このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
日本と世界の政治経済の本質を読み解く-ブロくる
片桐勇治(政治評論家) さん
日本と世界の政治経済の本質を読み解く
地域:東京都
性別:男性
ジャンル:ニュース
ブログの説明:
世界は大きく変わり、新しい時代が胎動しています。しっかりと把握していますか? この時代を読み解くには歴史を見つめ、構造を把握し、パワーの心奥を見つめ哲学を持たなくてはなりません。一緒にこの新しい時代を見つめて行きましょう! 最低週1回の更新です。
フリースペース
片桐 勇治(かたぎり ゆうじ)プロフィール
1967年生まれ。東京都出身。中央大学法学部政治学科卒。高校がミッションスクールの聖学院高校で高校・大学時代は聖書研究に没頭。
大学在学中から元航空自衛隊幹部の田村秀昭元参議院議員の秘書、爾来、元防衛庁出身の鈴木正孝元参議院議員、元防衛大臣の愛知和男元衆議院議員の秘書、一貫して政界の防衛畑を歩む。
2005年から国民新党選挙対策本部事務局次長、広報部長を歴任。2010年より保守系論壇で政治評論を行う。 yujikatagiri111@yahoo.co.jp
カレンダー
<<2018年11月>>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
カテゴリ
全て (670)
日本の政治 (605)
ザ・フナイ (11)
中東情勢 (4)
アジア・太平洋情勢 (2)
戦争の構造 (3)
世界の読み方 (14)
書評 (1)
最近の記事
08/14 23:55 問題なのは最低賃金の格差ではない
08/13 23:55 問題なのは最低賃金の格差ではない
08/12 23:55 問題なのは最低賃金の格差ではない
08/11 23:55 問題なのは最低賃金の格差ではない
08/10 23:55 問題なのは最低賃金の格差ではない
08/09 10:55 現在の実相
08/08 23:51 現在の実相
08/07 23:56 食料自給率――構造転換の必要性
08/06 23:47 驚くほどの共通性
08/05 23:51 構造的な問題を解決しない限り復活はない
ブログ内検索

RSS
甘え
[日本の政治]
2018年11月6日 23時58分の記事

昨日の本ブログ「もろさ」(2018年11月5日)で取り上げた桜田五輪相のちぐはぐ答弁で、桜田大臣は質問をした蓮舫氏が事前通告をしていないと述べたと報道されています。普通に考えて単なる逆ギレです。蓮舫氏は通告したと述べたと報じられています。

「桜田五輪担当相『質問通告なし』=蓮舫氏は反論」(2018年11月6日 時事通信)

【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい


上記記事には以下のように書かれています。


桜田氏は5日の参院予算委で蓮舫氏から東京五輪の基本コンセプトを問われた際、すぐに答えられないなどの場面があった。6日の会見では「通告なしで質問する方がいた。名指しはあえて避けたい」と暗に批判。「ちょっと残念な議会だ」とも語った。


東京五輪の基本コンセプトというのは、五輪相としての職務の一丁目一番地、寝言でも言えるレベルのものです。それに東京五輪は昨日決まったわけでもありません。まさに大臣不適格というレベルではなく、桜田氏レベルなら誰でも代わりがいるといえるものです。私でもできます。そのような基本的なことを答えられないのを、事前通告がなかったと人のせいにするわけです。これでは無能と言うだけではなく、人格にも問題があるレベルです。
このような基本コンセプトを担当大臣が答えられないようなことがあるから、昨日取り上げた東京新聞の社説で「五輪のビジョンを定めよ」と指摘されるわけです。東京五輪まであと2年もありませんが、そういう状況で担当相が基本コンセプトを官僚の助け無しに答えられないのですから、政権として杜撰以外の何ものでもありません。これは安倍首相の任命責任というレベルではなく、政権として担当能力が問われるレベルです。

「体育の日に考える 五輪のビジョンを定めよ」(2018年10月8日 東京新聞)

上記記事で桜田大臣は「ちょっと残念な議会だ」と語ったと報じられていますが、議会を批判することができるほどの能力をまずは見せるべきでしょう。これでは単なる逆ギレと開き直りで、その上、人間性に問題があるとしか映りません。もちろん、このことに無能という評価も今のところ当然、つきます。実際の所、桜田大臣の本質は自分のことをたなにあげて単に世間に甘えているだけと考えます。子どもと同じです。

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
★★★★★

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
http://kuruten.jp/blog/tb/katagiri/417947
フリースペース
フリースペース
フリースペース

◎新刊本です! 大井幸子さんとの対談です。内容は今まで見たことのない国際情勢と世界史の分析で、これらのことが、ザ・フナイの連載に繋がっていきます。これがわからないと今と未来がわかりません! 是非、ご覧ください!

フリースペース

◎おすすめする本

アクセス数
総アクセス数: 199755
今日のアクセス: 126
昨日のアクセス: 168

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved