このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
日本と世界の政治経済の本質を読み解く-ブロくる
片桐勇治(政治評論家) さん
日本と世界の政治経済の本質を読み解く
地域:東京都
性別:男性
ジャンル:ニュース
ブログの説明:
世界は大きく変わり、新しい時代が胎動しています。しっかりと把握していますか? この時代を読み解くには歴史を見つめ、構造を把握し、パワーの心奥を見つめ哲学を持たなくてはなりません。一緒にこの新しい時代を見つめて行きましょう! 最低週1回の更新です。
フリースペース
片桐 勇治(かたぎり ゆうじ)プロフィール
1967年生まれ。東京都出身。中央大学法学部政治学科卒。高校がミッションスクールの聖学院高校で高校・大学時代は聖書研究に没頭。
大学在学中から元航空自衛隊幹部の田村秀昭元参議院議員の秘書、爾来、元防衛庁出身の鈴木正孝元参議院議員、元防衛大臣の愛知和男元衆議院議員の秘書、一貫して政界の防衛畑を歩む。
2005年から国民新党選挙対策本部事務局次長、広報部長を歴任。2010年より保守系論壇で政治評論を行う。 yujikatagiri111@yahoo.co.jp
カレンダー
<<2019年08月>>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
カテゴリ
全て (737)
日本の政治 (669)
ザ・フナイ (11)
中東情勢 (4)
アジア・太平洋情勢 (2)
戦争の構造 (3)
世界の読み方 (14)
書評 (1)
勉強会・講演会のお知らせ (3)
最近の記事
02/10 00:02 オリンピックのための棄民政策か?
02/04 22:00 お知らせ
01/18 23:30 4つの原理
01/17 23:35 未来への展望
01/16 23:40 時代は変わる
01/15 23:40 世界共通
01/14 23:20 切り取らないと見えてくるものがある
01/13 23:40 イギリスというキーワード
01/12 23:46 額面通りではない
01/11 23:50 本質は何か?
ブログ内検索

RSS
問題なのは最低賃金の格差ではない
[日本の政治]
2019年8月12日 23時55分の記事

昨日の本ブログ「問題なのは最低賃金の格差ではない◆廖複横娃隠糠8月11日)の続きです。

【PR】占いシステムの開発なら経験と実績があります。


野党政治家の能力の問題もある
もちろん野党に、そもそも能力がない政治家もいます。そのことは指摘しておかなければなりません。
民主党・野田政権の時に消費税増税が決まりました。その時、社会保障と税の一体改革、すなわち福祉と消費税増税を両立するといって増税を進めたわけです。しかし、その後、自民・公明政権になって消費税の税収の使途が変えられと同氏は不満を訴えています。使途が変えられたと同氏が訴えているのは、社会保障・福祉が軽視されているということと理解します。社会保障、福祉が大切であるのは、間違いありません。ただ、同氏がこのように訴えているのは、そもそも本末転倒でしょう。
消費税増税をすれば、消費が落ち、景気が悪化し、国民生活が落ち込みますが、さらに逆進性が高い消費税増税で弱者の困窮を招くことになることは明らかです。したがって、消費増税をして、社会保障・福祉をいうのはそもそもおかしいのです。そして、消費税増税のような施策を講じれば社会・経済基盤が壊れていきますから、そもそも社会保障・福祉は維持できません。ようするに野田氏は、そもそも無理なことをいって、消費税増税を敢行しているのです。そういう政治家を、日本の社会は少し甘やかしすぎではないかと考えます。
すでに苦しくなっている国民生活において、国民負担率(租税、社会保障負担)が突出して低いわけではない日本国民に対して増税をいうのは、単に政治家としての無能さをさらけ出しているだけです。自分の仕事は国民に負担を課すことと考えているのでしょうが、それは政治家として仕事をしているということではありません。そういうことなら私でもできるわけです。古今東西、増税は悪政の象徴です。それをするのが政治家の仕事というのなら、それは単に悪政しかできない政治家といっているに過ぎないのです。そんな政治家に国民が信頼を置くはずもなく、このことが民主党政権が終わった本質的な理由と考えます。旧民主党が政権から滑り落ちた後も、その系譜の政治家が全く信頼されていないことは、このことを見事に表しています。
このような能力がない政治家が野党にもいますし、それが総理をやるという間違いもあります。ただ、そのような能力がない政治家と大連立で消費税増税を通したのは、安倍首相を含めて自民党なのです。あの時、消費税増税に身を挺して反対したものだけが、本当のものをもっているのです。
「問題なのは最低賃金の格差ではないぁ廖複横娃隠糠8月13日)へ続く。

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
★★★★★

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
http://kuruten.jp/blog/tb/katagiri/432454
フリースペース

次回勉強会については後日、詳細をお知らせいたします

フリースペース
フリースペース
フリースペース
フリースペース

◎新刊本です! 大井幸子さんとの対談です。内容は今まで見たことのない国際情勢と世界史の分析で、これらのことが、ザ・フナイの連載に繋がっていきます。これがわからないと今と未来がわかりません! 是非、ご覧ください!

フリースペース

◎おすすめする本

アクセス数
総アクセス数: 234711
今日のアクセス: 87
昨日のアクセス: 155

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved