このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
日本と世界の政治経済の本質を読み解く-ブロくる
片桐勇治(政治評論家) さん
日本と世界の政治経済の本質を読み解く
地域:東京都
性別:男性
ジャンル:ニュース
ブログの説明:
世界は大きく変わり、新しい時代が胎動しています。しっかりと把握していますか? この時代を読み解くには歴史を見つめ、構造を把握し、パワーの心奥を見つめ哲学を持たなくてはなりません。一緒にこの新しい時代を見つめて行きましょう! 最低週1回の更新です。
フリースペース
片桐 勇治(かたぎり ゆうじ)プロフィール
1967年生まれ。東京都出身。中央大学法学部政治学科卒。高校がミッションスクールの聖学院高校で高校・大学時代は聖書研究に没頭。
大学在学中から元航空自衛隊幹部の田村秀昭元参議院議員の秘書、爾来、元防衛庁出身の鈴木正孝元参議院議員、元防衛大臣の愛知和男元衆議院議員の秘書、一貫して政界の防衛畑を歩む。
2005年から国民新党選挙対策本部事務局次長、広報部長を歴任。2010年より保守系論壇で政治評論を行う。 yujikatagiri111@yahoo.co.jp
カレンダー
<<2019年07月>>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
カテゴリ
全て (654)
日本の政治 (589)
ザ・フナイ (11)
中東情勢 (4)
アジア・太平洋情勢 (2)
戦争の構造 (3)
世界の読み方 (14)
書評 (1)
最近の記事
07/20 21:21 生命の平等
07/20 02:35 選挙戦中の言葉としては群を抜くクォリティーの高さ
07/20 02:33 選挙戦中の言葉としては群を抜くクォリティーの高さ
07/16 23:00 選挙期間中のテレビなどでの政党CMは禁止すべき
07/08 22:47 制裁の理由
07/01 23:56 約一ヶ月前の全面支持の意味
06/30 18:44 本当に孤立しているのはだれか?
06/30 18:44 本当に孤立しているのはだれか?
05/23 01:11 ナルシシズムという病理
05/21 02:30 これまでの日本経済の主役の没落
ブログ内検索

RSS
制裁の理由
[日本の政治]
2019年7月8日 22時47分の記事

先程、テレビ朝日の『報道ステーション』で、韓国への輸出規制の問題を報じていました。

【PR】占いシステムの開発なら経験と実績があります。


この報道を観てポイントは以下のようなものと考えました。

・ 日本政府は輸出規制の理由を明らかにしていない。韓国はその開示を求めている
・ その理由は北朝鮮に関わる問題(安全保障)と言われているが定かではない。規制品の一つのフッ化水素は猛毒と番組で言われていた
・ この輸出規制について、安倍首相は優遇措置を外しただけで、普通にしただけといっている
・ 評論家の武藤氏は(韓国側の)情報源がばれるので、輸出規制の理由は開示できないと述べていた

実際のところ、日本政府の対応はおかしいと考えます。
別に韓国が猛毒物質を作れないということはないでしょう。わざわざ日本から輸入したものを北朝鮮に流す必要性がどれだけあるのかというのが実相ではないかと考えます。そして、そのような生産能力については北朝鮮も同じでしょう。もちろん、日本にもその生産能力があるわけです。
規制の理由として安全保障面という文字はみますが、もしそうなら優遇措置をはずというのは、むしろかなりあまい措置と言えるのではないでしょうか? 韓国にも様々な猛毒物質を生産する能力はあるので、あまりこの安全保障の理由の可能性を感じませんが、安全保障上の問題ならもっと厳しい措置、禁輸などが当然あってしかるべきであるのは言うまでもありません。ただ、その場合は理由と根拠を開示しなければ、単なる難癖になりますので(実際、今でもそう)、国家間の関係を日本側が拒否しているということになります。それは単に日本にとって不利益なだけでしょう。
いずれにせよ、今回の優遇措置を外すということと、言われている理由は適合していないということです。だから、その理由を日本政府は開示する必要が、やはり日本国民に対してもあると考えます。
現状の政府の対応を考えれば、規制をかけるのとその理由を開示しないということは、単に韓国を揺さぶるための日本側のブラフと考えるのが妥当と考えます。
また武藤氏は元外交官であるとのことでしたが、情報源がバレるのと日韓関係が悪化するということの優先順位が、元外交官にしてはできていないと考えます。おそらく政権を後押しする方便、つまり優遇措置撤廃の理由を開示しないことを正当化させることが目的と考えます。それは上述のこの優遇措置撤廃の理由が様々なところから色々な憶測として言われているのと同じ理由とも考えます。つまり、そういう様々な意見が対韓措置の肉付けをしているのが現状と考えますが、それらを取り除くと日本政府の対韓措置は、単なる難癖に近いものになっているわけです。
情報源がバレルよりも日韓関係が悪化するほうが明らかに国益には反します。つまり武藤氏の本音は日韓関係が悪化しても良いということでしかないというものと考えます。それは、武藤氏ご本人が韓国との関係を軽視しているということに過ぎないからと考えますし、同時に対韓関係についてかなり偏りがあるためではないかと考えます。果たして報道番組において、武藤氏ご本人のご意見に専門家の知見として出すべき冷静さや質、公益性がるのかと考えます。

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
★★★★★

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
http://kuruten.jp/blog/tb/katagiri/430518
フリースペース

講演会のお知らせ!

8月から月1回、計4回のにんげんクラブでの講演会が決定しました! 詳細は以下のバナーをクリックしていください!



ザ・フナイ連載第34回目
(2018年8月号)

【ザ・フナイ連載掲載号一覧】

フリースペース

33回目(2018年7月号)


32回目(2018年6月号)

フリースペース

第31回目(2018年5月号)


第30回目(2018年4月号)


【さらに過去の号】

フリースペース

◎新刊本です! 大井幸子さんとの対談です。内容は今まで見たことのない国際情勢と世界史の分析で、これらのことが、ザ・フナイの連載に繋がっていきます。これがわからないと今と未来がわかりません! 是非、ご覧ください!

フリースペース

◎おすすめする本

アクセス数
総アクセス数: 194913
今日のアクセス: 12
昨日のアクセス: 162

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved