このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
日本と世界の政治経済の本質を読み解く-ブロくる
片桐勇治(政治評論家) さん
日本と世界の政治経済の本質を読み解く
地域:東京都
性別:男性
ジャンル:ニュース
ブログの説明:
世界は大きく変わり、新しい時代が胎動しています。しっかりと把握していますか? この時代を読み解くには歴史を見つめ、構造を把握し、パワーの心奥を見つめ哲学を持たなくてはなりません。一緒にこの新しい時代を見つめて行きましょう! 最低週1回の更新です。
フリースペース
片桐 勇治(かたぎり ゆうじ)プロフィール
1967年生まれ。東京都出身。中央大学法学部政治学科卒。高校がミッションスクールの聖学院高校で高校・大学時代は聖書研究に没頭。
大学在学中から元航空自衛隊幹部の田村秀昭元参議院議員の秘書、爾来、元防衛庁出身の鈴木正孝元参議院議員、元防衛大臣の愛知和男元衆議院議員の秘書、一貫して政界の防衛畑を歩む。
2005年から国民新党選挙対策本部事務局次長、広報部長を歴任。2010年より保守系論壇で政治評論を行う。 yujikatagiri111@yahoo.co.jp
カレンダー
<<2018年11月>>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
カテゴリ
全て (670)
日本の政治 (605)
ザ・フナイ (11)
中東情勢 (4)
アジア・太平洋情勢 (2)
戦争の構造 (3)
世界の読み方 (14)
書評 (1)
最近の記事
08/14 23:55 問題なのは最低賃金の格差ではない
08/13 23:55 問題なのは最低賃金の格差ではない
08/12 23:55 問題なのは最低賃金の格差ではない
08/11 23:55 問題なのは最低賃金の格差ではない
08/10 23:55 問題なのは最低賃金の格差ではない
08/09 10:55 現在の実相
08/08 23:51 現在の実相
08/07 23:56 食料自給率――構造転換の必要性
08/06 23:47 驚くほどの共通性
08/05 23:51 構造的な問題を解決しない限り復活はない
ブログ内検索

RSS
既に破綻している
[日本の政治]
2018年11月11日 19時46分の記事

昨日の本ブログ「とっても良い記事」(2018年11月10日)の続きになりますが、外国人実習生の失踪が大きな問題となっています。

【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい


失踪してどこにいくかと言えば、日本国内のどこかでしょう。そして生きるためには食べ物を食べなくてはなりませんが、それをどうやって可能とさせるのか? 今年、問題となった大阪府警から逃走した人物も、万引きしようとして捕まっています。
そういう人が毎年数千人、制度によって生み出されているのでしょうか? 来たときは間違いなく善良な人ばかりと思いますが、制度の不備などによって、人生を間違えてしまっていると考えます。不幸をつくり出しています。それが現在の外国人実習制度でしょうし、外国人労働政策の実態なのでしょう。そういう杜撰な管理、実態を反映していない制度を改善なく運用し、さらに拡大しようというのですから驚きです。
外国人実習生などには既にブローカーも存在すると指摘されています。あきらかに適正に制度が運用されていない証でしょう。そのようなブローカーは東京などではなく地方に拠点をおいているとも聞きます。

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
★★★★★

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
http://kuruten.jp/blog/tb/katagiri/418276
フリースペース
フリースペース
フリースペース

◎新刊本です! 大井幸子さんとの対談です。内容は今まで見たことのない国際情勢と世界史の分析で、これらのことが、ザ・フナイの連載に繋がっていきます。これがわからないと今と未来がわかりません! 是非、ご覧ください!

フリースペース

◎おすすめする本

アクセス数
総アクセス数: 199672
今日のアクセス: 43
昨日のアクセス: 168

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved