このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
日本と世界の政治経済の本質を読み解く-ブロくる
片桐勇治(政治評論家) さん
日本と世界の政治経済の本質を読み解く
地域:東京都
性別:男性
ジャンル:ニュース
ブログの説明:
世界は大きく変わり、新しい時代が胎動しています。しっかりと把握していますか? この時代を読み解くには歴史を見つめ、構造を把握し、パワーの心奥を見つめ哲学を持たなくてはなりません。一緒にこの新しい時代を見つめて行きましょう! 最低週1回の更新です。
フリースペース
片桐 勇治(かたぎり ゆうじ)プロフィール
1967年生まれ。東京都出身。中央大学法学部政治学科卒。高校がミッションスクールの聖学院高校で高校・大学時代は聖書研究に没頭。
大学在学中から元航空自衛隊幹部の田村秀昭元参議院議員の秘書、爾来、元防衛庁出身の鈴木正孝元参議院議員、元防衛大臣の愛知和男元衆議院議員の秘書、一貫して政界の防衛畑を歩む。
2005年から国民新党選挙対策本部事務局次長、広報部長を歴任。2010年より保守系論壇で政治評論を行う。 yujikatagiri111@yahoo.co.jp
カレンダー
<<2019年04月>>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
カテゴリ
全て (653)
日本の政治 (588)
ザ・フナイ (11)
中東情勢 (4)
アジア・太平洋情勢 (2)
戦争の構造 (3)
世界の読み方 (14)
書評 (1)
最近の記事
07/20 02:35 選挙戦中の言葉としては群を抜くクォリティーの高さ
07/20 02:33 選挙戦中の言葉としては群を抜くクォリティーの高さ
07/16 23:00 選挙期間中のテレビなどでの政党CMは禁止すべき
07/08 22:47 制裁の理由
07/01 23:56 約一ヶ月前の全面支持の意味
06/30 18:44 本当に孤立しているのはだれか?
06/30 18:44 本当に孤立しているのはだれか?
05/23 01:11 ナルシシズムという病理
05/21 02:30 これまでの日本経済の主役の没落
05/21 02:21 これまでの日本経済の主役の没落
ブログ内検索

RSS
本当にありがとうございました
[日本の政治]
2019年4月30日 21時4分の記事

平成の御代の最後の本日、その時代を振り返れば、やはり平成の御代に対して深い感謝の念しかございません。

「陛下が最後のおことば『国民に心から感謝』 退位の儀式」(2019年4月30日 朝日新聞)

【PR】占いシステムの開発なら経験と実績があります。


本ブログやザ・フナイ6月号などで書いてきましたが、平成の御代の本質は何よりも平和の時代であることは明らかでございます。このことは4月4日の朝日新聞に掲載されたお言葉に明確に現われていると心から存じています。


宮内庁によると、大統領が「世界の平和と繁栄のために陛下が残された功績に対して心から感謝いたします」と伝えると、陛下は「平成の時代は戦争がなかったということが、一番重要だと思います。それは、日本国民が戦争の悲惨さを真剣に考え、対応してきたからだと思います」と語ったという。


「平成」とはまさに平和が成った時代であり、それはこの約30年間だけではなく、日本の近現代史においてその歴史の流れを平和へと大きく変えた金字塔とも言える時代であったと、これまで様々考察してきて何よりも存じることでございます。
この平和へのお取り組みは国民の多くが思っている以上にはるかに大きなものと存じますし、そのことが上記のお言葉に何よりも鮮明に表れているものと存じます。
平成の御代の主点はまさに平和にありますが、それと同等に国民とともにという大御心があると存じます。
平成の御代は、これまでの歴史において最も国民と一体となり、最も国民に慕われた御代であったと心から存じます。それはまさに、新しい日本であり、そして最も日本らしい日本であったと心から存じます。それはまた、天皇と国民の原点であり、政の原点であると心から存じます。新しい日本、日本らしい日本という原点・本質を確立されたのが、平成の御代のもう一つの特筆すべき主点ではないかと存じます。
平和、新しい日本、そして最も日本らしい日本の確立が平成の御代になされ、ここから新しい御代が始まっていくと心から存じています。そして、我々も平和、新しい日本、そして最も日本らしい日本をともに一体となってつくりあげていかなくてはならないと心から存じます。平和な日本、平和な東アジア、そして平和な世界をつくりあげていくために、ともに一体となって進まなくてはならないと心から存じます。

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
★★★★★

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
http://kuruten.jp/blog/tb/katagiri/426358
フリースペース

講演会のお知らせ!

8月から月1回、計4回のにんげんクラブでの講演会が決定しました! 詳細は以下のバナーをクリックしていください!



ザ・フナイ連載第34回目
(2018年8月号)

【ザ・フナイ連載掲載号一覧】

フリースペース

33回目(2018年7月号)


32回目(2018年6月号)

フリースペース

第31回目(2018年5月号)


第30回目(2018年4月号)


【さらに過去の号】

フリースペース

◎新刊本です! 大井幸子さんとの対談です。内容は今まで見たことのない国際情勢と世界史の分析で、これらのことが、ザ・フナイの連載に繋がっていきます。これがわからないと今と未来がわかりません! 是非、ご覧ください!

フリースペース

◎おすすめする本

アクセス数
総アクセス数: 194080
今日のアクセス: 48
昨日のアクセス: 154

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved