このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
日本と世界の政治経済の本質を読み解く-ブロくる
片桐勇治(政治評論家) さん
日本と世界の政治経済の本質を読み解く
地域:東京都
性別:男性
ジャンル:ニュース
ブログの説明:
世界は大きく変わり、新しい時代が胎動しています。しっかりと把握していますか? この時代を読み解くには歴史を見つめ、構造を把握し、パワーの心奥を見つめ哲学を持たなくてはなりません。一緒にこの新しい時代を見つめて行きましょう! 最低週1回の更新です。
フリースペース
片桐 勇治(かたぎり ゆうじ)プロフィール
1967年生まれ。東京都出身。中央大学法学部政治学科卒。高校がミッションスクールの聖学院高校で高校・大学時代は聖書研究に没頭。
大学在学中から元航空自衛隊幹部の田村秀昭元参議院議員の秘書、爾来、元防衛庁出身の鈴木正孝元参議院議員、元防衛大臣の愛知和男元衆議院議員の秘書、一貫して政界の防衛畑を歩む。
2005年から国民新党選挙対策本部事務局次長、広報部長を歴任。2010年より保守系論壇で政治評論を行う。 yujikatagiri111@yahoo.co.jp
カレンダー
<<2018年09月>>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
カテゴリ
全て (852)
日本の政治 (779)
ザ・フナイ (11)
中東情勢 (4)
アジア・太平洋情勢 (2)
戦争の構造 (3)
世界の読み方 (14)
書評 (1)
勉強会・講演会のお知らせ (3)
最近の記事
08/11 23:52 かなりの損害賠償の可能性あり
08/10 23:58 新型コロナウイルスとアベ政権で悲劇が到来する可能性
08/07 23:55 トランプの致命的な失策
08/05 23:59 単なるバカ
08/04 03:42 感染拡大防止なくして経済は成り立たない
08/03 23:50 感染拡大防止なくして経済は成り立たない
08/02 02:47 アベ穀潰し政権の敗北宣言
08/01 19:32 素晴らしいお言葉
07/31 23:58 沖縄県のとても良い判断
07/30 23:59 しっかりとやっている人は、ちゃんといる
ブログ内検索

RSS
今さらながら
[日本の政治]
2018年9月12日 10時0分の記事

今さらながら、第二次安倍政権発足後の6年間を振り返ってみました。

【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい


安倍政権というより、安倍首相のこの6年間を考えると、やはりひとつの特徴が非常に鮮明に浮びます。それは安倍首相の言動には常に二律背反がつきまとうと言うことです。二つの矛盾することが、どちらもさも合理性があるように語られ同居しているということです。このことによって支持の構造が作り上げられてきたわけです。
しかし、その実相は、相反するものの内どちらかに本音・目的があるわけで、その本音・目的の反対のことを言うのも、実際はその本音・目的の達成のためにあるわけです。本音・目的と反対のことを主張することによって、正に反対を抑えて支持の構造を作り上げ、気がつくとその本音・目的が達成されているということです。そして、その反対のことは忘れられたように何も進んでいない、良くてかけ声だけとうレベルになるわけです。
例えば、アベノミクスですが、積極財政政策、金融緩和政策などマクロ経済政策を行なうと言って、その正反対の新自由主義の『成長戦略』を行なえば、マクロ経済政策の効果が出ないのは目に見えているわけです。このことは本ブログで何度も指摘してきましたが、実際、マクロ経済政策の効果が出ていません。
それでは、このような矛盾することをなぜするかと言えば、目的・本音が新自由主義政策にあるからで、この政策は実際、達成されてきているわけです。TPPなどはその最たるものです。さらに、このように考えれば、その新自由主義政策のために実はマクロ経済政策でばらまかれたお金も使用されると考えるのが自然であるわけです。まさにバラマキですから、支持の構造をつくることに貢献します。また、マクロ経済政策本来のポイントである国民一般にお金が回らず、ばらまかれたそのお金はどこかにいってしまっているわけです。国民の一般の利益になっていないわけで、それでは誰の利益になっているかと言うことが当然、ポイントになるわけです。
また、賃金上げろと安倍首相は財界に要求してきたわけですが、安倍政権下、労働環境について立法化されてきたものは、まさに労働環境が悪化する方向性と言えるものになっているわけです。つまり、本音・目的は労働環境の悪化、即ち財界に有利な方向にあるわけです。
このような手法ができるのは、その本音・目的が極めて強固にあるからです。優柔不断ではできないもので、一種、原理主義的と言えるものであって、本音・目的は何があっても絶対に曲げないわけです。例え安倍首相にしてはいつもと違うことを言っていると思うことがあっても、ポイントはあくまでも本音・目的は何があっても絶対に曲げないところにあるわけです。これが安倍首相の本質でしょう。
そのような本質において、二律背反が生じると言うことは、必ず片方は嘘と言うことになります。そして、それを公言するわけですから、確実に嘘を当たり前のように言うということになります。このような傾向がほぼ全般にわたってあるものと考えます。同じ人間ですから、個別に違う性質で対応することはないのは当然でしょう。
総じて一般的に見れば、政治家は八方美人のところがあり、このような本質は多かれ少なかれあります。利害調整をすることも必要ですから、どちらか一辺倒では成り立ちません。しかし、安倍首相の場合は、この一般的なレベルではないと考えますし、また実際のところ利害調整も最終的にしていないと考えます。そういうところが原理主義的なのです。こういうところに新自由主義、復古主義もあると考えます。

ただ、このような手法も年数が経つと、その本質が見えてきてしまいます。したがって、段々と支持は減り、そして嫌う人は、その嫌悪の度合いが日に日に強烈になっていきます。森友・加計問題では、その傾向が加速化しましたし、その問題に対する安倍首相の対応の本質が嘘であるという印象が非常に強まりました。このように見ると国民との関係も非常に劣化してきていると考えます。

安倍首相が地位にこだわるのは、本音・目的を達成するためと考えます。例え現状、劣勢に置かれていても、地位に就いている間にひっくり返すという思考をするものと考えます。原理主義ですから当然、そう考えるでしょう。ただ、その思考は、あくまでも原理主義的に本音・目的を達成させるためであって、国民全般の利益のためでないのです。このようなことがこれまでの安倍政権においての実相であり、だからこそ利害調整が最終的に行なわれない本質があると考えます。

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
★★★★★

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/katagiri/415124
フリースペース
フリースペース

この黒川問題を許してはなりません! この法案を自民、公明、維新が推進しています。是非、ご署名を!↓↓↓


【要請】東京高検・検事長黒川弘務氏の違法な定年延長に抗議し、辞職を求めます
フリースペース

是非ご協力を!↓↓↓


私の夫、赤木俊夫がなぜ自死に追い込まれたのか。有識者によって構成される第三者委員会を立ち上げ、公正中立な調査を実施して下さい!
フリースペース

注目です!


値千金のブログ記事:岡田晴恵特任教授、国のコロナ対応に激怒!番組出演中に声を震わす 「このままだと3月4月にピークがきます」 (2月25日)←New!
○本ブログ「この緊急時にこの政権の遅さは致命的 」(4月16日)←New!
○本ブログ「アメリカ政府が認定した当然のこと」(4月4日)
○本ブログ「朗報と考えられることと安倍政権の犯罪的な無能と愚鈍 廖複慣遑影)
○本ブログ「朗報と考えられることと安倍政権の犯罪的な無能と愚鈍◆廖複慣遑監)
「ノーベル賞受賞者が新型コロナウイルスの早期回復(終息)を予測した理由:「我々は良くなっていく」(訳文)」(3月23日 ロサンゼルス・タイムズ)
フリースペース
フリースペース



フリースペース

◎新刊本です! 大井幸子さんとの対談です。内容は今まで見たことのない国際情勢と世界史の分析で、これらのことが、ザ・フナイの連載に繋がっていきます。これがわからないと今と未来がわかりません! 是非、ご覧ください!

アクセス数
総アクセス数: 278474
今日のアクセス: 169
昨日のアクセス: 285
フリースペース

◎おすすめする本


Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved