこの政権の遅さは致命的 」(4月16日)←New!
○本ブログ「アメリカ政府が認定した当然のこと」(4月4日)
○本ブログ「朗報と考えられることと安倍政権の犯罪的な無能と愚鈍 廖複慣遑影)
○本ブログ「朗報と考えられることと安倍政権の犯罪的な無能と愚鈍◆廖複慣遑監)
「ノーベル賞受賞者が新型コロナウイルスの早期回復(終息)を予測した理由:「我々は良くなっていく」(訳文)」(3月23日 ロサンゼルス・タイムズ)
フリースペース
フリースペース



フリースペース

◎新刊本です! 大井幸子さんとの対談です。内容は今まで見たことのない国際情勢と世界史の分析で、これらのことが、ザ・フナイの連載に繋がっていきます。これがわからないと今と未来がわかりません! 是非、ご覧ください!

アクセス数
総アクセス数: 289164
今日のアクセス: 237
昨日のアクセス: 174
フリースペース

◎おすすめする本


Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved