このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
日本と世界の政治経済の本質を読み解く-ブロくる
片桐勇治(政治評論家) さん
日本と世界の政治経済の本質を読み解く
地域:東京都
性別:男性
ジャンル:ニュース
ブログの説明:
世界は大きく変わり、新しい時代が胎動しています。しっかりと把握していますか? この時代を読み解くには歴史を見つめ、構造を把握し、パワーの心奥を見つめ哲学を持たなくてはなりません。一緒にこの新しい時代を見つめて行きましょう! 最低週1回の更新です。
フリースペース
片桐 勇治(かたぎり ゆうじ)プロフィール
1967年生まれ。東京都出身。中央大学法学部政治学科卒。高校がミッションスクールの聖学院高校で高校・大学時代は聖書研究に没頭。
大学在学中から元航空自衛隊幹部の田村秀昭元参議院議員の秘書、爾来、元防衛庁出身の鈴木正孝元参議院議員、元防衛大臣の愛知和男元衆議院議員の秘書、一貫して政界の防衛畑を歩む。
2005年から国民新党選挙対策本部事務局次長、広報部長を歴任。2010年より保守系論壇で政治評論を行う。 yujikatagiri111@yahoo.co.jp
カレンダー
<<2018年11月>>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
カテゴリ
全て (714)
日本の政治 (647)
ザ・フナイ (11)
中東情勢 (4)
アジア・太平洋情勢 (2)
戦争の構造 (3)
世界の読み方 (14)
書評 (1)
勉強会・講演会のお知らせ (2)
最近の記事
12/02 23:50 問題はさらに大きくなるのではないか?
12/01 23:49 平和を乱す冷静終結を拒む者 その2
11/28 16:33 どちらにしても政治生命は終わる
11/26 03:42 そもそも安倍政権・日本政府から正しい情報は出ているのか?
11/22 01:00 平和を乱す冷静終結を拒む者
11/21 01:00 ホテルニューオータニ・ルートと呼ぶべきか? 
11/20 23:57 ホテルニューオータニ・ルートと呼ぶべきか? 
11/15 23:53 11月23日 勉強会のお知らせ
11/13 23:23 政局に関するひとつのポイント
11/11 04:19 ご即位祝賀パレードは大変に素晴らしいものでございました
ブログ内検索

RSS
もろさ
[日本の政治]
2018年11月5日 23時38分の記事

下記記事では桜田五輪相のたどたどしい答弁で、国会が紛糾したと報じられています。

「桜田五輪相の答弁で紛糾、参院・予算委」(2018年11月5日 TBS)

【PR】占いシステムの開発なら経験と実績があります。


実際、同大臣の答弁の模様を観ていると何も準備がされていない答弁というレベルのものです。ご本人も「なぜ選ばれたか私は分かりませんが、それは総理が適材適所と思って選んでいただけたと思って立派に任務を果たすように、しっかりと取り組んでいくつもりでございます」(同上)と答弁で述べているように、本人自身では適材適所と言い張れない状況は認めています。安倍政権では「適材適所」という言葉が先行して、実質が伴わない、もしくは逆の場合が散見されますが、桜田大臣の状態も今日のところはそのように見えます。
五輪については、当初予算からどんどん膨れあがっていて、そのお金の使い道の適性が問われている状況と考えます。そのような状況で以下のような東京新聞の社説もあるものと考えます。

「体育の日に考える 五輪のビジョンを定めよ」(2018年10月8日 東京新聞)

オリンピックという大義名分で何でもOKということになれば、当然、規律は乱れ、利権化する可能性があります。莫大な国費も投じられるわけですから、まず担当大臣が厳正にチェックするということがなければ、成り立ちません。ただ、今のところ、その担当大臣の国会での答弁を見る限り、そのようなものは全く期待できない状況と考えます。官僚の言うとおり、はんこを押していくマシーン状態であるのは、容易に想像できます。

一方、片山大臣の政治とお金の問題は、ご本人が強弁したり、理由をつけて正面から答えない姿だけが目立ちます。結局は先延ばし戦略というレベルにしか見えませんが、その姿は片山大臣の政治生命に繋がっていくものと考えます。同時に、同大臣が政権にとどまれば、その分だけ政権のダメージに繫がっていくという状況と考えます。

今回の安倍政権の顔ぶれは至る所に問題点があるように見えます。そして、政権自体もかなりもろいものと考えます。

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
★★★★★

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
http://kuruten.jp/blog/tb/katagiri/417881
フリースペース

12月22日に勉強会を開催いたします!

午後5時より水道橋で開催いたします。詳細は後日、掲載いたします!
フリースペース
フリースペース
フリースペース
フリースペース

◎新刊本です! 大井幸子さんとの対談です。内容は今まで見たことのない国際情勢と世界史の分析で、これらのことが、ザ・フナイの連載に繋がっていきます。これがわからないと今と未来がわかりません! 是非、ご覧ください!

フリースペース

◎おすすめする本

アクセス数
総アクセス数: 220285
今日のアクセス: 149
昨日のアクセス: 153

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved