このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
日本と世界の政治経済の本質を読み解く-ブロくる
片桐勇治(政治評論家) さん
日本と世界の政治経済の本質を読み解く
地域:東京都
性別:男性
ジャンル:ニュース
ブログの説明:
世界は大きく変わり、新しい時代が胎動しています。しっかりと把握していますか? この時代を読み解くには歴史を見つめ、構造を把握し、パワーの心奥を見つめ哲学を持たなくてはなりません。一緒にこの新しい時代を見つめて行きましょう! 最低週1回の更新です。
フリースペース
片桐 勇治(かたぎり ゆうじ)プロフィール
1967年生まれ。東京都出身。中央大学法学部政治学科卒。高校がミッションスクールの聖学院高校で高校・大学時代は聖書研究に没頭。
大学在学中から元航空自衛隊幹部の田村秀昭元参議院議員の秘書、爾来、元防衛庁出身の鈴木正孝元参議院議員、元防衛大臣の愛知和男元衆議院議員の秘書、一貫して政界の防衛畑を歩む。
2005年から国民新党選挙対策本部事務局次長、広報部長を歴任。2010年より保守系論壇で政治評論を行う。 yujikatagiri111@yahoo.co.jp
カレンダー
<<2018年11月>>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
カテゴリ
全て (569)
日本の政治 (506)
ザ・フナイ (10)
中東情勢 (4)
アジア・太平洋情勢 (2)
戦争の構造 (3)
世界の読み方 (14)
書評 (1)
最近の記事
11/11 19:46 既に破綻している
11/10 23:56 とっても良い記事
11/09 23:07 本末転倒
11/08 21:15 選択肢
11/07 23:39 米国中間選挙
11/06 23:58 甘え
11/05 23:38 もろさ
11/04 23:32 消費税増税
11/03 14:50 国民民主党
11/02 22:30 おかしなの話
ブログ内検索

RSS
国民民主党
[日本の政治]
2018年11月3日 14時50分の記事

下記の10月20日にテレビ朝日が行った世論調査では、国民民主党の政党支持率が1.5%と出ています。

「世論調査」(2018年10月20日 テレビ朝日)

【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい


一方で同党所属議員は衆議院37名、参議院22名で、併せて59名の国会議員を有する政党であるわけです。この政党支持率と所属国会議員数は、明らかに大きなギャップがあります。現状の政党支持率だと、衆院選挙区で選挙に強い政治家がよくて5名から10名というのが精一杯で、参院では比例代表でギリギリ1名、選挙区は壊滅という状況と考えます。そうなると実勢としてよくて5名から10名の国会議員の政党というレベルで、現状の59名だと8%以上ないと厳しい状況であるわけです。10%以上かもしれません。
そうなると選挙の度に集団自殺とも言える壊滅的敗北を喫する事態となり、いずれは消滅する状況は非常に鮮明に見えているわけです。来年の参議院選挙はまずその最初となるでしょうし、現状の政党支持率は、相当のことがない限りそれまでに変化することはないでしょう。既に時既に遅しという状況になっていると考えます。
そのような状況で、以下のような民間なら倒産危惧企業だとという同党を評価した発言を載せる記事が出るわけです。

「『民間なら倒産危惧企業だ!』 広報のプロからダメ出し連発『国民民主党』の迷走」(2018年11月1日 週刊文春)

この発言は、同党の支持率アップのための勉強会で出た発言と記事にはあります。ただ、この発言を観たときに、この党は難しいなと正直思いました。企業というのは、基本的にサービスやものを供給して、そこから利益を得て活動しているわけです。そのサービスやものが悪く、支持を得られなければ当然、利益を上げられなくなり行き詰まるわけです。
そのような支持の構造は政治・政党と似ている部分もあるかもしれませんが、しかし、実際は違うものです。政党は何かを作ったりサービスを供給して、そこから利益を上げるわけではありません。何かの法案を通したり、道路を作ったりして、献金や票を得ることもあるでしょうが、それが一線を越えれば利権化するわけです。また口利きをして見返りを得たり、見返りを要求すれば、当然、問題となるわけです。
政治と政治家の本義は社会の役に立つため、平和と人々の安寧を実現することです。これ以外にはありません。企業でも社会の役に立つことを第一にしているところは成長しています。政治の世界ならそういう要件はさらに求められていきます。上記の記事を読んだとき、支持率アップのためにブランド戦略、マーケッティングという言葉が心に浮かびました。そんなもので世の中をよくすることができるのかと正直、疑問に思います。発想の貧困さをそこに見いだします。国民民主党は社会の役にたっているのか、という自問があるのか疑問になります。国民の中で政治を志しているのかと。
この記事では、同党の知名度が全体の半分しかないということが問題とされています。しかし、そこは問題ではないでしょう。むしろ、同党が悪い形で記憶されていることに本質があると考えます。全体の半分も認知しているのに、支持を得られないというのはそういうことです。このようになったのは、昨年の希望の党の騒動から同党誕生までの経緯と思想があまりにも悪いからで、それは社会の利益になっていないと多くの人が考えているからと考えます。払拭するのはこのことでしょうが、今の立ち位置と視点・思想では、それは難しいでしょう。
社会の役に立つ。このことは国民民主党だけではなく、今や全ての野党に同様に突きつけられているポイントと考えます。

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
★★★★★

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
http://kuruten.jp/blog/tb/katagiri/417739
フリースペース

講演会のお知らせ!

8月から月1回、計4回のにんげんクラブでの講演会が決定しました! 詳細は以下のバナーをクリックしていください!



ザ・フナイ連載第34回目
(2018年8月号)

【ザ・フナイ連載掲載号一覧】

フリースペース

33回目(2018年7月号)


32回目(2018年6月号)

フリースペース

第31回目(2018年5月号)


第30回目(2018年4月号)


【さらに過去の号】

フリースペース

◎新刊本です! 大井幸子さんとの対談です。内容は今まで見たことのない国際情勢と世界史の分析で、これらのことが、ザ・フナイの連載に繋がっていきます。これがわからないと今と未来がわかりません! 是非、ご覧ください!

フリースペース

◎おすすめする本

アクセス数
総アクセス数: 157938
今日のアクセス: 62
昨日のアクセス: 90

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved