このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
日本と世界の政治経済の本質を読み解く-ブロくる
片桐勇治(政治評論家) さん
日本と世界の政治経済の本質を読み解く
地域:東京都
性別:男性
ジャンル:ニュース
ブログの説明:
世界は大きく変わり、新しい時代が胎動しています。しっかりと把握していますか? この時代を読み解くには歴史を見つめ、構造を把握し、パワーの心奥を見つめ哲学を持たなくてはなりません。一緒にこの新しい時代を見つめて行きましょう! 最低週1回の更新です。
フリースペース
片桐 勇治(かたぎり ゆうじ)プロフィール
1967年生まれ。東京都出身。中央大学法学部政治学科卒。高校がミッションスクールの聖学院高校で高校・大学時代は聖書研究に没頭。
大学在学中から元航空自衛隊幹部の田村秀昭元参議院議員の秘書、爾来、元防衛庁出身の鈴木正孝元参議院議員、元防衛大臣の愛知和男元衆議院議員の秘書、一貫して政界の防衛畑を歩む。
2005年から国民新党選挙対策本部事務局次長、広報部長を歴任。2010年より保守系論壇で政治評論を行う。 yujikatagiri111@yahoo.co.jp
カレンダー
<<2018年11月>>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
カテゴリ
全て (678)
日本の政治 (613)
ザ・フナイ (11)
中東情勢 (4)
アジア・太平洋情勢 (2)
戦争の構造 (3)
世界の読み方 (14)
書評 (1)
最近の記事
09/11 05:48 東アジアの歴史的分岐点――選択すべき方向は決まっている
09/11 05:23 東アジアの歴史的分岐点――選択すべき方向は決まっている
09/03 05:55 消費税増税をしたけれど失敗した国・日本
09/02 23:55 ディバイド・アンド・ルール(分断統治)
09/01 05:49 問題なのは思考
08/31 23:55 問題なのは思考
08/16 23:49 積年の構造
08/15 23:55 天皇陛下の全国戦没者追悼式でのお言葉
08/14 23:55 問題なのは最低賃金の格差ではない
08/13 23:55 問題なのは最低賃金の格差ではない
ブログ内検索

RSS
とっても良い記事
[日本の政治]
2018年11月10日 23時56分の記事

以下の日刊ゲンダイの記事では、外国人実習生の実態が描かれています。

「在ベトナム日本大使館員が告発 外国人実習生の悲惨な実態」(2018年11月9日 日刊ゲンダイ)

【PR】占いシステムの開発なら経験と実績があります。


内容がとても良いものだと思います。現在、移民政策と考えるべき外国人労働者の受け入れ拡大に政権が躍起になっていますが、外国人実習生の制度では失踪者など多くの問題点が生じ、それを解決できないでいるのに、外国人労働者の受け入れ拡大というのは、明らかにおかしなことです。単に問題を拡大させることになるだけでしょう。

シャッター通り問題がずっと問題になっていますが、これは90年代の大店法改正などで生じました。しかし、実はこのような改正が行われていたとき、既に米国では大規模店舗の地方への進出でシャッター通り問題が発生しています。実は大店法などを改正すれば、米国の先例として同じ問題が生じることはわかっていたわけです。それをグローバリズム、規制緩和の名の下、当時、強行され、その後、地方を衰退させたわけです。
この外国人労働者の受け入れ拡大もまた同じでしょう。鎖国をしろとは言いませんが、このことを拡大すれば、米国や欧州で生じている問題は日本でも発生するわけです。単に政権は不幸の拡大を試みているだけと考えます。もたらされる利益よりも、もたらされる損失の方が大きいと言うことです。

上記記事でも書かれていますが、既に外国人実習生などではブローカーの存在が書かれています。完全に利権になっていると考えます。現状の日本では受け入れ体制がそもそも整っていませんから、確実に問題をつくり出していくだけでしょう。
そして、必ず日本側、そして日本に来る側双方に不幸をつくり出すだけと考えます。人間を機械的に考えすぎていると考えます。

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
★★★★★

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
http://kuruten.jp/blog/tb/katagiri/418171
フリースペース
フリースペース
フリースペース

◎新刊本です! 大井幸子さんとの対談です。内容は今まで見たことのない国際情勢と世界史の分析で、これらのことが、ザ・フナイの連載に繋がっていきます。これがわからないと今と未来がわかりません! 是非、ご覧ください!

フリースペース

◎おすすめする本

アクセス数
総アクセス数: 204421
今日のアクセス: 58
昨日のアクセス: 123

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved